2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文芸社】自費出版について語る【新風社】

1 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 22:15
【前スレ】

文芸社
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/968916199/

2 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 22:20
乙一

3 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 16:36
被害者さん待ち、ってところですか。

4 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 20:59
新風社って何だよw

5 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 21:39
読売の岡山版に
『高2○○さん小説出版』とあった。ペンネームは「真紅蓮」。
タイトルが「DARK NIGHT静かな始動」

岡山理科大付属高校2年の女子高生だそうだ。こりゃあ
スゲエと思って記事を読むと、本当に最後の最後に『文芸社』
の文字があった。悪いが笑わせていただいた。

ttp://www.bungeisha.co.jp/search/detail.php?bid=20687
作中のカット絵も自分で描いたそうだ。自費とは書いてない。
「小説募集広告をみて応募し出版の連絡を受けた」とだけある
けど、ヤパーリ協力出版だろうなあ。

本名も顔写真もあるが、いちおうふせておこう。
美少女とは…ちょっと言い難い気もする。

6 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 18:54
>5
ttp://www.mainichi.co.jp/area/okayama/news/20040109k0000c033004000c.html
記事が出ていた。

7 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 20:07
このスレを見るようになってから、書店で文○社の本を見つけると
「ここに並べるために、いくら払ったんだろ…」とか思うようになった。

8 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 10:33
>7

誰もが思っていること。
ま、中には、一生、気づかない人もいるようだが……。

9 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 11:25
>>6
携帯電話で書いてるのか!?
時代は変わった……

10 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 17:29
そんな驚くことかいな

11 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 20:13
文芸社ってどうなんですか!?
詳しく教えてください!

12 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 20:15
協力出版ですら本を出せず一生を終えることに気づかない人もいるようだが……。


13 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 20:23
アスナロの木なんだ。
「明日は檜になろう」と思い続ける木のこと。
前向きな生き方だけど、ちょっと哀しい。

明日は作家になろう……と。

14 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 22:38
共同出版商法を発明したのは文芸社なのかな?

15 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 15:39
文○社と新○舎ってどっちの方がいいですかね?
特に出版した後の対応とか。

16 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 15:40
ウェブの匿名空間で2ちゃんねらーを名乗る人達は、自分一人
の自信の欠落やコンプレックスを徒党で誤魔化そうとしている点において
全て同じばか者であるということを認めた人達だということになります。
以上に基づき、ウェブの匿名空間で徒党を組まないと行動できないような
2ちゃんねらーに代表される人間のクズを排斥するというのは、ぼくの
ホームページの不変の基本方針ですので、2ちゃんねらーの皆様は全員、
ぼくのホームページから出て行かなくてはならないのです。ここはぼくの
ホームページで、ぼくは他のアーティストとは違いますし、同意見の人や
反対意見の人の人数の多寡等も全く関係ありません。

http://plaza.rakuten.co.jp/debu1957/diary/



17 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:42
この手の挑発的宣伝って久しぶりに見たよ。

18 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 00:01
>>15
その2つは業界の二大勢力だと思われ。
ここでのうわさ話レベルで判断するのではなく、両方にコンタクトをとって話をしっかり聞き、
自分の目で確かめることが重要かと。
100万もするような高額な買い物をするのだから、それくらいやらなきゃ。


19 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 19:35
文○社も新○舎も最近は静かですな。
忙しくなるのは3月の賞レースが終わってからでつかね?

20 :かっちゃん:04/01/19 19:35
友人が文芸社の編集部で働いていました。なんでも、編集部には正社員がほとんどいなくて、派遣さんばかりなのだそうです。
それだけでも随分、いい加減な会社なんですが、もっと驚いたのは、原稿を送ってくる著者のことを「馬鹿」なんていってるそうです。
表向きは、応募者の5パーセント位しか協力出版できないとか宣伝してるのに、本当は100パーセントだって。要するに、くだらない本を作るのに、100万円以上も金を出す「馬鹿」が多いと、社員自身が驚いているようす。
あなたは騙されないでね!

21 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 00:24
100万円以上じゃねえよ
200万以上だよ!

22 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 02:16
>>21
・・・ということはこの二社から出版できるのは金持ちだってことだ

くだらない本でも自分のを出せるなら安いな・・・



23 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 10:15
値段は相手を見て決めているようで。
ネット上で見掛けた数字は80万〜250万と幅がある。

24 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 19:50
三月十日に新風社新人賞の締め切りだけど誰か応募しますか?


25 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 19:51
ここの新人賞ってほんとにだれも受からないの?

