2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

イプセンかストリンドベリかバーナード・ショーか

1 :吾輩は名無しである:04/01/30 11:03
芥川賞バブルで浮かれるこんなときだからこそ文学板のど真ん中を。
三人とも近代劇の創始者とされているおかた。さあ、誰が勝ち組か。

イプセン(1828-1905)
→ノルウェイの劇作家。代表作に「人形の家」「ヘッダ・ガーブレル」。
ストリンドベリ(1849-1912)
→スウェーデンの劇作家・小説家・錬金術研究家。代表作に「令嬢ジュリー」「死の舞踏」。
バーナード・ショー(1856-1950)
→イギリスの劇作家・批評家。代表作に「人と超人」「ピグマリオン」。

ちなみに同時代の劇作家にはチェーホフ(1860-1904)、ゴーリキー(1868-1936)がいる。
ひとりだとレスがつかないと思われるので、三人まとめてどーんといきます。
近日中に「ラシーヌかコルネイユかモリエールか」を建設予定。

2 :吾輩は名無しである:04/01/30 11:23
バーナード・ショーはコリン・ウィルソンが高く評価してたっけ。
彼の処女作にして最もスリリングな著書「アウトサイダー」では
サルトル、カミュ、ヘミングウェイ、T・E・ロレンス、ゴッホ、ドストエフスキーなんかと共に
鮮やかな手腕でそれぞれのアウトサイダー性を浮かび上がらせてたよ。

3 :吾輩は名無しである:04/01/30 11:42
スレ立てたら責任とって最低50位までは維持しろよ

4 :人生はあっという間だから楽しもう:04/01/30 11:50
>>3
そういう命令口調はいくないと思うよ。スレの内容にも関係ないし。
みんな明るく楽しくやっていこうよ。ねっ。
>>1
で、わたしはスレタイの3人は詳しくないけど、わたしはチェーホフが好き。
さりげなく飾らないのに深いところなんかにひかれます。
ストリンドベリはかなり激しい台詞のやりとりがあるんでしたっけ?

5 :吾輩は名無しである:04/01/30 11:57
しかし美香は戯曲が好きだな

6 :吾輩は名無しである:04/01/30 12:06
>>2
たとえコリン・ウィルソンが評価していようが……日本の現実は。
このスレは三人のうちでだれが勝ち組かを決める意味合いもあるんだけど、
日本の場合、現在、新刊書店で買えるバーナード・ショー作品はひとつもなし。
ストリンドベリは自主制作本で「死の舞踏」が読めるのみ。
(参考)http://www.honco.net/richiesta/books/010.html
比してイプセンは……。岩波文庫でも読めるし、現在買える全集、選集もある。
ぶっちゃけ現在の日本ではイプセンの一人勝ちなのだ。

>>3
まかせてください。名スレに育ててみせますから。

>>4
わたしもチェーホフは好き。「かもめ」が特に。
そう、激しいセリフのやりとりがあるのがストリンドベリ。よくご存知で。
簡単な特徴を書いてみると。

イプセン=常識人。演劇で社会問題(たとえば女性問題)を考えようとした。
ストリンドベリ=狂人。妄想狂。おんなが大嫌いで、大好き。華々しい離婚暦。
バーナード・ショー=皮肉屋。嘲笑家。人間なんてバカばっか。

