2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

君のセンス5段階で評価するよ!! v3.0

1 :名前はいらない:03/12/09 03:07 ID:7lm3U/+X
Aランクを目指して詩を書き込もう。
評価者も自由参加OK。

A:プロ並み。出版社にもってけ。
B:言葉の狩人。
C:光るモノを感じる。
D:素人。
E:まずは日本語の勉強を。

[Part1] http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1044726628/l50
[Part2] http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1068131368/l50

2 :抑揚:03/12/09 03:08 ID:7lm3U/+X
2ずさ。

3 ::03/12/09 03:13 ID:n2xfY7Pz
ねぇねぇ、北さんからのお願い。

前スレの僕がつけたA評価をお祝いしてあげてよ!

4 :抑揚:03/12/09 03:17 ID:7lm3U/+X
前スレに誰かこのスレのURL張って下さいな。
抑揚は弾かれてしまうので、ヨロシコ。

5 :てんてん ◆qk9uJ0By6Y :03/12/09 03:19 ID:ro/0ZCXY
>>1
おわりをはじめて
つみをおぼえる
かげろうゆらぐ
れきのうえ

6 :daこ:03/12/09 03:21 ID:fR5WT9Ks
スレタテごくろうさまです!!!

7 :てんてん ◆qk9uJ0By6Y :03/12/09 03:22 ID:ro/0ZCXY
おーい向こうにURL張ろうとしたら「ロックな人生」とか言われてはじかれたぞ

8 ::03/12/09 03:26 ID:n2xfY7Pz
>>1>>7
祝いはないのか?

9 :抑揚:03/12/09 03:27 ID:7lm3U/+X
>>7
サンクス。了解、皆もそうみたいなので。張れれる人宜しくつーことで。

10 :てんてん ◆qk9uJ0By6Y :03/12/09 03:27 ID:ro/0ZCXY
んじゃ小文字でaを貰った俺も祝え。

11 ::03/12/09 03:31 ID:n2xfY7Pz
>>てんてんaか?おめでとう。
君が総合でみたら一番良い評価うけてんじゃない?


12 :てんてん ◆qk9uJ0By6Y :03/12/09 03:35 ID:ro/0ZCXY
ありがとさーん。>北
一番じゃないだろうさ。
それと4thって人がほかにもA挙げてたような。。。 

13 ::03/12/09 03:40 ID:n2xfY7Pz
A評価をもらったみなさん。おめでとうございます。あなた達のセンスが他の詩人の見本なれば幸いです。そしてA評価とった方はコテ名乗って評価人としての役目も努めてほしいです。また指導者として。不良もたくさんいますが、みんな良い奴ばかり!どうかよろしく!

14 ::03/12/09 03:43 ID:n2xfY7Pz

>>てんてん
あの4chの評価、あの評価された詩はパクリだったんだよ。だから皮肉を込め、Aだったんだよ。ありゃ除外。

15 :てんてん ◆qk9uJ0By6Y :03/12/09 03:46 ID:ro/0ZCXY
マジかよ!ヤラレタ…でだれのパクリ?

16 ::03/12/09 03:47 ID:n2xfY7Pz
>>てんてん
なんか洋楽みたいだったぞ。

17 ::03/12/09 03:51 ID:n2xfY7Pz
このスレの雑談専用スレとして、
18禁スレを使ってくれないか?
評価したり詩作ったりしていて、
うんこな気分になるときにも、思い切り吐き出せる、スレにしようよ。

18 :抑揚:03/12/09 03:51 ID:7lm3U/+X
じゃぁ、この辺で雑談はこちらへつーことで。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1065984304/

19 ::03/12/09 03:52 ID:n2xfY7Pz
>>18
18禁スレも使えーっ!!

20 :てんてん ◆qk9uJ0By6Y :03/12/09 03:53 ID:ro/0ZCXY
そうか…。と、そろそろ雑談もやめとくか。

21 ::03/12/09 04:35 ID:n2xfY7Pz
はい評価人北の自己紹介です。経歴は柳波賞佳作一回。愛知出版詩大賞入選12回。関係ないが絵は広島県展入賞一回。
好きな詩人 光太郎 大學 元麿 ヒメネス、好きな哲学者は三木清
こんな感じです。題名のない詩は嫌いです。あてにならない評価をしますがよろしく。

22 ::03/12/09 04:41 ID:n2xfY7Pz
あと恋愛の詩は苦手です。好きなのは一元論とかが歌われていたりするとグッときます。特定の宗教はありませんが仏教が好きです。白隠禅詩の詩とか大好きです。ではではみんなでAを沢山出しましょう!


23 :ねじ ◆2TMzjTfZvY :03/12/09 07:14 ID:nzuLb5PG
「トートロジー」Part1

いつから僕は、何故僕はこのループをぐるぐると

そこには何も見えないはずで
ただ針のような鋭さが通り過ぎていくだけだったはず

映写機の中
廻るトキオのビル群
まるでカロリーオフのビール缶
溶けたプラスチックが盛り上がり
虚構が現れ
じゅるじゅる飲み干す

夏咲く蝉の花
青虫トマト
向日葵種の大群
イメージは
呼吸に乗じて
固定を始める


24 :ねじ ◆2TMzjTfZvY :03/12/09 07:16 ID:nzuLb5PG
「トートロジー」Part2
ループに捕らわれ
卸がね、触れた瞬間
オロシに変わる
質量ゼロのプログラム大根

ああ
トートロジーが再来す

羊水と血の混じる中
泣き声さえあげれずに
あごを外して
疑視するのみ

ループよ、ループよ、ループよ

25 :30:03/12/09 08:58 ID:StO3cJJk
30です(←未熟者なのにコテハンすみません、、、)
北さ〜ん!前スレ936「聖夜」にA判定出してくださったんですね!
まさかAが出るとは・・・。私が書いたわけじゃないけど、嬉しいです。
どうもありがとうございました。お礼が遅くなってごめんなさい。
彼に伝えておきますね。張り切って新作を作ってくれると思います。

もう一人の評価者の抑揚様も、どうもありがとうございました。
こちらはD判定なんですね。「説明不足」と・・・。
彼は、詩に関しては「説明しない主義」のようです。
私が書くものに対していつも「長すぎ」「説明的過ぎる」と批判します。

26 :30:03/12/09 09:03 ID:StO3cJJk
私が書いた「聖夜」は、DとCかぁ・・・ですよね(^^;
北さん、甘めにつけて下さって(でしょう??)ありがとう。
評価は割れましたがA判定を受けた人が近くにいるのだから、
自信を持ってこの人に指導してもらおうと思います。
ちなみに彼が好きな詩人は稲垣足穂と朔太郎だそうです。
私はと言えば、光太郎、吉野弘、谷川、中也、道造など・・・
最近、茨木のり子をよく読んでいます。

A判定のお祝いを、二人でさせてもらいますね。
私はまだ、良くてC止まりだから・・・鍛錬します。

27 :30:03/12/09 09:16 ID:StO3cJJk
彼の「聖夜」について。
私も最初、「意味が分からない、難しい。」と言ったんです。
彼は説明はしてくれませんでしたが、彼が手書きしたものをPCに打ち込んでいると
何となく、分かるような「気」がしてきました。私も説明は出来ませんが・・・。
前に「銀河鉄道」という題で彼が書いた「僕は愛。僕は門だ。さあ、僕を通って帰る
ときが来た」というフレーズを読んだときと同じような感覚です。
彼は、今までにノート2冊分くらい詩をかきためているようです。
いちおう、私のメインは「私の詩」なので、自分の詩で、せめてC、いずれはB
そしていつかはAを狙って、懲りずに投稿していきます。
ここと、「近代詩」のスレの方に投稿しています。
あちらには私が書いた詩のみしか投稿していきません。
こちらが評価メインという感じなのに対して、助言が丁寧で勉強になります。
ときどき重複して同じ詩を投稿することがあるかもしれませんが、
色々な評価者の方の意見を聞きたいと願ってのことです・・・。
やっぱりマルチになるので、それでもどちらかのみにした方が良いですか?
詩板においては、こうした評価スレにおけるマルチというのは、どういった
扱いになっているのでしょうか。

評価者のお二人(なのかな?)、これからもどうぞよろしくお願いします。
何度もすみませんでした。

28 :a:03/12/09 18:24 ID:Gow5Zp/z
抑揚さん。新スレ立てたみたいで、お疲れです。
北さん、一元論ですか。今度貴方の根本原理を教えて下さい(こっそりと)。

>>23 C+
全体的に言葉の繋がりが薄いように感じる。多分テーマが弱いんじゃないかな。
トートロジーをテーマにしようと思った生きた理由があるはずで、それをテーマにす
るといいかもしれない。どうも書くことないけどなんとか書いてみましたって
気配がする。詩を書くときモチーフは重要だと思います。
日常からちょっと逸れた言葉の使いまわしは独特の感覚がでていて、好感。

29 :貧乏神:03/12/09 19:04 ID:2/wAWOPv
「クリスマス」

退行すべし
寒空は幻視の誘惑
七つの子烏、希求するか
さあさお鳴き
囀りは絶望を運ぶ
清き夜に正邪の交信
どっちつかずの人、手を上げて

30 :暇人:03/12/09 19:39 ID:GfK+Nx8M
すれ違いの日々が続き
いつしか会話も無くなっている
きょうもそんな一日が終わり
僕らは眠りに就く

「僕らは本当に愛し合えているのかなあ?」
そんな僕の不安も知らず
君は寝顔を見せる
いつもと同じ寝顔を

出会った頃のような気持ちを忘れ
二人でいる喜びを忘れた僕らは
何処にたどり着くのだろう
きっと誰にもわからない

不安の中
また陽は昇る
すれ違いの時の始まり
それを物語る朝日が昇る




31 :名前はいらない:03/12/09 20:10 ID:XqTKWl9h

臆病だから銃口を上に向けて暮らす
誇りの空に銀色の鷲の群がいるから

火薬を産み落として
全てを焼き尽くした
奪った笑顔を集めた
瓦礫の山に眠るまで
思想の像をなぎ倒して
正義の詩を掲げた

勇気は人を殺す
優しさで人は飢える
幸せになりたいなら
僕達の子になればいい
そのほうがやりやすいから
難しいこともないだろう

臆病だから銃身を抱えたまま眠る
自由の空を取り戻した鳩の群を見るまで

僕達は正しい
君達は正しくない
君達は間違えた
僕達も間違えた


32 ::03/12/09 21:28 ID:n2xfY7Pz
-それ-


心臓に、ひっそりと世界は佇んでいる。

その重さは、
その圧力は、

私は何も知らない。
私はすべてを知っている。

明日は、ゆき交う銃弾の下で、

言葉は一輪咲くと言おう。

私は落ち着く場所を知らない。

たとえば車窓に映る私と、移りゆく景色。

幻想に泳ぐ面影。


33 ::03/12/09 21:42 ID:n2xfY7Pz
>>25

評価に対する礼なのか、-A-に対する礼なのか、または意志力に対する礼なのか知らないが、受け取らないでおこう。

推測の話をして申し訳ないが、
Aをつけるのは簡単だ。それ以下の方が難しい。
なぜならば、みんな-A-だと思うから。それぞれにみんな違っていて、本当はそれぞれの個性を尊重出来ればしたいから。

34 :評価者以外:03/12/09 21:43 ID:i4Ucm60D
>>32
>言葉は一輪咲くと言おう。
久しぶりに詩を見たけど、ここは、緊張感がなくてわからない。
すみません。

35 :名前はいらない:03/12/09 21:45 ID:nlMZwNAG
「僕だけの箱庭」

少しずつ積み上げてる
僕だけの箱庭を
誰にも踏み入れさせたくない
僕はそれを守るために
鍵をかけた

君が涙を流す意味が分からない
ナチュラルメイクと心の君
君のことは好きだけど
箱庭は僕だけのもの

君も作ったよ
箱庭の中に
綺麗にしすぎたかな
でもそれでいい

たまにショッキングピンクのルージュと
背中の開いたドレスを着せようと思う
だから君には見せられない
僕だけの箱庭

36 :a:03/12/09 23:16 ID:rkbrML4V
>>29 
実はテーマさえ感じ取れなかったんだけど、もしかしたらテーマにしては
詩が短すぎるのかな。このままでは、作者の独り善がりで終わってしまっている
ような気が。ただ最後、私は手を挙げそうになったので、その点だけは評価。

>>30 D
「すれ違いの日々」「きょうもそんな一日が終わり」などなど貴方は普通に物を
考え、普通に発言しているわけで、貴方らしさが出ていない。題材に対して、
オリジナルな視点をもつようにしたらいい詩がかけるんじゃないかな。

>>31 C+
比喩の使い方をもう少し正確にした方がいいと思う。ごまかされたまま
終わっていて、テーマに対して貴方が逃げている感じがする。
ただ「勇気は人を殺す/優しさで人は飢える」だけは多少、光るものを感じま
した。この詩は先ごろのイラク戦争に対する諷刺なのかな?

>>32 C+
全体的に「緊張感」があるのでその点は評価。ただ読者のイマジネーションを
引き出すよう注意した方がいい。もっとレトリックや比喩を活用するべき所が
あるように感じる。比喩と言っても大仰なものはいらなくて、等身大の貴方を
引き出すような。また絞れる表現はできるだけ絞った方がスマート。
モチーフは何となく伝わりました。

>>35 C−
箱庭はちょっと安直すぎるかと。「君も作ったよ/箱庭の中に」という表現には
「おっ」と感じるものがありました。

37 :30:03/12/10 00:47 ID:0pziRFHV
「決意、あるいはナンセンス」
理由を探し意味を求めるのはいつも愚かな者だ、
と言った人がいた。
意味がなければ生きられないほど、
人は愚かか。人は弱いか。

美しいその人は死んだ。
自分の首に紐を巻き、きりりと締めた。
誰も知らぬ間に、醜く臭くおぞましい塊になった。
正しさに負けたということなのか。

意味があるのは意味がないということのみだ。
意味がないのもやはり、意味がないということのみだ。

意味を拒むことを選んだ人は、苦難の道を選んだ人だ。
その決意はとてつもなく正しく、正しいがゆえに脆く悲しい。

いつも潔い言葉尻、虹彩の硬質な青み。
背には、今にも切れそうに張り詰めた、決意。

私はと言えば、
ぼやりとした頭でこれからもただ凡庸に、
意味と理由を探し求めるだろう。
それは確かに弱さ愚かしさ。
それをせぬことの正しさ高潔さが、
脳裏に浮かばない日は、
だけど途方もない空虚さを伴って、
二度とないのだから。

38 :30:03/12/10 00:56 ID:0pziRFHV
「冬に見る」
瞬間 それまで吹いていた風が
きいんと張り詰めたまま凍ってしまう
冷たく刺された頬が敏感にそれを感じ取り
はっと 立ち止まってしまうことがある

小鳥の一羽も羽根を休めていない電線
肩を丸め急ぎ足で
いちようにに俯きかげんに
小走りで通り行き交う人々
顔も上げず目を合わせることもなく
いつもは私もそのひとりなのだが

39 :30:03/12/10 00:56 ID:0pziRFHV
(「冬に見る」つづき)
瞬間 いつもは忌々しく激しく
全てをかき乱していた風が
乾いた緊張の訪れとともに
感動的なまでに 無に接近する
キリキリ切り裂かれた頬を突き抜けて
時さえ止めてしまったかのように

私は 早足で行き交う人々の列のなかで
ひとり 立ち止まり 顔をあげて
風の来た先をぎゅっと凝視し
風の行く先をふと想う

雪すらも降らない冬の青空
葉っぱの一枚も残らない街路樹
いつもは見上げもしないそれらの中に
限りなく無色に近い透明を感じ
あらゆる感情と思考とに
しんとした静謐さが与えられる

冬はいちばん嫌いな季節だ
だが そんなにまでに静かな瞬間が
訪れてくれる瞬間が 
冬にはある

40 :a:03/12/10 02:00 ID:cFds5V4r
>>32 片手間でやったのと、勝ってにやったので恐縮ですが、ちょっと作り変えてみました。
自分なりに(作り変えるというよりは好き勝手に書きました)。


「火星なんだよ俺は」

俺の心臓に
ほっそりと一つの世界がしがみついている
一粒の重さがその分の圧力だけな。
健気なもんさ

俺は帰る家を知らないけれど
俺の世界の事なら知っちまっている

明朝には
火車になった銃弾の下に
一輪の言葉が咲くだろう、とか

昨日よりかは今日の豚が
それよりかは明日の煮飯が旨い、とか
ね。

41 :a:03/12/10 02:01 ID:cFds5V4r
喩えれば
ガラスに映る影と
外の景色とを
比較する「火星」が「俺」だろう

昨日の俺はそんなもん知らなかったが
昨日の午後にはすべてを知っていたんだ

幻想に泳ぎ
窓の表面で喘ぐ魚は
一匹だけだが
俺の心臓の世界で蠢めくから
一匹は輝く

42 ::03/12/10 02:10 ID:3W0OKHwB
>>40-41
くどい!!
なんてまぁ勝手にやってんだから俺が言う必要もないが、-それ-故にレスしちゃうんだなぁこれが。
そうゆえばなんか説明しろとか言ってたな。18禁スレで適当にこれからレスしとくよ。

43 :名前はいらない:03/12/10 02:57 ID:qqzDeEep
>>42

あっそ。お前にももう飽きたから、消えれ!
いい加減用済みなんだけどw

44 ::03/12/10 03:00 ID:3W0OKHwB
消えろと言われると消えたくなくなるよー!!

45 :daこ:03/12/10 05:19 ID:MjCb9tee
「サンタさん」

あなたのそのひげは、
雪の結晶だったなんて知らなかったよ。

あなたの着ている赤い服は、
もともとは白地だったんだね。

煙突がない家では、
窓から入るんだね。

……
あなたは僕にプレゼントをくれるんじゃなくて、
僕のものを持って行っちゃうんだね。


うん、誰にも言わないよ。





46 :新種のアユだってさ!!すげえ!!:03/12/10 05:34 ID:qqzDeEep
ここはオイニー付きののスレ
くせー奴等がプンプンプンププーン
突付かれどっかんやかん
プンプンププーン
お口のなかもね
身体に頭
到る所から
プーンプーンプーンプーン
臭いね匂うね
ばっちーね

47 ::03/12/10 05:42 ID:3W0OKHwB
おもしろいからかまってみる。

オイニー?

オイニーって何?

48 :新種のアユだってさ!!すげえ!!:03/12/10 05:46 ID:qqzDeEep
アニオタは質問が多くうぜえ

49 ::03/12/10 06:02 ID:3W0OKHwB
>>48
君もそんな憎まれ口ばかり叩いてないでさぁ、
なんか詩でも作ってみようよ。
結構いいもんだよ。

50 : はなまる ◆Ha7007BLEY :03/12/10 06:48 ID:hiZH1wK0
「対峙」

俺は清潔感のある力強い線を好む
誰かと誰かの間に横たわった鯰の首を思いっきり撥ねる
しなやかでのびやかで何処までも伸びる線を好む
俺はそういったスタイルに惚れている
だから、またその力強い線が誰かと誰かの間を隔てることになったとしても
目を背けたりはしないように背筋をちゃんと伸ばしておきたいのである。
好きな子の前ぐらいはと、そこから初めようと思う!よ!

51 : はなまる ◆Ha7007BLEY :03/12/10 06:52 ID:hiZH1wK0
>>48-49
貴様等の立ち向かうべきは俺なのであるからして、
私のために争わないで 以上だ

52 :貧乏神:03/12/10 08:07 ID:o2SFX3tS
『風が運んだ君の想い』

風が運んだ君の想いを
フワリと両手で包み込み
ミディアムレアで食べてみる
仄かな甘みに耐え切れず
渋めのワインで流し込む

風が運んだ君の想いを
真っ白ノートへ書き写す
おやすみなさいの挨拶で
ぶきっちょ文字が躍りだす
理想の君は夢踊る

風が運んだ君の想いは
僕が望んだ君の夢
ダイヤル回せば繋がる糸さ
おもちゃ電話に言葉を託し
僕の想いよ飛んで行け


53 :名前はいらない:03/12/10 11:02 ID:qJloJzkO
日が昇る
影は長く
花が咲く
鳥が飛ぶ

日は高く上がり
青い空とその鏡
蝉が鳴く
蝉が泣く

日は傾き
影が伸び始める
山は赤く
雲の影と

日が落ち
雪が降る
息は白く
朝を待つ

54 :名前はいらない:03/12/10 11:28 ID:mQBDUmFT
にほんがかわったひ、だれがわるい。
ちきゅうがなげく。がおー
やしはだれだ。せかいをこわしたいのは
にほんのゆくすえはぐんじたいこく
ちきゅうぼうえいぐんでもつくるのか
やまとだましいにだまされてはいけない。
おまえはしにたいか。
まっぴるまのさばくで
んーーー
こどものなくこえがする。
しずかなさけびがさばくでひびく。
たのしいひびはせんとうではかいけつされない。
いのちはてろりすともこどももじえいたいも、うしないたくはないのだ。

55 :名前はいらない:03/12/10 18:22 ID:sgDfAaC8
>>54
F:んーーー が惜しい口惜しい

56 :  :03/12/10 19:41 ID:JCkyUze3
旅から帰ってきたニダ なんか新スレになってんじゃないか!!つーか失速してるが…。
まぁなんだ、、なんだなんだでやっぱ俺様がいないとやっぱ打目やのぅホンマ(ゲラ 
さぁまた暇潰しに評価してやっかな。。って 一応整理してみる。。

>>24  >>37 >>38-39 >>40-41 >>45-46 >>50  >>52-54

なんなんじゃこの多さは・・・。評価する言うても多くて1作品3分で出来るだろが。。
やっぱ俺様が仕切らんとアカンかねアヒャヒャ しっかしすごい沈み様だなをいage

57 :  :03/12/10 19:46 ID:JCkyUze3
前スレのA評価の件だが複数によるAランクは皆無だったから特になにもなしニダ
片方がAでもう片方がDだとかふざけてんのもあったし、つーか出版社にもってくレベルじゃねーYO
まぁマターリ逝くニダ 今までの勢いが結構良かっただけニダ。そろそろ失速する頃だろーしな(ゲラ

58 ::03/12/10 20:14 ID:3W0OKHwB
>>56-57
君が来たからには失速も矢も得ない。ところでA評価作品は出版社に持ち込むの!?
嘘だろ?
へー知らなかった…。
で、そのすばらしい作品をどこの誰がどこへ、どうやって持ち込むのよ。

59 :暇人:03/12/10 20:20 ID:pvuXGP5c
「狂ってるよ」と
僕はそうつぶやいた
この地に降り立って涙を流した
失ったものは大きすぎた

たどり着く先に永遠の平和が待っていたなら
僕はがむしゃらに走り続けただろう
自分を守るなんて事せずに
ただ愛する人のために

でも愛する人はもういない
この世界が犯した過ちのせいで
戦いを否定し続ける事でしか
僕は生き続ける事しかできない

でも残酷な日々は進んでいく
いつしかこの悲しみさえ忘れるだろう
僕にできる事は
忘れないよう生き続ける事しかないのかもしれない

60 :  :03/12/10 20:27 ID:JCkyUze3
>>58
おぉ!!藻前まだいたんか元気だったか?で、相変らず俺のおっかけか?前スレじゃ相手せんで悪かったな(ゲラ
出版社も糞も>>1を読んでねぇだろチビ、いーから釣れてないで評価せぇや、もう飽きたのかYO ほれほれ

>>24  >>37 >>38-39 >>40-41 >>45-46 >>50  >>52-54 >>59  1つ追加

61 :抑揚:03/12/10 20:30 ID:k3M0GMfA
>>60
前スレの未評価も宜しく。

62 :  :03/12/10 20:41 ID:JCkyUze3
今サッカーで我が国が原爆国家日本に勝つところを見てるニダ 今忙しいからまた夜中に来てやる イッタンさいならニダ

63 ::03/12/10 21:12 ID:3W0OKHwB
なんかやられっぱなしだなぁ。
おっかけ扱いされちった。(*^_^*)

64 :  :03/12/10 23:43 ID:JCkyUze3
まぁsage進行でまたーりするニダ、なんか漢字2文字が仕事サボってたんで前スレで言ったウリのA評価作品はお預けでつね
普通に言葉並べて素人なりに評価すんのも暇なんで「努力賞、ランクアップ」と「あっ賞、ランクダウン」を作ってみたり…。

>>24
謎 Part2ってこれは23の連作でつか?ならばもぅ評価されてっから放置しまつ。これだけだとEだと思われ

>>37
B- これは売れないバンドのメッセージソングかYO 「と言った人がいた。」=「美しいその人は死んだ」でええんね
つーか登場人物殺すなYO!!どーして死に方まで知ってんのこれ?正しさに負けたってそんなもんなのかこれ、
死人に口無しもいいところニダね、他の表現法はなかったんか軽い命やねホンマ、3・4連目に色々結論付けてっけど
んな意味ない事考えんけどなぁ、チミは創造性が豊富な人なのでつね。もっと異議ある事を考えてくれよ勿体無い…

>>38-39
B「限りなく無色に近い透明を感じ」ってをい…。まぁ着眼点は良いでつね、説明口調の表現も混じって、、もないし。
静謐とまで言うのか、、やけに細かいな。表現も固く印象に残るフレーズもそんななかったと批評。最後の段落なんか
の結論に対する説得力も揃い評価できる。ランク付けの違いはその個人に残る印象の深さだろ。まぁ努力賞を兼ねてB
この2作品だけで10分近くかかったのだが…放置される理由もわかんな。前スレからと違い2作品はレベル高いニダね

>>40
D+ 時間短縮にご協力くださいニダ マンセー

>>41
E 連作でつか?この頃忙しいニダから省略しまつ、そんな彼方に「あっ賞」進呈します評価ランク大幅ダウンでつ 

>>45
D センス良い!!!!とコメントしていいやらなんやらか。時間短縮にご協力くださいニダ

>>46
E-  個人攻撃すんなら他でやれ、日本人は過去の出来事に執着しすぎニダ 本当に情けないニダね(pupupupupu


65 :  :03/12/10 23:45 ID:JCkyUze3
「複数のAランク作品の出現=次スレのテンプレ」って事で、、別に仕切ってる訳ちゃうがそのくらいの特権くらい許せるだろ
>>50
D なまずかいな、まぁ素直に自己表現出来ていてよろしい。後はオリジナルティを兼ね備えた表現とかがあると嬉しいが
まぁ各国と比べて日本人の骨格は弱いらしいな、日本人特有の足の短さはどーしょもないが、ウリの第六感でDにしてやる

>>52
C+すげ〜想いを風で飛ばせる方も凄いが食べる方も凄いな、どーしておもちゃ電話なのかねぇ雰囲気作りなら面白くない
しっかし随分器用なお二人さんでつね、「僕の想いよ飛んで行け」言われてもねぇ、D周辺が妥当だが第六感でC+にしてやる 

>>53
D ごめん、なんとも面白くないD 時間短縮にご協力下さい

>>54
E- 次回は 斜め読みに挑戦汁!!つーかそこらの小学生でも作れるぞ。くだらんわ市ね

>>59
C 解かりやすくて良いでつねぇ、なんか同人アニメの主題化に使われてそうな作品でつね、月光のパクリ…?でもないか。
狂ってる言われても作者がこうゆぅ状況作っちゃってるし、最初の段落は完全に糞、最後の方だがも忘れる事も1つの勇気ニダ
お?今ウリすごくかっこいい事言ったニダね!!自画自賛ニダ つーかどんな世界やねこれ!!!これに感情移入しろ言うんか勘弁してくれ

前スレ
>987「ダイエット」D ダイエットって食べる飲む関係ないニダよ、菓子ばっか食ってないで沢山食べて効果的に運動汁

>985「最後の作品ってことで」C- 「私たちの時」ってなに…。別にそんなねぇ。個人的にすっっごく共感したくないのだが

>981「赤い糸」 D- はぁ,,,そうなの…。表現力が低くて疲れる はっきり言って興味ないっすわハイ。まぁなんだ20l市ね

>969「夢の墓場」 C+ 彼方って誰やねん。。んな事ゆぅても余計なお世話なのだが、まぁ努力賞でランクアップでつおめでとう

>959「美しき箱庭」 E 美しいんかい!!×4。ここまで説得&説明力のない作品も珍しいでつね、あっ賞でランクダウンでつ

またーり

66 :名前はいらない:03/12/11 02:34 ID:cwXhCEYo
凍える手を擦り合せて
もう一度マフラーを巻きなおす
道行く人は急ぎ足で
どこかへ向かってゆく
そんなことどうでもいいはずなのに
今日はどうしてか気になってしまうみたい
こんな都会でも 
だんだん星が鮮やかに光り出し
今にも流れ落ちそう
ひとつ風が吹いて
髪が乱れた
前髪をかき分けたら
また体が凍えた
眉間にしわを寄せ
遠くの人ごみをみつめるけど
まだ夜は更けていくみたい
星の滴がひとつ
わたしの頬に流れ落ちて
慰めてくれるの?
無数の見えない光が
小さな幸せ
ありがとう
聞き覚えのある声がして
私はひとつ笑った

67 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :03/12/11 02:38 ID:IqFcwP8p
[逆転]

逆立ちをして
世界を見たら

長所が
短所に
思えてきた

好きな人が
とても嫌いに
感じてきた

心まで
元気だったのが
急に
悲しくなってくる

だから

気持ち悪くなって
世界を元に戻したら
赤い顔で見えたのは
何も知らない人々だった

68 :ピース:03/12/11 05:59 ID:v6lYgXPM
影へ影へと追やり 封じた闇
久しぶりの面会で 毒付きナイフで胸を刺された
持っていた解毒剤は効かず しょうがないから  
他人にうつして治した

69 ::03/12/11 06:34 ID:AiZWXPly
新スレの投稿文を全部読みました。なんか全体的に、狙ってるなぁという感じがして、
おおっ、これはという個性を感じる作品はありませんでした。間違わないでください。批評家の為に詩を書いてるのではありません。貴方自身の為の作詩です。

70 ::03/12/11 06:49 ID:AiZWXPly
>>62
原爆国家とはどう意味だ?
キムチ国家君。

71 :名前はいらない:03/12/11 12:51 ID:ljRATjOJ
「音もなく降る雨と消える君」

音を立てて降っている雨
僕は気にもせず一心不乱に
君の姿を追った
赤い傘をさした君を

ぬかるんで足跡が消える前に
君の姿を見つけなくちゃ
僕には使命があるんだ
君を守る

こんな強い雨の日だとしても
朝も夜も君を見てるよ
おそろいの赤い傘を買ったんだ
君は気づいているだろうか

72 :名前はいらない:03/12/11 12:52 ID:ljRATjOJ
「音もなく降る雨と消える君」続き
閑静な住宅街
人通りなどまるでない
君の家の前で僕は
赤い傘をさして待ってる

カーテンを閉め切って
ときどき僕のほうを覗く
すぐ戻ってしまうけど
それが至福のとき

その白い肌も
赤いほっぺたも
少し低い鼻も
僕が全部守る
これが僕の使命

ある日君の家の前で
いつものように立っていたら
大きなトラックが来て
荷物を積み込んでった

僕は次の日もその次の日も
また同じように立っていたけど
君は二度とカーテンから顔を覗かせることはなかった

見つけなくちゃ君を
足跡が消える前に
僕の使命は
君を守ることだから


73 :名前はいらない:03/12/11 14:50 ID:vIpdr9aG
あをーさおーなおー。
えおーにおーへおー。
こんばんわ、
こんばんわ、
おわーおぇえーんぇえー
おうぇーおわーうぇー
65番は病気で津

74 :DERUMO:03/12/11 15:37 ID:2xUW390A
「Anemone」
大切な人々その優しさに
包まれて歩み出す あなたへと

輝かしい思い出 刻まれたまま
風はあおる港へ続く道へ

愛しいその人を想う
気持ちは冬を越えてゆく

鮮やかな季節 あぁ 花が咲くのを
待つことなく船はゆく まだ見ぬ場所へ

静かに燃える炎は
誰にも消せはしないから

海を渡る小船は遠く
願いをこめて大地を求める
そう私の心はひとつ
永遠のちかいをその手にゆだねて

今 私に運命の時を
告ぐ鐘の音が鳴り響いている

あぁアネモネ あぁアネモネよ
あの丘を赤く染めゆく頃には

あなたへと
旅立っている
あなたへと 旅立って あぁ
あなたへと


75 :青い空:03/12/11 16:12 ID:KVBzuUFb
優しくしないで
あなたの言葉が全部
きれい事に聞こえてきて
嫌気がさしてくるから
もう何も言わないで

76 :30:03/12/11 16:54 ID:oO+RVxG9
>>64=評価人様
努力賞をいただき、光栄です。まさかB頂けると思いませんでした。
評価、ありがとうございました。今後の勉強の参考になります。
>北さん う〜ん、、、私に限れば、「狙ってる」つもりはないつもりです、、、

「カッターナイフ」
ボロボロに錆びたカッターナイフの刃を捨てるよう 
母から頼まれた
広々とした古新聞の真ん中に置き
丁寧に慎重に 幾重にも幾重にもくるみ込んでゆく

茶色く腐れ落ちそうなこの錆びた刃が
幾重にも幾重にも古新聞の衣を纏って
私の肌を傷つけることなく
誰の肌をも傷つけることなく
塵箱の中から やがて土へと還ってゆくことを思う

ささくれ立って刺を突き出している心にも
おなじように幾重もの薄衣
ひとつの血も吹き出さぬまま
忘れられた刺はやがて戻るべき場所へ
還ってゆくだろう

さあ 錆びた刃は今はもう面影
新しく取り替えた刃を光に透かすと
キラリと銀色の光をはためかし
私の官能をぞくりと反応させた

77 :名前もなく:03/12/11 16:59 ID:D06CbxOx
いつか会えるその日まで
僕は祈り続けるんだ君の長く永い幸せを
初めて出会ったあの冬を
消えてしまったあの夏を
僕は今でも忘れられないでいるんだ
海の泡となった美しい君は
きっとワダツミのもとで微笑んでいるのだろう

君は美しすぎたからあんなにも早く召されていった
あまりに愛でられた君は。。

ねぇもう一度だけ 僕の名前を呼んでください
優しい声色で
高い声で
そしていつか
君の隣に往けるように

いつかまた会える日がくるまで
僕は君を愛し続けよう

ワダツミの君へ



78 :竜251:03/12/11 17:14 ID:sJM3sGl2
生きる意味探して生きてるっていうけど
それで見つからなかったらどうすればいいの?
<疑心暗鬼>
「本当に信じてる」って
それまでのアナタそんな人間だったの?
<イライラ>
もう死にたい
生きていくのがつらいんだ
本当に死ぬのか?
<嘘つき>
この夜を失った自分に
どれだけ嫌気がさしただろう
でももう一度来れたのは
何故だろう
死んでしまったのかな
<暗転奉奠>
そんな言葉一番欲しくない
ツライときほしいのは・・・・
自分でも判らないよ
だからほっといて
<逆ギレ?>
迷い吹き消す
そんな言葉あっても言えないよ
この世の美しく元気な言葉
生きてきて一度も使えてない
スゴク哀しい
<悲観連鎖>
あいつには似合わない
あいつは出来る
君は「あいつ」の何を知ってるんだい?



