2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

トラウマになった本をageてみようか

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/02 01:49 ID:/6gU1XZZ
おしいれのぼうけん。
幼稚園の先生が悪魔に見えた。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/02 01:51 ID:/6gU1XZZ
似た名前のスレがありますが、こっちは総合スレということで。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/02 06:16 ID:ZnZ0C8dk
早乙女勝元「アウシュビッツからの手紙」しかも実話。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/02 11:06 ID:p4pa+YaK
ぴかぴかのぎろちょん(涙

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/02 15:18 ID:5kwy0/Zp
「めっきらもっきらどおんどん」
って誰か知ってるかなぁ?

6 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/02 23:21 ID:ZnZ0C8dk
こどものとも?>5

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 04:39 ID:mFcvdy8O
せなけいこさんの「ねないこ だれだ」ってのが怖かった。
特に絵が。
あのお化け、やばすぎる。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 06:24 ID:OLEfylVO
当方29歳なんですけど、小学校低学年のとき

「日本のこわい話」「日本のかなしい話」「日本のおかしい話」

とかいうタイトルシリーズの本を愛読しておったわけですよ。
(たしか「世界の〜」シリーズもあった)

その本の折り返し、表紙をめくってすぐのところに、
藍色の地に白で絵がかいてあるんだけど
山脈にリアルな目玉がふたつついてるというすごい不気味な絵で
たまらんかった。

何社の何シリーズかわかる人います?

10 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 09:31 ID:/njA8DvZ
「ぱっくんおおかみ」のシリーズ(もしくは絵の人が同じ)だったと思うんだけど、
怪獣に対抗するため、森の動物達が組体操みたく合体して怪獣に変装する。
怪獣は追い払えたものの、元に戻れず、今度は自分達が怪獣になってしまう。
という話。
元に戻れないってそんな・・・

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 10:55 ID:OLEfylVO
>>9
たぶん偕成社。
「日本のお化け話」「日本の美しい話」「日本のおどけ話」
「日本の心を打つ話」「日本の怪ぶつ話」「日本のほらふき話」
など他多数。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 14:17 ID:KzSSowZL
>9
自分は「世界のこわい話」の「青ひげ」がトラウマになりました。
確か殺された奥さんたちの死体がぶらさがってる挿絵があったような・・・
このシリーズ、挿絵が容赦無かった記憶があります。

「ウンディーネ」は「美しい話」、「悲しい話」のどっちか忘れたけど
恐い話として記憶に残ってる。
蓋をしてた泉からウンディーネが水飛沫と共に現れる場面にガクブル。
恐い中にもすごく悲しくて、今でも岩波文庫で持ってます。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 14:22 ID:OIqN67V1
今後かぎりなくガイシュツするであろう
「ゴセシケ」

15 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 15:55 ID:U69baHeO
怪奇ミステリー

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 19:57 ID:kUvOOdXz
絵本だけど、「片足だちょうのエルフ」だな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 20:06 ID:LMcqjndo
「どべ猫メチャラムニュ」だな。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 21:49 ID:Dz8SE0gv
キャサリン・ストー「マリアンヌの夢」
描いた絵が夢に現れる話。よいものでもわるいものでもすべて。

なにが怖かったかって
主人公の女の子が冒頭いきなり病気になるところ。
しかもなんの病気かはあきらかにされないし。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4001140950/ref%3Dpd%5Fsim%5Fdp%5F3/250-4193525-5868233

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/04 22:11 ID:zSL2TgOx
「蜘蛛男」
石膏を塗った人間の死体の腕、マネキンにされた死体、水槽の死体など
「なおみ」:こどものとも。確か文章が谷川俊太郎
写真絵本。日本人形を「なおみ」と呼んでいるが、おそらく比喩的なもの。
白黒の民家の写真、日本人形の怪談を彷佛とさせる雰囲気。
話の内容も「なおみ」が熱を出して死んだりしていたと思う。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/04 23:48 ID:wJ7xeFTA
「石碑(いしぶみ)」
児童向けの原爆関連の本。
亡くなった中学生の写真付きで「○○中学校の○○君は○○で亡くなりました」などと書かれていてとても怖かった。
でもとても勉強になる本です。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 00:22 ID:2HJaTvYr
絵本の「あらしのよるに」最終巻…立ち読みで泣いちゃって
本屋を走って出たよ。大人になってからだけど。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 00:31 ID:SeTcWE8z
「火の雨が降る」っていう本。
元は戦争物のアニメ映画なんですが
原爆投下前→投下後の様子がリアルに描かれてて怖い。

・・・というか戦争物はみんなトラウマに陥りやすい気が。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 00:40 ID:+QA/Ba5R
「人形の家」のマーチペンの挿絵。
最近読んだのだけど、かなり怖くて夢にまで出てきた。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 01:15 ID:G4FKlW1y
>>4
きゅうりをギロチンに掛けるんだっけ?>ぎろちょん

「ビビを見た!」←「ぴかぴかのぎろちょん」と同レベルでトラウマ。
“たくさんの 目がほしい・・・”の部分は挿絵も含めて忘れられない。

「ビビを見た!(←!は、無かったかも。)」大海 赫(多分、『かく』と読む)・作
「ぴかぴかのぎろちょん」佐野 美津男・作
──それと、記憶違いでなければ挿絵は両方とも「中村 宏」氏。
かぎ括弧ばかりで失礼しました〜。

26 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 01:37 ID:G4FKlW1y
>>25
【訂正】大海 赫(おおうみ あかし)でした。

28 :後頭部が薄い後藤田さん ◆ALJFUclAgI :03/05/05 22:08 ID:ULaGnr7E
「そしてトンキーも死んだ」
戦中の上野動物園の実話。

29 ::03/05/05 22:19 ID:cJjywG1/
「さむらいの子」。内容はほとんど憶えてないんだけど
乞食っぽい女の子が出てくる話。
汚い格好してると母に「さむらいの子」になるよって
よく言われてた。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 22:41 ID:LuKhJHV0
「赤毛のポチ」でない?>29

31 ::03/05/05 22:57 ID:cJjywG1/
>30
ううん・・・タイトルは「さむらいの子」だったよ。
昭和45年前後の児童書で、「ミヨシ」って名前の女の子が
さむらいの子って呼ばれてた。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 23:05 ID:LuKhJHV0
サムライには住む家があるんだけど、
さらにその下にホームレスのノブシがいるという話では?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 23:22 ID:LuKhJHV0
ぐぐってみた。「赤毛のポチ」と「サムライの子」
どちらも作者が同じ山中恒で混同していたらしい。

34 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

35 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 02:33 ID:Z8/sLHvd
>>1
おしいれのぼうけん懐かスィ!
漏れもトラウマになってるよ。こんなところで同類に会うとは思わなかった。
なんか、オレンジと黒を基調とした表紙も怖かった。影絵風というか。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 03:18 ID:yXCqUurV
「ろうそくと人魚」!
よく着物売り場とかに絵や色のついたろうそくが売ってるけど(彼岸用?)
あれ見るたびに思い出してショボーン・・・

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 15:19 ID:UxSbylmp
「あくまびんニココーラ」話を忘れたけど不気味だった記憶が
児童書ってたまにしょっぱい話があるけどなぜ?大人の愚痴なのか?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/08 01:16 ID:l2S+S6Im
メルシーン デモゴルゴン フォスファー って、グリーンノウの魔女だったっけか。
怖かったよ

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/08 22:12 ID:W2MdZ91y
松谷みよこ「ふたりのイーダ」
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062611554/250-4193525-5868233
最初映画でみてあとで本を読んだ。
椅子が…可哀想すぎる。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/08 22:14 ID:W2MdZ91y
松谷みよこ→松谷みよ子でした。ゴメンなさい。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/08 22:50 ID:oxSBfNm7
>>37
思えば「香具師」という言葉に初めてふれた本であった・・

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/09 18:19 ID:dzOhwafC
アルヴィン・シュヴァルツ
「誰かが墓地からやってくる」「死んだ男の手首」

絵が・・・

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/12 09:50 ID:V8du7UGW
age

45 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

46 :なまえ_____かえす日:03/05/13 19:45 ID:XUjCJ7YG
ネタバレはメール欄に書きました。未読の方はご注意下さい。

わたしは『ひげよさらば』です。
リーダーのための参考になる本という書評を信じて借りたのに…。


47 :なまえ_____かえす日:03/05/14 01:46 ID:bHYsaxCJ
>>46
あれはひでえ話じゃった・・・。・゚・(ノд`)・゚・。
でも私の中では最高傑作です♪
あれって学生運動の隠喩の話でしょ?
大人になってから読み返して気付いたんだけど。


