2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

童話の理不尽な点を強引に解釈するスレ

1 :さく・え/ななし:03/08/25 09:19 ID:QtE1XlnW
 

2 :さく・え/ななし:03/08/25 09:22 ID:QtE1XlnW
桃太郎はあの面子でどうやって鬼が島を侵略したんですか?

3 :さく・え/ななし:03/08/25 20:43 ID:bW/jpOn1
2ゲット。口で言うほど簡単じゃあない。

もう何千回と2ゲットに挑戦したことか。
もう何万回とF5キーで新スレが立っているかチェックしたことか。
すでに俺のキーボードの2キーは磨り減って2の印字が消えている。
他の奴らが2をゲットしているのを見てくやしくて枕を濡らした夜。
よっしゃあ2ゲット!と思い書き込みボタンを押したら回線が重くて
2ゲットに失敗したあの暑い夏の日。

2を取るために光回線を導入した。
2を取るために指の力が上がるように特訓した。
2を取るために動体視力を上げる本を熟読した。

2が取れたならもう死んでもいい。
寝ても覚めても2ゲットの事しか思い浮かばない。
2ゲット。ああ好きさ。結婚したい。

今度こそ2ゲットできると信じてる。
さあ、書き込みボタンだ。2ゲット!!!!

4 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

5 :さく・え/ななし:03/08/26 02:04 ID:AnoMWnUd
今2chを荒らしまわっている山崎渉やぼるじょわは
全てAAによるものです。そして今心無いAA住人は
2chキャラであるしぃ
  ハニャーン  ハニャーン  ハニャーン
  ∧∧    ∧∧   ∧∧
 (゚- ゚*) ― (*゚ 0゚) ―(゚0 ゚*) ― 〜
  し-J―‐Jし-J―‐し-J―‐J
を虐殺するAAを各板の荒らしに使おうとしています。
あなたはこの異常性をどう思いますか?あなたの意見を
お聞かせください。
【虐殺厨】AA板・住人を2chから追放せよ【最悪】
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1061569212/l50
(*゚−゚) しぃ関連スレ救済救援総本部 (゚- ゚*)
http://aa2.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1061636121/

6 :さく・え/ななし:03/08/26 02:51 ID:???
>>2
答えは猿、犬、キジは1匹ずつじゃなかった。という事です。
絵本には代表の1匹だけが写っていましたが、
本当は何十万、いや何百万の猿、犬、キジが後ろにいたのです。
だから、鬼が島に行く時にあんな派手な格好で向かっても
鬼たちの投石などの攻撃を受けなかったのです。
だって桃太郎ら代表の後ろには、青空がまったく見えなく
なるぐらいのキジ、地平線まで水面がまったく見えなくなる
ぐらいの猿、犬が居たからです。
だから、その光景に驚いた鬼たちは桃太郎と代表の
猿、犬、キジにやられたい放題やられ、宝を桃太郎たちに
取られたのです。鬼たちもあの数に総攻撃されたら、敵わない
と思ったのでしょう。
長くなってすみませんでした。これが答えです。

7 :さく・え/ななし:03/08/26 02:56 ID:???
>>6
地平線→水平線

8 :さく・え/ななし:03/08/26 04:02 ID:???
>>6の文章は
凄く読みにくくなってしまいました。
すみません。

9 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

10 :さく・え/ななし:03/08/29 14:02 ID:93x2hlTb
一寸法師の船は転覆しないんですか?

11 :さく・え/ななし:03/09/04 11:17 ID:???
>>10
ひっくり返っても、四肢を突っ張らせることでおわんの底に張り付いてます。

長年疑問に思っていたことですが。
シンデレラに出てくる王子様は、何で一目惚れした相手の顔ではなく、足のサイズで
探したのですか? もし、まったく関係の無い不細工女と偶然一致してたらどうするつもり
だったんでしょうか。

12 :さく・え/ななし:03/09/05 18:39 ID:???
王子は極めて重度の足フェチでした。彼にとって重要なのは
「シンデレラその人」ではなく
「ガラスの靴にぴったりの足」の方だったので、
まったく関係の無い不細工女でも問題ありません。

13 :さく・え/ななし:03/09/06 16:40 ID:???
さるかに合戦の牛の糞ですが、
さるに踏まれた彼はどうなったんでしょうか
つぶれてお陀仏?

14 :さく・え/ななし:03/09/07 01:49 ID:???
そんなのいたっけ?

15 :さく・え/ななし:03/09/07 21:53 ID:???
いたよ
ちまたで有名な平田版ではこんぶらしいが・・・

16 :さく・え/ななし:03/09/07 23:59 ID:???
赤ずきんちゃんやおばあさんは狼の胃の中で
どうやって生存していたのですか? 噛み砕かれたり消化されたり
しなかったのでしょうか。


17 :さく・え/ななし:03/09/09 18:04 ID:???
>>13
ターミネーターみたく再生した。
>>16
お年寄りにやさしい、子供にやさしい狼だったので、かまずに飲み込みますた。

18 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

19 :さく・え/ななし:03/09/10 04:31 ID:???
>>13
「はぐれ牛糞」へと進化しました。

20 :さく・え/ななし:03/09/14 13:03 ID:???
>>16
あんまり腹へってたので丸飲み
その後消化不良

21 :さく・え/ななし:03/09/14 23:46 ID:???
ジャックと豆の木

雲の上までそびえ立つ木を登りきれるのは理不尽です。

22 :さく・え/ななし:03/09/15 15:15 ID:???
小人の靴屋なんですが
他人である小人に作ってもらった靴で良しとするおじいさんには
職人の魂とかプライドとかいったものは無いんでしょうか。

23 :さく・え/ななし:03/09/15 17:00 ID:???
>>21
ジャックも実は巨人族だったのでそんくらい登るのは簡単です

>>22
靴屋のおじさんはボケてたので自分で作ったものだと勘違いしたのです

24 :さく・え/ななし:03/09/15 18:07 ID:1qiyjG0n
アンデルセンの「赤い靴」で主人公の履いた靴は普通の靴屋で売ってた靴で、魔法をかけられてるわけでもないのにどうしてはいたが最後足を切ってもダンスを止めなかったのでしょう

25 :ですな:03/09/15 22:08 ID:???
傷痍軍人の呪いですな

26 :さく・え/ななし:03/09/16 02:43 ID:???
>>22
そういうあなたにはあるんですか?

>>24
赤い靴は心理的なトリガーに過ぎません。それを履くことで、主人公の中の
ダンスの鬼である別人格が目覚めてしまったのです。


注文の多い料理店

「獲物に自分で自分を料理させる」などというまどろっこしい調理法を取るのは
何故ですか? とっととドレッシングでもかけて食ってしまえば良かったのに。

27 :さく・え/ななし:03/09/16 18:48 ID:asyGNU/s
>>26
料理せずにドレッシングかけるだけより、料理してサラダにして食べた方がおいしく感じるのは山猫も同じです。
でも、動物園に行って山猫の手、というか前足を見てください。あれでお料理が出来るとお思いですか?
食材に自分で料理させればまさにかもネギではありませんか。



28 :さく・え/ななし:03/09/17 08:30 ID:???
”オオカミ少年”でオオカミに喰われてしまうのは
少年の言う事を信じずに警戒しなかった村人たちのはず。
普通なら信用しない村人は見捨てて逃げるはず。


29 :さく・え/ななし:03/09/17 12:54 ID:???
正確には「オオカミとうそつきの羊飼い」で、喰われたのは羊じゃなかったっけ?

30 :さく・え/ななし:03/09/17 22:15 ID:Q4sxx9mL
小2の娘の素朴な質問・・・
ごんぎつねの「ごん」って、誰が名前をつけたの?

31 :さく・え/ななし:03/09/17 22:37 ID:JFiaMwux
>>30
村人がそう呼んでるところ見ると、村の人間ではないでしょうか。
由来は「ごんたくれ」かな

32 :さく・え/ななし:03/09/22 05:29 ID:???
このスレを童貞の理不尽な点を強引に解釈するスレだと勘違いした私はこの世の中のなんなのでしょうか?


33 :さく・え/ななし:03/09/23 04:02 ID:???
>>32
気にすることはありません。若いうちはそういうものです。

おむすびころりん

おむすびは普通うるち米で握るため、それを餅にすることは
できないのではないでしょうか?

34 :さく・え/ななし:03/09/23 09:13 ID:???
その前に、ころがってる途中で土がいっぱいついて食えなくなる

35 :最終兵器774号 ◆pu60JDC6HM :03/09/24 17:08 ID:???
>>32
ワラタ

36 :さく・え/ななし:03/09/27 22:22 ID:aWFbsbaw
シンデレラのガラスの靴は、何故そのまま残ったのですか?
シンデレラは素足でガラスの靴を履いていたのですか?
何故、ガラスの靴はシンデレラの足にぴったり合ったのに、脱げてしまったのですか?
脱げた方は、右側?左側?


37 :さく・え/ななし:03/09/28 00:59 ID:???
>シンデレラのガラスの靴は、何故そのまま残ったのですか?
魔法使いは夜の12時に作動するよう、魔法解除の魔法をシンデレラにセットしていました。
片方の靴はシンデレラから離れたため、解除魔法の影響を受けずに残り続けたのです。

>シンデレラは素足でガラスの靴を履いていたのですか?
生足を透かして見せるのがウリなんです。ベージュのストッキングにでも覆われてたら
台無しではありませんか。

>何故、ガラスの靴はシンデレラの足にぴったり合ったのに、脱げてしまったのですか?
階段がペンキ塗りたてでした。

>脱げた方は、右側?左側?
挿絵を見ましょう。

38 ::03/09/28 04:26 ID:naZhj/J1
ちょっと待った!
シンデレラのガラスの靴は、両足とも残っていませんでしたか?


39 ::03/09/28 04:41 ID:naZhj/J1
魔法が解けて、片足しかガラスの靴を履いていない場面がありますよ。

40 ::03/09/28 08:07 ID:naZhj/J1
ガラスの靴を素足で履くと足が蒸れたり、靴ズレがひどくて、とても舞踏会どころではないと思います。

靴が脱げた足は、いろいろな絵本を見たところ、左足が多いですね。

女の人って、何故シンデレラとガラスの靴に憧れるのでしょうか?
有名人では矢田亜希子さん、長谷川京子さんが、幼い頃憧れていたと公言しておりました。


41 :さく・え/ななし:03/09/28 14:09 ID:N1sZwUwf
>>40
シンデレラの絵本のあのシーンからは人知れず女の子の心を虜にする特殊なオーラが発せられる魔法がかかっているからです

42 :さく・え/ななし:03/09/28 18:15 ID:naZhj/J1
>>41
あのシーンって、靴脱げシーン?それとも靴合わせシーン?

43 :さく・え/ななし:03/09/28 20:38 ID:???
マジレスですみません。
私の読んだ本では、靴だけは魔法ではなく
魔法使いのお婆さんからのプレゼントでした。
だから残ったのだと思っていたけど、原作にもあるエピソードなのかは不明です。

44 :さく・え/ななし:03/09/29 00:42 ID:oA3TKR6Q
>>42
シンデレラで憧れるシーンというと、魔法使いのおばあさんが魔法をかけるシーンとかたっぽだけのガラスの靴を王子様が拾い上げて眺めるシーンをお思い出したのだけど、はずしたかな?

45 :さく・え/ななし:03/09/29 19:16 ID:m/jCsasf
>>44
女の子がシンデレラで憧れるシーンといえば、王子様と踊るところと、王子様と結ばれるところではないでしょうか?
男の子が憧れるのはやはり、>>41のシーン?

参考資料
       ,....、⊥,....、
     /´/⌒l⌒ヽ`ヽ∧∧
  ∧/Y´ / ̄ ̄ ̄ヽ. (,,゚Д゚)長谷川京子たんのシンデレラでつ
 (,,゚Д|  | ∧∧   | | ̄lつつ     /l//l/l
  | つ[l. |ξ゚ー゚)    |∠ノーn\\__〆〆 ´`\
〜|ノヽヽ._ ̄: ̄ ̄ ̄: ̄ノ匚|JJヽ>ー|--|---‐メ、゚_゚)
  U J__/、| ,ゝ__,、__,、:_./、|,ゝ匚ニニニニニコ .〈コ  
   ̄\|‐*‐)─*-)|‐*‐)*-)〉// /`ー、ヽ
      ヽ、|_ン ヽ、|_ン ヽ、|_ン 、.|_ン〈/〈/ヽ〉 ヽ〉ヽ〉
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2002/07/25/13.html
http://www.sanspo.com/e_onna/idol/ha/h_hasegawa3.html



46 :45の続きでつ:03/09/29 19:17 ID:m/jCsasf
       ,....、⊥,....、
     /´/⌒l⌒ヽ`ヽ∧∧
  ∧/Y´ / ̄ ̄ ̄ヽ. (,,゚Д゚)矢田姫でつ
 (,,゚Д|  | ∧∧   | | ̄lつつ     /l//l/l
  | つ[l. |ξ゚ー゚)    |∠ノーn\\__〆〆 ´`\
〜|ノヽヽ._ ̄: ̄ ̄ ̄: ̄ノ匚|JJヽ>ー|--|---‐メ、゚_゚)
  U J__/、| ,ゝ__,、__,、:_./、|,ゝ匚ニニニニニコ .〈コ  
   ̄\|‐*‐)─*-)|‐*‐)*-)〉// /`ー、ヽ
      ヽ、|_ン ヽ、|_ン ヽ、|_ン 、.|_ン〈/〈/ヽ〉 ヽ〉ヽ〉
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200309/gt2003091709.html
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-030916-0013.html
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200302/gt2003021903.html

矢田さんは、「ディズニー特番・美女と野獣」の中で、「幼いころシンデレラとガラスの靴に憧れていた」とおっしゃっていましたので、録画した人は要チェック!

47 :さく・え/ななし:03/09/29 19:52 ID:m/jCsasf
>>43
>私の読んだ本では、靴だけは魔法ではなく魔法使いのお婆さんからのプレゼントでした。

おそらく、ガラスの靴はプレゼントというより、シンデレラと王子様の愛を確かめる為のアイテムではないでしょうか?
王子様が素敵な姫(シンデレラ)のことを好きでなければ、靴が履ける人を探さず、そのまま捨ててしまったかもしれないし、シンデレラも王子様のことを好きになっていなかったら、靴を捨てていたでしょう。
また、ガラスの靴というものはシンデレラを証明するIDカードみたいなものですので、両足分揃っていないと意味がありません。
だから、>>37の、「片方の靴はシンデレラから離れたため、解除魔法の影響を受けずに残り続けたのです。」というのでは、話は成立しません。
二人が互いに片方ずつガラスの靴を持っていたから、二人は結ばれたのではないかと思います。

ところで、王子様はシンデレラの何に惹かれたのでしょうか?
彼は、>>12で書き込まれている人ではないと思います。
おそらく、シンデレラの内面から出てくる美しさに惹かれたのではないでしょうか?
何故なら、王子様は魔法がかかっていないときのシンデレラを受け入れたのですから。






48 :さく・え/ななし:03/09/29 20:04 ID:m/jCsasf
>>37さん、こう言う説もあります。
その1
シンデレラのガラスの靴、どちら側が脱げたのでしょうか?→右
シンデレラは、素足でガラスの靴を履いていたのでしょうか?→素足(当時パンストは無い)
何故、ガラスの靴は両足共に残ったのでしょうか?→片足だと走りにくいから
シンデレラは、普段どのような靴を履いていたのでしょうか?また、素足でその靴を履いていたのでしょうか?→木靴 素足
何故、ガラスの靴は脱げてしまったのに、シンデレラの足にぴったり合ったのでしょうか?→魔法
その1のレス
>どちら側が脱げたか
「トリビアの種」ネタになりせうでつね。
>靴が両方残った理由
魔法使いが王子とシンデレラに再会のチャンスを与えた。
>普段履いていた靴
汗、脂、垢、埃、砂にまみれた汚い布靴。(当然、素足で)
>何故、靴が脱げたか
爺やが階段にトリモチを仕掛けて、無理矢理脱がせた説もあり。







49 :さく・え/ななし:03/09/29 20:05 ID:m/jCsasf
>>48の続き
その2
もちろん、ガラスの靴は素足で履いていました。
衝撃を全く吸収しない固いガラスの靴なので、足の裏はもう真っ赤です。
しかも通気性が無いため、ムレムレヌルヌルです。
ていうか、靴下自体、履いた事がないと思われます。
その2に対する反論
これこれ、シンデレラはホントの母親の遺言でちっちゃな革の靴をずっと
穿いてたんだぞ。だから纏足ぎみ。推察によると足の大きさは13cmぐらいらしい。
もう一回、ちゃんとした本読め。

さから同じサイズが全然いなかったのか・・・
納得


50 :さく・え/ななし:03/09/29 20:12 ID:m/jCsasf
矢田亜希子さんや長谷川京子さんに似合いそうなガラスの靴はどれかな?(>>45,>>46写真参照)
http://www.christ.co.jp/goods/goods2/cinderella001.html
http://www.christ.co.jp/goods/goods2/cinderella002.html
http://www.christ.co.jp/goods/goods2/cinderella003.html
http://www.christ.co.jp/goods/goods2/cinderella004.html
http://www.christ.co.jp/goods/goods2/cinderella005.html
http://www.christ.co.jp/goods/goods2/cinderella/keitai/keitai01.html

この番組の、靴が脱げてから魔法が解けるまでの詳細を教えてください。
また、どちら側の靴が脱げたかも教えてください。
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1029082366/
『シンデレラ物語』


51 :さく・え/ななし:03/09/30 23:08 ID:???
イヂワルお姉さんは、靴に足が入るように足先を切り落としたとか

52 :さく・え/ななし:03/10/01 11:55 ID:???
ここは「シンデレラのガラスの靴をマジメに解釈するスレ」ですか?