26 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 19:59
つうか、その前に普通の奴らは最初からレベルやシステム馬鹿にして
応募すらしないという・・・

27 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 22:38
賞金百万だからな、他のところに送って落ちた作品を回そうかと思っている。
>>26の言うとおり才能のある奴は送らないと思うから

28 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 20:36
小生、クビになってやることなくて本書いてるドキュンです。
先日、50社程原稿を送付しました。(もちろんB芸社とS風社も含まれています。)
んで、いきなり出版社2社から「おもしろい!」と絶賛のTEL。しかし、
うちは専門出版社なので、ちょっと無理みたいなこと言われ、ふさぎこんでいた
矢先にB芸社から分厚い書類が届きました。読み進めるうちに次第に興奮していく
自分がいました。ところが…文書には「協力出版」の見慣れない二文字。
はて…?と思い、ネットで検索。んで、事の真相が全てわかりました。
しっかし、やはり企画出版は素人にはやはり不可能なのでしょうか?
ビジネス書などでないと無理なのでしょうか?教えて下さい!



29 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 21:42
>>28

このスレや協力出版系会社のスレを読んだらいろいろと分かってきますよね。
賞に入らないと企画出版にならない会社もあるし、ある程度の枠に入っても金を取られる
金集めの賞もある。来る者拒まず本を出させてお金を儲けるのが協力出版系の基本。

小説なら普通の出版社の新人賞を狙うことがすすめられているし、投票数を稼げば
出版できる仕組みのサイトもあるようです。

30 :吾輩は名無しである:04/01/25 16:10
>>28
まず自分の作品を見直せよ。端的に面白い作品なら、どこに出しても食いつくさ。
なぜなら「売れる」って判断するから。逆を返せばそーじゃないってことでしょ?
あんたの作品は。そんでもって、出版社からの「面白い!」はすべて本音とは
限らんよ。ゴーストとして使える値踏みされてるだけかもしれんし。
それを判断する材料は、あなたが本を出しているかどうか。そして、その本が
売れたかどうか。これしかないのよ。

31 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:30
NHK岡山の夕方ローカルニュースを見ていて「真紅蓮」さんが
出ていたので、google検索してやってきますた。
やっぱり協力出版だそうです。
出版社とNHKのアナたちは、「これまでの作家のイメージとは違う、『アーティスト』
として小説を出す」みたいなことを言ってました。
俺なら、、、同人誌にするくらいだろうなあ、、、。
同人誌のほうが買い手との直接なふれあいもあるし、いいと思うんだけど。
生活がかかってるとかなら別だけどさ。

32 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:55
そこまでプッシュしてんのかB芸社

33 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 20:19
>>31
代金はご両親が出したんだろうか?
たぶん100マソ単位だよなあ。
自費だから絶対に赤字だし。


34 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 18:08
B芸社から企画出版の申し出があったんですが…
どうなんでしょうか?喜んでいいのでしょうか?
こっちからはお金出さなくてもいいっぽいんですけれど、
でもなんか過去スレとか読んでたら今後が不安になってきたんで…

35 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 18:26
>>34
企画ならイインジャネーノ?
途中から話が怪しくなったら逃げればいいんだし。

>こっちからはお金出さなくてもいいっぽいんですけれど、

ここをくどいほど聞いておくべし。契約書も作っておけば
よりベターですな。


36 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 18:36
企画出版として出版されたとして。
果たして世に通用するだけの出版社なのかって点が気になるところ。

それならやっぱりいっそ、他の作品賞に出した方がとも思うが。
せっかく掴んだチャンスだもんな。
他じゃ出版どころか審査通過すら出来ないかもしれないもんな。

37 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 18:12
>>34

企画出版の申し出があるくらいだったら、フツーの中堅か大手の出版社から出
せるんじゃないの?
本を手にする側からすれば、「共同出版」の鴨の1人としか、思われないだろ
うし、著者経歴としても逆に恥ずかしい。


38 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 19:03
>37
そうとも限らないだろ。
B芸社の審査で企画出版OK基準でも他の出版社から見たら、
せいぜい二次審査通過程度の質って事もあり得る。

だから34は共同じゃない限り出してみるべき。
世の中に出て評価されるかどうかは34の質にかかってる。
出版社いちいち気にするような読者以外に読んでもらえるようにがんがれ(w

39 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 20:04
企画出版をステップアップの手段として使えばよい。
本が出たら、様々な新聞や雑誌の書評コーナーへ贈呈してみればよい。
本当によい本なら、書評で取りあげてもらえる。