48 :なまえ_____かえす日:03/05/14 09:48 ID:a4Q1VWX+
タイトル忘れたが
ある売れないケーキ屋に妖精みたいな奴が来て
そいつのうんこをケーキに混ぜてそれが馬鹿売れするって話があった

それ以来ケーキが食べれません

49 :なまえ_____かえす日:03/05/14 13:53 ID:ZGlg5Nq7
>>48
な・・・なんだそれ。
激しく読みたくなったぞ。

50 :なまえ_____かえす日:03/05/14 16:25 ID:p4BPb0b5
ピーター・パン、折れを変態にしたのはあの本だ。
ディズニーなんて生っちょろくて見てらんねーぜ。

ttp://www.ne.jp/asahi/zukidon/haruka/zukizukidouwa/peter.html

51 :なまえ_____かえす日:03/05/15 00:29 ID:NHswDida
天沢退二郎の作品,とくにオレンジ党シリーズ,とにかく
暗い暗い暗すぎ。読んだ後吐きたくなるくらい気持ち悪かった。

52 :なまえ_____かえす日:03/05/15 00:31 ID:JIlTbuyS
闇の中のオレンジは子どもにはキツイよな、確かに。

53 :ビビ:03/05/15 18:46 ID:z4TuZCGZ
>>25
>>27

「ビビを見た!」のファンならここ↓で投票して!
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=1571
まじで、もう一回読みたい。

既出かもしれないけど、上のURLは絶版になった本の
復刊をやってるページ。興味あったら見てみて。
ちなみに私は業者ではないよ。


54 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

55 :なまえ_____かえす日:03/05/15 23:26 ID:5LIkvNw8
ぼくはお城の王様だ、とかいう題名のやつ。海外作品。
あんな話二度と読みたくねーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

56 :なまえ_____かえす日:03/05/16 15:49 ID:vra1UWTH
わたしも「ぴかぴかのぎろちょん」に一票。
何かわからないものが攻めてきているというシュチュエーションが
幼心に印象的だったらしく、よく夢でうなされました。
一度しか読んでないのに、○十年たった今でも覚えてるもんなー。


57 :なまえ_____かえす日:03/05/17 00:58 ID:8uiBdrFq
ナオミの秘密
すごく暗い。
面白いんだけど最後まで救いなし。

58 :なまえ_____かえす日:03/05/18 16:52 ID:/Xe6OjCA
>>53の復刊ドットコム見た
リストにぴかぴかのぎろちょんはないみたいだけど
現在読めるのかなあ
でもあの本って奈良 美智っぽいイラストあっての面白さだったって
気がするから完全復刻じゃないと意味なさぽ

59 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

60 :なまえ_____かえす日:03/05/19 00:04 ID:EoqA9J6i
>58
ttp://www.fukkan.com/vote.php3?no=1364


61 :なまえ_____かえす日:03/05/19 23:31 ID:6dDBg5KL
『いやいやえん』 なんか怖かったーー

62 :なまえ_____かえす日:03/05/20 08:18 ID:Z5LCIEif
>>61
『いやいやえん』は恐かった!
中でも恐かったのは一番最後のいやいやえん。
時間になるまで開かない扉とか、動き出すおもちゃとか、もうあの園長
の婆さんは魔女かと子供心に思った。

63 :なまえ_____かえす日:03/05/20 23:28 ID:nPTswAnP
題名は忘れたけど、
朝起きたら自分以外の人間(生きもの)が誰も居なくなってる
っていう内容の絵本が怖かった。

64 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

65 :なまえ_____かえす日:03/05/21 02:10 ID:GcZUw1+C
>>60
トンクス
ぴかぴかのぎろちょん

ビビをみた
に投票しときました

66 :なまえ_____かえす日:03/05/21 13:19 ID:n3wXXGBx
「はずかしがりやのおつきさん」
こんなおそくまで起きているのはだれだ〜!!と言われるだけなのに、
どきどきしながら読んだ記憶がある。怖かったのはイラストの効果かな。

児童書じゃないけれど、「はだしのゲン」も怖かった・・
たぶん米兵が日本兵にだったと思うんだけど、拷問している様子を
ゲンと仲間が見ていて、「拷問に慣れておかないと死んでしまうぞ!」
と思った彼らがお互いに棒で殴り合ったりする場面。血や痛みなどが
生々しく描かれていて、すごい強烈だったよ。

67 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

68 :山崎渉:03/05/22 02:13 ID:bJRUcivp
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

69 :なまえ_____かえす日:03/05/22 22:12 ID:g680W7yr
「のらねこムチャラの黒い夢」
のらねこムチャラと恋人猫が、うっかり人間が埋めた
核シェルターに閉じ込められると、
なぜか本当に核戦争が始まり、最後には2匹供…
(でも核戦争自体ムチャラの夢で、恋人猫が適当にボタン押したら出られた)
核シェルター内で戦争用の放送が延々とテレビから流れるんだけど、
本当に核戦争開始と知った時のアナウンサーの驚愕と慌てっぷりと
恐怖におののく姿は未だに背筋がゾクッとする。

イラストが可愛かっただけに
夏休み前に適当に借りた本にこんなショックを受けるとは思わなかったよ。

70 :なまえ_____かえす日:03/05/24 10:32 ID:uD8WyJa9
「注文の多い料理店」の絵本。
ほかのどんな絵本も大丈夫だったけど、これだけは本当に怖かった。

71 :なまえ_____かえす日:03/05/24 15:24 ID:yc0ZdbAr
絵本だけど「ひとりぼっちのおるすばん」
だったかな?
郵便屋さんの目怖すぎ。お前ストーカーかと。

72 :山崎渉:03/05/28 17:07 ID:QBu1S6cB
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

73 :なまえ_____かえす日:03/05/31 15:39 ID:EACAta3v
パンを踏んだむすめ
パンを踏んだむすめ
パンを踏んだむすめ
地獄に〜落〜ち〜た〜♪


74 :なまえ_____かえす日:03/05/31 17:10 ID:dRMwapgk
『魔法を売る店』
暇つぶしに自分の鼻をどんどん伸ばして遊ぶ青年店員。
血を吸うランの花・・いまだに私は怖くって蘭の花を見るのもイヤ〜。完全にトラウマ。
物語も挿絵も奇妙で不気味。みんな瞳孔が開いてる・・開いてる。


75 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

76 :なまえ_____かえす日:03/05/31 18:25 ID:fmYTC289
>>71
「はじめてのおるすばん(しみずみちを作)」ですね。うちにあります。
でも漏れは恐いとは思いませんでした。ハッピーエンドだったし。

77 :なまえ_____かえす日:03/05/31 20:54 ID:KRZKhuGX
復刊.com、ビビをみたの投票は割とひんぱんにあるみたいだけど
ぴかぴかのぎろちょんは少ないね。こっちの方が好きなんだけど。
ブタがビラをくばる時って話も結構シュールな話だったな
トラウマまでは行かないけど

78 :なまえ_____かえす日:03/05/31 22:29 ID:Al76MCEH
>>74
「魔法を売る店」面白そうだなー

探してみよう

79 :なまえ_____かえす日:03/06/04 01:45 ID:cgjS7/Uw
「おとうさんがいっぱい」っていう短編集。
主人公の男の子がことごとくすごいシュールな危機にさらされ、
(家に帰れなくなったり、家からでられなくなったり、壁におとうさんが
埋め込まれたり・・・)
てんやわんやの末、事態は解決せずさらに悪化しておわるという・・・

特に家から出れないやつは自分がこうなったらどうしようと
本気で考えこんだ。マジコワイ。

80 :なまえ_____かえす日:03/06/04 08:39 ID:gOyoXL0d
「三丁目が戦争です」だったかな…
後半は、どんどん取り返しがつかなくなっていくし、残酷だし…

81 :とてた:03/06/04 21:07 ID:Z1x61I3y
>>80
筒井康隆のですね。
団地と地元の抗争…。

82 :なまえ_____かえす日:03/06/05 00:19 ID:f1w2qlfw
>>76
その書名を見て一瞬取り乱した私は、この板に居てはいけない存在のようだ。