53 : ◆dH4cjF7RRM :03/10/01 16:18 ID:???
〜2ちゃんねる最速1000到達の新記録を作ろう〜
 知ってのとうり2ch最速の1000到達記録は↓で2分だ
 http://life.2ch.net/hikky/kako/1039/10397/1039793830.html
 この2分という記録を皆で越えよう
 期日は10月1日午後5時
 場所は2ch一の過疎板Nifty板だ↓
       http://pc.2ch.net/nifty/
 参加希望者は板が飛ばないように2chブラウザを導入してから来てくれ
 時間になったらこのイベントを企画した者によって
  『突破せよ2分の壁!最速1000到達スレ』
 というタイトルのスレを立てるから皆でそれに書き込んでくれ
 君も2chの歴史に名を残そう!!!!!!!
 このレスを見た人は他スレにコピペしてくれ

54 :さく・え/ななし:03/10/01 22:26 ID:8MLQjvuE
「桃太郎」の犬・猿・雉はきびだんご1つで鬼が島へのお供を受け入れてますが、いくら何でも命を危険にさらす鬼との闘いときび団子一つが引き替えでは割にあわな過ぎると思います。
なんで彼らはそんな条件受け入れてまできび団子がほしかったのでしょうか。

55 :さく・え/ななし:03/10/01 22:55 ID:???
>>54
末端価格にしてグラム3万円の高純度・・・・ごふんっ!ごふんっ!



桃太郎達一行の船はあきらかに小船です。
その程度の積載量では金銀財宝を乗せることはできないのでは?

56 :さく・え/ななし:03/10/01 23:03 ID:8MLQjvuE
>>55
鬼の宝物の中には「一寸法師」の身の丈を大きくするのに使った「打ち出の小槌」もありました。
その小槌でいったん、金銀財宝を縮小して積み込み、陸揚げしてから再び小槌で元の大きさに戻したのです。


57 :さく・え/ななし:03/10/01 23:21 ID:???
>>56
うちでの小槌があれば他の財宝がいらないような・・・・



一寸法師の武器といえば針の剣ですが、剣というか槍ですよね?

58 :さく・え/ななし:03/10/02 00:06 ID:h5LIccbO
>>57
スケールの差による効果というものがあります。

たとえば、ノミの跳躍力は彼らのサイズの小ささによるものであって、
単純にノミの体のサイズを人間大に拡大したところで
「巨大ノミ」は東京タワーを飛び越せるわけではないそうです。
体の小さいノミは重力の影響をあまり受けないので体長に比べて大きな距離を跳べるのですが、
サイズが大きくなると重力の影響が無視できなくなり、
サイズ比のジャンプ力は急に減少してしまうのですね。

同じように、人間サイズでは針というのは先端が尖っているだけですが、
一寸法師サイズの者が持つと、鋭い刃を持つ剣として使えるのです。

あと、一寸法師自身が剣として鍛え研ぎ直したかもしれません。
その場合、刃の先端は単分子レベルの極薄となっている可能性が高いので、
鬼の内臓をたやすく切り裂けるほどの恐るべき兵器と化しているでしょう。

59 :さく・え/ななし:03/10/02 10:52 ID:8g85q2mM
ぐりとぐらが見つけてカステラにした卵はかなり巨大でしたが、
餓えた獣たちに貪り食われていなかったとしたら何が生まれていたのでしょうか?

60 :さく・え/ななし:03/10/02 18:05 ID:???
ヨッシーです

61 :さく・え/ななし:03/10/02 23:10 ID:FzGd3zIX
牛若丸が弁慶と初めて出会ったのは、京の五条の橋の上、ということになっていますが、当時の京の五条には橋なんかなかったそうです。
どうして二人は存在してもいない橋の上で出会ってあの有名な大立ち回りなんかが出来たのでしょうか

62 :さく・え/ななし:03/10/06 13:09 ID:???
>>61
弁慶も牛若丸も田舎者なので、京都の地理には疎かったのです。
どこか他の橋の上で出会ったのを、間違えて覚えていたのです。
その後周囲の誰も訂正してくれなかったので、誤りが広く知られるようになってしまいました。

63 :さく・え/ななし:03/10/07 22:59 ID:kXJHYeU4
かぐや姫は五人の求婚者との縁談を断るために無理難題を彼らに要求しますが、結婚する気がないのなら、最初からはっきり断ればいいのに何であんな回りくどい方法を採ったのでしょうか。
最初からきっぱり断った方が、相手も金や労力や命まで費やさなくてすんだ訳ですし、その後みかどからの求婚は実際はっきり断ってるところを見ると、相手の身分をはばかってという理由でもないようなのですが。


64 :さく・え/ななし:03/10/07 23:42 ID:???
>>63
自分が複数の男に全てを投げ出してまで愛して貰えているという事に恍惚感を覚えるための行動です。
とんだ外道ですね。

65 :さく・え/ななし:03/10/09 05:18 ID:3Y8h5yPu
マッチ売りの少女は、靴を両方無くしてから何でわざわざ裸足で歩いたのでしょうか?
エプロンを裂いて、足に巻き付ければよかったのに。


66 :さく・え/ななし:03/10/09 07:32 ID:???
>>65
そんな考えは思いつきません。
学の浅い貧民ですから

67 :さく・え/ななし:03/10/09 14:25 ID:3Y8h5yPu
>>65
裸足フェチの気を引こうとしたと思われ。

68 :さく・え/ななし:03/10/09 21:44 ID:93p39L1G
一寸法師とお姫様は、せっかくの打ち出の小槌を法師の背丈を高くすること以外に使った形跡がありません。
もっと財宝を出すとか、有効に使えばよかったとおもうのですが、二人はそんなに無欲だったのでしょうか。

69 :さく・え/ななし:03/10/09 23:23 ID:???
>>68
童話の主人公たるもの、私利私欲にかられることがあっては失格です。
私服を肥やすために打ち出の小槌で財宝を出したりしていたら、
どこからか「オバアサン、オ客サンハオ帰リダヨ」と声が聞こえて、
鬼に出くわす前の所に戻されていたことでしょう。

相思相愛の法師と姫の思いを遂げるために法師の背丈を大きくするとは、
印度人の奇術師(誰?)の最大限のサービスだったと言うことです。

70 :さく・え/ななし:03/10/12 17:18 ID:Rwsw0asE
舌切りすずめは、正しくは舌切られすずめではありませんか?

71 :さく・え/ななし:03/10/12 17:23 ID:Rwsw0asE
>>68
>一寸法師とお姫様は、せっかくの打ち出の小槌を法師の背丈を
>高くすること以外に使った形跡がありません。

子供向けの童話では省略されていますが、大きくしたのは一寸法師の
背丈だけではありません。
一寸法師の体の特定の部分も(以下略)

72 :さく・え/ななし:03/10/12 19:31 ID:AfH3FJxG
>>70
実はあのスズメは夜な夜な近隣の村々を襲撃して、村人の舌を切り取っていたのです。

73 :さく・え/ななし:03/10/12 23:30 ID:Inu4QbOH
>>72
なるほど、おばあさんがスズメの舌を切ったのは本当はその罰で、洗濯のりなめちゃったからではないのですね。

「舌切り雀」のスズメのお宿のスズメ達はおばあさんだけでなく、おじいさんにもつづらを選ばせていますが、やっぱり、おじいさんの人格を信用していなかったんでしょうか。

74 :さく・え/ななし:03/10/13 01:44 ID:???
>>73
というか、おじいさんが選んだつづらは大小両方当たりです。
おばあさんの方は両方外れ。
選ばせたのは重けりゃ無理しなくていいよというすずめの優しさです。

75 :hg:03/10/13 03:46 ID:???
>>50
ガラスの靴…
通気性悪いし、万が一割れたらキケンかも^-^;
靴ズレどころじゃないよぅ!
ところで、昔から疑問なんですが、なぜに不常理で機能性最悪なガラスの靴を。。
著者様はふぇち気があるんでしょうか?

76 :さく・え/ななし:03/10/13 13:57 ID:???
>>75
ここだけの話、スポンサーがガラスメーカーだったからですよ。

77 :さく・え/ななし:03/10/13 14:18 ID:2NeWFNSU
かぐや姫はなんで地球に来たのでしょうか?激しく気になるので教えてください。

78 :さく・え/ななし:03/10/13 14:34 ID:i4RY1ppp
>>77
かぐや姫は地球侵略における月からのスパイだったのだよ

79 :さく・え/ななし:03/10/13 15:45 ID:7wDYdzpZ
>>77
「なんで」とは、手段の意味でしょうか、それとも理由のことでしょうか?
手段は竹型宇宙カプセルにのって、理由はまじレスすると、月の世界で罪を犯した罰として流刑にされたのです。
罪状は、地上での彼女の行動から推測すると、「結婚詐欺」か「不敬罪」ではないでしょうか。

80 :さく・え/ななし:03/10/13 23:48 ID:???
>>75
履き心地が悪いのは当然です。あれは魔法使いがシンデレラに与えた試練、言わば「プリンセス養成ギブス」なのです。
継母、姉、靴の三重苦に耐え、文字通り血のにじむような努力の末、シンデレラは執念と根性で栄光の座を勝ち取ったのです。
なんと言う感動的なお話だったのでしょうか。






マジレスすると、日本の訳者がgrass shoes(草の靴)をglass shoes(ガラスの靴)と誤訳(わざと?)したため。

81 :さく・え/ななし:03/10/14 23:23 ID:widDA6KC
>>75
もしかして、みゆスレでお馴染のHgさんですか?



82 :さく・え/ななし:03/10/15 20:52 ID:l1YQIynk
>>2
昔から日本人というものは、少数の善が多数の悪を倒すという話が好きなんです。だから、「ゴレンジャー」から続く「東映戦隊シリーズ」が、人気があるのもそういう理由なのです。

(話は変わって)
シンデレラの足は、木靴とガラスの靴のせいで、マメと傷だらけで、しかも両者共通気性が悪いので足は蒸れ蒸れ状態で、○虫にでもなっていたのではないでしょうか?

83 :さく・え/ななし:03/10/15 23:09 ID:6Vbwxrg3
>>82
あなたは、昔の働く人の足の実体を知りませんね。
シンデレラは日常生活では木靴どころか、はだしで継母から厳しい労働に毎日こき使われていました。
そういう彼女の足は今日では想像もつかないくらい、水虫なんぞ通り越し日照り続きの地面や日数のたった鏡餅のように厚くかちかちに固くひび割れ、
蒸れもかゆみも痛みも、いっさいの感覚を感じないほどになっていたのです。

84 : ◆Sy8lZ2RoRI :03/10/15 23:59 ID:???
>>76
で、同時にふぇちであるワケですねん(笑
>>78
日本国内に潜伏したソ連側のスパイ、ゾルゲにおける取り巻きに似たものですかね?
日本(そして日本人女性)を愛したスパイ、ヴーケリッチ(ユーゴ人)みたく、
ある意味敵国であるハズの潜伏先の国に対してスパイ行為に呵責を感じて、
それで他星との争いも未だないワケです…とか。。
>>79
そんなぁ… あまりに遠い流刑地…
>>80
あまりに可愛らしいシンデレラへの屈折した妬みとして、足の形を悪くさせるための
罰みたいなモノですかねぇ。。
>>81
ご名答!! あっこでは内密に願います(^-^;)って、言っちゃった?
ま、いっか(笑
>>83
やっぱ鍛錬兼ねてんのかな…

85 :さく・え/ななし:03/10/16 21:48 ID:Y18LheLB
浦島太郎は故郷に帰って300年がたったと知るや、乙姫様のいいつけを破って玉手箱を開けてしまいますが、300年の年月の経過と玉手箱を開けることの間にはどういうつながりがあると彼は考えたのでしょうか?


86 :さく・え・ななしましげお:03/10/17 00:01 ID:eiBQO2bn
>>75
バカボンのパパなら、不条理なガラスの靴についてこう答えるでしょう。
「ガラスの靴は、NASAが開発した特殊なガラスで出来ているのだ。だから、矢田ちゃんも、京子ちゃんも、那奈ちゃんも、美咲ちゃんも安心して履けるのだ。これでいいのだ。」

87 :さく・え/ななし ◆Sy8lZ2RoRI :03/10/17 00:37 ID:???
>>85
考えたら謎です。なぜに厄介(どころの騒ぎじゃないね)以外の何者でもない
玉手箱なんか渡したのか。。
で、プレゼントとして外観のインテリア・アンティーク以外に何のめりっとが…
>>86
収縮自在の特殊ガラスとか… どうでせう??

88 :さく・え/ななし:03/10/17 00:56 ID:eiBQO2bn
>>87さん
『シンデレラ物語』のスレの方も夜露死苦!

ところで、シンデレラの靴は何故脱げたのでしょうか?
階段にトリモチが塗ってあったとか、ヒールが煉瓦の隙間にはさまったとか、色々な説がありますが。

89 :さく・え/ななし:03/10/17 01:22 ID:???
>>88
理不尽というより単純な疑問ですね。
レンガの隙間説に疑いを持った事は無いです。

90 :さく・え/ななし:03/10/17 21:48 ID:LxBn16p2
>>88
そりゃ、靴の大きさがシンデレラの足にあってなかった、てことでしょう。
つまり、靴が大きくて、ぬけてしまった。現実でもよくあることです

91 :さく・え/ななし:03/10/17 23:39 ID:eiBQO2bn
>>90
じゃ、何で靴合わせのときはぴったり合ったのでしょうか?

92 :さく・え/ななし:03/10/18 00:44 ID:???
>>85
玉手箱とは化学兵器のサンプルが入った保管用ケースで、

国連の査察官が訪れるということで、急遽滞在中の浦島太郎に渡して隠蔽しようとしたのです。

93 :さく・え/ななし:03/10/18 01:37 ID:???
>>91
はたらきすぎでちょっとむくみ足になってたんですね。

94 :さく・え/ななし:03/10/18 16:51 ID:X2Uyuz2b
シンデレラは舞踏会の一日目は、11時45分にお城を抜け出したんですよね。
と、いうことはシンデレラの家からお城までは、馬車で15分以内ということでしょうか?
殆んどのシンデレラの絵本では、舞踏会の一日目が書かれていないのは、何故?


95 :さく・え/ななし:03/10/18 20:09 ID:TZsd0IOp
>>94
昔読んだ絵本では、お城から家に帰る途中で魔法が解けて、シンデレラはそこからボロ服姿で歩いて帰った、となってたと思います。

おとぎ話の主人公達がそろいもそろって必ず「覗いてはいけません」という言いつけを破って不幸な目に遭うのはなぜなのでしょうか?

96 :さく・え/ななし ◆Sy8lZ2RoRI :03/10/18 20:19 ID:???
http://human.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1065905353/l50
86さん、無意味にテーマもなく新スレ立てたけど、↑にも遊びに来てみて。

97 :さく・え/ななし ◆Sy8lZ2RoRI :03/10/18 20:20 ID:???
>>92
証拠隠滅ですな(笑

98 :さく・え/ななし:03/10/18 22:25 ID:X2Uyuz2b
>>96さん、スレタイも教えて頂けませんか?

魔法がかかっていないときのシンデレラの服装は、ボロ服よりも紺色メイド服に黒タイツの方が萌えますが・・。如何なものでしょうか。
>>95
舞踏会一日目もそうだったのでしょうか?

99 :hg ◆Sy8lZ2RoRI :03/10/19 12:54 ID:???
88さん、スレタイは「疲れたね」です(笑
オールで疲れたままなんかスレ立ててしまって。

スレ汚しすいません。

100 :さく・え/ななし:03/10/19 17:13 ID:4zJ2Cat0
三匹の子豚は、狼を撃退したあと、建築会社でも起こしたのかな。
「狼が吹いても壊れない、煉瓦の家」なんて売り出したりして。

>>99さん、みゆさんや月海さんにもスレ立ての連絡おながいしまつ。
連絡は内密で。


101 :さく・え/ななし:03/10/19 18:52 ID:BhPgvuzr
>>100
わらの家と木の家を作った兄豚たちは、本当は家を吹きとばされた時点で狼に食われているからしたら建設業を起こしたとしたら煉瓦の家を作った末っ子豚の単独事業でしょうね。
(兄豚が弟豚の煉瓦の家に逃げ込んで助かったというのは残酷さをさけた近現代の絵本作家のねつ造です)

シンデレラの足から脱げたガラスの靴だけ、時間切れになっても魔法が解けなかったのはどうしてなのでしょうか。

102 :さく・え/ななし:03/10/19 19:08 ID:4zJ2Cat0
>>101
だから、脱げなかった方の靴もそのまま残ったっていうたろが!そうじゃないと、シンデレラが王子と踊った姫と立証できないやんけ!

103 :さく・え/ななし:03/10/19 19:27 ID:BhPgvuzr
>>102
でも、子供の時読んだ本では、片方の靴以外は全部消えて元に戻ってしまって、靴がはまって家族や王子様の家来が驚いてるところに再び魔法をかけてもらってお姫様姿になったシンデレラが現れたって筋書きだったぞ

104 :さく・え/ななし:03/10/19 19:45 ID:4zJ2Cat0
>>103
ガラスの靴は、魔法使いの贈り物だったので、両方とも消えなかったということになっています。

ところで、もまいら、長谷川京子たんのシンデレラと、矢田亜希子たんのシンデレラ、どっちに萌える?

105 :さく・え/ななし:03/10/19 19:51 ID:???
>>103
俺が子供の頃読んだ本では、シンデレラが靴に足をぴったりとはめた後、
しまってあったもう片方の靴を出してきて証明してた。

106 :さく・え/ななし:03/10/19 19:54 ID:4zJ2Cat0
>>105が一番正しいな。
立証出来るということを考えれば。


107 :さく・え/ななし:03/10/19 20:17 ID:uDXVIzoE
>>85
浦島太郎は、お父さんやお母さんたちにもしかしたら会えるかも
と思って玉手箱をあけた、と私が読んだ本にはありましたよ。

シンデレラのガラスの靴は、魔法使いのおばあさんからのプレゼント、
だから両方とも消えなかったと私も記憶しています。

108 :さく・え/ななし:03/10/19 20:55 ID:4zJ2Cat0
では、何でガラスの靴は魔法使いの贈り物だったのでしょうか?

そういえば、靴が脱げたのも、魔法使いが仕掛けた作戦と言う話も・・。

シンデレラの普段着は、ボロ服よりメイド服に黒タイツのほうが萌えると思います。しかも、ドジッ娘だったら最高!