40 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 20:45
出版事業を神格化してるっつーか、なんつーか…
二次審査通過程度とか…内と外ではこんなに感覚に違いがあるのか

41 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 21:34
業界人は大変ですねー。
こんなところ見てないで仕事して下さい。>>40

42 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 23:11
選考の現場とか見たら泣いちゃうかもね

43 :馬鹿女。:04/02/09 04:28
そうなん?!あたしゃぁ協力出版で本出したさぁ・・。
何か強烈...。私も家族も、自費出版みたいなもんよ、って
分かっていてでも、私の金で作ったからまぁ記念だねーー
位に考えられるわな。しっかし、陰で馬鹿などと言われていたと
思うと腹立って仕方ない!!私は馬鹿女なんやねぇぇ。
突然失礼。ちと、吐き出したくなったまで。


44 :+++++:04/02/09 23:39
うっわ。初カキします。
アタシも本の話進んでます……。
↑サンと同士。ちなみにB芸社のほうです。
高かった…。150万以上。
○○出版の怪しさは聞いてたけど、ここもだったんかい。

45 :AHOLUCK:04/02/10 09:58
♪よ〜〜く考えよう〜〜お金は大事だよ〜〜♪
お金を払う前に読むべきページ
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/2251/shuppan.html
http://www.yomiuri.co.jp/bookstand/news/20030527_01.htm
http://sils.shoin.ac.jp/~shiromal/outside/rakugaki/rkgk070.html
http://plaza.rakuten.co.jp/segakiyui/diaryold/20020812/
http://www.alpha-line.co.jp/mbc21/
http://village.infoweb.ne.jp/~kobeport/kyodo.htm
http://www.revook.com/novelsearch/teian.html
http://www.keyaki-s.co.jp/my/mybook.html
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hfk/gohan/ikensitu/han/547036310498701.html
http://www5d.biglobe.ne.jp/~k-megumi/poem-s02.htm
♪よ〜〜く考えよう〜〜原稿も大事だよ〜〜♪


46 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 10:38
リンクの一番下、面白い。
自費出版系の事情を網羅しているといってもいいくらい。

>>43
本当にお気の毒さま。
内情をここで暴露してくれると、あとで被害者を生まなくてすむ。
どうかひとつ。

>>44
もう金払ったの?
本を出すのも一生の記念だ。
でも普通150万あれば、他に幾らでも一生の記念になるようなことができる。
遠い国に旅行するとかね。

47 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 17:57
本を出してひょっとして脚光を浴びる可能性も秘めているのでは
ないでしょうか。日本のベストセラー果ては世界のベストセラー
と夢がドンドン広がると思います。
自分を試すためにも出版を考えています。
文芸社さまよきお導きをお願いします。

48 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 18:03
つまんねえ釣りだな…

49 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 20:41
>>47
自分が経営してた会社の記念品として小説を自費出版して、
それが賞をとってプロの小説家になった内田康夫ってのもいるからね。


50 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 20:43
デマ情報流してる基地害がいます。
♪基地害お〜暴れ〜
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/ana/1076671596/

51 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 09:21
>>49
でもそれは、自費出版した結果…じゃないだろーが!

52 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 09:30
以前、B芸社の編集部門で働いていたが、
私が実態を洗いざらい暴露すると、
作家志望のみんなは協力出版する気が失せると思うよ。
B芸社は半分ヤクザの会社だから関わらないほうがいいよ。
それはS風社も同じだと思う。
作家志望の人たちに言えることは、原稿を会社に送る前に、
複数の友人・知人に売れるような面白い原稿かどうか読んでもらって客観的に判断してもらったほうがいいよ。
会社はどんなに酷い原稿でも売れると煽るから。
簡単なことだけど、会社の目的は原稿を集めて金儲けすることだから。
気をつけてください。

53 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 10:00
将来、B芸者就職志望なのですが、難しいの?
お給料とか、またお休みは多いんですか。

54 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 10:27
人としてのプライドを捨てたか?

55 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 14:37
54みたく無職よりはましです。

56 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 16:12
>>53
福利厚生も一流企業並で、スタッフも
社長以下優柔な方々ばかり
で大変やりがいのあるお仕事です。
人に勇気と希望を与えるお仕事として
大変誇りに思えます。
作家を生み出すという使命を
持った数少ない職業だと思っています。

57 :++++:04/02/15 18:09
友達がそれ系の出版社に原稿送った…。
自分も知らずとはいえ出版するから止めるのも気が引けるんですが…。
多分協力出版のハナシが来るはず。
教えた方がいい?
でもそしたら自分嫌な人間確定。

58 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 18:26
>>57

情報を知ってて教えない方が、嫌な人間では?