83 :なまえ_____かえす日:03/06/05 10:24 ID:KXE8wdwx
アンデルセンの赤い靴。
足切るなよ・・・・

84 :なまえ_____かえす日:03/06/05 23:56 ID:/HYJxlyT
「ぼくの地震絵日記」
ライフラインが全部だめになって、伝染病が蔓延し
主人公の周りの人が死ぬのもショックだったけど
祖母が浴槽にためておいた水を大事に使う、というのが
なんか印象に残ってる。
何気なく学校で借りた本が、こんなに怖いとは。
でももう一度読みたい…


85 :なまえ_____かえす日:03/06/06 12:35 ID:Fxd3NGq1
一般書じゃないんだけど、小学生の頃長崎市に住んでて、8月9日になると
学校で小学生向き「原爆読本」つてのが配られてた。
それがもうキモくてキモくて...。
毎年これを読むとうなされるとわかっているのに活字中毒者としては読まずにいられなかった。
思い出しても怖くて眠れなくなります。実話だしね。


86 :なまえ_____かえす日:03/06/06 14:51 ID:Zt/dp7Yo
はだしのゲン。
絵がキモイ。小学生の時激しく吐き気を覚えた。

ぅぉぇっぷ
           〃⌒ ヽフ
          /   rノ   
         Ο Ο_);:゚。o;:,. 

87 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

88 :なまえ_____かえす日:03/06/10 22:54 ID:x+O1yZYS
「ぼくのまっかな丸木舟」

小学校の図書室で、「異常に怖い本」として浮いた存在の一冊だった。
話の内容も怖かったけど、挿絵も怖かった・・・。

89 :なまえ_____かえす日:03/06/11 00:05 ID:HYpJW9lT
「銀の糸あみもの店」
よく考えるとアテナとアラクネのモチーフなんだろうけどなんか怖かった。

後なぜかうちにあった
江戸川乱歩の「呪いの指紋」は怖かった。おどろおどろしくて救いがなくて。
小林君も明智先生もいないと誰も謎を的確に解きやしねぇ…。

大きくなって腐女子になったあと読んだ「孤島の鬼」は違う意味で激しく怖かったわけだが(スレ違い)。
暗闇で自分のことを好きな変態(そう言ってしまうとかわいそうだが)と二人っきりになったとき、
何があったか語ってくれないんだよ主人公…何があったのよ…。


90 :なまえ_____かえす日:03/06/15 13:37 ID:IPQPziYO
かぎばあさんシリーズ。
俺かぎっ子だったから・・・・・・・

91 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

92 :徳ちゃん:03/06/15 14:30 ID:vpIfy1iZ
これ、子供に読ませたいんですよね、大きくなったら
「積極的考え方の力 」(ノーマン・ビンセント・ピール)

http://www.fukkan.com/vote.php3?no=14787



93 :なまえ_____かえす日:03/06/15 18:41 ID:b7LBZI8R
>>92子供にトラウマ植え付けたいとはひどい親だな(藁

94 :なまえ_____かえす日:03/06/16 20:41 ID:W+wQGKb8
『地べたっこさま』。最強にトラウマ。
普通のほのぼの民話集だと思ってたら、とんでもなかった…
土俗的な、でも現代人にも通じる人間の残酷さとかが本当に怖くて欝。
普通の話ならハッピーエンドが待ってるはずの正直で優しい登場人物ほど
報われず、虐げられるという展開に価値観がひっくりかえる程の思いだった。
でもこれ、いつか子供ができたら読んでおいてほしいなあ…。

95 :なまえ_____かえす日:03/06/22 00:00 ID:iJlm8QOt
『神かくしの八月』表紙が激コワ。
戦時中の田舎の少年と、疎開してきた少女の話だったような。
中盤から何故か兵隊二人と山に潜む・・んだけど
結局少年一人だけが里にもどってきて終わり。
ラスト、兵隊と少女の結末が「小さく」新聞に載ってるのがすっげー鬱・・・

96 :なまえ_____かえす日:03/06/22 04:48 ID:SJvL9p9Y
地獄の絵本はこわかった

97 :なまえ_____かえす日:03/06/22 15:15 ID:U8BbDUVF
「ベロ出しチョンマ」ラストが可哀想よりも、コワイよーの感が強く
しばらくは表紙を見ただけでガクブルでした。
>>94に同じく、「地べたっこさま」もズドーンと重かったです。



98 :なまえ_____かえす日:03/06/24 20:41 ID:3Gg8d5RD
>>88
「ぼくのまっかな丸木舟」久保村恵/作、中村宏/画 ですな。
これは怖かった。

同じ中村宏が挿絵の「犬の学校」もいやだった。

99 :なまえ_____かえす日:03/06/28 05:38 ID:YKh/dGlK
>>94
それ、自分は昔ミュージカルで見てトラウマになった。
人はみ〜んな〜 じべたっこ様になる〜ていう歌が20年たった今も頭から離れない

100 :なまえ_____かえす日:03/06/28 15:26 ID:cGwIkm6g
さねとうあきら「UFOにのってきた女の子」
小学校の時図書室で読んだ。

学校のテストでひとつでも×を貰うと強制的に工場に送られて、
人肉ハムにされてしまう。

テストに対する考え方が少し歪んでしまった

101 :なまえ_____かえす日:03/07/01 21:31 ID:nQLTV6o6
なんだ、「猫は生きている」出てないね
空襲で飼い主が助からないってのがショックだった

102 :なまえ_____かえす日:03/07/02 00:28 ID:vYSGjICk
>79
自分も『お父さんがいっぱい』はすんごいトラウマ。
いちばん恐かったのは家からでられなくなる話。
主人公はいろいろ脱出を試みるが・・・ラストが悲しすぎるよ、親が!
全部の話がどれも救いようがない終わり方・・・

103 :なまえ_____かえす日:03/07/02 14:42 ID:DRLEfyX0
「ぼくのまっかな丸木舟」は、興味があるんだけど、入手不可。

どんな話なの?

104 :なまえ_____かえす日:03/07/02 17:46 ID:Hl5TQkFl
いやいやえんの最初の方に出てくる
森の鬼みたいな挿絵がこわくてもう15年くらい触ってない…

105 :なまえ_____かえす日:03/07/02 17:51 ID:4ujb1stP
「モモちゃんとプー」と「モモちゃんとアカネちゃん」。
ママが死神にとりつかれるところとか、パパとママの離婚の描写とか、すげー怖い。
モモちゃんが鬼(?)になる話も怖かった。

106 :105:03/07/02 20:32 ID:4ujb1stP
今思い出したけど、鬼じゃなくて蛇だった(と思う)。

107 :なまえ_____かえす日:03/07/02 20:40 ID:o3AvpKr7
中身の話じゃなくてスマソが、従兄の家の納戸にあった本棚に、
あの黄金仮面が背表紙で笑ってる江戸川乱歩全集がずらーと……
薄暗い納戸に並んでたせいもあって、なんかすっごく怖かった。
今でも、大人向けの文庫とかは平気なのに、黄金仮面の背表紙のヤツは見ただけで怖い。

108 :なまえ_____かえす日:03/07/04 14:15 ID:9MB2LtEy
>>103
ここに、簡単なあらすじが書いてありますよ。

http://www.so-net.ne.jp/SF-Online/no25_19990329/special1-4-1.html

109 :なまえ_____かえす日:03/07/09 23:43 ID:D3FSpbde
子供のころ読んだ本ですが
消えた2ページっていうタイトルの本が
えらい記憶にのこってます。
誰かこれ知ってる人いますかねー。

110 :なまえ_____かえす日:03/07/10 22:30 ID:nlf28HNH
いつもの王さまとのギャップが恐すぎ。

111 :なまえ_____かえす日:03/07/14 13:18 ID:s5X1MtXT
ふたりのイーダ。親が買ってきた全集の一冊だったけど、読んだ後2年間ぐらい
本の背表紙を見るのはおろか触るのも、全集が並んでる本棚に目を向けるのも
怖かった。

112 :山崎 渉:03/07/15 11:22 ID:oau48mjj

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

113 :なまえ_____かえす日:03/07/19 17:43 ID:O3dWC2/l
>>109, 110
俺も「消えた2ページ」!
白目の6年生怖い!
いつも天然ボケ王様を書いている寺村輝夫なのに、この怖さは何?