109 :さく・え/ななし:03/10/19 21:33 ID:???
>>108
それは勿論意地悪な継母たちに見つかったら
質に入れられること必至だったからできるだけ(見つからない為)コンパクト、
かつ時がきたらシンデレラだと証明できる品を、と。

勿論靴が脱げたのも魔女の策略でしょう。
彼女は実は一緒に舞踏会に参加しており、
いざ帰るとなったときわざと靴のサイズを2周りほど大きくしてしまったのです。
それも一瞬の早業。シンデレラすらそれに気付かず、
気付いたときには自分は階段のかなり下の方。
しかも時間は11時48分!!時間は一刻を争います。
彼女は泣く泣くガラスの靴を諦め、帰ったのです。

全ては魔女のあの継母親子への復襲。
きっと相当な悪だったのです。継母は。
いろんな所で怒りを買って・・・

110 :さく・え/ななし:03/10/19 21:55 ID:4zJ2Cat0
そういえば、シンデレラの絵本で靴だけ魔法がかかっていない場面がありますよね。
これも、ガラスの靴を与えるための魔法使いの策略?

シンデレラの靴が片方脱げて、魔法が解けるまでって、どんな感じだったのかな?


111 :さく・え/ななし:03/10/21 18:25 ID:1MWjvggX
シンデレラは、靴が片方脱げてから走りにくかったんじゃないかな。


112 :さく・え/ななし:03/10/21 19:58 ID:???
シンデレラは普段からロクな履物を与えられていなかったため、
左右が不揃いだったり片足が素足だったりしても問題なく走ることができました。
義理のお母さんやお姉さんたちの訓練の成果ですね。

「片方の靴だけ残して幻のように消えた」という神秘性がいっそう強い印象を与えたため、
王子がシンデレラを探す強力なモチベーションになりました。
単に「パーティの途中で帰っちゃった」だけであれば
王子もあそこまで熱心に探そうとは思わなかったかもしれません。
シンデレラはもっと、特殊走法を仕込んでくれた義母や義姉に感謝すべきでしょう。

113 :さく・え/ななし:03/10/21 21:06 ID:1MWjvggX
>>112さん、>>110のシンデレラの靴だけ魔法がかかっていない理由が分かりました。
あまりにもろくな靴を履いていなかったので、不敏に思った魔法使いが靴だけわざと魔法をかけず、ガラスの靴を与えたわけですね。

ところで、>>110のもう一つの疑問にも答えて頂けませんか?


114 :さく・え/ななし:03/10/21 21:09 ID:???
>>113
質問の意味がわかりかねます

115 :さく・え/ななし:03/10/21 21:43 ID:1MWjvggX
>>114さん、シンデレラの靴が片方脱げてから魔法が解けるまでの流れです。

116 :さく・え/ななし:03/10/21 21:58 ID:1MWjvggX
シンデレラが脱げなかった方のガラスの靴をきちんと保管していたのは、王子様が脱げた方のガラスの靴を持ってきてくれるのを信じていたからなのでしょうか?
または、ガラスの靴を見て少しでも辛さを忘れようとするためでしょうか?

117 :さく・え/ななし:03/10/21 23:46 ID:KeMeuQU+
>>116
シンデレラは永年の貧乏暮らしのせいで、何でも大事にとっておく癖が身に付いてしまっていて、たとえ片方だけであってもいかにも高級そうなガラスの靴を捨てるなんてことがもったいなくて出来なかったのです。


118 :112:03/10/22 08:35 ID:1GN4ZVU5
>>110=>>113=>>115
>シンデレラの靴が片方脱げてから魔法が解けるまでの流れ

靴が脱げる→12:00になって魔法が解ける→シンデレラすっぽんぽんで家まで全力疾走

みたいな答えを期待してるのか?
お前みたいなえっちな人にやる答えはない! 帰ってくれ!!

119 :さく・え/ななし:03/10/22 13:14 ID:???
>>115
急速に縮みゆくカボチャの馬車から必死に脱出していました。

「はだかの王様」で、仕立て屋はなぜ、おっさんなんかを裸で練り歩かせたんですか? どうせなら、女王様や
王女様をたぶらかせばよかったのに。

120 :さく・え/ななし:03/10/22 16:49 ID:???
>>119
手ごろに騙せそうな馬鹿が王様しか居なかったんですよ。

121 :さく・え/ななし:03/10/22 17:55 ID:???
>>119

      ホ   モ   だ   っ   た   




122 :さく・え/ななし:03/10/22 19:10 ID:OUkZe/NY
>>119
デブおやじ専門のマニアだった。

123 :さく・え/ななし:03/10/23 18:59 ID:q5Q0zPTK
>>119
そのカボチャはシンデレラの夜食にでもなったのでせうか?

124 :さく・え/ななし:03/10/23 19:09 ID:BeNDNLUM
>>123
みるみるうちに縮んで最後は消えてなくなってしまったので、食べる暇なんかありませんでした。

「長靴をはいた猫」はあれだけ才覚があれば、別に飼い主なんかだしにしなくても、一匹だけで魔王の城と財産乗っ取って後がまに坐ることが出来たはずなのに、どうしてああまで飼い主の若者に尽くしたんでしょうか

125 :さく・え/ななし:03/10/23 20:16 ID:???
>>124
自分で魔王の城を乗っ取ってしまったら、その後延々と領土経営に腐心することになります。
そんなことに煩わされるくらいなら、誰か傀儡を立てて面倒な雑事は全部そいつに押し付けて、
自分は楽してそいつに食わせてもらおう
……と考えるのが、正しいネコの生きる姿ではないでしょうか。
そのくらい図太くなくては、百万回死んで生き返ることなどできないでしょう。
長靴を履いた猫がその後何万回死んだかは定かではありませんが。

ところで彼は、どうして長靴なんか欲しがったんですか?

126 :さく・え/ななし:03/10/23 22:14 ID:7jdhxefJ
かぐや姫や桃太郎は、竹や桃を切られたときに
体も切られなかったのか。

127 :さく・え/ななし:03/10/23 23:15 ID:???
フロイト風に考えれば、
「桃(竹も?)」を「刃物」で「切る」以前には存在していないからです。


128 :さく・え/ななし:03/10/23 23:19 ID:???
>>126
大丈夫、斬られても再生能力があるから。

129 :さく・え/ななし:03/10/23 23:20 ID:gNCaYb/p
>>126
ポケモンを知っているなら、
モンスターボールを想像してください。

130 :さく・え/ななし:03/10/23 23:48 ID:iDH/RC7u
>>125
万国共通で猫は魔性のモノですが、魔力を使うには小道具が必要なのです。
日本の化け猫は手拭いかぶって二本足で踊りますが、あれは、手拭いが魔力行使のためのアイテムなのです。
同じようにフランスでは長靴が魔力を使うためのアイテムなのです。あれがないと、まず、二本足直立歩行からして出来ないのです。

131 :さく・え/ななし:03/10/24 00:32 ID:a/j/DTCH
おまいら、昨日トリビアの泉を見なかったのか。

桃太郎は、川から流れてきた桃を食べて若返った
おじいさんとおばあさんの間に生まれた息子なんだとさ

132 :さく・え/ななし:03/10/24 01:08 ID:???
>>127
シュレディンガー風に言えば、どんなに深く刃を差し込んでも
桃を開けるまでは桃太郎は生きているってヤツですね。

133 :127:03/10/24 02:13 ID:???
>132
いいですね。
でも開けた結果は生きてる、死んでる、の二通りにならない?
桃から出ないと鬼退治にも行けないよ!


134 :さく・え/ななし:03/10/24 02:18 ID:???
>>133
桃太朗には兄がおり、石の中から生まれるハズだったのですが
石の中だけにLOSTしてしまったのです。

135 :さく・え/ななし:03/10/24 02:39 ID:???
>>126
かぐや姫は竹の節、桃太郎は桃の種の部分にいました。どちらも硬くて切る時に敬遠される場所なので助かったんです。

136 :松浦淳:03/10/24 19:49 ID:JQ/oIxZk
浦島太郎って亀に乗って海に潜ったけど
窒息しなかったのは何故だろう・・・

137 :さく・え/ななし:03/10/25 02:44 ID:???
>>136
実を言えば、浦島太郎は亀の背に乗って海に潜った10分後に溺死しています。
竜宮城での乙姫様との楽しい時間や、故郷に帰ってからの出来事などは
全て死ぬ間際の浦島太郎が見た夢なのです。

138 :さく・え/ななし:03/10/25 14:38 ID:8d/xN9kw
「白雪姫」の王子様は、ガラスのお棺に入った白雪姫を死体だと信じながら欲しがりますが、やっぱり、死体フェチの変態だったからなんでしょうか

139 :さく・え/ななし:03/10/27 21:32 ID:???
>>138
惜しいですね。実は食屍趣味の変態だったのです。白雪姫に口づけしたのは味見のためです。

とある話で虎が融けたらバターになってしまうのはなぜなんですか? 虎肉のミンチになるのならまだわかるのですが。


140 :さく・え/ななし:03/10/27 23:00 ID:ZgM/tGhn
>>139
もともとあの虎達はバターで作られ、魔術師が魔法で命を吹き込んでいたからなのです。
魔術師は自分の住まいの番犬代わりにしていたのですが、逃げ出しててんでにジャングルをうろついていたのです。
回ってるうちに熱をおび、その熱で溶けてしまったわけです。

141 :さく・え/ななし:03/10/29 19:58 ID:qc0SiJYR
新美南吉の「てぶくろを買いに」の母狐は、子狐の前足を人間の手に変えるくらいの力があるならもっと簡単に子狐の防寒対策が出来たと思うのですが、
何であんなまわりどくて子狐を危険にさらすような方法を採ったのでしょうか

142 :さく・え/ななし:03/10/29 20:10 ID:???
『子狐の前足を人間の手に変える力』
それはあくまでも幻覚を見せる力なんだよ
幻覚で防寒着を身に付けても寒いのには変わりないだろ

143 :さく・え/ななし:03/10/29 20:29 ID:qc0SiJYR
>>142
暖かさを幻覚で感じさせることは出来なかったのですか?
別に凍死するほどなわけでもなくて、母狐は子狐が寒くて泣くのに心を痛めていたのだから、それでもかまわないと思うのですが。

144 :さく・え/ななし:03/10/30 12:04 ID:???
>>143
幻覚で感じなくさせても手の霜焼けやあかぎれは治りませんので。

145 :さく・え/ななし:03/10/30 19:34 ID:WrvRkNW2
ガラスの靴をはいた〜プリンセスのように♪〜
内気なあなた〜 だって〜天使になれるわ♪〜
ティフア ティフア〜 呪文唱え〜て〜
彼に魔法〜か〜け〜る〜の〜
ティファ ティファ〜 愛している〜と一言 言えばいい〜の〜よ〜♪
PS シンデレラの本名はエラ
シンデレラは訳すと灰だらけのエラという意味。いつも薄汚れたカッコをしたエラを見て、ママ母がそう名付けたそうだ
白井貴子&CRAZY BOYSかぁ、なつかすぃ〜w
PRINCESS TIFFAだったっけ?
あのバンド結構好きだったしw


146 :さく・え/ななし:03/10/30 20:05 ID:wJg1htC3
竜宮城の乙姫様は、浦島太郎が地上に帰るとき、なぜ、地上では既に三百年が経過してしまったことを太郎に教えてあげなかったのでしょうか。

147 :さく・え/ななし:03/10/30 20:41 ID:???
>>146
帰ってもらえなくなるかも知れないでしょう?

148 :さく・え/ななし:03/10/30 20:53 ID:???
かさこ地蔵がおじいさんの家に運んできた財宝やご馳走は、一体どこから調達してきたのですか?

149 :さく・え/ななし:03/10/30 23:17 ID:BiEAFZ+6
>>148
桃太郎や、花さか爺さんから分けてもらいました。

ちから太郎は、垢から生まれたそうですが、これって、一種の人造人間ということ?

150 :さく・え/ななし:03/10/31 18:26 ID:???
>>149
むしろクローン人間です

151 :さく・え/ななし:03/10/31 19:24 ID:???
確かシンデレラは11時45分に時計の鐘を聞き、急いで階段を駆け降りた
と思うんですが、45分などという中途半端な時間に鳴る時計はあるのですか?
0分に鳴るのが普通ではありませんか?

152 :さく・え/ななし:03/10/31 20:03 ID:ynft/7XS
>>147
なるほど、乙姫様は浦島太郎を引き止めたいんじゃなくってさっさと帰ってほしかったんですね。
長っ尻な客は嫌われる、と。

>>151
お城の時計が15分進んでいたのです。シンデレラは魔法使いのおばあさんから聞いてそのことを知っていたのです。

そういえば、おとぎ話には魔法使いのおばあさんはお約束のように出てくるのに、魔法使いのおじいさんはあまり登場しないのはなぜでしょうか?

153 :さく・え/ななし:03/10/31 20:31 ID:Cqdw8tQm
>>151
マジレスするとそういう時計は実在したらしい。承知の上で書いてるだろうが。

154 :さく・え/ななし:03/10/31 22:48 ID:QnGmIpX0
>>151
確か、それは舞踏会1日目ですよね。
シンデレラは、1日目は11時45分にお城を抜け出すことが出来たのに、何故2日目は制限時間の12時になってやっと気付いたのでしょうか。
ところで、魔法が解ける瞬間は、12時の鐘が鳴り終わるときなのでしょうか?ということは、2日目は靴が片方脱げて、お城から抜け出す前に魔法が解けたということなのでしょうか?
ところで、ドレスからメイド服に戻る瞬間ってどのような感じだったのでしょうか?

155 :さく・え/ななし:03/10/31 23:11 ID:???
>>154
王子とのメロメロタイムに夢中になってて音に気付かなかったんですよ。

156 :さく・え/ななし:03/11/01 02:33 ID:???
>>148
地蔵を粗末にした家からかっぱらってきました。あなたもお地蔵さまは大切にしましょう。

157 :さく・え/ななし:03/11/01 11:34 ID:???
>>154
>ドレスからメイド服に戻る瞬間

キューティーハニーをご覧ください。


158 :さく・え/ななし:03/11/01 14:17 ID:3l5UuqHT
「笠地蔵」のおじいさんは、六体までには売り物の笠をかぶせて後の一体には自分の笠をかぶせますが、もし、自分の笠を合わせても五つしかなくて足りない場合はどうするつもりだったんんでしょう。

159 :さく・え/ななし:03/11/01 14:22 ID:3l5UuqHT
↑あ、間違えました「六体」じゃなくて、「五体」です。失礼

160 :さく・え/ななし:03/11/01 14:40 ID:???
>>158
その時はふんどしを使うつもりでした

161 :さく・え/ななし:03/11/01 15:06 ID:HYPRtL4G
>>157
ということは、魔女は空中元素固定装置を用いて、シンデレラに魔法をかけたのですか?


162 :さく・え/ななし:03/11/01 18:03 ID:HYPRtL4G
我々男子は、シンデレラの靴脱げシーンと、魔法が解けて靴を片足しか履いていないシーンで興奮してしまいます。
何故でしょう?

163 :さく・え/ななし:03/11/01 18:31 ID:Q6va3w/8
>>158
私が読んだのは、最後の一体に被せたのは手ぬぐいでしたよ。

164 :さく・え/ななし:03/11/01 19:43 ID:BLBuzQnG
シンデレラの絵本によく描かれているカボチャの馬車のかぼちゃは、なぜか日本カボチャであることが多いのですが、フランスの話なのになんで西洋カボチャじゃないんでしょう{

165 :さく・え/ななし:03/11/01 21:25 ID:HYPRtL4G
>>164
日本のカボチャがフランスに伝わっておりまして、しかも、馬車にするには最適だったからです。
実際、シンデレラの足のサイズってどのくらい?15センチメートルという説がありますよ。

166 :さく・え/ななし:03/11/02 10:32 ID:UMSifNoe
浦島太郎って結局、得をしたのか損をしたのかどっちなんでしょう?

167 :さく・え/ななし:03/11/02 12:10 ID:???
>>162
シンデレラが、上流貴族にしか見えないドレスを着ていたからです。

168 :さく・え/ななし:03/11/02 14:07 ID:hR9dvtYR
>>166
うーん、難しい問題ですね。
普通の漁師生活では体験できないような贅沢なおもてなしを受けたけど、一生分X3以上の時間を三日間で使い果たしてしまったわけだから。
差し引きすると、どうなんでしょう?

169 :さく・え/ななし:03/11/03 19:28 ID:CferWnBB
「セロ弾きのゴーシュ」は、訪ねてきた動物達のおかげで、セロが上達した、という結末のように読めますが、あの動物達はゴーシュのセロの稽古のじゃまをしていたようにしか思えないんですが。

170 :さく・え/ななし:03/11/03 19:51 ID:???
>>169
邪魔をされても、結果的にうまくなったという事でしょう
何が理不尽なのかわかりかねます。

171 :さく・え/ななし:03/11/03 22:41 ID:???
>>170
もっとひねってください

172 :さく・え/ななし:03/11/03 23:09 ID:???
>>169
ゴーシュの最大の弱点は「プレッシャーに弱く本番で実力を発揮できない」点でした。
連日交代で現れては不条理な注文をつけてゆくケダモノどもを蹴散らすことが
結果的にゴーシュの度胸を鍛えることになり、ラストシーンでの大胆な演奏に繋がりました。

動物たちの注文は、実はゴーシュの技術的な側面に対する指摘だった訳ですが、
何しろケダモノの言うことですから教え方が下手で分かりにくくもありました。
或いは、動物たちのアドバイスに対するゴーシュの横暴なまでの応対から
彼の内弁慶ぶりが伺えるかもしれません。

173 :さく・え/ななし:03/11/05 21:01 ID:8OE2kxPx
宮沢賢治つながりで。
ぶっちゃけ、クラムボンて誰(何)なんですか?

文学的な通説はさておき、強引な解釈で教えてください。

174 :さく・え/ななし:03/11/05 22:50 ID:QGV775vR
クラムボン=遊星からの物体X。或いは、作者にしか見えない妖精。


175 :さく・え/ななし:03/11/05 23:35 ID:5oyL6p6b
くらむぼんは流れていったお魚によく似たお魚の名前。

176 :さく・え/ななし:03/11/06 19:30 ID:ieQw/azT
かにの兄弟がでっち上げた空想上の存在です。子供時代にはよく、実在しないものを想像で作り上げたりするでしょう?