59 :;;;:04/02/15 19:25
誠文堂新光社でも自費出版やってるみたい。

60 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 17:28
>>57
注意すべき点を教えてあげればいい。
こことここはしっかり確認しなよってさ。
「半分やくざの会社」ってのも、2ちゃんの話だしねえ。
実態を知るいい機会でもあるでしょ。

61 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 20:52
>>52
今、文○社ってどうなの? 『創』とかに突かれて、下火ってわけでもない?

62 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 22:50
>>56
お仕事ご苦労様です。

63 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 00:13
>>61

俺もちょっと気になっていたので、本屋の知人に聞いてみたんだが。
新刊の数は横ばいっぽいらしいが、以前に比べて頑張っているのは確かだそうだ。
例の『リア鬼』の後にも、数千、数万クラスの本をいくつか出しているらしい。書名は失念したが。
以前は完全にB社を見下していた人なので、ちょっと認めたような言葉は意外だった。
「ネットで叩かれて反省したんだろ」と笑っていたが、本当にそうならいいが。

いまになって頑張れるなら、最初から真面目にやれば評価もここまで下がらなかったろうに。
バカな会社だ、というのが正直なところ。

64 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 00:47
そういやB社は同業者かなんかと裁判やってるんじゃなかったっけ。
判決もう出たのかな

65 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 00:57
>>63
俺が聞いた話とは正反対だ・・・リア鬼が売れたんで、それを広告塔にして勧誘に利用、
出版点数は増やしたけれど、実売数は前と変わらず壊滅状態、
返本率もあいかわらず高いままって聞いてたんだが・・・
出版業界自体が不況だし、「業績が伸びてる」ってのはちょっと信じ難い。
ぜひとも「失念した書名」をキボン。

66 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 07:59
「リア鬼」はほんとアレだね。
サクセス・ストーリーの雛型なわけだ。
あのおかげで勘違いしちゃった青少年少女たちが、
金の成る木として飛び込んできた、という流れで業績アップというのなら、まだわかる話だ。
体質が改善されたとか、そういうことはないだろう。
だって、「リア鬼」だもの。

67 :63:04/02/17 11:25
>>65

出版点数が増えてるってのはないみたいだよ。一時よりむしろ少し減ってるみたいだ。
別の機会に俺もネットで確認した(実は作品を送ろうと思ってた)。
本の売り上げなんて出版の契約に比べれば知れてるだろうから、社全体の業績アップってのはないだろう。
ライバルの新○社は激増してるみたいだけどね。こっちのほうが際どいやり方だそうだ。

すまない、書名は思い出せないな。その本屋ではいい場所に積んでいるそうだ。
3冊くらいのタイトルを聞いたんだが、ひとつは小説、ひとつはメンヘル系のように思った。
口頭で聞いたから、タイトルを正確に読み上げていないかも知れない。特に確認しなかった。

まあ、本屋の話だからね。実際はどうかな。
売れる本ってのが本当だったとしても、ごく一部だろうしね。
期待しないほうがいいことは確かだろう。

68 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 01:10
文○社の自費出版会に行った人いる?

69 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 01:37
自費出版会で「あなたの本の内容は他の人がしてないことだからテーマとしてはいいよ」
とか言われました。これってお世辞なんでしょうか?
テーマは青春18きっぷを使った旅行記です。

70 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 09:34
褒めてくれるなら、企画出版でもいいはず。
何回でも書き直すので企画で・・・・と言ってみれば。
多分、協力出版以外は無理だと思うけどね。

71 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 19:40
他スレでも書いたけど、この手の会社が主催している賞って、受賞作はどれくらい
売れるの?


72 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 21:24
>>64
一応、文○社勝ったけど。去年ね。
文○社がすべて悪いわけではないが、少なくとも古くからやっている自費
出版社から嫌われているのは間違いない。何でかって? 経営スタイルが
そもそも出版界のソレではないから。貧乏インテリの巣窟だった出版界に
風穴開けた功績は買うけど、あそこの編集者とは飲みたくないやね。

>>70
あなたの本が少なくとも3000部売り切れる本なら企画で出してくれるよ。
乙一の本なら売り切れるよね? あんたのはどう? ってスタンス。

73 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 22:21
NHKで文芸社出てたね

74 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 22:22
>>31の真紅蓮の中の人も出ていたよ。

75 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 22:34
>73
「大手出版社」とかほざいてたぞ。
まっ、ある意味では正しいけどw
そういえば、NHKは前にもB芸者の特集を何の批評眼もなしに放送してたな。
無知なのか、それとも裏で繋がってるのか・・・