114 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

115 :モナリ。:03/07/20 12:37 ID:Yg+qqiL5
小野不由実の本。
ホラー交じったファンタジー風味で面白いんだけど怖い。
ハマって、十二国記とかゴーストハンターとか魔性の子とか
読んだけど、それから少し暗闇が怖くなってしまった。

116 :なまえ_____かえす日:03/07/21 20:55 ID:dQXJX4XV
子供用になってた、多分ミステリーのシリーズみたいので
「黄色い部屋の秘密」と「ABC殺人事件」
多分挿し絵が怖かったんだと思うんだけど
内容覚えてないのに、すごい怖い記憶だけあって
大人になってからびくびくしつつ大人向けの方を読んだら
別に全然怖く無い(当たり前だけど)
なのにいまだに
あの子供向けのを思い出すたびに、こわーい思いだけ、する

117 :なまえ_____かえす日:03/07/21 23:24 ID:mcAlJP6p
「みみなしほういち」と「キジも鳴かずば」が怖い。
どっちも日本むかしばなしの絵本だったけど、TVも本も死ぬほど怖かった。

118 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

119 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

120 :なまえ_____かえす日:03/07/26 16:20 ID:hnVtYoMX
外国の絵本だけど、「もじゃもじゃペーター」。
黒人を馬鹿にした女の子が黒インクに浸けられたり、
親指をしゃぶるのが癖の少年がおやゆび切られたり、
教訓ものだろうけど、子供心にショッキングでした。

121 :なまえ_____かえす日:03/07/27 11:39 ID:qyNzIjyv
「アラビアンナイト」
120さんと少し似てるかもだけど。
何か、恐かった。
クリスマスにもらうものじゃない(え

122 :なまえ_____かえす日:03/07/27 14:46 ID:jVOQ7smB
ももちゃん復刊してるね。
作者さんも離婚してるからリアルなんだね。

123 :なまえ_____かえす日:03/07/28 00:40 ID:wxLhqF7f
昔話の中に、「うぐいすの宿」があった。
後半に、戸棚の中に「できたての、ほかほかの
お団子」が出てくる。
 それをずっーっと好きで、今は本当にお団子好き。
 (特に白玉団子)

124 :なまえ_____かえす日:03/07/28 06:51 ID:TnkgdBvY
それはトラウマなのか?

125 :なまえ_____かえす日:03/08/01 14:34 ID:zR3GKxvN
>123,124 すげー和んだ

126 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:09 ID:ChNSvEBt
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

127 :なまえ_____かえす日:03/08/06 10:34 ID:kkMdRUgV
ビビを見た復刊決定おめ
ぴかぴかのぎろちょんももう少しで復刊交渉対象の100票だから
みんな投票よろ
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=1364

128 :なまえ_____かえす日:03/08/12 20:13 ID:kf4G3rlL
ええい、ageてやる

129 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

130 :なまえ_____かえす日:03/08/12 22:03 ID:P1sknyow
「○○の日に読む本」シリーズのどれかにのっている、
「電話がなっている」と核戦争が始まってお父さんもお母さんも死んで、
無線で通じた女の子を助けに行く話し。
本当に起こるかもと思ってすごく怖かった。

131 :なまえ_____かえす日:03/08/15 10:19 ID:MOLPYsUj
トルストイの子供向きの短編を絵本にしたやつ。
母子家庭の一家が雌牛を飼って乳製品の製造販売で生計を立ててるんだけど,
ある日ママンの大事なガラスコップを割っちゃった子供は,
叱られたくないばかりに破片を雌牛に喰わせてしまう。
当然雌牛あぼーん。悲嘆にくれるママン。困窮の極みに落ちる一家。
結局ママンが街に働きに出て新しい雌牛を買ってきてハッピーエンドになるんだけど,
ついてる挿絵がめちゃくちゃ怖かった。

隠し事をせず素直に謝罪できる大人にそだちました……


132 :山崎 渉:03/08/15 21:29 ID:oenxnvWe
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

133 :山崎 渉:03/08/15 22:48 ID:oenxnvWe
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

134 :なまえ_____かえす日:03/08/21 20:32 ID:ICPSUMLp
>>5
激しく遅レススマソ。
漏れのウチにまだあるよ、それ。
子供心に物凄く怖くて、なかなか読み返せなかった(w

135 :なまえ_____かえす日:03/08/22 12:27 ID:dllAUiGI
小学校の国語の教科書だと思うんだけど、
学校だかどこからか帰ってきたら家に飛行機が突っ込んでたって話があった。
その場面しか覚えていないんだけど、
いまだに低空を飛んでる飛行機とかのでかい音を聞くと
家に落ちてくるんじゃないかとビクビクするよ。

誰かタイトルとか詳しい内容とかわからないかな。
情報少なすぎて無理か…

136 :なまえ_____かえす日:03/09/01 01:42 ID:UCs0POlk
>>116
このシリーズかな?
ttp://homepage1.nifty.com/maiden/jsm/akane.htm

自分は同シリーズの「ドラゴンプールの怪事件」を持っていて
挿絵が劇画調?でちょっと怖かった記憶があります。

137 :なまえ_____かえす日:03/09/01 06:56 ID:T7HqL0aC
「幸せな家族 そしてその頃はやった唄」

主人公の家族が次々と殺されて、母は発狂。
その母も殺され、最後には主人公一人だけが残される。
しかもラストは衝撃(ネタばれになるからメール欄)。
こんなの児童書で出してもいいのか?ってオモタ。
ずっと気になってて、最近探してみたら絶版になってた。かなしい。

138 :なまえ_____かえす日:03/09/02 00:28 ID:iRj9zs78
「さくらさん おばあさんになる」
マッドサイエンティストの爺さん(なぜか名前がさくら)が
性転換薬を使っておばあさんになる。
エロ・グロ・ナンセンスで吐きそうになった。

139 :なまえ_____かえす日:03/09/02 07:12 ID:KHyuoMg1
多分安房直子だと思う。
『夕陽の国』とかいう題名。
幻想的な世界なんだけど、読後感がなんともいえないやるせない気持になる。
トラウマというよりも奇妙な感じ。

140 :なまえ_____かえす日:03/09/02 12:43 ID:7bSnmJwV
「おとうさんがいっぱい」「犬の学校」を検索してあらすじ読んだら
怖かったよぅ〜。
あの時代、子ども向けにアンハッピーな話を「こどもSF」なんて言って出してたんだね。
国土社、鶴書房の本、えぐい・・・。


141 :なまえ_____かえす日:03/09/02 16:57 ID:fEcsujh2
>>137
ttp://www.fukkan.com/vote.php3?no=6881
復刊com。今のところ九票

142 :なまえ_____かえす日:03/09/03 15:43 ID:OyNeENcN
タイトルが思い出せないけど
兄が持ってた怪奇物の全集?みたいな本。(全部で5〜6巻程)
心霊現象とか怪事件とかUFO系の話で挿絵がこわかった。
でももう一回読んでみたい。

143 :なまえ_____かえす日:03/09/03 16:17 ID:00yEAumQ
>135-142
ほら、ちょうど上に探してくれるスレがあるよ。
☆☆あなたの思い出を探します☆☆

144 :なまえ_____かえす日:03/09/03 18:38 ID:kB7T0Y40
パンをふんだむすめbyアンデルセン
といっても映像だけど。
泥沼渡るためにパンを置いて踏んづけて渡ろうとしたら、
パンが足にくっついたまま離れず、沼にずぶずぶ引き込まれていったという。
影絵ぽくて歌も暗くて怖さ倍増。

145 :なまえ_____かえす日:03/09/03 22:39 ID:8/Dt7xkB
>>142
まあたいていこの中のどれかだろということで。
ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis/9762/AKITA.html

146 :142:03/09/03 23:53 ID:8AFGTH4l
>145
出た━(;゚Д゚)━!!!!これです、これ!

