2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ワカクテ】羽田圭介【カコイイ?】

1 :吾輩は名無しである:04/02/16 11:22
第40回文藝賞を受賞した、羽田圭介。
綿谷りさと同じく高校生による受賞なのに、露出控えめ。
そんな彼とその小説についてのスレです。

ttp://www.kawade.co.jp/bookdata/index.asp?ISBN=4309015891

受賞作タイトル「黒冷水」
(タイトル見て買う気失せたので、誰か読んだ人感想下さい。それ参考に購入考えます)

2 :吾輩は名無しである:04/02/16 11:29
にげと

3 :吾輩は名無しである:04/02/16 12:08
>>1

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062395958/62

4 :吾輩は名無しである:04/02/16 12:50
近くの本屋ではミステリ・サスペンス小説の棚に置いてある

5 :吾輩は名無しである:04/02/16 13:12
>>3
申し訳ないです、このスレ立てる前に、そのスレ見つけ切れませんでした。


6 :1:04/02/16 13:23
5=1
けれど、もし他に読んだ方いたら書き込みお願いします。
3のスレでは一人の感想しかないので、寂しいです。

最近、目立って若い(U25)作家が台頭してきて、
それらの作品についての考察やら、(ここでは羽田圭介を主に)
若い人が受賞する事についての意義やらを
適度にやっかみながら進めていきたいです。

7 :吾輩は名無しである:04/02/16 19:50
今度、読んで見ます。
文藝まだある筈だから☆。

8 :吾輩は名無しである:04/02/16 20:00
>1 けっこう面白かったよ
少なくとも退屈じゃない。ラストが賛否両論だろうと思うけど

かっこいいよね。

9 :吾輩は名無しである:04/02/16 20:21
あげ

10 :吾輩は名無しである:04/02/16 20:46
俺の方がカコイイよバーカ

11 :吾輩は名無しである:04/02/16 20:54
写真は見たことないけど、見たという人の話によれば
少なくともブサメンではないようだ。むしろイケメンの部類らしい。

明治大学の付属高に通っていて、この春には内部進学が決まってるようです。

12 :吾輩は名無しである:04/02/16 20:59
>>11
見たという人?
当り障りない程度に、その人との関係を!

13 :吾輩は名無しである:04/02/16 21:12
>>12
スマソ、書き方が紛らわしかった。

「雑誌か何かで羽田クンの写真を見たことがある」という人の話ですので、
その人は彼とは何の関係もありません。

14 :吾輩は名無しである:04/02/16 21:23
まさか、その雑誌、文藝じゃねーだろうな。w

15 :1:04/02/16 22:47
>8 thanx.
そうですか。私も書店で黒冷水を一応手に取ってみて、
作者の写真と帯の書評は見てみたんですけども
「若いからスゴイのではなく、小説として面白い」(うろ覚え書評)
…高校生で、私からすれば結構な量を書ききったあげく
そんな評価されてるの見ると、今回文藝賞送ろうと思っていた
作品も見送ろうかと考え始めました。

まあ、まだ買って読んでないですけど。(ある意味怖くて)
もう少しみなさんの感想など待ってます。よろしく。

16 :1吾輩は名無しである :04/02/17 01:06
hosh

17 :吾輩は名無しである:04/02/17 02:14
全然かっこよくねーじゃん
受賞時の写真90%詐欺はいってる
今号みたらまるで高校生には見えなんだ。
爆笑太田みたい。美形ではないな


18 :Soara ◆EQEf1ZTUe6 :04/02/17 04:55
おは。
羽田くんの作品をさっき少しだけ目を通しましたけど、
今のところすごく面白いです。
感想をまとめてレスしたくなるよな作家かも知れないので、
後日、できればそうしようと思います。



19 :吾輩は名無しである:04/02/17 13:54
文芸賞撮ったときの背中を壁にくっつけて、せつない感じの顔してる写真、
すごくよかった。思春期独特の表情。
文章力も表現力もあるし、かっこいい。好き。

20 :吾輩は名無しである:04/02/17 13:58
読んだけど、兄弟間に流れる狂気をよく描けてると思う。
ラストは微妙だけど、少なくとも甘んじてはない。
才能あるんじゃないかな。インタビューのときもすごくクールだし、
自分もカコイイて思った。(・∀・)
独特の雰囲気があるよね

21 :1:04/02/17 15:36
>>18
Soaraさん、できれば感想よろしくです。

>>20
>インタビューのとき
…っていうのは、受賞した時の文藝春秋に載っていたんでしょうか。
私は今月号から購読し始めたので、見れなくて残念です。
一応検索もしてみたんですけど、やっぱ露出無い。。
*
今回、初めてスレ立てたんで2ch周りの事はわかんないんですけど、
この調子で以後よろしくお願いします。

22 :吾輩は名無しである:04/02/17 15:37
あげ

23 :吾輩は名無しである:04/02/17 15:48
とにかく最近では稀に見る才能

24 :吾輩は名無しである:04/02/17 15:50
文藝春秋のバックナンバーを虱潰しに見ても写真はないと思われ

25 :吾輩は名無しである:04/02/17 17:05
キモイ
「かっこいい」「クール」「才能ある」
結局そんな話ばっかりじゃん。
そういうのは綿矢だけでおなかいっぱいなんですが。

↓一般書籍板かミステリ板でやって。
http://book.2ch.net/mystery/
http://book.2ch.net/books/

26 :吾輩は名無しである:04/02/17 17:10
>>21-23
しかも自演くさい

27 :吾輩は名無しである:04/02/17 19:10
羽田圭介が載っているのは2003年文藝冬号と春号だっけ?

黒冷水図書館で借りて読み始めたけど、
なんで急に黒冷水という表現が出てくるのか……
読み落とし? それとも、作者の専用語? 

28 :吾輩は名無しである:04/02/17 19:47
日本ホラー小説大賞の作品が「姉飼」なんていうのと似たようなものでしょう。
ある意味、『文学』に対する距離の置き方というか、ま、習作者にありがちな自意識過剰というか。
そういうわけでああいうラスト。

29 :吾輩は名無しである:04/02/17 20:15
27>そうだよ
28>そうなのか。読書家だね。
自分としてはいろんな角度から答えがでるようなラストにしたって感じかと思ったけど、
距離のとり方かあ。なるほど。


30 :吾輩は名無しである:04/02/17 20:17
受賞の時の写真はよかったなあ。
カメラマンの腕がよかったのか、繊細な男子高校生って感じで
格好よかった。

31 :吾輩は名無しである:04/02/17 20:33
>>30
インタビュー時の写真との落差が…

32 :吾輩は名無しである:04/02/17 20:41
というかさ、新人でるたびに
毎回、驚異の才能、稀にみる才能、異例の若さ、斬新なストーリー、未知数の可能性
だとか言うけどそんな人が一年に何人現れてると思ってるの
創作板のオール現代スレでダブル受賞のおっさんがもてはやされてるし
文学板でも、森健、金原、糸糸山、で、こいつ。
もう勘弁してくれ。否定したらお前の才能がないだの馬鹿にされるし。
すべてに感心しとけばいいのか。


33 :吾輩は名無しである:04/02/17 20:54
おい、おめーら羽田圭介に嫉妬してんじゃねーよ。
ばっかじゃねーの。
宇多田のような本物の才能を持つ若者を見ると、文句言いたくなるのかねえw
笑える〜


34 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:01
読んだけど、大したことないよ。
文章が稚拙。
本人も何年か経ってから、この作品の文章を読んだなら
恥ずかしく思うのではないか?若さが見え隠れして。
若さというのは題材の若さではない。念のため。


35 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:05
>>34
どのへんが恥ずかしい?
大したことないって嫉妬してんだろ。

36 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:07
受賞のことばは恥かしいけどな。

37 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:08
こっちのほうが盛り上がってますので、こっちへ移動お願いします。

【史上最年少】羽田圭介スレ【黒冷水】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1073289649/

38 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:08
>>35
いきなり黒冷水なんて意味不明な言葉を出すところや
高橋がなりがどうとか、ってところ等

39 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:12
羽田はさっさと受賞第一作書いて芥川賞取れよ。
そうしたら、誰もが認める。認めざるを得ないだろう。

40 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:14
>>39
バカ?