76 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 22:36
NHKのプロデューサーも人間。現ナマには弱いわな。

77 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 01:27
無知なだけだろ
たぶんこの業界のことしらない記者が
ネット化なんかで若い作家志望を作家まで押し上げる(という売り込みの)出版社を探して
そのまま取材して放送って流れかと。

78 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 16:23
ニュース以外なら、NHKで放送されても、
制作は別のプロダクションであることが多いよ。
裏で繋がっている可能性の方が高いな。

79 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 18:41
>>78
ニュースでやってたんだが・・・

80 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 18:45
>>79
そうか、ゴメン。推測で書いちゃったな。

81 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 23:56
何も知らないで、原稿送って、協力出版の話きて舞い上がってたよ…。本気で130万円ほど出す覚悟ないなら、たとえ協力出版の話出ても、電話なんかしちゃだめだね!!
断るのに1ヶ月要したよw
しつこいのなんのって!!
営業トークに笑えました。

82 :筒井西京:04/02/22 03:41
最近地元の新聞見てたんですよ。
そしたらですね、「障害者が出版」ってあったんです。
ほほお、塵でも障害者が出せば新聞に載るのか、
ってな風に斜めに構えて読んでたんです。
で、出版社は? S風社。……おい。
「―見所がある、と言われ、自費出版を誘われたという」
(記事より)
 ……いやあ、変わってないなあ、と。
 



83 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 11:24
ココから本を出す人は恥ずかしくないんだろうか。
高いカネ出してまでこんな出版社から本出てもうれしくないだろ。
文章でメシ食うようになってから出版は考えろって。
小説だったら文芸誌の新人賞の最終選考に残って、それから考えろや。
金持ちの道楽なら別だが、こんな出版社から本を出そうとしている時点で
「お前はもう、死んでいる」


84 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 11:31
>>83
それ、お前のことなんだけどね。

85 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 18:02
>>83 ココから本を出す人は恥ずかしくないんだろうか。

禿同。

本を出したがる割に、異常に出版事情について疎すぎる!



86 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 20:14
一流出版社から出る学術書(特に人文系)でも、出版費用のほぼ全額を著者がもつことがあるみたいよ。
著者にとっては「研究履歴」になるし、出版社にとってはリスクの無い商売なので、共存共栄。

87 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 20:52
>>86
それは嘘だな。
1流出版社から出る学術書で出版費用の全額を著者が持つことはない。
もしあるとすれば、それは純然たる意味での自費出版だな。
お前、そんな嘘の情報を流して何か得になることでもあるのか。
おそらくB芸者かS風車の関係者だと思うが(w
客寄せに来たのか(w

88 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 21:48
一流の学術系出版社なら、著者が初版の半分ぐらいを買い取るようなことはあるかも。
大学の教授クラスだと、自分の本を教科書に指定して、学生に強制的に買わすこともある。
ご丁寧に、本にはレポート用紙もついていて、その専用用紙でレポートを提出しないと単位がもらえない(w

マジで、そんな学者もいるそうです。

89 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 21:57
初版を買い取るかどうかは別だが、ウチの教授もそうしていたな。授業でちゃんと
自分の書いた教科書使っていた。その十年後、漏れ自身も出版したのでそうした。
大学とかの講義じゃないけどね。


90 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 23:05
>>87

社員厨キタ−。www
恥ずかしいヤツだなあ。買い取り契約込みの出版なんて常識だろ。
ついでに「1流」は「一流」と書けるようにしとけよ

91 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 23:24
なんかBかSの工作員が書き込んでいまつね
営業熱心だこと(w

92 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 01:01
>>88
本来自費出版はそうした需要を満たす要素があったな。
地方大学の教授が研究発表を出す場だったり、
中小企業の社長さんが会社の成功した歴史を綴ったり、
新興宗教の教祖が信者向けに書いたりね。

それはいずれも学生・社員・信者というある読者が(少ないながらも)
期待できると手堅い商売でもあった。内容も、とりあえずは専門職が
書いているだけあって、文章はともかく味があるし、部数によっては
黒字になることもあったらしい。

だが無名の人が小説を書いても売れないのが出版界。
商業出版への足掛かりとかいっても、結局は自費出版でしょ。
プロの編集者はBやS社のことは熟知してますから、見せても、
見向きもされないことが多いですよ。

結局は自己満足だろうなあ。内容に自信があれば、同人誌で発行
してもいいんじゃない? 費用はものにもよるけど1/3以下で済む
と思われです。ISBNとれないけど、別にいいでしょう。

93 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 01:06
>>92
>>内容に自信があれば、同人誌で発行してもいいんじゃない?

