2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【短い】五行歌スレッド【簡単】

1 :春日部焔太:03/10/02 12:03 ID:o8zVpn3+
五行歌を始めないか?

五行歌ホームページ
http://www.5gyohka.gr.jp/

2 :木野 実:03/10/02 20:06 ID:MZ5zVTzW
つらつらと日は過ぎ急ぐのに
何も変わらぬ今日がある
君への想いは、確かに、ここに
そちらへ持参しとうございます
この丸木を渡ればすむのでしょう

3 :木野 実:03/10/02 20:13 ID:MZ5zVTzW
ただ、ただ広がる蒼き海

碇をおろすのはまだ早い

帆を張れば、確かに感じる

希望という確かな風を受け入れて

航路は未来へ


4 :木野 実:03/10/02 20:16 ID:MZ5zVTzW
五行詩むずかしい・・・。

5 :木野 実:03/10/02 20:24 ID:MZ5zVTzW
静かな湖畔で君の名を
大きな声で叫んでみる

少し悲しくなった

君も呼べば良かったよ
少しの勇気が足りなかった

6 :木野 実:03/10/02 20:31 ID:MZ5zVTzW
君と触れ合う時間は、
日常以上に、
ふにゃけているから
非日常的に、
硬い硬い実に成り申した

7 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/02 20:33 ID:24+NI0uv
時間をめくっても

また時間があるだけ

過去も現在も未来もなかった

君との思い出なんて

見つかるはずもない

8 :木野 実:03/10/02 20:35 ID:MZ5zVTzW
あの一瞬で、恋に落ち

あの一瞬に、涙を流し

あの一瞬が、足を止め

あの一瞬を想うがため

前に進みたく想うのです。

9 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/02 20:37 ID:24+NI0uv
月の足音が後ろから

月の冷たさが後ろから

振り向いても

地平線に沈む

三日月

10 :木野 実:03/10/02 20:40 ID:MZ5zVTzW
一行目には、僕を
二行目には、君を
三行目には、僕らを
四行目には、未来を
五行目には、笑みを

11 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/02 20:43 ID:24+NI0uv
ほこりの落ちる音が

耳から離れない

ほこりの生み出す光が

いつまでも残っている

白い線 一筋

12 :木野 実:03/10/03 02:21 ID:BWg4Ik5i

淡い光に照らされて
落ち揺る粉雪
手のひらにふらり
綿毛の様にふわり
新地を求めひらり

13 :木野 実:03/10/03 02:25 ID:BWg4Ik5i
心ここにあらずで
心どこそこ
心はここよと
手をひく
こころ

14 :木野 実:03/10/03 02:47 ID:BWg4Ik5i
もともと
生まれはひとつじゃないか
そんなことこんなこと
考え尽きず、過程ばかり
頭悩ます。

15 :木野 実:03/10/03 02:51 ID:BWg4Ik5i
ゴム飛びが苦手だった
みんなが上手く飛んでるなか
なかなか飛び込めない

「ゆーびんやさん、お入りなさい。さぁ、どうぞ」
「ありがとう」


16 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/03 08:21 ID://sTWTwP
空気を

つかもうとして

つかめず

仙人に

なりたい

17 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/03 08:24 ID://sTWTwP
パンの焼けたにおいと

コーヒーの湯気が混ざって

朝の空気を作り出す

あくび一つに

おはよう二つ

18 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/03 09:18 ID://sTWTwP
轟音と激震と

強烈な光の中

一瞬だけ咲く花

恐ろしく綺麗な

雲に咲く花

19 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/03 09:26 ID://sTWTwP
涙の落ちる音が

誰かの笑い声が

空の囁きと海のざわめきが

大地の沈黙と神の言葉が

私を死から引き戻す 引きずり込む

20 :仮ナンバー1.04 ◆sUlPr3C7Wk :03/10/03 20:11 ID:F3IfAN/x
時は流れ 色々なものが変わり
色々なものを失い 忘れていく
それでも残るかすかな記憶を
あなたは どう料理して今宵の歌を歌う
私は ただ安らかに眠るだけ・・・

