2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山口泉を知ってる人いますか?

1 :無名草子さん:03/11/09 15:47
寡作だけどいいもの書いてます。

ホームページ「魂の連邦共和国へむけて」
ttp://www.jca.apc.org/~izm/


2 :無名草子さん:03/11/09 16:31
>>1
本人にさ、公式サイトで書評のせるのは止めるように言ってよ。
あれ、相当いたい。

3 :無名草子さん:03/11/15 17:56


4 :無名草子さん:03/11/15 17:57
あげるなこんな糞。

5 :無名草子さん:03/11/18 20:10
山口県と読んでしまった。

6 :無名草子さん:03/11/19 02:04
埴谷雄高を尊敬してる人だね

7 :無名草子さん:03/11/22 01:02
この人の小説ってつまるところ説教だよな。善人はとことん賢く優しく弱く、悪人はどこまでも愚かで身勝手で強大。
極端に象徴的で寓話的。登場人物のセリフもいちいち説明的で長ったらしくて、激しく好き嫌いが別れそうな作風。
因みに漏れは大好きですw「アジア、冬物語」以外は全部読んだ事あります。

まぁレス数を鑑みるに、こんな事書いても誰も読まないだろうけど。



8 :無名草子さん:03/11/23 23:46
小説以外は結構読んでるな・・・

9 :無名草子さん:03/11/30 01:45
信濃毎日新聞に時評書いてるね…。

10 :無名草子さん:03/12/03 00:30
あげ   

11 :山口泉に会ったこともある読書人:03/12/03 08:44
山口泉は神だったが最近は面白くなくなった。
『吹雪の星の子供たち』『宇宙のみなもとの滝』などは
最高だったが最近は露悪趣味に走ってる感じ。
『永遠の春』などはその典型。

12 :無名草子さん:03/12/04 14:44
>>11
複雑な心境だな。
個人的には最近の山口の方が好きだ。
昔はそれこそ(既出だが)勧善懲悪で面白くない。
最近のものはフェミニズムや差別問題について
紋切り型の批評ではなく深く掘り下げていて面白いと思う
(エッセイは相変わらずサヨクしてるな、の一言だが)。
このままいけばJ・G・バラードみたいなものを
書いてくれそうな気がするんだが。

13 :とーりがかり:03/12/06 18:28
 とーりがかりですみません。
 山口泉って、松下竜一の全集だか著作集だかの
各巻すべてに解説文 ( ? ) を一文ずつ書いてる人
ですか?

14 :無名草子さん:03/12/10 10:49
>>13
「松下竜一 山口泉」で検索したところこんなページがありました。
ttp://plaza16.mbn.or.jp/~everydayimpress/Bookreview/review5.htm
>かならず山口泉の解説がついていますが、私はそれが好きでありません。
>本文で書かれているコトをだしにして、自分のことを延々と書いている
>(ように思われる)のには疲れてしまう。
>本文への辛らつな皮肉を延々と書き連ねたりしている(ように思われる)のにも辟易する。

おそらく同じ山口泉であると思われますw



15 :13:03/12/11 21:39
>>14
 おおっ! ありがとう。
 やっぱりそうか。引用文にも同感。(おしえてくれた
URLのページもみました。)

 なんでこの人の解説を松下竜一は付したのか、オレ
も理解にくるしむ。すげえナゾだよ。

16 :無名草子さん:03/12/16 22:31


17 :無名草子さん:03/12/21 22:29


18 :無名草子さん:03/12/24 03:15
age

19 :無名草子さん:03/12/24 14:59

山口泉って、
プロの癖に第一回日本ファンタジーノベル大賞で
酒見賢一に大賞もってかれた、あの山口泉?

20 :無名草子さん:03/12/25 02:36
そうでつ。
ところでなにか?

21 :無名草子さん:03/12/25 02:39
女優の山口いつ”みなら知ってますが。

22 :無名草子さん:03/12/25 12:40
このスレみるとあんまり人気無いんだなァと思うけど、
ホームページは結構カウンタの回りが早いんだよなぁ。
どういう属性の人に需要があるんだろうか。

23 :無名草子さん:04/01/27 13:53

『 風の谷のナウシカ 』 について 宮崎 駿 をあいてに対談だかインタビューだかを
( 雑誌かなにかで ) やって、 そのとき、 そのおしまいのあたりで 宮崎 駿 本人から、
“ この対談 ( ?   インタビュー ? ) は一体なんだったんでしょうね ” などとハッキリ
いわれてしまったのもこの山口さんでよろしかったでつか ?