177 :さく・え/ななし:03/11/06 22:07 ID:df3IgOq+
自分もじゃあ、宮沢賢治つながりで。
「銀河鉄道の夜」に出てくるブルカニロ博士って何者?
初登場場面で「あの」とかよばれたりして。新編集では姿を消しちゃってるし。

178 :さく・え/ななし:03/11/08 01:24 ID:???
>>177
宮沢賢治のシャドウです。
本人そのまま出演するのは気が引けたのでしょう。

179 :さく・え/ななし:03/11/08 22:24 ID:M6NYjc52
また「シンデレラ」にもどって何ですが、王子様はシンデレラを捜し出すのに靴が合うことだけを条件にして、人相書きなど用いていませんでしたが、やっぱり顔なんか興味なかったからなんでしょうか。
だとすると、シンデレラのどこにそんなに惚れ込んだのでしょう?

180 :さく・え/ななし:03/11/09 02:17 ID:???
>>179
>>12

181 :さく・え/ななし:03/11/09 18:42 ID:YlgeyZ0w
あら?レスし忘れちゃつた?

182 :さく・え/ななし:03/11/09 20:26 ID:???
「ブレーメンの音楽隊」で、暗闇の中で雄たけびをあげて盗人たちを撃退した
4匹の動物たちが街にたどり着き成功を収めたのはホントですか?
泣き声だけの編成で「音楽隊」と呼ばれる程、文化的に発展途上の国のお話
なのですか?

183 :180:03/11/09 21:58 ID:bRP+Lf5p
>>181
>>12を参照、という意味です。

184 :さく・え/ななし:03/11/09 23:01 ID:???
>>182
はい、音楽隊は大人気でした。
「ドリフのわんダードッグ」をイメージすると良いでしょう。

185 :さく・え/ななし:03/11/10 00:44 ID:???
>>179
もしくは本当に好きになったのは靴だったのかも。
シンデレラ(その靴に合う足)は、ただ付属品として必要としただけで。

186 :さく・え/ななし:03/11/10 01:47 ID:???
>>166
単純な損得勘定だけでは難しいかもしれません。
ですが、
・親の死に目に会えなかったこと
・玉手箱を開けたら老人になってしまったこと
・時間がかなり経過してしまったこと
これらを含めて考えると損というよりは大損したんではないでしょうか。

考えてみても下さい、身寄りのない老人が1人で生きていく辛さを。
漁師として生計を立てようにも彼の歳では無理でしょうし
彼が住んでいた家もないに決まっています。
別の場所に家を建てる必要Jもあるのです。
しかも彼の言うことを誰が信じてくれるでしょう?
よくてボケ老人扱い、悪くてキチガイ扱いであろうことは目に見えています。

浦島太郎だけに亀レスになりました。

187 :さく・え/ななし:03/11/10 09:24 ID:kftcmpqW
>>182
4匹は畜生の悲しさで、盗賊が残していったお金や豪華な盗品を手に入れたら、当初の目的なんかすっかり忘れてブレーメンに行かずに森の家に住み着いてしまったんです。
もともと彼らの動機はアーティストとしての成功でなくて自活するための金儲けだったのですから、当座の生活費がなんとかなればわざわざ音楽隊作って働く必要なんかなくなりましたし。

188 :181:03/11/10 20:45 ID:Rt6mGcsq
>>183 ぁらぁら、ごめんあそばせm(@-@)m ガラス靴はテンソクその他の原因にはならないのでしゅうか? あんな成長期に…

189 :さく・え/ななし:03/11/10 23:09 ID:/pIWlvvI
>>188
シンデレラは若作りしてるけど、じつは30歳の年増でした。もう成長期は終わっているので大丈夫です。
その継姉たちはもちろん、それ以上のオールドミスです。

190 :さく・え/ななし:03/11/12 17:33 ID:???
3匹の子豚についてですが、
わらの家はともかく木の家が一息吹いただけで破壊されるのはおかしいです
気になってウンコも出来ません誰か教えてぇ〜


191 :さく・え/ななし:03/11/12 23:25 ID:???
「一息で吹き飛ばす」といっても、
狼が吐き出す息でで藁の家や木の家が吹き飛ばされてしまう訳がありません。
「一息で」とは「一呼吸の間に」という意味だったのです。

狼は一呼吸するほどの短い時間のうちに家を跡形もなく壊してしまう
解体工事のエキスパートだったのですね。
現代で言うところの日本ブレイク工業の魁といえます。
Da Da Da!!

192 :さく・え/ななし:03/11/13 04:02 ID:???
>>190
木の家がレンガの家よりもずいぶん早く建てられたことに着目してみましょう。
そう、木の家は材木を積み上げただけの手抜き建築だったのです。

193 :さく・え/ななし:03/11/14 20:41 ID:RIVlu2MG
童話でなくて童謡なのですが、子供の頃、絵本で見て以来、疑問に思ってることがあります。
「雨雨ふれふれかあさんが」から始まる歌だったと思うのですが、その中に
「あとからゆこゆこ鐘が鳴る」という歌詞がありました。
「ゆこゆこ」とはどんな音なのでしょうか?


194 :さく・え/ななし:03/11/15 09:19 ID:???
>>193
ゆこゆこ=鐘が鳴る音
ゆんゆん=電波が出る音

195 :さく・え/ななし:03/11/15 14:06 ID:???
>>193
素で申し訳ありませんが、「あとから行こう行こう」という意味では?

196 :さく・え/ななし:03/11/15 20:55 ID:4CStov0u
>>194
ゆこゆこ=鐘が鳴る音
その鐘の音ははどんな感じの音なのでしょうか
たとえば、ゴーンとか、キンコンカンとかでいえばどっちでしょう

197 :さく・え/ななし:03/11/15 21:57 ID:???
>>193
「ゆこゆこ」とは地獄の悪魔を呼び寄せる鐘の音であり、
漢字で書くと「逝こ逝こ」となります。
つまり、「あとからゆこゆこ鐘が鳴る」という歌詞は
「お母さん、後ろから悪魔が迫ってくるよー!!」という
恐怖を表しているのです。

>>196
あまりに恐ろしい音なので、文字で表す事ができません。

198 :さく・え/ななし:03/11/15 23:18 ID:4CStov0u
>>197
なんと!!あの童謡はシューベルト作曲「魔王」と同じモチーフの歌だったのですね!

「王様の耳はロバの耳」の挿し絵では、王様のロバの耳は頭から生えてましたが、周りの人間達は、王様の耳が顔の両脇からなくなってしまったのに気がつかなかったのでしょうか。


199 :さく・え/ななし:03/11/16 09:23 ID:???
>>198
それには人間の視覚の問題があります
我々が上半身に人の目を向けたい場合、
下はシンプルに、上は目立つようにするかと思います。
で、この場合、人間の耳という小さなものよりも大きなロバの耳の方が必然的に目立つわけですね。
そうなると、人間の耳の存在感よりもロバの耳のインパクトの方が大きいわけで、
周りの人からしたらロバの耳の方が否応無く目に入るわけです。
よって、人間の耳が無くなってもロバの耳のインパクトがあるから気づかなかったと、
こういうわけです。

200 :さく・え/ななし:03/11/16 13:01 ID:OVDAgTrd
シンデレラの絵本でいちばん興奮した場面は?
因みに私は、魔法が解けてガラスの靴を片足しか履いていない場面です。


201 :さく・え/ななし:03/11/16 15:52 ID:7RAjepdR
金太郎は足柄山の山奥で、熊にまたがり乗馬の稽古をしていましたが、どうせなら熊より鹿を使った方が稽古になると思うのですが。
実際、子供の頃読んだ絵本では同じページに鹿も出てきてましたし。

202 :さく・え/ななし:03/11/16 16:09 ID:???
>>201
金太郎の圧倒的な怪力では、ややもすれば乗っている鹿を壊してしまいかねません。
だから仕方なく熊で妥協しているのです。

203 :さく・え/ななし:03/11/16 23:17 ID:fO2pfmD9
>>202
子供サイズで既に鹿が潰れるほどの金太郎の体格っていったい…
そのまま成長して坂田金時になったとき、彼が乗っても大丈夫な馬がはたして存在したのでしょうか?

204 :さく・え/ななし:03/11/17 02:44 ID:???
>>203
非常に稀ですが、黒王号などのクラスの馬が該当します。
ちなみに「体格」ではなく「怪力」です

205 :さく・え/ななし:03/11/17 23:38 ID:dkGe/Fks
子供の頃、「ものぐさ太郎」読んで不思議に思ったことの質問です。
原典の「御伽草子」の方、読んでないんで、実際はどうなのか知りませんが、
子供の時、読んだ本では太郎が田舎で住んでいたのはむしろ敷いて四方のすみに竹竿で柱を立ててその上に屋根代わりのござか何か載せただけの太郎手作りの掘ったて小屋とも呼べないような粗末なしろものでしたが、
彼が都に出てからお上が調べさせると、太郎の住まいから、家系図や何やかや出自を証明するものが見つかったとなってました。あの家のどこにそんなものが隠せておけたのでしょうか


206 :さく・え/ななし:03/11/18 00:33 ID:???
むしろに付着していた祖先の毛髪のDNA鑑定結果から、彼の出自が証明されました。DNAの家系図です。科学技術の進歩の勝利です。


?三匹のやぎのがらがらどんで、なぜ三番目のあいつが最初に来なかったのかが不思議でたまりません。やつが最初に来たら、他の二匹はリスクゼロで渡河できたのに。。。

207 :さく・え/ななし:03/11/18 18:50 ID:???
>>206 えーっと、この世の中、ましてや童話の世界であっても「お試し」という 体験版があるものです。

208 :さく・え/ななし:03/11/18 19:54 ID:YumoIqn7
「天人女房」で羽衣隠して天女を妻にした男は、妻に見つかる可能性があるのに、何で家の内に隠しておいたのでしょうか
さっさと売っぱらうなり、燃やすなりした方が確実に妻を自分のもとにとどめておけたと思うのですが。

209 :さく・え/ななし:03/11/18 22:58 ID:???
>>208
毎晩毎晩あの羽衣をオカズにして自慰行為にふけっていたからです。
看護婦(看護士)の中身よりむしろ、白衣と看帽の方に魅かれる人がたまにいるでしょう?
同じことです


足柄山の金太郎の「ハィシドウドウハイドウドウハィシドウドウハイドウドウ」とは一体何ですか?
ドウドウっていうのは掛け声のようにも思えますがハイシの意味がわかりません。

210 :さく・え/ななし:03/11/19 08:38 ID:hytL8T7J
>>209
「ハィシドウドウ」は「敗死堂々」
すなわち「たとえ戦に敗れ死す時も、なお威風堂々たらん」という
武士の心構えをうたったものです。
武芸の鍛錬と同時に精神修養も忘れない辺り、
さすがは四天王の一人に数えられる坂田金時の幼少時といったところですね。

ヘンゼルとグレーテルが森の中で見つけた家はお菓子でできていたそうですが、
強度的に不安なお菓子なんかで家を建てられるほどの名建築家って誰ですか?

211 :さく・え/ななし:03/11/19 11:33 ID:???
>>210
あれは確か魔女の家だったはず。
魔女は基本的に何でもできるわけで、強度に不安が残るお菓子ででも
家を建てられるわけです。
普通にお菓子を作って家を建てて、そこに強度を高める魔法をかけたのでしょう。

212 :さく・え/ななし:03/11/19 13:27 ID:???
>>210
伝説の無免許パティシエです。彼が本気になれば、お菓子で城を建てるのも不可能ではありません。

213 :さく・え/ななし:03/11/19 19:56 ID:02cxfe0A
「ぐりとぐら」が見つけてカステラにしてしまった卵って、けっきょく何の卵だったのですか。

214 :さく・え/ななし:03/11/19 22:17 ID:???
>>210
彼は有名ですよ。
彼はパンで家を作る名人でしたが、小麦の高騰でパンの
家を作れなくなってしまいましたがマリーアントワネットに
「パンが無ければお菓子を使えばいいじゃない」
とアドバイスを受け、お菓子の家造りを成功させました。

215 :さく・え/ななし:03/11/21 18:20 ID:Cz9cNjO/
童話の世界では、どうしていつも末っ子がいい目を見るのでしょうか。
お兄ちゃんやお姉ちゃんはずる賢かったり、ブサイ○だったりするのに
末っ子は心もピュアで容姿端麗…というパターンが悲しかった(´・ω・`)ショボーン
(自分は長女なもんで)

216 :さく・え/ななし:03/11/21 18:44 ID:HxX/XtLU
>>215
末っ子は現実ではたいていの国では常に冷や飯食いです。
せめて物語の世界では現実を逆転させたい、という彼らのささやかな夢が反映されているのです。

217 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

218 :さく・え/ななし:03/11/23 15:29 ID:WU0KpiTY
白雪姫はもともとの原作ではお后の実子ということですが、自分が読んだ絵本では、冒頭、「雪のよう白い肌にバラ色の頬を持った美しい娘が欲しい」と白雪姫の母親が望む場面から始まってました。
望んだとおりの娘だったのに、何故、お后はその美しさのために娘をあんなに執念深く殺そうとしたのでしょうか。

219 :さく・え/ななし:03/11/24 00:37 ID:RDjXAUZq
>>218
あの人の性格からしてそういう娘が欲しいというのは自分がそうなりたいという
気持ちの裏返しなわけ。だから、そういう娘が本当に現れたら憎くて憎くて殺し
たくなるのも無理無いでしょ。鏡に必死に聞いているのは自分の事を言ってもら
いたくて言ってるわけだし。

220 :さく・え/ななし:03/11/24 09:42 ID:???
>>218
国中の人間がこんなになってしまったからです。

(;´Д`)<白雪姫ハァハァ


221 :さく・え/ななし:03/11/24 19:02 ID:???
>>218
不細工な娘が生まれてしまったら、国民に「お后、整形なんじゃネーノ?(プゲラ」と
言われてしまうと思ったからです。
だから「私の娘は美しくないといけないのよムキー」となったのですが
自分より美しくなったら、許せない存在になったのです
「我が子よりも自分が大事な親」の元祖ですね

222 :さく・え/ななし:03/11/25 20:14 ID:gdMV62UM
「浦島太郎」で竜宮城と地上で時間の進む速さが100倍も違っていたのは何故ですか

223 :さく・え/ななし:03/11/26 00:13 ID:???
>>222
うちの上司によると、キャバクラで楽しい時間を過ごす際には
あっという間に時間が経ってしまうそうです。
ずっと田舎で漁師をしていた浦島太郎にとって竜宮城の楽しさは
キャバクラの比では無かったものと想像されます。
100倍以上速く時間が経ってしまったのも無理からぬ事でしょう。

224 :さく・え/ななし:03/12/01 00:04 ID:/SHkwKGC
「鉢かつぎ姫」の鉢はそれまでどうやってもとれなかったのに、若様と駆け落ちを決行しようとしたとたんにころりと取れたのはどういう仕掛けによる物なのでしょうか

225 :さく・え/ななし:03/12/04 21:29 ID:???
金太郎は全裸に前掛けというスタイルですが、まさかりを担いで
背中を怪我しませんか?

226 :さく・え/ななし:03/12/04 22:11 ID:SpN5L5CU
>>225
金太郎は超人ですから心配いりません。
背中は普通の子供と違って鋼鉄のように固く、まさかりの刃などではかすり傷程度の傷も付きません。

227 :さく・え/ななし:03/12/05 11:35 ID:???
>>224
恋に落ちると体の一部が膨らんだり滑らかになったりするじゃないですか。
その効果で、それまでピッタリと嵌っていた鉢との間に隙間ができたんですよ。

「どこが」「どう」膨らんだり滑らかになったりしたのかって?
それはもちろん






は・ぁ・とv に決まってるでしょ

228 :さく・え/ななし:03/12/05 20:52 ID:???
人魚姫は、なんで王子に思いを伝えるのに
筆談や、ジェスチャーを用いることもせず
あっさり諦めて、泡になってしまったのは何故なんでしょう

229 :さく・え/ななし:03/12/05 23:26 ID:uPdyW+s1
>>228
結局、本心では王子様のことを信用してなかったからです。
「所詮、あの人は私とは別の世界の住人なのよ」と

230 :さく・え/ななし:03/12/06 19:53 ID:plh8pwh+
>>229
うーん、それだとあっさり王子様を殺してそうな気がするから様は教養が
無かったんじゃないの?所詮人魚の世界なんてそんなもんよみたいな感じで。

231 :さく・え/ななし:03/12/06 21:44 ID:ddvEy90I
>>230
そこはそれ、惚れた相手だから。
愛する人=信頼できる人、とは限らない。
もしそう思いこんでる人間がいたらそれは昔の少女マンガの読み過ぎ。

232 :さく・え/ななし:03/12/10 00:32 ID:???
>>228
あれは諦めたのではなく、ドロッセルマイヤーが
邪魔したのです。仕方なかったのです。

233 :さく・え/ななし:03/12/10 22:02 ID:UrjYYYPi
>>232
ドロッセルマイヤーって何者でしたっけ?

234 :さく・え/ななし:03/12/11 02:06 ID:???
>>233
232ではないですが。
くるみ割り人形くれるひとじゃないかな。

235 :さく・え/ななし:03/12/11 20:34 ID:usTTnlFC
で、「くるみ割り人形」の登場人物がなんで「人魚姫」の恋路の邪魔をしに顔をつっこむのでしょうか

236 :さく・え/ななし:03/12/11 23:46 ID:???
>>235
グーグルで「ドロッセルマイヤー」をイメージ検索すると、
人魚姫に意地悪しそうなのが出てきます。

237 :さく・え/ななし:03/12/12 11:07 ID:???
>>233-236
ここは「強引に解釈するスレ」ですよ?