7 :吾輩は名無しである:04/01/30 12:36
バーナード・ショーっていえば確かチェスタトンと何か関係が
あったはずだが忘れた。

8 :吾輩は名無しである:04/01/30 13:01
ショーの作品で面白かったのは『聖女ジョウン』と『ピグマリオン』だけでした。
それ以外は、ひどくつまらなく『メトセラに還れ』では人類は200歳まで生きるように
進化すべきと言う主張を出していた。
『インタビューズ』でそのことを記者に質問されたフロイドがその質問を
完全に無視して別のことを答えていたのには笑った。
>>7
ショーとチェスタトンが初めて会ったのはロダンのところで、その時は
ショーはお喋りだったが、チェスタトンはほとんど喋らなかった。
チェスタトンが評論を書き始めた時、ショーは「あなたは誰ですか?あなた
は天才です」と手紙を書いた。
ショーがシェイクスピアを批判したら、それに対しチェスタトンが『残念ながら
私はショーです』という題で反論。
それから、彼らの交友と論戦が始まった。
そして『バーナード・ショー』という本をチェスタトンが書き、ショーは
「特に私の影響を受けていないのが良い」と返事を書いた。
ちなみにショーの薦めでチェスタトンは戯曲を書いている。
思想的には正反対だったけど、友人でもあり一緒に短編モノクロ映画にも
でたらしい。
ちなみに彼ら二人は「ショータトン」と呼ばれた。

9 :吾輩は名無しである:04/01/30 13:15
ほら、やるよ。欲しいやつは勝手に拾え。

Do We Agree? A debate between G. K. Chesterton and Bernard Shaw
ttp://www.dur.ac.uk/martin.ward/gkc/books/debate.txt

10 :吾輩は名無しである:04/01/30 13:23
美香の文体って分かりやすいな

11 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

12 :人生はあっという間だから楽しもう :04/01/30 13:56
>>6
いえいえ、全然詳しくありませんよ。
ストリンドベリは1〜2作しか知らないですから。
イプセンは昔から日本での受容は良かったようですね。
ショーとかピランデッロなんかは受け入れにくい風土なのかな・・・

検索してみたら、コリン・ウィルソンとチェスタトンの二人は
ショーについて評論を書いているんですね。ちょっと興味出ました。

>>10-11
できればスレに沿ったレスをお願いしますね。どうか楽しませてください。

13 :吾輩は名無しである:04/01/30 14:02
結局美香スレだったのかよ。ばっちい女だよ美香は。


14 :吾輩は名無しである:04/01/30 14:25
できれば文体を変えたレスをお願いしますね。どうか楽しませてください。

15 :吾輩は名無しである:04/01/31 10:59
>>8
貴重な情報、ありがとう。
バーナード・ショーはまだ「人と超人」と「ピグマリオン」
(「ベスト・オブ・ショー」所収)しか読んでない。
でも「ピグマリオン」が想像を絶しておもしろかったので、
急いで白水社の「バーナード・ショー名作集」を取り寄せたところ。
どうしてもいま読みたかったのでかなり値がはった。
送料をいれて3000円くらい。今日から読み始める予定。
わたしはショーの皮肉で嘲笑的な人間描写が大好き。
「名作集」に入っているのは「カンティダ」「悪魔の弟子」「聖女ジョウン」「デモクラシー万歳!」。
あと岩波文庫「分らぬもんですよ」も買った。これも高くついた。
『メトセラに還れ』は原文で読んだのかな。邦訳があるのかどうか。

>ショーがシェイクスピアを批判したら
そう、バーナード・ショーといったら有名なのがシェイクスピア批判。
たしかに「ピグマリオン」のような傑作を書けるのだからその発言は重い。
でも、よく知らないんだけど、ショーはシェイクスピアのどこを批判したの。
もっとも批判はシェイクスピアへの愛の裏返しだと聞いたこともあるけど。
知っていたら手短でいいから教えてください。
エリオットはシェイクスピアの登場人物の感情動機がおかしいとか主張していたようだけど。

16 :吾輩は名無しである:04/01/31 11:03
だれストリンドベリって? お答えします。
完全に現代では埋もれてしまったスウェーデンの作家、ストリンドベリ(1849-1912)。
その名をはじめてわたしが目にしたのは山本周五郎の「青べか物語」。
主人公がストリンドベリの「青巻」を愛読していた。
山本周五郎や葛西善蔵が愛読していたらしい。
というのもストリンドベリブームというのが、はるかむかし大正時代にあったそうで。
どんな作家と聞かれたら、うーん、現代では柳美里を思い浮かべてくれたら、
だいたいあんなイメージ。
「鶏が先か卵か先か」になるけれども、意識的にか無意識的にか男女関係の修羅場
を自分で作ってしまう、その血みどろの体験から創作をするというタイプ。
書くものはおもしろいけど、間違っても一緒に暮らしたくない、そばによるなシッシッという(w
だから非常に2ちゃんねる向きな作家だと思うんだけど。