41 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:17
黒冷水は世界の中心で愛を叫ぶよりかは良い作品だ。

>>40
39ではないけど、芥川賞とればハクはつくだろ

42 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:24
黒冷水、世界の中心で愛を愛を叫ぶw

わかったわかった。
羽田圭介もすごいし、君もなかなかすごいよ。
そういう高尚な話はこっちのほうがいいんじゃないかな?。
http://book.2ch.net/books/

43 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:44
お前ら嫉妬するなよw

44 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:45
黒冷水は鳴る。耳が痛くなるほど、文章が稚拙などとすさまじい煽りをうけて、
胸を締めつけるから、せめて周りにはばれないように、羽田ヲタは
自作自演でマンセーする。かっこいい、かっこいい。『世界の中心で愛を叫ぶ』は、
『黒冷水』の稚拙さを消してくれる。売れているこの本を挙げれば通っぽく見せてくれたりもするしね。
才能? 嫉妬? ハッ。っていうこのスタンス。
あなたたちは脅威の新人を見てはしゃいでいるみたいですけど(苦笑)、
私はちょっと遠慮しておく、だってもう最年少で芥川賞とっちゃったし。
ま、あなたたちを横目で見ながら東スポの一面でも飾っていますよ、、
気怠く。っていうこのスタンス。

45 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:46
しっかし羽田といい森健といいイトヤンといい、
最近の新人は2ちゃんで宣伝するのが営業仕事に組み込まれてるのか?
一般書籍板行ってくれよw

46 :吾輩は名無しである :04/02/17 21:49
表紙が青の炎っぽい。
読んだけど、まあまあ。高校生にしちゃね。
次作はどんなテーマなんだろうか。
今回は作者の私生活に基づいていたから資料もなにも
それほど必要じゃなかっただろうが…。

47 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:49
羽田は宇多田並の天才だと思うよ。
女にももてると思うし。

48 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:51
>>47
激しく同意。

49 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:52
>>47
だよね!最高!抱かれたいよー!

50 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:52
>>45
嫉妬はやめろよw

51 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:54
>>45
羽田くんの才能に嫉妬してる奴ってほんっときもいよね。












で、羽田くんの才能ってなに?

52 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:54
宇多田並の天才ならば知名度と売上も宇多田並になるはずなのだが。
まあ、イトヤンや森よりは売れているようだし、
地道に書いていけばいいんじゃないのかね。

53 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:57
羽田が悪いんじゃない
文藝が悪いんだ
だから羽田を責めるのは可哀想だと思う。

このスレは森健スレで自演してるクズヒキコモリの
人にお願いして常時自演ageしてもらえばいいだろう

54 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:57
>>52
嫉妬はやめろよw

55 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:59
ここって本人が見ている可能性はかなり高いでしょう。
ひょっとして書き込んでたら面白いんだけど。

56 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:59
どこに嫉妬すればいいのかわからんw

57 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:00
>>56
若くして作家デビューしたところでしょ

58 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:02
羽田ヲタは鳴る。耳が痛くなるほど、文章が稚拙などとすさまじい煽りをうけて、
胸を締めつけるから、せめて周りにはばれないように、羽田ヲタは
自作自演でマンセーする。ばれてる、ばれてる。『世界の中心で愛を叫ぶ』は、
『黒冷水』の稚拙さを消してくれる。売れているこの本を挙げれば通っぽく見せてくれたりもするしね。
才能? 嫉妬? ハッ。っていうこのスタンス。
あなたたちは脅威の新人を見てはしゃいでいるみたいですけど(苦笑)、
私はちょっと遠慮しておく、だってもう最年少で芥川賞とっちゃったし。
ま、あなたたちを横目で見ながら東スポの一面でも飾っていますよ、
気怠く。っていうこのスタンス。

59 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:02
若くして作家デビューしたところに嫉妬する奴は、
創作文芸板にならたくさんいるだろうね。

60 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:03
>>56
そんなことをわざわざ書いてる辺り、嫉妬してる証拠

61 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:04
嫉妬する類のワナビは綿矢に嫉妬していると思われ。

62 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:04
>>47
関係者さん?
さすがに誰もそこまで思うとは考えられないんですが・・・

63 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:05
そーよそーよみんな彼に嫉妬しすぎw
黒冷水ほんとに深いよ。超すごい!

64 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:06
文藝の編集さんは、ここ見てたら
次くらいは何の取り柄もない中年オヤジに受賞させてあげるべきだよ

65 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:07
というかウタダって凄いの?売上がすごいのはわかるけど。
歌詞とかありきたりじゃない?

66 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:07
糞スレだなあ。
読む気なくすからもっと上手くやれよw

67 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:07
そうか?
そこまででもないと思うのだが。

68 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:08
森健スレよりひどいな藁

69 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:09
>>63
同意!

>>64
お前馬鹿?

>>66
無理すんなって
羽田君が褒められて嫉妬してるのバレバレw

70 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:11
いや、でも羽田は才能あると思うな。
すごく臨場感あるしさ。文章もそこまで稚拙じゃないぜ。
高校生であそこまで、人間の奥深い部分を描けるってのは並の才能じゃないぜ。
中盤で妹と弟があんなことになるなんて思わなかったし。
まだ上巻しか読んでないけど、これから下巻が楽しみだよ。

71 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:13
こんな文章書けるなんて羽田くん最高!

「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
 オヤジは、叫んだ。
 「許してくれよ!入れたかっただけなんだから」
 「バキッ!ボコッ!」
 ケンはかまわず殴り続ける。
 「ヒッー!助けてー!助けてー!」
 オヤジが悲鳴に近い叫び声をあげた。
 「お前みたいな奴がいるからいけないんだ!」
 ケンが叫びながら殴り続ける。
 「ギャー」
 オヤジの血があたりに飛び散った。ケンのコブシも血で染まっている。
 「世の中!狂ってんだよ!狂ってんだよ!」
 ケンの形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、ミクも従業員も言葉を失ってしまっていた。思わずミクが言った。
 「店長!それ以上やったら死んじゃう!」
 「ガッシ!ボカ!」
 ケンには、まったく聞こえていない。オヤジも失神したのか動かなくなった。
 「キャー、やめて!」
 ミクが叫んだ。
 「あっ……はい」
 従業員が後ろからケンを押さえた。

72 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:13
>>71
ネタでしょ?w

73 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:13
羽田君が受賞したのって
三島賞の選評の批判にたいする仕返し(逆ギレ?)みたいな感じだったのかな
誰か詳しい人教えて

74 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:17
>>70
上下と番外編で「パオの冒険」てのが出てるらしいよ。
要チェキ

75 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:37
羽田君かっこいい

76 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:38
ほどほどにしておかないと嫌われちゃうよ。逆効果。

77 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:40
>>76
はあ?嫉妬すんなよばか。

羽田君さいこう!!
友達にもすすめてます!
みんなも読もうよ!

