2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

講談社 ミステリーランド

1 :名無しのオプ:03/08/03 06:51
かつて子供だったあなたと少年少女のために。

第一回配本

小野 不由美「くらのかみ」
殊能 将之「子どもの王様」
島田 荘司「透明人間の納屋」

第一期執筆予定者

我孫子武丸/綾辻行人/有栖川有栖/井上雅彦/井上夢人/歌野晶午/太田忠司
小野不由美/恩田陸/笠井潔/菊地秀行/京極夏彦/倉知淳/篠田真由美
島田荘司/殊能将之/高田崇史/竹本健治/田中芳樹/二階堂黎人/西澤保彦
法月綸太郎/はやみねかおる/麻耶雄嵩/森博嗣/山口雅也 (五十音順)

個人的に楽しみなのは京極と森です。


2 :_:03/08/03 06:56
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

3 :名無しのオプ:03/08/03 07:02
高いのがネックだと思う。

「かつて子供だったあなたと少年少女と作家と出版社の営利目的のために。」だ。

4 :名無しのオプ:03/08/03 07:39
つかソースは?

それ専のサイト無いのか。

5 :名無しのオプ:03/08/03 08:08
サイトは無いみたい。
ttp://www.melma.com/mag/74/m00027074/

6 :名無しのオプ:03/08/03 13:14
法月が楽しみだ。彼のことだからきっとひねくれたジュブナイルなんだろうなあ。
有栖川は爽やかそう。
綾辻はきっと体育館のさt(ry

7 :名無しのオプ:03/08/03 20:37
<作家と出版社の営利目的のために。」だ。
当たり前じゃん

8 :名無しのオプ:03/08/03 22:44
はつばいしました。
でも子供向けのハードカバーってもともとこんな値段なんじゃ?

9 :名無しのオプ:03/08/03 22:57
綾辻や我孫子など遅筆なやつらバッカリジャン。

10 :名無しのオプ:03/08/03 23:10
>>9
と言うか企画物ではお馴染みのメンバーなだけかと。

綾辻メンバーはいつも参加リストに名前があるんだが、作品は見かけ(ry

11 :名無しのオプ:03/08/04 10:52
島田荘司は去年も創元の企画物で、第一回配本に書いてたな。
質はともかくよく書くね。

12 :名無しのオプ:03/08/05 04:48
豪華な顔ぶれだね。楽しみ〜♪

13 :名無しのオプ:03/08/05 18:26
近くの本屋の入荷数、島田6、小野6、しゅのー1・・・
しゅのーを買って帰りました。

14 :名無しのオプ:03/08/05 19:26
楽しみなのは、恩田陸かな。
小野不由美も楽しみだった。そこそこだった。

表紙は大変懐かしい感じだった。しかし、高い・・・。サイズも微妙だ。
次回の配本に期待。(同じ形式かな・・・?)

15 :名無しのオプ:03/08/05 23:15
第一回配本買った方、それぞれの点数をカキコしてください

16 :名無しのオプ:03/08/05 23:31
高いとかいってる香具師は、はやみねの青い鳥文庫ぐらいしか
児童書を買ったことないんだろうなぁ

17 :名無しのオプ:03/08/06 01:06
「くらのかみ」買いました。とくに絶賛したい話じゃないけど不可もなし。
大人としては内容はそこそこ満足。
ボリュームと価格のバランスに不満。

ミステリーランドって対象読者がいまいちピンとこないよ。
子供が自分のお小遣いから買うには高いし、親としては本格ミステリを
全ルビ・大活字じゃないと読めない子に与えたいとは思わないし。

とゆーことを読者アンケートに書いてポストしておきました。

18 :名無しのオプ:03/08/06 01:55
くらのかみ買いました。面白かった。
しかし>17 の言う通りだな。
作家には不満はないが出版社に不満バリバリ。



19 :名無しのオプ:03/08/06 19:44
遅筆には法月も入れてやってください。

笠井を嫌いになりたくないんだ。
高校生の頃、ヴァンパイア戦争の頃からファンだったんだ。
評論だってわからないなりに全部読んだんだ。
スキー探偵でやばかったんだ。
ミステリーランドのテーマ的にすごい不安だ。

  確実に買うのは綾辻、竹本、有栖川、京極あたり。


20 :名無しのオプ:03/08/07 19:49
「くらのかみ」魅力的な人物もいるけど人数が多すぎて
ミステリーとしてもホラー(座敷童子探し)としても中途半端。
内容はがっかりだったけど、子供の頃村上勉の挿絵が好きだったから
挿絵が多くて嬉しかった。後書きや作品解説がないのが残念。
 井上夢人とか恩田陸とかホラーも書ける人が並んでいるから、
ミステリーとして一応まとめて最後に不思議な余韻を残す良作を
書いてほしいな。

21 :_:03/08/07 19:55
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/hankaku09.html

22 :名無しのオプ:03/08/07 19:58
>>21
うるせぇ 馬鹿!

23 :名無しのオプ:03/08/07 19:58
有名女優からセーラー服まで
当然、無修正
無料ムービーも充実!!
http://www.ncdonald.com/


24 :名無しのオプ:03/08/07 20:04
>>17
>ミステリーランドって対象読者がいまいちピンとこないよ。
>子供が自分のお小遣いから買うには高いし、
そんなの当たり前だろ。
定価2000円超で子供自身がターゲットの訳がない。

>親としては本格ミステリを
>全ルビ・大活字じゃないと読めない子に与えたいとは思わないし。
そう思わない(与えたいと思う)親がターゲットなんだってば。

25 :名無しのオプ:03/08/07 20:08
京極が注目度No1だな。

子ども向けに「みつしり」とかやっちゃったら一生尊敬するぞ。

26 :名無しのオプ:03/08/07 20:14
つか本格ミステリマスターズはどうなったんだおい

27 :sage:03/08/07 20:56
>>20
しゅのうには後書きらしき文章がついてる。
題して「わたしが子どもだったころ」

28 :27:03/08/07 20:57
げっ
何を考えとるんだっ
あげちゃった
スマン・・・

29 :名無しのオプ:03/08/07 22:43
マスターズとは版元が別だろうが。

30 :名無しのオプ:03/08/08 12:56
>全ルビ・大活字じゃないと読めない子に与えたいとは思わないし。

それを読める程度の子供がターゲットなのでは?
もともとそこまでチビッコ向けでは無いでしょうよ。

31 :名無しのオプ:03/08/08 19:10
殊能読み始めますた

倉知が楽しみー

32 :名無しのオプ:03/08/08 22:06
殊能読みました。
ミステリ要素は少ないけど、いかに児童文学に挑戦したか、と読むと面白かった。
「わたしが子どもだったころ」も丁寧に書かれててよかった。

2千円近くで金をかけた装丁・ハードカバー、というのは
自分で読む大人にしろ、子供に買ってやる大人にしろ個人を主な購買者にしたのではなくて、
小学校の学級図書とか、図書館の青少年室とか、シリーズ全部まとめて買う団体を
見越したものではないかしらん(図書館向けにしてはあのカバーが扱いづらいけど)。
  私も殊能以外は手元に置いておきたいほどではないから、近所の図書館に購入希望を出そう。


33 :名無しのオプ:03/08/08 23:26
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/mystery_land/
講談社のサイトにあった、一応
ただ>>1と内容は一緒だけど

殊能だけ購入。村上勉の挿絵が好きなので小野購入も迷ったが・・・。
さんざん既出だが2000円は高いよな。
1回の配本の3冊の内、できれば1冊は買っていきたい。

34 :名無しのオプ:03/08/09 21:08
子供向けの本ってのは、親が金出すんだから高くてもいいの。

35 :名無しのオプ:03/08/10 11:18
ハリー・ポッターが、いくらするか知ってるのかね?