「世界怪奇スリラー全集」の古い版の方(1968)でした。
表紙今見ても充分怖い…
とっても懐かしい物を見せていただきました。
なんだか興奮したのと怖いので今日はなかなか寝つけそうにないです

147 :なまえ_____かえす日:03/09/04 04:21 ID:Kr+uzI8/
>144
パンを踏んだ娘って、アンデルセン童話の本に入ってるのかな。
NHKで見た影絵のが強烈だけど。

自分の生みの親にあげるためのパンを踏み台にして泥水を渡るってのが
なんともひでーやつだと思った。
最後もあんまり報われない終わり方だし。(鳥になったまま)

148 :なまえ_____かえす日:03/09/04 21:09 ID:j0PagXve
えっパンにくっついた足を木こりに斧でぶった切って
もらって、足はなくなったものの改心したんじゃ
なかったっけ…と思って検索してみて、

自分が「赤いくつ」と混同していたのが発覚しました。

149 :なまえ_____かえす日:03/09/05 21:34 ID:KegY+igA
>>141
そうそう、それに投票したんですよ。
でも一人一回しか投票できないから百票にはなかなか遠くて悲しい。
もし「読んでみたいかも」って思った人はボランティアだと思って投票してやって下さい・・・。

150 :なまえ_____かえす日:03/09/06 16:15 ID:AT2yyGE9
「イシスの灯台守」
人権がテーマの児童向けSF。
多分に道徳的な内容でラストも一応ハッピーエンドなんだけど、
SFならではの意表を突いた展開で子供心にかなりショックを受けた
…というか色々考えさせられた。
表紙の後ろ姿のヒロインが意味深というか暗示的で、
図書館で背表紙見るたび思い出して重い気分になった。

151 :なまえ_____かえす日:03/09/06 22:41 ID:ZLNCm6Ra
>>74
 メチャ亀レスだが、自分「魔法を売る店」持ってるー!
 あのシュールな絵と内容は、結構何回も飽きずに読んだなぁ。
 捨てられなくてとってあるけど、久しぶりに読みたくなったよ。

152 :なまえ_____かえす日:03/09/11 13:39 ID:PMFi/tsJ
ここに出てくる本大人になったら別の読み方が出来るね。
図書館の収蔵庫にかなり保管されているようなので借りています。
紹介してくれた方ありがとう。

153 :なまえ_____かえす日:03/09/12 13:15 ID:LAxNQqgR
ありきたりだけど「学校の怪談」
トイレはもちろん連れションに

154 :なまえ_____かえす日:03/09/12 21:37 ID:dIHguyo7
おおえひでの「八月が来るたびに」
気味悪いタッチのさしえプラスしゃれこうべがゴロゴロ、てな被爆直後の長崎市内の写真がいっぱいついていて、
表紙のなか扉は「原爆 死んだ死んだ」てな韻文で埋まっていて、内容は当たり前だけどやたら登場人物が死んでるしラストもちょっとオカルト風。
さらに読書感想文の課題作で、親に尻たたかれながら夏休み末に半べそ状態で書かされた記憶があり、何重にもトラウマになっている。



155 :なまえ_____かえす日:03/09/13 20:49 ID:Wzpw6Blt
いわゆる児童書、の範疇に入れてよいのかわかりませんが、昔、子供向けでよくあった
「推理クイズ」の本。数ページにわたる劇画のコーナーとかこわかったです。
内容が事件ものだけに、血しぶき「ドバッ」みたいなコマがあったりして。
今でも忘れられないのは、
人里離れた宿に逗留した男性が、その宿の主人である母娘に金品目当てに殺される、という話。

未だにTVの旅行番組なんかで山奥のこじんまりした宿の映像が出ると怖くてチャンネル変えるし、
ましてや旅行で"人里離れた温泉"なんかにはとても行く気になれないです(泣

156 :なまえ_____かえす日:03/09/14 09:52 ID:6dW5e9SM
スレタイだけ見て

おしいれのぼうけん

書こうと思ったら>>1にあったよ!なんか感動!
当時住んでた我が家は戦後すぐ位に建った長屋を買い取って一つに繋いだとかで
他の世帯の部分だった意味のないドアとか無駄な行き止まりとかあって、
なんか異世界に繋がってるような気がしたんだよね。

157 :とてた ◆0Ot7ihccMU :03/09/14 12:13 ID:N+797/kU
>>154
読んだことはないんですが、期待どおりの本みたいです…。

158 :なまえ_____かえす日:03/09/19 02:21 ID:vUjLBo8C
「夏の葬列」
中学の国語の教科書に載ってた戦争もの。
国語の教科書は子供相手だと油断しているとひどい目に遭う・・・と、
思いながら国語が好きになった気がする。

159 :なまえ_____かえす日:03/09/19 11:10 ID:AXpG6FEX
三田村信行の「おとうさんがいっぱい」「ものまね鳥を撃つな」が
気になって読んだら、おもしろかった。
でも、10歳位の子どもの頃に読んだら、こちらの紹介者方のように
トラウマ物かな。
おとうさんがいっぱいは某「世にも〜」で作って欲しい。
きっと原作に触れた事のある人の奥底に、あーこれ知ってる、なんだったけ?と
また本を手にして再読して欲しいと妄想・・・。

160 :なまえ_____かえす日:03/09/29 11:00 ID:Ib7IcrO1
小学校の国語の教科書に出てきた戦争ものがいやだった。
タイトル覚えてないけど「ひとつだけちょうだい」とか、そんなの。

161 :なまえ_____かえす日:03/09/29 19:37 ID:8lyrUi/X
>>160
「ひとつの花」だね。私も子供の頃読んだときには貧乏たらしくて嫌いな話だったけど、成人になってから改めて読んだら泣けてしまった。

162 :なまえ_____かえす日:03/10/01 23:02 ID:9O/BOst5
>135
それ「パパママバイバイ」だと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820566113/249-9257370-5458744
自分も本に触るのも視界に入るのも怖かった。
米軍の飛行機が普通の家に落ちて(実話)お母さんはスカートの
裏地のナイロンが溶けて大やけどで皮膚移植とかして、子どもは結局死んじゃう。

163 :なまえ_____かえす日:03/10/01 23:04 ID:YsLSZ+d6
test

164 :なまえ_____かえす日:03/10/03 07:26 ID:6aQPYFQO
「ジョゼット」シリーズっていうのが、かなりトラウマです。
トラウマというよりも、凄い印象に残ってます。
イッちゃってる人が書いたんじゃないか、ってくらいシュールな内容でした。
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=19914
↑復刊ドットコム。
また読みたいので、興味があったら投票よろしくです。

165 :164:03/10/03 07:28 ID:6aQPYFQO
よく考えたら、「また読みたい」って
トラウマじゃないでつね…スマソ

166 :なまえ_____かえす日:03/10/06 01:25 ID:DjGS6OU0
よくある子供向けの怖い話集の中の
「ブタのまたくぐり」っていう話。
男の子の後ろから突然大量のブタが走って来て
数匹が男の子の股を潜っていき
それを母さんに話したら
「ブタに股を潜られると3日以内に死んじゃうんだよ!」と言われて
男の子は必死で逃げ惑うものの結局死んじゃって
後日母さんのもとに
「カズオ(男の子の名前うろ覚えだから仮)死ス」
って電報が届く。その郵便屋さんがよく見たら郵便屋の格好した…
今思えば作者も遊んでるだろうって感じだけど
その頃は淡々とした文章と10頭身の郵便ブタのリアルな顔が怖かったw

167 :166:03/10/06 01:28 ID:DjGS6OU0
書き忘れ。
今でもそのブタの挿し絵は忘れられません…。

168 :なまえ_____かえす日:03/10/06 21:48 ID:8SNjpVq+
>166
それと似たようなのがあったな。
主人公が豚に股くぐられて、死の恐怖から逃げるために引きこもってて、
郵便が来たから出てみたら……
そのショックで逝っちゃうって話。

169 :なまえ_____かえす日:03/10/06 23:08 ID:a1n2ttE9
「もじゃもじゃペーター」とかいうのが怖かった。
指をしゃぶるクセを持った子供がいて。
その子がある日留守番をすることになった。
母親は「指をしゃぶっちゃいけませんよ、指を切られてしまうからね」
といって外出。
しばらく我慢していたが、限界に達し指をしゃぶる子供。
その時、勢いよく玄関が開きはさみをもった男が疾風のごとく乱入。
子供は指を切断されてしまう。
といったような話がのっていました。
ほかにも、正直いやな気分になる話がいくつか載っていたと想います。


170 :なまえ_____かえす日:03/10/06 23:56 ID:DjGS6OU0
>>168
ソレダ(・∀・)!
スマソ。何分読んだのがリア消の時だから…。