78 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:42
>>76
童貞は黙ってろ

79 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:42
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1077024722/
文学板の頭脳と、哲学板の頭脳を対決だ!

80 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:43
後半から、背筋に黒冷水を感じるあたりからの疾走間や主人公の
心理描写がすげーよ。あれは書けない。
ラストもあれでいいんじゃないかな。最後の一文が残酷さと痛烈さを
いっそう深いものにしてる。
この人は、人間を見る目があるんじゃないかな


81 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:45
>>80
何回も書き込まなくても分かるから

82 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:46
確かにせつなさいようなクールな表情がイイね(・∀・)
読むにはちょっと長い気がするけど

83 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:47
うん。長いしちょっと難しかった。

私は世界の中心も好きだけどな。

84 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:49
中学生や高校生が読んだら面白い小説なんだろうな。
俺(21)位になると、ちょっときつかった。

85 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:55
すいません、黒冷水のような作品は文学に入るのでしょうか?
例えば、他の純文学の新人賞にこのような作品を送っても問題はないでしょうか?

86 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:57
>>85
そういうのは創作板できけよ。
とりあえず氏ね。
ここは羽田様を語るスレだ。

87 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:58
85>新潮は難しいだろうね
でも群像(W村上)やすばる(金原)だったらいいんじゃないか



88 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:59
85は羽田ヲタにみせかけて実はアンチ

89 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:00
↑間違えた86は、が正解

90 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:03
他のスレ荒らしまくってるのも程度の低いアンチなんだろうな
最悪

91 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:04
>>87
文學界新人賞はどうでしょうか?
邪魔してすいませんでした。

92 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:05
>>90
ん?あらしなんているか?

93 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:08
>>90
そう書けば信者は潔白になるとでも思ってんのか?
程度の低い作戦だな。

94 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:13
87>文学界新人賞は、割と純文学系なので難しいのではないでしょうか。
でも吉村まんいちの例もあるので出す価値はあるかも。
ただ、黒冷水は純文学とは言えないかも知れませんが、才能とか個性は
あるのは間違いないでしょう
保坂氏や藤沢氏、それに斉藤氏からも絶賛されてるので

95 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:13
>>93
お前は氏ねよ。
ずっとアンチの書き込み一人でしてご苦労様

96 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:14
羽田君かっこいい

97 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:14
マジで下品な信者共だな。

98 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:14
ID表示ない板で何が潔白だ
アンチだろうが信者だろうが関係ない
各スレ荒らしてるクズはマジで死ね

99 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:16
>>97
お前の方がよっぽど下品だなw

100 :100:04/02/17 23:19
百 由美子


101 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:20
100げっと


102 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:25
あげ

103 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:54
本人の自演が約20レスか、、
逆に読む気うせた

104 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:54
羽田圭介君17歳の『黒冷水』も買ってね!
って色々な所に書き込んでる奴うざいぞ。
あんまりでしゃばり過ぎると、まじ引くから


105 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:57
>>103
はいはい、アンチは消えて下さいね。
っていうか消えろ。うざいから

106 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:59
17歳のガキが書いた本なんか読まねえよ! 出版社のハクチサラリーマンさんよお

107 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:02
森健よりタチ悪すぎ。何コイツら。

108 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:04
>>106
読んでもないのに決めつけるのはどうかと思うけど?
このスレッド見ると分かるけど、面白いって人沢山いるから。

109 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:10
( ´,_ゝ`)プッ

110 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:16
こんなとこで 宣伝行為ですか 同じ高校の同級生もつかって

111 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:22
>>107
それはない。森健よりたち悪いなんてありえない。

112 :1:04/02/18 00:23
そろそろ私も黒冷水読んでみたいと思います。
図書館に一応行ってなかったら買って読みます。
んであとあと感想も。

「面白いから買ってね!」的な書き込み自体は 1 として
望む所ではないのですが、まあそんな一義的な言葉に
動かされる人はここらへんにいないと思うので
スルーでお願いします。

113 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:25
>>110
お前はそんなに悔しいのか?
そんなでたらめ書いてw


114 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:27
羽田圭介君17歳の『黒冷水』も読んでね!
ってあちこち書いてる奴がうざい

115 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:32
ここにいるアンチは彼の若さと才能に嫉妬しているってことでOK?

116 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:34
>>112
羽田圭介君17歳の『黒冷水』は面白いから早く読んでね!

117 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:54
高校生にしてはよく頑張っているレベル。若い感性が現れていてよいですね。
若くて早くデビューした作家を、天才が現れた!芥川賞狙え!
などと盛り上げたい気持ちは分かりますが、
良い作家ですがそれ程才能があるとは言えないし、そういう風潮はどうかと思いますね。
本はそれなりに面白いわけで、それで充分じゃないです。
同じように若くデビューした人を盛り上げてるのをよく見ますが、天才はそんなことをしなくても現れますからね。

118 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:58
一般書籍板にあるスレと同じ展開だな。
関係者臭がプンプンするのと、
「つまらん」などの書き込みには「嫉妬」一点張り。

こんなことをしなくても本当に優れた作品なら、
きちんと読み継がれていくだろうし、
信者のやり口は余り上手じゃないね。
これじゃ興味持った人も読もうとしなくなる。
魅力を伝えるような書き込みをすべきなんじゃないだろうか。

119 :吾輩は名無しである:04/02/18 01:02
>>118
あたかも信者が馬鹿かのように見せるあなたの文章は
よくないと思います。

120 :吾輩は名無しである:04/02/18 01:08
まあ、17歳で新人賞だもんな。
嫉妬する気持ちは分からなくはない。
ここにも僻み的な発言も見られるが仕方のないことだろうな。
気にしないで頑張って欲しい

121 :綿矢りさ:04/02/18 01:13


売れてない人って必死なんですね




122 :吾輩は名無しである:04/02/18 01:13
羽田の価値を下げるスレですね。

123 :吾輩は名無しである:04/02/18 01:21
てか羽田作品読んだやつが書き込みしろよ

124 :吾輩は名無しである:04/02/18 01:50
作者と同じ年令の自意識のかたまりみたいな主人公、アニメエロゲームパソコンネットオナニー…わかりやすい若者文化
トルエンなんか持ち出して知識をアピール(奧田英朗のヒット小説に丁度似たようなトルエンの知識がでてくるけどまあ偶然ですよネ)
最後物語を壊すのは舞城あたりからいただいたかな?
あと実際は田中康夫だけしか推してない。保坂や美奈子が推したなんて嘘ついてまで宣伝するな。若さを編集部が推したわけ。
もし彼がおっさんだったら受賞できたと思うか?作品と年令は切り離す、って作家はよく言う癖に


125 :吾輩は名無しである:04/02/18 01:59
まさかそんなことにするわけないよなってオチ。
紋切型を多用した典型的なメール世代。
文学ではなく読み物? 
文学に接していない若い世代には読みやすい代物だろう。
しかし読み物としても満足のいくレベルにはとてもではないが達していない。
ホラーとしても例えば貴志などには及ばない。

展開が強引。金と間違える? そんな馬鹿な。
しかも誤字多すぎて更に興ざめ。これは致命的。
編集サイドも力を入れていないことの表れか。


126 :吾輩は名無しである:04/02/18 02:24
俺の印象も若い世代には読みやすいだろうし、
多少は面白いと思うかもしれないだろうが、そんな絶賛するほどではない。
売り出し方が露骨で嫌だな。
文藝の対談読んだけど、自分は他人とは違うっていうのを水面下でアピールしているように
俺は見えてしまったな。

127 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/18 02:29
漏れは幼いころADHDだったから、綿矢の蹴りたい〜は違和感なく読めた。
綿矢もADHDだったのかな、と思ったよ。ふふふ。

128 :吾輩は名無しである:04/02/18 06:47
>>1
羽田圭介はブサイク。嘘つきは閻魔様にチンポ抜かれて死んでね

129 :吾輩は名無しである:04/02/18 08:54
黒冷水、最初はおもしろかったよ。
薬が出てきてから、ダメになっていった……。

130 :吾輩は名無しである:04/02/18 10:41
「三島由紀夫の再来」とか「芥川賞の最年少記録を更新するのは間違いない」
とまで言われていたのだがな、去年までは。

ちょっと可哀相。メス餓鬼二人のせいで、かすんじゃって。

131 :吾輩は名無しである:04/02/18 11:23
>羽田圭介君17歳の『黒冷水』も読んでね!