238 :さく・え/ななし:03/12/12 23:36 ID:uR0zLcd9
「注文の多い料理店」の冒頭であわ吹いて倒れて死んだ猟犬が結末では何の説明もなしに元気に復活しているのはどういうことなのでしょうか

239 :さく・え/ななし:03/12/13 10:58 ID:???
猟犬が倒れて死ぬ (ように見える) ところから、既に罠は始まっていたのです。
犬を一時的に麻痺させ、
更には猟師たちを幻惑して犬が死んでしまったような錯覚に陥らせて不安を煽り、
山猫軒におびき寄せた訳です。

その後、猟師たちは美味しく頂かれる直前で幻惑から醒め、つごうのいいことに
猟犬たちもほぼ同時に麻痺状態から回復して主人を助けるために駆けつけたため、
山猫軒の陰謀が失敗に終わったことは皆様ご存知の通りです。



料理の味付けの基本は「さしすせそ」といいますが、
「注文の多い料理店」こと山猫軒では食材の下ごしらえが、
 クリーム和え〜酢を振る〜塩もみ と、ほとんど基本と逆の順番で行われています。
シェフはいったい何を考えていたのでしょうか。

240 :さく・え/ななし:03/12/13 19:28 ID:???
>>239
相手は化け物ですので人間様と同じ味の好みを求めてはいけません。
調理手順から察するに彼奴は「塩味のきっついクリーム凝固物」が好みだったのでしょう。

241 :さく・え/ななし:03/12/13 23:39 ID:MrDUTdV/
日本には山猫は対馬と西表にしかいないはずですが、山猫軒はどこにあるのでしょうか。
紳士達が東京から来てる以上日本のどこかに違いないはずですが、とても上記のいずれかの島が舞台だとは思われないのですが。

242 :さく・え/ななし:03/12/13 23:58 ID:???
>>241
何を言っているんです? 本物の山猫が料理店を建てたり、人間を罠にかけたりできるわけがないでしょう。

243 :さく・え/ななし:03/12/14 00:40 ID:???
>>242
では、「山猫軒」という店名の由来は何なのですか?

244 :さく・え/ななし:03/12/14 01:26 ID:???
>>241
山猫軒の本店は西表島にあります。オーナーのイリオモテヤマネコは
かなりのやり手で、全国にフランチャイズ展開しています。
紳士達が入ったのは埼玉店です。

245 :さく・え/ななし:03/12/14 08:40 ID:???
>>241-243
動物の種類としてのヤマネコは日本では対馬と西表にしかいませんが、
妖怪「山猫」はその他の地域にもいるのです。同音異義語です。

動物のナマケモノは日本にはいないけれど、怠け者はそこら中にいるのと同じです。



246 :さく・え/ななし:03/12/14 21:31 ID:???
>>244
いい!!笑った。

えっと、グリム童話だったと思うんですけど、「ロバの皮」とかいう、王様が実の娘のお姫様と結婚しようとする話。
あの王様はおおっぴらに結婚式挙げて娘との結婚を公表しようとしてましたが、キリスト教国でかりにもそんなことやって、周りの国や国民から認められたんでしょうか。

247 :さく・え/ななし:03/12/15 01:23 ID:???
>>246
聖書によりますと人類はたった1組の男女から始まったそうですので、近親相姦は教義的に問題ありません。

248 :さく・え/ななし:03/12/15 20:20 ID:???
「王家の血筋」って奴をなるべく純粋に保つために中世では近親相姦が普通に行われていたと聞く

249 :さく・え/ななし:03/12/18 23:48 ID:nFvSMFN4
「泣いた赤鬼」の赤鬼は、鬼の世界にはちゃんと友だちがいるのに、その友だちを悪者にしてまで人間と友だちになることに執着したのはなぜなのですか?

250 :さく・え/ななし:03/12/19 02:35 ID:???
現実世界にもいるでしょ?
オタグループで仲良くやってけてるのに、
普通グループに入りたがるやつ。

あと、人魚姫は海の世界で暮らしてるので「字」という文化がありません。
アイヌみたいに文化はだいたい口承です。
あと、ジェスチャーなら言葉の壁を越えるというのも誤解で、
日本人とアメリカ人がジェスチャーしてもいろいろ違いがあるので伝わりません。


251 :さく・え/ななし:03/12/25 08:41 ID:???
ガイドライン
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1071132170/

252 :さく・え/ななし:03/12/25 18:21 ID:jm+5ATpq
http://guriuri.com/ranking/?ID=20&TNO=1649&SIZE=1
理由も書いて投票してね。

253 :さく・え/ななし:03/12/25 22:42 ID:D2o6onQu
外国の絵本見ると人喰い鬼はほとんどの場合、角がありません。
角がないのにどうして鬼だと識別できるのでしょうか。


254 :さく・え/ななし:03/12/26 09:41 ID:???
>>253
マジレスすると日本の鬼と外国の人喰い鬼は別の種類の生物(怪物?)です。
「オーガ」とか「トロル」とか何かそこら辺の別の名前がついているのを、
日本で絵本に翻訳するのに「似たようなもの」ということで鬼と呼んでいます。

強引に解釈すると、仲の悪い嫁姑がお互いに角もないのに
「アンタは鬼だ!」と言い合っているのと同じです。



255 :さく・え/ななし:03/12/28 01:39 ID:???
ここでトリビアですがトロルは本来妖精の一種です
スプライトやフェアリーの仲間
オーガは巨人族
亜人という観点から言えばエルフ、ドワーフ等の仲間と言えます

256 :さく・え/ななし:03/12/28 17:33 ID:v6coAwxp
トリビアその2
昔話のやまんばとは、太古の時代には日本のヴィーナスにあたる女神でした。
それを造形化したのが土偶です。

ここで質問
「三枚のおふだ」のやまんばは簡単に小僧や和尚さんにだまされたあげく、最後には和尚さんに喰われてしまいますが、少しお人好しすぎるのではないでしょうか。
あんなでよく老婆になるまで生き永らえられたもんだと不思議です。

257 :さく・え/ななし:03/12/28 21:41 ID:???
山姥はその名の通り

生 ま れ た 時 か らバ バ ア だ っ た !

AKIRAの超能力チャイルドみたく

258 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :03/12/28 21:49 ID:???
>>249
ヲニの世界が極右化して、赤ヲニが問答無用で
ガス室送りになったからです。

>>256
元々は宅間も裸足で逃げ出すような性格だったのが、
彼らとの交流(?)の中で少しずつ人間性を取り戻したようです。
ちなみに、ここで星新一の名前を出してはいけません。

259 :さく・え/ななし:03/12/28 23:05 ID:FPelJpUV
山姥ネタの質問その2
金太郎の母親は山姥でさらにもとは都の遊女だったそうですが、山姥が遊女に化けていたのでしょうか、それとも遊女が山姥に変貌したのでしょうか?


260 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :03/12/29 03:40 ID:???
>>259
化けているのではなく、呼び方が違うだけで両者は同一人物です。
証明せよ?吉原へ行ってごらんなさい。

261 :さく・え/ななし:03/12/30 22:53 ID:+0QiWCnf
「シンデレラ」の魔法使いのおばあさんは、シンデレラに何の義理があってあんなによくしてくれたのでしょうか?

262 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :03/12/31 09:30 ID:???
>>261
将来、彼らの娘に呪いをかけるつもりなのです。
娘はその呪いで100年ほどコールドスリープさせられるのです。

263 :さく・え/ななし:03/12/31 11:18 ID:???
>>261
実の祖母です。魔女であるが故に、その素性を明かすと孫に迷惑がかかると考えたのでしょう。

264 :さく・え/ななし:03/12/31 14:56 ID:njH5Tkzd
>>261
実はシンデレラは纏足している中国人で
だからこそ西洋の国では彼女しかはけないような靴のサイズでした。
そのため継母の娘はその靴に無理やり足を入れるためには大きく足を切らねばならなかったのです。
そして魔法使いのおばあさんも中国人でした。
中国では同郷の人には良くするものだという考えがあります。
中国人などほとんど見かけない異郷の地でおばあさんがシンデレラに親切にしたのは
そういった考え方からするとごく自然なことなのです。





265 :さく・え/ななし:03/12/31 22:34 ID:NldF/NhW
>>264
なるほど!…と3つの回答の中で思わず一番納得してしまった。

266 :さく・え/ななし:04/01/02 13:21 ID:Dtg2dHe3
浦島太郎で質問です。
竜宮で過ごしている間、地上では
数百年経過していたということですが、
普通それほどの年月が経過していたならば
遥かに文明が進歩していてもおかしくないと思うのですが?

267 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/01/02 13:30 ID:???
>>266
恐らく、「御伽草子」の作者にとっては取るに足らない差異だったのでしょう。
平安中期と南北朝時代の文明を比較せよ、と言われて、
歴史学者でもないあなたが即座に論じられますか?

268 :さく・え/ななし:04/01/02 16:00 ID:???
取るに足らない、とは言っても、700年ですよ!?

269 :さく・え/ななし:04/01/02 17:10 ID:N/k90nMW
>>266
竜宮は、現代の日本に比べても遙かに文明が進んだ世界でした。
そこで暮らしていた太郎にとっては太郎の時代からのたかだか数百年後の地上の文明は、「進歩」したと気づかない程度の物だったのです。

270 :さく・え/ななし:04/01/02 17:18 ID:???
>>268>>266
確かに文明はいくらか進歩していたかも知れませんが、学識もなく、漁村と海から一歩も出たことの無い
浦島太郎にとっては関わりのないことだったのです。もっとも、彼がもし竜宮城から帰るのがあと
数百年遅れていたら、埋め立てられコンクリートで固められたかつての砂浜や、煙を吐きながら行き交う
漁船の群れを目の当たりにしていたことでしょう。

271 :さく・え/ななし:04/01/04 16:43 ID:Sxyk7tqA
シンデレラは、ガラスの靴なんか履いていて足を痛めなかったのでしょうか?
ガラスの靴が伸縮自在の特殊素材製で、かつシンデレラはストッキングを履いていたので足を痛めなかったという説もあります。

272 :さく・え/ななし:04/01/04 23:18 ID:CBIea8jQ
>>271
そこは、魔法使いのおばあさん特製の靴ですから、ぬかりはありません。

273 :さく・え/ななし:04/01/04 23:33 ID:???
>>271
ずっと、靴を履かせてもらえずに育ったので足は鍛えられています。

274 :さく・え/ななし:04/01/05 07:52 ID:???
>>266
たとえば江戸時代には、
300年にわたって海岸の景観が変わるほどの文明の発展はありませんでした。
極端なことを言えば縄文時代くらいまでさかのぼれば、
千年単位で一目で分かる変化はおきていません。

今日の変化のめまぐるしい時代に生きていると実感しにくいですが、
見てすぐ分かるほどの変化というのは歴史的にそうそう起こったものではないのです。



桃太郎の配下の動物たちはなぜ、
鬼退治などというハイリスクな条件を受け容れてまで
たかが雑穀の携帯食に過ぎないキビ団子なんかを欲しがったのですか?

275 :さく・え/ななし:04/01/05 12:06 ID:nkrVMF9l
>>273
木靴や、ぼろ靴を履いていたという説がありますが、正しいのは?

276 :さく・え/ななし:04/01/05 17:18 ID:nkrVMF9l
シンデレラの絵本を読むと、よく靴だけ魔法がかかっていないと書かれていますが、何故なのでしょう。
ガラスの靴を与える為のふせん?
ガラスの靴に履き替えたあと、前に履いていた靴はどうなったのでしょう?

277 :さく・え/ななし:04/01/05 19:01 ID:VFFwgLjn
似たような問題と答えはここにあったよ
ttp://www8.kinghost.com/hardcore/eroura1/2003/2003_7/1/img/040.jpg

278 :さく・え/ななし:04/01/05 19:48 ID:nkrVMF9l
シンデレラの足は小さくて可愛いというのは本当なのでしょうか?
木靴ないし裸足で過酷な労働を強いられたのだから、足は鍛えられてごつくなっていると思います。

279 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/01/05 22:12 ID:???
>>274
当時、鬼のバラまいたウィルスによる病気が多発。
唯一の特効薬が、桃太郎の出身地方で産出される雑穀だったのです。

もちろん、通常の雑穀でもある程度発祥を抑える事は可能ですが、
ウィルスバラまき部隊の拠点へ行くわけですから、
綿密な感染対策が必要であった事は言うまでもあるません。

>>278
「纏足」でググってみましょう。

280 :さく・え/ななし:04/01/09 17:52 ID:???
>>274
アレですよ
だんごの中にハイテンションになるクスリが入ってたのです
動物たちはすでに禁断症状だったのです

281 :さく・え/ななし:04/01/11 00:59 ID:tHlpozpi
ピーターラビットは「ラビット」なのに、その妹や従兄弟が「バニー」なのはどうしてでしょうか

282 :さく・え/ななし:04/01/14 15:31 ID:gof6UcDJ
>>281
ピ−ターラビットは固有名詞です。

283 :さく・え/ななし:04/01/14 21:53 ID:a2uYdyYP
スプーンおばさんがある日突然、体が縮んだり、又もとの大きさに戻ったりする体質になった原因は何によるものなのでしょうか。

284 :さく・え/ななし:04/01/15 12:35 ID:???
おいしい料理のために動物をト殺しまくった罰
「もっと動物の声に耳を傾けれ!」という神様のおぼし召し

285 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/01/16 00:41 ID:???
特定の天体が周期的に近づくことによって、
スプーンの周囲の原子結合に影響を及ぼしているものと考えられます。
それではなぜおばさんの身体だけが?
おそらく、もっとも影響を受けやすいのが生物細胞なのではないでせうか。

286 :さく・え/ななし:04/01/16 07:22 ID:???
閉経後ホルモンバランスが著しく不安定になったため、
身体の大きさにまで影響が出ています。
一種の更年期障害なのです。

287 :さく・え/ななし:04/01/17 00:54 ID:Ujx2sl11
天狗には神通力があるそうですが、「天狗のかくれみの」の天狗は、ただの人間の子供である彦一に簡単にかくれみのをだまし取られています。
どうして神通力で彦一の嘘が見抜けなかったのでしょうか。

288 :さく・え/ななし:04/01/22 19:13 ID:Mx6bETdE
神通力は使おうと思わなければ使えません。
天狗は子供の彦一にを疑わなかったため、陣痛利希を使わなかったのです。






289 :さく・え/ななし:04/01/24 00:08 ID:JTMXFx7G
「不思議の国のアリス」の三月ウサギのお茶会の場面の最後、ねむりねずみが茶飲み仲間の三月ウサギと帽子屋にティーポットに何の説明もなく押し込まれてしまいますが、どういうわけでそんなことされたのでしょうか。

290 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/01/25 19:47 ID:???
>>290
おや、マウスティーをご存じない?
イギリスではイーストエンドの労働者でさえ知ってる常識ですが、
日本では知名度が薄いようですね。

ねむりねずみとシナモンとアッサムティーと熱湯をポットに入れて
1時間ほど寝かせると、素敵なマウスティーが出来るのですよ。
もちろん、そのままでは渋くて飲めませんが、
「ダイゴミルク」(ヤギ乳で作った東洋風ヨーグルト)を入れると美味ですよ♪

291 :さく・え/ななし:04/01/27 18:00 ID:HwwJUMUC
>>291
なるほどねえ。今度イギリスに行く機会があったら試してみましょう。
それにしても、三月ウサギと帽子屋が茶飲み仲間をお茶の材料にしてしまうのはひどいんじゃありませんか?

292 :さく・え/ななし:04/01/30 17:20 ID:Efb+I6SW
>>291
自問自答ですか?
他人ですが答えましょう。
あれははなから茶のみ友だちではなく食材です。
お土産におちゃっぱを持ってくるのとおんなじ感覚でねむりねずみを連れてきているのです。

293 :さく・え/ななし:04/01/30 20:13 ID:fX1DPiD9
>>292
へえ、そうだったんですか!
でもお茶会でもそのあとの裁判でも三月ウサギと帽子屋はねむりねずみと普通に会話してますが、食材と会話するなんてどういうつもりなんでしょうか?

294 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/01/31 01:21 ID:???
>>293
スポコラミンなどの自白剤を用いる場合、対象となる捕虜は
「しゃべるもんか!」という心理的ブロックが働いていることが多く、
そのまま注射してもほとんど効果はありません。
そのため、事前に精神科医が捕虜と会話をすることによって
捕虜の心理的ブロックを解く事が必要になってきます。
おそらく、帽子屋達の行動もこれと似たようなものではないでしょうか?

ただし、ねむりねずみの精神状態がマウスティーの味に
どの程度影響を及ぼすのか、という所は私にも良く分かりませんが、
犬を屠殺する際にストレスを与えると肉が上手くなる、という例もあるようなので
おそらく全くの迷信ではない、と考えます。

295 :さく・え/ななし:04/01/31 21:35 ID:???
かぐや姫は月に帰らなければならないことを一体何時、どうやって知りましたか?

296 :さく・え/ななし:04/01/31 22:40 ID:OKqiOxjv
>>295
月から姫の脳内に電波が送られて来たからです。

297 :さく・え/ななし:04/01/31 23:09 ID:OKqiOxjv
>>294
つまり、ねむりねずみはお茶会でマウスティーにされたあと、再び取り出されて三月ウサギ達に裁判の傍聴に連れてかれたわけですね。
茶材を裁判の傍聴に連れていってどうするつもりだったんでしょう?