79 :  :03/12/11 18:26 ID:Y1Y/LHpT
なんだか万歳的な評価者不足でつね。別に今からはじまった事ちゃうけどな。。まぁ適当にやってみるが
真面目にやってる香具師は他のスレとマルチしませう。 いや、万歳的ってのは慢性とマンセーな訳でして…。
>>66の作品なんてウザイでつね。別にせんでもいいがカウンター気味の反撃覚悟で熱を入て批評してみる

凍える手を擦り合せて
もう一度マフラーを巻きなおす
(ここまでに至る理由付け)
:凍える手→季節・気温の低さの表現を示す

道行く人は急ぎ足で
どこかへ向かってゆく
そんなことどうでもいいはずなのに ←A
今日はどうしてか気になってしまうみたい←B
(無駄な文章の削除&メリハリを付け言葉の意味を生かす努力)
:Aそれはどうでも良い事なのに&普段は無関心な事さえも
:B今日だけは気になってしまう&何故か興味がでてくる

あんま繋がりねぇなマイナス1

こんな都会でも ←問題行A
だんだん星が鮮やかに光り出し
今にも流れ落ちそう
(「こんな」の存在感の薄さ、説明義務の発生)
:A これ理解できないようじゃセンス無し

ひとつ風が吹いて
髪が乱れた ←A
前髪をかき分け(たらc)←B
(A&Bの統一、イメージを掴みやすいようにする)
:乱れた髪をかき分けて、、うんぬん

80 :  :03/12/11 18:27 ID:Y1Y/LHpT
また体が凍えた
(cとの繋がりを意識する、正しい認識へと導く)
:簡単に言うと「たら」との関連はそんなあるんかと
:髪をかき分けるYO → 身体が凍えたYO の結果は粗末でダサい
:結びつけるほどのもんか、なんか間に入れろ

眉間にしわを寄せ
遠くの人ごみをみつめるけど←A
まだ夜は更けていくみたい
(登場した単語に可能な限り重みを持たせる努力)
:別にあーだ言うことはないが「人ごみ+遠く=見つめる」だけじゃね、、

(星の滴a)がひとつ
わたしの頬に流れ落ちて←A
慰めてくれるの? ←B
(次の行への移行を太くし繋げながら進めてゆく)
:Bの言葉が出たのは前の行、Aがあったからであって、
:「流れ落ちて=B」Bの結論に至る経緯が薄い、だからなんだってんだYO
:例えばだが水滴&雨水でもBの結論になるのか、頬に流れる意味も乗せとけ
:言わせてもらぁとaは某ヒット曲のパクリか?

無数の見えない光が←A
小さな幸せ←問題行B
ありがとう ←(´Д`)ハァ?
(手抜き気味の表現、無駄な省略は避ける)
:Aだが「見えないのになんで解かるの?」「それってどんな光なの?」
:とかの疑惑が出てきちゃ元も子もないぞ。星の事だろぅが語るには無責任だ
:Bに至ってはこれくらい自分で理解出来ないと辛いぞ、この言葉だけで終わりなのか

81 :  :03/12/11 18:29 ID:Y1Y/LHpT
聞き覚えのある声がして←可也の問題行C
私はひとつ笑った←A
(重要な意味を持つ人物等の登場には脈絡を持たせる、つーか瞬間的に登場さすなボケ)
:聞き覚えのある声って誰やねコラァ、読む方にゃ説明なしかよuzeeeeeeeeeee
:そーしたら理解できAの行がより引き立つんだよ、そのくらい解かるだろが
:全体的に表現が軽すぎる、個人的意見で悪いが一言で糞ってこった で、D-になる。

なんだかんだで1作品で3レスか、もう無理ぽ また夜中にきてやるからガンバレやチョパーリ供

82 :  :03/12/11 20:24 ID:Y1Y/LHpT
あらら戻って来たのにレス無し。世の中こんなもんさぁ〜

83 :名前はいらない:03/12/11 20:47 ID:ljRATjOJ
>>79-82good jobだね。
その調子でがむばってくれい!

ところで万歳的って何よ。

84 :名前はいらない:03/12/11 21:12 ID:ErIJiYdS
>>82
そうじゃなくてヘタにがむばれとか言ったら、「余計なお世話じゃい!」
と返されると思った(w)。新スレ移行時消えたのかと心配してたが
旅行だったってわかって安心しますた。
怒らせんの承知で「これからもヨロシク」!


85 :名前はいらない:03/12/11 22:59 ID:GDGONuxd
>>80
4行目二箇所の「YO]がわからない。A,B,Cとa、cの記号はあるんだが。
教えて下さいおながいします(土下座
>>66ぢゃないけど。

あと「単語に可能な限り重みを持たせる」をもうちょい低脳に分かるように
一つだけでええから具体的に教えて下さいおながいします。

86 :北棟:03/12/11 23:07 ID:GWSBPS8t
他スレにも書いたものですが…

「ミックスピザ」

一羽の烏が舞い降りる
ステンレス製の空の下

羽音すらも包み込む
防音使用の砂の上

川の流れはぬもぬもと
右へ左へ蛇行する

鉄橋またぐ急行列車
私の眼(まなこ)は窓の中

雨の足音近付いて
外の景色は解け合った

87 :名前はいらない:03/12/11 23:08 ID:H9XH+HYq
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/part/1070710241/421-
すごく感動するストーリーです。


88 :北棟:03/12/11 23:09 ID:GWSBPS8t
「サンタの帰宅」

ナトリウムライトの道は絶え
バスの前方仄かに白く

紅色(べにいろ)をした停車ボタン
車内に新たな径造る

その径がなくなるときは
出口に浮かぶ一等星

やがて恒星燃えつきて
エンジン音が闇夜に響く

89 :30:03/12/11 23:59 ID:V8tC7tLV
「Distance」
僕がいて
君がいて
距離がある
のではない

僕と君とのあいだに
距離があって
ちがいがあるから
僕や君という存在が
むくむくと立ちのぼってくるのだ

分かりあえなさ
居心地わるさ
ぎこちなさ
もどかしさ
僕と君との間に
距離は立ちはだかる

90 :30:03/12/11 23:59 ID:V8tC7tLV
(「Distance」つづき)
埋めようとするな
縮めようとするな
乗り越えようとするな
距離があるから僕たちはいて
距離があるから触れあって
距離があるから語りあう
のだから

ディスタンス
距離は変わりはしない

ただ
僕の世界が君へと広がり君の世界が僕へと広がる
まっすぐに君へと向かってゆく小さな地平
まっすぐに僕へと向かってくる小さな地平
僕は今にも弾み出しそうな心で
二つの地平をじっと凝視し
そ知らぬ顔して君と語らう
二つの世界は
触手のように手を伸ばして
やがてどこかで結ばれるだろう
僕らは息をつめてその瞬間を待っている
それまではただ
対話を

91 :名前はいらない:03/12/12 00:40 ID:dK4/oDRL
>>82
評価する人指名して貼ってもいいですか?66さんにのような評価がいいんですけども。

92 :貧乏神:03/12/12 00:58 ID:MlryDvpZ
『死刑宣告』

除夜の鐘告げる死刑宣告
明日は失きものの為に
祈ろう今日の終わりに
幽かな希望を絶望に代えて
生きていける強さ
切実な夢
曖昧な夢
全て投げ捨てても
生きていける強さ
除夜の鐘告げる死刑宣告
言霊よ消えてなくなれ

93 :桜の華:03/12/12 01:37 ID:5AnqalU+
人が人を求めるのって、ごくごく自然なこと。
それが例え、二度と会うことの出来ない人でも・・・
会えないと、思えば思うほどその想いは強くなる。
出会いは、とても不自然すぎて
その不自然さに気づく事さえできなかった。
私は、来春結婚します。
あなたの存在を、彼には隠し通し、
ヴァージンロードをわたしは彼と歩きます。
あなたの汚れない、真っ直ぐな愛と瞳に
私は応えることが出来なかった・・・
愛しすぎてしまう自分が怖かった・・・
もうすぐ、私の第二の人生が幕を開けます。
きっと一生、あなたのことは忘れないでしょう。
もしも、いま一時の感情だけで
全てを捨て、あなたの元へ飛び込んで行ったとしたら、
その後、このトキメキや、狂おしいほどの想いが消え去ってしまう時の
方が、私には悲しく思います。
だから、私は別の人の胸であなたを想い続けます。
それが、わたしに対しての一生分の懺悔です・・・



94 :意味不明:03/12/12 16:03 ID:SAwbG2zu
何と、言葉にすればいいのだろう。
変わらない、この世界を。

キリキリ……と、
弓が音を立てるように
はりつめたこの世界。
いつその手が矢を放つのか分からない。

逃げようとしても、
足は凍る。
逃げられないかもしれない。
……逃げられない。

助けて、と求める術も
残っていなく、
自分が息をしているのかさえも分からない。

何なのだろう。
ふと、足は歩くのをやめ。
分からない答えの
問いを考える。

でも、きっとその答えは出ないだろう。
考えることに意味があり、
「意味」の為に私は考える。
意味もなく、
むしろ分からず。
「何なのだろう」
と口にする。

95 :意味不明(続き):03/12/12 16:05 ID:SAwbG2zu
まるでこの結末を望んでいたかのように。
私はこれからも「意味」を問う。
その名を呼べば、
壊れてしまう「沈黙」のように、
矛盾に満ちた、
意味不明の世の中に。

***

96 :  :03/12/12 16:51 ID:uY0Wvwet
また何時もの様に整理しときまつ、つーか評価者減り杉。ってかもうすぐまたウリも暫く消えるYO
毎年毎年クリスマスなんて嫌いニダ 歴史上最大の犯罪者キリストの賛美宣伝ニダ アイゴー
って事でクリスマスをテーマにした作品は個人的にウザイんで高評価は望めませんと予告 マンセー
>>67 >>71-72 >>74 >>76-78 >>86 >>89-90 >>93-95

>83
つーか文章よく読んでねぇだろコラ

>84
ありがとニダ ランク付けすんのは自由ニダ参加汁

>85
ウリは優しい香具師ニダから頭のおかしなチョパーリにも解かり易いように言ってやるニダ
「今日は うんこを食べました 美味しかったです」 じゃ抽象的ニダから語彙を増やしてみる
「今日は楽しみにしていた夕飯で ぷりぷりのうんちを食べました 匂いが良くてとても美味しかったです」
比較して見ると後者の方が全然良いだろ、要するに簡単に言うと「これじゃ軽いから肉付けしろ」ってこった。
土下座もなにも前者の質問はくだらなすぎんで放置。

>91
まずは認められる事だろ、こっちはボランティアちゃうんやで。助け合い精神のある香具師なら藻前も評価汁

短い作品はランクだけでつ。 68.E  73.E- 75.E 88.D 92.D-
しっかし今まで評価してた香具師は逃げやがったのか???モドッテコイや腰抜け供sage

97 :伝説のあぼーん ◆AEROhyPKUU :03/12/12 21:49 ID:AynPugJs
「自由」

俺は囚人21番 

学校が牢獄に見えた
行かなきゃダメってことくらい分ってる
でもそんなに先の事考えられるほどの頭をもってない
きっと将来後悔すると思ってみるけどダメだ

周りはみんな同じ服を着てる
チャイムの音で一斉に動き
同じ物を同じ時間に食べている

同じじゃなきゃいけない 外れてはいけない
協調性とかそんなんでみんなと一緒にされる
抜け出したいけど怖い 結局このままみんなと同じ

俺は囚人21番 名前なんて必要ない

98 :名前はいらない:03/12/12 23:04 ID:k7CD7aKH
66評価いいね

99 :名前もなく:03/12/12 23:16 ID:sjIbp4I5
>>77です〜ぜひ評価してくださいまし〜

100 ::03/12/12 23:16 ID:r0i8yt4X
タンベ

チュセヨー

ノムハムニダ
(-.-;)

101 :ジョナサン:03/12/12 23:29 ID:5kOzr3PA
ばっちゃあああん!(ごばめばぐだえちぇだ)
ばっちゃあああん!( 同上 )
ばっちゃあああん!( 同上 )
ばっちゃあああん!( 同上 )
ばっちゃああん! ( 同上 )

さかばきゃきゃば
さかばきゃきゃば
さかばきゃきゃば

ぶんまいだい!
だそぢうあかjdそdjぱおいうあ!
ばっちゃあああああん!
dkじゃそtぱおいうあばん!
ぢゃい!

102 ::03/12/12 23:29 ID:r0i8yt4X
国境


−俺は日本人−
いくら顔が似ていいても、
忘れはしない、
島国の、
いくら時間を狭めても。
鮒ずしの記憶は遠いだろう。
クサヤの煙は青いだろう。

だから俺は
−日本人−


103 :ジョナサン:03/12/12 23:30 ID:5kOzr3PA
さぁ評価して!


104 :ジョナサン:03/12/12 23:31 ID:5kOzr3PA
Chiじゃねぇし・…首吊ってきます…

105 ::03/12/12 23:33 ID:r0i8yt4X
>>103

意味が解らないので、僕は評価できません。
(*^_^*)

106 :ピース:03/12/12 23:50 ID:ievYG0gr
良くできた泥人形 
崩壊を拒み 常時同じ顔を作る 
寂れた外観 取り繕った衣服
赤は血 黒は影 白は世界 
飾れば飾るほど虚無になる



107 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :03/12/13 00:34 ID:xDnFVwrJ
[最高にバイバイ]

もうすぐ指が死ぬ
めがねでよかった
拭うタオルもある
酒飲んで眠りたい

余計な口なんて聞かない
下手に心配させられない
ただ我慢さえすればいい
時間が経てば消えるから

目を見開いていた
目は乾かないから
溢れていく涙を見てた
じっとしていても湧き出る
涙は見れなかった
滲む鏡の顔が見れた
こぼれていく涙があった
タオルにそっと涙を染み込ませるのを
雨の林を背景に観察してしまった

108 :ぱいそん:03/12/13 01:41 ID:yyHa3OuK

   淡雪


ああ、眩しいね。
真っ白な世界、銀世界。
わたしの周りを包むようにして。

雪の光りは眩しいね。
太陽の光りに反射して。
きらきら、きらきら。
眩しいね。

目を細めて、銀世界。
羽のようなやわらかい雪が降り積もる。

ああ、眩しいね。
眩しすぎて、もう何も。
なんにも見えない、銀世界……

109 :名前はいらない:03/12/13 01:59 ID:HL+P9fza
今まででAとった作品を誰か全部貼ってください。
参考になるので是非お願いします

110 :パンダハト:03/12/13 02:07 ID:QCo9RwpQ
「違う」


111 :朝の六時に:03/12/13 02:10 ID:GzaVzKmk
リモコンでチャンネルを変えるように 毎日が慌しく変わっていく

足場も無く落ちつかない心は 夢の中を泳ぎながら
顔を出せばいつだって 知らないうちに次の朝のドアを叩いていた

時間と僕はとても強く繋がっていて 何時間経っているのか分からなくても
朝六時には必ず目が覚めるのさ 時計が僕で、僕が時計ってわけさ

針を無くしたい時がある 太陽が昇れば朝の六時で 夕陽が沈めば夜の六時でいい
時間に生かされた人生なら もっと大きな時間に愛されたい

だから明日からは 地球の枕元で朝の六時をむかえよう
大きな、大きな朝の六時をね


112 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/13 02:22 ID:9wecI+zC
>>77
逆A。
理由=貴殿の詩のリズムおよび文脈においては、「君」の連打は禁。
次に「美・愛・優」等々は、出来うるかぎり流れを崩さず、別のフレーズで。

>初めて出会ったあの冬を 消えてしまったあの夏を

Aを逆にさせてしまった最大のわけはこの部分、こうした構成法にあるかと。

113 :名前はいらない:03/12/13 02:37 ID:6XhRfZHI
握り締めた手をほどく
君はすこし紅くなって僕を見つめたね
わざとらしく「寒いの?」なんて聞いたら
君は「そんなことないよ」ってポケットに手を突っ込んだ
僕は軽く鼻で笑って
冷たくなったうなじに手を回して抱き寄せた
僕にうずまった君の髪の毛はシトラスの香り
「いい匂い・・」なんて漏らしたら
ピクッと動いてちょっと拒んで
ポケットから手を出して離れようとしたから
僕は強く抱き締めた
君も少しして僕に体を委ねた

初めて君の本当の想いを感じた気がして
涙が零れ落ちそうだった

泣きそうな僕に気付いた君は
僕の胸に両手をあて
うつむいたまま「もう行くね」とささやいた
僕は言葉が出なくてひとつ頷くことしか出来なかった
君は僕に背を向け少し急ぎ足で歩いていった

君去りし後

夜空にはひとつ星が輝いていた

114 :パンダハト:03/12/13 02:37 ID:QCo9RwpQ
今世紀最大のミスをしたのでもう一度
「違う」
見た目は同じだけど味が違う
砂糖と塩
入れるとき間違えないで

番号は似てるけどつながる所が違う
時報と気象情報
掛けるとき間違えないで

見た目は同じだけど作りが違う
ブランド物の本物と偽物
買うとき間違えないで

名前は似てるけど人物は違う
ねこいるかとイルカネコ
見掛けたとき間違えないで

・・・というわけで名前変えます。

115 :名前もなく:03/12/13 07:22 ID:mxkVSjqU
>>112
ありがとうございました!参考にしてがんばります!

116 :名前もなく:03/12/13 08:43 ID:mxkVSjqU
僕らはどこへも行けずに
月の光を浴びている
何も持たずにただお互いを手に
此処にうずくまっている

前にも後ろにも道はなく
まだまだ夜明けは遠いけど
二人ならきっと大丈夫
「ずっと一緒にいよう」
他愛もない約束を胸に秘め
いつかくる幸せを求めて
ただ日の光を待ち続けている

いつかこの苦しみから覚めた時には
永遠の愛を誓おう
「死が二人を分かつまで」


117 : ◆VOTZ...... :03/12/13 09:00 ID:54iRiCCs
雪が解けて こだわりも消えてゆく
今は 何も無くても平気さ
出会いの季節に ただ僕らは手を振って
さよならする

不完全さを愛して 語り明かした
そんな日々ともお別れ
かすかに残る 冬の匂いを
抱きしめて さよならする

目を逸らさないで ごらんよ
いくつもの 物語が始まる
この心に響かせて だから僕らは
さよならする・・・・


118 :71:03/12/13 10:52 ID:0afKmbsd
>96

どこをどう読んだらテーマがクリスマスなのか・・・
全然違うのだが。

119 :名前はいらない:03/12/13 11:58 ID:StGy17kS
うんこ 

ああ、そのやわらかさ。

まるで神のてのひらにのっているかのようだ

ここちよい

120 :  :03/12/13 16:43 ID:mAf6oUHu
昨日は眠くて途中で飽きて放置してますた。なんだが最近全然B評価の出ない傾向にありまつ、理由とかは前スレでも参照してくらはい
やる気はありませんが出来るだけ相手しますんで質問なんか述べても構わんよと言っておく。。只>>118の様な勘違い野郎は放置しまつ

>>67 
D- 逆立ち…、簡単で良いでつね。「長所」「短所」「好きな人」「嫌いな人」だとかの単語だけの表現は正直ウザイ
長所も糞もなんのこったか解からんわぃ、終わり方もなんだかね。こんなんじゃC評価はやれん!!やれんぞぉぉ!!

>>71-72
C-君の姿を追う必要性が感じらんのは致命的だ罠。「君を守る使命」って妄想とどう違うん?勘違い野郎はウザイ
てーかその雰囲気を狙ってるんかっと後になって理解。もぅここまきたら欲望私欲。目的とかももっと濃く表現汁!!
こんなんにセンスあっても興味ねぇし。印象に残るフレーズも薄く「至福のとき」の一言で済まそぅとしてる当り弱い
 
>>74
E- 盗作野郎糞ウザイ 実力で勝負せず満足感に浸る生物は個人的に嫌いだ。なんなら殺してやろうか?死ねカス
http://www.geocities.com/jpoplyricstation/LArcenCiel/AnemoneJ.html 捏造国家日本はホンマキショイニダ

>>76
C-作品レベルが低い時期に許せる作品が登場すると普通にランクが上がるもんニダ。これをオリックス谷現象と言う(嘘

しかし何枚の新聞紙使うとは丁寧なこっちゃ、つーか土へと還る言うが「カッターの刃」ってリサイクル不可じゃねーの???
まぁゴミの区別は守りませう(?)それと「ささくれ・・・心」ってのもな、、ささくれの原因理解してんのかぃと一言、表現変えろ
「血も吹き出さぬまま」=「官能をぞくりと反応」の流れは評価すまつ、が。前に出た2作品の方が個人的に面白かったyo

>>77
E この手のタイプ、「過去執着型」の作品はある意味冒険だな。ワダツミって某ヒット曲のパクリかいな、なんでワダツミやね!!
「美し過ぎるYO→だから死んじゃったYO」の流れは糞の一言。ウリの場合感情移入は不可能ニダ。あっ賞を進呈でつ&市ね

121 :  :03/12/13 16:44 ID:mAf6oUHu
>>78
D- 見つける事を目的とした人生もつまらんながな…、なんか色々な事言ってるが、なんか今までにない不思議な作品でつね
:疑心E :イラD- :嘘つD :暗転(何語??)C- :逆ギD言えよ,, :悲観E 只、意味ありげな事言いたいだけちゃうんか。7割市ね

>>86
D 率直に雰囲気「だけ」は良いでつね、出きれば題名と沿う内容である事が望ましい。川が糞つまらんが別にそんな悪くもない

>>89-90
Dぬぉ〜なんだこりゃぁ。なぁんか整形アイドルのお遊戯のような、、「他と違い自分を特別扱いしろ」ってみたいなのはウリ可也苦手や
「結ばれるだろう」って言うがなんも説得力ないのは嫌いよ、「僕らは息を」って複数形か、、全て解かりきった事言ってるなこいつ、ウザ
ここまで言う野郎もねぇ、相手から拒否&放置されたらこれ終わるがな…ってこいつは何がしたいね!!マジで。実際にいたらキモイねホンマ

>>93
C+ はぁ…。これ読んでウリはどーすりゃええね!!これはセンス高いのだろぅか…。なんだからさいころ振って決めるか。コロコロコロ…

>>94
E- 言葉せんでいいわ、(終) …。「足は凍る」ってどんなやね。「自分が息を」って言いすぎだろ!!意味不明なのはこの作品だろと一言
で、それでこの題名かYO、狙ったんかいな。興味引く個所も皆無やしランク付けんの面倒くさいんでさいころで決めるか。 コロコロ…

>>97
E+ 激しく糞つまんねっ なんかこれちょ→MMって感じ??(古っ) んなもん知った事かチョパーリ アヒャヒャヒャヒャヒャ

>>98
どもども、ウリが真面目やるとこんな感じになる。このスレに遊びにきてるのは完全に暇潰しでつ

>>99
ああ、完全につまんなかったよ。受賞おめ

122 :  :03/12/13 16:47 ID:mAf6oUHu
努力賞&あっ賞は遊びなんで気にすんなと言っておく、ランクとかはウリのその日の気分で変化したりしまつ。その辺は宜しく

>>100
あにょーんあにょーん♪ てめぇ前まで偉そうにうんぬん言ってたが全然評価してねぇじゃねぇか骨無しめ!!雇ってやるから働けコラ

>>101
E-  死ね

>>102
E- ウリナラ!! マンセー マンセー ってなんなんだこりゃぁぁ ワケワカラン事吠えてないでさっさと謝罪して賠償しやがれ猿民族め、E-で十分ニダ

>>106
C- 短いが普通に良いでつね〜、只虚無になる理由だとかの付け加え&説明を述べて欲しかった、短かいんで尚更。D+か迷ったが…。

>>107
C 1段落は訳ワカランな、反対に2段落目は普通に良いと評価。3段落目は格助詞って言うか特に口語の連発が多く構成力が可也低い。
かった、見れた、あった、しまっただとかも多いな、そのまま鳥瞰図形式の表現なんだが読む方はつかれる。これ可也勿体無いと酷評
まぁあくまで技術的な話であってセンスはあると思われ、つーかこれ何があったんね…。感情移入の強制は控えた方が賢明と思われ

>>108
D+ そうニダね(完)…。「眩しい→見えない」って別にそんなねぇ。。ウリは都会暮らしだから見たくれの言葉じゃ理解できんと愚痴D
オリジナルティも低く評価できんニダ「ぬるい ぬるいぞぉぉ貴様の表現の殻を破るんだぁ!!」と意味ありげな事を言って終。つーか退屈

>>110
E- うんこ

123 :名前はいらない:03/12/13 17:23 ID:EM2Ezt2v
胸にナイフを突き刺したまま
街を歩けば
視線は釘付け
だけど誰一人として
救いの手を差し伸べてくれる人なんていない

だから私は石になった
何の感情も痛みもない
誰も目にとめないことが
当たり前の石に
もうこれ以上
傷つくことのないように祈って

いつでも悲観的な私は
優しい言葉でさえ
皮肉に取ってしまう
全てを終わりにしよう

だから私は石になった
何も考える必要のない
永遠に形を変えることのない石に
全てにおいて客観視できるように夢見て

そして私は気がつかなかった
取り返しのつかないことをしたと
例え動かなくても
感情があるのだということを
この孤独がいつまでも
永遠に続いてゆくことを


124 ::03/12/13 17:26 ID:+my7P6cD
>>122
がんがれキムチ!
本音が出たな!
まだ賠償請求すんのかぁ?
この金狂いめ!

俺はおまえみたいな傲慢な被害者意識の塊キムチ野郎がのさばるスレには用事も興味もないんでね。

文句言うなら日本を出ていけ!


125 :a:03/12/13 17:37 ID:EzjLviPf
うーん、久しぶりに来てみたらなんかすごいことになってますね。


126 :  :03/12/13 17:48 ID:mAf6oUHu
>>124
じゃーかしぃわチビ まだ前スレでの煽りを気にしてんのかYO!!モウコネェヨ君を追いかける趣味はないニダからどこへでも逃げるニダ。
猿民族相手にウリナラの優秀性が勝利した瞬間でつね、ウリの分化が優秀過ぎるから日本人は相手にならんニダ 猿のしっぽ巻いて逃げるぅpu

>>125
チミは誰ニダか?今の所B評価以上は>>37-38だけニダ また夜中に来てやるからA評価目指して挑戦汁、なんなら藻前も評価してくれ

127 :通☆行人:03/12/13 17:52 ID:MFjuX5LG
『しかけ間違った貝殻野郎』

あんころもっちサービス。
ららら〜
禿鷹胃癌⇒禿げた海岸
このニコニコ野郎!
大明神!
即物的なこと言ってんじゃねぇ!
ニコニコ
シマウマ死ね死ね!
遊び疲れて今日はKO!(ラップ)
阿蘇ビーツ枯れて京は慶応?(ラップ)
京成電鉄踏み外してGO!(ラップ)
結局餌だけ与えられてるだけなんじゃない?
しまった、バレたか!

128 :通☆行人:03/12/13 17:59 ID:MFjuX5LG
シマウマ追いかけ疲れ果てた午後

友情の重みが身に滲みるこの頃

白馬に乗って爆発寸前

核爆発まで秒読寸前

みんなが俟ってた激しいライオン

埃が舞ってた淋しい海岸

いつだてやれるさ
俺だってやれる
いつだってできるさ
君だったらできる

末端肥大症に産まれちまっても大丈夫
無脳漿でもノーベル賞取れることだってあるから

みんな元気
元気が大好き
地球が大好き
この世界が好き

ラブラブ愛を唄おう!

電気のない夜に…

129 ::03/12/13 18:00 ID:+my7P6cD
>>126
同じ人間じゃないかぁ!
俺が悪かったよ!
謝るよ。

ごめんな。

130 :抑揚:03/12/13 18:18 ID:3gZVQoF6
「飽きた」

ちんこ
バランスの取れたちんこ

想像だにしなかったちんこ
デフレちんこ

ちんこレベル
熱いちんこ

滾るちんこ
そこはかとなくちんこ

相当ちんこ
ちんこ相当

おーちんこ
全てちんこ

ちんこ社会
年功序列ちんこ

厚生ちんこ
内閣総理ちんこ

グッドちんこ
ブランドちんこ
県立秘宝館

131 ::03/12/13 18:25 ID:+my7P6cD
シルクロードの終着点よ明和町。
そして至るお伊勢の秘宝館!