36 :名無しのオプ:03/08/10 11:24
そっちこそハリポタ読んだことあるのか?
値段はほぼ一緒でも量が全く違うだろう。


37 :名無しのオプ:03/08/11 11:54
>33
禿人のサイトにもうちょっとくわしく出てるよ。

あと、篠婆日記によれば
あとがきはあのタイトル指定で全員書く決まりだったみたいだ。
島荘と小野はばっくれたわけだな。ベテランはやりたい放題かよ。


38 :名無しのオプ:03/08/11 13:50
ばっくれたのか・・・。
ちょっと読みたかったな、小野不由美の「わたしが子供だったころ」

39 :名無しのオプ:03/08/12 17:14
>32
学校図書館ではまず買わない。
まず児童図書として流通してないから、選書リストにものらない。
公共図書館でも成人の図書としてしか購入されないはず。
やる気のある司書がチェックいれたとしても、
あの装丁じゃ、子供の本として買うのは躊躇するでしょう。
背が地味すぎるし、表紙にタイトルがないのも致命的。
(図書館や学校にいれるものはまずカバーは外される)
値段も、二千円の読み物なんて、特に学校では
ハリポタレベルじゃないと絶対買わない。
このシリーズは、子供にはまず目に触れる事はないでしょう。
大人が知らずに読んだら総ルビにびっくりだろうしな。

どうしてこんな中途半端な本をだしたのか、編集のセンスを疑う。


40 :名無しのオプ:03/08/12 17:44
本を読む喜び「だけ」ではなく、本を所有する喜びっていうものに目を向けている
だからこそのあの装丁、価格でしょ。

図書館で読ませる「だけ」のことなんて考えていないと思うよ。

コンセプトは「かつて子供だったあなたと少年少女のために。」
子供を持つミステリファンの親が子供に買い与えたり、あるいは子供がいなくても
自分で買ったりして、宝物のように長期間愛蔵してもらえる本作りを目指したんだと思う。

こういう本が出ることは個人的に歓迎。
本には書いてある内容にしか価値がないっていう考えを持っている人は
「金儲けしか考えていない」とか「編集のセンスを疑う」とかいう感想しか出てこないって
いうことも理解できる。




41 :名無しのオプ:03/08/12 18:26
問題は、これらの本が誰に顔を向けて作られているかでしょ。

 子どもに向かって書かれているのか。
 これを子どもに読ませたいと思う大人に向かってか。

 両方とも「子どもの本」としてはアリだと思う。
 ただ、「お気に入りの作家のものなら、子ども向け風でも何でもほしがるミステリマニア」
に向かって作られたのなら、こんな無意味なことはないという気もする。

42 :名無しのオプ:03/08/12 22:16
>>39
リクエスト制度ってのがありますぜ・・・
かなりの図書館が買う予感がしますよ。
なんとなく司書好みっぽい気もするし。

43 :名無しのオプ:03/08/12 22:18
講談社って前から金儲け主義にはしってるよな。
企業として金儲けは当然のことだが度が過ぎると見苦しい。

44 :名無しのオプ:03/08/12 23:15
子供が大喜びするお話を提供して
出版社がお金をもうける
本好きの子供も育つ・・っちゅうことなら、
金もうけ主義でもぜんぜん問題ないんだけどね

何となくこの本を作った人たちの目に
子供たちは入っていないような気がしてならない

45 :32:03/08/12 23:44
>39
納得しました。
表紙にタイトルがないというのは言われるまで気づかなかった。

現役の子どもにも読んで欲しい内容だから、流通販促がんばってほしいなぁ。

>41
うまいこといいますね。

46 :名無しのオプ:03/08/12 23:59
殊能のだけ読了したわけですが、総ルビで明らかに子供用なんだけど、
子供に安心して読ませることが出来る内容ではないと思った。
普通に暴力とか出てくるし。

ま、今の社会がそうなってるっていえばそうなんだけど。

47 :名無しのオプ:03/08/13 00:20
島田荘司のは、なんで首なし人間を表紙にしたのか。あれじゃ怖がるんじゃないか?

48 :名無しのオプ:03/08/13 00:42
そういう意味では小野もどうかと思ったよ。
いい大人が(メール欄)なんだもん…


49 :名無しのオプ:03/08/13 00:50
それもそうだ。

50 :名無しのオプ:03/08/13 00:51
>46
虐待とは無縁な幸せな子どもは、
あれを読んでもよく分からないんじゃないかな。

巻末のエッセイ、丁寧に書いてあったけど、
子どもって本の作者のプライベートに興味持つのかな。
私はそれほど本を読む子どもじゃなかったけど、
本のタイトルや内容は覚えていても、作者の名前やなんかは覚えていないことが多い。

このシリーズは絵だけが楽しみになりそう。
中身は期待する気になれないです。

51 :名無しのオプ:03/08/13 01:16
人それぞれでしょ。(これを言っちゃあお終いだが)
「子ども」ってひとくくりにできるものじゃなし。

52 :名無しのオプ:03/08/13 03:48
このラインナップの中で、ミステリーって面白いよ、本って楽しいよってことを
少年少女に伝えるつもりで書いてくれそうな作家は誰と誰だろう。

自分のトラウマを子供達に植えつけかねない人はいますが。

53 :名無しのオプ:03/08/13 04:00
函から中身を取り出して、全部ホームズにすりかえてやったよ

54 :名無しのオプ:03/08/13 07:08
子供向け、っつーことで一番期待してるのは恩田陸。
一体何を書くんだ!?とわくわくしてるのは麻耶雄嵩。
子供向けになるのかなぁと少し不安もあるのは京極・山口。
お前は他に書かねばならないものがあるだろう!?と言いたいのは綾辻。
子供向けに書けそうにない気がするし…。つまんなs(ry

好きなのでこの5人のは出たら買うつもりだけど
多分4冊ですむんだろうな。

55 :名無しのオプ:03/08/13 09:26
そろそろ書いたほうがいいのかな?

ダ・ヴィンチ9月号P.178,179に「ミステリーランド」について取り上げられていて
シリーズを企画した編集の宇山氏がコンセプトに語っていて、このスレでも
批判の対象となっている
「安価な軽装版にしなかった」とか
「子ども向けを意識したテーマや記述に関する規制を一切しなかった」とか
そういうことについて自分から語ってるんだが

まあ、なるほどなと思える内容だった。

56 :名無しのオプ:03/08/14 02:23
>46 とか
いや、私も殊能しか読んでないけど、あれは普通に児童文学で書かれるレベル。
近年の児童文学は、子どもがシヴィアな状況をいかに乗り切るかが主題、っていう感じで、
(メール欄)がテーマなんてのもあるし、下手な大人の娯楽小説よりエグい。
(メール欄は殊能作品とはほとんど関係ないが、一応メル欄で)

57 :名無しのオプ:03/08/14 02:44
麻耶たんのが一番楽しみだ。
明日のナージャみたいなノリのきぼんぬ。

58 :名無しのオプ:03/08/14 08:46
 このシリーズさりげなく英訳タイトルが付いているけれど
タイトルによっては邪魔になりそうな気がする。
 くらのかみ→Zashikiwarasiは親切かもしれないが(笑)。
 しかし28人3ヶ月おきに3冊というのは気の長い話だなあ。
第T期ということはU期以降もあるんだろうし。
名作が出ると良いけれど。

59 :名無しのオプ:03/08/14 10:00
図書館でくらのかみ借りたけど、やっぱり表紙にタイトルが書いてないので
はじめびっくりしたなぁ・・
あのすばらしい装丁がカバーなしでは魅力半減してしまう〜