298 :さく・え/ななし:04/01/31 23:28 ID:???
>>297
あれはねむりねずみの仕事です。
奴等は公私を分けているだけです。

299 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/01 15:55 ID:???
>>297
私は単純に、女王への献上物と解釈しました。

300 :さく・え/ななし:04/02/01 18:36 ID:QbeR6sev
何このスレかなり笑うんだけど腹痛い(;∇;)フガフハ

301 :さく・え/ななし:04/02/01 20:01 ID:8QGA6WLr
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」は、
最後カンダタが極楽に上るのを自分一人で占有しようとしてぷつりと糸が切れて他の亡者もろとも地獄に戻ってしまいますが、
あの時、カンダタがほかの亡者を止めずに一緒に極楽に上ってきたらお釈迦様はどうするつもりだったんでしょうか

302 :さく・え/ななし:04/02/01 20:33 ID:QbeR6sev
だれかぁ〜上のレスに面白くなりそうに答えてあげてぇ〜

303 :すてぃーびぃー:04/02/02 00:18 ID:???
areha

304 :さく・え/ななし:04/02/02 11:11 ID:???
>>301
その場合も「地獄に落ちたやつらを極楽へつれてきた」として地獄に叩き落すつもりでした。
お釈迦様のあれもカンダタと同じく気まぐれだったということですね。

305 :さく・え/ななし:04/02/02 23:24 ID:ZzJUP5/j
「かちかち山」の古い形では、おじいさんもおばあさんも登場せず、ウサギが一方的にタヌキをいじめて溺れ死にさせてしまう、という話になってるそうです。
それが本当だとすると、どうしてウサギはそこまでタヌキに悪意や殺意を抱いていたんでしょうか

306 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/03 00:29 ID:???
>>305
実はタヌキの祖先はオオナムヂ神と言って、大国主命の親族なのです。
タヌキの●●がデカいのは、オオナムヂの背負っていた袋が
口伝を経て変化したのが由来といわれています。
このオオナムヂ神こそ、鳥取県東部の海岸で…

はい、もうあとは言わなくても分かりますね。
大国主命に助けてもらったウサギではありましたが、
その恨みは子々孫々まで受け継がれていたわけです。

307 :さく・え/ななし:04/02/03 11:49 ID:NzEP6/a0
意味がわからないです。

308 :さく・え/ななし:04/02/03 18:55 ID:???
>>305
力うどんがたぬきそばより人気がないことに対してのやっかみです。

309 :さく・え/ななし:04/02/03 22:57 ID:s/Cb+5s9
>>306
助けてもらった→借りを作って負い目が出来た、と逆恨みしたわけですね。
ほんとに非道な畜生ですね、あのうさぎは。
で、かちかち山のウサギは助けてもらったウサギ自身なのでしょうか、それとも狸と同じくその子孫なのでしょうか。
前者だとすると、どうしてウサギだけそんなに長生きなのでしょう

310 :さく・え/ななし:04/02/03 22:57 ID:???
>>307
オオナムヂは因幡の白兎に嘘の治療を教えて、ウサギはひどい目にあった。だからウサギはたぬきに仕返しをしたと言いたいらしい。
オオムナヂ自体を知ってる奴は少数だろうに>>306が省略してるからわけわからなくなるのだ。

311 :さく・え/ななし:04/02/03 22:59 ID:s/Cb+5s9
あ、レスよく読み直したら子孫みたいでした。質問取り消します。
失礼しました。

312 :さく・え/ななし:04/02/03 23:03 ID:s/Cb+5s9
>>310
オオナムヂとは、大国主命の別名オオナムチとは違うのですか?
ウサギに嘘を教えたのはオオナムチの兄神たちでしたよね?

313 :さく・え/ななし:04/02/03 23:26 ID:???
>>312
オオナムジとオオクニヌシは同じ神様。
>>310の勘違いと思われ。

314 :さく・え/ななし:04/02/04 22:07 ID:53NVlBWE
>>306
質問。
その因幡の白兎はたすけてもらったオオナムチに対しては子々孫々まで逆恨みして復讐を続けたのに、皮をはいだ当のサメの方は放置したまんまで恨みも抱かなかったのですか?
それともやはり子々孫々まで復讐し続けたのでしょうか、その場合、物語に残っているのでしょうか

315 :さく・え/ななし:04/02/06 23:48 ID:OEkSC7ry
神話ネタでもひとつ質問します。
八またのオロチは毎年一人ずつ娘を人身御供に差し出させていますが、もし、喰ってしまうなら、一人だけでは八頭が満足することは出来なかったはずです。
差し出された娘をどう処分していたのでしょうか。

316 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/07 00:16 ID:???
しまった。「因幡の白兎」って、そんな有名な話じゃなかったのね…。

>>314
最初にウサギ自身がサメを騙してます。
サメは騙されたことへの復讐を行っただけなので、
ウサギにも負い目があったのでしょう。
それだけに、人(?)の弱みに付け込んでとんでもない事を教えやがった
オオナムヂへの怒りが凄かったと思われます。(…逆恨み?)

>>315
脳・心臓・消化器系・生殖器系を上位4頭が取り、
残りの手足を下位4頭で分けあったのでしょう。
手の担当は量こそ少ないですが、「よく動く部位の肉は旨い」のジンクス通り
身体の中で最も旨い部分をせしめたので、無問題です。

あるいは…食用ではなく、従神慰安婦として活用した可能性もあります。
彼ら、局部は1セットしかないようですから。
ただし、慰安婦の身体を媒介として生殖行為をする必要があり、
子供の命と引き換えに慰安婦が殉職してしまうので
毎年あたらしい素材…もとい、慰安婦を調達する必要があったと考えられます。

317 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/07 00:17 ID:???
ちなみに、こちらの資料では
「オオナムヂ」は最初にやってきてウサギを騙した神。
「大国主命」は、その後にやってきてウサギをケアした神、となっています。

318 :さく・え/ななし:04/02/08 00:52 ID:lCOBrCqc
>>316
八叉のオロチが差し出された娘を慰安婦にしていた場合ですが、
「子供の命と引き換えに」ということは、八叉のオロチには複数の子供がいたことになりますが、彼らはやっぱり八叉のオロチと同じ姿をしていたのでしょうか。
そしてオロチが退治されたあとはどうなったのでしょうか。

319 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/08 18:18 ID:???
>>318
おそらく、オロチ自身のコピーとして使われたのではないでしょうか?
「マモー」が、自らのクローンを作り続けて永遠の命を保ったように。

320 :さく・え/ななし:04/02/09 00:09 ID:iCZhkp+e
「花咲じいさん」の歌に「裏の畑でポチが鳴く」という歌詞がありますが、犬に「ポチ」という名を付けるようになったのは、明治以降、欧米人の飼ってる犬の名前に影響されてからだそうです。
「花咲じいさん」はお殿様が出てくるところから見て、明治より前の話のはずです。
じいさんの犬が時代的に矛盾した名前なのはどうしてでしょうか。

321 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/09 01:02 ID:???
>>319
この問題、調査したところあちこちで同じ疑問が出ていたようです。
んで、その回答編がこちら。
ttp://www.melma.com/mag/92/m00080492/a00000227.html
ではなぜ「ポチ」になったのか。
元々日本犬は毛並みの黄色がかったものが多く、
「シロ」と呼ぶには抵抗があったのかも知れません。

ちなみに、物語のキャラクター名が途中で変更されるのは良くある事です。
「フランダースの犬」の初版が「ネロとパトラッシュ」ではなく
「清一とブチ」だったのは広く知られていますし、
「アルプスの少女」の主人公ハイジも、輸入当初は「楓」だったそうです。

322 :さく・え/ななし:04/02/09 01:08 ID:iCZhkp+e
>>321
そうですか。
自分の推測では、花咲じいさんとポチは実はタイムスリップしてきた未来人かと思ったのですが、違ったようですね。

323 :さく・え/ななし:04/02/09 23:36 ID:???
>>314
兎に騙されて利用されたことに腹を立て、奴の皮を剥いたのは原文では「ワニ」と書かれており、
この「ワニ」というのは現在のサメである……というのが通説です。

ところが、「ワニ」は現在でいう鰐と同族で、ご賢察どおり
(もっともな理由があったとはいえ)皮を剥がれた兎から深い恨みと憎しみを受けました。
その後、大国主にとりいって権勢を得た兎から筆舌に尽くしがたい苛烈な復讐を受け、
ついには国内のワニは絶滅に追い込まれてしまったのです。
兎の復讐は文字どおり「筆舌に尽くしがたい」ものだったので、
その詳細については伝承すら残っていませんが、
現在日本に野生のワニがいないのはそのためです。

ちなみに、兎は今、駆けくらべの際に自分を抜いていった亀に対して
(自分の油断は棚に上げて)復讐の爪を研いでいるとか。
恐ろしいことです。

324 :さく・え/ななし:04/02/09 23:41 ID:???
>>320
>「花咲じいさん」はお殿様が出てくるところから見て、明治より前の話のはずです。

ここの推定が違います。
21世紀を迎えた現在でもなお、
「世が世ならお殿様」という方々が厳然として存在する世の中です。
花さか爺さんの話は意外に近代の物語だったのですね。

「明治以降にあんなに都合のいい話があるのがおかしい」?
珍しい話だからこそ語り草になるというものです。

325 :さく・え/ななし:04/02/11 01:09 ID:UZVtnBtK
アンデルセンの「空飛ぶかばん」は最後、かばんが燃えてなくなってしまって主人公は結婚するはずだったお姫様の所に行けなくなり、しかたないので世界中を旅しながら子供達にお話を聞かせて一生を終わりました、となってましたが、
世界中まわるなら、ついでにお姫様の所にも行けたはずなのにどうしてあきらめてしまったのでしょうか。

326 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/11 01:46 ID:???
>>325
かばんがビザ代わりであり、これが燃えてしまったため
フィアンセの国への入国資格を失ってしまったのです。
おそらく、大使館へ何回も足を運んで再交付を申請したのでしょうが、
残念ながら全て却下されてしまったものと考えられます。

327 :さく・え/ななし:04/02/11 03:00 ID:???
>>325
その作品を読んだことはありませんが、お姫様は雲の上に住んでいらしたのではないでしょうか?

328 :さく・え/ななし:04/02/12 20:07 ID:ZK9UjwVY
>>325
お姫様は、空を飛べるから主人公が好きになったのです。
空を飛んで会いに行く約束をした主人公は、空を飛べなければ本人だとすら認めてもらえなかったのです。



329 :さく・え/ななし:04/02/13 15:57 ID:F5ZULYKa
童話に出てくる鬼とか魔王とか山姥とか魔女とかは、
いつも何の魔力もない和尚とか貧乏人の子供とか、時には長靴はいてるだけの猫とかにいとも簡単にだまされてやっつけられていますが、仮にも魔力を持った超常力者なのになんでそろいもそろってあんなに情けない最後を遂げるのでしょうか?






330 :さく・え/ななし:04/02/13 17:01 ID:???
>>329
常人よりはるかに優れた魔力を持ち、長い期間好き勝手に生きてきた彼らは
警戒という言葉を忘れています。こんなに油断していてはコロリとだまされるのも
当然でしょう。

特に和尚と猫は相手をおだて上げてその気にさせる話術の達人でした。
最初から強大な魔力でブチ殺すならともかく、彼らと同じ土俵で話し合いを試みた
魔王たちのほうが愚かだったということです。

331 :さく・え/ななし:04/02/15 01:07 ID:x9vqNMxV
白雪姫はリンゴを吐き出したとたんに息を吹き返しますが、結局、リンゴの毒にあたったのでなく、リンゴをのどに詰まらせて窒息していただけなのじゃないでしょうか?
つまり、白雪姫は自分の食い意地がもとで死にかけただけで、お后は毒殺未遂犯でもないわけなのに、なんで後で報いを受けねばならなかったのでしょうか?


332 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/15 01:42 ID:???
>>329
貧乏人をバカにしてはいけません。
物質で満たされない分、精神的な豊かさは彼らのほうが上です。

インドではつい最近まで「カースト」と呼ばれる身分制度がありましたが、
1億人近くの国民はこの制度から外れた、およそ人間扱いされない人達でした。
当然、インドで最も経済的貧困度の高い人たちです。
しかし上記の理由で、マハトマ・ガンジーは彼らを「ハリジャン(神の子)」と呼び、
独立運動の際には大きな戦力となりました。

>>331
普通にリンゴを喉に詰まらせて窒息した場合、リンゴが体外に排出されても
本人が蘇生する確立は皆無です。(5分以内に蘇生措置が行われない場合)
つまり、白雪はリンゴが喉に詰まって死んだのではなく、
リンゴに塗ってあった毒が体内に吸収されて仮死状態となっていたのです。
多分、リンゴ自体が消化された段階で、栄養分に反応して猛毒となり
確実に白雪を死に至らしめるものだったと推察されますが、
幸運にもリンゴ本体を飲み込まずに済んだため、蘇生可能となったわけです。

そもそも、仮に単なる窒息仮死だったとして、
白雪本人が死ななければ殺人未遂は適用されないのか?そんな事はないはずです。
お后は「殺害を目的として」「殺害しうる物質を」用い、実際に白雪に食べさせています。
この段階で、日本の刑法では既に殺人未遂が成立しているものと考えられます。
当時のドイツ(…だよね?)の刑法上、この行為がどう解釈されるのかは不明ですが、
日本の刑法体系がドイツからの輸入である事を考えると、
お后の行為はおそらく殺人未遂の要件を構成していると考えるのが妥当でしょう。

参考文献
ttp://lawschool-konan.jp/sonoda/nyumon/manabu04.html

333 :さく・え/ななし:04/02/15 01:56 ID:???
>>332
というか、お后は自分では毒を調合したつもりでも、はたして実際にそれが毒だったのでしょうか?
たとえば、毒入り茶を飲ませて人を殺すつもりでも、お茶に毒を入れたつもりで忘れてただのお茶を飲ませたら殺人未遂には問われないんじゃないでしょうか?


334 :さく・え/ななし:04/02/15 05:35 ID:???
>>333
殺人予備罪というものがあります。
http://www.mainichi.co.jp/news/kotoba/sa/20031104_01.html

335 :さく・え/ななし:04/02/15 19:08 ID:9bQQc8if
 客観的には殺害結果発生の危険がないのに、
危険があると思って行為に出た場合の扱いについては諸説あります。
いわゆる「不能犯」論です。
 現在の日本の通説では、客観的な危険が処罰に値するほどに至って
いなければ、不能犯として未遂すら成立せず、不可罰と解されてます。

 本件の場合、毒殺のつもりで、仮に毒を入れ忘れていたとすれば、
客観的な殺人の危険が発生していないとして、不可罰となるはずです。
ただし、一方で、リンゴがのどにつまる、という、予期したのとは
別の因果経過によって死の結果発生の危険が生じています。
この点をどう評価するかが問題とります。
 しかし、毒は混入されていなかったと仮定している以上、白雪姫の
のどにリンゴがつまったのは、白雪姫の自律的な行為の結果であって、
したがって、たとえ主観的には殺害意思があろうと、妃に帰責すること
はできません。
以上より、わが国の通説に立ち、かつ、毒を混入していなかったとすれば、妃のリンゴ差し出し行為自体は不可罰と解されます。
 これに対し、ドイツで有力だった主観説にしたがえば、客観的な危険の
有無を問わず、主観内容が危険であれば、未遂犯の成立が認められ、
妃は殺人未遂罪に問われるでしょう。

 なお、妃が後で報いを受けたことについては、上記のリンゴ差し出しについての解釈の帰趨にかかわりなく、説明がつきます。
妃は、リンゴ攻撃以前にも、くしの毒をしかけたり、くびをしめたりしているのですから。



336 :さく・え/ななし:04/02/15 22:45 ID:???
おお、なんだか内容が専門的な難しい話になってきましたね。門外漢の自分には何とも判断がつきかねますが。

ところで、その「白雪姫」のお后が受けた報いですが、絵本によって
・気が狂って森の奥に消えてそのまま行方知らずになった
・焼けた鉄の靴を履かされて死ぬまで踊らされた
の二通りを読んだことがありますがなんで別々の結末があるのでしょうか、そして、ホントの所はどちらが正しいのでしょう?

337 :さく・え/ななし:04/02/16 02:03 ID:ReKx0a67
>>336
原作つまりグリム童話では、初版から第7版に至るまで、
「焼けた鉄の靴を履かされて死ぬまで踊らされた」です。
ちなみに、初版ではお妃は継母じゃなくて実母でした。

グリム童話の残酷性についてはよく指摘されるところですが、
残酷性をやわらげようという立場から、絵本では話が改変されることがあるのでしょう。

338 :さく・え/ななし:04/02/16 14:01 ID:???
俺の読んだ話では、1位になった嬉しさから、変装のために塗った顔の絵の具を落とすのを忘れてしまい、
その毒がまわって苦しみながら死んだ、ってことになっている。

339 :さく・え/ななし:04/02/16 16:35 ID:???
>>338
ずいぶん凝った改作ですね。死に方に現実味が加味されています。

ちなみに、グリム童話は残酷だから子供に読ませるべきではないという
主張への反論としてよく言われるのが、グリム童話における
罰の描写は現実味がなく記号的なものだというものです。
この立場からすると、罰の描写に現実味を加味するのは疑問という
ことになるでしょうね。

340 :さく・え/ななし:04/02/16 22:02 ID:???
ああ、そういえば子供の頃読んだディズニー絵本では、小人達に追いかけられて足踏み外して崖から落ちて死んだとなってたような記憶が。
あまりにも月並みな末路なんで、ここの書き込み見るまですっかり忘れてたよ。

341 :さく・え/ななし:04/02/16 23:29 ID:???
昔読んだ仏教童話で、

ある時猿と狐とウサギがお互い慈悲の心を持ち、困っている者があったら助けてあげようと相談してるのを聞いた帝釈天が彼らの心が真実のものかどうか試すため、行き倒れの老いた乞食の姿になって3匹の前に現れ、食べ物を乞うた。
猿と狐は食べ物を手に入れることが出来たが、ウサギだけはどうしても食べ物が手に入らず、乞食にあげることが出来なかった。
そこで火をおこし、自分の身を火に投じて乞食に食べさせようとした。その心に感じた帝釈天が地上の皆が仰ぎ見られるよう月に焼け死んだウサギを連れていった。
だから月にはウサギの姿が見えるのです。

というのがありましたが、この話のウサギは既に乞食には食べ物が与えられたにもかかわらず、自分の見栄だけのためにしないでもいい焼身自殺をしたとしか思えません。
何で帝釈天はこんなウサギに感心して月に昇らせたのでしょうか。


342 :さく・え/ななし:04/02/17 06:59 ID:???
野菜や果物ばかりでは栄養のバランスが悪いので、ちゃんと肉も用意する心配りに感心したのです。
もしくは、
副菜やデザートではなく、メインディッシュを用意してくれたことに感心したのです。

343 :さく・え/ななし:04/02/17 21:51 ID:W07F6c1Z
日本の昔話に狐と狸の「化けくらべ」というのがあります。
まず狸が狐が化けたまんじゅうを見て食い意地のために正体を現して負け、次にその意趣返しに大名行列に化けたと狐をだまして本当の大名行列の従者にめちゃくちゃ狐がぶたれてしまう、という話ですが、
あれは「化けくらべ」ではなく、「(悪)知恵くらべ」が正しいのではないでしょうか?