132 :暇人:03/12/13 18:48 ID:tBKcjzxy
何を求めこの街にたどり着いたのか
夢を追い、栄光を手にするために来たのか
自由を求めここに着いたのかは
今となってはわからない

今日も夕日を見ながら
いつもと同じ帰路へ就く
こんな日々を過ごしながら
この街に生き続ける

このまま全てが終わり
何も得ることなく死んでいく
考えもしなかった生き方
タイムリミットは近づいてくる

133 :抑揚:03/12/13 19:31 ID:3gZVQoF6
>>132
D;悪気はないんだが、聞いてくれ132よ。
テメーレベル低いくせに何度も何度も改善すら試みないダセー詩投げてんじゃねーよ。
成長率0%です!!少しはまともに評価されるように努力とかしてみたらぁ?
ひまなんならさぁ。あーーーうぜぇ。

134 :71:03/12/13 20:03 ID:0afKmbsd
評価してくれてありがとう。>>120
やる気なくてもがむばってくだせぇ。

135 :(天w天) ◆qk9uJ0By6Y :03/12/13 20:35 ID:cEnn3Yac
「羽根」


落ちた涙を
慰めて
空を仰いで
青さを詠った

どこからか

羽根が一枚
ひらひらと
風を呼んで
ひらひらと

微笑むように
ささやく踊り

「思い出は風にとかして」

136 :  :03/12/13 21:10 ID:mAf6oUHu
今回も一応整理しとく、今から適当に遊びに行くんで評価は明日になりまつ
そろそろウリもHN決めようかと考えてみたり、なんか良いのないものか。

>>111 >>113-114 >>116-117 >>119 >>123 >>127-128 >>130-132 >>135

137 :85:03/12/13 21:20 ID:lGz3gch+
>96
多謝。足りないとくどいは難しいと思いますた。
関係ないレスの「感情移入の強制は控えた方が賢明」も
肝に銘じますた。
これからもがむばって、消えんといてね。
漏れはあんたが嫌ってるチョッパリだけど応援したいのだ。





138 :(天w天) ◆qk9uJ0By6Y :03/12/13 21:21 ID:My4qzuOC
>>136
どう?
(・(ェ)メ)#nidakuma

139 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/13 21:33 ID:YvKsgu5C
>>136
コテ候補
・甘やか斉藤さん
・キムチンゲ
・びわ
・仁井田 太
・鉄
・弟子

140 :85:03/12/13 21:34 ID:lGz3gch+
書き忘れた。結構信頼してるのだ。

141 :名前はいらない:03/12/13 21:53 ID:OBLgapks
>>136
キムチ大使
毒舌暗喩
ロリコン行者
カムサハムニダ
嫌日教授

…もう少し待たれよ



142 :名前はいらない:03/12/13 21:57 ID:74leyzPF
>>136
たもい

143 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/13 22:02 ID:YvKsgu5C
>>142
ダウト!!

144 :71:03/12/13 22:05 ID:0afKmbsd
>>136

ニダニダ
トムヤム君


145 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :03/12/13 22:06 ID:xDnFVwrJ
>>120>>122
評価ありがとうございました
参考にさせていただきます

146 :通☆行人:03/12/13 22:31 ID:0eWXh0s3
>>136
薬箱ってHNどうかな?

147 :名前はいらない:03/12/13 22:49 ID:6XhRfZHI
コテはやめとけ

148 :名前はいらない:03/12/13 22:50 ID:SFYE3FT6
>>136
キムチの国の王子様(本気)

149 :(天w天) ◆qk9uJ0By6Y :03/12/13 22:55 ID:My4qzuOC
あの子はみんなの人気者

150 :71:03/12/13 23:08 ID:0afKmbsd
>>147
別に今も名無しではないと思うけど。

151 :名前はいらない:03/12/13 23:10 ID:ABbmUKqH
>>149
長い。
もうちょっと絞ってかっこいいの考えれ
本人が使うHNなんだからさ

152 :名前はいらない:03/12/13 23:15 ID:GOYn5f2M
>>150
声に出して呼びにくいのは確か

153 :141:03/12/13 23:21 ID:NnGAEOmk
どうでもいいけど詩を出せよ
>>136に読んでほしいなら

…「ポエムちゃん」なんかどうすか?

154 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/13 23:21 ID:XEzof+Ww
>>123
B
「客観視」を別のフレーズで。
あと部分的に、少しくどいかな。
読者次第で賛否、4対6くらいかも。「石」をもっと活かす方向が「ナイフ」
ときわどく、止まりそうで止まらない「天秤」を満場一致で連想させることが
出来ればいうことないです。

155 :名前はいらない:03/12/13 23:27 ID:OS5sLrWW
>読者次第で賛否、4対6くらいかも。

根拠なし

156 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/13 23:41 ID:XEzof+Ww
>>155
お前がいうな。「根拠」とは何か。論じてみろ。
読むくらいのことは、出来るんやさかい、な。

157 :155:03/12/13 23:57 ID:p6WOoz4t
>>156
>読むくらいのことは、出来るんやさかい、な。
あーあ。
「読むくらいのこと」って……。


傲慢まるだし

158 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 00:03 ID:PQ7IkUci
傲慢と違う。これもまた事実。
慢性の鬱病というのは…、「読む」という作業だけでも、大変なんや。
その程度のことも知らずに、傲慢なのはどっちや。
常識以前の話しやで。
どっちが傲慢やね。あんた…。


159 :ピース:03/12/14 00:03 ID:Z+/Fx2CP
122>>
評価ありがとうございます。詩の短さ、説明不足を解消するよう努力します。

160 :155:03/12/14 00:10 ID:Bi3bVSOD
>>158
欝病も欝症状も知ってるわい
慢性の欝も知ってるわい

いったい何考えてるんだあんた…。

161 :名前はいらない:03/12/14 00:11 ID:20zeGm9e
>>150
>>158みたいなコテハンはやめとけっていってんの

162 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 00:13 ID:PQ7IkUci
>>157
何とかさっさと返事しておくんなはれや。
新聞の見出し、目ぇ通すだけでも、意味の汲み落としとか色々あるんや。
そうした中で、出来ることはさせてもろうてるつもりなんや。

詩を書く。たしかにええことやと、思います。

しかしや、せめて「常識以前」のことは、きっちり押さえておいてから、
ものを云う。これは当り前のことやと思うで。
あんたのような無知が、言葉を軽く見て、他人をも巻き込んでいくんや。

知っといて、や。

163 :(天w天) ◆qk9uJ0By6Y :03/12/14 00:15 ID:GZlpVsaP
変な奴

164 :155:03/12/14 00:20 ID:Bi3bVSOD
>>162
何だかすごくあんたは誤解してるような
気がするが。

165 :ウノ:03/12/14 00:22 ID:FXxJuFDm
>>136
マリファナ邂逅
ジャグジー
針金カシーフ
はなげヘッド
エビヤン
ザコメッティ

166 :(天w天) ◆qk9uJ0By6Y :03/12/14 00:23 ID:GZlpVsaP
1彼は酔っている
2彼はラリッている
3彼は重度の鬱病である
4彼は天然である

167 :155:03/12/14 00:26 ID:Bi3bVSOD
>>166
遊びで若造が介入するな
薬物依存と同じことになる



168 :(天w天) ◆qk9uJ0By6Y :03/12/14 00:29 ID:GZlpVsaP
確かに遊びだwごめんよー

169 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 00:34 ID:PQ7IkUci
正解とは何でしょう。
誤解にも色々あるでしょう。
そうした二元論を余りにも安易に用いる人はおそらく
詩人とは名乗れても詩が書けない人でしょう
何ごとも途中で
ほうってしまって
意地やめずらしさだけでは実はからまわりなのですよ
風ぐるまにもなれず さりとて
大人でもなく子供でもなし
下手な芝居などなんど打ってみたとても
日めくりカレンダーのほうが よっぽど、しっかりしている
つけくわえれば、わたしよりは、まだましだと、
すくいはあるはずの君

170 :155:03/12/14 00:34 ID:Bi3bVSOD
>>168
病は、得なければわからないこともある
少しは考えろ


171 :155:03/12/14 00:37 ID:Bi3bVSOD
169
あんたは今不安定期だ

172 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 00:48 ID:PQ7IkUci
そうだ。
人生、二つに一つの選択を
迫られる それが実相というもの
不安定なのは昔から
覚えてもいない

記憶には
まわりは案外 安定しているように見えた
そうだなあ。

しかし、安定などどうでもよい
不安定では周りの迷惑

ただ白々と夜明け前



173 :155:03/12/14 00:52 ID:Bi3bVSOD
>>172
まだ夜は明けないw
不安定なのもあんたそのもの

なにがいけない


174 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 00:57 ID:PQ7IkUci
なにがいけない

そうした言葉がいけない

夜明け前 これ ただの比喩

アホウドリがついてくる

ボードレールはそのつぎに何と

つづけましたか…。

175 :155:03/12/14 01:00 ID:Bi3bVSOD
笑わせようとしたのが
わからないのか

わたしはあなたより
おそらく10年以上生きて
苦しんでいる


176 :155:03/12/14 01:07 ID:Bi3bVSOD
欝は病ではない
人の苦しみを知っていることだ

177 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 01:10 ID:PQ7IkUci
:白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 01:07 ID:PQ7IkUci

十年一日の如し ご自身の事をもっと大切になさって 
そうでないと こっちのほうがますます 苦しくなるのだ


178 :155:03/12/14 01:23 ID:Bi3bVSOD
>>177
ゆっくりおやすみ、白鑞金
  

179 :(天w天) ◆qk9uJ0By6Y :03/12/14 01:34 ID:GZlpVsaP
>>170
だから嫌なんだよ、お前らときたら
少しは考えろ?相手の気持ちを?配慮しろと?
赤の他人がそんなこと考えるわけが無いだろ
そらぁ時々なんかいう奴もいるが、
そんなものは単なる暇つぶしだ
こうして俺がぶつぶつ文句言ってるのと
本質的には同じもんだ
振り返ってみろよ、他人がお前らのことを
本当に気にかけて発言したことなんかあったか?
ねぇだろが

そんなことを望んだりする
根性だから駄目なんだよ
いつまでたってもウジウジウジウジ

無理な願いはとっとと諦めろ
受け入れるしかねぇんだ
覚悟するしかねぇんだ

じゃなきゃ夜が明けることはねぇよ、永遠にな

180 :伝説のあぼーん ◆AEROhyPKUU :03/12/14 01:39 ID:d8WwkOP+
「自問自答」

家族のため自分のためと言い聞かせ
ただがむしゃらに働いて 
外から金を運ぶ道具に成り下がって
失うものが多すぎた

敷かれたレールの上を歩くだけで 何もできなくて
昔を思い出すだけ 本当によかったのかな
何か得た物があったかな? 味が分らなくなった

181 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 01:49 ID:fi/Y5cEc
>>179
偉そうに云うな、おい。

虫酸が走るんや、こら。

覚悟なんかな、とうの昔から出来ていて、当り前なんや。

おい! 受け入れやと?

最初っから やっとんのや。

知らんもんが がたがたと偉そうなくち叩くなや。

夜が明けることはねぇよ、やと?

どこのロマンチストの捨てゼリフや、

気取るな、おい。

182 :(天w天) ◆qk9uJ0By6Y :03/12/14 02:01 ID:GZlpVsaP
でたよ、「知らんもんがガタガタ」
知るわきゃねぇだろバカ
テメェだって俺のことなんかシラネェだろが
知ってたらなんだ?どうなんだよ?

>夜明け
てめーがさっき抜かしてたところから借りてやったんだよバカ

183 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/14 02:11 ID:a42J6zyC

控え室はここですか?


184 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :03/12/14 02:31 ID:Ro4A6Tpl
君は僕の騙りですか?

185 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :03/12/14 02:35 ID:Ro4A6Tpl
やっべ
ひさびさだからレスアンカ忘れちたよ

>>114は僕の騙りですか?

のつもりだたー


あぁ、流れ星がぶつかって月が欠けてら

186 :span! ◆com78Aert2 :03/12/14 02:38 ID:WxsZwpwW
>>185
あ、久し振りにハッケソ!
月のカケラは多分ラムネ味さ。

187 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 02:51 ID:fi/Y5cEc
>>182
さっさと総括のひとつも出してみんかい!

多勢に無勢の学生時代 

ある意味、相手が「赤軍派」の旗揚げ組で、よかったと

いまでは深く おもうこともままある。

組みつ離れつ最後は流血 ひとり残った白鑞金

政治とは、多くを相手にするほど、また、

相手がその筋の玄人であればあるほど、

人とはつまるところ、孤独なものだ。

孤独とはまた それほど辛くもなければ気楽でもない



188 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 02:51 ID:fi/Y5cEc
もし君が本当に強くなりたければ 

鋼鉄の意志と志の下、大勢の暴力を、圧して圧して迫り来る相手を

向こうに回して正面から一度、死ぬ気でその中枢へ、ひとりで出かけろ。

いまや何の役にもたたなくなった連中は、ただの酔っ払いだ

だが、そうした経験が、おれのような極めて気の小さいチビを

天界とまではいかなくとも、管家文草を手に取らせるくらいにはさせてくれた。

そうした部分では、感謝もしている。

連中の中には家族がいるものもいる。

おれの云う配慮とは、そんなこんなの事情も入っているギリギリの場での

態度のことだ。構え方のことだ。

   「二十代と五十代とのあいだで」
    (途中覚醒した白鑞金のうたえる)


189 :(天w天) ◆qk9uJ0By6Y :03/12/14 03:45 ID:GZlpVsaP
>知ってたらなんだ?どうなんだよ?
コレは俺が鬱をあるいはそれ以上の
苦しみを知っているのなら
俺が言ってることを受け入れられるのか?
と言う意味だ

いいことは179で全部言った

どーせわかりゃしねぇだろうが
そもそも知ったことじゃなねぇ
勝手にしろ

190 ::03/12/14 03:55 ID:cFSyBrVy
わーっ!
なんかすごくもりあがってるっ!
いいな!いいな!

あっ、そうそう
>>129のあれ、
キムチに追伸、






うそじゃ、
ヴォケ!

191 :(天w天) ◆qk9uJ0By6Y :03/12/14 03:56 ID:GZlpVsaP
>>189
×いいこと
○いいたいこと

192 ::03/12/14 04:03 ID:cFSyBrVy
解ったような顔してさっ。
僕は君を信じるよ、だってさっ。
なに言ってんのさっ!俺を信じる?その前に自分を信じやがれっさっ!俺の事が解る前にさっ、おまえさっ、自分をさっ、知ってるのさっ?
そうさっ!明日さ明後日さっ!

193 ::03/12/14 04:23 ID:cFSyBrVy
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

194 :抑揚:03/12/14 07:26 ID:6wqrl9Ux
>>136
今更だが、細木数子(偽者?)降臨中だ!!
運勢開けるコテハン考えてもらえよウンコヤロウ!
http://human.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1070379624/

195 :通☆行人:03/12/14 12:34 ID:65eYtbjh
なんか心温まる光景ですね。(^_^)

196 :奈々子:03/12/14 13:22 ID:blbOKmJF
{確信犯}
気まぐれなヤツって思ってたけど そんなアタシはまだまだ甘かった
ヤツは至上最悪の確信犯

狙い定めて 優しさアピール 捕らえられた馬鹿なアタシは罠にハマる
そんなアタシを突然突き放して ヤツは笑顔で消えてった

気まぐれなヤツって思ってたけど そんなアタシは相当甘かった
ヤツは史上最悪の確信犯

あんなことされて傷ついたはずなのに あの頃の優しさが忘れられない
そんなアタシを遠くから監視してたのか ヤツは平然と戻ってきた

もうあの手には乗らない 強く強くそんな視線を送ったのに
どこか安心したのか 部屋でヒトリ 涙を流していた

もう一度くらいなら餌食になってもいい だから優しくして 
あの頃の笑顔で 最高の笑顔で アタシをもっと狂わせて

傷つくことくらい解ってるけど それでもいいから側で笑っていて
アンタは史上最強の確信犯

197 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 14:21 ID:3VCt1uCv
「受け入れる」=「いいなりになる」ではないの。
「受け入れる」、その前に「受け止め」て「考えてみる」。
反応があったというだけでも、恩の字やいうことや。
「受け入れる」=「やさしい言葉で返事を返す」なんて感覚は超甘いと言わざ
るをえない。若いとか老いとか、年令のことを意味しないことは理解している
はずだろう、いくら君とはいえ。
「受け入れる」まえに人は、「じっくり相手を観ている」。
何も知らないフリをしつつ、「なめ上げなめ下げなめ回してもまだ飽き足りぬ
ほど「受け止め」「吟味」してから、おのれの態度を決定している。
わかってほしいものです。

198 ::03/12/14 16:22 ID:cFSyBrVy
焼け野原に、
黒こげの少年のポツリ。
空っ風に吹かれて、少年の心のポツリ。
異臭のポツリ。
混沌にポツリ。
こんなに広い、
見渡す限りの自由にポツリ。
秩序は踏みしめた大地にポツリ。

名無し草は根をはりポツリ。
そしてまた誰かが名を呼ぶのだ。


ラフレシア!!

199 :  :03/12/14 17:29 ID:GYSrlekq
ぬおぉぉなんだか伸びまくってんじゃんか 俺が消えた後なにがあったんじゃぃコラ。作品か雑談かどぅ判断すりゃええね
つーかHNの件だがふざけてんだろ藻前ら、まぁその内って感じでつね。ウリの偽者が出る可能性が極めて低いのでハイ。

また夜中で46


200 :名前はいらない:03/12/14 17:43 ID:By6JopKb
この壊れた歯車の
半分は僕がもつから
もうひとかけらは君の所へ

たとえ僕らが何もかも
すべてを忘れてしまっても
このかけらを握りしめれば
君のこと 思い出すから

ここでない場所今でないとき
いつかどこかで出逢ったときに
歯車はまわりはじめる

時計の針がうごきだし、
風がうまれ、土がうたい、
夜が終わるそのときまで

さよなら

201 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 18:34 ID:VdubVhdh
>>196
B。
理由=読ませます。最悪を最強に71度位の角度変化を工夫されたのではない
か、ともおもいます。その点、評価します。が、

>それでもいいから側で笑っていて

の「から」はどうしても必要でしょうか? 
蛇足になるかもしれませんが、弦楽器の名手は一様にして、一本の弦に頼らず、
あらゆる弦を弦から弦へと飛ばしまくることで、おもいもよらないカデンツァ
を聴かせることもあるといいます。



202 :30:03/12/14 18:44 ID:0NH0z0WR
>>120=評価者様
評価、どうもありがとうございます。勉強になります。
ただひとつ、>>89-90の詩の解釈について、お伺いしたいことがあります。
私がこの詩で表現したかったのは、評価者様が解釈されている「自分を特別扱いしろ」
というのとはむしろ正反対のことです。
ソシュール的と申しましょうか、、、あるのは差違であり距離であり関係性しかない、
だけどそこからどう理解可能性を探っていくかということを、詩で表現したかったのです。
もちろん私の表現の未熟さゆえの誤解なのだと思います。
どの部分がそういった誤解釈を誘因しているのかを指摘して頂ければ、とても参考になります。

よろしかったら、他の方のご意見もお聞きしたいです。
>>89-90の詩ですが、>>121で書かれているような解釈を、万人にさせてしまいますか?

203 :名前はいらない:03/12/14 18:46 ID:CHtJ4lzF
「地図」

私の行くべき道は、
いったいどれだろう?
人の道、神の道、
それとも、獣の道?

信号機が青になると
横断歩道を渡る。
子羊は彷徨して、
迷子になる。

道に迷って、
地図を見た。
脳とは檻なのか
最後の砦なのか

私の行くべき道は、
いったいどれだろう?
人の道、神の道、
それとも、獣の道?

204 ::03/12/14 19:10 ID:cFSyBrVy
>>203
正反対ならいいじゃん。

205 :バターマン ◆AsDEGV.0To :03/12/14 19:20 ID:NaLWJVx3
『NO NAME』

今 瞳を閉じて そこに浮かぶものは
遠すぎて見えなくなったあなたの笑顔

今 瞳を開いて そこに映るものは
安物のギターと膝に落ちた大粒の涙だけ

変わっていく 僕も君も夢も明日も
だけど僕はそれを望んじゃいない
見えなくなる あの頃の君が
別人になってしまった僕らには
名前すらない


206 :名前もなく:03/12/14 19:36 ID:3AmzUDVY
>>116を評価していただけますか??

207 :ふに:03/12/14 20:04 ID:2jhY6tHw
オセロ●○ゲーム

車の中で飲んだコーラはおいしかった?
きみが渡すから飲んでるけど 僕に渡されたモノは何故かミルク

海で白い肌を追ってごらん 決まって僕を振り向かせるから
視線を視線でもって僕を振り向かせるきみは僕の相手

白なのに黒だと聞かないきみが 今度渡すのは何色?

大喧嘩の後のソファー テーブルの向こうじゃくて となりの匂い
タオルケットの中でグレーになって ごっちゃになって一件落着

相手がいないと結局意味がなくなる 黒があって白
ほら、こんどはきみの番だよ 今度はどんな手を出してくるの?

白なのに黒だと聞かないきみが 結局渡すのは何色?

下を向いたら早くゲームが終わっちゃうだろ こっちを向いて
時計なんか観ないで こっちを向いてて
ボードが埋まるまで続けるの? 勝負がつくまでやってみる?

208 ::03/12/14 20:12 ID:cFSyBrVy
>>206
他愛-自己の福利を犠牲にして他人を愛すること。

たわいない-思慮がない。正体ない。張り合いがない。とりとめがない。

ん…

209 :  :03/12/14 20:23 ID:GYSrlekq
>>202 あーーーぁぁ糞めんどくせぇぇぇぇぇ しかも古いぃぃぃ つーか時間差でくんなやもうこっちは完全に忘れたわぃコラ
誤解も糞もこっちゃどうでもいい事だが。チミが言ってるのは「アイドル君=特別扱い」って事かぃ、それに焦点を当ててみっか畜生〜
別にウリの知った事じゃないがウリの性格上放置できん。ネットの世界で他人と馴れ合う気はないんでその辺は理解してくれ

「Distance」
僕がいて
君がいて
距離がある
のではない
:この時点で2人の存在が理解できまつね、あーめんどくせぇ

僕と君とのあいだに
距離があって
ちがいがあるから
僕や君という存在が
むくむくと立ちのぼってくるのだ
:つーか「君」とはどんな関係やね。距離があるって事は無関係に近いものがあるのか?向こうはこっちのなんやねん

分かりあえなさ
居心地わるさ
ぎこちなさ
もどかしさ
僕と君との間に
距離は立ちはだかる
:もうこの時点で「仲良し」との関係とは思えん。「TVでアイドルグループに一目惚れした状況」と同じ事と解釈可能でもある

(「Distance」つづき)
埋めようとするな
縮めようとするな
乗り越えようとするな
:誰に対して発言してるわけ?「君」とゆぅ対象に対してか?距離を縮めちゃアカンって事でええんか。


210 :  :03/12/14 20:24 ID:GYSrlekq
距離があるから僕たちはいて
距離があるから触れあって
距離があるから語りあう
のだから
:別に距離がなきゃこの二人は語れんのか。「誰にでも最初は必ず距離がある」とでも言いたいんか
:そんなん言い放題やろ根拠ねぇし、「距離=触れ合う」だかを裏付ける正当性が薄く「だから」が生きてない罠
ディスタンス
距離は変わりはしない
:変えろよ、つーかもっと距離を伸ばしたいんかぃ。つーか努力してんの?何様?

ただ
僕の世界が君へと広がり君の世界が僕へと広がる
:君へと広がる根拠はなに??そこまで言いきれる理由はなに??もちかちて決め付けでつか???

まっすぐに君へと向かってゆく小さな地平
まっすぐに僕へと向かってくる小さな地平
僕は今にも弾み出しそうな心で
二つの地平をじっと凝視し
そ知らぬ顔して君と語らう
:「主人公は相手から好意を持たれてる」と設定付けてるタイプの作品はウリ嫌いだが。まぁ仕方ねぇか…
:凝視も糞もこれ相手とどうゆぅ関係なんだよ、、どこにでも歩いている通行人とここまでの関係を発展させられるのか?ちゃうやろ。

211 :  :03/12/14 20:25 ID:GYSrlekq
二つの世界は
触手のように手を伸ばして
やがてどこかで結ばれるだろう
:「だろう」ってなんで解かんね。こーゆぅ他力本願的考えが個人的にウザイ 触手もなにも自分の力でなんとかしようと思わんのか

僕らは息をつめてその瞬間を待っている
それまではただ
対話を
:前にも言ったが「僕ら」って複数形だよな、「君」の事でいいんか?もぅそうゆぅ状況を作品の中で無条件に作り上げてる当りD評価なんだよ
:考え方を変え現実的に考えてみても前文で「どこかで結ばれるだろう」と結論つけてる当りは只の夢物語とも取れる。タンにこいつは何様だと。
:この作品に限って言えるがろくに恋愛経験のない勘違い野郎の妄想の可能性もあるんだよ。つ−か「君」とはどんな関係なんやと
:アンタ「特別扱い」だかに焦点当ててたがその通りでもあるじゃないか。「主人公←ハァハァ→君」との方程式、設定を作り上げてる当り面白くない

俺から言わせると作品うんぬんよりこの主人公が糞。どんな性格してんだよ男なのかこいつは?あーイライラする評価DからD-に訂正しとく
俺に言わせると距離なんか関係ねぇよ、問題なのは一体なにがしたいんだと。男なら男らしく行動で示せや情けねぇ香具師だ 女性なら知らん

をらぁぁぁ こんなんでええんかぃ後は俺の知った事じゃねぇ こんなんにC評価はやれんわぃ諦めろ!!!

212 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 21:06 ID:34dSdf2I
>>189へ追伸。「病気自慢」は止めとかはったほうがよろし。
「揚げ足取り」すら、こちら側から取りやすく組み直した文章に換えて、あえ
て君の力量、すなわち君の視線の動き「癖」を拝見させてもらっただけのこと。

自惚れは、たとえば、目の前のベンツがどの筋からのものかさえも、霞ませて
しまうものなのだよ。

あくまで追伸だから、返事はいりませんよ。まあ、ゆっくり出直しも見通しに
入れられてもわるくはない。
いかがかなと、こちらのほうが心配になりますよってな。

213 :30:03/12/14 21:34 ID:0NH0z0WR
>>209
ご丁寧にありがとうございました・・・
ただ、私が意としているテーマと、評価者様が思い描かれているテーマが
あまりにもすれ違っていて・・・ちょっとごめんなさい、どう反論したらいいのか、、、
この詩で扱っているテーマは、恋愛には限られないし、片思いの詩でもないです。
「距離」の概念をうまく説明できないのが致命的なのですが、評価者様が仰っている
ような物理的・心理的「距離」だけを指してはいません。
抽象的に言えばソシュール的なモノ概念、あるいはポストモダン的な「positioning」
概念に根ざした自己概念に似たようなものを、詩で表現しようとしました。
すなわち、AとBがあるから差異があるのではなくて、差異があるからAとBがある、
そういったことです。言い古されていますが。
先に関係性があって、対象は後に生まれるということです。
詩のなかではそうしたソシュール言うところの「差異」を、「ぎこちなさ」「居心地悪さ」
「もどかしさ」といった言葉で説明される「違和感」として表現しました。
自分と自分以外の「すべての」モノ(人含む)との間にそうしたものが横たわっていて、
それらによって自分も自分以外のすべてのモノも、規定されてゆく。
ですから自分たちを規定する「距離」を否定し縮めたりなくしたりしようとするのではなく、
自分たちの地平を広げていくことで、相互理解に向かおう、ということなのです。
これは他力本願的なものではなく、むしろ自分自身の地平を広げなければならないと
いう意味で、たいへんな努力を伴うものです。
もっとも、このように説明しなければならないという時点で、
この詩は詩として失敗しているといます、、、
ご丁寧に、どうもありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。

>他の評価者の皆さん
>>89-90の詩、誰が読んでも>>209のような解釈になりますか???

214 ::03/12/14 21:53 ID:cFSyBrVy
>>212
そこまで言うか‥

215 :  :03/12/14 22:20 ID:GYSrlekq
ウリの場合「愛してるYO」だとかの戯言は嫌いニダ なんら根拠のない羅列は無条件で拒否しまつ、何故ならなんとでも言えるからな。
「じゃぁどーすれば?」と言うとそれなりの説明か理由が要求されたり。つーかウリに認められる事を目的にして投稿しるのは止めてね
なんだか評価結果が他と一致せんと許せない勘違い君がおるがもぅ放置しまつ。この頃作品ランクが上がりまつぇん、そろそろ限界か?

>>111
C+ 3、5段落目がつまらんなぁ、他は普通に面白いが。「針を無くしたい時」って「なら見なきゃええだろ」と思うのはウリだけかねアヒャヒャ
「成長」や「月日」を題材にした作品はあっても「時間」をテーマにした作品は結構なかったりする。これ厳密に言えば「時刻」だろうが
只「6時」に何度も焦点を当ててるがその「説明」があっても良かった。日の出を理由に述べるなら誰にでも言える罠。大きな時間ねぇ・・
別にあーだこーだ言う事無く評価が高くなったり。「夢の中を泳ぐ」と言えば「スイマーが睡魔で夢を泳ぐ」って作品がって関係ないか。。

>>113
E あにょーん!!「相手の行動を指定するタイプ」の作品は余り共感したくないニダ、これはウリのポリシーだったりするからニダ!!今すぐ謝罪汁
ってかこんな作品なら無制限で作れるだろと一言。。2段落目が糞でランク1つダウンしたり&あっ賞の進呈でランク下がりまくりでつアヒャヒャ

>>114
D ウンウン、砂糖と塩はよく見間違えるから容器の色で区別すると良いニダ。ウンウン、時間設定する時とかで序間違って177を押してしまうニダ。
ウンウン、日本製品のブランド物は偽物が多くて困るニダ。ウンウン、「月見里」の名字を序「つきみざと」と読んでしまうニダね。ってなんの作品や!!

