2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

坂村真民の詩の世界

1 :名前はいらない:03/09/17 00:23 ID:tyE1xhd0
坂村真民の詩に関するスレッドです。

坂村真民(さかむら しんみん)略歴   
主な作品
 「念ずれば花ひらく」「鳥は飛ばねばならぬ」 >>1-5 あたり


2 :名前はいらない:03/09/17 00:25 ID:tyE1xhd0
坂村真民(さかむら しんみん)略歴  

詩人。1909年(明治42年)熊本県生まれ。
昭和6年、神宮皇学館(現皇学館大学)を卒業。25歳の時、朝鮮にて教職に
つき、36歳で終戦を迎える。昭和21年から愛媛県で高校の国語教師を勤め、
65歳で退職後、詩作に専念する。
最初は短歌を志していたが、後に、一遍上人の信仰に随順して仏教精神を
基本とした詩の創作に転じる。船井幸雄氏や斎藤茂太氏からも、高く評価され
ている。現在、愛媛県伊予郡砥部町在住。

1974年愛媛新聞賞(文化部門)、1980年正力松太郎賞、
1989年愛媛県教育文化賞、1991年仏教伝道文化賞の各賞を受賞。

主な著書
「坂村真民全詩集」(全6巻) 随筆集「念ずれば花ひらく」
「生きてゆく力がなくなる時」「愛の道しるべ」「一遍上人語録捨て果てて」
「念じてください」 英訳「鳥は飛ばねばならぬ」

3 :名前はいらない:03/09/17 00:26 ID:tyE1xhd0
念ずれば花ひらく    坂村真民 

 念ずれば
 花ひらく

 苦しいとき
 母がいつも口にしていた
 このことばを
 わたしもいつのころからか     
 となえるようになった
 そうして
 そのたび
 
 わたしの花が
 ふしぎと
 ひとつ
 ひとつ
 ひらいていった

4 :名前はいらない:03/09/17 00:27 ID:tyE1xhd0
鳥は飛ばねばならぬ   坂村真民


鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ
怒濤の海を
飛びゆく鳥のように
混沌の世を
生きねばならぬ
鳥は本能的に
暗黒を突破すれば
光明の島に着くことを知っている
そのように人も
一寸先は闇ではなく
光であることを知らねばならぬ
新しい年を迎えた日の朝
わたしに与えられた命題
鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)