60 :名無しのオプ:03/08/14 11:47
子供の頃に図書館などで読んだ本で強烈に欲しかった本は、
高かったので、自分でお金を自由に出来るようになってから
買おうと決めていた。幸いにも版を重ねる本であったため
後年での購入も可能であった。

そんな私からすると、この本は長く愛されるシリーズになるのか、
ただの企画もので初版で終わってしまうのか、
そこらへんがかなりキモかと思うんだけど、どうも企画ものっぽいよなぁ。

61 :名無しのオプ:03/08/14 15:00
第一弾の三冊の評価は大分出揃ったようだね。
どうやら「くらのかみ」が一番なようで。
糞、これだけ読んでねえよ…

62 :名無しのオプ:03/08/14 21:15
>>61
同じく。
「くらのかみ」以外は買った。
でも、「くらのかみ」は古本屋とかに出まわりそうではあるけど。
この調子で皆の評価を読んでいると、ほとんど買い揃えそうでヤバイ。
っていうか、置き場所に困る

63 :名無しのオプ:03/08/14 21:43
第1期執筆陣に入っていない北村薫、加納朋子を使って戸川が似たような事始めたりしてw

64 :名無しのオプ:03/08/14 22:09
第一回配本の3冊は読んだよ。
ま、この3冊は読んどいていいと思う。
最初にトップクラスの書き手を持ってきてる感じだし、
これからは(゚听)イラネな作家がイパーイ出てくるはずだから。

65 :名無しのオプ:03/08/15 02:18
まだ一冊も買ってない
一冊買っちゃうと全部買っちゃいそうで恐い(((;゚Д゚))ガクガクブルブル

66 :名無しのオプ:03/08/15 11:17
>>65
そうそう、そんで第一期とか全部そろえて並べ方とか気にしたりして、
背表紙の色別か・・・あるいは五十音順か・・・なんて。

67 :山崎 渉:03/08/15 14:47
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

68 :名無しのオプ:03/08/15 17:26
>>64
綾辻、法月、竹本、芳樹と、なかなか書いてくれない方が参加しているのに
なんという失礼な言い方を(藁

69 :名無しのオプ:03/08/15 19:41
山崎渉の母「この度は息子がクソスレを立ててをしてしまいまことに申し訳ありません」
山崎渉の妹「あんなにやさしかったお兄ちゃんが突然おかしくなっちゃったの」
山崎渉の精神科医「山崎渉は重度の精神障害を引き起こしている」
山崎渉のエクソシスト「山崎渉には悪霊が数体とり憑いており大変危険な状態だ」
山崎渉の主治医「お気の毒ですがもって3ヶ月。回復の見込みはないでしょう」
山崎渉の同級生「いつかはやるだろうとみんなから言われていました」
山崎渉を介護するロボット「介護モ困難ナ状態ニアリマシタガココマデハ予測デキマセンデシタ」
山崎渉の体内に金属片を埋めた宇宙人「山崎渉ヲ実験体二スルニハ無理ガアッタヨウダ」
山崎渉の初体験の相手のソープ嬢「オドオドしていて雰囲気が怖かったです」
山崎渉の家臣「このような時にご乱心あそばされるとは無念の至りでござる」
山崎渉の精子「オナーニをやめたかと思えばこんなことをしているとは!」
山崎渉の召喚獣「史上最悪の生物を召還する前触れです。それだけは阻止してください!」
山崎渉のシーモンキー「こんなやつに飼育されるのは奴隷以下の存在。悲しいです」
山崎渉の暗殺を狙う工作員「このような暴挙に出るとは。山崎渉に接近するのはまだ危険だ」
山崎渉の中学生時代の担任「山崎渉の将来は心配していましたが・・・私の力不足でした」
山崎渉の幕僚「今宵我ら幕僚一同はクーデターを起こし山崎渉を暗殺する!」
山崎渉を尾行していた公安当局「まだ危険が終わったとはいえない。引き続き監視を続ける」
山崎渉と同期の幕内力士「ごっつぁんです、山崎渉が帰ってきたら存分にシゴいてやるっす!」
山崎渉を蘇らせたネクロマンサー「魔族をもはるかに超えた凶悪な力を感じる。暗黒時代の到来だ」
山崎渉へ。(ビートたけし)「カローラがこんなに変われる時代だ。山崎渉はどうだい?」
山崎渉の事件を知ったブッシュ大統領「山崎渉への報復のためならばいかなる行動も辞さない!」
山崎渉の事件を知った小泉首相「Show the Flag! 全力で後方支援をする」
山崎渉の事件を知った金大中氏「今回の山崎渉の行動に対して謝罪と賠償を要求する」
山崎渉の事件を知ったビンラディン氏「これはジハードだ!若者よ立ち上がれ

70 :名無しのオプ:03/08/15 20:04
その書かない禿二人がイラネの筆頭候補なわけで。
なぎら健壱と面長の人の作品は楽しみにしてる。

71 :名無しのオプ:03/08/15 22:24
>>69
関係ないからsageるけど、中学校の時の先輩に山崎渉って同姓同名の人いたんだよね。
その人結構かっこよくて女子からも人気あったんだけど、今頃大迷惑してるんじゃないだろうか。
(まさか本人ではないと思うが)

72 :名無しのオプ:03/08/17 09:58
新刊が出る3ヶ月後までスレが持つかどうか。
まとめて評判が聞けるから存続してほしいが
間隔開きすぎだよね。

73 :名無しのオプ:03/08/18 10:01
三冊とも期待はずれだね。特に殊能のはがっかりだ。

74 :名無しのオプ:03/08/18 10:30
大人の視点で読んで期待はずれなのか、子供の視点で読んで期待はずれなのか。
しかし三冊買ったってすげーな。
俺、いまだに島田のを買うかどうかで悩んでるよ・・・。

75 :73:03/08/18 11:25
>74
大人の視点です。ただ自分が子供の頃わくわくしながら読んだ
ホームズやルパンなんかと較べてもレベルが大分低いように思います。
三冊のなかでは島田のが一番ましかな。

76 :名無しのオプ:03/08/18 11:29
殊能スレではおおむね好評
小野スレではおおむね不評
島田スレではおおむねスルーって状態ですかね。

さて、どれから読むかな。

77 :名無しのオプ:03/08/18 11:44
重松清っぽい >子どもの王様

78 :名無しのオプ:03/08/18 14:37
コモドの王様
http://komodo.procombel.be/

79 :名無しのオプ:03/08/18 17:47
( ゚w゚ )プププ・・・

80 :名無しのオプ:03/08/20 01:00
が・・・がんがれ!

81 :名無しのオプ:03/08/20 01:11
>>1
頼むからこの程度の企画のために1スレ使わないでくれ

82 :名無しのオプ:03/08/21 21:04
「この程度」の基準が違うage

83 :名無しのオプ:03/08/24 17:13
どう考えても、ミステリオタのみをターゲットにした企画。
最近はメヒスト賞があんなだし、講談社も大変だな。
ま、ウチの近所の本屋では絵本のコーナーに置いてあったのにはワラタ。

84 :名無しのオプ:03/08/24 18:23
あーあ、でたよ、「どう考えても」が。

85 :名無しのオプ:03/08/25 02:17
島田のだけ読んでみた(図書館だから箱入りじゃないのが残念)
うしろのほうについてる執筆者リストを見てて、この中の何人がばっくれるかと考えてドキドキした。

86 :名無しのオプ:03/08/27 18:10
今日、子供に読ませようと思ってさっそく3冊とも買ってきました。
ホントに素敵な装丁だけど、ちょっと無謀だったかなあ。