低脳荒し。これで読む気失せた。さよなら。

132 :吾輩は名無しである:04/02/18 11:59
見た目が話題になってるみたいだけど、写真見たらなんかただの童貞ヲタみたい。
でもまあ読んでみたけど。新人賞受賞作は一通り読むからね。

身も蓋もない語彙の選び方をしているね。
オナニー、勃起、射精、童貞etc.
もっと自分の表現を見つけないと、文学とは呼べない。
とりあえず大人が読んだらショッキングなものを盛り込んでみました、
っていうスタンス。ハッ。
これに比べると綿矢がマトモに見えてしまう。それが河出の作戦なのか。
描写も冗長な部分が多すぎ。
ヌーヴォー・ロマンの徹底的に突き詰められた執拗さが生み出すあの感覚もない。
単に、うまい表現が見つからなかったから説明してみたという印象。
まだ龍の句読点なしの延々と続く描写のほうがマシ。まだマシ。ドラ以下。
指摘している人がいるけど、展開に破綻がある。
作者が思い描いた展開に都合の悪い部分は省略している。
であれば最初からそのような記号=装置を採り入れる必要などないのではないか。
そういうことに気付かない知能の層を相手にした商品なのかもしれない。

本人は明治にプライドを持っているみたいだが、
その時点で器がどんなものか知れるというもの。美香も失笑するだろう。
こんなものが新人賞を獲るのは羽田が悪いのではなく、
選考会で○をつけた田中康夫と、△をつけた藤沢周の責任。
なぜこれを加えて三作も同時受賞させなければならなかったのか理解できない。
選評を読むと、保坂も斎藤もまったくかってない。
藤沢も未完成だと言っている。
綿矢が当たったから、次は17歳の男にしようってことなのか?

まさに子供だまし。これを読んですごいとかこわいとか感じるやつは、
例えばドスの『悪霊』などの観念などは一生理解できない、
人間の内奥に巣くう真の怖さを知らずに過ごしていく、
平和な人間なんだろうな。まあRPGでもやってろや。

133 :吾輩は名無しである:04/02/18 12:14
若さと才能に嫉妬する男って、みっともないでつね。

論評の中に容姿と学歴への攻撃が入ってくると、ちょっと引く。

134 :吾輩は名無しである:04/02/18 12:23
さらに俺は羽田圭介君17歳のわれめのなかにアツアツのこんにゃくをぶちこんだ。
「ヒギィィィ・・・・・・!!」
という心地よい喘ぎ声とともに羽田圭介君17歳は恍惚の表情を浮かべた。
まだ物足りなかったので羽田圭介君17歳の尿道に管を差して熱い緑茶を注ぎ込むと
「うあぁ……あ、あ、あぁぁ……いっぐぅぅ……はっあぁぁあぁ!!」
という叫び声とともに彼は悶絶した。糞尿を垂れ流した彼は満面の笑みだった。
俺は「これがホントの黒冷水だな」と思って声を立てて笑った。

135 :吾輩は名無しである:04/02/18 12:26
容姿と学歴以外の部分は否定しないと。

136 :吾輩は名無しである:04/02/18 12:36
>>135
信者は作品について言及はできないと思われ。

137 :吾輩は名無しである:04/02/18 13:19
それで、スレ違いなこと言わせてもらうと
いま時、T文学者に傾倒する『信者』など
相当に古い年代生まれの化石人間を例外としている訳ないじゃん”!
だから、すぐ信者とか幼稚な煽りレスしか付けられない
生まれ付きのバ●は、まず、代々木公園でランニングでもして来たらどうですか?

>>132は、何も解ってないらしいから、今度『週末?』精確に反論
してあげようかなぁ。【悪霊】と彼の作品はすごく似ているのに。
何を『どこ』を読んでるんだろうね。行間読めないタイプだと異性にも
モテないよね、絶対に。

138 :吾輩は名無しである:04/02/18 13:29
まあまあ、彼は高校在学中に自転車で北海道を目指すそうで。
2月か3月か。
ともかく、第二作を出す前に死ぬでしょう。
合掌

139 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:05
人の不幸を願う、という気持ちは、実は、自分が不幸であることを
知っているからです。そして、自分が不幸であることで劣等感をいだいて
いるから人の不幸を見るとニンマリしてしまうのです。
つまり、自分が不幸なことをよく知っているからこそ、人の不幸を
願ってしまうのです。まずは、この事実をよく理解して下さい。

さて、人の幸せを願えるようになるためには、まずは自分が幸せでないと
いけません。幸せな人しか他人を幸福にできないのです
人の不幸を願っていたのでは、
「あなたの不幸は、私の幸福」と逆になってしまいます。
そして、相手からあなたの不幸を願われてしまって、ほんとうにあなたは
不幸になってしまいます。祈りが効くのと同じ原理で、
あなたに不幸がやってきてしまいます。
人の不幸を願う者は、自分も不幸になるのです。
それが世の中、というものなのです。
だから、どんな人とどんなつき合いをするかが重要なのです。




140 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:09
悪霊と似てるなら悪霊読むよ。

141 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:20
似てないよ。むしろ
ぽっぽやに似てる。

142 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:21
いや、ハリーポッターだろ

143 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:21
温かいお話だ。
親子で読むべきだよ

144 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:23
いちばん大切な人にプレゼントすべきだね

145 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:23
声に出して読みたいね血行が良くなりそうだ

146 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:25
森健なんかより圭タンだよ時代は

147 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:26
行間を読んで異性にもてないとね

148 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:30
そりゃ森田健作より
いいよ

149 :吾輩は名無しである:04/02/18 15:10
わたしも、作中の登場人物のような切ない恋愛がしたいと思いました。
(高校生/女)

150 :吾輩は名無しである:04/02/18 15:26
腰痛が治りました(会社員/24才)

151 :吾輩は名無しである:04/02/18 15:45
感動して涙があふれました。(柴崎コウ)

152 :吾輩は名無しである:04/02/18 15:58
生まれて初めて彼女ができました!(学生・16歳)

153 :吾輩は名無しである:04/02/18 16:03
羽田圭介がどうこうとか言う
コピペ貼りまくってるのは、ここの住人か??

迷惑だからヨソにでてこないようにしろ。

154 :吾輩は名無しである:04/02/18 16:12
弟と仲直りしました(長男/12歳)

155 :吾輩は名無しである:04/02/18 16:16
童貞? オナニー? ハッ。(綿矢りさ 早稲田大学)

156 :吾輩は名無しである:04/02/18 16:32
これ、作風が貴志に似てたな。
まぁ、悪くは無かった。少なくとも綿矢よりは良かった。

157 :吾輩は名無しである:04/02/18 17:09
こいつ絶対ドチビだろう

158 :吾輩は名無しである:04/02/18 18:47
優しい心を知りました(元不良)

159 :吾輩は名無しである:04/02/18 19:02
脅威の新人!!!!

