2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

埋もれてた作品を載せるスレ

1 ::04/03/19 04:58
-プロローグ-

 この頃の私といえば、ただただ回りに流されているだけであった。


 私の名前は『リグ』。正式にはD-RG-3313であるが気に入らない。
今ちょうど帰り道なので、簡単な町の説明をしよう。
まずここが私の職場である『D地区』。周りの機械はみな同僚だがろくに口も聞いた事は無い。
出口にあるのが『配布所』。
毎日働いた分だけの金を貰えるのだが、どうにもこうにも。自分の修理だけで精一杯だ。
配布所を抜けると、ストリートに出る。相変わらずごちゃごちゃしてるが、しかたがない。ほとんどの買い物はここで事足りるのだ。
 ストリートには大きく二種類の店がある。
オイル屋は私達には欠かせない、これを切らすと部品の消耗が激しい。
4段階のオイルがあるが私はもっぱら一番下のオイルだ。一番上のオイルを使ってる奴等はいったいどんな仕事をしてるのだろうか。
 そしてもう一つが『ジャンク屋』。私達の体を部分部分で売っている。
仕事場ごとに店が分かれていてパーツの数は計り知れない。
今、私が狙っているのはライズ社のドリルだ。回転速度はそれほどでもないが、かなり長持ちするらしく安定性もあるらしい。
だが買うのは・・まぁそのうちにだ、とにかく今は金が無い。

 長いストリートを抜けるとあるのは、私達の病院である『修理所』。
 AIが壊れてしまった時にお世話になる場所だ。
 もっとも、治ってくる保障は無いのだが。







2 ::04/03/19 04:58
 そして最後が私の家である『RG地区』。ここの3313が唯一、私だけの場所。
 殺風景な部屋で、あるのはオイル缶と少しの金くらいだ。だが、家の無い奴に比べればよほどいい。


 特に仕事をしなければいけないという決まりは無い。
 ただ仕事をしないと金も貰えないし、金を貰わないとオイルさえ買えない。
 すると部品が壊れて行き、最後にはジャンク屋行きだ。
 頭のいい奴は自分で商売を始め、社長となり、ゆうゆうと生活している。しかしそんな者は一握りで、ほとんどは私と一緒の境遇だ。


 煙と埃に埋もれた、ガラクタだらけの町で私達は生活している。毎日同じ作業を繰り返し、僅かな金を得て、少しでも良い体になろうとしている。

 この頃は恥ずかしい事に、この生活に少しも疑問を感じなかったし、なにより、自分達を作り自分達に脳を、『考える事』を与えた者の存在など想像もしなかった。

 自分に『リグ』などと名付ける事もしなかっただろう・・

3 ::04/03/19 05:05
とりあえず最初だけ

最近作った作品ではなく、大昔に作って忘れてたようなものを


さぁ掘り起こせ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)