いえいえ、内容じゃなくって。
まだ、本を大事に読むってことができないお年頃なようで。
そのくせ、読み聞かせだと最早プライドが許さないみたいだし。

ハリー・ポッターなんか、文字通り全冊ボロボロになってしまいました。
傷めずに読んでくれるかなあ。トホホ

87 :名無しのオプ:03/08/28 05:47
>>86
本格ミステリをちびっこに与えようという親御さんはいるのかしらん?
と思ってたけど、ちゃんといますねー。
子供が人気ミステリ作家たちの話を楽しめたかどうか気になります。
読み通すことが出来たのか、三冊の中にお気に入りはできたのか、
結果がでたらレポートきぼ〜ん。


88 :名無しのオプ:03/08/28 17:40
自分の読書体験を振り返ると
やはり親がポプラ社乱歩やホームズを大プッシュしてたわけだから
親がシマソウをプッシュするというのもいいかもしんない。
作品のでき次第だけどさ

89 :名無しのオプ:03/08/28 19:18
占星術や斜め屋敷に大喜びするガキなんてロクな大人にならん。漏れのようにw

90 :名無しのオプ:03/08/28 20:11
自分の親はあまり本は読まない人だったなぁ。
小さいころ絵本はおばあちゃんが買ってくれたよ。
とはいっても、おばあちゃんも本好きってわけでもなかったな・・・。

しかし今では立派に活字中毒。どこで転んだのか分からん・・・。
友人でもなきゃ親戚でもない。
・・・自分で穴に落ちたのか。_| ̄|●

91 :名無しのオプ:03/08/29 01:01
子供の頃、漫画は自分の小遣いで買わされたが、活字は無条件に買ってもらえたな。
うちの親もほとんど本を読まないひとだから、逆に「子供には・・・」だったのかもしれない。
漏れの本棚見て(どんな本が並んでいるかも確かめずに)「○○君は勉強家だな」
っていう親戚のおじさんとかいまだにいる……。
まぁ漏れも最初は「賢いと思われたい」ってことで活字を読み出したんだが……。

あっすまんスレ違いだな。

92 :名無しのオプ:03/09/03 21:22
島田荘司のは、全然子供むけじゃないっ!
まさか北がテーマだったなんて...

93 :名無しのオプ:03/09/03 22:14
頼むから逝ってくれ>92

94 :名無しのオプ:03/09/04 04:52
意地悪すんなよ

95 :名無しのオプ:03/09/06 04:23
>>92
>北がテーマ

ネタバレ( ´,_ゝ`) ぷっ


96 :名無しのオプ:03/09/06 13:05
テーマはネタバレじゃないよ。
この本は恋愛がテーマだ!といったら、ネタバレなわけ?

読めばすぐに分かることなのに。




97 :名無しのオプ:03/09/06 14:25
ミステリーランドよりファウストを買い与える親が多々いたりしてw

98 :名無しのオプ:03/09/07 19:49
殊能将之の「子どもの王様」読みました。
小野不由美の「くらのかみ」は買ったけど「子どもの王様」は図書館。

んー。
表面にフィルムを張っちゃう図書館本だとミステリーランドの装丁の
魅力が半減です。印刷の鮮やかさも、布張りの手触りも味わえないんじゃ
ただ高いだけの本だよなー。
図書館で読んだ人のミステリーランドの評価は低目になりそう。

内容については・・・私にはあまり楽しめませんでした。
殊能将之の本で面白いと思えたのが「ハサミ男」だけだったので
読者として向いていないっぽいです。

99 :名無しのオプ:03/09/09 00:39
「子どもの王様」を買わずに「ハサミ男」を初めて読んだ。
おもしろかったけど、このコミカルさはないんだろうな、と思うと
買う気がいまいちしない。
「くらのかみ」ミステリーとしては最低だったし。
最後まで読ませる筆力はさすがベストセラー作家と思ったけれど。
子供の時だったらおもしろかったのかなあ。
でも子供の時って、つまんないと容赦ないからなあ。



100 :名無しのオプ:03/09/09 11:07
最近の子どもはコナンとか金田一とかで
バラバラだの連続殺人だの見てるからなあ。
そういう俺も子どもの頃は乱歩読んでたなあ。
少年物だけどたまに「何でこんなん混じってるの?」ってのがあったなw

101 :名無しのオプ:03/09/09 17:48
子供向けって、外国物は特に、元は大人向けで評価の高かったものを
書きなおしているものが多いから、面白いんだけど、
大人の事情とか行為がカットされてて
なんでこの人達こんなに仲がいい(悪い)んだろうと思ったなあ。
でも「黒蜥蜴」読んだ時はぞくぞくしたなあ。
 これだけ人数が書けば当たりも出るだろうが、全集そろえる人が
どれだけいるかだな。読書感想文の課題図書にはなりにくそうだし。

102 :名無しのオプ:03/09/11 00:31
10/25
有栖川有栖「虹果て村の秘密」
二階堂黎人「宇宙捜査艦《ギガンテス》惑星パルガの怪物」
篠田真由美「魔女の死んだ家」

103 :名無しのオプ:03/09/11 01:22
抜け殻ばっかりか

104 :名無しのオプ:03/09/11 02:42
有栖川だけ読みたい

105 :名無しのオプ:03/09/14 19:29
だとしたら第三回配本に期待。
できれば、恩田、麻耶、歌野、倉知、西澤の中から2人は入ってほしい。

106 :名無しのオプ:03/09/15 21:58
>>105

第3回配本(2004年1月25日):
・井上雅彦
・高田崇史「鬼神伝(上)」
・竹本健治
・はやみねかおる

第4回配本(2004年4月25日):
・太田忠司
・高田崇史「鬼神伝(下)」
・森博嗣

107 :名無しのオプ:03/09/16 05:17
↑ (・∀・)イイ!!  気になるのイパーイある・・・

108 :名無しのオプ:03/09/19 22:45
島田のトリック…第1回配本の三冊の中で一番納得がいかなかった。
けど、よく考えたら島田のトリックなんてこんなんばっかりだった…_| ̄|O



109 :名無しのオプ:03/09/19 22:48
子供の感想が聞いてみたく候。
誰か読ませてみせれ。

110 :名無しのオプ:03/09/19 23:51
>>109
だいたい何歳くらい?

111 :名無しのオプ:03/09/19 23:59
島田荘司のは、全然子供むけじゃないっ!

112 :名無しのオプ:03/09/20 00:14
>>106
上下巻のもあるのか・・・。
なんかショック。いや別にいいんだけど。

113 :名無しのオプ:03/09/20 08:18
>110
やはり小6(12歳)以下が本道かと。

114 :名無しのオプ:03/09/26 18:50
殊能を9歳の姪に読ませた。
最後、ショウタがかわいそうといっていた。
お父さんがショウタのところに行く場面でどきどきした。
全体的にどきどきしておもしろかった。
だそうです。
それくらいしか言わなかったけど…
多分ミステリとかそういうのを関係なく読んでいるからかな?
自分が殊能しか持っていないからこれだけ貸してあげたけど、
小野と島田も読んでみたくなってきたから…買ったらまた貸してあげようと思っています。

115 :名無しのオプ:03/09/26 19:53
「透明人間の納屋」を読みました。

あまり面白くなかった。
ミステリとしては密室ものになるのかな。人間消失タイプの。
でも、殺人も密室も主人公から見てちっとも重みがなくてどうでもよさそう。
謎がどうでもいい感じに扱われているので残るのはイデオロギー絡みネタと
なんだか冴えない少年の日常だけで、読んでいて楽しい気分になれたり
ドキドキできる要素が皆無じゃん・・・。

これでミステリーランド第一期の三冊を読み終えたんだけど、島田荘司のが
一番つまらなかった。楽しめたのは小野不由美。

なんだかいつのまにか消えていってしまいそう。ミステリーランドシリーズ。

116 :名無しのオプ:03/09/27 00:42
アンケートの書いて欲しい作家ってのが第二期に入るんだろうけど・・・。
まぁ、頑張って続いて欲しい。私には無理だが、あの装丁で全巻が並んだいいだろうなぁ。

まだ、「くらのかみ」しか読んでないが、他のも読んでみたいものだ。
図書館をあてにして返却を待っていよう。

ところで、地元の図書館では一般の本棚にあったのですが、他のところでは児童のとこにありますか?