171 :なまえ_____かえす日:03/10/07 11:59 ID:FrAqGzBT
女の子がカンナの花をちぎって遊んでると紳士がやってきて
君はこーーーんなことしてるんだよ、と自分の首をもいで差し出す、という・・・
「カンナ氏となんちゃら」ってお題だったような?
夢に出ました、カンナ氏。今でも挿絵が思い出せます。


172 :なまえ_____かえす日:03/10/07 17:26 ID:uPna2Mnw
>>171
たしか、「メキメキえんぴつ」(大海赫・著)のなかの話。
主人公は男の子だったとおもう。
あの人の絵はトラウマになるよねw

173 :なまえ_____かえす日:03/10/07 21:13 ID:YULkCd+h
>170
同じ話だったか。あの豚の絵は、俺もまだ覚えてるよ。
読んだ当時は夜道を帰る時、豚がいないかビクビクしながら帰ってたw

174 :イラストに騙された名無しさん:03/10/08 15:42 ID:9kg62l/l
既出ですが、「世界のこわい話」。
世界各国から、怖い物語が集められて、1冊の本になってました。
表紙の古城をバックにした、女の人の顔のついた蝙蝠の絵。
豊富な挿絵の、その全てが気持ち悪いこと。
魔法使いのおじいさんが女の子を攫いにくるシーンは、今でも忘れられません。

「今、階段を1段上がったよ…」
「今、階段を2段上がったよ…」
「今、お前の部屋のドアの前」
「ほうら、捕まえた」

今でも、読んでみたいけどちょっと怖い〜〜〜(((( ;゚Д゚)))と思う本です。

175 :なまえ_____かえす日:03/10/08 17:30 ID:igIyHdtX
だれかを好きになった日に読む本
今思うと藤子Fの異色短編っぽい感じ。


176 :なまえ_____かえす日:03/10/09 10:02 ID:gFv13bF3
>174

よく似た話を思い出した。
似たようなシーンだけど、日本の旅館。
夜、こつん、こつんという音と共に、一部屋づつ近づいてくる誰か。
そして「あんま、いかがですかあ」


177 :なまえ_____かえす日:03/10/10 14:03 ID:JJkjbph8
 「寒がりやのゆきだるま」という絵本。
 ある日、女の子の家にゆきだるまがやって来て、「寒いからあたためて」
とお願いしてくる。
 女の子は本当に寒そうなゆきだるまをかわいそうに思い、
こたつに入れたり、ストーブにあたらせたり、熱い飲み物を飲ませたりする。
 それでもゆきだるまは「寒い」と言い続け、最後にはとけてしまうので
あった。
 なんだかよくわからないが救われない話で読んだ後、泣きそうになった。

178 :なまえ_____かえす日:03/10/13 17:37 ID:EUBD9S3n
絵本板でも話題になってたけど、同名の短編アニメーションのセル画を抜粋
してまとめた『ピカドン』↓。

 ttp://briefcase.yahoo.co.jp/p_i_c_a_d_o_n

恥ずかしながらも、昔は原爆物の本はあまり好きではなかったのだが、
これを読んで考え方が変わったよ。
ちなみに作者は「ゲバゲバ90分」「カリキュラマシーン」などでアニメ
を担当した、故・木下蓮三。

179 :なまえ_____かえす日:03/10/18 22:39 ID:AY14wp7F
「ランドセルは魔女」
ランドセルが性悪女で、持ち主の女の子の命を狙う話。
あまりにもその手口が巧妙であくどいので恐ろしかった。
小学生の頃だったので、ランドセルを見る目がちょっと変わった。


180 :なまえ_____かえす日:03/10/18 23:43 ID:F/zWBgwJ
>ランドセルが性悪女で、持ち主の女の子の命を狙う話。

シ…シュールすぎる……
読んでみたくなりました

181 :なまえ_____かえす日:03/10/21 08:52 ID:ZEARE9Rb
>>179-180
探してみました。
「ランドセルは魔女」 大海赫 タケカワコウ 昭和59年 サンリード

    … ま た 大 海 赫 か

いや、好きですけど…。

182 :179:03/10/21 09:07 ID:FKvYbXzH
179です。
そうそう、大海赫。
というか、最近この人のことを知ったので(奇妙な怖い話をいっぱい書いていると)
自分のトラウマな本もこの人の作で、ちょっとびっくりした。
ああ、有名な人なんだなぁ〜と。


183 :バカは氏んでも名乗らない:03/10/22 01:32 ID:KTpG9tc1
>>174
エミリーの赤い手袋ですね
トラウマというより本当に怖い

184 :なまえ_____かえす日:03/10/27 01:15 ID:34CuGQmM
ロアル.ダールだったっけか…
「魔女がいっぱい」と「僕が作った魔法の薬」。
前者は俺が小3の時に読んだんだが、それから一ヶ月間大人の女が
怖いと思ったよな〜
後者は主人公がその性格の悪いババアを自作の薬で頃スという話だったんだが、
あれは今考えるとはっきり言って子供には有害図書じゃねーかと…


185 :なまえ_____かえす日:03/10/27 02:20 ID:YT3gdYPb
ウィリアム・ホープ・ホジスンの「白い粉薬の話」の子供向け版?
小学校の図書室で読んだ気がする。たぶん何とか傑作集みたいな本に入っていたような記憶が。
話の内容は、町のさびれた薬屋の棚にあった薬を飲んだら…という話なんだけど、
それ以来、薬を飲むのが恐怖に(((( ;゚Д゚)))
大人になってから、普通版を読んだがやっぱり怖かった。

186 :185:03/10/27 09:13 ID:iQ4lheIE
ホジスンじゃなくて、アーサー・マッケンでした。

小学生からやり直してきます……

187 :なまえ_____かえす日:03/10/27 11:17 ID:Y4RRl2Ah
ランドセルは魔女、怖いよなぁ。
ランドセルの前の持ち主の女の子が自殺しちゃったりするのがもうガクブル

188 :179:03/10/27 14:24 ID:48EJpm6f
>>187
ひ〜、そうだったっけ?
自分で名前をあげておきながら忘れてたよ。

しかし、ランドセルの「前の持ち主」って…。
ちょっと時代を感じさせるよな。

189 :なまえ_____かえす日:03/10/29 07:47 ID:XHoPLJq1
「砂のあした」「ぼくのまっかな丸木舟」「犬の学校」
「おかしの男」を図書館で借りてきました〜。
小学生のころ、薄暗い図書室で読んで味わった恐怖。
今読んでも、やっぱり怖い・・・

190 :なまえ_____かえす日:03/10/30 19:53 ID:5ph1VspN
ランドセルは魔女で怖がってるの私だけじゃなくて安心(*^-^*)。

191 :なまえ_____かえす日:03/10/31 12:23 ID:KnrJpaUT
>154
「八月が来るたびに」。それ!あった、あった。忘れてたよ。

「ぴかぴかのぎろちょん」は、自分が消防の頃は「ピロピロがやってきた」という
タイトルだったと思います。記憶違いかな? 
怖いのとワクワク感もあってすごく印象に残ってる。

192 :なまえ_____かえす日:03/11/05 00:28 ID:hVc8DFpF
「午前2時に何かが来る」

だったかな?
交通事故で手足がバラバラになったお巡りさんが
その話を聞いた子の所に3日以内にやってきて
「手を下さ〜い…」
「足を下さ〜い…」
って言うの。
「いいよ」って言うと、無理矢理持っていかれる。
ふとんを全身被って
「手は縛られてる、足は怪我している(逆だったかも)」
って答えて
「どうして?」
と聞かれても答えてはいけないらしい。(答えると殺されるんだったかな?)

これを読んでしばらく夜電気消して眠れずふとんもギリギリまで
被って寝てたよww


193 :192:03/11/05 00:31 ID:hVc8DFpF
ちょっと訂正

手足がバラバラになったお巡りさん
      ↓
手足がバラバラになって死んだお巡りさん

文章が辺になってしまってスマソ…


194 :192:03/11/05 00:33 ID:hVc8DFpF
Σ( ̄□ ̄;)!!