17 :吾輩は名無しである:04/01/31 11:11
>>12
>ピランデッロ
「作者を探す六人の登場人物」の作者ですね。
ショーのつぎに読もうかと思っています。
それにしても博識だな。なんで近代劇なんていうマイナーなジャンルに関心を?
わたしなんて古本屋で「ストリンドベリ名作集」を見てはじめてその存在を知ったのに。
そういえば木下順二がどこかで言及していたなとそこで思い出して。

イプセンとストリンドベリというのは並べられて論じられることが多い。
だけど、いま見るとイプセンは残って、ストリンドベリは見事なまで消えた。
つまりイプセン作品は現在多種入手可能なのにストリンドベリはほとんど入手不可。
なぜか。イプセンのほうが教育的なせいだと思う。常識的というのか、学校演劇になるというのか。
ストリンドベリはやばすぎる。取り扱い不可、精神病患者措置入院といったおもむきがある。
ストリンドベリは創作をしなかったら間違いなく犯罪者になるタイプだから。

18 :吾輩は名無しである:04/01/31 11:13
美香頼むから糞スレたてるな
少しは他人の迷惑を考えろ

19 :吾輩は名無しである:04/01/31 11:17
そんなストリンドベリ作品で現在唯一入手可能なのが「死の舞踏」。
「死の舞踏」というのは実際に中世にあったダンスの名前。
軽快で複雑なステップに夢中になっているうちに、骸骨の姿をした死神に導かれて、
墓場に連れて行かれてしまう、そういうダンスがこの戯曲のタイトルです。
それに名前負けしない、これはおそろしい戯曲です。
ほんまもんのキチガイはどえらいものを書くんだなぁと寒気すらします。
ドストエフスキー的な登場人物がわめきちらす地獄絵図。
ストリンドベリは「一脚のテーブルと二、三脚の椅子さえあれば、
そこに人生のもっとも深刻な劇を展開させてみせる」と言ったそうですが……。
内容は延々と続く夫婦喧嘩――。
島尾敏雄「死の棘」の上をいく悪魔的な作品。
9・11自爆テロのあとにブロードウェイで上演されて、
ブロードウェイ復興のきっかけになった作品だとネット検索で知りました。
十分に現代的なドラマということです。
ただし当時の評論家に、こんなだらだらとつまらない戯曲はない、
と酷評されたことも付記しておきますね。

もしストリンドベリが気になったらぜひご一読を↓
http://www.honco.net/richiesta/books/010.html

20 :吾輩は名無しである:04/01/31 11:18
>>1
βακα..._〆(゚▽゚*)

21 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

22 :吾輩は名無しである:04/01/31 11:21
英潮社がだしている「現代演劇」シリーズの
「バーナード・ショー特集」を読んだ人いる?
参考になるのかな。
「アーサー・ミラー特集」はあんまりだったけど。
バーナード・ショーを論じたもので、
入門者にもわかりやすいものがあったら教えて。
当方、シェイクスピアぐらいは読んでいます。
もちろん日本語で。

23 :吾輩は名無しである:04/01/31 11:27
どうして美香は自分勝手なスレを立てるの?
2ちゃんはお前の私物じゃないんだ

24 :吾輩は名無しである:04/01/31 11:29
ギリシア悲劇スレも山頭火スレも中途半端
美香が立てたせいで糞スレになっていい迷惑
他の人が立ててたらまた違った結果になってただろうね

25 :吾輩は名無しである:04/01/31 12:01
なにこのスレ

26 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

27 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

28 :吾輩は名無しである:04/01/31 13:27
何で美香みたいな汚らわしい生き物が存在するの?