117 :名無しのオプ:03/10/05 21:49
殊能 将之「子どもの王様」読みますた

あとがきにジーンときますた
島荘のといい、大人が読んだほうが切ないですねヽ(´ー`)ノ


118 :名無しのオプ:03/10/06 01:46
今月末に第2回配本かぁ。

●『虹果て村の秘密』有栖川有栖
 美しい虹と七つの伝説に彩られた村の秘密! 12歳の秀介は近所に住む推理
 作家の別荘に招かれ虹果て村で夏休みを過ごすことになった。しかしのどかな
 村で相次いで殺人事件が発生した。村に隠された秘密とは!?

●『魔女の死んだ家』篠田真由美
 おかあさまを殺したのはあの男? それともあたしなの? 家には毎日たくさ
 んの男たち――おかあさまの「すうはい者」が訪れていた。ある日おかあさま
 はピストルで殺される。あたしには冷たいピストルの感触があったが……。

●『ぼくと未来屋の夏』はやみねかおる
 未来は誰にも分からない、そう思っていた。「未来を知りたくないかい?」6
 年生の夏休み前日、風太は未来屋と出会った。ふたりは髪櫛町の謎――神隠し
 の森、人喰い小学校、人魚の宝――をひとつずつ明かしていく。

さぁて、一冊だけ買うとしたらどれ?

119 :名無しのオプ:03/10/06 02:17
好みで買うならアリスかなあ
いやな予感がするけど

120 :名無しのオプ:03/10/06 05:54
漏れもアリス

でもはやみね未読だからこの機会に読んでみたいなぁ

121 :名無しのオプ:03/10/06 10:22
有栖川宮有栖?

122 :名無しのオプ:03/10/09 16:08
有栖川を買う。
ついでに第一回配本の殊能としまそうをまだ買ってない
(ふゆみはいらね)のでそれも買おう。

出費が

123 :名無しのオプ:03/10/09 22:54
みんな有栖川ばっかでおもんね、といってみる

124 :名無しのオプ:03/10/10 00:10
漏れは、はやみねも読みたいよヽ(´ー`)ノ


125 :名無しのオプ:03/10/10 00:33
アリス嫌いなんで、というかきっと子供向けだからこの程度でいいだろ、てな感じで書いたレベルだろうし
はやみねだけ買いマス


126 :名無しのオプ:03/10/10 00:38
そうか島荘のはつまらんのか…

127 :名無しのオプ:03/10/10 01:33
漏れは島荘よかったよヽ(´ー`)ノ

泣けますた。・゚・(ノД`)・゚・。


128 :名無しのオプ:03/10/10 03:34
病院行け

129 :名無しのオプ:03/10/11 11:35
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工


130 :名無しのオプ:03/10/11 22:58
篠婆はみんなスルーでつか?

自分も1冊買うならアリスだけどさ。

131 :名無しのオプ:03/10/12 06:06
>>130
イラスト買いするよ。本文イラネ(w

132 :名無しのオプ:03/10/26 13:43
透明人間の納屋を読み終わった。次は子どもの王様か。
透明人間の納屋は装丁や挿絵が気になったから買ったが、次はなぁ・・・。
中身は買いですか?

133 :名無しのオプ:03/10/26 19:44
>132
子どもの王様なら、自分は3冊の中で一番だと思った。

島田は結局いつもの島田節だったし(好きな人はいいんだろうが)
小野は半端な新本格だったし。


134 :名無しのオプ:03/10/26 20:59
>>133
よし、中古で探してみることにする。ありがとー。

最近、自分の中で読書が復権したからミステリーは初心者なんですよ。
小学校の子供向けホームズやクイーン以来。
透明人間の納屋は個人的におもしろかったので、いつものってことは島田さんいけそう。
今度、他のも読んでみよう。

135 :名無しのオプ:03/10/29 13:45
いつ出るの?

136 :名無しのオプ:03/10/29 14:21
講談社のサイトでは今日発売になってるんだが、いつも行ってるとこではまだ並んでなかった。
夕方他のとこ見て帰ろう。

137 :名無しのオプ:03/10/29 15:37
せっかくみつけたのに金が足りないなんていうオチはあんまりだ・・・

138 :名無しのオプ:03/10/30 16:59
「虹果て村の秘密」買ってきた。
「魔女の死んだ家」は並んでなっかた。

139 :138:03/10/30 17:04
「なっかた」→「なかった」
ごめんなさい。

140 :名無しのオプ:03/10/31 22:31
近所の本屋あちこち巡ったけど、「魔女の死んだ家」だけなかった。


141 :名無しのオプ:03/11/01 02:27
今日ようやく第二回配本の三冊を買うことができました。
何か第一回配本に比べて、極端に刷り部数というか入荷数が減っているような気が…

142 :名無しのオプ:03/11/01 12:48
はやみねかおるだけは凄い沢山あるような・・・

143 :名無しのオプ:03/11/03 12:24
くらのかみが3刷行ったそうで。
殊能と島田のは増刷なしっぽい。

144 :名無しのオプ:03/11/09 10:11
挿絵が好きな漫画家らしいと聞き
立ち読みしてみようと思ったら
「魔女」だけ売りきれていた。
どんな挿絵なのか気になるな。

145 :名無しのオプ:03/11/09 13:30
>144
篠婆スレにイラスト買いした人のレポがあるよ。


146 :名無しのオプ:03/11/09 17:19
>145ありがとう。レボ読みました。探して見るほどではなさそうですね。
篠田作品って成り上がり者とか下町人情風庶民とかが主軸なら
面白そうな気がするのだけれど、今回のも予告文見た限りでは
いつも通り耽美に華麗に展開させようとしているようなので興味薄です。

147 :名無しのオプ:03/11/19 03:30
第二回配本の三冊の感想とかはないの?
当方金欠でまだ買ってないが・・・。

148 :名無しのオプ:03/11/19 22:27
「虹果て村の秘密」
今のところ読んだ3冊(小野、篠田、有栖川)の中で、
一番子供に読ませたいと思った本だった。
挿絵が他の2冊と比べてカラフルだなと思っていたら、
どうやら虹の7色に合わせているみたい。
挿絵だけ先に見ると密室のトリックが図解してあるのが目に入るので要注意。

149 :名無しのオプ:03/11/22 23:57
第2回配本の3冊を読了した。
ジュヴナイルとしての出来はよく分からんが、
どれも文章はこなれていて読み易かった。
内容に関してはどれもやや不満が残るけど、
この分なら子供でも退屈せず読み進められそうな気はする。

はやみねかおるの「ぼくと未来屋の夏」、出だしのテンポが良かった。
前半だけで言えば三冊中で一番良かったが、後半は尻すぼみ。

有栖川有栖の「虹果て村の秘密」、ミステリ要素の消化については良。
物語は少しアンバランスなところもあるが、全体としてはまとまっている。

篠田真由美の「魔女の死んだ家」、少女マンガチックな挿絵がハマっている。
143ページの絵が好き。ただ話はかなり不安定。雰囲気に浸れないとイマイチ。

150 :名無しのオプ:03/12/08 02:07
西澤保彦は4月発売(公式hp)