21 :仮ナンバー1.04 ◆sUlPr3C7Wk :03/10/03 20:12 ID:F3IfAN/x
導かれて

あなたの体が ここにあり

私は月の光の中で

ただ 猛獣が肉をむさぼっているのを 眺めていた

ただ それだけの夢・・・

22 :仮ナンバー1.04 ◆sUlPr3C7Wk :03/10/03 20:15 ID:F3IfAN/x

微かな声が聞こえて 微かに風が吹いた

穏やかなその暗闇の高原で

あなたがそっと私に ささやいた気がした

あなたには もう 二度と会えないと解っても ただ怖かった

23 :通行人:03/10/03 20:19 ID:B81jsplG
店先で

金魚売りと

格闘した

パナマの

午後



24 :仮ナンバー1.04 ◆sUlPr3C7Wk :03/10/03 20:31 ID:F3IfAN/x

孫悟空という サルが 昔いたそうな

サルは 金色の雲に乗って空を飛んだそうな

その先の 話は 想像におまかせ

なぜなら 私は その先を知らない

孫悟空という サルが 昔いたそうな

25 :仮ナンバー1.04 ◆sUlPr3C7Wk :03/10/03 20:32 ID:F3IfAN/x

白い飯と 白い水

赤い羽根と 赤い魚

黒いゴキブリと 黒い枝豆

青い空と 青い顔

緑の栗と 緑のお尻

26 :仮ナンバー1.04 ◆sUlPr3C7Wk :03/10/03 20:34 ID:F3IfAN/x

歩いていて サンダルが脱げた少女

彼女は しばらく裸足で歩いた

しかし 砂埃のスゴイその道で

豪雨に打たれて木の陰で休んでからは

サンダルを履いて再び歩き始めたんだ

27 :仮ナンバー1.04 ◆sUlPr3C7Wk :03/10/03 20:35 ID:F3IfAN/x

約束を 今まで いくつしてきただろう

そして 今まで 一体どのくらいの人と接してきただろう

そして 今まで 何を得ることができただろう

私たちは 失ったものも多かったはず

これ以上 生きて 何か 意味を見出すことができるのだろうか

28 :春日部焔太:03/10/04 10:37 ID:jKO4PXZr
まさかこのスレッドがこんなに伸びるとは・・・。

29 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/04 13:26 ID:uKmtSW2S
伸びてるだろうか

28で、伸びたと言えるだろうか

予想では10ぐらいだったのか

せめて100まで逝ってから言わないか

1よ、あんたがガンバリャ1000までいけるさ

30 :春日部焔太:03/10/04 22:30 ID:vob4cK/9
草壁焔太先生には

大学受験でお世話になった

彼の指南書のおかげで

志望校に入ることができた

このスレッドはせめてものお返し

31 :名前はいらない:03/10/04 22:50 ID:xrYqDmRP
喉の痛み

たまらない

扇風機を付けて

寝るのはよくない

それに気付いたのは今日

32 :カスプ:03/10/04 23:30 ID:/U+WjzRG

闇夜に忍び

忍ぶは想いが

重い面持ち

香(か)の酔にたむろう

いわゆる幻影


33 :カスプ:03/10/04 23:33 ID:/U+WjzRG

未知なる言葉

まだ耳に届かぬ

届かぬは言葉だか

見慣れたもの

そう、ありふれた



34 :カスプ:03/10/04 23:39 ID:/U+WjzRG

変化を求むは

心などではなく

煙草の先に火をともす

爪先に力を込めた

そんなひとひら

35 :ペーパーナイフ:03/10/05 01:05 ID:s91mQIlA
すべて
詰まった
墓の下の
わが


36 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/05 14:10 ID:DWQa+Ma8
ペットボトルに入った水が

揺れている

君が話す度に揺れる

ふらふらと

揺れている

37 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/05 21:52 ID:DWQa+Ma8
沈黙の中

聞こえるノイズ

次第に大きくなる

破れたのは鼓膜ではなく

感情、と呼ばれたもの

38 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/05 21:55 ID:DWQa+Ma8
柱の木目

床に、地に突き刺さり

地中に根を張る

その根から木が生え

また柱となる

39 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/05 21:59 ID:DWQa+Ma8
薄い紙

そこに穴一つ

誰かが開けた穴一つ

覗いてみると

穴がなくなった

40 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/05 22:04 ID:DWQa+Ma8
ため息を紙の上に吐きかけても

文字が浮かぶはずもない

けど

誰かの前でため息吐けば

その人の心に文字が浮かぶだろう

41 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/05 22:10 ID:DWQa+Ma8
秋風が

腐った落ち葉を

生き物のように躍らせる

風が過ぎても

落ち葉は踊っていた

42 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/06 23:01 ID:tIIqaus3
しゃぼん玉

青い空ではじけて

欠片が飛び散った

黒い夜空に

欠片が引っかかっている

43 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/07 00:10 ID:VQM3u5IT










44 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/07 11:53 ID:VQM3u5IT
お前は凍える天の奇跡

雪よ、小さな雪よ

この心を白に染め上げておくれ

ああ、溶けてくれるな

小さな花よ、六花よ

45 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/07 16:33 ID:VQM3u5IT
なんか