344 :さく・え/ななし:04/02/18 00:50 ID:mnM31++X
狐や狸の能力は、正確に言うと「化ける」ことではなく「人を化かす」ことです。
ご相談の「化けくらべ」においても、
「いかに巧く化けるか」ではなく「いかに巧く相手を化かすか」
という趣旨にのっとったコンペティションが行われています。
能動的・直接的な「化ける」能力では前面には出てきませんが、
相手の存在を前提とする間接的な「化かす」能力にあっては、
(悪)知恵の高さも重要な要素となります。この点では理不尽な点はありません。

ただ、ご指摘のとおり、物語のネーミングとしては不適切な部分もありましたが、
「化けくらべ」を「化かしくらべ」あるいは「化かされさせくらべ」などと
趣旨に即した文法的に正確な表現ばかり追求するとかえって分かりにくくなってしまうので、
ある程度の妥協の産物ということでご容赦ください。

345 :さく・え/ななし:04/02/18 11:32 ID:XAqNQVpc
なんで人魚姫は筆談で王子に自分の気持ちや助けたことを伝えなかったのですか?
いくら口がきけなくても文字は書けたはずです。
人間と人魚、言葉は一緒みたいだし
たとえ人魚には文字を書く習慣がなかったとしても
彼女は今までは足がないし踊ったことのないはずのダンスも誰よりも見事に踊っています。
しかも一歩ごとにナイフで引き裂かれる痛みに耐えながらです。
そんなに覚えが良く根性もある人魚姫なら簡単に覚えられたのでは?
  

346 :さく・え/ななし:04/02/18 19:47 ID:IrnjLsY+
>>345
人魚姫はよく、筋肉バカの体育会人間にいるタイプで、ダンスとかの運動能力が関係したジャンルを習得するのは得意でしたが、
文字を覚えるとかの文化系のジャンルはからしき苦手で記憶力が働かなかったからです。

347 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/19 02:32 ID:???
>>345
「人間による乱獲」の悪夢を経験した人魚社会にあっては、
人間に正体がバレたら即刻陸上退去、という厳しい掟があるのです。

348 :さく・え/ななし:04/02/19 20:49 ID:JgSpnxhk
人魚といえば、「赤いろうそくと人魚」の人魚の女の子を老夫婦に預けた女性は何者なんでしょう?
確か人間の姿だったと思うんですが。

349 :さく・え/ななし:04/02/20 11:29 ID:wXnnzccA
人魚姫のように魔法使いに人間にしてもらった人魚です。
子供がいるところをみると、その人はもう人間の男性に思いが届いて人間になれたのでしょう。
ただ生まれた子供が人魚だったため、正体がばれるのを恐れて老夫婦に預けたのです。
もしくは正体がばれて旦那に捨てられ、育てられなくなったかですな。


350 :さく・え/ななし:04/02/20 23:07 ID:Y5Rpz66D
>>349
理由が後者だとすると、人魚姫のケースといい、なんでそんなに人魚は男を見る目がないんでしょうか?

351 :さく・え/ななし :04/02/21 00:14 ID:???
>>350
人魚には、男を見る目という概念がそもそも存在しません。
彼らは成熟して発情期を迎えたとき、一番最初に出合った異性と交尾する習性の生き物なのです。
ひよこが最初見た動くものを親と思い込むのと一緒です。

人魚同士、および人間の異性が相手の場合でも、夫婦仲が良ければ問題はないですが
人間には色々事情があるため、ペアリング失敗率が高くなります。
飽きて捨てられる、人魚側が虐待に耐えられなくなって逃げ出す等々。

なお、ペアリング・産卵以降の人魚は、人間を誘惑する例が多々ありますが、
これは生殖目的ではなく、
単なる人懐こさと匂い付け行動に過ぎないというのが、海洋生物学者の見解となっています。

352 :さく・え/ななし:04/02/21 20:14 ID:mgxnybgn
トルストイの童話の「イワンの馬鹿」という邦題はなんかへんじゃないでしょうか。
「馬鹿のイワン」とか「イワンは馬鹿」とかならタイトルとして判りますが、「イワンの馬鹿」では誰かがイワンを「イワンの馬鹿っ」と非難か叱っているような感じがするんですが。
どういう意図でこんな邦題がつけられたのでしょうか?

353 :さく・え/ななし:04/02/22 15:30 ID:???
イワンは、バカではありません。
世の中で一番賢い人は、その賢さをバカな振る舞いの中に隠すのです。

ですから邦題は、「イワンのバカっぷりの話」という意味です。

354 :さく・え/ななし:04/02/22 23:21 ID:yVVlPwh0
イソップ寓話の「狼が来たぞ」とうそをついた羊飼いの少年はよく、「オオカミ少年」と呼ばれていますが、
「オオカミ少年」というのは本来、オオカミの血が混じってるとかオオカミに変身するとかオオカミに育てられて生態がオオカミ化しているとかいう意味に使われるはずで、彼のような場合にそういう呼び方をするのはおかしいのではないでしょうか?

355 :さく・え/ななし:04/02/23 20:44 ID:M4yZl6uG
>>354
作品中で描写されなかっただけで、
 オオカミの血が混じっていて
 オオカミに変身することもできて
 オオカミに育てられて生態がオオカミ化していたうえ
オオカミをネタに大法螺まで吹いたのですから
彼がオオカミ少年と呼ばれても何もおかしくありません。


356 :さく・え/ななし:04/02/23 23:28 ID:otmsfU0B
>>355
なるほど、そうでしたか。
でも、それが本当だとすると、なんで村人達はそんな危険な少年に羊飼いをさせていたのでしょうか。
生態がオオカミ化している上、オオカミに変身もできる少年が羊を喰ってしまうとか考えなかったんでしょうか?

357 :さく・え/ななし:04/02/24 07:15 ID:???
オオカミ化した少年の人間社会へのリハビリの一環でした。
また村人は血筋とか変身能力とかで少年を差別しませんでした。

結果として大失敗だったわけですが。

358 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/24 22:14 ID:???
>>357
これを教訓として、人里からの動物排斥機運が高まりました。
この直後に「ごんぎつね事件」が起こってしまった事が悔やまれてなりません。

359 :さく・え/ななし:04/02/24 23:14 ID:rryIVT40
>>357
で、結局自分たちの好意が失敗に終わったあと、村人達は少年をどう処置したのでしょうか?

360 :さく・え/ななし:04/02/25 23:35 ID:???
オオカミ少年ってそのままオオカミに食われたんじゃなかったっけ

361 :さく・え/ななし:04/02/26 02:08 ID:???
飼っていた羊を全部オオカミに食われてショボーン(´・ω・`)で終わりだった気がする。
絵本じゃなく歌で聴いたのだが。

362 :さく・え/ななし:04/02/26 18:40 ID:NSR8VLEs
狼に食べられただと思う。
本によって違うのかな?
イソップも結構残酷でなくなるように変えられてるし。

363 :さく・え/ななし:04/02/27 00:19 ID:t+VvX1u8
少年も最後食べられてしまったような気もするけど、その前にまず、羊が全部食べられてしまったような覚えが。

それだと結局、少年を信じなかった村人もそのために被害を被ったわけで、結局、あの寓話はうそばっかりついてる者、うそばっかりついてる者の言うことを何も信じない者、どっちに対しての教訓なんでしょうか?

364 :山崎 渉:04/02/27 19:54 ID:???
(^^)

365 :山崎 渉:04/02/27 19:54 ID:???
(^^)

366 :山崎 渉:04/02/27 19:55 ID:???
(^^)

367 :山崎 渉:04/02/27 19:55 ID:???
(^^)

368 :さく・え/ななし:04/02/28 13:37 ID:7yJOEh+p
>>363
もちろん嘘つきはいけないということです。
あの村で羊を飼っていたのは少年の家だけでした。
しかも両親は早くに亡くなり、少年が一人で羊飼いをしていたので
狼の被害にあったのは少年だけなのです。
少年はあまりの寂しさから村人にかまってほしくて嘘をつき続けていたのですが
その代償はあまりのにも大きいものでした。


369 :さく・え/ななし:04/02/28 23:06 ID:qxIqgr3r
>>368
そうなんですか。
でも、それだと、また、判らない点があります。

たしか、少年が羊の番をしていたのはかなり村から離れたところで、誰も来ず、いつも一人でいるのに退屈してうそをついたんだったと思います。
ですから別に少年の番していた牧場にオオカミが出たところで他の村人には実害がない(実際、本当に出現したオオカミは羊と少年を食べただけですし)はずなのに、
なんで、村人達は「オオカミが来た」という少年の言葉に驚きあわてふためいたのでしょうか?

370 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/28 23:59 ID:???
>>369
オオカミによる被害が、少年所有の羊でいるうちはまだいいでしょう。
しかし、伝え聞く限りの情報では
羊の繁殖能力<<<オオカミの捕食能力
と聞いています。

となると、いずれ少年所有の羊は食い尽くされてしまうわけです。
さて、そうなった時にオオカミの矛先が真っ先に向かうのはどこでしょう?

371 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/02/29 00:01 ID:???
【訂正】
× 少年所有の羊でいるうちはまだいいでしょう。
○ 少年所有の羊にとどまっているうちはまだいいでしょう。

372 :さく・え/ななし:04/02/29 00:10 ID:cbg21vbu
>>370
しかし、オオカミが少年の羊を食い尽くすにはある程度時間がかかるのではないでしょうか。
なんとか落ち着いて対処するくらいの時間は合ったと考えられ、少年がその様子を見て面白がるほど、村人があわてふためいてパニックに陥る必然性はなかったと思うのですが。

373 :さく・え/ななし:04/02/29 03:30 ID:???
言ってみれば事前通知無しの防災訓練のようなものですから、
最初の何回かはみんな真剣に行動しますが、あまり頻繁に繰り返されると
「どうせまた誤報だろ」とまじめに対応しなくなるのです。
というか元々「あまり頻繁に、意図的に誤報を繰り返すので相手にされなくなった」
というストーリーだったので、全然理不尽な点ではありません。

むしろそこまでオオカミ少年に拘泥するアナタの方が理不尽です。
そろそろこっちが、ウソツキ小僧を相手にする村人の気分になってきました。


374 :さく・え/ななし:04/02/29 04:21 ID:fAq+ZtiO
ようするに、赤ず○んはレイプ処女喪失、七人の○人は集団レイプですか?
赤すぎんを魔性の女風に描いたのはフランス映画でありましたよ

375 :さく・え/ななし:04/02/29 04:26 ID:???
IDがfrequentry asked questions

376 :さく・え/ななし:04/02/29 21:24 ID:ZMIY+6fz
>>373
そうですね、いい加減このネタ飽きたし、これ以上続けても面白くなさそうなので別のネタ振ります。

えーと、「ピノキオ」でサメに飲まれたゼペットじいさんはピノキオと再会するまでのかなりの期間サメのお腹の中で生活していたようですが、どうして消化も排泄もされずに人間の姿のままで生きていられたのでしょうか?

377 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/03/01 01:23 ID:???
>>376
通常、サメに食われた場合は次のような状態になっているはずです。
・噛み砕かれ、体内組織が露出している。
・壊死酵素(主に死後硬直の原因となる物質)が出ている。

ところが、今回のケースでは幸運にも「丸呑み」されてしまった事で
この二つの要件をどちらもすり抜けてしまいました。
そのため、サメの胃液が反応しなかったものと推察されます。

…ついでに言うなら、こちらの資料では「サメ」ではなく「クジラ」となっています。

378 :さく・え/ななし:04/03/01 13:44 ID:???
ディズニーアニメ版では、船ごと飲み込まれて、船の中で暮らしてたような気がする。
これなら、船は消化しにくいのでなんとか助かってると理解できる。

379 :さく・え/ななし:04/03/01 22:24 ID:9/O9QMPJ
>>377
私の手元の資料では「フカ」になっています。
どうして、同じ作者の創作した童話なのに、こんなにゼペットじいさんを呑み込んだ主体に違いが出てきているのでしょうか?

380 :さく・え/ななし:04/03/01 22:49 ID:???
        ,.....--...、
       /::::::;;;;;;;;;_::ヽ
      i::::;r'     ヾ::!
      }::i゙ /   \::l
      ゙i:!. -   - !
      i6   _ i,   ! キタ━━━━━━ -   - ━━━━━━!!!!!
       ゙、 、ェェァ /
        iヽ、  ̄,.イ
     _,,,...i゙   ̄ !
   ,..-'" .:. `ヾ:, 、 , -゙ヾヽー、


381 :さく・え/ななし:04/03/02 23:54 ID:???
醜いアヒルの子 白鳥のヒナがアヒルの巣に混ざってしまったのは何故?

親指姫 ハッピーエンドなのは良いけど、最初に彼女を望んだ母親はどうなっちゃったの?

382 :さく・え/ななし:04/03/03 07:46 ID:GSzI8EPW
>>379
マジレスすると、翻訳や翻案の段階で翻訳者・翻案者が変えるからです。

強引に解釈すると、語るたびに細部が微妙に違うのは
ホラ吹きの話としてはよくあることです。


383 :さく・え/ななし:04/03/03 20:47 ID:???
>醜いアヒルの子 白鳥のヒナがアヒルの巣に混ざってしまったのは何故?
一部の鳥は、他の鳥の巣に卵を産んで育てさせる「託卵」を行います。
カッコウが託卵することはよく知られていますが、
例の白鳥の親もアヒルに託卵したのでしょう。

もともと託卵の習慣のある種だったとすると生物学的な新発見の可能性がありますが、
その後同様のケースが観察されていないところを見ると、単なる偶然だったのかも知れません。
残念です。

384 :さく・え/ななし:04/03/03 20:59 ID:qAth0kdq
>>381
>親指姫 ハッピーエンドなのは良いけど、最初に彼女を望んだ母親はどうなっちゃったの?

親指姫が結婚した噂を聞きつけ、今度は親指姫と花の王子様の間に生まれた子供をもらって育てることにしました。
そして、また、物語の冒頭へとループしていくのです…

そういえば、親指姫は成長が異常に早かったみたいですけど、どうしてそんなに早く大人に育ってしまったんでしょうか?


385 :さく・え/ななし:04/03/04 18:40 ID:zcIs+dMu
>>384
[象の時間とねずみの時間(多分。うら覚え)]
というのをご存知ですか?
身体の小さいものほど時間の進みははやく、大きいものは逆です。
親指姫は小さいですよね。
そういうことです。

386 :さく・え/ななし:04/03/05 07:45 ID:???
>親指姫 ハッピーエンドなのは良いけど、最初に彼女を望んだ母親はどうなっちゃったの?
子供はいつか親の手元を離れ巣立ってゆくものです。
寂しいことに変わりはありませんが、我が子の幸せを遠くから喜んでいるでしょう。

はっ、まじめに答えてしまった。

387 :さく・え/ななし:04/03/05 11:44 ID:cNcON1Q4
赤ずきんちゃんで 
おばあさんを おおかみがいるような危険な森に
たった一人きりで住ませているのはなぜ?

388 :さく・え/ななし:04/03/05 19:08 ID:???
>363
同じ嘘は二回つくなってことですよ、と嘘の達人が申しておられました。


はれときどきぶたから質問です。
日記に「豚が空から降ってくる」と書いて実際その通りになりましたが
なぜ豚? どうして豚を? すごうい発想です。気になります。

389 :さく・え/ななし:04/03/05 19:25 ID:???
>>387
高齢化問題の対策です。
高齢化社会の原因を「老人がいつまでも生きている」ことだと解釈した結果、
合法的・人道的に高齢者人口を減らすべく、敢えて危険の高い地域に移住させるのです。
日本の姥捨て山と同じ発想ですね。

高齢化問題と少子化問題は
「年寄りがいつまでも生きていて、新しい世代がなかなか増えない」
という意味で表裏一体のものですから、
わざわざ危険な所に住まわせているおばあさんに対して、
赤ずきんをお見舞いにやって若年人口を生存リスクに晒した母親の意図こそ
理不尽といえるでしょう。


390 :さく・え/ななし:04/03/06 01:11 ID:J8QQY4Ca
>>388
「豚もおだてりゃ木に登る」ということわざがあります。
もっとおだてれば、空にだって昇るのです。
でも、昇っても羽もないので、万有引力の法則で結局は地上に降ってくることになるのです。

つまり、あの話の豚たちはおだて上げられて空まで舞い上がった豚たちがたまたま、主人公が日記を書いてたのと時を同じくして、一斉に引力によって地上に引っ張られて降ってきたものなのです。

391 :さく・え/ななし:04/03/06 14:15 ID:???
鶴の恩返し 鶴はどうやって機織の材料を調達したの? 自分の羽? 




392 :さく・え/ななし:04/03/06 15:04 ID:???
>>391
近所の家から鶴が機織り機ごと盗んできました。
作品中では触れられていませんが、盗まれた家は収入の道が絶たれ
一家全員餓死したそうです。

393 :さく・え/ななし:04/03/06 19:13 ID:???
>>391
自分の羽。そうでなけりゃ、機を織るのにわざわざ鶴の姿に戻る必要ないだろ……と、マジレス。

394 :さく・え/ななし:04/03/06 19:21 ID:EnAEizP/
しかし、考えると、どうやって抜いた羽をそのまま加工もせずに布に織れるのか不思議です。
普通は機織りって紡いだ糸を織って布にするんですよね?

395 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/03/07 02:45 ID:???
>>394
昔は手芸店なんてありませんでしたから、
糸も全て自分たちで調達する必要があったわけです。
作品中では登場していませんが、おそらく「紡ぎ車」ぐらいはあったはず。
>>392の「機織り機強奪」の際、一緒にギって来たものと推察されます。

ちなみに、羽毛布団をお使いの方はご存知でしょうが、
鳥の羽毛は繊維が細かく、糸にするのは想像を絶する手間がかかったはず。
その分、出来上がった布地は織り目が滑らかになり、上等な布地とみなされます。
おそらく、絹織物なんぞ比べ物にならなかった事でしょう。
Made in 鶴の反物が高値で売れたのもむべ成るかな、です。

396 :さく・え/ななし:04/03/07 23:34 ID:Vg4UyqeS
>>395
へえ、そうだったんですか。
昔絵本で見た鶴の機織りの場面では鶴が自分の羽抜きながら同時に機を織ってましたが、
それだけでもずいぶん器用だと思いますが、更に抜いた羽を糸に紡ぐ作業まで同時にやるというのはどういうふうにやるのか、その光景が想像つきません。
どうぞ具体的に説明をよろしく。

397 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/03/08 01:24 ID:???
>>396
嘴:羽を抜く
右手:羽毛繊維をよりまとめて紡ぎ車にかける
右足:紡ぎ車を動かす
左手左足:機織り機を動かす
…制御のフローチャートを考えるのすら面倒な工程ですが、
ここまでやれば不可能ではないでしょう。

もっとも、全ての作業を同時に行っていると仮定すれば、
与兵がおつうの作業現場を目撃した際、そこに紡ぎ車がなければおかしいのですが、
作品中ではそのようなシーンはありません。
おそらく機織りと同時に羽を抜き、ある程度羽毛がたまったところで
奥に置いてある紡ぎ車を使って織糸生産を行う、
この繰り返しだったのではないかと推察されます。

398 :さく・え/ななし:04/03/08 10:11 ID:???
おじいさんとおばあさんor与ひょうが覗きたくなるくらいの大騒ぎだったんだろうな・・・

399 :さく・え/ななし:04/03/09 00:15 ID:???
そもそも浦島太郎の亀は地上に何をしに来ていたのですか?