151 :名無しのオプ:03/12/19 00:03
森も4月らしい。
イラスト担当のサイトで知った。

152 :名無しのオプ:03/12/21 17:19
自分の利用している図書館では「くらのかみ」が超人気。
あと6人も待たねば_| ̄|○

「透明人間の納屋」は個人的にイラストがイマイチかと。
あと、わざわざここにこの問題を絡めるところが島荘らしい。
「子どもの王様」は逆にイラストがいいな。
「魔女が死んだ家」はイラストに助けられているという感じか。
森は4月かー・・・最近絵本でぼったくってるからあんまし期待はしてない。
むしろここは竹本に期待だろう。


153 :名無しのオプ:03/12/24 21:48
>>151
イラスト担当は山田章博なんですね。
かなり楽しみ。

154 :名無しのオプ:04/01/19 03:39
浮上

155 :名無しのオプ:04/01/23 21:21
一応今まで出たのはすべて読破している。図書館から借りてきて。
一番良かったのが「透明人間の納屋」あと「子どもの王様」。
「くらのかみ」や「虹果て村の秘密」は、明るいうちに一杯やりながら読んで
そのまま寝ちゃいそう。それも気持ちいいし、ほかのもナイトキャップ
で呑みながら読んでんだけど。

156 :名無しのオプ:04/02/04 06:40
装丁がイイから買いたくなるけど
やっぱり手が出ない・・・

157 :名無しのオプ:04/02/06 11:20
駅前の本屋、第3回配本に至っては、とうとう1冊ずつの入荷に。
漏れが買い占めただけで、もうないなんて…

158 :名無しのオプ:04/02/06 18:00
おぉ、もう第3回配本か

159 :名無しのオプ:04/02/07 04:57
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/mystery_land/

すぐに図書館で予約しなくちゃ!

160 :名無しのオプ:04/02/07 07:40
透明人間は全然期待していなかったけど
案外面白かったな。最近島荘は初心に帰って
開幕の謎にこだわっているな。

161 :名無しのオプ:04/02/07 08:41
月に3冊で1冊約2000円…高いなぁ


ヽ(`Д´)ノ全部欲しいYO


162 :名無しのオプ:04/02/07 09:52
3カ月おきなので毎月1冊買うように汁!

163 :名無しのオプ:04/02/07 10:38
竹本…
いくらなんでもこれは

対象年齢高すぎだろう

164 :名無しのオプ:04/02/07 11:57
第3回配本。
三冊とも題名とあらすじから見て、内容が似ているのでは?と思ってしまう。
でも、まぁぼちぼち読んでみようかな。

165 :名無しのオプ:04/02/07 12:10
竹本のはヤバイ

166 :名無しのオプ:04/02/07 16:45
3冊とも今日図書館で予約しますた
楽しみ〜♪ ヽ(´ー`)ノ

167 :名無しのオプ:04/02/11 07:48
>>162
そうだった、3ヶ月毎だったな…1ヶ月に3冊と勘違いしてたよ。
これからは毎月1冊買っていこう…

168 :名無しのオプ:04/02/11 15:32
しかし、3ヶ月おきに出して第1期の配本予定者分を終われるんだろうか…。
第2期分はなさそうな気が…

169 :名無しのオプ:04/02/11 17:12
新刊、読んだ人いないの?
家の近くのツタヤには一冊もありません。


170 :名無しのオプ:04/02/15 00:24
age


171 :名無しのオプ:04/02/15 00:39
今、竹本のを読んでる

172 :名無しのオプ:04/02/15 02:01
二階堂の買う奴いるのか?

173 :名無しのオプ:04/02/15 23:13
二階堂でませんYO!!

174 :名無しのオプ:04/02/18 03:05
はやみねかおるは最低だったな!
話がおかしすぎて途中で読むの止めようかと思ったよ!
あんなムカつくのも珍しい!
この作家初めてだったけど二度と読まね(゚听)


175 :名無しのオプ:04/02/18 13:03
>174 え、どういうこと? 子供には人気高いけど。


176 :名無しのオプ:04/02/18 13:12
うちの子(小2)によるランキング
@「ぼくと未来屋の夏」
A「くらのかみ」
B「闇の中の赤い馬」/B「こどもの王様」
なお、残念ながら「虹果て村の秘密」は、
途中で放棄しました。
子どもに読ませる技量というのは、
ミステリー作家としての技量とはまた別でしょう。
その意味ではやみねさんはぬきんでているとしても、
それに肉薄している小野さんはさすがです。
有栖川さんは、小学校高学年から中学生くらいなら
違った結果がでたかも。



177 :名無しのオプ:04/02/18 18:35
「ぼくと未来屋の夏」

猫柳というキャラがどうしても好きになれなかった
おかしすぎるよ
なんで風太の家に長い間居候できるんだ?
なんで道で声を掛けた女性が素直にアドバイスに従って靴を買い換えるんだ?
なんで学校の先生とすぐに結婚できるんだ?etc...
全てがご都合主義すぎるよ
単純で分かりやすいかもしれないけどね・・

178 :名無しのオプ:04/02/19 00:01
小学校2年生にミステリランドを読ませてる>>176タンがすげぇと思いますた

179 :名無しのオプ:04/02/19 00:17
「くらのかみ」ミステリーではない

「こどもの王様」子供向けの本として、結末が残酷

「ぼくと未来屋の夏」「虹果て村の秘密」は、
このシリーズの目的を理解している佳作

180 :名無しのオプ:04/02/19 02:20
子供向けとしては残酷って、意味がわからん
大人向けだったら同一内容でも評価したのか?
そもそも残酷なのが駄目ならミステリなんてよますな!
むしろ普通の子供向けの平和的結末からハズしてきたところがいいだろ。


181 :名無しのオプ:04/02/19 03:35
はやみねかおるさんてかなりハンサムかと思ったらダヴィンチの写真見て驚きました
結構間寛平似なんですねw


182 :名無しのオプ:04/02/19 11:39
>>179
確か企画者自身が、
子ども向けだからと言ってハッピーエンドにしなければならないわけじゃない、
みたいな意味のことを言っていたと記憶しているが

183 :名無しのオプ:04/02/19 11:57
30年ほど前にあかね書房から出た
「少年少女世界推理文学全集」というシリーズがあるが、
子供の頃、あれを読んでミステリ作家になったという人が多いと聞いた。
ポー、カー、クイーン、クリスティといった大人の作品を、
子供向きに書き直したもので、
文章こそやさしくなっているが、
内容はそのままだ。
子むけにするからと言ってミステリの醍醐味を削ってはしょうがない。
そのかわりに『透明人間の納屋』みたいな、
お母さんのエッチ・シーンとかは避けて欲しい。




http://ekisai.at.infoseek.co.jp/b/0005.html
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=8066

184 :名無しのオプ:04/02/19 13:54
あかね書房の本は私も読みました。
とくに『赤い家の秘密』の絵が印象に残っています。
調べて見ると、あのシリーズって、
挿画を横尾忠則なんかが描いているみたいだけど、
『赤い家』の絵は誰だったんだろう?
誰か知りません?