考えていたけれど

忘れてしまった

なんだったけなぁ…

まあ、いいか

46 :名前はいらない:03/10/07 17:59 ID:RTey4Zdw
じっとりと暗く湿ったその涙は

次の太陽が昇るまでずっと

あたしを枯らし責めつづける


雨が洗い流すまで




ずっと。

47 :名前はいらない:03/10/07 18:02 ID:RTey4Zdw
叩きつけられ、振り回され、
愛された記憶も失い
討ち捨てられた


惨めな玩具のように


今ここにいる僕は贋者

48 :名前はいらない:03/10/07 18:03 ID:RTey4Zdw
失望と感心が繰り返され
私は私の境界を壊すため

広がる


懐中時計が2度目の旋回を終え
さぁ、今日も夜が始まる

49 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/08 20:03 ID:bccR9gwM
窓のない部屋の中

黒いお盆の上に

パン粉をパラパラ

天の川が

さびしく流れる

50 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/08 21:32 ID:bccR9gwM
明るい夜に

野犬の遠吠え

声が空気を固めて

私たちを見つめる

こんばんは

51 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/09 20:58 ID:6eL12IB6
燦然と輝く銀の剛毛 

月を堕落させんばかりの瞳 

世界の全てを飲み込まんと顎 

希望も切り裂くほど牙 

その威容その妖恐…其が名はフェンリル

52 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/09 22:48 ID:6eL12IB6
水に浮かぶ華は揺れる

さざ波一つで壊れそうに揺れる

水から離れられない華はもう限界

それでも咲き続ける

風が水が命を運ぶまで

53 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/09 22:51 ID:6eL12IB6
深海

その破壊的な水圧に

押し潰されたカップ麺の空箱 

それをじつと感じる深海魚 

一体何を思う?

54 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/10 18:42 ID:oQgqrfNB
白の世界 

1m先も見えない吹雪の世界 

風は止み雪も止み動くものはなくなった銀の世界 

微かに動くもの雪の中から銀のきつね 

その瞳は朱の世界

55 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/10 18:45 ID:oQgqrfNB
ダダをこねる子供 

困惑する親 

横を通り過ぎる通行人 

突然理由もなく湧き上がる 

…殺意

56 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/10 20:13 ID:oQgqrfNB

突然車の前に飛び出したい
そう思うことがある

突然血を吐いて倒れたい
そう考えることがある

そうやって生を健康を実感する

57 :名前はいらない:03/10/11 02:33 ID:O6OwQBA2
全てが美しく完結した粗末な物語

永遠の強者たりうる為の片想い
理解するという逃亡、否定という怠惰
広さという不自由、あさましい自由

名前もなく、ただ、冷たく沈殿していく

58 :名前はいらない:03/10/11 02:36 ID:O6OwQBA2
癒しも傷も現実感がないので
全ての嘘と協定を結んだ

私の魂は輪廻転生するかもしれないが
私は何者にも生まれ変わる事はできない
私が私を私と確信している限りは

59 :名前はいらない:03/10/11 02:39 ID:O6OwQBA2
世界がいかに沈殿していくのか
僕がどんなに冷たい気持ちでここにいるのか

高い頂を見た君の姿が僕に長い影を作る
深く沈殿し、自ら傷つき、
何者かたろうとしても何者にもなりえない不安を抱えて


60 :名前はいらない:03/10/11 02:41 ID:O6OwQBA2
汚泥だけ

体にまとわりつくのは、ただそれだけ


私の心はあなたを責め続け、責め続け、責め続け、

許しを求めている。



同じ言葉が繰り返し、執拗に叫ばれ続ける。

61 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/11 12:48 ID:N8Y8dsJX
朝ご飯は舞い降りた 

小さなテーブルの舞台に 

綺麗に並んで 

芳しき香りで誘惑する 

朝の澄んだ空気の下 軽やかに

62 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/11 12:48 ID:N8Y8dsJX
昼の気だるい一時 

子供たちは眠りにつき 

しばしの静けさ 

再び

子供たちが騒ぎ出すまで

63 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/11 12:51 ID:N8Y8dsJX
野犬は吠える 

声を振り絞って 

のどが潰れるのもかまわずに 

恐怖を打ち消すために

夜をふるわせる

64 :名前はいらない:03/10/12 22:04 ID:zamUHqRr
自分にだけは気を使って欲しくないなんて
最高の贅沢だってわかってる?
あなたになんて、剥き出しの心は晒せない。
信用なんてできない。
どんなにいい人でも。どんなにやさしくても。

65 :名前はいらない:03/10/12 22:12 ID:zamUHqRr
思い出作りなんていう虚言は捨てて。
今だけ、今この瞬間だけ。
着色料のおかしじゃ、力なんてでないよ。

魂から目をそらさないで。
半笑いの集合写真には想いは移せないよ。

66 :名前はいらない:03/10/12 22:15 ID:zamUHqRr
好きじゃないってゆうと、
ほんとは好きみたく聞こえるね。
なんであなたのことばかり考えるんだろう。

でもほんとに好きじゃない。
きらいでもないけど。

67 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/12 22:33 ID:nq3HHAVl
座りにくい椅子 

座ってると腰がお尻が背中が痛くなる 

どうしよう? 