29 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

30 :吾輩は名無しである:04/01/31 22:25
演劇板にいけよ

31 :吾輩は名無しである:04/02/01 03:43
>1は削除以来出して来い
自分のすることに責任を持て

32 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

33 :吾輩は名無しである:04/02/01 06:20
うんこ

34 :吾輩は名無しである:04/02/01 11:46
糞スレ認定

35 :吾輩は名無しである:04/02/02 13:51
 ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧  ハァァァ               ∧         ∧∧ 
( (-( -( -( -д ( -д)     (( (\_ ∧ ∧ ∧ ∧ Д)っ     ( つ ゚Д゚) ヘッポコカンフー!!
(つ(つ/つ//  二つ      ⊂`ヽ( -д- ) _)д-) )  ノノ     \ y⊂ ) 
) .| /( ヽノ  ノヽっ        ⊂\  ⊂)  _つ          /    \ 
∪∪とノ(/ ̄ ∪        (/(/∪∪ヽ)ヽ) ノ   アタッ     ∪ ̄ ̄ ̄\)  
                    ∪ ̄(/ ̄\)  アタッ!   アタッ!


36 :吾輩は名無しである:04/02/03 11:41
悔しい。
ショーの「聖女ジャンヌ・ダーク」が目的で
「ノーベル賞文学全集」を購入したら……。
これって名作集に入っている「聖女ジョウン」とおなじなんだ。
なんだよ。ころころタイトルの翻訳を変えるなよ!
かたいっぽが福田恒存訳で、もうひとつが小田島雄志訳か。
シェイクスピアといい、このふたりはよく重なる。

福田恒存がお薦め戯曲に「聖女ジャンヌ・ダーク」をあげていたから楽しみだったのに。
「聖女ジョウン」のことだったしは。気づかないわたしがバカなのかな。
どっちの翻訳で読もうか迷う。

37 :吾輩は名無しである:04/02/03 11:48
220 名前:美香 ◆FE5qBZxQnw 投稿日:04/02/02 23:06
>>217
それなに?

>>219
山頭火文庫はばりばり入手可能です。
文庫だからとわたしも書き込んだりしていたり。
本に書き込みなんてしたのはこれだけ。

今朝、ここに書き込んだのが良かったのだと思う。信じている、そうに違いないと。
出先でふいと立ち寄った古本屋で「ノーベル賞文学全集20」を600円でゲット。
著者は「イェイツ・ショー・オニール」。
バーナード・ショーの「聖女ジャンヌ・ダルク」(福田恒存訳)はこの全集でしか読めない。
ユージン・オニールの「喪服を着たエレクトラ・毛猿」まで収録されているとは。
現在、上記のオニール作品を読もうとすれば一万円ぐらいかかる。「名作集」で。
嬉しくて仕方がない。誰にかわからないけど、ありがとう。
全集、大好きです。


38 :吾輩は名無しである:04/02/03 12:38
マイ・フェア・レディ

39 :吾輩は名無しである:04/02/03 14:32
ぶばー

40 :吾輩は名無しである:04/02/03 17:29
マイ・フェラ・レディ

41 :吾輩は名無しである:04/02/04 11:03
このスレいらね

42 :人生はあっという間だから楽しもう:04/02/06 09:49
>ストリンドベリはやばすぎる。取り扱い不可、精神病患者措置入院といったおもむきがある。
>ストリンドベリは創作をしなかったら間違いなく犯罪者になるタイプだから。
そうなんですか・・・このひとには共感できますか?

43 :吾輩は名無しである:04/02/06 09:52
美香頼むから糞スレあげるな
少しは他人の迷惑を考えろ


44 :吾輩は名無しである:04/02/06 09:58
最悪のスレ

45 :吾輩は名無しである:04/02/06 10:11
見えます、見えます。

自分のレスに自分でレスをつけてスレを上げ続ける姿が。
精神病患者措置入院した方が良いかと思われます。

46 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/06 11:15
>>42
共感というより……、自分はやっぱりキチガイではなかったのかという落胆が。

47 :吾輩は名無しである:04/02/06 11:19
>>45

h a g e d o u

48 :吾輩は名無しである:04/02/06 12:16
>>46
お前はただの馬鹿だ

49 :人生はあっという間だから楽しもう:04/02/06 14:12
>>46
>共感というより……、自分はやっぱりキチガイではなかったのかという落胆が。
自分で「キチガイではないか」と思うキチガイはいないと思われますが。

>ストリンドベリはやばすぎる。精神病患者措置入院といったおもむきがある。
ちなみに、このスレ等で美香さんに粘着されている名無しの方にも
上記のようなストリンドベリ的傾向があると考えられるでしょうか?