185 :名無しのオプ:04/02/19 16:19
イラストが全体的にヘンじゃないですか?
特に有栖の『虹果て村の秘密』

主人公の2人が白い体操着みたいなの着てて
なんかカッコワルかったです
容姿(顔とか)も全然かっこよくないし・・

186 :名無しのオプ:04/02/19 18:47
『魔女が死んだ家』のイラストは、雰囲気があって良いと思う。
『ぼくと未来屋の夏』の「挿絵」も、昭和の本的懐かしさが、
物語とあっていて良。

187 :名無しのオプ:04/02/19 20:00
>185
ラノベじゃないんだから別にいいっしょ。
絵本みたいな雰囲気でいいと思ったよ。

188 :名無しのオプ:04/02/19 23:04
装丁は高価なだけあって今時の本にはない重宝観があるけど、
挿画の使い方ははやや雑な気がするね。
画家の描いた絵をそのまま載せている感じで、
字の中に組み込ませるということはやっていない。
>>185
確かに。絵の雰囲気はわるくないのに、何で体操着なんだろう。



189 :名無しのオプ:04/02/21 21:32
篠田の本2版目になってた。
やっぱイラストのせいかなぁ(w

190 :名無しのオプ:04/02/21 21:45
>189
イラストのせいってどういうことですか?
(a)イラストに問題があって差し替えられた?
(b)イラストが人気高くてよく売れた?
篠田本はまだ買ってないので……。
しまった初版本でそろえられなくなってしまう!
でも2版目ではなく、2刷目の間違いでは?



191 :名無しのオプ:04/02/21 22:06
そりゃ(b)でしょう。


192 :名無しのオプ:04/02/22 00:35
くらのかみは、
本格ミステリ大賞の候補作になってるようだ。

193 :名無しのオプ:04/02/22 00:47
>>191
へー波津彬子さんて方ですね。
そんな人気高いんスか?

194 :89:04/02/22 00:49
作品の良し悪しはともかく、
「くらのかみ」を、本格と分別できる理由を知りたい。
今や、ミステリーの賞は、
メフィスト賞の「広義のエンターティメント」解釈が主流みたいで、
SFもファンタジーも、同じ括りになっているけれど、
「本格」位は、きっぱりと姿勢正して欲しい。

195 :名無しのオプ:04/02/22 03:37
>>194
「魔術師が多すぎる」や「生ける屍の夜」が本格なら、「くらのかみ」も充分「本格」だと思う。

ミステリのトリックというのは、現実世界の物理法則が大前提となっているわけで、例えば
同じ物体は同一時間に別空間を占有できない→アリバイトリック
分子の結合した固体は分子の結合した別の固体を通過できない→密室トリック ということだよね。
そこで、科学の変わりに魔術が実用化されたSF世界を想像してみて欲しい。
その世界では、当然密室なんて意味をなさなくなる。

しかしその世界にも、魔術を使うには限定条件があるという縛りがあるとすると、
これこれこういう状況では、誰も魔術によって密室の中に進入できたはずはないという
不可能状況が生まれるわけだよね。
その不可能状況を、「万人が納得できる論理」によって解決できていれば、それは本格である、
ということなんじゃなかろうか。


>>193
結構固定ファンの多い漫画家さんです。


196 :名無しのオプ:04/02/22 05:34
『「万人が納得できる論理」によって解決できていれば、それは本格である』
と、仮定するのであれば、トリックではなく、ファンタジーで帰結する
「くらのかみ」は、本格とは言い難いのではないだろうか?



197 :名無しのオプ:04/02/22 06:34
うーん、ファンタジーの部分が「魔術が実用化されたSF世界」の部分に該当するんじゃないかな。
言わば、超自然的存在が当然とされる世界観というのが、条件と提出されていて、
その中でロジックが首尾一貫していれば、論理的に真相を推理することができるかどうかなわけで。

「万人が納得できる論理」というのは、aならばb、bならばc、ゆえにa=cであるという意味であって、
少なくともaならばb、bならばc、ゆえにネッシーは実在するなどという無関係な帰結はしていないという
意味合いなんだけど。

この辺、実は「どんどん橋」に近いところがあると思う。流石似たもの同士と言うべきか。
つまり真相そのものは「万人が受け入れる」かどうかは大いに疑問なんだけど、少なくとも
真相に帰結する論理の構成自体は、きちんと「万人が検証できる」本格なのでは思うのよ。
この世界ではちゃんと成立するんだけど、そのことを読者に見破られないように
周到に仕組まれているわけで、やっぱりそれはトリックだと言えないだろうか。

>>196は「生ける屍の夜」も本格じゃないと考えているのかな?
だったら、「くらのかみ」は、本格とは言い難いという結論は当然だと思う。

198 :196:04/02/22 07:41
なるほどね。
でも、「くらのかみ」の場合、aならばb、bならばc、ゆえにa=cを
「ネッシーはいる」を共有の認知している事象として・・・・・・
ああ、なるほど、あの箇所か。
京極堂なら、その帰結を謎の突破口にしてしまうだろうな。

因みに、「生ける屍の夜」も、本格とは考えていない。
と、書いてみて、「きっぱり姿勢を」なんてほざいてしまったが、
もともと定義の曖昧なものだったのねと、小さくなってみたり。

199 :名無しのオプ:04/02/22 14:18
篠田本、挿絵波津さんが描いてるのか。
よし、買ってこよ。

200 :名無しのオプ:04/02/23 01:20
島田荘司のチャート(『本格ミステリー館』角川文庫)によると、広義の探偵小説には論理←→情動の軸と幻想←→リアリズムの軸とがあり、この二つの軸が垂直に交わってできる平面上に一応すべての探偵小説を分類することができる。
「本格」と呼ばれるものは、論理←→情動の軸の論理の側に傾いたものを言う。そして「本格」の作品群の中には、幻想←→リアリズムの軸のうち幻想の方向に位置づけられるものと逆にリアリズムの方向に位置づけられるものがある。
本格のうち幻想の方向にあるものを「本格ミステリ」本格のうち論理の方向にあるものを「本格推理」と名づける。(これは島田の名づけ方に過ぎず、どこまでこういう使用法が使われているかは別問題であるが)。

201 :ごめんねまだつづくのよ:04/02/23 01:24
具体的に言えば、「本格ミステリ」に分類されるのは「ドグラ・マグラ」「黒死館」「本陣殺人事件」などで、「本格推理」に分類されるのは「点と線」や「黒いトランク」とっいったものだ。
仮にこの分類を採用すれば、「本格」でも幻想性があっていいわけで、「くらのかみ」は「本格ミステリ」に分類されることは確かだろう。
ただ、島田は「ドグラ・マグラ」や「黒死館」は、幻想性が高い小説ではあっても、その謎の解明において十分に論理的であるとは言いがたいため、
「本格ミステリ」としての純度は、幻想的な謎が最終的には十分に論理的に解き明かされ幻想性の仮面を剥がされる横溝作品などには劣るとしている。

202 :名無しのオプ:04/02/23 01:29
島田の透明人間はどうよ?

203 :やっとおわり。結論。:04/02/23 01:32
その意味では、最後まで幻想は幻想として残る「くらのかみ」や「霧越邸」は、まぎれもなく「本格ミステリ」に分類されるとしても、その「本格」としての純度はあまり高くないことになるだろう。
 このチャートについて、対談相手の綾辻は必ずしも前面的に賛成しておらず、いろいろな問題を含む図ではある。
だだ、問題を整理する上では役に立つのではないか。
ちなみに島田は、日本の探偵小説の傑作は圧倒的に「本格推理」の分野に多く、逆に「本格ミステリ」のほうはガラガラの状態だから、
今後、「本格ミステリ」の方向でよい作品が描かれれば、歴史的な評価を得る可能性が高いとしている。
これは1991年の時点で言われているわけだが、実際に歴史的に評価されるようになるかどうかはともかく、その後のミステリ界の動きは島田が望んだ方向にある程度すすんできているのではないか。
京極作品などの評価はそれにあたるかもしれない。京極もミステリランドに執筆するらしいから楽しみに待ちたい。
ただ、個人的な好みから言えば、純度の高い「本格ミステリ」よりかは、謎が最後まで残り、余韻を残して終わるものの方が好みではあり、「くらのかみ」は評価されてよいだろうと思う。

204 :名無しのオプ:04/02/23 01:39
『透明人間』は、島田自身のチャートにあてはめれば、「本格推理」の方になるだろう。
少なくとも彼自身の意図としてはそうだろう。
私自身はあまり好きな作品ではないが、ミステリランドの主旨に沿おうという努力が見え、かなりの力作ではないだろうか。
ただ、トリックがちゃちなのが難点かな。

205 :名無しのオプ:04/02/23 01:51
いやしかし透明人間なんだから、「本格ミステリ」になるのでは?