内容に自信があれば新人賞へw


94 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 01:18
宮沢賢治も自費出版ですが何か?

95 :ゆう:04/02/23 06:01
どなたか、詩の新人賞のようなものなど
教えていただけないでしょうか。
詩作家がまともに階段を上ってゆくには
どうすればよいのですか?

96 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 07:25
>>95
芸能人になって国民的スターになればそんなもんヘェでもないわ

97 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 11:07
>>94
またそうやって前時代の特異例を一般化させようとする。
臆面もなく「ですが何か?」とかいってんじゃねえよ。

98 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 11:11
>>95
新聞をチェックしたら。新聞社が募集してることもある。採用されたら、紙面掲載と謝礼。
詩、和歌、俳句は伝統文化だから、プロを前提とした新人賞はないかも。
地方自治体で、なんらかの賞を主催していることもある。PCで検索してみてね。

99 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 11:12
正岡子規のホトトギスは同人誌ですが、なにか?

100 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 11:22
漏れの地元では伝説的な立志伝中の人物、HIというのがいる。といってもたいし
たことはなく、会社もいまだに資本金8000万どまりだし、一時期は倒産まぎわ
までいき、子会社からの迂回融資でなんとか倒産を免れたというていたらくだ。
もともと海苔漁民だったのが、県の新産業都市計画に抵抗し、その結果大敗して仕方なく
運輸業に手を出した。県の役人と裏でつながってるからなんとか生きながらえた。その男を主人公
にした物語を地元のミニコミ誌に連載したのを本にすることになった。採算取れる
わけがない。でも強引に本にした。ISBNなんてあるはずもない。どうするのかと
思ったら、上下2巻を箱詰めにしたものを会社が買い取り、系列企業の社員全員
プレゼントした。そうまでして自分をひけらかしたいかね?
その社長、いまはボンボンに社長を譲って会長におさまっている。ある日、会社の
車で出勤する途中、そばにいた社員が車に向かって会釈しなかったからといって
朝礼で総務部長に「あいさつしろ」と叱らせた。なんとまあ狭量な男か。


101 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 19:21
夏目漱石も自費出版ですが何か?

102 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 21:59
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4835525795/customer-reviews/ref=cm_cr_dp_2_1/249-9125523-4949121
これだけ反響大きいと作者冥利に尽きるとおもう。皮肉じゃなくて。

103 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 22:43
>>102
 あんたももしかして文芸社の人? それはともかく、
 直リンク禁止されてないんだから、h 省略しないでよ、めんどいから。

104 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 23:12
>>102
>この紙のために伐採された樹木の無念やいかに。
とか
>……ちゃんと自分でお金を出して買うことに意味があるんですよ。
のように結構面白い文が読めるねw

ネタで満点にしてる人がいるせいでおすすめ度が★1.5になってるのが笑える。

105 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 00:14
>>103
専用ブラウザ使えよ

106 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 21:23
文芸社、新風舎、碧天舎、
社員として働くならとりあえず
どこがマトモ?
給料や雰囲気含めて聞きたいです!

107 :ゆう:04/02/24 22:50
>>98

の方ありがとうございました

108 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 10:13
>>106
これらの編集部の構成員のほとんどが派遣社員。
給料は安いに決まっている。雰囲気はそれぞれ違うだろ。
それと、中には基地外というしかないドキュンも派遣されてくるから気をつけるように。
余談だが、校正記号すらまともに知らない素人が編集や校正の仕事をしているから、
こういう人間に仕事を任せていいのか、原稿を持ち込むヤシはよく考えたほうがいい。



109 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 16:17
>>108
随分わかった風なクチ聞くじゃねーの。知りもせずに。
引き篭もり君の妄想もたいがいにせーよ。

110 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 16:27
>>109
どちらの派遣社員さんですか?

111 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 17:20
いや、校正は作家本人がやるらしいぞ。

112 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 23:45
>106
可愛い娘が沢山いるのは新風舎だな

113 :名無し物書き@推敲中?:04/03/03 09:21
>>112なんで分かるの?両方の会社で働いていたって事?