なら僕が変わろうか、君に合わせて 

君を削るのは心苦しいから

68 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/12 22:38 ID:nq3HHAVl
憎いニクイにくい…殺したい 

この気持ちが膨れ上がり 

自分を押し潰す 

その時まで心地よく

憎悪に浸ろうか

69 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/12 22:51 ID:nq3HHAVl
アルカリに溶けた自我は 

肉体から解放された喜びに震えている 

しかし所詮灰の中でもがくに過ぎず 

空に掻き消えた儚き

その者

70 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/12 22:53 ID:nq3HHAVl
ギ〜コギコギコ 

森中に響くノコギリの音よ 

お前は命を知ってるか? 

何をしているか分かっているか? 

お前の牙は鋭いが、その身はあまりにも細いな

71 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/13 18:41 ID:drkvDZaC
衝撃もなく意識は吹き飛んだ 

ブラックホールまで吹き飛んだ 

意識不明になったことを意識したかどうかは不明 

人生に幕を下ろしてブラックアウト 

さよなら

72 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/13 18:53 ID:drkvDZaC
かたに食い込む重荷 

捨てたくて捨てられなくて 

それだけが心の拠り所だから 

かたを突き破って心臓にも食い込んでも 

痛みに涙して生きていく

73 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/13 22:06 ID:drkvDZaC
とち狂ったか! お前はまだやり直せるはずだ! 

そんな言葉は虚しく穴に落ちていった、穴に捨てていった 

いつか拾いたいと思っても 

二度と拾えない 

オレの方が堕ちているのだから

74 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/14 18:36 ID:T2CJsKfY
心の陰に透明な卵 

気持ちの裏に這っている青虫 

言の葉から飛び立ったきれいな蝶 

そして、

小さく笑顔

75 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/14 18:40 ID:T2CJsKfY
言葉は壁に突き刺さる 

それでも勢いは衰えず 

音速を超えて衝撃波を出すに至る 

周りを巻き込み、破壊し尽す荒々しき言葉 

…それが罵声

76 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/14 19:38 ID:T2CJsKfY
奥の細道ここは故郷  

足跡に喜びを埋めて 

詩情を草葉に書き連ね 

零れる日差しに目を細める 

まだまだ道は続いていく

77 :名前はいらない:03/10/15 03:27 ID:u6HdbYkL
いつか
この薄暗い思いの全てをリセットして

“幸せになりましたとさ”

という物語の中の登場人物になるの

きっとそうなの

78 :名前はいらない:03/10/15 03:31 ID:u6HdbYkL
私の目は自分を疑った分だけ、
自分が見えなくなっている

その引き換えに

自分が見えなくなっている人が少しわかる

何かの代償が繰り返されていくように

79 :名前はいらない:03/10/15 03:32 ID:u6HdbYkL
なぜ誰もが
偽善と同情を混同するの?

あなたの同情がなければ
この世は

こんな寂しいところもないでしょうに

80 :名前はいらない:03/10/15 03:34 ID:u6HdbYkL
思いこまされた“真実”も見つからないまま

ただその心だけが知っている
特別になりたい

ただその光だけ見続けることのできる
特別になりたい

81 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/18 20:13 ID:V1W88oJd
身震い一つ

千の炎が上がり

万の命が消え

億の悲しみ

星の寝返り

82 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/18 20:21 ID:V1W88oJd
海に泡

小さな泡

中には螺旋

誰が望んだ?

生命の歴史

83 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/18 20:25 ID:V1W88oJd
緩やかな発展は許されず

異常な速さに思考はずたずたに切り裂かれた

その加速にそのGに良心は踏み潰され

恐怖と快感の入り混じる場所で

死と生は同時に意味をなくした

84 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/19 09:03 ID:FCUugxWe
縄張りに入ったものは追い出す

そこが自分の世界

自分と子供たちのための世界

この小さな世界がなければ生きていけない

大きな世界

85 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/19 12:16 ID:FCUugxWe
闇から伸びるつるは 

足を伝い身体を昇り神経に取って代わる 

感覚は喰われ 

思考は閉ざされ 

朽木と成り果てた

86 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/23 21:36 ID:wmTJrDl+
足音は消えていった