206 :名無しのオプ:04/02/23 01:59
うーむ。たしかに。
透明人間のネタが多少の幻想性を与えていなくもないが、
でも、どうなんだろう、全体としては幻想性よりも
リアルな現実を感じるけどなあ。
こうなると、なかなかあの図では分類しきれないなあ。
島田のチャートで島田が分類できない。
もしかして、意図して自分のチャートやぶりをしてるのかも。



207 :名無しのオプ:04/02/23 02:06
くらのかみ最後まで幻想は幻想のままで残るのかよ
あんま面白くなさそうだな。

208 :名無しのオプ:04/02/23 02:17
>>207
きっと、すこし誤解があると思う。

209 :196:04/02/23 04:00
なるほど。
確かに、その分類で言えば、京極の『姑獲鳥の夏』は、「本格ミステリ」。
私は、この一作を、その他と分けて、「本格」ではないと考えていた。
他はタイトルは妖怪だけど、中身は現実と照らし合わせて無理がないから。
奇想と幻想は違うと考えていたので、自らの中では、そういう分類。
「推理」と「ミステリ」か。うん、なるほどね。

>>207
『透明人間』も『くらのかみ』も、読んでみた方が良いと思う。
タイトルは透明人間なだけで、中身はめちゃくちゃ現実だから。
奇想も幻想もなし。
『くらのかみ』、読んだら、感想をきかせて欲しい。

210 :名無しのオプ:04/02/23 14:22
島田の分類でミステリを捉えようとすると訳分からなくなるぞ。
幻想とか詩美とか普遍的な判定の仕様がないので。

211 :196:04/02/23 21:41
>>210

基準のひとつには成りえると思う。
それが、一般的な基準なのかというと疑問にも感じる。
しかし、「くらのかみ」が「本格ミステリ」大賞の候補作とか、
「このミス」のエントリーをみたりすると、
島荘基準として考えれなければ、頷けないものが多すぎる。

>>200
しつこくて悪いが、
『姑獲鳥の夏』は「本格ミステリ」ではないから、
このジャンルを抱合すべく、
「広義のエンターティメント・メフィスト賞」創設に至ったのではないか?
少なくとも講談社文三は、京極出現の時点で「幻想」を「本格」での解決としては、
認めていないのではないか。

212 :名無しのオプ:04/02/24 11:29
>>211
>『姑獲鳥の夏』は「本格ミステリ」ではないから、

本格ミステリじゃないのになんで
「本格ミステリ・ベスト100」の第2位にランクインしてるの?

213 :名無しのオプ:04/02/25 07:54
高田崇史・太田忠司・竹本健治、
3冊全部図書館で予約してたのが一気に手に入りますたヽ(´▽`)ノ

早速全部読みましたがどれもとても良かったです
読んで良かった。。
ただ竹本のは子供に読ませてもいいのかなと最後思いました。。

214 :名無しのオプ:04/02/25 11:12
「子どもの王様」子どもに読まそと思ってたが、後味チョト悪かったので躊躇してる。

215 :名無しのオプ:04/02/26 02:23
>214
自分で物を考えられる年齢なら読ませるのもいいと思う。
子供がどうとらえるのかなと。
私も今うちの子に読ますのは考えるけど
もうちょっと大きくなったら、本人に決めさせるつもり。
興味が湧いたら読みなさい、って。

216 :名無しのオプ:04/02/26 17:58
タイムリーかもね <子どもの王様

ラストの(メール)には胸がスーッとするかも・・

217 :名無しのオプ:04/02/26 18:09
>>216
ラストは、そこととらえる危険性があるから、
友達でも、家族でも、読後の話が出来ない環境での
子供のひとり読みに躊躇してしまう。
主人公の子供の気持ち、これから先のところを、
フォローできる、思いはかれる子供、
現実と、本の境がわかる子供じゃないと、
何重にも危険(「すっきりした」というのも、
「主人公の子供の抱えていく心の闇」を共有してしまうという点でも。)な作品。

218 :名無しのオプ:04/02/27 09:30
今回の配本では「黄金蝶」が一番よかったー。
最後まで綺麗にまとまっている感じ、読後感がいい。
「赤い馬」は…別にこの本がきっかけでBLモノにはまる少女はいないよね?
と思いつつも微妙な気持ちになった。
「鬼神伝」は続編あるよね!?すごく続きがよみたい。
私もあんなペット欲しい。

219 :名無しのオプ:04/02/27 09:55
『赤い馬』の巻末には、『ウロボロスの偽書』の紹介まであるが、
子供にあんなもの紹介してもいいのだろうか?
快楽殺人のかなりリアルな描写があるが……。



220 :名無しのオプ:04/02/27 13:11
>218
鬼神伝は四月に続編が出るよ

221 :名無しのオプ:04/02/28 13:51
高田崇史の、在庫無しになってる…
早く買わないと。
大きな本屋に行かないと扱ってないのがなぁ。

222 :218:04/03/01 14:33
220さん情報ありがとう。
出たら図書館にリクエストしようっと。
ミステリーランド、0歳の息子の為に揃えたいような揃えたくないような…。

223 :214:04/03/01 14:59
子どもの王様どころか家畜人ヤプー読み出してウチュ

224 :名無しのオプ:04/03/02 13:48
どんな本かとググってみたらすごい本なんですね
激しく読んでみたくなった
これは223の蔵書を子供が読み出したって事?
うちの子も将来そうなるのか…

225 :名無しのオプ:04/03/02 19:39
子供の王様ってミステリになるのかなぁ?
近所の本屋3回配本から置いてくれなくなったよ…

>223
私のランドセルにマオーデンよりはマシかと…

226 :名無しのオプ:04/03/03 14:55
『鬼神伝』高田崇史

挿絵が味があっていいテイストを出しています。
村上豊さんって、「陰陽師 首」や「瘤取晴明」のイラストを担当していて、好きな画家の一人です。
竜やら妖怪のコミカルな動き、雰囲気。好きだなあ。

で、本編ですが、「鬼」と「人」の争いというものを、別の角度から表現しています。
現代の少年が平安時代に飛ばされて、、、というアリガチな設定ですが、
もう1テイスト絡めて、一味違う味になって○。

227 :名無しのオプ:04/03/05 08:25
黄金蝶、評判いいみたいなんで読んでみた。
真っ向からのミステリーじゃないけど、よかったです。
前置きと最後のエッセイ?の部分もなかなかいい雰囲気出してたし。
なんだか新鮮で、子供に戻って読めたらなあと思った。

228 :名無しのオプ:04/03/09 15:26
そうそう!
子供に戻って読めたらなあ、と思わせるようなお話書いてもらいたいね。
ミステリーランドに期待しすぎなんだろうか。

229 :名無しのオプ:04/03/09 20:49
新本格とメフィスト系ばかりじゃだめだろ

230 :名無しのオプ:04/03/11 14:05
第二回配本は、粒ぞろいだったぞ。


231 :名無しのオプ:04/03/19 06:43
高田のあとがきのミステリーが未だに分からん…
縦(横)書きか?と思ったけど違うっぽいし。
誰かヒントPLZ!

232 :変態パズラー:04/03/19 14:33
>>231
もう一息だ

233 :231:04/03/19 21:08
わ か っ た ー !



恥ずかしい_| ̄|○

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)