>>116
D- 「道もない場所になんで居るんだ?」とゆぅ疑問はこの作品の禁句でつか?ここまでに至った経緯を探るのはこの作品のタブーでつか?
作品の構成といい激しく素人並だと酷評。別にそこらの中学生がコソコソ書いてる様な感じ。これ明かにセンス無しと断言できる作品。8割市ね

216 :  :03/12/14 22:21 ID:GYSrlekq
>>117
D+「何もなくて平気」という過信はどこから、、さよならって電話や手紙&メールの遣り取りも禁止か厳しいな。普通に3連目がつまらんと一言
「こだわりも消えてゆく」って結果だけちゃうて「○○のように」等を付け軽く説明できるとイメージを掴み易くなる。これは他の個所にも言えるがな
別に言わんでもいいが「冬の匂いを 抱きしめて」とか「物語が始まる」とかの一言表現はウリなら使わんぞ?やる気あるならば向上精神を持て

>>119
E- うんこニダって。日本人は汚いニダねぇ 世界の恥さらしニダ うんちうんち♪

>>123
D+ 一段落目の件だがタンに気持ち悪いからと予想。石になるだとかそんなん個人の自由だろ、頭の「だから」がなんの説明にもなってなくウザイ
永遠に続くだとかの手抜き描写は止めるニダ、勝手な結論、決め付けに共感しろと?なんつーか納得させる力が不足している罠。つーか石ねぇ。。
言わせてもらぁと「胸にナイフを突き刺す」とゆぅ行動に駆り立てた動機、衝動も理解できんのが糞つまらん。明かに質を落としてると一言

>>127
E+ チョパーリチョパーリ ニダニダニダニダ♪ チョパーリチョパーリ ニダニダニダニダ♪ チョパーリ供は 謝罪汁(汁)謝罪汁(汁) 納豆撲滅あにょーんあにょーん

>>128
E 先生!!これどぅセンス評価したら良いでつか!!!無脳漿ってどぅ読むね。「誇り」の誤字脱字気味な表現は支持したくねぇが。あっ賞の進呈でつ

>>130
E- 時間短縮の為 放置プレイ

>>131
E- この手の作品評価は7秒が基本 構わん市ね

>>132 
D- わからないのかYO!!「この街に生き続ける」って俺様の知った事かYO!!!説明力の低さが見事に露呈してるな。これ読んでどーしろ言うねアンタ

>>135
D+ 「羽」の一言の表現だがこの場合烏の羽でもいいのか?昆虫の羽でも成立するんだな??つーか何故に最後の結論になるんだと激しく疑問。

217 :  :03/12/14 22:23 ID:GYSrlekq
>>169
C これは作品として扱ってええんかぃコラ、まぁ「これは正解&誤解」とさっさと結論付け終わらす香具師にゃあんま魅力ないの、少し悩んでから
決めた方が素敵やね、なんだか色々結論付けてるがセンスうんぬん言うか哲学的な表現に富んでるな、カレンダー以外の表現法が多少ぬるいが

>>172
E これは連作として扱ってええんかいコラ、つーか知った事か退屈&つまらんのであっ賞の受賞でつ。ランクダウンしまつ。

>>174
E- これも作品でええんかいコラ、史上初の「あっ賞」の連続受賞でつ つーかなんなんじゃこりゃ。市ね

>>175-177
E+ E E+

>>179.181.187
うおっ、さっすがポエム板。只普通の相手へのレスでも熱が感じられまつね。

>>180
D「レールの上を歩く」ってフレーズは某ヒット曲で彼方此方に流行ってしまいウリから見たら使い古された雑巾(これも似たような感じ)でしかない
がむしゃらに働くって知った事じゃねーYO 何時からここは人生相談コーナーになったんね。得た物探せばええやろに、別にセンス高くないと一言
  
>>188
D なんの為に中核へ飛びこむね、「強くなりたければ」ってなんら説明になってねぇと思うのはウリだけか?。自爆テロを推奨してんのかぃこれは。
つーかこれ対象が女性の場合でも迫り来る相手に一人で飛びこめと??センスうんぬん言うより糞つまんね、んなんに共感できっかい

さいなら さいなら

218 :名前はいらない:03/12/14 22:35 ID:rvR8KY3y
>>213=>>30
私は評価者ではない通りすがりなんだけど、ちょっと書いてみる。
>>80-90の詩のことだけど、私も印象も>>209とほぼ同じかな?
恋愛詩ではないのは分かったし、アイドルうんぬんとかは別にして。だけど。
少なくとも>>213で書かれているようには、読み解けなかった。
正直言って、あの詩は「理屈っぽいけど散漫」な印象を受けたよ。
「距離は立ちはだかる」という事実(?)と、
「距離はかわりはしない」という結論(?)と、
「やがてどこかで結ばれるだろう
 僕らは息をつめてその瞬間を待っている」という理想(?)が、
同じような一本調子で書かれているから、
結局何が言いたいのか、分かり難くなっている。ような気がする。
「ソシュール的なモノ概念、
 あるいはポストモダン的な「positioning」 概念に根ざした自己概念」
なんて難しげな専門用語も知らない人の感想なんだけどさ。
結局、何が言いたいの?って感じだった。

219 :サンクス:03/12/14 22:39 ID:Wr6Y/bdv
「病床」

百円パックのコーヒー
飲むことだけが 楽しみ
働くことさえない命の 灯り火

震える手で 握りしめたのは
脳裏に残る 可憐な思い出 それとも
見えない目に映える 此処にいる誰か
この声が届きますよに

動かない足で 感じたいのは
変わらずに待ってる あの土の色 それとも
日々ひび固い このコンクリート
あの香り届くといいのに

答え 無くたって変わらない
あなたは此処にいるけど けれど
あなたは居るのが 此処じゃなくても
今のあなたなら 此処じゃなくても

百円パックのコーヒー
冷たすぎてもダメ 熱すぎてもダメ
渇かない喉を 潤す清水
届かなくたって 潤ませる現実

220 :名前はいらない:03/12/14 22:42 ID:rKKx4mxF
釘を刺すのは、分厚い本。
七つさしたら、淡い振動。
側面だったら、妙に心象が湧く。
音を楽しめば音楽で、音を哀しめば音哀か。
答えは宇宙と地球の間。
そう、僕と君との心の隙間。
ハザマ..ただ、あるだけましな、時計。
時を刻む酔夢は、誰が任意した?
まさに、創世記の、天才たち、己のことには
無駄に音哀。涙。わけを知らずに、生きることは、
眠るわけを知らずに眠る子供。ただやさしく。
守るには早い。本当だけで、嘘を見抜く。
虚言を行ったら、孤島で叫ぶように、
ただなり続ける鐘の様に。そのサマで。


221 :218:03/12/14 22:55 ID:rvR8KY3y
ゴメン、レスアンカーを思い切り間違えた。>>89-90の詩だね。
それと、書き忘れ。
>ただ、私が意としているテーマと、評価者様が思い描かれているテーマが
>あまりにもすれ違っていて・・・ちょっとごめんなさい、どう反論したらいいのか、、、
反論する必要はないんじゃないかな?
他の人にも言えることだけど、詩の書き方は十人十色、読み方も十人十色。
詩のテーマが書きたいように伝わらないのは、
詩人のせいだけでもないし読者のせいだけでもない。
詩を書いた後で、評価を受けた後で、
お互いに何を伝えたかったのか、なぜ伝わらなかったのかが分かれば、
それでいいんじゃない?
−−って。またズレた奴がズレたこと言ってると思ったら、
スルーしてくださいね。これで書き逃げしますから。

222 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 22:57 ID:34dSdf2I
>>213
なんだかもどかしく感じました。失礼ですが、ひとこと言わせてもらいたいと
おもいます。

>詩のなかではそうしたソシュール言うところの「差異」を、「ぎこちなさ」「居
>心地悪さ」『もどかしさ」といった言葉で説明される「違和感」として表現しま
>した。

多いに同感です。が、ソシュールは何ひとつ書き残すことはしていないはず。
弟子その他の手によって「いわゆるソシュール」なる仮の像がそう「語っ」て
いるにすぎない。このことは何度くりかえしても、繰り返しすぎることではな
い、きわめて重要なことかとおもっています。
なぜなら、パロールという行為において、いくら日常語が変化し、何かこれま
で「わだかまっ」ていた会話表現に、解放の道が開かれてきた昨今でさえ、い
わゆる「ラング」・「言語の法」は、厳然として存在し、それなくしては、公
の場ではほとんどまったく通用しません。
あえて「ラング」に不都合がないのであれば、それはそれとして、なんら問題
なしと考えます。が、90年代以降、世間に通じているとはお世辞にも言えな
い僕でさえ、ソシュールはもとよりデリダやラカンですら動かしえなかった、
それを、もしかすると、組み換える作業が必至の局面を向かえているとおもう
のです。言語学はじめ此の国の明治時代。どの国も経験していない速度で、そ
れがなされた経験を、此の国は持ってはいる。それはいえるとおもいます。


223 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 22:58 ID:34dSdf2I
>これは他力本願的なものではなく、むしろ自分自身の地平を広げなければ

おーい、本願寺門徒に失礼だよ。
また「地平」は、いついかなる時でも変えることはできる。いますぐにでも。
ホームレスになって、ダンボールの中から世相を研究してみるとか。
芭蕉の歩いた道を、蓑と笠とリュックその他を持って歩き直してみるとか。
こざかしくも「玉の輿」が実はいかなる境遇なのかを、経験したりとか、ね。

>誰が読んでも>>209のような解釈になりますか?

なったとしたら、それを古くは「ファシズム」といいます。
ならないからこそ、詩文に取り組む楽しさ、面白さ、新し味など、尽きること
のない関心が寄せられるのではないでしょうか。 


224 :30:03/12/14 23:02 ID:0NH0z0WR
>>221=218様
いえいえ、大変参考になりました。
自分では「こういうことを書いたつもり」で「そのように読めて」も、
他の人にはそのようには全く見えないんだなぁって、
そこの溝を克服するためにはそれこそ「自分の地平を広げなきゃならない」
ってことで・・・私の側が表現法をもっと考えていかなければなりません。
本当にどうもありがとうございました。
書き逃げでもなんでも、複数の方の読み方が聞きたいと思っていたので、
とても助かりました。
ふ〜・・・、自分じゃけっこう「言いたいこと言えた!」感のあった詩だったので(笑
こだわってしまいましたが、納得できました。ありがとう。

225 :30:03/12/14 23:19 ID:0NH0z0WR
>>222=白鑞金様
ご意見、どうもありがとうございます。

>ソシュールは何ひとつ書き残すことはしていないはず。
>弟子その他の手によって「いわゆるソシュール」なる仮の像がそう「語っ」て
>いるにすぎない。このことは何度くりかえしても、繰り返しすぎることではな
>い、きわめて重要なことかとおもっています。

その通りですね。ソシュール自身の著作と言うものはなく、彼の講義を学生たちが
ノートしたものが後になって編纂されたに過ぎませんから、「ソシュール的なるもの」
もまた創らされたものであり厳然として「在る(在った)」ものではない・・・異存ありません。
それ以降の部分ですが・・・なにがどう「なぜなら」になってるのかが分かりません、、、
仰られている内容は、理解しているつもりですが、論理が掴めないというか。
ラングの重要性を私に説く必要性(私の詩はパロールを重んじラングを軽んじる、
そのようなことを表現していたでしょうか?)、「もどかしく感じた」というレスの
冒頭の一言が、何を指しているのか、ごめんなさい・・・頭がニワトリなものだから、
よく分からないのです(>_<)
仰っている内容(ラングとパロールに関して語られている部分)には大部分、
賛同いたします。それを私に語る意図は掴めませんが、、、

>「地平」は、いついかなる時でも変えることはできる。いますぐにでも。
>ホームレスになって、ダンボールの中から世相を研究してみるとか。
>芭蕉の歩いた道を、蓑と笠とリュックその他を持って歩き直してみるとか。
>こざかしくも「玉の輿」が実はいかなる境遇なのかを、経験したりとか、ね。
私が言っている「地平を広げる」ことは、まさにそれらの「自分自身の主体的な行為」
によって達成されるものであって、詩のなかでもそれを表現したかったつもりです。

226 :名前はいらない:03/12/14 23:36 ID:By6JopKb
詩とか、音楽ってものは、人の心を動かしてナンボ。
もちろん文そのものが理解されなければ
人の心を動かすことはできないし、
それにいくら「表現したかったつもり」と言っても、
解釈される方向を自分で決めつけてしまっては、
絶対に君の思う通りに理解されることはないよ。

227 :30:03/12/14 23:41 ID:0NH0z0WR
>>226
・・・ですね。まさにその一言に尽きると思います。
こうして説明しなければならない時点で失敗だってことですよね。
ご意見、どうもありがとうございました。

228 :  :03/12/14 23:49 ID:GYSrlekq
おらぁぁぁ テメーラあんま雑談するなニダ 折角の作品投稿が減るだろーが おらおらおらぁ フセインage

229 :名前はいらない:03/12/14 23:55 ID:20zeGm9e
あんだぁばぁなんてどぉ?>ハン

230 ::03/12/14 23:57 ID:cFSyBrVy
スイスの山奥からオサーンを引っ張り出してくるほどのさわぎになっているので俺も。
>>226
ひとつの作品を観て、それから理解が先か、感動が先か、または観るが即ち理解?君の世界観は知らんけど、なんか解らないものに、なぜか感動するときもあるよ。


231 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/14 23:58 ID:34dSdf2I
言葉たらずですいませんでした。

>ラングの重要性を私に説く必要性

お説教のつもりで書いたのでは、毛頭ありません。
また、詩だけを特権的に重んじているわけでもありません。

そのうえで、貴方の詩の「自注」へ、おそれながら意見させてもらいました。
散文の時代がいまより途方もなく、権力を持っていたころ。
一定のラングの使用はそこそこ維持されていただろうという印象があります。
いま、詩や句などに今後の可能性を見い出していこうという方が、実に多いと
いえましょう。
しかしながら、散文の復権ということが、次に現実にやってくるのではと僕な
どは考えています。現時点は、そうした流れの過渡期でしかない、そうおもっ
てもいます。そこで、乱雑な読み込みで申し訳ないなとおもいつつも、あえて
ラングの意義を、この場をお借りして強調させていただきました。
それは散文の少し前、詩への取り組みによってなされてきた事だと考えている
からです。
「もどかしさ」は、そうした個人的な「期待」を込めての提言だと、受け取っ
てもらえればうれしいです。

>それを私に語る意図は掴めませんが、、、

貴方の詩が僕をしてそう書かせたわけです。

>「自分自身の主体的な行為」

はい、以下の貴方の説明を受けて、はじめて、ああ、やはりそうだったんだな
と、おもいました。詩の部分だけでは、どうしても「自注」の必要性を感じま
した。



232 :名前はいらない :03/12/15 00:05 ID:lFh3AvXM
ハニーハンター


俺のおやじはハニーハンター
世界で一人のハニーハンター
すごい生き様ハニーハンター
隣の奥様も虜にするのだ

俺のおやじはハニーハンター
右手が恋人ハニーハンター
右手がくせえぞハニーハンター
隣の奥様も虜にするのだ

俺のおやじはハニーハンター
世界で一人のハニーハンター
俺の親父はハチにさされて
それでもヘラヘラ笑っているんだ




233 ::03/12/15 00:10 ID:L+Eej9+M
うるさいぞキムチ野郎!
おまえの評価がこの議論の呼び起こす原因になっているのが解らないのか?
雑談じゃないやろ。詩についての話じゃないか。
折角の投稿だ?おまえの為に投稿してんじゃねえんだよ。キムチ野郎!


234 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/15 00:15 ID:PS12bppV
>>232
D。
2連目、馬鹿げた意味でのありきたりです。
ラスト、中原中也のフレーズがまっさきに浮かんでしまいました。
いわゆるパクリとは申しません。が、余りにも、中也の隠されていた失敗作の
ようです。

235 :30:03/12/15 00:34 ID:oaZoh/G4
>>231=白鑞金 様
こちらこそ、頭がニワトリで申し訳ないかぎりです。
補足説明までして頂いて、どうもありがとうございました。
で、白鑞金様は、今現在起こっている「散文」の復権への動きが、
かつて詩の世界であったラング→パロール(文語詩→口語詩)への動きと
同じような動向であると捉えていらっしゃる・・・からこそ、ラングの重要性を
今一度見直さなければならないと考えていらっしゃる、と理解させて頂いて
構わないでしょうか?
私の詩が「自注」を必要とするような詩(出来損ないの証拠だと自分で思いますが)
であったことが、白鑞金様に、そのようなことを思い起こさせてしまった、と。
う〜ん、こうなるともはやガダマーなどを持ち出したくなるような。。。
なんか思いっきりスレ違いにしてしまったようで、申し訳ありません。
今後も、作品が出来たら投稿していくので、よかったら色々とご意見いただけたら嬉しいです。

236 :30:03/12/15 00:50 ID:oaZoh/G4
う、うーん、、、>>231で書いてくださったことと、自分で>>235で書いたことを、
もう一度読み返してみると、どうも私は白鑞金様が言わんとしていることを
読み違えているような気がしてきました。
かつて散文がラングとしての権力を持っていたころ→詩など芸術の分野における
表現において、パロールの可能性が探られた
ラングの権威が貶められつつある現代→詩や句の分野にラングの残存を見出そう
とするような動きがある

私はこのように理解しています。

そして、白鑞金様は散文の復権を予知されているわけですが、そこで復権される
散文とは、ラングとしての散文ですか?パロールとしての散文ですか?
かつてはラングの世界における自由なパロールの発現としての詩句であったものが、
いまやラングの残り火となりつつある・・・のだとすれば、
同時代に散文で表現されるのは、パロールの世界ということになるでしょうか。
つまり「かつて散文が権力を持ち、ラングの使用が維持されていた時代」とは
裏表関係になるような動きが、詩/散文に、起こりつつある、という・・・???
なんか思いっきりスレ違い、かつ理解不足(見当違いですらあるかもしれません!)、
で申し訳ない限りです。他の皆様にも、ごめんなさい。

237 :MJ:03/12/15 01:08 ID:XNFuPff1

   「ナトリウムが足りない」

   曼珠沙華、グリコのおまけ
   沙羅双樹、渚の黙り
   この海には正当が正当が在る
   この海には人間の存在は無し

   飛び魚とんだね
   太刀魚食べたね
   僕らの、勝ちだね

   曼珠沙華、沙羅双樹
   木阿弥、木阿弥
   最後も同じ、渚の霞み

   歩いたのさ、臨界を臨界を皆
   倒れるのさ、ポッポッとフッフッと皆

   あちこち眠らず
   泣きべそなぞるね
   僕らの、勝ちかな

   この海には正当が正当が在る
   この海には人間の存在は無し


238 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/15 01:29 ID:PS12bppV
>>235
>「自注」を必要とするような詩=出来損ないの証拠

いや、決してそうではないです。
貴方の詩にこれまでのやりとりのような「意図」を盛り込むつもりがあったと
したならば、いわゆる「自注」の必要性を感じるなあと。率直な意見です。

また、>>230で北さんのいう>なんか解らないものに、なぜか感動するときも
>あるよ。

そうした見解には多いに賛同です。というのは、
既にソシュールの名が出てしまったからには、さけては通れないのではないか
と考えたからです。

中年世代のたわごとと思われるかもしれませんが、いわゆる「ポストモダン」。
それが提起し得たさまざまな問題というもの。これはやはり大きいとおもいま
すし、いまもそうおもっています。
ところが日本では、問題自体はそっちのけ、ただ単なる流行で終わってしまい
ました、一部をのぞいては。それこそ此の国の甘さの最たる「現象」ではなかっ
たか。そうおもうと残念といいますか、余りにも馬鹿が多過ぎたのではないか
という慙愧の念を禁じえません。

「散文復権」については、パロールを「利用」してという意味ではありません。
「利用」あるいは踏台にしてしまっては「散文のかたちづくり」は、多分ない
とおもいます。
あくまでも、相互の摩擦といいますか。俗なフレーズになって申しわけないで
すけれども、「性交なくして子供は生まれず」。
お互いに刺激しあってこそ輝きもあり、翳りもあり、笑いもある領野なのでは
ないでしょうか。文学という世界は。
長くなってすいません。



239 :ウノ:03/12/15 01:43 ID:AOeLbbXv
>>89-90
実は前にこの詩を見たとき評価しようと思ったんだけど、
Aをつけようか迷ったあげく放置したまま忘れてた。
ソシュールとかラングとか小難しいことはさっぱりだが詩全体が隠喩になってて
「距離」の抽象的概念を問題にしてることはすんなり入ってきた。
言葉にすると小難しくなってしまうけどとても自然に入ってきた。
表現にもそれを伝えるための必然性をひしひしと感じたし、言葉の使い方(地平とか)
もセンスあるっぽいとおもった。
ただ迷ったのは逆に意図が露骨すぎると感じたこと。
論理的に展開してて「意図」の説明に終始しているように感じたこと。
なんというか、完結してるというか、広がりの余地がないというか。
これは俺にとっても課題なんだけど。
同じような考えを俺ももっていたのでたいして驚きがなかったというのもあるかも。

てことでB+

240 :ジャムジジィ:03/12/15 01:53 ID:1fCI8Qy+

君の瞳はあんこ色
中身まで食べてしまいたいのさ愛

そんな ジャジャジャ バイキン愛

みつめてハニー
キューティーじゃないけど

芋ほりする姿も素敵な君
今日も悲しい瞳でみつめて

ジャジャジャ あんこ色


241 :30:03/12/15 02:04 ID:oaZoh/G4
>>238=白鑞金様(あの、このお名前はどう読むのでしょうか、、、)
長々とお付き合い頂いて、本当にありがたく思っています。
とても意義ありました。
>日本では、ただ単なる流行で終わってしまいました、一部をのぞいては。
>それこそ此の国の甘さの最たる「現象」ではなかったか。
そうですね、これは、日本だけの問題ではないのかもしれませんが、
文学を含む人文科学・社会科学の分野での、理論や概念の流行り廃りの節操の
なさには、(ついていけないって愚痴もありつつ、、、)私もただ呆れるばかりです。
しかしながら「ポストモダン」あるいは「ポストモダン的権力論」が、
言論や表現の世界を豊かにするどころか貧しくするような側面があったことは
否めず、それを思えば、こうした収束の仕方は必至のものだったかもしれません。
「散文復権」については、やっぱり多分すごく微妙なところで議論してくださって
いるので、私の頭がついていけていないようです。
上の方で、ラング(言ってみれば言語世界における「構造」)の組換えが起こった例と
して明治時代を挙げていらっしゃいました。
今、それと同じことが散文の世界で起こりつつあるとするならば、それはやはり
実体としての「パロールで書かれた散文」が変貌を見せていることによって、
実体としては見ることの出来ない「ラング」の組換えが予感される、というような
ことでしょうか。
何度もすみません・・・。
そうした「ラングの組換え」が起こる時期に今来ているのだとして、どうしてその
可能性を白鑞金様は、「散文」の世界に限定されていらっしゃるのか、ふと疑問に
思いました。(かつての)ラングの残り火を抱いた詩句の世界では達成出来ない
自由な表現の可能性が、散文には開かれているということでしょうか?

・・・これってやっぱり詩に関することでも、雑談になってしまうでしょうか。
大変意義ある議論をして頂いて、とても勉強になります。
「雑談だからやめろ」とどなたかに言われたら、即座にやめるつもりです。
白鑞金様、本当に丁寧に説明して頂けてうれしかったです。
ありがとうございました。

242 :題 青春:03/12/15 02:17 ID:Qz5/r9uN
青春がんばって 土を蹴って走り続ける
シナプスまで酸素が行き渡らなくなったら
さあそこに見えた青春がんばってる僕
よくやったよくやったと
手をたたいて褒めていた
聞こえるパチパチ 
まわりのトモダチもシナプスが
酸素を失い青春を見る 
聞こえるパチパチ
先生もパチパチ
おとうさんもおかあさんも
パチパチ
やがて青春は終わり
コタツの中でタバコに火をつける
この煙でシナプスに
酸素が行き渡らなくなってるんだろうな
タバコの先で燃える音
パチパチ

243 :30:03/12/15 02:22 ID:oaZoh/G4
>>239=ウノ様
とても誠実なご批評ご批判、本当にどうもありがとうございます。

>「距離」の抽象的概念を問題にしてることはすんなり入ってきた。
>言葉にすると小難しくなってしまうけどとても自然に入ってきた。

私が目指したのは、例えば社会科学や人文科学の分野などで呈示された「理論」
のなかで自分が感銘を受けたことを、より平易な言葉で言い換えることだった
ので、この言葉は本当に一番の誉め言葉です。ありがとうございます。
もっとも、ウノ様は「同じような考えを俺ももっていた」と仰っていますので、
あの詩は、解釈する側がそれまで考えてきたこと、世界に対する捉え方、等の
バックグラウンドによる解釈のブレが大きい詩だということですよね。
その「ブレ」をいいと思うか悪いと思うか・・・私はやっぱり出来るだけ小さくしたいです。
白鑞金が示唆して下さっているように、「自注をつけた詩にする」の可能性を探るか、
あるいは散文詩のようなものにすれば、伝わりやすいかもしれません(谷川氏の「定義」のような)。
>ただ迷ったのは逆に意図が露骨すぎると感じたこと。
>論理的に展開してて「意図」の説明に終始しているように感じたこと。
>なんというか、完結してるというか、広がりの余地がないというか。
とても参考になります。詩って本当に難しいですね、、、
「きれいに完結させずに完結させる」仕方を探っていこうと思います。
本当にどうもありがとうございました。

244 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/15 02:35 ID:PS12bppV
上の方で、ラング(言ってみれば言語世界における「構造」)の組換えが起こった例と
して明治時代を挙げていらっしゃいました。
>今、それと同じことが散文の世界で起こりつつあるとするならば、それはや
>はり実体としての「パロールで書かれた散文」が変貌を見せていることによっ
>て、実体としては見ることの出来ない「ラング」の組換えが予感される、とい
>うようなことでしょうか。

はい。ほぼ、そのとおりです。わざわざ再読されてるとはありがたいです。
では。(白鑞金=HAKUROUKIN)。

245 :30:03/12/15 02:41 ID:oaZoh/G4
>>244=白鑞金様
どうもありがとうございました。
とても意義あるお話を聞けたと感じています。
では、おやすみなさい。

246 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/15 02:49 ID:PS12bppV
>>241
>そうした「ラングの組換え」が起こる時期に今来ているのだとして、どうして
>その可能性を白鑞金様は、「散文」の世界に限定されていらっしゃるのか、ふ
>と疑問に思いました。(かつての)ラングの残り火を抱いた詩句の世界では達
>成出来ない

おーい。もう寝ないととおもって見直してみました。すると…、
「散文の世界に限定」などしておりません。
「詩歌と小説とは二つにして一つ」。
この部分についていいたかったことは、これです。

例えます。
両輪ともにしのぎを削り合うその過程において、それはおそらく、第三の陽を
昇らせるであろう、と。

ではでは。

247 :30:03/12/15 02:54 ID:oaZoh/G4
>>246

私ももう寝なければと思って見直してみると。

>「散文の世界に限定」などしておりません。「詩歌と小説とは二つにして一つ」。
>この部分についていいたかったことは、これです。
>両輪ともにしのぎを削り合うその過程において、それはおそらく、第三の陽を
>昇らせるであろう、と。

これを聞いて、とてもすっきりしました。詩歌/散文、ラング/パロール、、、
これらが互いに相互影響的に作用し合いながら、止揚を迎えるような局面が
来たりつつある・・・ことを感じられていらっしゃるということですね。
スッキリいい気分で眠れそうです。
お相手頂いて、ありがとうございました。おやすみなさい。

248 :名前はいらない:03/12/15 04:06 ID:L+Eej9+M
Kiss

街の話し声は、
月夜のように
ひそひそ話。
そして、
さんざめく
星くずの面影を、落としている。

夜露にすべった
あくび達も、
時間はとまったみたいに、
世界中が息をのむ。

今夜は初めて言葉よりも、
肩の力を抜いて、また夜明けに
僕たちが殺しあうまで、
探りあてた嘘に、瞳を閉じて
ゆっくりと栓をした。

249 :名前はいらない:03/12/15 04:24 ID:LhrY9gra
私にだけ白い翼が生えていて
愚民うごめくこの世界を
私は空から見下ろす存在だと思っていた

神はまた別にいたのかもしれないが
私の目から見れば私こそが神であった
だから、時々愚民どもに天罰を与えることに対し
罪の意識など持ったことはない

燃え盛るたいまつを落とし愚民の悲鳴を聞いて笑った
愚民はその火がどこから来たのかを知らない
愚民の子をさらい遠くの山へ放った
愚民は神隠しだと慌てふためいた

ある日、私を愚民たちがじっと眺めていた
目は怒りに燃えていた
世界中の愚民たちが 私だけを眺めていた
怒りのまなざしをくらい私は少々慌てたが
ここまでこれまいと
白い翼を羽ばたかせた

愚民どもは石を私に投げた
私はどこへ行っても石を投げられた
愚民は世界でうごめいていたから
もう行き場所も無いらしい

自殺する方法は、白い翼を自ら折り
愚民に処刑される以外にないのだろう

神はまた別にいたのかもしれないが
きっと神に放られる瞬間がきたのだろう

250 :hajimetesan:03/12/15 09:47 ID:cXE5madp
//4番サードキャプテンあはは〜ん♪独善児あはは〜ん♪


251 :抑揚:03/12/15 11:32 ID:v6zTMhQM
あしたもかぜは つめたいかぜになるのかな

えりまきいるね あなたが編んでくれたもの

まちきれなくて くびにまいて あくびをしたよ

すきってすごい すごくふしぎ ふしぎな気持ち

252 :名前はいらない:03/12/15 14:24 ID:FP7vBm4Y
「雲」

降り注ぐ涙のかけら

優しさなんて何処にも無い

心が凍えてしまう

無神経に震える手が鎖に弄ばれ

また一つ、君の笑みが零れ落ちていく


253 :名前はいらない:03/12/15 15:31 ID:b1bd8ldp
いだいなるていおうがたいーほでんがな。
さじをなげられたか。みうちのうらぎり。
ぱくりとおかねにひかれたか。
あいしたひともえんがきれ、
でれつよいあめりかやろうの、おもうつぼ
ぼさぼさのくるりとまいたかみ、
いけめん男のりそうのおとこも、
あなのなかからとびだせば
ほこりだらけのしりもよごれ
なんともなさけないすがたを
さらすこと。

254 :パンダハト:03/12/15 16:07 ID:9sv2dMaR
「古本屋」
汚れや落書き気にしない
だから今日も古本屋に行く

255 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/15 16:49 ID:L3N/ldZq
229の香具師が良い事言ったニダからトピップ付けたニダ 藻前らと違って品格が漂い明かにカッコイイな(pu

てめーら雑談うんぬん抜かしてるが、んな暇あったら評価しやがれなんの為のスレッドやね舐めんなYO
一々長文書かんと気が済まんのか!!やったら同じ考えの仲間で連盟作ってろヘボ供 つーか長すぎんぞ!!
どーでもいいがその時間も他の作品にも平等に使わんかいチョパーリ供!!この低学歴めが潰すぞfack fack

>198 >200 >203 >205 >207 >219-220 >232 >237 >240 >242 >248-249 >251-254

つーか無理ぽ


256 :パンダハト:03/12/15 17:01 ID:9sv2dMaR
「秘密の場所」
生まれて初めて買ったエッチな本
ドキドキしながらページをめくる
今まで見たことない色々なものが
僕の心を刺激する

途中にあるクリニックの宣伝
医師のコメントと誘い文句
あることに悩んでる僕は
将来手術したほうがいいのか迷う

一段落して冷静になって思ったことは
こんな本をその辺に置く訳にはいかないという事
部屋を見渡して隠し場所を探す
やっぱりここしかないな
そこは

目に届きにくいベッドの下
一目見ただけならバレないし
腕を伸ばせば取れる
この家で僕だけが知ってる秘密の場所

とりあえずここに隠して
夜になったらまた見よう
そしてもう一度 もう一度

LET‘S TRY


257 :229の香具師だポ:03/12/15 17:29 ID:wpzR8S3f
よかったね>>255
これからも評価ヨロ。
それとあっ賞ドモ(゜∀゜)
ウキャキャキャキャキャキャ-----------------------ハハハ

258 :30:03/12/15 17:31 ID:O/TQPH74
「ピエロ女」
その週、町はピエロ女の話でもちきりだった。
娘はただ黙って人々の輪を遠くから見ていた。
次の週、向かいのおばさんが人差し指を娘に向けた。
昨日は、いい子ね、と言ってくれた、あのおじさんもおばさんも、
今日は冷たい視線だけを娘に送った。

娘は大きな声でいっしょうけんめい言った。
「私じゃない」
「私はピエロ女じゃない」
誰も聞いてくれやしなかった。

町に黒い車がやってくる。娘は見知らぬ遠くの町へ。
白い壁だらけの清潔な部屋に、時々医者がやってくる。
そのうち娘は思う。
「私はピエロ女だ」
「だって皆がそう言うのだから」
そう言うと白衣の男は曖昧に笑う。
「いいですね いい兆しです」
医者がそう言うのならそれに違いないのだろうと、
娘はひとり、合点して笑みを浮かべる。

259 :30:03/12/15 17:31 ID:O/TQPH74
黒い車がやってくる。娘を迎えにやって来る。
「お前はピエロ女じゃあなかった」
「ピエロ女はお前じゃあなかった」
娘は大きな声でいっしょうけんめい言う。
「いいえ、私はピエロ女です」
「いいえ、私はピエロ女です」
町の人たちは、今度はうそつきと娘を罵倒する。
「私がピエロ女なのです」
大きな声で言うけれど、誰も聞いてくれやしない。
「ピエロ女でないとしたら、
 だったら私はいったい誰なんだろう」
娘はわけが分からなくなってぽつんと一人立ち尽くし、
なぜかちょっぴり悲しかった。

260 :名前はいらない:03/12/15 18:10 ID:b/Vr10hS
くりっく くりっく
軽快に冴え渡る私のネットログ
右のスピーカーからお気に入りのDing音
新しいスニーカーで街に出るように
公衆電話で長電話した中学時代のように
夜の狭間から昼の等高線へ
私たちが世界を蠢くネットロアになる
電子羊の夢になる

261 :名前はいらない:03/12/15 19:11 ID:L+Eej9+M
>>255

>>248を書いたものですが、>>249さんとは別です。
>>249さんに悪いので、訂正しておいてくださいね。

262 :名前はいらない:03/12/15 19:13 ID:L+Eej9+M
>255

あっ、それといつもあなたのことを影ながら応援しています。あなたの男の子らしい真っ直ぐな態度には、様々な嫌がらせもあると思いますが、これからも頑張って評価を続けてくださいね。
期待してます。


263 :名前はいらない:03/12/15 20:15 ID:NbfoifQd
ひょっとして評価が追いついてない?スルーが多いな・・。

264 :名前はいらない:03/12/15 20:37 ID:XNFuPff1
>>203
シンプルすぎるかも。少し意地悪な表現を入れて
読者を感情の迷路へと導いてみてはいかが?D
>>240
正月と盆が一緒に・・・・の如く、やなせたかしと藤子Fが
同時にショートムービーを作ったって感じ。
バタコとドラミのエッセンスが欲しいところかな。
言葉遊びの要素もまだ弱い。D+
>>242
妙な敗北感がタバコにみえかくれするこの作品。
場末のバーでこの言葉を見たらハートブレイク間違いなし。
拍手の音だと思ったら、結末では哀愁の音だと判明するのがいい。C