はう!再び誤字…「辺」→「変」
度々すれ汚しスマソ…

195 :なまえ_____かえす日:03/11/07 15:53 ID:3SL1G/HP
もう作者名忘れちゃったけど(たしか外人だった)、
短編不条理話ばかり収録された「ロアー氏の休日」は
薄ら寒い読後感だけが残る本当のブラックユーモア本だった。

当時11歳だったけど、子供心に
(これは児童向きの話じゃない、大人になってから読むべきだった)と思ったよ。
ショックで一年くらい児童書が読めなくなった。

もういい歳になったから、探して再読してみようかな・・・と思うこの頃。


196 :なまえ_____かえす日:03/11/09 12:34 ID:YRwOsDhI
ドイツの昔話短編集「黒いお姫さま」

ホラー作品集というわけではなかったんだけど
表題作以外にもトラウマになりそうな話がいくつかあった。
あからさまにホラーとして書かれているのではないぶん
静かな恐怖に満ちている。
挿絵はあっさりしているんだけど、それが逆に怖い。

197 :とてた ◆0Ot7ihccMU :03/11/10 00:06 ID:oQwwxKHV
>>189
あのSF集は重いのが多いですよね。
これも絶版になっているから、蔵書にある図書館はある意味貴重だったり。

198 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

199 :なまえ_____かえす日:03/11/12 00:18 ID:NuaXw4Pp
「先生のとっておきの話」というシリーズの群馬編、
「サッちゃんきれいになったよ」にの一編。

心臓病のためお風呂に入れない女の子が「臭い」といじめられる。−鬱ポイント1
上級生に「臭い」とからかわれて泣いて帰る−鬱ポイント2
同級生とはなんとか和解。群大病院で手術を受けることに。
しかし手術中に死亡−鬱ポイント3
その事を同級生は榛名の宿泊訓練中に知らされる−鬱ポイント4
書き手である彼女の担任が、いじめに対する対策をどれだけやったのかほとんど書かれていない−鬱ポイント5

表題の「サッちゃん」は子沢山の共働き家庭でお風呂の回数が少なく、やっぱり「臭い」と
いじめられた女の子が、同級生が用意したお風呂でキレイになる、という話なだけに、
こちらの話の鬱度が天井知らずです。

200 :なまえ_____かえす日:03/11/12 04:27 ID:tR2nIekD
>>1
あの話こわいけどめちゃ好きだった。

201 :なまえ_____かえす日:03/11/16 04:07 ID:2jWVtsNb
ハーメルンの笛吹き男

202 :なまえ_____かえす日:03/11/22 14:09 ID:LUZwYLqB
消防の頃、朝の読み聞かせの時間で先生が読んでくれた物語で
壁から手がはえてきて虫とか牛乳をあげたりしていたら、
だんだん成長して、最後には主人公が壁に飲み込まれてしまう?
というような話がありました。なぜ、朝にこの内容…。

203 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

204 :なまえ_____かえす日:03/11/25 19:00 ID:9oGxP/YA
「だれかを好きになった日によむ本」かなりトラウマ!
他の話は、ほのぼのとしてるのに、何故か核戦争後の話が
書かれているんですよね・・・ちょっとドラゴンヘッドっぽい
かな??



205 :なまえ_____かえす日:03/11/26 22:23 ID:9cXT869h
>>204「誰かを好きになった日に読む本」は核の方より、屠殺処理に出される子の話のほうが・・・
核のほうが、ズッコケ3人組の那須さんで、
屠殺される方のは川島誠というひとでスレも欝話で一杯
http://book.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1053351186/l50

206 :なまえ_____かえす日:03/12/01 20:58 ID:oQV2azTG
「けんぼうは1年生」
キリ絵っぽい。怖すぎます。

207 :なまえ_____かえす日:03/12/02 10:57 ID:ifkW4pZr
>1
「おしいれの〜」めっちゃくちゃ怖かったです。
読んでもらった日、ねずみばあさんが夢に出てきてその夢も忘れられん…。
あと、「めめめんたま」ってだれか知らない??赤いものが好きなの。
赤いものみんな食べちゃうの。

208 :なまえ_____かえす日:03/12/02 16:53 ID:5/WDz/Y0
タイトルはあってるかどうかわからないが「森のおばけ」
兄弟がおいかけっこかなんかをしてて弟に捕まらないよう
兄が森まで逃げる話。
兄の「おーい」という呼びかけに森の奥から「おーい」って返事が聞こえてきたので
行ってみるとおばけがうじゃうじゃ…

点描で描かれたお化けがとても怖かった…

209 :なまえ_____かえす日:03/12/02 18:02 ID:pF/RmP1Y
「王様の耳かき」耳に穴が開くというのが痛そうで恐くなった。
母親が耳かき好きであれを読んでから耳かきが恐くなった。というか母親が恐くなった。

210 :なまえ_____かえす日:03/12/02 20:39 ID:n/gN+L2M
「猿の手」だな・・・
相応の代価なくして願いはかなわんのだ


当時、いつか夢のようなアイテム見つけても
軽々しく使うのはやめよう、とココロに期した。

211 :なまえ_____かえす日:03/12/02 22:50 ID:cv4fBH6R
・一万円クレ
・世界に希望がありますように
・猿の手よ消滅せよ
この組み合わせでgo!

212 :なまえ_____かえす日:03/12/02 23:42 ID:hVgLtjl6
>>208
あー、その本読みましたよ。
あの絵が本当に怖かった〜。
ラストはどうなったんでしたっけ?
あんまり怖くて捨てちゃったんだよなぁ。

213 :なまえ_____かえす日:03/12/03 00:20 ID:aq2vZPf0
>211
ワロタ
本命は1万円かよ!

214 :KURUKURU:03/12/05 01:08 ID:WRPg/g1G
だうぞ、おいでませ
http://web.ffn.ne.jp/~Niku/index.html

215 :なまえ_____かえす日:03/12/05 03:04 ID:pBZyL9XS
江戸川乱歩の「人間椅子」とか。小5で読んで。

216 :なまえ_____かえす日:03/12/05 23:15 ID:cHWnjpOa
別スレに誤爆してしまった。
ダレン・シャン2巻。割と最近だけどアレ後味悪すぎ。

217 :なまえ_____かえす日:03/12/06 20:15 ID:iKHLzUH3
昨日ピーターパン読んだ
怖くて眠れなくなったよう つД`)

218 :なまえ_____かえす日:03/12/16 21:02 ID:LFSHQoQj
「パパがくまになるとき」
途中からクマになるのか、最初からクマだったのか
細かいストーリーを忘れてしまったが
子どももママも人間なのに、なぜパパがクマなのか訳がわからず悩んだ。
キャンプにつれていってくれたりして優しいパパなのだが…クマ。
なんか恐かった。

219 :なまえ_____かえす日:04/01/07 19:04 ID:XVnS+wGh
年末に本屋へ寄ったら、前に並んでいた親子連れが
レジに出したのは「おしいれのぼうけん」。

彼(5才くらいの男の子だった)がトラウマを
しょいこまないことを祈る…

220 :なまえ_____かえす日:04/01/09 01:41 ID:Mqaju3Sf
風がふくとき。
何も知らない夫婦にいらいらしたんだよ。
二度と読みたくなかったのに、
高校で英語でじっくり読まされて鬱極まった。
でも子供は読んどけと思う。

221 :なまえ_____かえす日:04/01/10 01:24 ID:mssQHjEe
>>192 その話あたしの地元に伝わる話とソックリ!!一番最後は「私の名前は何ですか?」って聞いてくるんだけど、「大村大先生」と答えないと死ぬとか…スレ違いスマソ


222 :なまえ_____かえす日:04/01/20 17:59 ID:mGYdV9N3
>>219
押し入れは平気だったな。

「ドコカの国へようこそ」
なんか延髄が痺れるような不安感が残った本。
復刊されないかな

223 :なまえ_____かえす日:04/01/21 05:07 ID:jTChJCx0
松谷みよ子の「おいでおいで」
内容も表紙も恐すぎ。

224 :なまえ_____かえす日:04/01/21 15:52 ID:tTUCT06E
>>222
2月下旬に復刊されます。↓
http://www.fukkan.com/group/index.php3?no=2571
この板にも大海スレがあります。あまり人がいないので
よかったらここで本の思い出などを語って下さい。

大海赤赤の本画像希望
http://book.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1058188307/

225 :なまえ_____かえす日:04/01/21 16:48 ID:qeLc3EKP
>>224
まじか!嬉しすぎる。買っちゃいます。

「ルピナスさん」も同じ人でしょうか?

