2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ジャック・デリダの余白に

1 :吾輩は名無しである:04/03/09 18:41
来たれ。

前スレ
文学者としてのジャック・デリダ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1030089143/

2 :吾輩は名無しである:04/03/09 18:43
近刊(らしい)
『コーラ―プラトンの場』守中高明訳〔未來社より刊行予定〕
『エコノミメーシス』〔未來社より刊行予定〕
『名にはふれずに』(Sauf le nom)〔未來社より刊行予定〕
『哲学の余白』高橋允昭ほか訳〔法政大学出版局より刊行予定〕
まだ先(ぽっい)
『宗教』〔湯淺・廣瀬訳、未来社より刊行予定〕
『マルクスの亡霊たち』〔藤原書店より刊行予定〕
『テレビのエコーグラフィー』翻訳・西垣通監修〔NTT出版より刊行予定〕
『フッサール哲学における発生の問題』高橋哲哉 檜垣立哉ほか訳〔サイエンス社より刊行予定〕
『哲学の権利/法から哲学へ』〔みすず書房より刊行予定〕
『時間を与える―贋金』〔みすず書房より刊行予定〕
『割礼告白』鵜飼哲ほか訳〔みすず書房より刊行予定〕

3 :吾輩は名無しである:04/03/09 18:44
文学関係テクスト
アルトー論:『デッサンと肖像』所収『基底材を猛り狂わせる』『Artaud le moma』(みすず書房から出てる『デッサンと肖像』所収の論文と同じくみすず書房から出てる『基底材を猛り狂わせる』は同じものです)
ヴァレリー論:『哲学の余白』所収
カフカ論:『カフカ論』『どのように判断するか』所収『Donner la mort』(朝日出版社から出てる『カフカ論』と国文社から出てる『どのように判断するか』所収の論文は同じものです)
ジャベス論:『エクリチュールと差異』所収
ジュネ論:『Glas』
ジョイス論:『ユリシーズ・グラモフォン』
ド・マン論『Memoir』
ツェラン論:『シボレート』
ブランショ論:『Parages』『滞留』
ポンジュ論:『Signeponge』
マラルメ論:『Dissemination』所収

4 :吾輩は名無しである:04/03/09 18:45
■デリダ用語集その1「パルマコン」(Pharmakon)
パルマコンは薬も毒も意味するから
デリダを読むことは喜びでもあり苦痛でもある、
あるいは人によって毒にも薬にもなる、
ってことをいいたいわけだね

■デリダ用語集その2「デコンストリュクシオン」(Deconstruciton)
ちなみに英語のディコンストラクション、日本語の脱構築とは少しズレる
構造主義の後で登場したので、その構造を壊すようなイメージがあるが
それともズレる(むしろ現象学と存在論がコンテクスト)
テクスト内の「ズレ」と暗黙の前提を見出す戦略である

■デリダ用語集その3「散種」(Dissemination)
文字通り種をまき散らすこと
ほとんどの男性が実践している

5 :吾輩は名無しである:04/03/09 18:49
関連スレ
哲学版
はい、「デリダ」スレッド、ポンッ!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1038870138/l50

6 :吾輩は名無しである:04/03/10 04:02
いま「滞留」読んでるけど、読みやすくてよい。


7 :吾輩は名無しである:04/03/10 11:48
後期デリダの邦訳はすでに結構出ているが、
そのなかではもっとも正確で読みやすいもののような気がする。

8 :哲学板のデリダスレにこんなんがあったw:04/03/12 12:56
新刊案内・・・それはつまり他者への応答だ!
新刊情報を知りたがっている他者の為に、この責任があり続ける限りこのスレはのびるのだ。
そしてこのレス・・・
レスという言葉について考えてみよう、レスこの言葉には多重な仕掛けが施してある。
応答=責任性・・etc・・・こんな戯れしてもしょうがねー

9 :吾輩は名無しである:04/03/12 13:12
新刊情報仕入れたヒトは書き込んでチョ
つぎくんのは『コーラ』かな。

10 :吾輩は名無しである:04/03/13 09:41
新スレ乙。用語集を4に貼ったのか。。。
(そんなことならもっと真面目に書けばよかった。。。)
『エコノミメーシス』は4月発刊とのこと。
守中訳『コーラ』は130頁で1800円らしい。

11 :吾輩は名無しである:04/03/13 15:11
エコノミメーシス、早くも出るんでつか! ワクワク
いまデリダのこんなテクスト読んでます、みたいなカキコミも希望しますです


12 :吾輩は名無しである:04/03/15 23:33
4月下旬発売
予価4305円(本体4100円+税)四六判
C. ノリス/時実 早苗 訳
《叢書ウニベルシタス790》
ポール・ド・マン 脱構築と美学イデオロギー批判
ISBN4-588-00790-4
一貫した「美学イデオロギー」批判をド・マンにおける
中心的命題としてとらえ,その思想と方法を著書や論文
にしたがって展開しつつ,カント哲学を軸に,ニューク
リティシズム,現象学,ポスト構造主義,ポストモダニ
ズム,新プラグマティズムなど,多様な思想家・批評家
の論点と比較しながら論じかつ擁護した現代思想のパノ
ラマ。
〔文学理論・現代思想〕


13 :吾輩は名無しである:04/03/16 14:18
ド・マン自身の主要著作は未邦訳・・・
『盲目と洞察』『読むことのアレゴリー』『美学イデオロギー』
それなのに、ド・マン概説書は出るのね。

14 :吾輩は名無しである:04/03/17 05:09
デリダ、レヴィナスを語る
  「彼と私は愛情と信頼を分かち合っている」
ジャック・デリダ〔聞き手 アラン・ダヴィッド/合田正人訳〕
『みすず』2004年3月号(第514号)
http://www.msz.co.jp/monthlyreview/index.html

15 :吾輩は名無しである:04/03/22 17:04
寂しいですね。このスレ。デリダ早く小説賭書けよ。

16 :吾輩は名無しである:04/03/22 17:38
デリダの小説ってあったっけ?

17 :吾輩は名無しである:04/03/22 21:46
スタンフォードから今年出たCounterpath買った人いる?

18 :吾輩は名無しである:04/03/22 21:48
買ってない。つか初めて知った。
相変らずたくさん本出してるんだな。

19 :吾輩は名無しである:04/03/23 04:03
>>17
フラ語の原書ならもっとるよ。LA CONTRE-ALLEE
ヨンデナイケド... で出版元がルイヴィトンなんですね、これがw

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)