114 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 19:39
「ホームレス作家」がヒットした松井計さんの同作に、
それのうちどれかで仕事して一日でクビになった話が
載っているよ。
「彼らはドラマなどでカリカチュアされた編集者をなぞっているように見えた」
といった一文が印象的だった。たぶん「編集者ごっこ」をしている人達
なんだろう。現場の編集部は、ドラマ等に出てくる編集部とはまったく
違うからね。

115 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 19:41
こんな企画ダメだと、叫んで破り捨てる横暴編集長。
作家と飲み屋で打ち合わせする編集者。
原稿をなかなか書かない作家に、泣きつく編集者。
何かというと打ち上げして飲んでる編集部。

ドラマなどでよく見るが、どれもまったく現実と違う。

116 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 22:52
読者に読まれない本を出してそんなに面白いのか?
それは、それこそ「文化オナニー」ではないのか?
協力出版で200万円出すぐらいなら、俺は吉原のソープで40回遊ぶ。
「協力出版作家」って、馬鹿じゃねえ(w


117 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 01:13
>>116
じゃあ吉原のソープで40回遊んでください。
あなたの本なんて親以外読まないでしょうから。

118 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 02:43
>あなたの本なんて親以外読まないでしょうから。

親も読まないんじゃないの?

>>116
読解力あるのか?
おまえこそ、協力出版の罠にかかるタイプだよ。

>それこそ「文化オナニー」ではないのか?
だから「自慰出版」って言うんだろ?




119 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 02:45
>>116
読解力あるのか?
おまえこそ、協力出版の罠にかかるタイプだよ。

(訂正)
>>117
読解力あるのか?
おまえこそ、協力出版界の鴨だよ。


120 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 10:07
協力出版のことなら漏れに何でも聞け。
漏れは会社で働いていたから。
相談に乗るぜ。


121 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 10:30
>>120
「相談に乗るぜ」って、協力出版社の営業も同じこと言うわけだが。

122 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 14:30
>>120
協力出版というのは、著者に製作実部数を知らせなくてもいいから(売り上げ
た印税だけを支払うため)、実は著者に1000部作るといいながらオンデマ
ンド印刷で100冊程度しか作っていないという噂は ホ ン ト ウ ですか?

123 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 15:57
>>122
なんでそんなマル秘事項を知っているんだ(愕然・・・
ま、想像にお任せするよ。


124 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 16:15
前スレで自称元社員が暴露してたし。

1000部分の金を要求しておいて100部しか刷ってないのが事実だとしたら犯罪そのものなんだが、
残念ながら証拠がないので話はうやむやになってしまった。

125 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 19:12
オンデマンドでも100部も1000部もコストは変わらないぞ。

126 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 19:54
>125
いや変わる。当たり前でしょ

127 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 21:30
本を保管しておくと、倉庫代が馬鹿高いんだよ。
一冊十円ぐらい取る倉庫屋もある。だから、著者に渡す分プラス
毛の生えた程度しか刷らないのは当たり前デス。

128 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 00:11
現今の印刷技術は目を見張るものがあって、
100部ぐらいの小部数でも、立派な本が出来上がる。
これをオンデマンドといいます。
ですから、1000部を刷るといって、100部を刷っていても不思議はございません。
協力出版作家の予備軍はくれぐれも騙されないように。


129 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 00:44
いいんだよ、100部だって売れないんだから。
100部売り切れたら、増刷って言ってさらに100部刷るんじゃね?
それだったらさすがにバレるか。そこんとこどうなの>>123さん

130 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 01:11
>>129
ほとんどバレません。
協力出版する人は無知蒙昧が多いのか、契約書をしっかりチェックしません。
なんせ、営業マンが百戦錬磨のつわものですから、しっかり騙します。


131 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 12:01
うーん・・・ちゃんと刷ってると思うよ
100部って著者分ぐらいの冊数じゃない
1000部って多く思えるかもしれないけどあっとゆうまだよ
自費系出版社でも売れ筋だったらすぐ増刷かかるよ1000部ぐらいだったら

132 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 17:00
>売れ筋だったらすぐ増刷かかるよ

「売れ筋」だったら、何でもそーだっつうの! アホじゃねーの?
それでも出版社の社員でつか?