うーん、評価ってけっこう難しいものですなぁ〜・・・。

265 :名前はいらない:03/12/15 22:23 ID:QwKlQWff

警告
>>255 
自粛を表明しない場合は、差別発言レスを繰り返し行うコテというこてでアク禁要請をします。

266 :名前はいらない:03/12/15 22:44 ID:XNFuPff1
まぁでも、評価スレだからあまりにも雑談しすぎるのも
よくないとは思うけどねー。

267 :抑揚:03/12/15 22:46 ID:v6zTMhQM
>>265
D;全体的に書き手の意図はストレートに伝わるが、
レス、コテ、アクなど一般には分かり辛い短縮形が多い。
また構成が一般的ですこし単調
もっと読み手を煽るまたは共感させる努力が必要
必要ならば詩全体を暗喩(釣り)にしても良かった。

「トマト」

赤つるぷにょ
ギシプシュピチっ
キーンと冷えたトマト
夏だけにはもったいない

こたつで冷トマト
一本いっとく?
最近嫌な伽羅になってきた
どうしよう
大人しくしてようかな

268 :そろそろコテが欲しいのぅ:03/12/15 22:51 ID:wpzR8S3f
もう泣かない
って何度言ったことかな
そんな私をただただ宥めてくれる
あなたのその笑顔の意味がよく分かっていなかったから
私は気付こうともしなかったんだ
ただキレイゴトいって偽善の如く
嘲笑する世界に疲れ果てた私を見つけてくれて
初めて知ったあなたの世界
ふれたくちびるは理想には程遠くて
戸惑ったりしたけど
これがあなたの世界ならば今に分かり合えると思った
雲の切れ間からこぼれる薄日も
こんなにまぶしいものだとは思わなかった
あなたに出会えて光と影を感じることができて
あなたに出会えて幸せ感じて
あなたに出会えて本当によかった・・・
なのに
あなたはその優しい笑顔だけ残していってしまうの?
あなたが連れてきたこの世界で
見たくないものを見ようとしている
それは私にとっては永遠に不可能で
私はまた闇に葬られてしまう
あなたが偽善者でないことは分かっている
だからお願い
ずっと側にいて

わたしの側に・・・


あんだぁばぁ評価おながいしまつ

269 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :03/12/15 22:53 ID:V83P0AHT
[予告]

焦燥感があたしを満たす
基準をあげなくちゃいけないらしい
振り向くと瞳を輝かせた学友が教室に机を並べている

1度屈めた目線になれてしまったから
背筋を伸ばすのが苦労する
目線が高くなれば上へ手を伸ばしたくなるのに
いつから腰痛に慣れてしまったんだろう

客観的な意見を述べたり
周囲を批判しつづけても
結局悪いのは自分だけ
ナビに頼ってて地図を破いたからこんなことになった
もう1度歩いて地図をこしらえよう

270 :「毎日がお祭り気分」:03/12/15 23:05 ID:DNS0gvv4
冬の夜空に、星の花火。実に豪華絢爛、阿鼻叫喚。

断末魔の叫びは、僕の子守歌。お嬢さん、ヤサシイウタ歌って下さい。
拷問器具はよりどりみどり。好きなアイテム選んでね。レアもあるよ。

友達のA君。楽しそうにたいまつ持って、おやおやどこへ行くのかな。
お、良いねえ。教会に放火ですか。ご一緒してよろしいかしら。
友達のF君。嬉しそうに空気銃持って、ふむふむどこへ行くのかな。
やや、素敵。鳩を撃ち殺して、あの娘の家に打ち付けるのですか。

僕はといえば、きょうもきょうとて、墓荒らし。

嗚呼、明日の朝が待ち遠しい!
嗚呼、夜はいつも長くて大変だ!
はやくお日様でないかな?紫外線が足りないよ!紫外線が足りないよ!
もっと強く、皮膚が焼けてただれるほどに、欲しいの欲しいの。

喉が渇いた。
小学生男子の健康的な、敗北にも似た味の精液をすすりたい。
爪が伸びる。
小学生女子のポルノ的な、屈辱にも似た白い柔肌で研ぎ澄ましたい。

この部屋に、誰も居ない事が嬉しい。
僕のお祭り。イッツ・ア・カーニバル。ハハハ。

狂ったノートに、指の先で落書き。
貴方、そう貴方。この部屋で何が今、行われているか、分からないでしょう?ハハハ。

なんだか可笑しくって、たまらないね。

僕は今、伸びきった髪の毛をばさり切り落として、縄をくくり。
首をつって死にました。死にましたとさ。ハハ。

271 :えびちり:03/12/15 23:15 ID:NauWDTgu
《MOMIAGE NIGHT BLUE》       

全てが眠りについたAM2:30 
一人憂欝なのはもみあげないから 

CUT MYSELF
いまさら悔やんでもおそいけど 

MOMIAGE NIGHT BLUE 

眠りたくないよ   永遠に 
明日がきちゃうから  一瞬で
学校行けばいじられる

MOMIAGE NIGHT BLUE 

ああ 眠い・・・

272 :名前はいらない:03/12/15 23:49 ID:L+Eej9+M
やっぱりみなさんも>>255さんの評価をお待ちになっているのですね。255さんの話題になると急に詩の投稿が増え出すのですもの♪

273 :ピース:03/12/15 23:51 ID:QG8YWuDw
文字と流れて幾星霜

不安を隠すのはヒトの常なり
 
言葉と流れて幾星霜

感情に惑わされるはヒトの常なり

見上げた空 心に偽り無ければ 

天地無用の心得あり  

274 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/15 23:52 ID:L3N/ldZq
別に期待するほどでもないと思われ。ウリもぅ評価出来あがってるけど読み直すわけでもなく他の板で遊んでるし

275 ::03/12/15 23:57 ID:L+Eej9+M
>>274さん
評価が出来上がっているって‥
もう評価をなされないのですか?
私も含めてみなさんあなたの評価を待っておられますのに…
無理はいいませんが、出来たら評価を続けてください。

276 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/15 23:59 ID:L3N/ldZq
今面白いの作ってるニダの、いつも「ここがくだらん詩ねボケ くだらんわカス消えろ」じゃつまらんニダから。ちょい待っとれ

277 :名前はいらない:03/12/16 00:02 ID:7Wqjb7I6
>>276さん

おもしろいの作ってくれてるて!

評価ですね♪

そうして自分の成長も忘れないあなたに、ますます感銘します!

278 :そろそろコテが欲しいのぅ:03/12/16 00:20 ID:CiPGIu2M
あんだぁばぁ人気やん(´ー`)ノ


279 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/16 00:21 ID:0vuT7Rcw
なんかウリの事をボランティアと勘違いしてる香具師は以後完全に放置しまつ、日本人は自尊心の塊ニダからホンマ扱いづらいニダ
質問あるなら長文書かず「ここに異議ありニダ!!」とでも相手してやるから書いとけ、努力賞は幻になりかけてるが今回も適当に逝く 

>>198
E 焼け野原に少年一人いる訳はなんやねん、つーか他の人間はおらんのかぃ、つーかどうゆぅ状況やねホンマ勘弁してくれニダ
ラフレシアも糞も知った事かと、それに混沌や異臭だかももっと表現できると良いな、それに藻前ここ最近生意気だからE決定

>>200
D- 風がうまれ、土がうたうってどう関係あるね、それと針が動いたからってなんやねんの、そーゆぅのも表現しやがれチョパーリ
可也彼方此方で「突っ込み所が多い作品」と酷評しとく、つーかそれ忘れたとは言わんのでは…。個人的に面白くないニダがまぁ居`

>>203
D-  知らねぇYO!!つーかこいつの説明も皆無じゃねーか、どれだろぅも糞も人の道や神の道の一言で終わりかぃなアンタ。
まぁ普通に2連目が糞だと一言。地図を見た=なんやねんの。。無駄な表現が多すぎるニダね自分で考えろってか?構わん詩ね

>>205
D 安物のギターが登場するが全然作品に生かされてないな、別にガムテープでもつめ切り構わないじゃないか?と疑問に思ったり
つーか別れるもなにも一体なにがあったんね、いろいろ表現力が弱いなアンタ。別人になったってタンに嫌われただけちゃうんかと一言

>>207
B- 作品中の表現だが題名と同じ「黒&白」の事言ってるのだろな。って当たり前か、5段落目は普通に面白いと言っておく
2連目は色白&日焼けで勝負してくると思ったが違うらしいな、それと最後の行が激しく(・∀・)イイ!!と誉めてみたり。
センスは普通にあると思われる、ウリが言うのだから間違いない。只まだ伸ばせる個所も見受けられ表現法もまだまだ甘い
色々文句を言っておいて評価Bなのはアイディア賞でランクアップしてるからでもありもぅなんでもあり。結構面白いなをい

280 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/16 00:21 ID:0vuT7Rcw
>>219
C 悲し…。「あの香りも届く」ってどんな香りかねぇ、って土かぃ。他は表現がストレートで解かりやすいと評価
ウリ一度もこんな重い病気にはなった経験ないから(自慢か)アンマ理解できんが、まぁそうゆぅならそうなんだろ。
で、なんら脈絡なしに人物(彼方)が登場するがそれが残念で仕方ない。これじゃイメージが掴め難いと酷評しとく
作品中に千wonコーヒーが出るがそれは何故か?別に高級紅茶ではだめなのか?こんな悩みは贅沢だろぅか?
ウリならそれくらいの努力は惜しまないぞ、どぅせならもっと生かせや。と5行も書いてしまう当り次回作に期待したり

>>220
D- 一言言わせると「無責任」だ。「ここの個所の言葉はこの単語ではないと成立しないんだ!!」くらいの情熱(?)は持て
ってだいぶ前に同じ事言ったな。理由の説明力が乏しくウリの専門分野外だわこれ、正直こんなんに興味ない、詩ね

>>232
D ………、つーかもっと違う事書けよ…。あぁぁぁセンスあるんだか全然解からんわマンセー 時間短縮で放置

>>237
D- なんだか良くも悪くも独特的な表現ニダねぇ チョパーリの分化は理解できんニダ 時間短縮ニダ

>>240
E+ これにセンスあるゆぅ香具師がいたら逆に教えてくれ!!!チョパーリキモイyo~~ 構わんぞ詩ね

>>242
D+ シナプス…。普通に表現法の質が全体的に低いと一喝、ってこうゆぅ作品なのか。。タバコは危険だから止めとけYO

>>248
D kissうんぬんのテーマは個人的に飽きた…、つーかなんら説明力のない作品はイライラする。興味ない&詩ね

281 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/16 00:23 ID:0vuT7Rcw
他の板で沈んでるスレッドage荒らしまくってたから投稿規制がかかってるっぽいYO!!! これは完全に日帝の陰謀ニダ!!大変ニダ!!

>>249
D- 愚民かYO 見下ろすのかYO 笑った根拠なり軽く説明できると良いのだが。。別世界が現れてる作品であにょーん
どーせならその愚民から見た視点から書いてみてもそれはそれで面白かったと思う。「ある日」からだいぶ変わるな
急にそこまで変化するのも府に落ちんと思うのはウリだけだろぅかねぇ」その兆候まで描かれてるとより良くなると一言
評価低いのはあくまで「センス評価」を目的としているからで、その辺は宜しく。翼=空言うが結構大変だぞ、鳥ちゃうし

>>250
E- あにょーん あにょーん

>>251
D いや、、これじゃ明かに無理だろ…。つーかこれ恋愛のテーマなんかこれは てめぇもそろそろ評価しやがれチョパーリ

>>252
1行:「涙のかけら」ってなんの表現やね 2行:そうなのかYO 3行:知らねーYO 4行:鎖ってなんやね 5行:詩ね

>>253
E にほんじんのくせにかんじのひともじもつかえないなんておわらいにだっておとこだけかんじかよよむきおこらんわしね

>>254
E- なんだか謎の作品が出まつた。ウリは一体どーしたら良いのでしょうか?

>>256
D 包茎かYO いや、、なんでも…。ベットの下は非常に危険地帯だYO 暇を持て余したママンの行動くらい予想付くだろ!!!


282 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/16 00:24 ID:0vuT7Rcw
>>258-259
D+ あーやだやだ、なんかまた荒れそうだな。他のサイトで糞作品からかってると必ず文句言ってくる香具師がいるんだよな。
馬鹿だの罵倒だれて娘は(´・ω・`) になったが実は嘘ゆぅてた理由はピエロ女だからうんぬんみたいな解釈でええんかぃ!!
普通に読んで思ったが「ピエロ女なった過程の記述が皆無」ゆぅのと「知的障害者の一言で終わらせられる」と思ったニダ
前者は過去にこんな事があったからとなんでもいいから物語の序章を作り上げると作品世界の幅が広がりウリも楽しめる
後者はそのまんまじゃい!!!実際にいたらキショくてウザイ。どぅせ物語作んなら気合入れてやれや!!!センスは…シランニダマンセー

>>260
E ま〜〜た難解な作品が出てきたなコラ,,もうなんとでも言える雰囲気でつね。あっ賞で大幅ランクダウンでつ

>>261-262
いや あれでいーんだよ、つーかよく見ろよ…。嫌がらせはウリ達の社会問題ニダ日本人は本当に困ったものだねウンウン

>>263
スルーされてる作品あったらここに載せろ。ウリが根拠ない言葉並べが嫌いなのは投稿作品と同じだ

>>265
死ねチョパーリ 祖国の同胞達よ、大義を胸に今こそ立ちあがれ マンセー!! マンセー!! 

>>266
雑談は構わんが、自分の要求を満たす事だけを目的として作品評価しない香具師が激しく糞ウザイ

>>267
D よくわからんがこれも評価してええんかい、まぁ大人しくしとれ

>>268
長くて粘土臭せぇぇつーか改行くらい使えやチョパーリ パット見でいいなら評価D もう飽きてきたから次回で46

283 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/16 00:25 ID:0vuT7Rcw
┏━━━━━━━━━━━━━B-級評価認定書━━━━━━━━━━━━━━┓
┃       ∧       ∧    >>207   チョパーリの作品はセンス良いニダ       ┃
┃       / ヽ     / ヽ                                           ┃
┃      /  ヽ──┘  ヽ       貴様のB-評価の獲得を認めてやるニダ  ┃
┃  /\/   \     / ∨⌒ヽ                                    ┃
┃ /   ヽ     ┌─┐    \ │  って事でワザワザ認定してやるから     ┃
┃ |    |     │  |     //                                   ┃
┃ |    |     /   |   / 丿   感謝しやがれ                     ┃
┃ ヽ        ├──ゝ /  /              「  」◆BLNBXTBKxU   ┃
┃  \               /                                 ┃
┗━━━━━━━━━[:@:]5段階センス評価スレッド v3[:@:]━━━━━━━━━┛

↑時間かけて作ってた面白いやつ。他スレマルチする時はこれでも持ってけ

284 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/16 00:29 ID:0vuT7Rcw
ズレてるな、、良いデータが取れたから次から頑張るか。さいなら

285 :名前はいらない:03/12/16 00:31 ID:7Wqjb7I6
>>283
面白いです!

やっぱり評価してくれたんですね。
わたしもDを頂いて、これからも頑張ろうと思いました。

ありがとうございます!

286 :伝説のあぼーん ◆AEROhyPKUU :03/12/16 01:05 ID:GBG9Q1aO
「多数派」

僕は強い みんながいるから
僕は強い 同じことをしているから
僕は強い 一緒に歩いているから

みんなと同じ事をやって 
みんなと同じ事を言って
みんな同じ動きをしてる

協力し合って 責任押し付け合って
同じ事やってれば どこにでも隠れられる

一人じゃ怖くてできないけど

287 :名前はいらない:03/12/16 01:08 ID:xLikaMde
なんですかねぇ?

288 :名前はいらない:03/12/16 01:10 ID:xLikaMde
あらら

289 :名前はいらない:03/12/16 01:12 ID:xLikaMde
なんの評価ですか?

290 :名前はいらない:03/12/16 01:15 ID:xLikaMde
捕まったなぁ

291 :名前はいらない:03/12/16 01:20 ID:UhkWuZi5
連続投稿規制は?

292 :名前はいらない:03/12/16 01:21 ID:7Wqjb7I6
感謝

私は謝りつづけようと思う。

遠い昔のことかもしれない。

だけど私のこの左手は、あの引き離された親子の悲しみで出来ている。
だから祭壇にひざまづき、私は両手をあわせよう。

遠い昔のことかもしれない。

名前を奪われた番号達の悲しみ。
痛みと過酷な労働の涙。
その涙は私の躰の中で今でも熱くたぎり生きている。

だからもう、
血を流さないように。

私は謝り続けようと思う。

遠い昔の今の今。


293 :名前はいらない:03/12/16 01:21 ID:UhkWuZi5
あっ・・やっと(笑

294 :名前はいらない:03/12/16 01:23 ID:C5zrF21q

こんなもんかな

295 :名前はいらない:03/12/16 01:24 ID:C5zrF21q
よかったね

296 :名前はいらない:03/12/16 01:28 ID:C5zrF21q
センス??

297 :207:03/12/16 01:46 ID:w3cmDvCb
>>279
評価してくださってありがとう。
こんなスレあるんだと思ってのぞいたついでに書いたんですけど、思いの外遊び心のある詩が書けました。
でも今読み返すと、殴り書きせずにじっくり考えて書けば良かったななんて反省しました。詰めが甘いです・・・。

298 :名前はいらない:03/12/16 04:03 ID:7Wqjb7I6
おはようございますって‥まだ夜中ですよね。あなたのことを考えているからかな?こんな早くに目覚めました。>292はあなたを想って作りました。わたしじゃ足りないと思うけど、わたしはあなたへ日本人を代表して謝ろうと思います。

299 :名前はいらない:03/12/16 04:04 ID:7Wqjb7I6
なぜ謝るかって?あなたの言葉を観ていると、理由はわからないけどそんな気持ちになりました。でもね、本音を言うとわたしはあなたに差別用語は使ってほしくないよ!
なぜってもしもあなたがここにこれなくなったらわたし困りますもの…。夜中にごめんなさい。

300 :300?:03/12/16 04:17 ID:qr0jIQF4
みんな旅立った頃だろうか?
僕の場合は荷が重いから
なかなか旅には出られない
みんなの事が気になるが

だけどベッドを買ったばかり
これを置いていく気にはならない
なによりも、
隣に寝ていたこの寝息を立てている女の存在
それが心に引っかかる

この黒くて髪の長い女は一体どんな人なんだろう?
この娘と一言も交わさずに
その場を離れる気にもなれないな

みんなから出遅れた気はする
だけど、なんだかこの女の事が気がかりで
だんだんみんなを忘れていきそうだよ

砂漠の中の一軒家
中にはベッドと僕とこの女
荷が重いのを理由に
ここに永住するのも悪くない

301 :300?:03/12/16 04:19 ID:qr0jIQF4

でも そんなことを思ったとき
ふと食べ物のことが頭をよぎり
背筋が冷たくなった

荷が重いけど
みんなを追いかけた方が良さそうだ
窓の向こうの冷たい月夜
遠くから葬送曲が聴こえるが
誰のためかは 考えないでおこう

今からこのベッドを這い出せば
なんとか皆に追いつけるような気はする
もうこんなに時間は過ぎてたのだけれども

この女のことは
皆に黙っていよう

302 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/16 04:44 ID:4/axsRlh
ニダニダと、やかましくてエエ加減にせんかい!
あんたは在日韓国朝鮮人すべての代表やとでもおもてはんのか。

おれは6年間ほど大阪の生野で、ある身体障害者の介護をさせてもろとった事
がある。
いうまでもなく、あんただけやない。それこそいろんな人らがいやはった。
けれど、いまの、あんたのその言葉使いは一体どういうわけや。

そらな、ひとことでは言い切れん。いろんな「輪」があったもんや。

そこでも、おれだけが知っていて他の人は知らんこと、またはその逆、上げて
いったらきりがない。しかもこのスレッドでは、「差別用語」、「差別語」、
「差別」それ事体。なんの境界も実は持ち得てないんとちゃうか?

おい、こら、ニダくん。

303 :名前はいらない:03/12/16 10:33 ID:DkR4U0wN
(」゚Д゚)」ここは2ちゃんですよー!

304 :名前はいらない:03/12/16 12:07 ID:AKEmaFn4
>>302
あの、差別用語って例えばどんなものを言うんでしょうか?いや、普通にそういうの疎いモンで…
えっスレ違い?そんなこと言わないで…

305 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/16 13:14 ID:0vuT7Rcw
>>207にある「オセロゲーム」の件だが個人的に気に入ったニダから、作者のふに氏の許可取らずにウリより詩(と言うより歌詞)を真面目にやっとる
日本人の知り合い相手にどぅ思うか携帯で送ってみたが完成度が低いだの色々言ってきやがった、まぁそんな事があったと一言ボソリと言っておく。
あと出るか知らんがA評価が出たら「認定賞」ならぬ「推薦状」も製作してやる、他スレで酷評しやがったらウリがそのスレに乗りこんで荒してやるニダ

>>302
ですですと、やかましくてエエ加減にせんかい!
あんたは島国列島日本人すべての代表やとでもおもてはんニダか。

ウリは6年間ほど東京の新宿で、ある身体障がい者の介護をさせてもろとった事
がある。 (ねぇよ)
いうまでもなく、チョパーリだけやない。それこそいろんな民族がいやはった。
けれど、チョパーリの、あんたのその言葉使いは一体どういうわけや。

そらな、ひとことでは言い切れん。いろんな「祖国万歳」があったもんや。

そこでも、ウリだけが知っていてチョパーリの香具師は知らんこと、またはその逆、上げて
いったらきりがないニダ。しかもこのスレッドでは、「朝鮮uzee」、「日本万歳です」、
「ニダ民族イラネッ」それ事体。なんの境界も実は持ち得てないんとちゃうか?

おい、こら、チョパーリくん。

306 :265:03/12/16 13:21 ID:cNR4LCLd
>>303 
人間性の問題だ あらゆる場所、自他の頭の中からも差別を無くしたい
>>304 
ぐぐれ 非人も4つもぐぐれ

307 :名前はいらない:03/12/16 13:48 ID:TUVLRv/I
>>306
あんた、それは逆差別じゃないかい?

とりあえず幻想を他人に押し付けるのはやめれ

308 :抑揚:03/12/16 13:50 ID:TjF/L5qO
「らいぶいんとるぅー」

えーっと、雑談はせめて下げてね
ウソウソ、ボク、しきらないよ。
いいよ、いいよ、ここはひどいインターネットだもんね
別に今更ね、そんなルールとかね、誰が決めたかワカンナイシネ
いいよ、いいよ、差別とか人権とか
別に今更ね、そんな常識とかね、誰が決めたかワカンナイシネ
人間の言葉なんてどんなに巧くても解れる物だから
シランフリしてればヨイだけダヨネ
ミテゴラン、人間のホンネとかってミンナが「キ○ガイ」って
呼んでる人にこそ映ってるよ
イタイ、イタイ、人間ってイタイね
今更だけどさ、何かを期待するのとか辞めようよ
愛してる物が違っても 愛されてる側の「愛されてる感」は
カワラナイヨ
いいよ、いいよ、ミンナ詩的ダヨ
ミンナ
詩的ダヨ

309 :名前はいらない:03/12/16 14:57 ID:sYgPuBZB
「原子爆弾」

どこからか ふうりんの音。
銭湯の煙突 白いけむり。
けだるい 鳩の鳴き声。
枯れかけた ひまわり。
誰かの 笑うこえ。
身を焦がす 太陽。
蝉の ぬけがら。
遠くの 入道雲。
畳の におい。
川の 水音。

水。
水。

みず。


  。


310 :題 居場所:03/12/16 15:48 ID:kKoSU1Qt
白と青の境を
色のわからない鳥が飛んでいく
すべてを包んだ白は
形をなくしてただ流れてゆくのか
すべてを青が支配すれば
太陽を見られることを
恐れるのだろうか
色のわからない鳥は
居場所をなくしても
飛び続けねばならないだろう


311 :学生筆人 ◆EOH/N/.SEA :03/12/16 18:57 ID:0/STEzOj
オカマみたいな父ちゃんとケンカして家を出た

どうすんだべいべ!
寒いぜエブリワン! フッ!
自転車泥棒お前だ
捕まえて遅れよ へいへい

図書館刑事も乾杯だ
野良犬小僧も神様だ
論理ロンリーナイト 
今夜も根を張る網を張る



312 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/16 19:00 ID:0vuT7Rcw
あーこの頃寒杉!!これじゃぁ肌荒れになっちまうから水道水塗ってるニダ 俺にゃぁクリスマスなんて関係ねぇぜ!!!
>>268-271 >>273 >>286 >>292 >>300-301 >>308-310 なんか日本人が変な事言ってるニダ 相手しないで放置ニダ

313 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :03/12/16 20:09 ID:rkwS2LKU
[清流]

石垣に 垂れ下がるシダを
舐めながら 這い落ちる水

渇きたる 石の溝は
潤いに しんしんと眠る

昼の光り 受けて輝く流れ
小鳥らの歌に 音もなく 水の流れ

見上げれば 葉を持たぬ木々に
横たわる 我が清貧の影

314 :名前はいらない:03/12/16 20:38 ID:Qwv3rfLX
[無題]
今 此処に流れているのは
誰かの涙か それとも
私の涙か

初々しさを持つ水の中に
黒く沈んでしまった私の心は

誰にも知られることなく
誰にも洗われることなく

ただ静かに
仄暗い底で

沈み続けるのです

315 :誰が起こした:03/12/16 20:43 ID:AKEmaFn4

おはようの声で、自分が寝ていたことに気付く。
まるで見覚えのない空間、何も感じない。
いつもの学習机、テレビ、パソコンは…?要らないのに欲しがった便利な小細工は…?

ららら奏でてみる
つい、ステキだった昔を思い出す。と、前が見えなくなった。

らららかなでてみる
れいせいにむかしをおもいだそうと、おもえばおおうほど
するりとむかしはにげていく そうか ここは

ぎすぎすしたいんたーねっt…

316 :名前はいらない:03/12/16 21:35 ID:7Wqjb7I6
>>312

ショックです‥

きっとあなたは、私を北さんと思ってらっしゃるのですね‥。



317 :名前はいらない:03/12/16 22:40 ID:7Wqjb7I6

あなたの叫び。

言葉はまっさかさまに、地上へ落ちた。

お昼寝中の猫は片目を開けた。

乾いたままの洗濯物は、忘れられたまま。

今朝から気持ちは雲に乗り、ずっと片隅を見下ろしている。

子猫も日溜まりで、空の思い出を聞いている。

母さんのお腹はいつも暖かいね。

この安らぎと、
広い大地に緒とした影のことと、

木漏れ日に紛れた昨日の夢と。

時間は何気なくすぎて。

318 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/17 01:08 ID:oxRoB+Kw
globe聴きながら評価付けてルンルン気分でマンセーしてたら全部打ちこんだ文字全部消えちまったYO 糞uzeeeeeeeeeeeee
なんだかこの頃ウリのワンマンショーな感じでなんだかこのスレッドにあんま魅力を感じなくなってしまったわぃ。
前スレのような殺伐とした雰囲気が好きだったのだが、あーまた打ち直しか。やる気おこらね〜って事でまた今度
それか他の暇人出現でも祈ってろニダ この時期はウリのような香具師絶好の稼ぎ時なんであんま顔出せなくなるしな

>>269 271 273 292 300 301
トラウマでやる気おこらんので次回、それか暇な香具師の出現を待つニダ

>>270
E レベルは高いがセンス悪!!ここじゃぁいくら頑張ってもウリの場合Eの「日本語勉強しろ」だ その才能もったいねーから他スレ逝け

>>286
D 雰囲気はいい感じニダ、微妙に面白い…が群作ればそりゃぁねぇ。折角なんで「怖くてできない」の説明を要求してみたり

>>308
E- んなくだらん作品作んなコラだったらてめーがやれ、ネットで一々他人と馴れ合ってられっか 逝って良し

>>309
E んな事を語るにはまだまだ若い。センス無し、詩ね

319 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/17 01:09 ID:oxRoB+Kw
>>268
D 気付こうってなにをやねん、彼方の世界ねぇ。なんだか表現が簡単で良いな「残していってしまうの」ってなにがあったんね!!!
「闇に葬られ」にしろ「光と影」にしろもっと理解しやすい様に表現できるだろ?ウリならそんな一言表現は使用でんから尚更
別にこいつじゃないといけんのかぃ!!!!なんか「すっごく共感したくない」のだが。自己の力で改善せんとする行為こそが美しい
あと無駄な文字が多すぎるぞ少し削り取れやチョパーリっと、口で言うなら簡単だが。彼方に捨てられる理由も理解できる様な・・

雲の切れ間からこぼれる薄日も  ←A
こんなにまぶしいものだとは思わなかった  ←B

別にそんなねぇ、、こいつの心変わり(?)変化を表現してるにしてはBの行が生きてない。これじゃ「あっそうなんだ」になってしまう
で間に「普段はそれほど意識もしていない○○だったのに」だとか入ると繋がりが生まれ言葉が生てくる ○=自分で考えろ

ふれたくちびるは理想には程遠くて
戸惑ったりしたけど ←この結果、結論を生かせる

も同様に「あっそうなんだ」だから間に「自分なりに描いてた○○と違い少し」とかなんでもいいからウリなら入れる。まぁ知らんが
それと言わせてもらぁーと「その優しい笑顔だけ」ってのも糞やな、この主人公は当たり前だがどんな笑顔&印象は知ってるわ
しかしこれ読んでる方はミステリーで作品に入り込めなくつまらんニダ。つーかこーゆぅのいくらでもあるぞ?キリないわぃ
最後の行を強調してるがウリは「喧しいわ他の香具師探せや」と思ったり、別にこれそんな面白くない。センス高いとは言えん作品

>>316
知らんわぃ!!なんことだYO

320 :名前はいらない:03/12/17 01:41 ID:CY9826Lw
>>319

これから来ないんですか?
もう飽きちゃったんですか?

行かないでください!!

寂しいです…

(;_;)

321 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/17 01:50 ID:oxRoB+Kw
へへへへっ半角板でお目当ての動画を収集してるぜハァハァ だってさぁぁ みんな粘土臭がって全然評価付けないんだも〜〜ん
んな事してもメリットねぇじゃ〜ん なんかウリの事差別するし〜〜 他のサイトの顔見知りと作品交換した方が面白いじゃ〜んってかんじ〜
そりゃぁね〜 ウリは基本を教える事くらいしかできんけどぉ〜 真面目にプロ級作品目指してる香具師を相手した方が特じゃ〜ん
前スレとかは普通に面白かったけどぉ〜 投稿者はROMってるだけだし〜 北のチビは逃げるし〜 漢字2文字は参加しないんだもぉ〜ん 

寝るポ

322 :名前はいらない:03/12/17 01:57 ID:CY9826Lw
>>321
私は北さん嫌いでした。きっとあなたにおそれをなして逃げてしまったんですね。

でもあなたにはここにとどまってほしい‥

きっとみなさんもそう思っておられます!


323 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/17 02:08 ID:A6SnYgHA
ネタかマジかわからんな…

324 :名前はいらない:03/12/17 03:15 ID:CY9826Lw


325 :名前はいらない:03/12/17 03:16 ID:CY9826Lw
>>321
どうしてわたしの詩にあなたが評価をしてくれないのかを悩んでいました。でもそのわけがやっとわかりました。あなたの優しさですね。
気にしないで厳しい評価をしてください。そしてあなたが帰ってくることを信じてわたしはそれまで詩を書きます。(;_;)

326 :名前はいらない:03/12/17 03:25 ID:CY9826Lw
「砂の城」
私の後ろ足は偽物かしら?思い出を引きずったまま、私の足取りをこんなに重くしてしまう。なぜ?きっと海なんて、二人で歩いた砂浜も、すべて偽物よ。夕日が沈めば、波に浚われたお城が崩れてしまったことも忘れてしまうよ。きっと偽物よ!
二人で築きあげたことなんて。

327 :207:03/12/17 08:34 ID:rsg8HIKW
>>305
確かにあれでは完成度低いです。もうすこしがんばります。

328 :30:03/12/17 08:42 ID:bgmUVRnX
>>282=_(評価人様)
>>258-259「ピエロ女」の評価、どうもありがとうございました。
他の評価人の方がいらっしゃらなくなって、お一人で大変ですね。
一昨夜の雑談は、たいへん失礼しました(有意義な雑談でしたけど・・・)。
あの。。。「他のサイトで文句言ってくるヤツがいる」って、それが私だと
思っていらっしゃるわけじゃないですよね?<違います!!
アドバイスを参考にさせていただいて、また書き直します。
ありがとうございました。

他の評価人の皆様も、戻ってきてください(>_<)
複数の意見が聞きたい、と思うのが皆の気持ちではないでしょうか、、、
少なくとも私は、色々な方からの評価を聞いて、総合的に判断したいです。
_様の負担も大きいだろうし・・・。
きたさん、私は好きでした。どうしていなくなっちゃったんですか?
私自身に他の方の詩の評価をできるような実力があればいいのですが。

329 :抑揚:03/12/17 09:34 ID:Lxk4hMrg
鬱だ!若年性健忘症を併発してしまいました。
そんなオレがキミらをコキおろしちゃうよ!ヴィヴァ!
文章を理解するように読むのが、健忘症の治療に有効らしいので
ちょっとオレに読ませろ、チンチンカモカモドモ!!
ツカ、キミらオレの登場も少しは望みなさい!お世辞でも!!