400 :さく・え/ななし:04/03/09 00:17 ID:eOpGr23D
>>398
ブチブチッ(羽を抜く音)、カラカラカラカラ(糸車を回す音)、ギコバタトントン(機を織る音)

こんな感じでしょうかね?

401 :さく・え/ななし:04/03/09 00:56 ID:eOpGr23D
>>399
地上の人間を言葉巧みに竜宮城へと拉致する工作員でした。
勿論、いじめていた子供達は亀に買収された協力者です。
浦島太郎はまんまと彼等の芝居にひっかかってしまったカモなわけです。

402 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/03/09 22:09 ID:???
>>399
実は乙姫、数百年に一度の発情期でした。
そこで地上の若者を誰かしらみつくろって竜宮城へ連行、
婿として迎え入れる計画があったのです。
そして乙姫の希望「誠実なひとキボンヌ♪」を叶えるため、
あえてカメ虐待の現場を演出し、ターゲットを待ち構えていたのです。
カメを助けただけであれだけのもてなしとは随分不自然な展開であり、
また娯楽の悲惨な時代とはいえ、クソまぢめな浦島が何十日も
竜宮城で享楽的な生活を送るというのも随分無理のある設定だったわけですが、
「実は乙姫の種馬役だった」と仮定すれば全ての説明はつきます。

そして、なぜ浦島はヂヂィにされてしまったのか。
おそらく乙姫は、浦島が地上で子供を作り、
竜宮王室と地上の浦島家で跡目争いが起きることを憂慮したのでしょう。
本来は去勢してしまいたかったのですが、それをやってしまうと
ホルモンバランスの関係で浦島が少なからず女性化してしまう危険があります。
(男性の体内でもわずかに女性ホルモンが産出され、頭髪などに作用しています。
 これが男性ホルモンのない状態になると、わずかな女性ホルモンに身体全体が作用してしまい、
 乳房や臀部の肥大化、肌質変化などの女性化兆候が起きる事があります。
 昔は結構この手の現象に端を発する変身譚が多かったようで、
 現在でも年に数例ほど学術事例が報告されています。)
漁師と言う仕事はかなりの肉体労働なので、これはいくらなんでもマズい。
そこで一気に老化させ、性欲そのものを奪おうと画策したと推察されます。

403 :さく・え/ななし:04/03/10 00:24 ID:7tZn7t2g
>>402
一気にじじいになったら漁師の肉体労働に耐えられないのは同じなのでは?
むしろ、女性化した方が海女になるとか、まだ漁村で生きていく道は開けたのではないでしょうか?

404 :さく・え/ななし:04/03/10 02:15 ID:???
精を吸い尽くされて爺化したんかな。
乙姫様ってば激しい・・・

405 :さく・え/ななし:04/03/10 23:41 ID:uUtee/e9
イソップの「アリとキリギリス」はギリシャ・ラテン語の原典では「アリとセミ」になっていて、冬、助けを求めに来たセミにアリは「夏の間歌ってたなら、冬はおどっていな」と突き放して助けてやりません。
それが「キリギリス」になると、親切に家の中に招き入れ、冬の間、食と住を提供しています。
なんで、セミとキリギリスではこうもアリの態度が違うのでしょうか。
強引な解釈でお願いします。


406 :さく・え/ななし:04/03/10 23:48 ID:???
問 浦島太郎は玉手箱をあけたらナゼお爺さんになってしまったのでしょう?
           ↓
       「男の人だったから」

なんてとんちクイズが昔 ありました。どうでもいいことだけど。

407 :さく・え/ななし:04/03/11 07:30 ID:???
>>405
アリとセミとキリギリスのうち、
アリとキリギリスは地上で暮らしていますが
セミだけは空を飛び、木の上で暮らしています。

アリが本当に許せなかったのは、
セミやキリギリスが夏の間歌ってばかりいたことではなく、
セミが空を飛ぶことでした。
同じ虫の仲間であっても、空に生きるものと地を這うものの間の確執は
かくも根深いのです。

408 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/03/12 00:35 ID:???
>>403
「指南役」として重宝される可能性が大いにあります。
確か、姥捨山制度は既に廃止されていたはずなので。
ちなみに、海女は結構地域限定だったりします。
地方によっては「女は準備や炊き出し含めて、一切漁に関わるな」と
現代ならセクハラもんの掟もあったようですから。

>>405
セミとキリギリスの鳴き方の差であったと考えられます。
セミは夏の間、真昼間からジーコジーコとうるさい事この上なし。
一方のキリギリスは鳴き音も控えめで、しかも夕方から夜にかけてだったので
労働に疲れたアリにとっては、妬ましい存在でありながらも
一服の清涼剤として機能していた事でしょう。
そこへ持ってきて、セミはところかまわず「糞尿」をひっかけます。
これが、アリに何らかのダメージを与えた可能性もあります。

409 :さく・え/ななし:04/03/12 01:41 ID:???
>>402 の方々に質問です。浦島太郎は竜宮城にいた間は何を食べていたのですか?

海草とかでは、元気が出そうに無いし、魚類ではストライキが起こりそうだし、
プランクトンでは論外です。

410 :さく・え/ななし:04/03/12 07:16 ID:???
>>409
「サルの肝」とか「クラゲに骨がないわけ」とかいうタイトルの昔話として
現代にも語り継がれている事実ですが、
竜宮城では、ときどき地上の動物を捕獲・誘拐して
医薬品にしようとしていたことが分かっています。

先に挙げた伝承では、竜宮城は地上生物の捕獲に失敗していますが、
同じような方法で捕獲に成功した獣を、浦島太郎の食用に供したことは
想像に難くありません。

実は浦島太郎こそが「捕獲された地上生物」なんだったりしてね。

411 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/03/12 20:09 ID:???
>>409
>プランクトンでは論外です
プランクトンを加工した合成食品の可能性があります。
舌の肥えた現代日本人には噴飯ものの味でしょうが、
食糧事情の悲惨だった室町〜江戸初期にかけての人間にとっては
この世の物とは思えぬ珍味になり得ます。

>魚類ではストライキが起こりそうだし
ストライキとは「資本家と労働者が対等な関係」にある事が前提です。
そもそも「人権」という概念自体、ここ200年ぐらいに醸造されたものであり、
それ以前は「身分制があるのが当たり前」
「庶民は国家の消耗品であるのが当たり前」な世界がほとんどでした。
なので「庶魚は竜宮城で食料になるのが当たり前」な価値観であったとしても
当時としてはさしたる不思議はないわけです。
それを現代の価値観で非人道的と断罪するのは、ちと早計でしょう。

もっとも昨今は「昔はそれが当たり前だった」と称して、既に滅んだはずの価値観を
現代に持って来ようとする小林某のような輩もいるので油断が出来ませんが。

412 :さく・え/ななし:04/03/12 22:56 ID:???
皆さんありがとうございます。もう一つ質問してよいでしょうか?

6あたりにも出ていますが、桃太郎が犬と猿を傭兵として雇ったのはまあ、わからないでもないですが、
なぜキジを雇ったのでしょう?「キジも鳴かずば撃たるまい」などど言われるアホなキジですよ?
鷲あたりのほうがよさそうなんですが?

413 :さく・え/ななし:04/03/13 00:14 ID:tDPvcOvn
>>412
あれはハナから正規の戦力としてではなく、捨て石のおとりとして連れて行ったのです。
あほなキジを鬼達がやっつけている間にその隙を狙って鬼の砦の本拠地を落として、宝物をぶんどってずらかろうという一種の陽動作戦ですね。

414 :さく・え/ななし:04/03/13 00:37 ID:???
>>412
「キジも鳴かずば撃たれまい」
このセリフは、自分の失言で父親を人柱にされてしまった少女がキジと自分を重ね合わせての言葉で、
決してキジがアホだったわけでは・・・・・・  なんてここでマジレスしてもなぁ・・・・・・

鷲よりキジのほうが遭遇率高かったから。よく地面歩いてるし。

415 :さく・え/ななし:04/03/13 01:36 ID:XWTqwI2E
>>412
もう一つの理由としては、桃太郎は「日本一のきび団子」とか、日の丸の鉢巻きとかやたらと「日本」にこだわりを持っています。
それで、縁起担ぎに日本の国鳥であるキジを連れて行ったことが考えられます。

416 :さく・え/ななし:04/03/13 22:52 ID:F7BaPFJu
昔話の「おいてけぼり」について教えて下さい。
勝手に堀の魚を捕った男が「おいてけー」という堀からの声を聞いて逃げ出すところまでは話の展開として解りますが、そのあと、なんどものっぺらぼうに脅かされる展開がよく分かりません。
なんでのっぺらぼう?「おいてけー」の怪とどういう関係があるのでしょうか?


417 :さく・え/ななし:04/03/14 11:04 ID:???
>>416
http://www5.ocn.ne.jp/~tougen/culumn/rakugo/raku012.html

「不幸な事故でひどい顔になった」ことのメタファーかね。

418 :さく・え/ななし:04/03/15 01:08 ID:wio1FSgh
「ローレライ」の魔女はその美声で船人をおびき寄せては舟もろともに沈めていたそうですが、なんのためにそんなことをやっていたのでしょうか?
自分のテリトリーが船のスクラップ廃材や水死体で汚染されるだけで、なんの得にもならないと思うのですが。

419 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/03/15 22:46 ID:???
>>418
船舶廃材で水中に家を作り、
船に積んであった食料で当座の飢えをしのぎ、
水死体で魚の養殖を行っていたものと推察されます。

えらく効率の悪い方法ですが、
中世の魔女にはそのような生き方しか許されなかったのです。
つい数十年前まで、インドにも「片腕を切り落として乞食化する」事が
生まれながらに規定されていた人々がいました。

420 :さく・え/ななし:04/03/15 23:33 ID:h8O5sAfl
>>419
なるほどね。
しかし、よく考えると、美声で船人をたぶらかすしか取り柄も生きていく能力もないんじゃ、「魔女」とは言えないんじゃないでしょうか。
どうせなら、人間の社会に紛れ込んで、美声でお金持ちでもたぶらかして妾にでもなったほうがずっと楽な生き方だと思うんですがそんなこと彼女は考えなかったんでしょうか?

421 :さく・え/ななし:04/03/16 16:39 ID:???
>>420

残念な事に魔女の間でも身分による差別の問題は、深刻であり、
海に住んでいる魔女が陸上でそのような事をしていた事が発覚しようものなら、
それはそれは恐ろしい刑罰が待っていたといいます。


「金の斧」の泉の精霊は、自分の噂が広まり、わざと斧を落とし、わざと正直に振舞う
欲張り者が増えてしまう危険性は考えていなかったのでしょうか?

422 :さく・え/ななし:04/03/16 20:06 ID:???
>>421
何しろ相手は精霊ですから
>わざと斧を落とし、わざと正直に振舞う欲張り者
はたちまちその本心を見抜かれてしまうでしょう。
そして相手は精霊ですから、
偽りの正直者に対しては斧を脳天に向けて返す
くらいのことはやりかねません。

欲張り者が脳天カチ割られて淘汰されるので
結果としてはハッピーエンドです。問題ありません。

423 :さく・え/ななし:04/03/17 00:18 ID:hvmKdMTb
>>422
そもそも、泉の精は何のために、そんなことをやっていたのでしょうか?
単に自分の斧を正直に申告しただけのご褒美としては金の斧は高価すぎると思うのですが。

424 :さく・え/ななし:04/03/17 01:48 ID:???
正直者で働き者のきこりを堕落させようとする泉の精の罠です。
高価すぎるご褒美があれば以後まじめにコツコツ働くのは
馬鹿馬鹿しくなってしまうでしょうが、それこそが泉の精の狙いだったのです。
再び…おそらくは意図的に…きこりが泉に斧を落とすとき、
>>422 のようにしてその魂を奪う気なのでしょう。

童謡「まちぼうけ」でおなじみの守株の愚を意図的に起こさせようとする
悪魔的な誘いなのです。

425 :さく・え/ななし:04/03/17 23:34 ID:pcOLUkIP
童謡、で思い出しましたが、「まりと殿様」という童謡は、

てん、てん手まりが紀州の殿様の大名行列のところまで転がっていって、
殿様の国に連れていって蜜柑山を見せてくれるようにたのみ、
最後、殿様に抱かれて旅をして紀州で赤い蜜柑になったげな、

という内容ですが、ただの手まりが口をきいて大名行列中のお殿様に図々しくも頼み事をし、
しかも蜜柑という植物の果実に変わってしまうというのは理不尽すぎると思います。
どうして、このような現象が起きえたのでしょうか?


426 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/03/17 23:55 ID:???
>>425
聖書の解読に「死海文書」が必要なように、この童謡にも何らかのウラ文書がなのでしょう。
つまり、何か別の出来事が童謡の形で隠蔽されている、と見るべきなのです。
(例えば聖書で言うところの「実の成らないイチジクをジーザスが枯れさせた」のような。)

ここからは私の仮説です。
「手毬」は「まり」という名の絶世の美幼女。
「紀州の殿様」は「まり」を見初め、自分の養女として拉致したのです。
紀州と言えば徳川御三家の一つで、将軍家にまつわる壮絶な跡目争いの当事者でした。
「殿様」は紀州徳川家の跡継ぎが出来ない事に焦りを覚え、
自分の血筋を残す事に血眼になっていました。
そこに「まり」が現れ、思わず養女欲しい欲しい病に捕り憑かれてしまったのでしょう。

この「殿様」、恐らく紀州徳川家5代目の徳川頼方ではないかと推察されます。
2代目の光貞は綱教、頼職、頼方の3男をもうけますが、どういうわけかこの3人に子ができず、
光貞の死後、綱教、頼職、頼方と兄弟相続が行われてきました。
しかし、頼方の後には誰もおらず、まさに紀州徳川家絶滅の危機だったわけです。

さて、「まり」を養女に据えた頼方ですが、江戸の本家で家継が死去、血筋が絶えてしまいます。
止むを得ず頼方が将軍家を継ぐことになったわけですが、ここで問題になるのが「まり」の存在。
将軍の娘がどこの馬の骨とも分からぬ村娘ではシャレになりませんし、
かと言って拉致同然に連れてきた娘をおいそれと帰す訳にも行きません。
止むを得ず頼方は「まり」を含む関係者の口を封じ、供養として蜜柑の木を植えたのです。

徳川頼方(後の8代将軍吉宗)の出世の裏には、こんな悲しい犠牲があったのでした。
ttp://www2.harimaya.com/aoi/kodomo.html

427 :さく・え/ななし:04/03/19 00:35 ID:Gft4vFj1
>>426
「まり」が女の子の名前ってとこで笑っちゃったけど、結末は怖いお話ですね。

ところで、イソップの「ウサギと亀」の話ですが、確か、あの話の中で駆け比べを提案したのは亀だったと思います。
普通、ウサギが途中で休んだりしなければ、どう考えても亀に勝ち目はないはずですが、なんで、完全に不利な競争を亀は自ら持ちかけたのでしょうか?

428 :揚げ足コレクター ◆mUxmZNMMNo :04/03/20 01:11 ID:???
>>427
なぜ日本は負けると分かっていてアメリカに宣戦布告したのでしょう?
それと同じ事かと。

429 :さく・え/ななし:04/03/20 08:28 ID:???
亀はレース前に兎に一服盛ってたんです。
確かに純粋なスピード勝負なら勝ち目はありませんでしたが、
油断しがちな敵の性格を分析し、事前に計略を巡らせることで
戦略的に勝利をおさめたというわけです。

430 :さく・え/ななし:04/03/21 01:18 ID:gIJzxzDQ
>>428
勝負を仕掛けた理由が日本と同じだとすると、日本は自国とアメリカの国力の違いを正確に把握せず、勝てると思って戦争仕掛けたわけですから、
亀もウサギに勝てるほど自分の足が速い(あるいはウサギの足が遅い)と思ってた身の程知らずなわけですね。

429の説とは逆に間抜けな極楽とんぼの性格ですね。
どっちの説もそれなりに納得できてどっちが正しいのか判定しかねますが。


431 :さく・え/ななし:04/03/21 23:17 ID:oUvbmEQo
さるかに合戦なんですが、
なぜ猿はあれほどまでにおにぎりを欲しがったのですか?
おにぎりと蟹があったら普通、蟹を食べると思うのですが…

432 :さく・え/ななし:04/03/21 23:25 ID:CuIuofnP
>>431
あの話の蟹はズワイガニとかタラバガニとかの高級な蟹でなくて、田舎のその辺の川に生息している沢ガニです。
食い出もなければ、味もそれほどでもなく、寄生虫のいる恐れさえあります。
そんな蟹一匹食べるよりはおにぎり選んだ方がずっと賢明というものです。

433 :さく・え/ななし:04/03/22 20:34 ID:???
>>431
言葉の通じる相手を殺害するのは単なる殺人犯ですが、
言葉の通じる相手を食べちゃうのは猟奇殺人犯です。
いかに暴虐なサルとはいえ、コミュニケーションの取れる相手を食べちゃうほど
悪逆非道ではなかったということです。

434 :さく・え/ななし:04/03/23 00:22 ID:cKwtsy/e
さるかに合戦といえば、蟹の子供が味方に集めた連中は、普通だったらとても戦力になりそうもない顔ぶれですが、何でもっと強そうな犬とか、ワシとか、オオカミとかに加勢を頼まなかったのでしょうか?

435 :さく・え/ななし:04/03/23 10:09 ID:0CE0z33U
>>434
そんな強い相手はカニの言う事なんか聞いてくれません。
無生物や、蜂辺りがギリギリのラインでした。

141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)