遠く遠く

己の影に呑まれていった

静かに静かに

雨は降り続ける

87 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/25 00:33 ID:DlBzn4O/
炎は燃やしていた

そのビルを

オレの目を

しかし風は冷えきっていた

オレの心も冷たく固まっていった

88 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/25 10:45 ID:DlBzn4O/
蝶の通る道

空にある道

ふらふらと飛んでいる蝶

だけどそこに道が見える

風が道を乱す

89 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/25 21:13 ID:DlBzn4O/
何かに導かれ行く

渡り鳥

其が瞳一点を見据え

迷うことなく翼は空気を掴む

今、この小さな沼で一休み

90 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/26 20:03 ID:iTPG3Cdf
驚いた

椅子が倒れて

彼が勢いよく立ち上がったので

呼び声がして

逆さの世界

91 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/26 21:38 ID:iTPG3Cdf
座ろうと

椅子を見たら

蛙が先に

しょうがないから

草の椅子に座った

92 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/10/30 23:43 ID:PDERM141
置いてけぼりをくらった子供が泣いている

戻ることはできない

できるのは立ち止まることだけ

彼が涙で歪んだ世界を直視して

性格が歪むまで

93 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/11/02 22:56 ID:1Fz/dDnJ
うつろう栄光の前に

人々はひざまづく

膝がぼろぼろになってまで拝むのか

憐れとは言うまい
憐れとは言うまい

94 :名前はいらない:03/11/12 09:27 ID:Y+9VvDIc
孤独 道を踏む人よ
冷たき頬は透くがごとく
降る雪に
吐く息の音は掻き消されても
雪原の痕に轍は残った


95 :名前はいらない:03/11/13 01:57 ID:FGzZGx4Q
すごい
まさか
信じられない
誰が
2ちゃんに五行歌スレを


96 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/11/15 22:30 ID:wl9/p2Xi
直線は遠く…点

いつか追い抜く風は

背を押し道をふさぐ

決して追いつけない光は

いつも傍にあったはず

97 :名前はいらない:03/11/16 13:04 ID:ThQlE1Eb
自分の中の
偶像化された君と恋に落ち
ただ自分を満たすために
夢を見つづける

それを恋とは言うまい、言うまいに

98 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/11/17 20:04 ID:Jx4NAPSF
赤から青へ

青から黄へ

黄から赤へ

事故は起これど

赤から青へ

99 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/11/19 16:32 ID:MEUV3+1C
トンボが太陽を切り裂いて

ススキの穂を垂れさせる

月の光に羽は溶けていき

複眼に百の月が映る

眠りはまた妨げられた


100 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/11/20 21:53 ID:WmWP2Dxo
百足は踊る

毒々しい体で

百の踊りを華々しく

おもちゃのようにくるくると

百の日を踊りつくす

101 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/11/23 10:48 ID:Me09lJtt
すっかり溶けた氷枕

体温は気温と一体になり

いつしか凍りついた身体

風邪は死が見せた

ひとときの夢であった

102 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/11/23 22:16 ID:Me09lJtt

待  握  そ  だ  腐
っ   り  の  ら  敗
て  返  手  り   臭
い  さ   を  と   の
る  れ  強  垂  中
    る  く   れ
    時  握  下
    を  り   が
    待      っ
    っ      た
    て      手
    い
    る

103 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/11/23 23:36 ID:Me09lJtt
神を信じた理由は

救いが欲しかったからではない

畏れを抱いたからでもない

ただ

信じなければいけない気がしたから

104 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/11/24 22:46 ID:1hNJvc4n
張り詰めた月の光が

カマキリの卵の上に降り積もる

虫よ虫達よ

お前達はこの世界を知らない

月と雪が眠る世界を

105 :名前はいらない:03/11/25 04:16 ID:8VzIUKts
この目が盲いていくことに気づいていなかったよ
自分の心さえ見つめていればと

君の声が明るかったから気づいていなかったよ
自分の笑顔さえ絶やさなければと

世界は色鮮やかだ、君の嘆きさえも

106 :名前はいらない:03/11/25 04:20 ID:8VzIUKts
怖がることをやめたら、手枷が外れた
恐れることをやめたら、足枷が外れた

ああ、怠ける心が足萎のようだね
死の渕まで行けるのに
夢の端まで行けるのに

107 :名前はいらない:03/11/25 04:24 ID:8VzIUKts
君の翼を封じこめた宝箱の鍵
言えないよ
一人占めしたい

でも飛んで、飛んで、
僕の思惑など叶わぬ空へ

108 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/11/25 21:05 ID:HKBrbkEP
さあ、踊りましょう

水の上で 雲の上で 虹の上で

落ちないように気をつけて

波の 風の 光の生むリズムを感じて

想像のステージの上で踊りましょう

109 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/11/25 21:09 ID:HKBrbkEP
時は崩れた!