133 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 18:42
怖いのは、本好きの人間がこれで本嫌いにならないかってこと。
自分がかもになったと知ったら、対人不振にならないか。
本を買う金もなくなるし。

134 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 23:06
本好きなら、業界事情に詳しくなく単なる
読者であったとしても、自費出版社系の本は、
いわゆる「本」ではないとひと目で見破れる。
一冊一冊ならそれほど目立たないが、リストアップ
されたカタログをみると、「売れなくてもいい好きなもの書いてれば」
オーラが立ち上る。キャッチコピーの作り方も、無菌室系というか、
商業出版の本と比べてまるで違うもん。
だから、これは自分の好きな「本」ではない、違う本種だとわかるので、
別に、本に不審になることもないと思います。

135 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 03:31
お、終わってないですか?
これで詩だってさ。
家元だってさ。

http://www.shinpusha.co.jp/enpoe/index.html

136 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 16:55
読んだ。
す、すごいな。

詩って、宮沢賢治とか谷川俊太郎、中原中也を教科書で読んだくらい。
現代詩に免疫がないからかもしれないけど……

たぶん、源氏物語しか読んだことのない人が現代小説を読んだら、
「はあ?」だろう。
それと同じ感じだ。





137 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 18:47
>134
そうじゃなくて、大金出して引っかかった人と話。
誰か泣いてる人いない。

138 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 19:44
ttp://www.penguin-books.net/qa.htm
ISBN付けて国会図書館に納本しても12万程度だってw
毎月5000円程度の投資でも、2年に1冊は出版
可能となる計算・・・

139 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 20:26
本を出版したいが為に仕事やめた奴って一体。禿藁

140 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 21:33
>138 だって国会図書館への納本ってタダでしょ(送料はかかるとして)
ISBNだって取るの個人だってできるんだから

141 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 21:46
>136
じゃなくて、たんに幼稚な詩(?)じゃんかw

142 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 22:00
これがエンターテイメント・ポエトリー、略してエンポエです。

143 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 22:18
要するにオウムと一緒だわな。

144 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 23:12
http://www.isbn-center.jp/shutoku/index.html
ISBNも12000〜18000円程で取得可能らしい。
結局自分で作るほうが安上がりだな。

145 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 00:46
>>144
じゃ、自分で取れよ。取れるもんなら。

146 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 07:11
だからなんだってんだよ、あほ>142
エンポエってネーミングのセンスからして、ダサダサ

147 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 15:37
おまえさんは>>142が皮肉だとは読み取れなかったのか。

148 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 17:07
>>135
この宇宙には私達には想像もつかない不思議なことがまだまだたくさんあるんですね。
今日もまた一つかしこくなりました。先生どうもありがとうございました。

149 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 19:34
200万出すなら、2000円の本が千冊買える。
ブックオフなら棚一つ分。

150 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 21:14
>>149
ほかの安い出版社にすればいいのでは?


151 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 22:02
ASPサービス『ぷりパブ』が2004年3月1日サイトオープン
http://www.bunkyudo.co.jp/pripub/
十部未満では一冊二千円から、
二百一部刷れば一冊四百円



152 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 01:05
http://www.kodanshashuppan-sc.co.jp/
金さえ払えば講談社からでも自費出版できる訳だが。

153 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 16:32
スゲエ!

154 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 16:36
見積もりのページからして違うな。

155 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/11 02:08
寝よううぜ。
眠剤が劇気に訊いた。
あたまふらふらでややんす。
意識が遠くになてきた。
寝る、というよりも「きをうしろ

156 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 23:07
アイタタタのカモ発見。
こいつは文芸・新風どっちに引っ掛かるか。

http://www.mypress.jp/v2_writers/yomuyomu/

157 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 07:26
》156

昨日新宿で文芸社の説明会かってますた。

158 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 08:44
>>157
この人、ギャグでやってないとすれば、悲惨すぎるかも。

159 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 15:30
文芸社から協力出版の返事きました。
べた褒めだったので、うれしく思う反面、
不思議に思い、一応調べてみたら…。
協力出版て、みんなにだしてる?
それどころか、かなりいい加減な会社そう。
食われないようにしなきゃ。


160 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 18:49
>>159
よく気付いたね。
ヤシらは、とても日本語といえない原稿でもベタ褒めするからね。
ま、来た原稿は漏れなく褒めると考えていいだろう、というか褒めているんだ。


161 :名無し物書き@推敲中?:04/03/16 23:20
》156

誰かこのバカに忠告してやれよ。

162 :名無し物書き@推敲中?:04/03/19 18:54
〉〉156

閉鎖に追い込まれてまつ。

163 :名無し物書き@推敲中?:04/03/19 20:15
>>156
文○社か新○舎の仕業だな…

164 :名無し物書き@推敲中?:04/03/19 21:33
>>156
久しぶりの面白い読み物を読んだ。
でも、そのHP、きみの創作じゃないか?
「おいら」のキャラが、いかにもこのスレ的だから。

まあ、そうじゃないとしても、それはそれで良いのでは。
自分で稼いだ金、何に使おうと勝手だ。
「夢を買う商売」とは良く言ったものだ。
少しでも夢が続くことを祈るしかないね。

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)