160 :吾輩は名無しである:04/02/18 19:06
恐るべき才能!

161 :吾輩は名無しである:04/02/18 19:08
圧倒的な筆力!!

162 :吾輩は名無しである:04/02/18 20:25
>>1-161
いいから死ねよ。こんなクソ作家にスレッドなんていらねぇんだよ。

163 :吾輩は名無しである:04/02/18 20:31
全国民が嫉妬した!!!

164 :吾輩は名無しである:04/02/18 22:06
ドチビ短小市ね

165 :吾輩は名無しである:04/02/19 01:30
羽田圭介君17歳の『黒冷水』も読んでね!



166 :吾輩は名無しである:04/02/19 01:54
宇多田ヒカルを超える才能!!

167 :吾輩は名無しである:04/02/19 13:23
羽田圭介『黒冷水』

今話題の、文藝賞史上最年少受賞作品ということで、
あまり期待せずに読んでみたのですが、完成度の高い見事な作品でした。
確かに文章・文体にまだ粗さや稚拙さが散見されるのですが、
全体としてみた作品の構成力や筆力・人間心理の描写力は、
近年の新人作家の中では突出したものが感じられ、
その作家としての資質・才能は、以前、平野啓一郎に冠せられた
“三島の再来”という表現はまさに彼のために妥当するのでは?と
私には思われました。ちょっと褒め過ぎかもしれませんが・・・

作品のテーマ自体は家庭内での兄弟間の反目・いざこざ・憎しみ合い・暴力
といった取るに足りないものですが、そこで描かれている人間心理の闇・深層心理
といったものからは、とても17歳の少年によって書かれたものとは思えない程の
鋭い洞察力を感じ(あたかもドストエフスキーのような)、強い衝撃を受けました
(特に兄の“正気”が机あさりをする弟の“修作”にトラップをかけ、
修作が正気の目論見にまんまとひっかかるくだりは素晴らしかった!)。
日常茶飯事の、誰でも一度や二度の経験や覚えがある“兄弟間での机あさり”
というごく些細な出来事から着想を得て、これ程の読み応えある作品を作り上げた
著者の創造力一つをとってみても賞賛に価いすると思います。
今後の著者の成長が非常に楽しみです。





168 :吾輩は名無しである:04/02/19 19:36
というわけで、羽田圭介君17歳の『黒冷水』も読んでね!


169 :吾輩は名無しである:04/02/19 21:20
とりあえず、そのコピペ禁止!

170 :渡邊照夫:04/02/19 21:28
とりあえず、もう最年少ビジネスはあまり先がないように思うが

171 :吾輩は名無しである:04/02/19 21:45
うまい。確かに「最年少ビジネス」だ。

172 :吾輩は名無しである:04/02/19 21:57
いくら最年少でも
野郎の場合は
ビジネスにならないんじゃないかな

173 :Soara ◆EQEf1ZTUe6 :04/02/19 22:14
a1)
知的なニンゲンの属性をひとつあげるとするならば、それは、
客観的にモノゴトを認知できることだと思うんですけど、
その意味で言うと、この作家は傑出したインテレクトの保持者
だと言えるでしょう。
 
まだ10代の作家であるのに、自意識を盲目的に拡散させたり、
また、それに耽溺するような部分は作品世界にはほとんど見られ
ないし、いつも自己(主人公・正気)に鋭く相対化を迫る他者の視点・・―
たとえば「後輩の青野、弟の修作、母、セラピストの竹谷etc.」を通して
何度もそれが執拗に導入され、自己イメージがストーリを追うごとに
多極化されていきます。最終的には、作家としての自分の振る舞い
さえをもマゾヒスティックに脱臼するかのように、最後の淡い希望さえも
非ー人間的な冷徹さを持って完全に無化されていきます。
 


174 :Soara ◆EQEf1ZTUe6 :04/02/19 22:15
a2)
眷属間における憎悪、この『黒水冷』の場合だと兄弟間の
「主に(兄⇒弟)への復讐という形式をとって・・」巧妙な心理戦に
よる精神的破滅を企図する兄側の陰惨なアイディアや弟への
肉体的損傷を怜悧な心理学的計算から正確に導き出すその
方法論は、とてもリアルなものに感じられました。

また、この作品に出てくる現代的なアイテム一式が、彼の作品世界を
単なる虚構を超えたリアリティーを十分に感じさせるモノに仕上がっています。
「ヒーリングルーム、超高層校舎、家族兼用携帯電話、朝のBS連続テレビ小説、
音楽ファイル、動画ファイル、ギャルゲー、無線Lan、携帯データフォルダetc.」
こうした、現代的なアイテムが適度な頻度で作品世界に織り込まれていると、
リアリズム小説としては違和感を覚えることなく、自然にプロットを辿ることが
可能になります。


175 :Soara ◆EQEf1ZTUe6 :04/02/19 22:17
c3)
これを逆に言うと、同時期に上梓された綿矢りささんの「蹴りたい背中」の
批判にもなるのですが、彼女の作品は現代を描写しているスタンスを取り
つつも、携帯メールも存在しなかった全くの過去形の話をしているのか?
あるいは、本人に現代的感覚が著しく欠落しているのか事情はよく分かり
ませんが、とにかくオタクの描写ひとつとっても、羽田圭介くんとの圧倒的な
データ及び「描写」技術格差を感じさせられます。
 
つまり、綿矢作品はその辺が粗雑というか、無知なるノイズとして
一読者の私にそうした描写に作品世界に没頭することを排除させるのですが、
羽田作品の場合は、終盤あたりの叙述が少し迂遠に見えるのを除けば、
ほぼ小説としては十分に楽しめる素材を読者に提供できていると思います。

特にキョウダイ間の確執などで悩んでいる学生さんなどには、
この「黒冷水」という作品は、小説として楽しめるだけでなく、優れた示唆と
洞察に富んだ重要なテキストとしても大いに参考になると思いますね。
 


176 :吾輩は名無しである:04/02/19 22:21
174『黒水冷』の場合× 
  
  『黒冷水』場合 〇

177 :吾輩は名無しである:04/02/19 22:42
「最年少ビジネス」かぁ

178 :吾輩は名無しである:04/02/19 22:58
次は 中2の時代か W もしくは60歳デビューの新鋭とか。

179 :吾輩は名無しである:04/02/19 23:00
>>178
そうまでしないと皆、驚かないだろうね。

180 :吾輩は名無しである:04/02/19 23:06
なんか初めて長文の批評が書かれたね

181 :吾輩は名無しである:04/02/19 23:46
兄弟間の確執…ちょっと気になってきたり。
著者の彼は、17歳ってことは現役男子高生かな。

182 :吾輩は名無しである:04/02/19 23:49
高校生の次は中学生ですね

183 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :04/02/19 23:53
やっぱ あれかなあ
ぼくは12才のぱくりで
ぼくは青二才  、、ゲラWプ

184 :吾輩は名無しである:04/02/20 00:00
中学生じゃあんまり驚かないだろ。
小学生がいいと思う。
高校生ってのはもう普通になりそうだな。今はチヤホヤされそうだけど。

185 :吾輩は名無しである:04/02/20 00:02
とにかく河出書房は儲かっているのである。河出書房の勝利。

186 :吾輩は名無しである:04/02/20 00:12
>>185
誰も河出書房の話なんてしてないんだけど?
勝とうが負けようがどうでもいいし。
関係者?