>>269
C:客観的(多分、主人公はそう思った)な意見や、
正統と思われる批判が周囲には受け入れられない事に気づいた
詩の主人公は、自分の考えが本当に正しかったのか、
今まで自分は人より優れていると思っていたのは、
他の人と違うという根拠だけだったのではないか。
その違いも自分が上位に居たわけではなく、
他の人よりも劣っているということで、
「他とは違った」のではないだろうか。
ならば歩み寄るべきは自分で、それ以外に周囲が自分を
受け入れてくれるようになる方法は無いんではないか。
歩み寄ることによって自分もまた他の学友と同じように、
瞳を輝かせ、活気に溢れた生活を送れるのではないか。
それでも長年築いてきた自分のスタンスを容易に
書き換えることはできないが少しずつでも、
変えてゆこうと決意した。
しかし、想像以上に難しいことと現在感じている。
という風に読みました。
(続く)

330 :抑揚:03/12/17 09:35 ID:Lxk4hMrg
(続き)
現状があり、現状に至った理由があり、
そして改善すべき点を自覚して、
改善後の未来も明確に表現されている。
文章的に一部「?」と思うところはあるが、
全体的に巧くまとまっていると思う。
「?」の部分は2連目2行目の
「背筋を伸ばすのが苦労する」の部分。
そのせいで2連目が読み難くなっているので、
2連目全て書き換えたほうが意味が通り易くなると思う。
「この目線だけ彼らと同じに高みを望み
彼らを真似るように手を伸ばすけど
湾曲した背中の痛みに遮られた」
という感じならシャープかと。

あと3連目、ナビと地図を使い分けているが、
どちらも役割は同じものなので、語彙に余裕があるのならば、
別の物で表現を代用したほうが読み手の理解を助けたかも。
ナビ=自分のスタンス/考え
地図=周囲のスタンス/考え
という風に読み取ったけど合ってるかな。
ナビの方を標識/記憶/コンパスなど、オレも語彙が乏しいのでスマン。
-------
モウダメポ、支離滅裂な文章だったらスマン。

331 :抑揚:03/12/17 09:52 ID:Lxk4hMrg
>>271
D;CUT MYSELFにワラタのでD。

>>292
これはアンダーバーが評価すべきやなぁ。
-----
ダル。

332 :名前はいらない:03/12/17 11:28 ID:I/7h8YdV
いらくにいってはいかんざき
いくらをたべてわいかんざき
いこくにいってはいかんざき
いってしまえばいかんざき
いちばにものをいかんざき
いかさまいってはいかんざき
いのちがなくなるいかんざき

333 :KEITA:03/12/17 11:47 ID:lXGUG/Ma
ランクはメールできれば教えて☆あまりここ来ないからさ^^(まだ、未完成だけどなんとなく)

走馬灯のようによみがえる
あの時あの場所で何ができたのだろう
まるで君はピエロのように 羽ばたけずにいた

月の光に照らされた部屋やけに明るくて
君は鏡をみて『自分はだれなんだ…』と、泣いてた
あの時あの場所で何がしたかったんだろう
ただ時間(トキ)の風に身をまかしてただけ
そんな自分がイヤだった

見失いがけた夢のピースを
ジグソーパズルはバラバラだ
また、1〜(から)やり直せば良いから
逃げてばかりで 自分を見失うな
君は一人じゃない

334 :名前はいらない:03/12/17 17:57 ID:Iy9oYRXL
意味もなく
大袈裟に揺れる船に
乗り込んで
街の光から離れ行くのを
じっと見つめている

今を取り囲むのは
悲観して泣く
今だけを笑い歌う
それを見て立ちすくむ私

何処へ向かうの
日は何度昇り何度沈んだだろう
そしてまた夕日は沈む
愚かな私は
揺れに乗って
また不快になる

何時着くのだろう
不満な時間だけが
続くこの船に
嫌気がさす

果てを知らぬならば
この身ここで投げ捨てて見せよう
黒い水に呑まれながら
少しずつ薄れ行く意識の中で
また後悔する

335 :268でつ:03/12/17 18:36 ID:arojjwFc
あんだぁばぁ評価どぉも。
いいものが書ける様に精進してくYO


336 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/17 20:08 ID:A6SnYgHA
あんだぁ婆、風邪ひくなよ

337 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/17 20:57 ID:oxRoB+Kw
なんだか最近ウリの身体が重いニダ どうやらSARSみたいだ、偽造した保険証で薬貰ってくるニダ ゴホッゴホッ 

338 :名前はいらない:03/12/17 22:01 ID:GVWApxMm
>>337
お大事に
寝不足はよくないよ

339 :三重ハリー ◆t0zzfy/JR2 :03/12/18 00:14 ID:B4fG5ggJ
『Message〜』
バラバラになるその前に 渡しておきたかった物がある
錆付いていたこの時を 動かすための鍵になる

多分運命なんてものは 始めから決まっていて
与えられたものだけを うまく使ってやりくりしてる
疑わなかった それだけが全てのあの頃 君に会うまでは 

瞬きもせずに 引き寄せるように見ていたっけ

カラカラになるその前に 飲み込んでしまいたい過去がある
凍て付いていた恋心 溶かした罪は誰に問えばいい

いつも確かめないと不安で どうしようもないダメなヤツで
与えられたものの中には 「好き」という言葉は無かったんだ
逃げ出さなかった それだけが5年間の誇り 君と出会ってから

嫉妬する程に 嫌いになってまた好きになった

お別れをするその前に 聞いておきたかった事がある
君の誕生日いつだっけ まだ渡せていない僕がいる

夜に飲まれた臆病者 ツキも見放したのかな

バラバラになるその前に たった一言(I love you)言えばいいのに
時は過ぎゆくああ無情にも 僕を残して回ろうとする


340 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/18 01:01 ID:hvjT4/rg
寝る前に少しだけ適当に評価しとくぜ。なんだか良い感じで沈んでるな このマターリとしてる雰囲気もいいもんだ

>>273
D- いくせいそうってなんやねコラ、「天地無用の心得」だか言えばええ思ってるだけちゃうんかと。激しく「で?」って感じ ハイ次
つーかこれ前スレだかにあったろこれ!!これに「センス良いね、素晴らしいYO」なんぞ評価できっか個人的に魅力を感じんが?

>>292
D+ これはチョパーリ供の世界的に許されぬ極悪で非人道的な日本人供が行なった鬼畜極る大量強制連行の事を言っているニダか?
今時の日本人にしては関心ニダ 日本政府はなにも戦後補償に無関心ニダからねウンウン。日本人はこいつを見習って謝罪おつゆ!!

>>300-301
C- 若い娘の裸体と二人きり…、青少年に有害的作品でつね( ´Д` )ハァハァ ってか葬送曲関係あんの…?ニダ
食べ物がなくなって隣りで寝てた可愛い幼女を我慢できず食べちゃったとか!!キャーキャー!! すまん、よくある発作でつ。
つーか黙ってる事ないじゃんこれ、アヒャ 旅って言うけど目的なんなの?ベット購入したって旅は予定されてなかったニダ?
永住も糞もこの世界観が理解できないまま終わった感じであんま楽しめん。んな事より娘の事をもっと詳しく説明汁!!
「冷たい月夜」って夜ニダのにみんなは休まずに旅してんの?いやいや、やっぱその幼女の事をはっきりさせんとアカンな、ハァハァ

341 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/18 01:02 ID:hvjT4/rg
さいならさいなら

>>310
D いや、いくら鳥でもそんくらいの色の区別くらできるだろ…。白&青って朝&夜って事ですかねって知らんが
もしそうと仮定して評価すっとつまらんが…。表現法が糞だと一言で終わらす事もできるが。なんだかなぁぁぁ
結論付けてるんだが理解できんわぃなんなんじゃいこりゃぁ、これ歌えば何割の人間が理解できんね!!人柱で詩ね

>>311
E- どぅセンス評価すりゃええね こんなん認められっか晒し首で詩ね

>>313
C「舐めながら 這い落ちる水」に異議あり!!舐めるも糞も根拠性が認められません!!って言ってたらなんでもありだな…。
自分で清貧とまで言うか、度胸あるな。。こんな俳諧もどき作品なんぞウリの専門外ニダつーかウリにそんな能力はない。

>>314
E- 一連目だがもぅ最初からなんでもありじゃん…。つーか構わんから「沈んでれば?」これはセンス良いんかぃ あっ賞&詩ね

>>315
E あにょーん これはおかしなインターネットですね、スレ違いの予感のするインターネットです

342 :名前はいらない:03/12/18 01:40 ID:HRymfUN6
>>340
帰ってきてくださったんですね!
わたしは感謝を書きました。評価ありがとうございます。やっぱり今の日本人は何か忘れてま‥ぁおおうあ
くせーぞキムチ!
18禁スレではいつもごくろーさん!

343 :名前はいらない:03/12/18 06:03 ID:4+3c2Lqa
「砂時計の世界」

アー 悲しい記憶は
アー どこに捨ててしまおう

重ねてゆく 歴史はもう
今の時代には 似合わない

だから僕は 言葉をなくし
砂時計 回るだけの 世界
 
アー 旅立つ前には
アー 答えは紡ぐもの

旅の予定は いつも急で
落ち着く心は 持てない

だから僕は 言葉をなくし
砂時計 時の欠けた 世界

孤独に生きてゆくのは
歩くだけでも寂しい
だからそんなとき砂時計 任せよう
何も考える ことは無い 
ラルルラ・・・

アー 僕の砂時計は
アー 次は誰のもとへ・・・


344 :しんしん:03/12/18 07:59 ID:2mq+eMMP
100円玉握り締めながら坂をかけおりる 
あの曲がりカド抜けたらお気に入りの駄菓子屋

あの頃は100円玉でイロンナ物、手にはいったけ
ガムや煎餅、チョコにイカの薫製

何時のまにか髭なんて生えてきて
何時のまにか大人って奴になってた
何時のまにか辿りついた
やけに眺めのいいガケップチで100円玉握りしめた
手のひらの中幸せなんて捻りでやしねぇ
ただ汗だけが吹き出してくる

今、俺は100円玉でどんな幸せが買える?
どれ位の代価を払えば幸せが手にはいる?

345 :名前はいらない:03/12/18 14:02 ID:cSmrX9ZW
彼らの居る空間には、僕の背中。
僕ではなく、背中。
そう、弾痕のような傷とは、よくいった。
羽が生えたら、銃を持つ、僕の意思とはウラハラで。
弾を詰めるのは、天獣の蹄。走るというには遅すぎて
歩くというには、早すぎる。
だから、今は願うだけ。それだけで、僕らは対になる。
外と中は入れ替わる。午前の一時で入れ替わる。
境界線を引きなおせ、時が通れば、もう遅い。
ひれ伏すからには蹴り飛ばし、物乞いするには、
落ちぶれるから、見捨てると言う。湖畔の水はまだ甘い、
生きたいだけなら無効にして、わけを知る気がないのなら、
手持ち無沙汰に、追放する。過度をすぎるころ、
氷の結晶を、ばら撒いて、空の雲まで、届かせてやろう。
意味のない極右に、この自尊心を見せ付けよう。
今決めた、絶対零度になる日まで。

346 :名前はいらない:03/12/18 16:32 ID:kDJhTRVt
そこに流れてく時を感じ
何も出来ないなら
何もしないまま
ただ、身を流す

そこにある何かを掴むまで
現実が僕を掴み取るまで

347 :抑揚:03/12/18 17:10 ID:xiI2bqMD
「在るがまま」

拙い唄がだだ漏れる
在るがまま時々の鼻

空洞が否めれず
脱力を確信の元

からだ ひねり あがく しかし

忘れたもうたか 元も子もありゃせんか
生まれ此の方 このような刹那さあったことか

嗚呼
在るがまま時々の鼻唄に救いを求め
掻き毟る胸元

空洞すら否めずに
空洞すら知らされた

からだ あたま わるく しかし

忘れ忘れ 産まれた
忘れ忘れ 生きそして忘れねば
在るがままなる身と

348 :未熟:03/12/18 19:13 ID:PoeFsf0B

343>
「アー」っていうのはあれでしょうか。歌を意識しているのですか? というとこれは歌詞??
歌詞という気がしないのは私がまだまだだからでしょうか。
そして砂時計、という言葉は無理矢理のような気がします。砂時計、という言葉を入れたかったからその後に言葉を作った。そんな感じがします。
別にその場を回るものは「砂時計」でなくてもいいはずです。他に合う言葉があると思うのです。
……私はそんなに力がないので自分で見つけてください。砂時計、という言葉が浮いています。
それから歴史が今の時代に似合わない、というのは少し嫌です。昔のものが今流行っていたりしますし、歴史の中で今の時代に似ている、と思うことはたくさんあります。
それに、「僕」が言葉をなくしたきっかけ、というのが全く分かりません。ただ言葉が哀しくさせようとしているのかな、と思うだけです。
共感は、すいませんができません。まだまだあるのですけど評価はDです。

344>
まず気になったのは「カタカナ」です。別に雰囲気作りのときはカタカナも使っていいのですけど、というより使ったほうが良いときはとてもあります。
でも、子供時代ののどかなときを表す方法としてカタカナは合っていないと思います。私的な感じ方かもしれませんけど私はそう思います。
ですが、「何時のまにか髭なんて〜」のところからは好きです。かっこいいな、と思いました。まだここの詩を見ていないのですけど私が今まで見てきた中であまりないかっこ良さだったので「ここはそういうところなのか」と思いました。
その記念ですが、素人(D)の少し上、ということでD+です。

349 :未熟:03/12/18 19:17 ID:PoeFsf0B
345>
う〜ん、難しい言葉が綺麗なものだと思っていませんか? 難しい言葉は(というよりあまり使わない言葉、ですね)使いすぎると品が落ちるものだと思います。
分からない人がいましたらどうするのです? 人に聞かせようとしていますか? 色々な投稿サイトに行ってきましたが、あまり使わない言葉を使う人はいるのです。
長く書きつづけたと言う人もそういうのを書いていましたから貴方が初心者だ、と言っているのではありません。前に私もそういうところを注意され、そう思ってしまったのですけど、貴方にそう思われてしまったら困るだけです。
実を言うと、私も分からない言葉が多すぎです。私がバカだということだけのような気もしますけどあまり使わない言葉で「綺麗だな」とか思うことはものすごく高度だと思うのですね。
私がこの前、好きになった言葉があるのです。「哀愁が漂う」という言葉なのですけど感想でもらったばかりの言葉です。「哀」という漢字が入っているせいか、その言葉だけで「哀しい」という感じがしません?
感激してしまいました。綺麗な、あまり使わない言葉もあるのです。そういうのを考えて、丁寧に一度だけでも書いてみてください。とても綺麗な詩ができそうです。
情景が分からなかった、ということで評価はD−です。

346>
おぉっ! 短い詩ですね。最後まで簡単に読める、ということでは私短い詩が好きです。
ですが、強い言葉を感じませんでした。短ければ短いほど、強い言葉が必要です。私が書けるわけではありませんけど、書ける人は素晴らしく書けます。
流れる時を感じる、のは大変なことです。それを何もせずに出来るわけがありません。その人はすごいです。
感じよう、と思わなければ感じられないのですけど、それを何も出来ないから、というのは変だと思います。
あぁぁぁ、私の言葉も変です。「そこにある何かを掴むため」もその後の言葉「現実が僕を掴み取るまで」で変だと思いました。
「現実」がつかむほうなら「そこにある〜」は「僕」の視線にどうしても見えてしまうことから「掴み取る」は変です。
最後まで「僕」の視線でしたら「掴み取る」ではなく、つかまれるように表現しないと。
そして、評価はDです。

350 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 19:42 ID:HRymfUN6
昔、ゲーテの詩集を買った。
最初の詩は、
さっぱり意味不明だった。
2ページ目、
やっぱり解らなかった。
3年目には、
解った気がして、僕は話まくった。人生とか愛とか。4年目、
世界が逆行した。ゲーテは昨日の確信を破壊した。
五年目、
ゲーテは押入で眠った。僕はネクタイをしめた。
10年目、
リストラにあった。殺風景な実家から、僕は引き合うようにゲーテと再会した。カバーの埃を叩き、僕は口を結んだ。

351 :名前はいらない:03/12/18 21:41 ID:4+3c2Lqa
>>348
343です、評価して頂いてどうもありがとうございます。
砂時計っていうのは、人がひっくり返してるときに時計として機能する
ものですよね。そして、デジタル時計のように時がたてば翌日の日付
に進んだりすることがない。つまり、砂時計自体は時間を計るものでは
あるけど、今まで○○分進んだ、というような長期的な記録の積み重ねでは
ないということです。
だから歌詞(これは歌詞です。それすら一見してわかってもらえなかったのは
こちらの力量不足ですね)の一番では、悲しい事があってもそれを記憶として、
重ねるのではなく、砂時計をまわすだけで、何も考える事もなく、ただそれだけで
いいんじゃないのかと書きました。
ただ、上にあった砂が下に落ちていくだけのようなものでいいんじゃないのかと。
「言葉をなくす」というのは「何も考えなくてもいい」という事です。
上手くメロに当てはまる言葉が無かったのでお茶を濁してしまいました。
ヒントとして後半に「何も考える事は無い」って書いたのはそういうことです。
「今の時代には似合わない」というのは、時代という言葉は使わないほうがよかった
かもしれないですね。自分の中では様々な出来事がどんどん重なって、
のしかかっていくというイメージが「今の時代」というのにあったので。

2番の歌詞は、何か物事を行うときはそれに対しての予測であるとか理想像とか、
そういうものが必要だと思うんですけど、実際の物事は自分の思ったように
進む事はそんなにないと思うんです。
そんなときに慌てたり、平静な心でいられない事があると思うんですけど、
そういう時も何も考えずにボーっとしてるような余裕があってもいいんじゃ
ないかと。砂時計って、ひっくり返そうという意思がなければ砂が下に落ちた
時点で止まってしまいますよね。つまり、砂時計には焦りをなくしてくれる
効果があり、そんな中で何も考えずにいる余裕を取れたらいいんじゃないかと、
そんなふうに思って書きました。

長々と書いてしまって申し訳ありません。
初投稿だったんですけど、次はC判定取れるようにしたいです。

352 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/18 21:58 ID:hvjT4/rg
>>328
評価も糞も物語タイプの作品は基本忠実やへんとアカン,普通にそれ言っただけ。あーゆぅのは詩とは言いたくないニダ
評価者なんてのは他スレ逝けば腐るほどおるだろーが、ここの場合そろそろ需要が減ってきてるだけ アヒャヒャヒャ

>>332
E 詩ね

>>348-349
乙ニダ!! つーか文章読んでないけどな この調子で続けてくださいアヒャヒャヒャヒャヒャ

>>351
長っ!! 評価ランク狙うよりか自己で精進しなされ、今の時代そんなん検索すればいくらでもヒットするからな アヒャ


整理 >>317 >>326 >>333-334 >>339 >>347 >>350

353 :◆tr.t4dJfuU :03/12/19 00:58 ID:LAA5cMjm
おーっ、>>317
>>326 >>350

これら三つは俺が作ったやつだ。

ごめんなさい
f^_^;

354 :30:03/12/19 01:11 ID:E3z6bjDA
「夜に雨音を聞く」
真夜中に
かすかに雨の音を聞いたような気がして
なぜかぱちりと目が覚める
慌ててカーテンを捲って窓の外を覗くと
いつもと変わらずさんざめくネオンの灯の
ちょっとうえの方に
細々と拡がる雲ひとつない星空

あの音は何だったのだろう
夢のなかで聞いたのかもしれないが
どうもそんな気がしない
たしかにこの耳で聞いたのに

そんなふうに思いがけなく起こされた真夜中は
少し寂しくて 少し楽しい
私の足の下できらめき続けるネオンの灯と
何億年もかかってここまで辿り付いたにも関らず
目に触れないほどに細く弱い星の光と
私はいまそれらのちょうど中間にいる

355 :30:03/12/19 01:12 ID:E3z6bjDA
(354「夜に雨音を聞く」つづき)
上を見上げ
星空をみつめながら起きている人間が
まるで世界で私一人であるかのような
恍惚としたな孤独感にどきどきしながら
と同時に
足下に目を向け
休むことなくうごめき続ける都会の脈動に
不気味な生命体そのものを感じ
ネオンの上で星に思い馳せている人間が
いまこの瞬間無数にいるだろうことを思い
ざわざわと胸が焼き付けられるような
不思議な焦燥感を覚える

私をここまで連れてきたのは
あの雨音
たしかに聞いたあの雨音は
私という
誰かの
そんな胸の音だったのか

356 :名前はいらない:03/12/19 01:26 ID:LAA5cMjm
>>354-355
いいんじゃない!o(^-^)o構成はまだ練る余地があると思うけど、言いたいことがそれなり-ひとつ-伝わってきたよ。その原因は作者の努力だと思われ。
小さい結果だけど僕がたまたまこの詩を観た因縁は膨大だ。B

357 :伝説のあぼーん ◆AEROhyPKUU :03/12/19 01:51 ID:dDP8i2xG
「落ちこぼれ」

真っ赤なりんご 大きくて綺麗なりんご
ただ一点に黒い傷がある
この傷のせいでりんごは売れない
他は食べられるのに

傷が一つあるだけで全ダメに見る
ごく少数の傷が全てを腐らせる
傷一つで価値がなくなる
このりんごは食べられるのに

358 :◆tr.t4dJfuU :03/12/19 02:04 ID:LAA5cMjm
>>357
一点の黒い傷がおもしろいね。

赤いリンゴとは君のことかな。
傷は消えない?
傷は広がる?
傷は忘れられない?
傷は癒えない?

ふぅ、笑って生きるしかないね。
おちこぼれなんだから。C

359 ::03/12/19 02:57 ID:LAA5cMjm
詩じゃないよん。
そのひとつの詩に努力がみえるのもよいが、
そのひとつの詩を作るために、経験したことを、今、努力と認めよう。

360 :K:03/12/19 03:25 ID:7zi2ngij
『もしも僕が死んだなら』

もしも僕が死んだなら
流れ星に生まれかわろう

夜空を駆けるまたたくあいだに
君の秘密の願い事
三回聞いて笑ってやろう

流れて堕ちた見知らぬ街で
君の秘密の願い事
声高々に歌ってやろう

どこかのお人よしがかなえてくれるまで

361 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/12/19 05:06 ID:HCRLb1v5
>>344
いいでしょうか、正直に感じたままを書きます。

“俺”はかっこわるい大人ですね。情けない大人ですね。
でも、つよく“大人になんかなれないよ。なりたくなかった。”
という気持ちが伝わってきます。
大人の誰しもが持っている感情ではないでしょうか。
ただ、絶対に、大人(あるいは大人を演じている人)は、口には出さないと思います。
あと、お金の価値の変化がポイントになっていますが、
お金に振り回されているように感じます。
なんか、もっと、“大人を<積極的に頑張っている>子供ではない俺”をどこかで垣間見せることで
より共感がもてる詩になると思います。

“俺”は、“実はもの凄く頑張っている俺”の事をよく知らないのかもしれません。
自分のことだけに。
だから、他者としての読み手は、詩だけ読むと、“かっこわるい俺”に見えるのかもしれません。

ただ、“頑張っている俺”をどのように、詩に書くかが難しいですね。。

えらそうな事言ってスイマセン。これが、あなたの詩を読んだ僕の感想です。

362 :◆tr.t4dJfuU :03/12/19 05:06 ID:LAA5cMjm
>>344
評価の以前にしんしんに質問。
この詩はつまり幸せは金で買えないってことを言っているのかな?

363 :しんしん:03/12/19 05:20 ID:1MFnRzpe
うーん本人の意図は違う所にあります
なみなみえさんの言ってる事にちかい今の自分にたいする
嫌悪感ってのがありますんで・・・・・・・
なにせプーでスロットで生活してる身なので・・・・
言いたかった事は
あのころと同じ価値の物なのに
今はすごく大人になってしまって何も感じなくなって
る自分が嫌でかいたんです。
100円握り締めて坂おりてて
「今日どんなの買おうかな」なんて
そんな事で幸せを感じたあの頃を思い出してかきました

364 :http:// ◆OOGQGB1EXE :03/12/19 05:23 ID:lIzLEKk6
>>344
最初の一連が子供の頃の思い出なのか、今の自分なのかが分かり難いかも
あと
>やけに眺めのいいガケップチ
が正直、良く分からなかった

>今、俺は100円玉でどんな幸せが買える?
>どれ位の代価を払えば幸せが手にはいる?
100円玉がキーになってるっぽいけど
ラストの行で「どれ位の代価を支払えば」となってるから
「幸せ」が100円では買えないという事を本人が知っているぽくなる
これだと何か矛盾してる気がするのです

ここからは感想
「幾ら払えば、自分の目が輝けるものが買えるか」という詩だと思った
貴方の言いたい事とは違うかもしれないけど、俺はね

365 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/12/19 05:26 ID:HCRLb1v5
>>363
よく間違えられるんですが、なみなみ“お”です(笑)




366 :http:// ◆OOGQGB1EXE :03/12/19 05:27 ID:lIzLEKk6
>>363
あー、そか
ギャンブルをやっておられるのですね
何故「やけに眺めのいいガケップチ」という言葉が出てきたのか、何となく分かった気がする

367 ::03/12/19 05:30 ID:LAA5cMjm
>>363
そういう意味の詩ならば、金額に重点かけすぎ。
100円より、コインでよかったんじゃない?
一枚のコインを握りしめて駄菓子買いに〜。なんて♪基本的に幸せは人格そのものですよ。小鳥が歌うように。大人でも、子供でも。はいC

368 :しんしん:03/12/19 05:35 ID:1MFnRzpe
まさしく僕の現在の立位置がガケップチなんですよね
なにせプーでスロで生活してるのですから
でも不思議と後悔はないんです。
がけっぷちだけどすごい景色がみれるんだよ
後悔はないんだよ
あぁ・・・うまく伝わりませんな
なにせ勢いで5分ほどで書いた詩ですから
昨日の夜に勢いでかいてしまったんです

369 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/12/19 05:37 ID:HCRLb1v5
がけっぷちから見える景色を詠んでみるといいのでは。
うまく伝わらないものこそ、詩にするのがいいですよ。

370 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :03/12/19 05:41 ID:fQfQeFTt
>>344

詩を読んで感じた言葉にならないものを言葉にしようとすると
小難しくなっちまう。勘弁
100円に感じる価値、それに対する自己矛盾というか、なんというか
前半と後半の強いコントラストを通してこの詩がいいたいのは
今にたいするいらいらとか、絶望とかそういうものではないだろーか。
100円玉はとても効果的に働いていると思う。
俺は実はいまだに五段階で評価っていうのに抵抗がある
言葉にならないような「感情」を喚起されたものは俺の中ではAなのだ。
ということでAだ。


371 ::03/12/19 05:43 ID:LAA5cMjm
スロが出来るくらいだから、君は崖っぷちには立ってないね。
だから詩に崖を用いてもなんか緊迫感が浮きだしてこない。

君は崖にいるんじゃなくて、迷路の分かれ道にいるんだよ。きっと。

372 :http:// ◆OOGQGB1EXE :03/12/19 05:43 ID:lIzLEKk6
>>368
俺も一時期(パチンコだけど)嵌ってましたので
何となく分かりますよ、その気持ち

スロは止めて羽根モノでコツコツ貯めたほうがいいでっせ
http://gamble2.2ch.net/test/read.cgi/pachi/1067255167/
スレ違いスマソ
そして俺は寝た振りでもします

373 :しんしん:03/12/19 05:44 ID:1MFnRzpe
なみなみおさんの意見すごくイイです
人徳なんだろうな
なんかすげぇアッタカイ気持ちになります
他の詩の感想もきかせて欲しいです
それから人の詩も評価もしようと思います
頑張ります

374 ::03/12/19 05:46 ID:LAA5cMjm
>>ウノ

今更、なにを言う。

ここに有る詩はみんな−A−だよ。

375 :しんしん:03/12/19 05:47 ID:1MFnRzpe
ちがうんです
口で言うのはおこがましいのですがプロなんです
引き返せそうにない年齢まできてるんです
このままコンナ事で金稼いで生活していっていいのか


376 :このスレは「3年B組」:03/12/19 05:47 ID:tselxG/o
きっ、金八先生ぇ〜〜〜!!!!!!1

377 :3年B組:03/12/19 05:50 ID:tselxG/o
きっ、北八先生ぇ〜〜〜!!!!!1

378 :名前はいらない:03/12/19 05:51 ID:tselxG/o
>>374 この発言を受けての暴挙でつ。

379 :しんしん:03/12/19 05:51 ID:1MFnRzpe
正確には
き、北八せんせえ〜!!だな
腐ったミカンの俺たちでもAですかぁぁぁぁぁ
感動っす

380 :http:// ◆OOGQGB1EXE :03/12/19 05:52 ID:lIzLEKk6
>>376
いや、2年3組!ライオン先(ry
>>375
これ以上続けるなら雑談スレでね、詩と関係無くなってきたし<笑

381 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :03/12/19 05:53 ID:fQfQeFTt
>>374
ああ、たしかに今更だった。
だけど俺が評価するとA連発になってニダニダいうやつに文句言われそうだ

382 ::03/12/19 05:59 ID:LAA5cMjm
みんなAだよ。単なるAからの削除方式採点というより、Aから付加採点方式をとってるよ俺は。だってAの作品よりそれ以下の作品の方が、評文も長くなってしまう。つーことは、こちらの期待もでかいわけで、その期待を頂いていることにA。

383 :しんしん:03/12/19 06:00 ID:1MFnRzpe
>>375
スロットで生活していると言う意味ですよ
家賃はらって飯くって服を買うわけですよ
スロットで・・・・・
26歳なんです、、、、もう、、、、駄目人間になってるん
です
でも今から働いて今以上の収入は得られないと思います
だからズルズルしちゃうんです

384 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :03/12/19 06:08 ID:fQfQeFTt
おお!北は足し算だったのか。
俺も足し算を勉強しよう。引き算は得意なんだがな

>>370>>363を読まずに詩から感じたものを書きましたよ。
ちゃんと説明してあったんだな…


385 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :03/12/19 06:15 ID:fQfQeFTt
しんしん飲みすぎ…
てかだめ人間とかいうなよ
そんなこといってるとほんとにだめ人間になるぞ


386 :しんしん:03/12/19 06:20 ID:1MFnRzpe
いや、あんがと
やばい2CHが心の支えになりそうな自分がヤダw

387 :名前はいらない:03/12/19 10:46 ID:0l8M0mw2
2ちゃんなんかくそだ。心の支えにしたらあほを見る。あげ

388 :名前はいらない:03/12/19 13:19 ID:WYJf7H6J
>>350

北さんだから評価するのではないって念を押しておきます。
ゲーテの言葉を引用した人のことを思い出したから個人的最高評価です。

389 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/19 17:05 ID:jxp4xbYV
をらをらぁ〜 固定相手限定で高評価連発してんじゃねーYO そこまで馴れ合いたぃんかヘタレ供が
んな時間使うくらいなら名無しの作品にも評価しろYO 無駄に差別してんじゃねーぞガリ をらをらをら〜

390 :名前はいらない:03/12/19 17:24 ID:fKK42+wW
名無しの作品より金払って読む詩集の方がおもろいんやもん。

391 :30:03/12/19 19:08 ID:N84Qq8+0
>>389
あ!アンダーバーさん、お待ちしていました。
物語調の詩は不評なので、>>354-355を作りました。
それから北さん、評価ありがとうございました。
でも、努力を評価されても、嬉しいような悲しいような・・・(^_^;;
詩そのものを評価してもらえるように、以後、精進して参ります!