空間は止まった!

やっとアナタに会えるのだ!

遂に殺せるのだ!アナタを!アナタを!殺せる!

なのに……何故?アナタは最初からいなかった

110 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/11/26 21:29 ID:bDcu9A1T
小川を鳥の死骸が流れる

大きな葉っぱで拾い上げ

庭先に埋めてあげた少年

その庭は小さな墓地

少年だけが知っている死

111 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/11/27 21:26 ID:1ElHJq17
知らない歌が流れる

これまで聞いたこともない歌

この先も聞かないだろう歌

世界中に溢れているのに

聴くことができるのは今だけ

112 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/11/28 22:05 ID:AY3QFqYv
青い尻尾を引きずって

草むらを駆け抜ける音

三日月が安堵を切り裂く

呼び起こされた命令に

残されたのはトカゲの尻尾

113 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/11/28 22:13 ID:AY3QFqYv
舞い上がることも忘れた埃

優しい月の光も寂しさを引き立てるばかり

蜘蛛の巣だけが増えていく中

一枚の紙切れが

残された命の時間を物語る

114 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/11/29 13:24 ID:ZfUEAJ3B
空気があまりに冷たくて

水は芯から凍ってしまった

氷は耳障りな音を立てながら

地面に落ちて砕け散った

空の中にもう水はない

115 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/02 11:56 ID:y5WiVr+O
己を此処に縫い付けて

此処を己に縛り付けて

痛くはないのか

縫い付けた糸と縛りつけた縄が

叫び続けているというのに

116 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/05 17:16 ID:6DZviZOq
紙で切った指先からは血
血で藁半紙に不細工な染み
紙の中に小さな血溜まり

おい、こっちを見るな
血走った目で飢えた顔で

117 :名前はいらない:03/12/05 22:27 ID:XLXy6SCK
瞬きもせず

胸をピンと張って

あなたの赤い目は

何を見つめているの

だれか帰ってくるの

118 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/09 10:04 ID:Uw88XNwI
剃刀一枚分だけ開いた扉

そこから容赦なく突き刺さる光に

そんな小さなものにお前は怯える

いっそのこと

扉を全開にして消え去ってしまえ…光よ

119 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/09 10:17 ID:Uw88XNwI
白に浮かぶ松の緑

荒々しく幹に風を絡ませ

凍てつく寒さに其はあまりに鮮やか

葉の琴を鳴らして雪が落ち

温もりの音を街に響かせた

120 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/16 12:13 ID:yfQyYZAM
夜空を見ると無数の星の一つが消えていた

数えたわけでもないのに

月のクレーターは二つ減った

五つなくなったのは世界の色

ふと手を見ると十本の指が見えな…

121 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/19 19:16 ID:VI/NALS6
トンビの鳴き声が渦をつくって

排水溝に水を流した

次の朝日が火を点けて

鍋の水を沸かす

人のいない厨房の一日

122 :名前はいらない:03/12/20 01:30 ID:vS+ZY/U4
グラマラスな孤独に
灰色の涙が火を点ける
明日なんてない
明日なんてない
右足と左足の間だけが世界の全て

123 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/21 12:46 ID:yBAczeO8
パンの焼ける匂いにスズメが降りてきて

窓ガラスをせわしなく小突く

こげた臭いがススと一緒にただよって

黒いカラスがうるさく騒ぐ

ニワトリの鳴かない朝が欲しい

124 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/27 20:50 ID:uzmuh8fC
虹を少し失敬して

砂糖を混ぜて飴を作った

これをあげるから

もう泣かないで

天よ

125 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/28 09:12 ID:i3U7dCXg
酸性雨に身体を溶かされて

森が流れる

はて?

木を枯らしたのは

私なのか酸性雨なのか

126 :名前はいらない:03/12/30 01:28 ID:ethoNP0M
全ての耀きを時間が奪っていく
全ての予感が怠惰に埋もれる

でもやめないで
私の為に
あなたの輪郭を美しいと思う私の為に

127 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/01 00:00 ID:P1viMdrU
小さな鐘を打つ幼子

飽きることなく

笑うこともなく

いつかはこの児も

鐘の音に埋まってしまうのか

128 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/06 22:47 ID:xIzmhLhW
なんだか非常に眠い……んで、こんな歌
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ため息でやる気を吐き出して

欠伸と一緒に眠気を吸い込んで

周りの笑い声が遠くなる

目が覚めれば

笑い声もなくなっているだろう

129 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/08 09:27 ID:j8keuyIa
焦りを引きずり