50 :吾輩は名無しである:04/02/06 15:18
      !!                   _>-t‐...、
ヾ、        〃        _. -ァく:::::〃ヘ::::::\
                  _ ‐-′, 二ヽ::!!::::::ゝ、:__}
    し 頭        /  /  丶ヽ:ゞ;、_:-く
    そ が        j  // | |リノハヽ}丶::二::::イ_
    う フ        /   { ノノ_  ,r !/― リ从ヾ`
=  だ  ッ  =    {  ノノヘ'´:::/´_..、--―┴ヘ        !!
    よ ト          ) r'〃 ̄ ̄ ̄    __.-<\} ヾ、          〃
    お │        / j/{:.|l  _....--―T ̄ .._   |
     っ       (( r' ハ:.ゞ_、´ソ:!   |     `T "j    歩 こ 繋 S
     っ          ))  r、:.:.:.:.:.:.:.:j   |/   ノ !  /   く ん が H
〃        ヾ、   ((  {三:::::.:.:.:.イ    j     ! /=  な な  っ  I   =
     !!       ヾ、_.ノ´:.:.:::::::/    /     ! /      ん 街 た N
              r':.:..:.:.:.:.:.;r' `ニ´ /     '/_    て 中 ま と
            /ゝ、_/!{   ∠     { \ `ヽ       ま
             ! : : : /  ヾ /  \ヽ二二ン ト、 / 〃         ヾ、
             ! : r'´   /      ヾ\  \ \      !!
            r┤  _イ    _.\    |. \   ヽ \
            ヘ_ゝ∠:_ノー<´:::::::::\  |:.  \   !   ヽ
                 l::::::::::::::::::::::::ノ`7|    \ !  ハ 
                 l::::::::::::::::::;:イ、_/:::|       〉|!    |
                    l:::::::::::::::f|≡!|::::::|    / !|    j
                      l::::::::::::ノj≡{|:::::::|   /   | |   /
                   l::::::::::{´  ソ::::::::|  {   l ! /
こんな日常体験


51 :吾輩は名無しである:04/02/07 13:24
ジサクジエンっていいですね。(・∀・)


52 :吾輩は名無しである:04/02/07 14:24
美香は豚女

53 :吾輩は名無しである:04/02/07 16:46
ひ、ひどいです。弦之介様。
   , -‐- 、      , -‐- 、ヘ  
  ( 、,、,、,、)    (从 从 ヽヽ <しっかり見とけよ。俺を毒で殺したくなかったらな
 ∞||*;ヮ;リ    (’∀’り丿、),.-‐‐-、_
  |リヽy/ヽ    ((( ( \ . (^(、ノ`ヽ、 ) 
  /__lっ=l_o     .) ィ⌒`ヽ咋#゚ ヮソ<弦之介様ぁ、陽炎は本望にございます。ア、ア、ア!
   |  /       儿と、_入`_,つ λ う


54 :吾輩は名無しである:04/02/08 14:03
イプセン

http://www.albinoblacksheep.com/flash/you.html

55 :吾輩は名無しである:04/02/12 08:30
age

56 :吾輩は名無しである:04/02/12 08:39
糞スレあげるなボケ

57 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/06 09:50
やばい、もうすこしで落ちるところだった。
それにしてもほんとレスがつかないのね……とほほ。

三人のなかでつきあうならイプセンかな。
作品はいちばんつまらないけど、常識がありそう。
バーナード・ショーとつきあうと鬱病になりそう。
ストリンドベリと激しいつかの間の恋も悪くない、が、あとが怖い……。