392 :71:03/12/19 19:35 ID:mIq3wviE
「虚空」

頭脳の中に
無限の宇宙
しかしそこに星はなく
空間だけが広がる

何かに触れたいけど
そこに物はなく
何かを叫ぼうとするけど
振動は伝わらず

何も生まれず
何も死なず
ただ空間だけが
延々と続くのだ

私の頭脳は今
虚空に支配されている
何も生まれず
何も死なない




393 :名前はいらない:03/12/19 19:40 ID:9K84Ut47
「空」
空を見上げてみると
いろんな雲が見えてくる

食べ物に見えたり
乗り物に見えたり
動物に見えたり
いろんなものに見えてくる

こんな雲を見ていると
ふと考えてしまうことがある

この雲はどこへいくの?

そんなことはわからない
雲は風に揺られて進むんだから




394 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/19 20:07 ID:jxp4xbYV
>>390
uzeeeeee なんも魅力もねー香具師だな つまらん 

>>391
物語タイプなんてのは根拠なしになんとでも言え簡単だからな。其れなりに説明がなきゃぁ(・∀・)イイ!!なんて家んわ
チミだって日本の桃太郎だとか一寸法師に感動した類いじゃなかろ。ウリから言わせればあんなの糞や。グリムならまだしも。

しっかしこの時期色々と忙しいニダ がむばって金稼いで一花咲かせるニダ 今回も雑談してさよならニダ マンセー
つーか評価するのは自由だが固定狙いでやらずに、他の奴の作品放置せんでやってくれや頼むから。

395 :71:03/12/19 20:17 ID:mIq3wviE
感想をつけてみる。
>>393
D+ですね。
特におもろい表現もなく・・・
雰囲気がまあ、優しい感じでいいんだけど。
あと、なんか結論が見えてこないんですね。
情景描写のみなのかな。
どっちつかずでいや。

396 :71:03/12/19 20:19 ID:mIq3wviE
↑感想じゃなくて、評価ね。

397 :30:03/12/19 20:32 ID:N84Qq8+0
>>394=アンダーバー様
そうですね。。。だけど、物語的な散文詩が好きな人もいますね。
稲垣足穂など、アンダーバー様的にはどうなのですか?
私はあまり好きではないですが、「稲垣足穂好き」って言ったらなんか
「こいつセンスいいな」と思わせる演出になると思いませんか?
ってただの雑談ですが・・・。

じゃあ、私も素人の未熟者ですが、初めてお目にかかるかたの詩で
心に触れるものがあったので、評価というよりも感想をひとつ。
>>392=71さん
「何も生まれず/何も死なず/ただ空間だけが/延々と続くのだ」
「私の頭脳は今/虚空に支配されている/何も生まれず/何も死なない」
という3連目と4連目は、完成度が高いと思いました。
1連目、空間を宇宙や星のない星空に喩えるのは、この手の詩の場合、
少し凡庸になってしまう恐れがあるような気がします。
(わたし的に)好きでないのが2連目です。
そこだけ説明調になってしまっています。
言いたいことは伝わるのし、言いたい部分なのだと思いますが、
だったら故意にもっと感情を爆発させるようなガラっとトーンの違う
表現形態にしてみたらどうか、と私感ですが、思いました。
とてもいい詩だと思います。私は、センスいいと感じました。

398 :しんしん:03/12/19 20:52 ID:taayPYEw
俺は人間的に興味のある人の詩しか読む気が
しねぇんだよな
書いた人間も含めて詩なんだと俺は思うから
お前に興味あるから詩、早くのせろよ

399 :名前はいらない:03/12/19 21:07 ID:knxNe82H
>>398

誰へのレスか書かないと誤解されるぞw

400 :しんしん:03/12/19 21:17 ID:taayPYEw
あっ悪い
これは394あてだよ
ニダニダいう君にかいたんだよ

401 :30:03/12/19 21:47 ID:N84Qq8+0
「上手なたまごの握りかた」
人間の手の触感というのは特別で
たまごを握る握りかたひとつを取ってみても
それを真似できる機械を作るのは
たいへん難しいのだそうだ

りんごほどかたく握ったら
たちまちに壊れてしまう
かといって
お豆腐ほどやんわりと握ったら
ぽろんと取り落として
やっぱり壊れてしまう

私たちはみんな
大きな大きなたまごのなかにいて
各人がそれをひとつひとつ
ひとりの手にひとつのたまご
優しく握り締めている

402 :30:03/12/19 21:47 ID:N84Qq8+0
でも
私を包んでいる
優しくて残酷で魅惑的で息苦しい
この大きな大きななたまごは
いまは私の手のなかにはない

私の手のなかにあるにある
このたまごは
いったい誰のたまごなんだろう
私の手のなかにある
私のものではないたまごを
そっと覗いてみるが
どうも私は
たまごの握りかたがへたくそらしく
たまごは壊れてしまった

その人のたまごの握りかたは
強すぎもしない 弱すぎもしない
それはもう絶妙な上手さだ
いっそのこと
その人の手のなかの私のたまご
握りつぶしてくれたら
なんて
手のなかの壊れたたまご見つめて
思ったりしたのだった

403 :30:03/12/19 21:49 ID:N84Qq8+0
5連目、打ち間違いがあります。
「私の手のなかにある」の「ある」はひとつだけです。失礼しました。

404 :30:03/12/19 22:48 ID:N84Qq8+0
※ごめんなさい。
 慌てて打ち込んだらしく、読み返したら変なところがいくつかあったので
 書き直しました。
 評価は以下のものでお願いします。

「上手なたまごの握りかた」
人間の手の触感というのは特別で
たまごを握る握りかたひとつを取ってみても
それを真似できる機械を作るのは
たいへん難しいのだそうだ

りんごほどかたく握ったら
たちまちに壊れてしまう
かといって
お豆腐ほどやんわりと握ったら
ぽろんと取り落として
やっぱり壊れてしまう

私たちはみんな
大きな大きなたまごのなかにいて
各人それぞれひとつずつ
ひとりの手にひとつのたまご
壊れないように
落とさないように
やわらかく握りしめている

405 :30:03/12/19 22:49 ID:N84Qq8+0
だけれど
私を包んでいる
優しいけれど息苦しい
この大きなたまごは
いまは私の手のなかにはない

私の手のなかにある
このたまごは
いったい誰のたまごなんだろう
私の手のなかにある
私のものではないたまごを
そっと覗いてみるが
どうも私は
たまごの握りかたがへたくそらしく
たまごは壊れてしまった

その人のたまごの握りかたは
強すぎもしない 弱すぎもしない
それはもう絶妙な上手さだ
いっそのこと
その人の手のなかの私のたまご
握りつぶしてくれたら
なんて
手のなかの壊れたたまご見つめて
思ったりしたのだった

406 :名前はいらない:03/12/19 23:19 ID:ueiAAhqV
愛のポエムサイト
http://f24.aaacafe.ne.jp/~poemu/

407 :名前はいらない:03/12/19 23:33 ID:ARj3uwui
平凡で退屈なこの世界をシュールで殺伐としたこのナイフで切り裂こう。

408 :名前はいらない:03/12/19 23:55 ID:ARj3uwui
階段をおりるリズムのメロディー。サティの階段。ジムノペディ。
ここちのよい落ち着くリズム。どこまでもどこまでもおりてゆく。

409 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 01:59 ID:bIDC4u6y
批評について

全部の詩に批評をつけるのも良し。好きな詩だけに批評するも良し。

しかし罵るのは善くない。

批評する人が少なくなった原因は僕も含めて、ここにレスした人全員にある。
甘いお菓子を分けあう前に、苦い薬をみんなで分けあおうじゃないか。僕だけが頑張ってるんだ!!
僕には関係ないよなんてよそうよ!!
おいっ、誰だ、
そこで渋い顔をしてる奴?!!

あっ、俺だ。

410 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 02:04 ID:bIDC4u6y
そして保守的に、僕は気が向かない時に批評はしたくない。
するのなら気分のいいときに批評したい。
そして僕にとって、詩作と他の批評をまとめて一時期にこなすのは、困難を極める作業でもある。

411 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 02:11 ID:bIDC4u6y
自分の詩作をよそにしてまで、批評することは出来ない。なぜなら僕は僕自身が大切で一番可愛いから。
僕は好きなことをしてるときに邪魔されると健やかでなくなる。
僕はあなたの為に健全でいたい。
だから批評についても、健やかな自分を欲しするが故に、好きなときに批評したいのだ。 おわり


412 :じゅ:03/12/20 02:48 ID:TV7oh9Mb
「残る価値の無い日常」

ナイフのスラッグ
すべてが苦労の 二文字で締めくくる1000年史
暗い天の上みてた
我の苦労は 未来最高 過去最高 現在最低
発展帝国上流人の歴史日記読みながら
空は過去を映し出す 最高の空
永遠だろう太陽の方向 これと同じに
夢、藻屑と消えかかる
叶えられない 今日に 上流人の金持ちになった気分
1000年史に残る偉大な偉人
すごい事だ1000年後の生まれてすら居ない子供に知られる人物
それになりたいというわけじゃない
遠くの17
知ってくれ 俺を知ってくれ

この豊かな土台。情報網。進化する今日。
そして今、現在じゃない、そう今、今。

413 :名前はいらない:03/12/20 02:55 ID:qZHz/laz
>>404-405
酷評するようですがD
だらだら続きすぎ。夏の惰眠の如し。
結局その「たまご」とは何なのかがまったく伝わってこない。
この一行がすごい!っていうパンチがほしい。

414 :ロク:03/12/20 02:59 ID:wH2UhH9j
[この心]

ごみ箱があったなら

この心すぐに捨てるのに

歩いてもどこにも見当たらないから

仕方なく胸で飼っています

この心どんどん大きくなって

ついには私まで支配しそう

誰かごみ箱を持っている人は

私に申し出てください

さもなくばこの心消す方法

私に教えて下さいな


415 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 03:11 ID:bIDC4u6y
>>414

いいね。好きだよそんな詩。
心っ邪魔だもんね。だって死ぬのも怖いって思っちゃうくらいに、平気で矛盾してるんだから。

しかしネタがありきたりなんでB

416 :ロク:03/12/20 03:19 ID:wH2UhH9j
勉強になりました。
的確な評価ありがとうございます(^^

417 :名前はいらない:03/12/20 05:02 ID:NmS+1lyU
お母さんが泣きながら
とまとを かじっていた
喉に 詰まった
とまとで せきこんでいた
だって女の子だもんって聞こえた

お母さんが小さくなった
台所に 座っていた
豆腐屋さんが遠くに過ぎてった
お母さんは
背中の右手で
涙を
背中の左手で
僕を
抱いた

朝ご飯の味噌汁に豆腐は浮かんでなかった
寂しかった

だけど朝のお母さんはいつもどおりに微笑んでいた

418 ::03/12/20 05:21 ID:bIDC4u6y
>>417

快楽君っぽい詩だね。

419 ::03/12/20 05:33 ID:bIDC4u6y
>>417-418

あっ、快楽って
コテハンの快楽君のことね。
僕の奴の詩が好きなんだよ。なんか作風がよく似てたから思わず先走ってしまったよ。
いい詩だね。でも悪いけど評価は別の人にしてもらってね。

420 :名前はいらない:03/12/20 06:15 ID:EzvHPXoi
夢と未来はイコールなんだ
そう言った親友はいじめられて自殺した

成功した人間が共通して持っていたものは才能ではなく夢だ
そう教えてくれた恩師は援助交際で捕まった

夢と言う字は人と人が重なり合って出来ているのよ
君と一緒にいる時それが正しいんだとわかった

421 :詩人に梔子:03/12/20 09:06 ID:OwUstBaB
「リズム」

手のひらに残る 君のリズム
塗り潰されていく 僕のリズム

連れて行く 君の全てを奪はれたとしても
このリズムだけは 僕のもの

僕が消えても 君が残るなら
僕の信じる世界は微笑むだろう

耳に残る 君のリズム
水の底に沈んだ 僕のリズム

溶け合って 新しい種になる
新しい世界の 種になる

僕が消えて 君が消える
新しい世界がリズムを刻む

そのリズムは 新しい君のリズム
新しい僕は 嬉しくて 少し泣く

きっと 泣く

422 :名前はいらない:03/12/20 09:17 ID:zgJ7+rMe

大人になった君に
あの頃の夢を訊ねる
今もまだ変わらない
君を見たくて


423 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/20 11:45 ID:Hb8zgtjq
>>417
よかったら「母の味 母恵夢(ポエム)」スレへどうぞ
今規制中なんでリンクはアレやけど
俺もそこでぽつぽつ書いてるよ

>>418
いきなり名前がでてたんで、びっくりした

424 ::03/12/20 14:55 ID:bIDC4u6y
>>423快楽

ごめんごめん。
でもなんか似てると思わへん?ww


425 :(kau-a) v110.ctktv.ne.jp:03/12/20 15:11 ID:t2DdxhKm
交接へ這い蹲り
跡ずさる勇気を知らない痴者よ
出鱈目な言葉に刃を注ぐのみに
魂を磨いで時を覚えれば良い
いつか雪は赤と混じり霞を生むだろう
それを喰らいて真の言葉を探せよ

426 :名前はいらない:03/12/20 15:33 ID:HwRZ91K9
http://f24.aaacafe.ne.jp/~poemu/
愛のポエムサイト

427 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/20 16:50 ID:kKHqe5Ot
ぬおぉぉー このスレッドも遂に馴れ合いモードになってきやがったか どーもここの板は仲間意識が強くていかんな

428 ::03/12/20 17:27 ID:bIDC4u6y
>>キムチ

のーがきたれとらんと、早く残りの詩を評価してたも。

429 ::03/12/20 17:28 ID:bIDC4u6y
のーがき好きの北より

430 :しんしん:03/12/20 18:02 ID:y9nj2b1e
>>427
早く君の詩がみたいね
どんな世界をもってるの?期待してるぜ
>>429
この前はヨッバライに朝までつきあって
くれてあんがとう。

431 :名前はいらない:03/12/20 18:14 ID:/GaevoEI
最近作詞に専念しすぎてここ来れなかったなぁ〜っと。
あんだぁばぁも全然きてねぇじゃねぇかYO
ほんと馴れ合いすげぇな
こんなスレみたことねぇぞ
作詞もひと段落したのでぽえむ考えるとしよう仮名

432 ::03/12/20 19:26 ID:bIDC4u6y
>>430しんしん

いやいや、

こちらこそん

433 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/20 20:50 ID:kKHqe5Ot
るせーわ この季節利用して稼ぎまくってんだよへタレ 俺様に依存して進行すな
どこぞの自己中の低学歴が作品の間あけっからそれ整理するだけでも一苦労だぜ!!
それに利用してるサイトはここだけじゃねーんだYO 今からやってやっから待ってろチビ

434 :名前はいらない:03/12/20 20:52 ID:/nVOZ2FG
「覚悟」

死を待てよ
真摯に 己から

生を移ろえよ
徐に 己が色色

喜べ 怒れ 哀しめ 楽しめ
そのどれをも怠るな

心地よき眠りを得るんだ
その為に善き今を生きよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>> 北さん
別スレでは御返事ありがとうございました。
(実はまだ成人もしていない若輩者の詩だったりするのですが・・・)
こちらで段階評価してもらえる様なので、書き込みます。
宜しくお願いします。

435 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 20:52 ID:bIDC4u6y
>>433

キムチは頼りになるなぁ。

ありがとよ!

436 :名前はいらない:03/12/20 21:13 ID:bIDC4u6y
>>434
この詩の意味(精神論)だけを読みとるならば、喜べ〜以降の文章で十分だ。
だから喜べ〜より前の文章は装飾的(情景的描写)役目を果たしている。という視点から発すると、目(心の表層)に浮かぶ情景はまだ幼稚である。幼稚とは魅せる技術が簡単なのである。一度詩を分解し言葉を置き換えを勧める。c

437 :名前はいらない:03/12/20 21:16 ID:bIDC4u6y
>>434
追伸

難しい言語を並べたら幼稚でないということではないということを、注意するように。

438 :進藤 大夕:03/12/20 21:34 ID:Ft+XGdlo
みなさんはじめまして
文化板は、初めて利用させてもらいます。
さて、私は普段某サークルで二次創作小説などを書いて
いるのですが、今回はじめて詩に挑戦しました。
初心者なので良くできてないところもあると思いますが
皆様にお見せするいじょう中途半端なものをつくっては、なるまい
と思いまさに一心不乱に考えました。
皆様のご指導よろしくお願いします。

439 :進藤 大夕:03/12/20 21:36 ID:Ft+XGdlo
          散り行く命
>人の命とは皮肉な物、生きるだけ生きてそして死ぬ
>それは舞い散るサクラのように、人の命も散っていく
>動物の命とは皮肉な物、弱肉強食の世界、結果は強いほうが生き残る
>それは舞い散るサクラのように、動物の命も散っていく
>植物の命とは皮肉な物、花が咲いてそして枯れる
>それは舞い散るサクラのように、植物の命も散っていく
>星の命とは皮肉な物、生まれたての星もあれば死に行く星もある
>それは舞い散るサクラのように、星の命も散っていく
>でもそれは違う
>人の命はやがて生まれ変わり、新たに生命を誕生させ
>動物の命は生きるための手段にあり
>花はやがて種を作り新たな生命を誕生させ
>星はまた新たなる星に生まれ変わる
>命とは、消えるものあれば生まれ来る物もある
>すべてはサクラの花のように、花を咲かせ
>散っていく・・・・

以上です。どうだったでしょうか?評価は、お手柔らかに
お願いしますね(^^

440 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :03/12/20 21:38 ID:a7ibptnK
[薄皮]

町中に溢れる自販機のように
私の言動一つひとつは無駄が多い
帰宅してもまだタイムセールで
もう呆れて笑いですら起きない
忙しく変わる信号機のように
いつもいつでも落ち着きがない
懐かしい深夜の音色で
不安に駆られて目だけが覚める

嘘ばかり吐いていて悲しい
眼鏡越しじゃ映る顔だって私だけじゃない
限界が来ない限り頑張れる
辞典を見開いてみんな、どうしたの?

441 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/20 21:45 ID:kKHqe5Ot
つーか昨日暇な時もぅ半分以上出来あがってたっつーか途中で飽きたから放置してた。マザーテレサ様マンセー ってか祈る暇あったら働けや
しっかしミステリーハンターの女性は毎回毎回歩かんと文章話せねぇのか、別に男だって良いと思うが、なんならミステリーレディーにしろと ハァハァ

>>317
D 落ちたのかYO 開けたのかYO 忘れたのかYO 個人的につまらんわぃってキツイようだが作品作りの基本でも逝っておく
これは幾つのも文章のパーツがあって並べただけだ、野球の打線のような役割が全くない。もぅなんでもありな雰囲気がしてならない
「暖かいね」と唐突に1つの結果が現れるが なんでだ?繋がりはなんなんだ?もぅ最初から「あなたの叫び」とあるがこれで質を落としてる
2〜4行なんて完全に「ご自由にお書き下さい」状態じゃないか、やる気あんの?悪いがさ、こんなん誰でも無制限に作れるんだよ 半分詩ね

>>326
E+ てめぇGLOBEの「Many Classic Moments」と歌詞微妙に似てんじゃねーか!!砂の城=流れるなんて彼方此方でありきたりすぎんぞコラ!!
偽者ニダと勝手に話し進めんな、お城〜砂のお城〜♪試しに検索したら似たような詩がバンバンヒットする〜 オリジナルティ低すぎ〜 詩ね

>>333
D- ざけんなボケ 誰がてめーとメールやっかチビ つーか未完成なら載せんなYO 評価していいんかこれ!! ホンマ日本人は馬鹿ばかりニダ
「月の光に照らされた部屋」って昔からあるぞ?君は一人じゃない って知った事かYO 言っちゃ悪いがあんたセンス低いわ、構わんぞ詩ね

>>334
D 意味ないのかYO って最初からこれかぃ、発生した説明義務を放棄している感じやな。つーか2段落目だがよくわかんね…。マジで。
何処へ向かうのって「普通に相手聞けばいいだろが!!」と激しく思うのはウリだけか?意味ないとか言っておいて目的は身投げか、矛盾してね?
なんかこれ激しくつまんな〜い 印象に残った表現法も全然なく正直飽きるんだけど〜 これ面白い言う香具師には悪いが4人連続で詩ね

442 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/20 21:48 ID:kKHqe5Ot
>>339
D+ まぁ2連目はそんな感じがする罠、わかるわかる。飲みこんでしまいたい過去ってあるニダねぇ、つーかあんまこの表現が生きてねぇな
告白なんてすればって感じだがなんな切羽詰ってるなこいつ。メッセージなんて相手はどぅ思ってるニダのかねぇ、振られたら終わりまつね
バラバラ=お別れって意味が解からなくてこの世界に入りこめないと言っておくか、普通に。バラバラ言うけどそんなんそっちの勝手ちゃうの?
「時は過ぎゆく」ってなにがあんねん。I love youニダって対した英語力じゃないニダねぇ、チョパーリは世界的に英語力低いニダね、微妙に努力賞

>>347
D+ あーアンタの場合無条件でランク下がるんでその辺宜しく。つーかこれは日本で普通に使用されてる日本語ニダか?なんか変な文字ニダね
日本語学校でこんなん習わなかったけどなぁ〜 まぁ「あたま わるし」ってのは理解できる、安心しろ。 ぼーくらはみんなー 生ーきている〜

>>350
D- ゲーテかYO つーかなんだそれは、お菓子の家のやつか。。 「ゲーテは昨日の確信を破壊した」ってチミがそーゆぅ結論を出しただけで
別にゲールが破壊した訳じゃねーだろーが。眠ったって表現もそのゲーリーが自分から寝たわけちゃうし。そんなん個人の勝手だし自由やろ
5年目10年目と結末出してるが「ゲーラー」と関係あるんか?別に他の外人のやつじゃアカンのか?タンにこの主人公がヘタレだけちゃうの?
そんなん読まんでも結末は一緒ちゃうの?んん?ゲークの事理解したつもり?そのゲミラスの詩集に頼らんで自分の力で作品作れヘタレ 詩ね

>>360
D をいをいヤバイって流れて堕ちたら大気圏で燃え尽きて消えちまうYO 願いを聞くもなにも空気摩擦の轟音で聞こえないYO (あーうるせ
ウリが死んだら強力なウィルスになって人間殺さない程度に感染して自由に暮らすニダ♪って夢も糞もねーな、つまらんわ自分で詩ね …。居`

復活 

さいならさいなら

443 ::03/12/20 21:51 ID:bIDC4u6y
>>439
一元を説こうとするに、この二限の直喩はあまりに数が多く、そして生と死、あまりに詩作に対する努力が見受けられない。観と言う言葉は観て観られると言うを秘めている。
私達はこの観の境にすべてを分け合う努力をすべきである。よってこの詩は詩にあらず、詩というより手記である。我の説明で終始しているので、詩と呼ぶには浅すぎる。D

444 ::03/12/20 21:55 ID:bIDC4u6y
>>443

脱字 言う〜意味を秘めている。

445 :パンダハト:03/12/20 22:25 ID:3XxrOc+s
「近所」
朝食を食べて本を読んでいたら
隣の家のピアノの音が聞こえてくる
お譲ちゃん 弾くのはいいけど
最後まで全部弾こうよ
何の曲か知らないけど
いつも途中までだから気になっちゃうよ

昼食を食べて音楽を聴いてたら
真向かいの家の車の音が聞こえる
お兄さん エンジンかけるのはいいけど
音がでかすぎる
車を改造するのに
幾らつぎ込んだか気になっちゃうよ

夕食を食べてテレビを見てたら
斜向かいのペットの声が聞こえてくる
ワンちゃん 吠えるのはいいけど
いつまでも吠えないでよ
物騒な世の中だから
怪しい人がいるのか気になっちゃうよ

寝ようと思って布団の中に入ったけど
暴走族が近所を通るから うるさくて眠れないよ

446 :名前はいらない:03/12/20 22:40 ID:QT6908X1
test

447 :名前はいらない:03/12/20 22:51 ID:U/2VHmy7
>>404-405
詩自体の評じゃないんですが、実際に上手に物を持つロボットの手というのは存在します。
どういう仕組みかは詳しくは知らないんですが、握る対象と手の感覚と力の入れ具合の
関係がうまくいってこそ、物は壊れずに持つ事ができると私は思います。
卵相手だとどのくらい、豆腐だとどのくらいといちいち指示していたのでは、応用がききません。
フィードバックのシステムがうまくいけばいいのだと思います。
もちろん、眼で見た判断、これは豆腐だから壊さないように注意しようというあらかじめの
心構えは人間ならするでしょう。

448 :パンダハト:03/12/20 22:52 ID:3XxrOc+s
「乗り物酔い」
とうとうこの日がやって来た
みんな揃って遠足
楽しみにはしていたけど
俺は乗り物酔いしてしまうのさ

窓を開けて 袋確認して
とりあえずこれで一安心

友達と話をして気分を紛らわそうとしても
バスに乗ってることを忘れられるわけない

食べたり飲んだりなんて絶対無理
そんなことしたら死んじゃうよ

手術して治せるなら 治したい
これじゃまるで不治の病だね

ヤバイ ちょっと酔って来た
どうしよう 耐えられるかな
ゴメン やっぱり駄目みたい
もう ギブアップ寸前 とその時

どうやら目的地に着いたようだ
ギリギリセーフで間に合った
外に下りても まだ気持ち悪い
だけど今日は 楽しい遠足
思いっきり楽しもう

帰りも地獄を味わうのか・・・


449 :江間那:03/12/20 23:05 ID:r8/UyKyh
破れた足音 狂ったメロディー 
階段を上る 飛べばいい 
新しい世界が口をあけている 

怒りにゆだね 壊してしまった
罪にうたれ穴だらけの弱虫
全てが具現化するのはいつだ
おびえている すがりたい

電話をかける つながっていた
色を与えてくれる ただそれだけ
耐えられない さよなら旧世界



450 :名前はいらない:03/12/20 23:11 ID:bIDC4u6y
>>445
>>448
パンダハト

日記みたいだな。
で、いったい君はなにを表現しようとしているのだ?
君の知っている事実を書き続けている、君の姿を想像しろとでも?

直喩 暗喩 もっと勉強してください。

451 :名前はいらない:03/12/20 23:18 ID:U/2VHmy7
>>439

読んだら書き手の生命観が伝わるところは高評価だけれど、なぜサクラかなと思いました。
それが書き手の感覚の象徴としてあるんでしょうね。詩としての評価ではないですが。
私の生命観とはクロスしませんが。というとまた違うか。
散り行くにポイントがあるようだからやっぱりクロスしないのかな。
サクラ=散る という固定イメージも疑ってみたら面白そう。

452 :そばにいてほしい:03/12/20 23:21 ID:GiF826yi
そばにいてほしい その一言が どうして君を困らせるのか
分からないまま 夜を過ごした 朝もやに煙る窓

二人で歩いた道 磁石みたいに逢わされた気持ち
ふと空を見上げれば 何故か星一つない夜だった
アスファルトに耳をあてると 近付いてくる足音だけで分かるのさ
留守電に溜めた伝言は 届いているのかな?

信じてるよと 何度も叫ぶ そんな僕が信じられずに
消えてしまいそうな 君の背中を 永遠の影が突き刺す

今朝も君の夢をみた 今日は一日一緒に居よう
だけど手は繋がないさ 触れると壊れてしまいそうだから
他の誰かに笑いかける そんな横顔が堪らなく魅力的なのさ
出逢った日に決めた約束は 忘れているのかな?

そばにいてほしい その一言が どうして君を困らせるのか
分からないまま 夜を過ごした 朝もやに煙る窓

信じてるよと 何度も叫ぶ そんな僕が信じられずに
消えてしまいそうな 君の背中を 永遠の影が突き刺す

そばにいてほしい その一言が どうして君を困らせるのか
分からないまま 夜を過ごした 朝もやに煙る窓


453 :447,451:03/12/20 23:52 ID:U/2VHmy7
>>447
可能ならば心理学的に読み替えてください。

>>451
サクラと言えば社会学ですか。

454 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 00:18 ID:N40+OmCG
>>453
あなたの思想は美しい。
しかし、あなた宛の評文に対して、そんな突っぱねてしまうような姿勢では、
あなたの美が薄れてしまう。評に意見があるのは否定出来ない事実であろう。でもあなたのこの返レスは、大切な何かを欠いている。その何かを強く探求してほしい。

455 :447,451:03/12/21 00:38 ID:4cFOSYE6
>>454

もちろん453の後もっと語らなければならないことがあるとしたら、それは私個人の
文章として、あるいは作品として書かなければならないでしょう。

456 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 00:41 ID:N40+OmCG
>>455
はい、了解しました。(*^_^*)

457 :447,451:03/12/21 00:49 ID:4cFOSYE6
うわ、了解されても〜たぁ〜あああああああ!
北さんって記憶力すごいから、言った通りにできてないとボッコボコにされるんだよ。
こちとら創作は思いつきと水面下のそのまた地の底に埋め込んだ創作意図と悪い頭で
なんとかうんうんやってんだから、少しくらい言い訳は認めてね。
なんてもんが通用しないのは分かってるんですが、美の基準ってそんなに確固たるものかと。
おまいらミニマルアートも見ろと。アウトサイダーアートもいい作品もあれば駄作もあるぜと。
コンセプチュアルな作品も、何も分からん人から見ればはぁ?ってなもんで。
うわぁ自分で言ってて自分に刺さるぅううううううう!

458 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 00:59 ID:N40+OmCG
>>457

あっ、忘れました(*^_^*)

459 :伝説のあぼーん ◆AEROhyPKUU :03/12/21 01:16 ID:1MRN48Cr
「定義」

犬がいた それを見た瞬間犬と分った
今まで犬と呼ばれてきた形と同じだったからだ
でも もしかしたら猫かもしれない
大きくて少し形の違う猫かもしれない
でも 犬だと思った

人がいた それを見た瞬間人と分った
今まで人と呼ばれてきた形と同じだったからだ
でも もしかしたら違うかもしれない
はっきりとした基準なんてないんだ

俺は本当に人なのか?

460 ::03/12/21 01:36 ID:N40+OmCG
>>459

いいねぇ。
うんいいよ。
ちょっと返詩を。
名もない君を、僕と呼ぶことは、まるで降りしきる雪の幻想に佇むようだ。

僕の意見だけど、-基準-という言葉をもっと目眩を催すような表現にしてほしい。
偉そうだがあなたの成長に、B+

461 :電鉄のあほーん:03/12/21 02:27 ID:Jnvhvsrp
北さんに「成長」という言葉を使われると引っかかるのは自分だけなのだろうか。
目眩ね……「めくるめく」って言葉が好きな人もいましたねそういえば。
しっかし北さんに目眩を起こさせるのは相当の難度で……。
だって最初から本人がめくるめく目眩なんだもの。
弱点といえば詩とは関係ないところしか浮かばないし。
自分は目眩というよりも「ゆさゆさぽん」ってな感じですわ。

462 ::03/12/21 02:47 ID:N40+OmCG
ゆさゆさぽん


ノックアウトされました。

ゆさゆさぽんで、あはっ〜っ、
ゆさゆさぽん♪
ゆさゆさ、

ぽんっ♪♪

ぽんっ♪

ゆさゆさぽん♪

463 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 03:36 ID:N40+OmCG


暖房を消した。
部屋は静まりかえった。
すきま風が輪郭を奪いにきた。
外は猛烈な吹雪だった。
街はコートの襟を立てた。
部屋は冷たかった。
指先は切るように泣いた。
街は猛烈な吹雪だった。


明かりを消した。そして二人は銀世界に浮かびあがり、
すきま風は輪郭を奪い去っていった。

464 :名前はいらない:03/12/21 03:37 ID:DRN5HrFL
サクラの匂いが取れない君の骸骨を抱きしめる僕
そして、時計と緑色の枝毛が明るく見え始め 
僕はインクの切れたペンを走らせる
それは第三惑星より日常の神話のヴィーナスへ宛てたラブレター

広く深い水溜りを渡る
全ては情熱の太陽に会う為に
あって無い様な闇を進んで行く
たとえそこにオリンポスの山があっても

僕の前にいるのは先ほどの通り情熱の太陽!
あやふやな20億光年の孤独をひとっとび
一人っ子のロケットは
地方の花束をかかえて……

さぁ早く          
今の燃料が燃え尽きぬ前に!
さぁ早く
今の想いがそっぽを向かぬ間に!