明日がこの身を圧する

地面は容赦なく身体を押し上げて

天井を突き抜けていく

…空は遠すぎた

130 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/10 01:16 ID:tQMbQI3j
(いまさらだが>122「グラマラスな孤独」って表現いいな)

食って食われて

食物連鎖

その底辺

手からあふれ出た

プランクトンの命

131 :名前はいらない:04/01/11 12:43 ID:gz3nfcXy
幽霊が群れ集い
自分の境界を確認するため
己の血にも気付かずに
可哀相にとも思えずに

氏ねと言う。イ`という。

132 :名前はいらない:04/01/11 12:46 ID:gz3nfcXy
頭の中に見える
大きな山
それだけを見つめて積み上げる

賽の河原
ここは地獄ではない

133 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/13 23:46 ID:E/G7FPv8
夢に落ちる前

その一瞬の映像

いばらの中で羊が歌を歌い

虫は銃弾と共に洗い流された

どうか意味など求めないで

134 :名前はいらない:04/01/15 02:47 ID:L9hFUY7j
ひとりで歩いていく人よ
たくさんの煩わしい手を引いた
あなたのやさしい手が懐かしい

少し湿った、あなたの手と
隣を歩いた乾いた夏の道


135 :名前はいらない:04/01/15 02:56 ID:L9hFUY7j
架空の上でいくら頭良くなった気がしても
ほんとはなんにもできない

口さがない僕の頭の悪さに
にこにこつきあってくれるのは嫌味?

自己嫌悪、今日も。

136 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/18 20:06 ID:jWtqaRKO
崖の上から落ちてくる

ゆでたまご

足元に白と黄をぶちまけた

あの崖の上には戻れない

ゆでたまごは飛べない

137 :名前はいらない:04/01/20 00:48 ID:3gr/84+K
勝手にしろよ、と言い渡され
勝手にするよ、と叩きつけ

二人の矢印は明後日へ伸び

噛み締めた唇と握りしめた掌から
滴る血を点々と残して縁(えにし)が切れる

138 :名前はいらない:04/01/20 02:33 ID:r3+G1mjd
このレール以外の人生を
想像したこともなくて
小さな窓から見える景色以外
興味もない

君の“全て”を見なくてもかまわないなんて

139 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/21 20:45 ID:XO+cVndU
分厚い本

そこに書かれた文字の一つ一つ

指でなぞって

黒くなった指先

少し舐めて渋い顔をした

140 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/21 20:51 ID:XO+cVndU
ノートに

教科書に

机と椅子に

落書きを描いていく

いつか空にも

141 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/21 20:54 ID:XO+cVndU
無機質なビルの群れ
摩天楼
地面も空も見えない
閉じた世界


銃声だけが響く

142 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/23 09:13 ID:+qnL05Px
母は死んだ
父も死んだ

兄 弟 姉 妹 
皆死んでいった

ただ私だけが生まれてこなかった

143 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/26 09:47 ID:bLUT28VU
二又の矛に貫かれ
高温の物体に入れられようと
お前は悲鳴も上げない

身動きのとれないまま
冷めたチーズの中で固まっていく

144 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/26 09:51 ID:bLUT28VU
音の奔流に流される感覚

意識は旋律に飲み込まれ消えた

眠りから覚めたとき

音のない世界で

崩れ落ちるのだろう

145 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/27 13:35 ID:e9GxNdws
海の中の水泡を

丁寧に壊していくお前は

とても楽しそうだ

とても悲しそうだ

もうすぐ嵐が来る

146 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/02/03 00:08 ID:JZv2OtYq
トランプをきる音
サイを振る音

神が運命を決める音

耳障りだ
耳障りだ

147 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/02/03 00:32 ID:JZv2OtYq
汚い爪が抜け落ちて

血とともに醜いウジが湧く

ウジは指を腕をつたって全身へ

ひどい臭いのまゆに包まれて

その中で産まれたものは また人

148 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/02/06 02:40 ID:6iBeYS1D
無数の針の上に足を置く

肉が切れ押し分けられる感触

重力が静かに血を奪っていく

痛みすらわからなくなった頃

浮遊感

149 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/02/06 21:22 ID:6iBeYS1D
起きれない朝

布団をかぶって闇に尋ねているんだ

「オシリス 貴方は寂しくないのか」

人々の心臓, 羽根, 天秤 

死だけがずっと待っている

150 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/02/07 20:35 ID:57yv2ewa
道端で木を叩いている女の人がいた

木は道端で女の人を叩いているんだという

ああそうか

女の人は木で道端を叩いているのか

僕は納得した

151 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/02/08 10:49 ID:oP4AFQSn