24 :無名草子さん:04/02/01 01:52
まあ、おまいら一度『宇宙のみなもとの滝』(新潮社)読んでみれ。
感動するから。

25 :無名草子さん:04/02/01 02:00
そお?

26 :無名草子さん:04/02/01 10:28
>>24
いや、2ちゃんねる読者には『ホテル・アウシュヴィッツ』だろう。
ブラックな味わいにおいては筒井康隆にも匹敵しかねない。

27 :無名草子さん:04/02/01 15:09
『「新しい中世」がやってきた』(岩波書店)を読んだことがある。
暗いというか、かなり屈折してるよな。「ドラえもん」批判には笑って
しまったが。

28 :無名草子さん:04/02/03 16:50
>>23 そうです。二人とも、受け答えは「そうです」よりも「いえ、そういうことではなく…」の方が
頻繁に使われていましたw



29 :無名草子さん:04/02/03 20:56
ださー

30 :無名草子さん:04/02/12 02:02
『旅する人々の国』(上下)はスゴイ粘着小説で
30ページで読むのを止めちゃったけど。

31 :無名草子さん:04/02/19 02:12
ひげおじさん。

32 :無名草子さん:04/02/19 09:15
もっと面白い小説書いてください

33 :無名草子さん:04/02/20 15:20
ムリ。諦観気味の問題提起しかできない。

34 :無名草子さん:04/02/22 14:04
ネーミングセンスが個性的で、馬鹿みたいな名前もあれば本当に感心してしまう名前もある。
《禁作家》酉埜森夫とか、星をホトホリと読む感覚とか。

35 :無名草子さん:04/02/22 14:07
それは作家というより詩人としてのセンス

36 :無名草子さん:04/03/16 01:11
age

37 :宮崎×山口 1:04/03/22 16:01
山口「 一昨日、今回の作品『もののけ姫』の試写を見せていただきました。いちばん強く感じたのは、これはそもそも物語とか神話と   
   いうような、ある完結した表現世界を創っていくこと一般に伴うことかと思うんですけれども、作者の想像力というものが完全に       
   完結した世界を目指せば目指すほど、物語の中の登場人物に対しても、また観客ないし読者に向けても、『作者』の『想像力』が
   抑圧的に働く度合いが強まってくるのではないかということです。生活的なレベルの写実主義ではなくて、独立した想像力の宇宙 
   というものが表現としてのリアリズムを志向してゆけばゆくに従って、当然、作者によって作者によって設定されていく部分がお
   のずから多くなっていく。
    私自身、小説という形式でものを書く際に、一時期まで感じていた問題点でもあったのですが、『世界』がどうしても『作者』
   によって『設定』されたという側面が強まってくる。その『予め設定されている』ということは、『物語』を構築するうえで、ど
   うしても不可欠の要因になるとお考えでしょうか?」
    

38 :宮崎×山口 2:04/03/22 16:13
宮崎「僕は、世界をモデルとして創ることは無謀な試みだと思っています。
   つまり僕の映画でいえば、圧倒的多数の人間の社会が、あの世界の周りに広大にあって、僕の描いている世界は
   その一部なんだということでやってるつもりなんです。ですから、枠が僕らの日常生活のように、知らないところにも、
   いっぱい広がっているんだと思って作ります。自分がある世界をこういうふうに掴まえると決めて図式的に作ると、
   実に貧相なものが出来てしまうのが一つと、自分の見方で世界を作りますから、そこからの突破口がなくなるんです。
   そうやって落とし穴に落っこちているファンタジーを僕はずいぶん目撃しているつもりなので、そういうふうに世界を作るのは
   おかしいと思って、不特定多数の不確定要因がいっぱいある世界の一部だと思ってやります。」

山口「それは非常に意外なお話で、うかがってとてもびっくりしています。」

宮崎「そうですか?」

39 :無名草子さん:04/03/22 19:41
よくこれで作家やってられるな

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)