187 :吾輩は名無しである:04/02/20 00:16
>186
反応しすぎ(w

188 :吾輩は名無しである:04/02/20 00:19
みんな面白いから本を買ってね!

189 :吾輩は名無しである:04/02/20 02:57
まじでいうけど、最近、小学生女子で、とてつもなく早熟なのがいる。
大人と子供の境目がなくなり、「子供は親や先生のいうこと聞きなさい」と
いうしつけがハズれた分、ひどい餓鬼もいるいっぽうで、学校教育に
たよらず本をばしばし読みばしばし書く人間が出てきた。
小学生作家って、これからありえるとおもう。

190 :吾輩は名無しである:04/02/20 17:50
子供のための児童文学ではなく、「子供が書く児童文学」がジャンルとして成立するかもな。

ま、どうせ作家が美少女でなきゃ価値はないわけだが(w

191 :吾輩は名無しである:04/02/20 20:17
羽田死ね
宣伝野郎も死ね

192 :吾輩は名無しである:04/02/20 20:54
前テレビでてるの見たけど正直そんなカッコよくもなかったよ。
どっちかっつうとカッコ悪かった。

193 :吾輩は名無しである:04/02/20 20:57
なんか宣伝野郎に羽田くんが犯されてるかんじしますねw

194 :日本の良心[携帯版]:04/02/21 04:29
次は胎児作家の受賞、来年は受精卵作家の受賞
宣伝野郎は堂々と悪口を書け。愛を告白しろ。

195 :吾輩は名無しである:04/02/21 05:30
兄弟げんかとか蹴りたいだとか蛇だとか

196 :吾輩は名無しである:04/02/21 11:51
信者死ね

197 :吾輩は名無しである:04/02/21 12:04
無意味にあげとこう

198 :吾輩は名無しである:04/02/21 12:07
196って語彙が少ないよな

199 :吾輩は名無しである:04/02/21 12:12
日本テレビを見たけど、あんま喋ってないね。

200 :吾輩は名無しである:04/02/21 12:27
どちらにしろ、実力派の本格的な作家であるのは間違いない。
アンチ?とかの粘着的な罵倒レスも、たぶんその張本人は
彼の著作を読んで、その才能を無意識で感受したのでしょう。

17-8才の子に・・って、マジで大人げないと思う。


201 :吾輩は名無しである:04/02/21 12:29
童貞は強いよ。マジで。作家として童貞は非常に強みだな。
できたら彼はこのまま童貞でいてほしい。
少なくとも結婚するまでは童貞で。
絶対いい作品が書けるから。

202 :吾輩は名無しである:04/02/21 13:10
作品を否定するのは悪くないだろ。若い作家の作品は否応なく肯定しなきゃならんのか。
若いって特だな。作家自身若いからって甘やかされるのいやなんじゃないの?

203 :吾輩は名無しである:04/02/21 13:41
>>201
もう童貞じゃないでしょ、
小説家ってだけでよってくる女なんて腐るほどいるし。

204 :吾輩は名無しである:04/02/21 14:30
っていうか、スレがすごい伸びてるし。
いちおう注目株なんだね。

205 :吾輩は名無しである:04/02/21 15:14
【銀色】綿矢りさファンクラブ part5【ワンピース】

↑姉弟スレッドです。


206 :吾輩は名無しである:04/02/21 16:06
っていうかお前ら、ぐだぐだ言ってないで『黒冷水』を買ってやれよ。



207 :吾輩は名無しである:04/02/21 18:50
この作品が芥川賞だったら、まだ納得できた。
神様は不条理がきっと好きなんだね☆

208 :吾輩は名無しである :04/02/21 21:03
はいはい。また、私小説ね。もう厭きたよ。“蛇”も“背中”もそうでしょう。
自らの体験を記すのは、それはリアルに出来るもんだって。
むしろ、自分で創った世界を記す時に、真の実力が判るもんさ。

     ・・・平野のように。

209 :吾輩は名無しである:04/02/21 21:13
明治にプライド持つとは・・・・・。

210 :吾輩は名無しである:04/02/21 21:21
間違いなく、本人も書き込んでいるよね。“いい作品だね”系を。
パソヲタみたいだし。

    ねぇ。そうでしょう。羽田君。

211 :吾輩は名無しである:04/02/21 21:25
そんなん 管理者もしくは幹部に聞けば一発じゃん。
羽田の本なんか見たことないけど、平野ってやつは知ってる。
教養小説? まったく感動しない類の小説かもって思って、立ち読みしたことはあるよ。

212 :maria ◆jMsek4ddSY :04/02/21 21:28
こうゆう知性派の作家は、
そういう自賛レスをつけて
迷妄、自己喪失に陥るよりも、

むしろ多くの批評を素材として
新しい自己創造への回路を開きたい
と考える思うのです。にベット。

213 :吾輩は名無しである:04/02/21 21:55
がんばって。

214 :吾輩は名無しである:04/02/21 22:59
テレビでみたらぶさいくだった。

215 :吾輩は名無しである:04/02/21 23:26
>>210
思いこみ激しすぎw
お前馬鹿だろ?
文藝賞作家がこんなところに書き込むわけねーじゃん。そんな暇なわけない。
お前らとは住む世界が違うと思うよ。

216 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:35
>>215
ここでアンチの書き込みをしている奴は100%嫉妬だからな。ほっとけよ。
可哀想なやつらなんだと思うよ。


217 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:41
冒頭をよんでみたが、いいのかこれw
審査員、若いという点を考慮してるだろ。
この2chにあるような小説だな。


218 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:46
>>217
アンチ様、何回も書き込みご苦労様でございますw
ひょっとして一人でずっと書き込んでない?まあ、あえて言及するのはよそう。

219 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:07
いや、はじめてだが。
このあと面白くなるのか?
弟が兄の部屋さばくりエロ本を探す〜ってかんじで
意図的なのか文を幼稚なものだよね。このまま読み続けて
満足が得られる作品とは思えないけど
最初のなにがでるかな、は笑ったけどさ

220 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:08
最近若い人の間では「小説に自己を投影していない」と言うのがブームなんですよね。
この人はどうか分からないけど、
主人公に自分が入っていないと言うことで、
世界観の狭さをカバーし、幼さをカバーできます。
若くデビューする人達は、意識的に小説と自分とは関係ないという人が増えていくのでしょうね。

221 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:10
>>219
嫉妬ですかね?
全部読んでから感想を言って下さい。

222 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:11
作家としては登場人物と自分を混同してほしくないよな。はずかしいもん。
内面を見られてるみたいで。
誰でもそうだと思う。でも自分を投影しないと薄っぺらなものになってしまうんだよな。
まあ暗黙の了解ということで。

223 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:13
>>221
ちょっと読んだぶんには嫉妬はないな。
まあ読まずに文句いうのはよくないけどさ。

224 :吾輩は名無しである :04/02/22 01:16
確かに最初の方は幼稚だな。でも途中からはなかなかだよ。

225 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:16
わざととぼけたふりして投影してないと言いつつ、投影してる作家は多いと思う。

226 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:17
みんな読んでない人がいたら買ってね!

227 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:21
>>226
君は羽田のなんなの?