226 :224:04/01/21 18:56 ID:tTUCT06E
「ルピナスさん」というのは、大海赫さんの著書としては
自分は聞いた事がありません。こんなの↓見つけましたがこれとは違いますか?
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4593502098/250-3192064-4810628#product-details

227 :なまえ_____かえす日:04/01/21 19:53 ID:qeLc3EKP
>>226
親切にありがとうございます。
バーバラクーニーとは別物で、日本人の作家さんの書いたものだったと思います。
傍若無人な小学生が主人公で、子供であることの規制にうんざりしていて
大人になりたいと思っているところに「ルピナスさん」と名乗る
奇妙な男が現れ、少年を大人にしてしまう…と言う話だったと思います
挿絵がとにかく奇妙で、すごく印象に残っていたんです

おそらく「ドコカの国へようこそ」と前後して読んだため記憶が混乱してたようです
ありがとうございました


228 :224:04/01/21 20:20 ID:tTUCT06E
>>227
その内容なら、大海赫さんの作品に良く似た話があります!
「メキメキえんぴつ」という本(短編集)の中の
「大きく なったら なにに なる?」という話です。
奇妙な男が少年を大人にしてしまう、という点が同じです。
その男の人は「カンナさん」といいます。
ルピナスさんとは、もしやカンナさんのことでは?
カンナも、花の名前ですし…
って、詳しい話は大海スレで話した方がいいかな?
224のリンク先(下の方)へも、是非お越し下さい。
カンナさんの話の話題も過去にありました。

229 :なまえ_____かえす日:04/01/23 10:43 ID:mGFT8k6D
「大地震が学校を襲った」
作者・出版社名は失念したが、御嶽山あたりの地震を題材にした本。
主人公女の子の父親がトラックの運転手で、土砂に飲まれて亡くなってしまうんだが、
そのシーンの挿絵があろうことか、自分の父親と微妙に似ていた…。
本を読んで怖くて泣いたのは後にも咲にもあれが最後だ。

アレを読書感想文コンクールの推薦図書にするのは如何なものか。

230 :なまえ_____かえす日:04/01/23 10:48 ID:mGFT8k6D
いや、むしろ子供に読ませた方がいいのかな…

231 :なまえ_____かえす日:04/01/23 16:52 ID:P4mem/Ky
大人が立場を利用して子供に読ませようとする本ではあると思うが、
子供が読みたい本ではないよね。

で、読みたくもない本からは、何も得ないとは思うのだよ。

232 :なまえ_____かえす日:04/01/25 08:41 ID:dKxxZ1iE
いやいやえん

233 :なまえ_____かえす日:04/01/25 08:53 ID:dKxxZ1iE
>>231
強烈な印象

234 :なまえ_____かえす日:04/01/25 15:31 ID:W5qAackz
べろだしちょんま

235 :なまえ_____かえす日:04/01/25 17:05 ID:VWiYrA0e
強烈な印象なだけ。
オバケ屋敷の芸のないオバケと同じ。

236 :とてた ◆0Ot7ihccMU :04/01/25 19:17 ID:UFbIpd7n
>>229
手島悠介ですね。
阪神大震災前の地震モノです…。

237 :なまえ_____かえす日:04/01/26 21:34 ID:0wzqQmoC
Edward Goreyって作家の絵本。子供の死因がえんえんと書かれてる。
誰か知らないかなあ

238 :なまえ_____かえす日:04/01/26 22:26 ID:xKcq+vuO
>>237
エドワード・ゴーリー最近人気、どこの本屋にもあるね
子供の死因…これか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309264972/250-6742635-2401003

239 :なまえ_____かえす日:04/01/27 09:16 ID:3hSVB/FA
>>236
そうです。
読んだ当時田舎に住んでいたものだから、
舞台になる学校とか周辺環境とも相似する点が多くて、
イメージがまざまざと浮かんでしまい、恐怖倍増。
友達の父親がまさにトラックの運ちゃんだったりしたし、
昔ながらの日本家屋も健在だったし、たんぼいっぱいいあったし。
母曰く、一週間くらいうなされていたとのこと。
小学校1年生の頃に読んだのも影響あるのかも。

そして住んでいる人には悪いが、御嶽山って名前も怖かったんだよ。

240 :なまえ_____かえす日:04/02/01 00:01 ID:k8vi7qVT
那須正幹の「六年目のクラス会」・・・こんなに怖い童話は、後にも先にも
これだけ。
幼児のいじめを突き放して描いた作品。
楽しいはずのクラス会が、いじめの思い出になり、やがて死んだあの子を
めぐっての言い争いになる。
みんなの言い分には、各人それぞれの心の影が顔を出して・・・主人公の
最後のつぶやきがゾッとする。
悲しく怖い物語です。

241 :なまえ_____かえす日:04/02/01 04:51 ID:FCfdKEFQ
「そばかす先生のふしぎな学校」
学校を囲む塀が、古今東西の有名なおとぎ話の世界に繋がるドアの列でできてたり、
食べられる絵の具で描くオムレツやお菓子のガラスがあったり
先生の白衣のポケットがドラえもんみたいになってたりと、
途中までファンタジーな展開だっただけに、後半突き落とされました。

アンドロイド(だったかな?)の転校生に学校をめちゃくちゃにされ、
逃げ出した主人公の生徒が最後にたどり着いたのは知らないおじさんのいる書斎。
そのおじさんが手にしてる本を棚の中に収める。その本に背表紙には
「そばかす先生のふしぎな学校」と書いてあった。

…今思い出しながら書いてても、なんかむねのあたりがもやもやする話です…

242 :なまえ_____かえす日:04/02/14 19:42 ID:qybqRwR8
>>237
「ギャシュリークラムのちびっこたち」か?
AからZまで、ほんま延々と死んでいくよな…
別に何もしてない子たちなのに

243 :なまえ_____かえす日:04/02/19 16:34 ID:bOLhJIL6
>>63遅レスですが
「せかいにパ−レただひとり」
じゃないですか?絵がすごいシャレてるんですよね
私は主人公にあこがれてたんですけど(w


244 :なまえ_____かえす日:04/02/19 19:23 ID:T6ADWPxp
>>5
ノシ
絵本板にスレ立てたけど、3レスで落ちた

245 :なまえ_____かえす日:04/02/20 19:08 ID:DI/ycO0s
>243
私もそれ家にあったよ。
けっこう好きだったなぁ。
誰もいなくてコワーというより、好き勝手にできて楽しそうと思ってた。

246 :なまえ_____かえす日:04/03/02 18:10 ID:Zu58RRnS
題名は忘れたけど、何か江戸時代の農民が主人公のトンチ話。
とんちって言っても、一休さんみたいな人助け等を目的とした
物ではなく、あくまで自分の欲の為にとんちを繰り出す主人公の話。
その中に、小腹がすいた主人公が隣の家の住人が、冬を越す為に大事
に保管していた米を、その住人から騙し取る話が有るのだけれども、
そのシーンの挿絵に、してやったりの主人公と対照的に悲痛な表情の、
隣家の住人があり、その時、当時の農民の過酷な生活状況を思い出して、
あの人達は無事に冬を越せたのだろうか?と暗い気持ちになった。
何かそういった感じの胸糞悪くなる話ばっかり載ってた。
まんまオレオレ詐欺みたいな話も有ったし。

247 :なまえ_____かえす日:04/03/04 23:45 ID:mSl3hyRL
>>222
「ドコカの国へようこそ」復刊されるみたいですよ〜
復刊ドットコムへGO!





248 :なまえ_____かえす日:04/03/09 04:54 ID:4Y8jZ8m5
黒い背景でものすごく爪が長いネコの絵が表紙の本なんだけど
悪いことすると爪が伸びるってストーリーだったような。
一回見て怖くなってそれ以来見てない

249 :なまえ_____かえす日:04/03/16 02:56 ID:maXMp5I4
「宇宙船ペペペペラン」谷川俊太郎
あんまり恐すぎてどうしても最後まで読み切れなかった。
救いようのないほどの暗い挿絵(版画かな?絶望的な雰囲気がよく出てた)と
歌のような詩のようなよどんだ語り口でもーおそろしゅーておそろしゅーて。
ぐぐったら復刊されてるようですが、そろそろ読める年頃かもな...

250 :なまえ_____かえす日:04/03/17 22:41 ID:NNUhM1r0
>>249
はじめてこの板を見つけてペペペペランの事書こうと思ったらすでに・・・
この偶然がまたトラウマになりそう。
俺はレコードの付いた絵本で読んだのだが、歌が恐ろしかったよ。
弱虫ロンのその後が・・・

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)