58 :吾輩は名無しである:04/03/06 09:51
美香と付き合うと性病になりそう

59 :吾輩は名無しである:04/03/22 00:34
すれ鯛よいと思いまつ。
話題についていけないから、
って余計なレスつけやがって。。。

60 :吾輩は名無しである:04/03/22 00:37
ストリンドベリに一票。。。

61 :吾輩は名無しである:04/03/22 00:40
『令嬢ユリェ』再読中。(岩波文庫)

62 :吾輩は名無しである:04/03/22 00:43
岩波表記では、「ストリンドベルク」。。。

63 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/22 00:48
>>59
ありがとう。いま「オニールか」もつけとけばよかったと後悔している。
イプセン、ストリンドベリ、ショーの影響を強く受けたのがアメリカのオニール。
アメリカ演劇の父と呼ばれるまでになった。
私見ではオニール>ストリンドベリ>ショー>イプセンです。

>>61
その作品にはストリンドベリも並々ならぬ思い入れがあったらしい。
とくにこだわっているのは休憩(幕間)がないところ。
休憩は観客の緊張感を台無しにしてしまうとストリンドベリは考えた。
そこで観客が休憩がなくても集中していられるぎりぎりの時間、
90分を目安にこの戯曲を書いたらしい。
読んでいるうちに異様なほどテンションがあがってくるふしぎな戯曲。
こちらも休憩しないで一気に読みきりたいところ。

64 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/22 00:50
>>62
ストリンドベルイとかストリンドベルヒもある。
検索するときに面倒なんだよね。

65 :吾輩は名無しである:04/03/22 00:51
ああ、大正時代にはあったね。
スト林土縁ブーム。
(また、「いつから生きてる?」と聞かれる。。。)

66 :吾輩は名無しである:04/03/22 00:52
わたしゃ、ストリンドベリ>オニール>ショー>イプセンです。
いまのところ。。。


67 :吾輩は名無しである:04/03/22 01:05
>>66
そう言えるほど、オニールを読んでいない。。。か。

とりあえず、令嬢読みます。

68 :吾輩は名無しである:04/03/22 01:10
「いつから生きてる?」てのは、
学校で聞かれてたのでつ。
ほんの、面白がらせの類で。

読むので、しばらく来ませんが。。。

69 :吾輩は名無しである:04/03/22 02:08
読了したけれど。

70 :吾輩は名無しである:04/03/22 02:11
<お父様は女性に対する軽蔑から、私を半分女に、
さうして半分男にお育てになつたのね。
そうなったのは誰の罪だらう。お父様か、お母様か、私自身かしら。>

71 :吾輩は名無しである:04/03/22 02:12
旧字体で「活字を組んで」いるので、読みにくいのでつね。

72 :吾輩は名無しである:04/03/22 02:14
この作品に限っては、イプセンが脳裏をかすめましたが。。。

73 :吾輩は名無しである:04/03/22 02:14
同時代の空気というか。

74 :吾輩は名無しである:04/03/22 02:58
戯曲本文より。。。「序」の方が面白いとは。(なんてこった)

75 :吾輩は名無しである:04/03/22 03:01
『大海のほとり』ストリンドベルク(岩波文庫)も、ここにはあるのです。

やば。チェーホフ読もうとしていたのに。。。

76 :吾輩は名無しである:04/03/22 03:05
>>72
逆ベクトル的に。

77 :吾輩は名無しである:04/03/22 08:51
ショーが、今の時代から落ちているのは。。。
日本だけなのでせうか。

78 :吾輩は名無しである:04/03/22 21:38
閑話休題

>>美香氏
ドイツ、フランス系の戯曲は読まれます?
私は戯曲に詳しくはないのですが、
やはりシェイクスピアは外せないとして、(これは別規格)
ミュッセ、マイヤー・フェルスター、
遡ってラシーヌなどには親しんできました。
オニールは、これから読もうと思います。
『喪服の似合うエレクトラ』購入。
(チャップリンの映画は、それなりに観ているのだけれどなー)

ギリシャ古典悲劇なども、それなりに読んではいるのですが。。。

79 :吾輩は名無しである:04/03/22 21:39
>>78
ちょいと、支離滅裂ではないか。(自己レス)

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)