228 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:25
>>227
ファンが多くて羨ましいよな〜
若くてこれだけファンから愛される人もそうはいないだろう。

229 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:27
若い子は本読んで作者にほれてしまうということも
よくあるだろうからそのたぐいなのだろうけど
この本読んでほれるだろうか?w

230 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:28
それにしても新人賞受賞したときのあの文芸の写真ー。
文芸の写真の取り方ってほんと駄目だな。
可哀想だよ、彼。

231 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:30
>>228
227だけど、ファンじゃないよ、全然。
勘弁してくれ。

232 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:34
>>231
でも気になってるんだろ?
もう一歩でファンの仲間入りだよ
頑張って、ここに書き込んでいる、ごく少数の嫉妬粘着アンチを追い出そう。

233 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:37
>>232
ファンにはならないよ。それは言える。ありえない。
でも羽田には期待してる。経験をつんでいけば、そのうちとてもいいもの
が書けるんじゃないかという気がしている。

234 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:38
というわけで面白いから本を買ってね!

235 :吾輩は名無しである:04/02/22 02:53
もっと盛り上がらないの?なんで?

236 :吾輩は名無しである:04/02/22 03:14
君以外読んでないからさ>>235

237 :吾輩は名無しである:04/02/22 18:08
>>1ハ ドコニ イルノ?

238 :吾輩は名無しである:04/02/23 23:13
はっきり言って羽田、ウザいぞ、お前。

239 :吾輩は名無しである:04/02/23 23:15
 まあ、才能とやらは認めるが、全然かっこよく無いじゃん。

240 :1:04/02/24 21:51
買って読みました。そして安心しました、予想以下の出来に。
内容は丁度作者と同じ(時期だった)高校生と中学生の心情や
環境がその中核を担っており、まあその兄弟間の駆け引き(*1)において
引き込まれる感覚も読んでいて感じましたし、私は面白いと思えました。

また220さんの指摘している、「言い訳」的なそのスタンス(苦笑)は、
若い作者が得意とする(*2)、数少ない「若い自分の経験」に基づいての
想像においての出来事(物語)を、あくまで他に連なる小説の全体に
埋め、それをまるで偶然書いたかのような素振りを見せる事によって、
自分を大きく見せたい…そんな背景もある様な気がします。

(*1…兄と弟との思考ロジック・事象に対しての感覚の差別化が甘い気も
しましたが、そういう作者の意図かどうかもわからないので保留)
(*2…審査員、書評をする年代にとって奇抜・斬新に思える発想)

241 :1:04/02/24 21:52
しかし作者が個人として存在している以上、やはりそっちにも
目がいってしまいますよね。読み手としてはそれら(*3)を外視して
物語だけを読みたいとも思うんですが、例えば黒冷水では
序盤の青野との会話や、「タモリ倶楽部」の空耳アワーを出す場面では
独特の「自分は笑いをわかってる」臭が作者の年齢と相まって
浮き立ち、なんとも言えない気持ちになりました。
そして綿谷りさの小説の中の、にな川の背中を蹴る衝動心理には
Mな私はドキドキしました。いや、本当に久しぶりに。
(*3…年齢・顔・インタビュー時の人間性など)

今回の一作だけではどうも才能やら感性を見切る事が出来ないので
羽田の次の(今回に似たような感じじゃない)作品が見れれば、
彼の器量といったものが取りあえず量れるような気がします。

242 :吾輩は名無しである:04/02/24 23:36
保守age

243 :吾輩は名無しである:04/02/25 03:10
作者は物語の根底に「人間の客観性の脆さ」を置いたのでは?
二重の結末とそれに付随する視点をそれぞれ正反対にすることで、
「自分自身を理解してると思ってる人はその実何も分かっちゃいないんだよなぁ」
というメッセージを送って来ている様に思えた。俺には。
そしてそれを『17歳の時点で』『小説を媒体にして』表現出来るということを、
類稀な才能と呼んでもよろしいのではありませんか皆さん?

…ごめん、うまくまとまらない。

244 :1:04/02/25 12:56
>>243
わかります。そのような作者の意図とも、取れるとも思います。
けれどそれを探っていった時に、深読みしすぎてこれは作者にとって
都合の良すぎる、または羽田様ageな捉え方かなあ、ってな事を
自分としては感じたりもしたもので。
ただ、あの全体の長さに「対象への異常な気持ち・執拗な説明」を
十分に詰め込んだ末、偶然、そんな感情(上記のような)を読み手に
想起させるのは、まあ17歳という事を含んでも、才能あるんじゃ?と思いました。

245 :吾輩は名無しである:04/02/25 19:33
評判は半々というところでしょうか。
面白いと思う方も沢山いるみたいですよ。
これを機に
羽田圭介君17歳の『黒冷水』も読んでね!


246 :吾輩は名無しである:04/02/25 20:07
別に読みたいとまでは思わん

247 :吾輩は名無しである:04/02/25 20:30
この小説でけなされていたキンキン声の歌姫って
H崎でいいの?

248 :吾輩は名無しである:04/02/27 16:30
お前ら買ってやれよ

249 :吾輩は名無しである:04/02/27 23:34
スレも書力も伸びねぇカス作家www

250 :吾輩は名無しである:04/02/29 00:04
>>248
そんなの買うなら、ドラえもん買った方がまだまし。

251 :吾輩は名無しである:04/02/29 01:01
この作家の場合だと
どうやら才能に嫉妬系レスもちょっと入っているようだから、
将来的にも案外、期待できるかもネ。


252 :吾輩は名無しである:04/02/29 03:06
どうも本人が書き込んでるっぽいのがあるぞ・・・・・

253 :吾輩は名無しである:04/03/02 17:22
本人は潜んでないだろ。
本人だったら「羽田圭介君17歳の『黒冷水』も読んでね!」なんて言わない。
だって彼はとっくのとうに18歳になってますから。

254 :吾輩は名無しである:04/03/02 22:08
253が怪しいような・・・・
まあ、こんな奴どうでもいいが。

255 :吾輩は名無しである:04/03/02 22:09
253が怪しいような・・・・
まあ、こんな奴どうでもいいが。本人が書き込んでそうなのは、さりげなく褒めてるの。

256 :吾輩は名無しである:04/03/02 22:48
はぁー、どうでもいいじゃん。
2ちゃんで宣伝になる訳ないしょ?
そんなことも認識できない・・さすがは文学板・・

リスペクト もっと一般常識を身に付けてください


257 :吾輩は名無しである:04/03/02 22:51
彼は最低でも2chは見てそうだが。

258 :吾輩は名無しである:04/03/03 01:24
256が怪しいな、まじに。

259 :吾輩は名無しである:04/03/03 01:33
>>256
リスぺクトって、頭大丈夫か?
何、勝手に一人で語り出してるんだ
おかしいぞ

260 :吾輩は名無しである:04/03/03 03:01
つかクソ小説じゃん。ラノベ以下。

261 :吾輩は名無しである:04/03/03 03:18
新しいのなんか書いたの、彼?

262 :吾輩は名無しである:04/03/03 17:30
若いってだけで
チヤホヤされるからいいよな。幼いころからやってて偉いとは思うけど。
小説自体はたいしたことねーのに。

263 :吾輩は名無しである:04/03/03 22:16
羽田圭介の黒冷水ってここ10年間読んだ本の中でだんとつにおもし
ろかった。まわりのみんなもそう言ってるよ!