………

……………

…………………

………………………。

152 :名前はいらない:04/02/08 12:39 ID:6KmYrEY6
見ることもかなわず
聞くこともできぬ

暗闇の中の主

俺はその下僕
俺はその牢獄

153 :名前はいらない:04/02/08 12:46 ID:6KmYrEY6
あなたがここまで降りてきてくれるのを待ってる

あなたがここまで照らしてくれるのを夢見る

あなたがわたしを連れ出し

全ての無知から救われるように


ただ物語を刻み続けながら

154 :名前はいらない:04/02/08 12:50 ID:6KmYrEY6
気が向けば世話を焼き
求められればそれをかわし
約束から逃げ、果たすことも出来ず


ならば口をつぐみ
聞くことに気を配ろう、誰も裏切らぬために

155 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/02/08 23:22 ID:oP4AFQSn
長年の夢であった不老不死になれました

目的が、夢がなくなりました

することがないので寝ることにします

たぶん死ぬまで起きません

それではおやすみなさい

156 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/02/10 03:45 ID:Afyuf5Rp
歯の間に詰まっている

占いの結果

その不快感だけが

存在の証

二度と手放せない

157 :名前はいらない:04/02/28 03:09 ID:f1vuE3lr
暗い角から出てきたと思ったら

見覚えのある道ばかり

僕の旅はいつもそう

怖がり、言い訳、へそ曲がり

新しい道を選べない

158 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/03/01 12:52 ID:Fxv3My30
壊れたキーボード

AとHとOの文字が出ない

僕を悩ませる

君を悩ませる

アホ

159 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/03/02 04:14 ID:ShKsLJOI
冬に燃え上がる火の端を
少しちぎって
木の根にそっと入れた
秋には実がこぼれ落ちよう

落ちる実を毛布で包んで

160 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/03/03 12:52 ID:T6TWb/yO
ずるずる…
           _ _
     _   ./;;,,,, '。\
    ノ爻`、ノ爻/  `ー''〜
\_ノメ `、爻ノ

161 :名前はいらない:04/03/03 15:56 ID:8JjLPYUI
両手両足かわいい顔には
見えないほどの生糸があって

かわいく踊れと自由になると
ここから一歩も動けない

神様、どうかこの糸を切らないでいて

162 :名前はいらない:04/03/05 18:41 ID:wMWwneOF
姿をうつさぬ鏡ごしに
僕の手ずからの餌をついばみ
あたりを見まわして
僕を警戒しているの?
ああ、争いのない世界なら……

163 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/03/06 01:30 ID:GX6rV+VC
獣道

袋小路の

迷い道

ここは帰途無き

死出の山道

164 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/03/10 22:30 ID:hJLc6Y1Z
ワインを飲み干して

グラスを逆さにしたとき

零れ落ちる一滴

それこそが

私の血、知、値

165 :名前はいらない:04/03/12 23:02 ID:FcHskM6k
喉に詰まった言葉の数々
口で温んだ苦味のしこり

出なければ存在しない
出なければ後悔しない

唇の外には、残骸の山

166 :名前はいらない:04/03/12 23:08 ID:FcHskM6k
想いすら凍りつく冷たい雪
夏ですら熔かせぬギクシャクした塊

僕らの通い合う視線を塞ぐ
悲しい雪、雪、雪よ

ありがとう

167 :名前はいらない:04/03/12 23:17 ID:FcHskM6k
ゆれる和毛が
ふわり
風を含む
それで知るのだ
空は晴れている。風が吹いている。

168 :名前はいらない:04/03/19 18:56 ID:5kDHMZlu
ちいさな手
触れたところから
幸福と魂は
息もできぬほどひそやかに
僕をつかんで離さない

169 :名前はいらない:04/03/19 19:00 ID:5kDHMZlu
おいてけぼりの
レール道
しんとした道
とぼとぼで歩く

ほんとはほっとしている。

170 :名前はいらない:04/03/19 19:03 ID:5kDHMZlu
高いところから
降り注ぐように
歌声
心の
日向ぼっこ

171 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/03/20 13:58 ID:ke9xZvsU
関節がゴキゴキと血を吹き

脳漿の海に骨を突きたてる



おじいさんの寝ているその横で

君は十階から飛び降りた

172 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/03/20 14:06 ID:ke9xZvsU
私の右手にすっかりなじんだ石があります

右手にくっついた石があります

捨てたくなったので右手を切り落としました

ふと気付いたのですが

左手にも右足にも左足にも頭にも石がくっついていました

173 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/03/20 14:14 ID:ke9xZvsU
ホッテコタピキャララ

タカカッテニョップホ

ゥオーメンノットコ

ワッスロピャッテラァ

タカカッタカカッダダダ♪

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)