264 :吾輩は名無しである:04/03/04 11:32
「小説」部分のラストに向けての疾走感は読んでて確かに惹きこまれた。
<完>の後にまだ続きがあったので、どう引っ張るんだろうと思ったのに
正直、後はパッとしていない気がした。

最後の一文のあの締めくくりも、もうちょっと考えて欲しかった。
前半の執拗さと比べて、あまりに短絡的。
ま、それが"現実の兄"としての感情だとしたら、それまでなんだけど。

でも、私は十分楽しめました。
じっくり次回作に臨んでほしいものです。







265 :吾輩は名無しである:04/03/04 17:50
みんな買ってあげなよ

266 :吾輩は名無しである:04/03/04 23:36
っつーかホントどうでもいい。
誰も書き込んでねーんだから、もうあげんな。

267 :吾輩は名無しである:04/03/04 23:53
今まで読んだ本の中で一番面白かった。
俺、大学生だけど、周りの今時の友達もみんな面白いって言ってた。
後ろの席に座ってた、ギャル男までおもしれーって言ってたし。
可愛い女の子とかが面白いって言ってたし、凄いよな羽田って人。
まだ若いのに。
ここで文句言ってる奴って嫉妬しているとしか考えられない。

268 :吾輩は名無しである:04/03/05 00:14
羽田以外にも若い人達がもっと登場してき脚光を浴びてもいいはず
若い才能を潰してる日本の受験,均等主義の影響も多少否めないかな

269 :吾輩は名無しである:04/03/05 00:16
>>267
ウソはやめろ。
信頼なくすぞ。

270 :吾輩は名無しである:04/03/05 00:19
敢えて言うなら男の方の若手作家。女は嫌い。

271 :吾輩は名無しである:04/03/05 00:24
関係者が必死に書き込まなきゃいけないような、人間はたいしたことがな。いという法則

272 :吾輩は名無しである:04/03/05 00:25
全スレ読んだけど、絶対作者が書き込んでる所あるって思った。

273 :吾輩は名無しである:04/03/05 13:18
で、いつも思うだけどさ
本人カキコって2ちゃんではNG行為なの?

なんか、匿名性のネットって
一度脅迫的な妄想に囚われると
そこから永久に抜け出せなくなるみたいだね。
麻薬の幻視みたいな感じなのかな?
(元々、そうした・・なヒトなのかも)

本人や関係者が書いてるようなスレじゃ
ネタ的にはほぼ終わりなんだから
あくまで放置すればいいのに。。
○悪すぎるよ。天才すぎるよ(笑)

274 :吾輩は名無しである:04/03/05 14:40
>>273
余計なお世話かもしれないけど、君も同じようなことを書き込んでるじゃん。
放置すればいいのに。

275 :吾輩は名無しである:04/03/06 21:57
次の作品も出たら買ってあげよう!

276 :吾輩は名無しである:04/03/07 10:27
今日発売になった婦人公論(日曜発売だというのを今まで知らなかった)に、
羽田圭介チックとりおおの対談が載っているな。これから買いに行こう。
りおおは大学生だからいくらひでーツラでも彼氏はいるだろう。
羽田圭介チックも、男子校とはいえ、文藝賞を受賞したんだから他の女子校や共学校
の女から外で逆ナンパされて彼女くらいいるだろう。
しかし、ここはひとつ、りおお・羽田でカップルになってもらいたいものだ。

277 :吾輩は名無しである:04/03/07 12:41
文藝賞取ったくらいで、逆ナンパか・・・・

278 :吾輩は名無しである:04/03/07 13:04
>>276
立ち読みしてきたよ。
綿矢や金原の対談よりも中身があったよ。

279 :吾輩は名無しである:04/03/07 17:54
世間一般の女子高生にとっては読書感想文コンクールで選ばれたのとなんら変わらないんじゃないかな。>>276

280 :吾輩は名無しである:04/03/07 20:08
>>279
綿矢りさのおかげで、文藝賞、「文藝」という雑誌を知っている女子高生はグッと
増えただろうから、意外と羽田圭介を知っている人は多いんじゃないか。
文藝賞が芥川賞につながる賞だということも、相当広まったはずだ。
単行本も出たし、羽田圭介の自宅には連日のようにどこかの女子高生から電話がか
かってきているだろうし、いくら出版社で秘密にしていても自宅の住所を調べて
家にやって来てしまう人も多いだろう。
羽田圭介はそういったファンの女から特に美人の女を選んで付き合えばいいわけだ。

281 :吾輩は名無しである:04/03/07 20:20
>>276
羽田クンもホントは綿矢と対談したかっただろうにね。

ま、綿矢も作家である以上は、作家とは結婚したくはないだろうが。

282 :吾輩は名無しである:04/03/07 20:22
>>280
文藝は今度は美少年作家で売るつもりか?



283 :吾輩は名無しである :04/03/07 21:17
だから、うざいって本当に。羽田! 消えろ!!

284 :吾輩は名無しである:04/03/07 21:18
>>283
やはり、本人は出現しているのか。

285 :吾輩は名無しである:04/03/07 21:41
本人は2ちゃんねるなんて見ていないだろ。

286 :吾輩は名無しである:04/03/08 02:13
276=280=羽田
に4ペリカ。

276=280=頼まれた友達が書き込んでいる
に2ペリカ

287 :吾輩は名無しである:04/03/08 02:20
>>285
なぜそう言い切れる?ん?

288 :吾輩は名無しである:04/03/08 02:27
ある意味羽田は可哀相だな。文才も期待できないし、注目のためだけにデビューさせられて。
これから美青年作家はまだまだ出てくるだろうし、羽田ぐらいのルックスだとはすぐに消えてしまう。


289 :吾輩は名無しである:04/03/08 02:29
羽田はちょっとデビューが早すぎたね。
早ければいいってもんじゃないからね。

290 :吾輩は名無しである:04/03/08 02:39
早ければいいかっていったらそうでもないよ。マジで。
20歳でも相当早いのに、17歳でデビューなんて早すぎるよ。
話題を取るためだけに受賞させられたのなら可哀想。
本当によっぽど実力と下地がない限り、消えると思う。
どれだけ、引き出しがあるかが重要だし。
黒冷水は、身近なモチーフだよね。内容はともかくとして、書きやすい設定。
専門的な知識もいらないし。

291 :吾輩は名無しである:04/03/08 02:49
使い古されたモチーフだね。いいもの持ってるだけに惜しい。


292 :吾輩は名無しである:04/03/12 17:21
羽田のセックスって激しそう

293 :吾輩は名無しである:04/03/12 22:23
晒し上げておきますね

294 :吾輩は名無しである:04/03/15 04:45
ラストについては、
>>264にほぼ同意。

俺はあとがき感覚で読んだ。
作中の小説「黒冷水」について「僕」の反省が展開されている辺り。

295 :吾輩は名無しである:04/03/15 05:02
「黒冷水」っていう造語は微妙だなぁ。
あんま頭よさそうじゃないよね。
主人公(兄)の設定が理知的なキャラであるだけに
こくれいすい はないだろと思う。

296 :吾輩は名無しである:04/03/17 22:00
羽田君は綿矢さんのことに好きっぽい
何回か会うはずだし
いずれ付き合うなんてこともあるかもね。
綿矢さんがOKしてくれればの話だけど・・・・

297 :吾輩は名無しである:04/03/17 23:21
>>296
羽田は、顔は普通で、悪くはない。
ただし、綿矢の好きなタイプの顔ではない。

298 :吾輩は名無しである:04/03/18 19:34
今、あがっているスレを見ると
この世の終わりのような悲惨な光景なので、
羽田くん、がんばってね☆ 
文学できそうな、若手唯一の人材になりそう。

299 :吾輩は名無しである:04/03/18 19:57
>>296
島本に綿矢の話してたね。
もうすこしデリカシー持てよ、と言いたいw


300 :吾輩は名無しである:04/03/18 20:06
300
今回の悪多側show作家A人よりは
彼の方が1たぶん1.5倍ぐらい才能ありまーす。

301 :吾輩は名無しである:04/03/21 02:55
自演

302 :吾輩は名無しである:04/03/22 11:08
1.5倍程度かよ

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)