さぁ花束が枯れぬまに!


465 ::03/12/21 03:55 ID:N40+OmCG
キムチに捧ぐ
-アンニョハセヨ-

奴で腹を下してはいけない。
赤すぎる唐辛子は、大地の記憶を吸いすぎている。
奴で腹を下してはもともこもない。

いただきます。
よく噛んで食べなくては。
風邪にはキムチが良いらしい。
なんでも身体に効くらしい。
奴で腹を下してはいけない。

肛門に悪すぎる。


466 :名前はいらない:03/12/21 05:31 ID:PIa47v8P

私というものは 僅かな不幸のみを
生きる糧としているような一瞬の
紅く閃く倒錯した景色のなかに存在している

世の中で勧善懲悪が正確に作動する以上は
私自身は常に不幸でありたいと思っている
なぜならば 求めること即ち悪行である
私が身の置き場を間違えないことは
善行だというほかにない
多大なる負債と損傷
運命機関による修正は迅速かつ厳粛に
私自身は常に不幸でありたいと思うほか無い
幸福というものは万人が求める割に
大変に扱い辛い劇薬である
それ故に不幸は大変に扱いやすい劇薬である
貯蔵庫に錠をかければ漏れ出ることはなく
円錐形の硝子瓶
抽出された純度の高い結晶体
慈しむ 欲情 過ぎ去れば 後悔
次ぐ 後悔 
涙 伝う頬 理不尽 
理不尽



467 :パンダハト:03/12/21 12:59 ID:bKKCjD26
「誕生」
僕が生まれたことなんて 宇宙の歴史の小さな出来事
今ここに僕がいなくても 世界の未来は変わらないでしょう
生きる理由なんて誰も答えられないけど
理由もなく生きるのは つまらないから
大きな迷路の入り口に 立たされる 
ここまでは どんな人も同じだけど
そこから色んなものを見つけ出して 出口を求めて歩き続ける 
何十年後に僕が死んでも 宇宙の歴史の小さな出来事
もし一人でも泣いてくれる人がいてくれるのなら
僕の過去は 大きな遺産になるでしょう


468 :30:03/12/21 13:41 ID:1iIHAvBW
>>447
実際にロボット(AI)の分野での発展が凄まじく、「卵を握れるロボット」が
技術的に存在するであろうことは想像に難くありませんし、火星探索のために
創られた「クリーチャー」というロボットは、人間の「手」と全く遜色ないような
働きをするものだと聞いています。
また、そうしたロボット開発と平衡する形で、近年、>>453様が示唆して下さって
いるように、人間の「こころ」の概念の組換えが、心理学ならびに哲学の分野で
ひとつの潮流となりつつあります<意味が分かるでしょうか。
卵もりんごも豆腐も握れるロボット、卵とくるみの概念区別ができるロボット、
Fという文字の概念を自分自身で作り出したロボット(AI)・・・などが、すでに
アメリカで90年代終わりに開発されています。
あなたが仰っている「一つ一つ指示をして・・・」というシステムは、
エキスパートシステムと呼ばれるAIに顕著ですが、そちらのシステムでは、
物を人間のように上手に握るのは、たいへんに難しいと言われていますね。
「クリーチャー」は、それとは全く別のシステムで作動するロボットで、
あなたが仰っている「フィードバックのシステム」に近いものかもしれません。

で、これが重要なことなのですが、「そのようなロボットが既にある」ことを
私は知っていますが、その事実は別に、>>404-405の詩において使用した
「卵を絶妙な加減で握る」というメタファーが無効になることは意味しません。
>>447様の指摘は、私の「詩」に対して、「そのメタファーの使用はおかしい」という
意味でのご指摘でしょうか。
それとも、「この事実を知らないの?」という意味での指摘でしょうか。
ご指摘はありがたいのですが、何のための指摘なのか、説明不足に感じました。
それから、>>453(様)は、私(>>404-405の作者)ではありません。悪しからず。

469 :抑揚:03/12/21 14:18 ID:0aN/yekE
>>468
藻前の詩にしろ文章にしろクドクドとナゲーヨ!!チネ!チネ!!

470 :名前はいらない:03/12/21 14:26 ID:yBAczeO8
土に埋まった友の 目と耳を
泥だらけの足でふさぎ

溺れている仲間の 口と鼻を
黒ずんだ唾液で覆え

もはや過去のこと

471 :抑揚:03/12/21 14:37 ID:0aN/yekE
>>421
E;泣け、喚け、叫べ!!リズムって題名つけるくらいなら、
少しは言葉のリズムとか意識したらぁーウンコクサイ。

>>422
E;まだ、日本語で文章書くには早いよキミ。
日本語の授業をマジメに受けなさい。半島にカエレ。

>>452
E;変な言葉使いが特に意味も無いとこに出現、
読み難いー大しておもしろくなーい。一生ヤッテロ。

472 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/21 15:25 ID:892pICdh
北の復活&漢字2文字の献身的貢献でウリ暫く遊べるな、この機会を利用して沈んでるスレッドageまくってやる

>>465
E+それはてめーが親から貰った身体がヘボなだけだろ、キムチテーマにした理由はなんやねチビ 氏ね

>>468
今回も長っ!!もぅ毎回の恒例行事だから歓迎するニダ なんだか向上精神旺盛だなチョパーリ ウェーハッハッハ
しっかしここじゃなんだか勿体ねぇわ。無料なら「歌まっぷ」有料掲示板でよければ「さくしどっとこむ」
を推奨してみるがこーゆぅトコとマルチするのは悪い事じゃないぞ。公表する事も権利だから利用しまくれ
歌マップで有料の3000円でプロが作品鑑定してくれる企画があるが。まぁそこまではいかんか。。

>>469
るせーぞ ボケ てめぇ評価すんの下手杉ダーヨ!!チネ!チネ!!

473 :464:03/12/21 15:33 ID:DRN5HrFL
>463,465
E 不戦も為しに唐突に物事が出てる
二人ってだれだ?何で肛門なんだ?

>464
自分のをどうやって評価しろってんですか 誰か評価plz

>466
? 俺の頭では結局何が言いたかったのか解らなかった(;´д`)

>467
E++ この「僕」が妙に悟っている存在なのが気になった
生きているものがそんなに冷静になれるわけがない


474 :422:03/12/21 15:40 ID:d16t1wnm
>>471 
評価ありがとう。詩と認められていないんじゃないかと、心配していたよ。
半島人じゃないけど、島流しに遭う前に勉強しなおしまつ。

>>ALL
名無しも全て自分の知っている人だとは思わないでね。

475 :抑揚:03/12/21 16:18 ID:0aN/yekE
>>474
感心なキミに返詩だ

-----
「無知な詰問者」

歳重ね
変わり経た身に 訊ねられ
答うべく 浮ばずも
何を期待する 目に怯え
ままよまま 口を吐く

476 :抑揚:03/12/21 16:26 ID:0aN/yekE
>>412 >>420 >>425 >>440 >>449 >>462 >>464 >>470

477 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 18:41 ID:N40+OmCG
>>473
評価ありがとう。質問にひとつだけ応じます。なぜ肛門なのか?キムチのような刺激物を食べて、腹を下すと、肛門に悪いんですよ。まじで。ここでのキムチとは、あんだぁばぁ君のことです。
あと二人については、説明するのは面倒なんで、またそのうち。

478 :名前はいらない:03/12/21 19:20 ID:7Ses4SZr
『遺体』



この世への未練がましい魂を欲する今日此の頃

放れていく身体を魂埜まれ今日此の頃

さあ私は箱ばれる異も無く

ただ此処へ沈んでいる今日此の頃

未練がましい魂 還してください

沈んでく殻だ 直してください

さあ私は箱ばれる異も無く

今日此の頃よ

479 :名前はいらない:03/12/21 20:51 ID:DoQKpxKh
誰かの家族を暖めたストーブがある
だけど今はもう使えない
だけど今はもう火がつかない
あっ 誰かが来た 誰かが来たよ
こっちを見てるいるよ こっちに歩いてくるよ
僕を持ち上げる二つの手 僕を運んだ二つの手
もう一度誰かを暖められる もう一度誰かを暖められるんだ
僕に火をつける二つの手 僕の大好きな二つの手
だけど今はもう使えない
だけど今はもう火がつかない
誰かが使ったストーブがある
今はもう使えない
今はもう火がつかない



480 :抑揚:03/12/21 21:11 ID:0aN/yekE
>>412
D;勢いだけー。その勢いも「上流人の金持ちになった気分」の部分で
途切れてしまい、消化不良。ま、稚魚レベル。

>>420
C;3連目の一行目「夢と〜」はおもしろい。いいよ。
1-2連目はあからさま過ぎて、嫌な感じがする。カンパチレベル。

>>425
D;難しい言葉を使って自滅してます。日本語おかしいよ。
雰囲気はよいんでない。言いたいこともあるみたいだし。稚魚。


>>449
D;で、なによ。オナニー野郎。稚魚。

>>462
E;キミ、稀にしかまともなこと言わないね。雑魚。

>>464
C;面白い文体だけど、その文体を自分のものにできてない。
強力な武器を持ってるけど扱えてないって感じ。カンパチ。

>>470
C;微妙。中途半端で終わってる感じ。言葉のセンスが悪い。
感性は良いほうだ。まぁなんにしろ微妙。カンパチ。
----
未評価 >>440 >>478 >>479

481 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 21:12 ID:N40+OmCG
つとめ


妻はたまに止めてしまう。

洗濯物も、食べ残しも、
散らけ放し。

玄関の扉は、
開け放し。

三面鏡は黙ったまま、乱れた姿を曝すも、

それが嫁入り道具だということは、
今に判ったことでもない。



482 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 21:17 ID:N40+OmCG

なんか殺伐としてきたな。

退散だ!

どろん!

483 :××××××:03/12/21 21:36 ID:7cShHsAq
未評価・・・・・・・それって酷くない?
最悪だし

484 :名前はいらない:03/12/21 21:40 ID:FKrvTQ+r
サミシイって何だろうね

私がふと零した問いかけに
君は2人が離れてしまうこと、といった

そして私に反応させる暇も与えず君は茶化した

・・・私も少し笑ってそうだね、と言った

485 :抑揚:03/12/21 22:27 ID:0aN/yekE
>>483
いまだ 0 【▽未だ】

(副)
(1)(下に打ち消しの語を伴って)今になってもまだ。まだ。

486 :ふに:03/12/21 22:46 ID:6Q2cbx9z
こわいこわい

人間はどうして虫さんを怖がるの?
それはね、何を考えてるかわからないから

人間はどうして真っ暗をいやがるの?
それはね、回りに何があるか分からなくなるから

人間はどうして幽霊を怖がるの?
それはね、彼らにはその正体が分からないから

死ぬのが怖がるは何故?
それはね、こっちの世界に何が待ってるか、人間は分からないでしょ?

487 :ふに:03/12/21 22:50 ID:6Q2cbx9z
ああ〜日本語おかしいし・・まったくもう・・。

488 :眠らせてください:03/12/21 22:53 ID:D3W4zO4z
眠らせてください お願い 引き裂かれる程 真夜中の波に溺れてしまう この想い
人ゴミに流されて ひとしきり声を上げて 誰を探してたかも 覚えてない どうでもいい
逃げる事さえ楽しくて(臆病者なの?できなきゃだめなの?)
月が目をこする前に 早く 早くいかなきゃ

眠らせてください お願い 引き裂かれる程 真夜中の波に溺れてしまう
眠らせてください 見えない 深い海の底で いつまでもずっと叫んでいた この想い

携帯を握りしめ 指先で繰り返す ひとりじゃ居られなくて 食べたくない 店に座る
始発を待つ抜け殻が(何を探すの?ホントにできるの?)
何もかもなくす前に 誰か 誰か助けて

眠らせてください お願い 近づいてく程 遠ざかる影が途切れてしまう
眠らせてください 終わらない 暗い闇の果てを いつまでもずっと彷徨うだけ この迷い

眠らせてくれない 醒めない いつまでも続く キミのことさえ 忘れてしまう

眠らせてください お願い 引き裂かれる程 真夜中の波に溺れてしまう
眠らせてください 見えない 深い海の底で いつまでもずっと叫んでいた この想い

489 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/21 22:54 ID:892pICdh

  ======  美しき評価者一覧表 ======

                 1.俺様

 才能溢れる誇れる男 他スレの住民に嫌われ追放されかけるなど迫害を受ける
定期的にニダ、キムチ野郎と謂れのない差別を受けるも持ち前のメンタル力で復帰
初代スレ途中から参加し作品を貶しまくる結果的に前スレからE&D評価が只管続く
個人的に気に入った作品は知り合いにメールで送り付ける酷い奴、高評価認定書も作る

参考資料 >>283


                2. 北 ◆tr.t4dJfuU

    評価者としては珍しく自作の作品を何度となく投稿する不思議な香具師
  この板の全体的に人気がありそれを裏付けるかのようにB評価を連発する評価者
 極度の愛国主義者で自分以外の民族を当たり前の様に「キムチキムチ」と迫害する
 このスレの評価者の中で1番高い確率で投稿作品にA評価を付ける心優しい香具師

参考資料 >>124 >>190 >>233 >>382


          3.名無し&固定

時々参加してくる暇な香具師。このスレッドに限り可也貴重な存在


             4.抑揚

雑魚。 口が極端に悪く、このスレッドの参加者を困らせる人

490 :名前はいらない:03/12/21 23:06 ID:ORvCmw/q
http://www.geocities.jp/t1973tagashira/index.htm
これ見てくれ。
ちなみに、インフォシークの住民のようだ。
インフォシークでのIDはyngwei(綴り間違ってる)
しかも、へヴィーメタルとジャズが好きとプロフィールに書いておきながら
人前ではあんなの音楽じゃないとのたまわってるそうな。
そんな馬鹿のセンスを評価してやれ。


491 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/21 23:25 ID:ekmaqCco
>>440 D
薄皮がペロンとむけて躍動していないような作品
それが狙いだとしたら悪いが
結局は、何が言いたいのかよくわからない
あと書いてみて2,3回は読み直したのか疑問

>>478 E
とにかくよみにくい
評価してもらう気があるのかないのか
>魂埜まれ
コレ、ナンテ読むの・・・?

>>479 D
♪おじいさんの〜とけい〜
をA評価とするとこのくらい
>だけど今はもう使えない
>だけど今はもう火がつかない
このくらいの短さでこういうのを連発されると逆にさめる

492 :パンダハト:03/12/21 23:33 ID:bKKCjD26
「子供の頃」
年を取る度に忘れてしまう 子供の頃の自分
何処に置き忘れたのか 探す旅をする
クリスマスの夜に プレゼントを運んで来る
サンタクロースを信じていた あの気持ちを思い出す

過去に戻ることが出来ない 未来に行くことも出来ない
今しかない時間の中で 取り戻してみる
寒い朝 吐いた息が白く見えると
タバコを吸う真似して大人ぶってた あの気持ちを思い出す

変わり続ける雲の形と 変わり続ける自分だけど
何処に置き忘れたのか 探す旅をする
学校の自分の机に 絵を落書きして
友達に自慢してた あの気持ちを思い出す

一瞬なんて短いけど その一瞬は永遠に来ない
今しかない時間の中で 取り戻してみる
逆上がり出来なくて 公園の鉄棒で練習して
初めて成功した あの気持ちを思い出す

子供の頃の気持ち もっと思い出してみよう

493 :30:03/12/21 23:47 ID:yfu0tADR
>>472=アンダーバー様
ありがとうございます。2ch以外の作詩サイトも利用してみようかと思いました。
毎度の長文&長い詩にも関らず、お相手してくださって、感謝しています。

>>469=抑揚様
長すぎて鬱陶しい思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。
>>498はともかく、なかなか短くて簡潔な詩を書けなくて・・・
努力していきます。アドバイス、どうもありがとうございます。

ところでお二方に、詩の方の評価も、よろしかったらお願いしたいです。
(>>404-405>>354-355)

494 :名前はいらない:03/12/21 23:55 ID:4E/d5Us0
http://cheser25.hp.infoseek.co.jp/

495 :名前はいらない:03/12/22 00:08 ID:C+Bk/1+X
なぁ

足音が聞こえました
あなたの音です
下駄箱の右横にあった音です

匂いがします
夏の終わりの匂い
ヒマワリが満開の笑顔の使命を終えて
土の中で休んでいる匂い
ぼくの二つ前の匂いです

なぁ
いつかは二人で3つのシアワセ並べられるかな
Something three

496 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/22 00:19 ID:zLFCbK56
>>493
別にいーけど長いんだよねぇ、まぁ今度暇な時でええならやってやる。つーか今は無理 もう寝るぽ 
お二方のご指名なんで俺様は>>354-355担当で もう片方の>>404-405は漢字2文字のアホが担当(決定)するんで期待しないで待って汁!!

497 :抑揚:03/12/22 00:28 ID:PeJYnK5S
>>489
オチに使うんなら、なんでもいいから笑いの一つでも取れよ。

>>493
その詩に魅力があれば誰かが評価済みでも評価するよ。
---------

「冬到来」

北の大地に
しんしんと雪が降る
ぼやけた太陽にまっすぐ伸びた下線
快楽と戯れる童たちが
白い大地にてんてんと
モノクロのコントラストを描く
三十路を歩き
抑揚の無い毎日を送る僕には
うらめしい光景だった
ああ なぜ
一人では泥だらけにもなれないのだ

498 :抑揚:03/12/22 00:29 ID:PeJYnK5S
>>496
了解、酷評するから30が泣いたらアンダーバーが責任取れよ。

499 :抑揚:03/12/22 00:33 ID:PeJYnK5S
>>498
なんだこの恥ずかしいセリフ。自分でキャッってなったわ。

500 :抑揚:03/12/22 00:33 ID:PeJYnK5S
イェィ500get

501 :名前はいらない:03/12/22 01:04 ID:pdV3PbaN
「プラネタリウム」
幼き日に夢を馳せた あの星あの宇宙
夢を空に乗せて 来る日も来る日も 星空を見てました

でも私は 悪夢から身を守る為に 汚れた知識とちっぽけなプライドで
造られた 堅い堅い鎧を纏うやうになりました
鎧が重いという事と 明日を生きる糧を得る為に 大地ばかり見るやうになってました

地に落ちた餌を啄むようになりました
餌に夢中の私の足元をすくおうと様子を伺っている者
太い木も切り倒すほどの大ナタを振るう者や
心に刃を突き刺す者から 身を守る為に
私は硬くて重い鎧を 纏うやうになりました

有る時私は 星空が見えなくなっている自分に気が付きました

足元を救われる事を畏怖してばかりいて いつしか上を向いて歩けなくなっていたのです
来る日も来る日も 父親に叩かれた夢や まだ幼かった私に覆い被さって来た息の臭い親父の夢を
見続けていたのです

私にはそいつらから身を守る為に 堅い堅い鎧を着て 身を守る術しかなかったのです

だからそんな生き方をしていた私に 星空は微笑んでくれなくなっていた

優しかった母が唯一私に買ってくれた あの小さい部屋でいっぱいに映った星達
小汚い部屋で 精一杯に輝いたあの星達は 父親に叩かれて泣いていた私にいつも
微笑んでくれていた

こんな私でもいつか
重い重い鎧を脱ぎ捨て 裸で生きて行ける強さを身に付け
本当の自分に戻って 悪夢に打ち勝って生きて行けたら
また私にあの星達は微笑んでくれるでしょうか・・・

502 :名前はいらない:03/12/22 01:25 ID:J5CkWhKG
疑問を疑問のままにしておくのは勿体無い
先人達の言葉に感化され
僕は蜜柑を蜜柑のままにしておくのは
勿体無いと考えた

すると蜜柑は宇宙であり、真理であり
大いなる父であり、慈しむべき母であり
翌朝にとけた雪だるまであり
レジで一枚たりない小銭であり
僕である事に気付いた

大発見に歓喜の涙を流しつつ
僕は蜜柑を一口ほうばった
しかしそれは普段と変わらぬ酸っぱい味だった

503 :名前はいらない:03/12/22 01:46 ID:aLjjR8jf
自信に満ち溢れた TVのスターしか
君は愛せないというのなら
僕はあくまでも 貫き通さないとなあ

まだ誰も知らない 僕の裏側へ
月の裏側だって もう誰か見ただろう?
信じることもたやすい 飾られたセンスのない
壁のポスター
君はキスして 冷めた笑顔で こっちを向いた

暗い社会に 飛び込む勇気を
君は持ってないというなら
押してあげましょうか 余計なお世話ですか

腐りかけた 水をこぼしても
拭く人はいない ただ撒き散らすだけ
そんな街のポスターは 君の部屋にあった
僕は見つめて 冷めた笑顔で スターを哀れんだ

積んだ積み木が崩れても ビルが壊れるとじゃあ
だいぶ違ってくるから
君はあくまでも 僕を愛して

そして 二人で あすをまたごう








504 :◆tr.t4dJfuU :03/12/22 02:16 ID:ProVM1uK
泣く

P1
赤ん坊は生まれてすぐに泣いた。
なぜだかわからないけど、泣いた。

赤ちゃんはおっぱいの味ゆえに泣いた。自分のおしっこ故に泣いた。

幼稚園で、バナナに泣いた。家に帰れば食べられるのに、となりの子供のバナナゆえに泣いた。




505 :◆tr.t4dJfuU :03/12/22 02:19 ID:ProVM1uK
P2
小学校でテストの点数に泣いた。
友達に負けて、
ただその悔しさ故に泣いた。

中学校で、アソコの話をよくした。いつでも勃起していた。異性に対して混乱した。乳首のコリコリの痛み故に泣いた。



506 :◆tr.t4dJfuU :03/12/22 02:22 ID:ProVM1uK
P3
成人、社会には足場がない。ふんばることが出来ない。
空回りを続けた。
けれどかんたんに泣いてはいけないと教えられた。

それから10年、なんな疲れた29歳。

今、テレビを観ている。
ブラウン管の向こう、子供達の笑顔に、
僕はボロボロ泣いた。

一瞬、真っ白になってすべての言葉を忘れた。


赤ん坊は生まれてすぐに泣いた。

なぜ泣くのか意味はわからないけど、
泣けなかった赤ん坊より、
ずっとしあわせだった。

507 ::03/12/22 02:42 ID:t9UFcl/Y
「ひずみ」

たった一つの事に付け込む鬼は
僕を軋ませた

歪を起こした脳内は、今も・・・
荒れ果てています

無への寄託
歪んだ意識は
答えを無くしてしまったのです

キエロ!!
と叫べば、何も解決しなかった
まるで自分の道は絶たれた

今から何処を進めばいいのだろうか?

鬼の住む場所へ行こう
深い深い闇に落ちていこう・・・




508 :名前はいらない:03/12/22 08:28 ID:aLjjR8jf
今日のことを伝えるニュースじゃ
明日のことはわからないから
みんなの幸せを願う サンタのように
僕にはなれないんだよ

君の死を誰もが悲しむことができて
僕の死を誰かに悲しんでもらいたい

そう願い 朝焼けを待ち 
ろくでもない 剣を振りかざす


509 :30:03/12/22 09:39 ID:q+LCEobY
>>496=アンダーバー様、 >>498=抑揚様
な、長くて本当に申し訳ありません〜・・・。
短い詩を作れるようにチャレンジしていきたいと思います(>_<
もちろん、評価は、お二人がお暇なときで構わないです。気長に待ちます、、、
酷評されて泣いちゃう。。。かも?!

510 :名前はいらない:03/12/22 10:25 ID:aLjjR8jf
飴をとかして固めても
また同じ形になるわけないから
そんな得がたい朗報を
信じないのが唯一僕
正義と悪を集めても
まぎれないのが唯一僕
まさに これが 希望なら
そんなもんは 吐いてしまえ

どこに行くのか 知らないけど
僕はついていくよ できれば先を
進んで歩くよ 色のない君の足跡
もう死ぬか生きるか選べと 別にいわれも
命なんかくれてやる これで 君は喜ぶかな
一度も見せない笑顔を僕だけに許してよ
幾年も 空を仰ぐばかり
手をつないで 価値の小詩を ともに歌おう

511 :447,453:03/12/22 12:53 ID:59CSXCpA
447,453です。>>404-405はたまごを握ったら壊しちゃったということなので、心理学的に
もっとこうしたらたまごを壊さずに握れるのじゃないかと言うことのヒントとしていきなり
447を書きました。まぁロボット技術について語りたかっただけかもしれませんが。

>人間の「こころ」の概念の組換えが、心理学ならびに哲学の分野でひとつの潮流と
なりつつあります

新聞の書評でもちらっと読みました。まぁ、自分の中でのイメージとしては、447は
ケーススタディだけでは応用がきかない局面もあるんじゃないかなぁと。センサーと判断と
力を伝える腕が大事なので、そこに教育分析の意義があるんだろうなぁと。後付けの分析
ではありますがそんなようなことも思いますね。

512 :伝線のあはーん:03/12/22 13:02 ID:EvQASczT
何でもエロに結び付ける人は放っておくとして。
ぽんと出したものでゆさゆさ
ゆさゆさした結果をぽん

わ〜いわ〜い
ゆさゆさ ぽんっ♪

要するにお母さんと一緒なわけです(意味不明だ)

513 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/22 15:22 ID:PeJYnK5S
「互い太陽」

闇夜 月明かり静かに消灯し
柔き土に仰向けた

師走 頬を切る冷やし風
隣人ヌルイ息を吐き散らし

神が賜ふた赤き布
信ずる者のみ包みくる

無常に温度持たぬ赤きはやがて
包みし体温を閉じ込めん

安眠誘う 絶妙得るが為
互い太陽取り合いて育む夜

514 :名前はいらない:03/12/22 16:42 ID:EoB5LNVx
まるで休みの月曜日
悩みが無いわけじゃないけど
それでも僕は楽しいんだ

気まぐれと決意だけで良いのかな?
それでも僕は楽しいけど
今日は何処へ行こうか

何処にいるかなんて分からないけれど
別に困ってないよ

微笑みだけで生きてみたいって思ってる
良いから見てて
地面スレスレを飛んでまた舞い上がってみせるよ
だって落ちていても進んでいるし
また空が呼んでいるから

515 :名前はいらない:03/12/22 17:05 ID:kyEsM/gC
散り逝けば
赤 鮮明に 滴らせ

我 此処に在らん

最 期

たおやかに召せ



516 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :03/12/22 17:41 ID:rLNmBBsr
[スタンディング・オベーション できない]

背中に流した 髪の毛を
夏の風と共に
コンクリートに寄りかかった あの一日を
君に恋した 夜と夜明けを
僕はまだ覚えているか

目の前に
ぬるまったい ブヨブヨしたモノ
――空白が――
道に捨てられているのだ

バス停のポールに
一瞬!
ギラリ、ギラリ!

ああ、苦しい!
あれは、過ぎてゆく凄まじい光は、
あぁっ、青春、青春だ!!

おおおォォォ―――イィィ・・・・・・

517 :名前はいらない:03/12/22 17:57 ID:FAYGwN/r
醜さを隠す仮面を外したらどう?
皆初めから全て知ってるんだから
声に出して叫んでみたらどう?
誰も望んでいないだろうけど

英雄気取りは止めたらどう?
もう誰も見ていないんだから
自分の負けを認めたらどう?
もう手遅れだろうけど

犠牲が恐ろしいのは貴方でしょう?
全て人に押付けて
優しい暴言で慰めるフリはやめて
その萎れた笑顔なんか見たくない

自分勝手なのは貴方自身でしょう?
全て責任を押付けて
偉そうな事ばっかり言っていないで
貴方が犠牲になればいいじゃない
最後くらい綺麗に片付けたら?

518 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/22 18:50 ID:zLFCbK56
まぁ少し整理してやった これで抜かれてる作品はないと思われ さいなら

>>392
D+ 宇宙=無限は率直に飽きた。虚空に支配うんぬんの状況が伝わってこないのが致命的、厳密に言えば惑星だが。。
2連目は、まぁそりゃそうだ罠。3連目だか脳細胞(シナプス)はすごい勢いで死んでるぞ?つーかなんなんだこれは
なにが虚空だ、タンにこれ言いたかったんだけちゃうかと。支配されてる説明はなしか。進展しねーし知った事か半分詩ね

>>400
じゃぁ同じ考え方の香具師限定でグループ作って馴れ合って満足してりゃいいだろチビ 知るか詩ねへタレ

>>407
E- これは自爆テロリスト推奨してんのかヘタレ 言論の自由で構わんが根拠くらい出せくだらんわ 詩ねクズ

>>408
E なんて手抜きな表現なんだろぅか。。 あっ賞の受賞でランクダウンです、おめでとうございます

>>412
D+ 表現法には関心せんが、まぁ言わんとする事はわかるな。普通にもっと作品を輝かせる表現が欲しいし必要だろう
まぁ世界は広い罠、色んな経験を得ればんな事自然に考えなくなる、まだまだ若いなリズム感がないのが痛い。だめだめ

>>417
D ママンを作品テーマにするのはズルイニダ 微笑んでいたとかの見たくれの表現は正直つまらんが。まず繋がりを作れ

>>421
C「奪はれた」は新たな日本語でつか?これ歌うとリズム狂うからせめて字脚を合わせるくらいの努力はしろや。。
しかしどーして「水の底」が脈絡なしに出るのか納得いかんが、、ハァハァな詩でつね。まぁ良いんじゃねーのニダ

>>422
E 激しくキモイ 詩ねヘタレ

519 :名前はいらない:03/12/22 20:19 ID:Bit+i7U1
「少年と云う事態」
死んだ街で僕は 生まれた
家の近くは国道で 車の群れが飛びかう
ひび割れたアスファルトと平行に
排気ガスが走っている
遠くに見える煙突から
雨雲に 煙が昇っていく

死んだ街で僕は 生まれた
家の前の水溜り 
映る男の目には
一輪の赤い花が


520 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :03/12/22 22:32 ID:PEKXnDyq
[サラダ]

ドレッシングを掛けよう
赤と緑と黄色と紫
生野菜が山盛りだ

いっそ混ぜ合わせようか
まんべんないドレッシングとサラダ色
混ざってしまえば飾りなんていらない

銀ギラぎんのフォークで食べよう
めでたい今日の主役に贈る
華やかな君にはよく似合ってる

取り皿は真っ白で
何色にも合うから
取り込んで汚すこともない

いただきますは食前に
食べ終わったらごちそうさま

521 :ハルシオン:03/12/22 22:40 ID:x8RgGE0H
冷たい明かりに慣れ過ぎた
安物のあたたかさに慰められず
遠い何かを求め 探す

離れない幻のやさしさに揺れる
振り切って もっと遠くへ

夢にしたいだけの嘘と強がり
自分に与えたストーリー
誰より不器用にその手に触れる
ハルシオン 君に会うまで

耳鳴りのような思い出も
すべて忘れて抱いた
どんな傷跡も残さず

強くなれるまで匂いも声も
抱きしめて眠っているから

君と会った頃から止まったまま
子供のように駆けていた
ひたすら不器用に心に触れる
ハルシオン 君に会うまで

522 :pf:03/12/22 22:43 ID:x8RgGE0H
ハルシオン:睡眠導入剤。商品名アップジョン。
(つづり違い):カワセミ。冬至の時に波風を静める伝説の鳥。
       :春紫苑。花言葉は「追想の愛」。

523 ::03/12/22 23:31 ID:ProVM1uK
>>519
まず雨雲に煙ならば、煙は黒煙に変更することをすすめたい。

町(街)ということなんで、国道が町をはりめぐっている雰囲気も同時描写してほしかったと思う。

しかし赤い花とはなにを喩えあらわしているのだろう。説明をください。とりあえず仮C

524 :伝説のあぼーん ◆AEROhyPKUU :03/12/23 00:58 ID:x98JVt5w
「現実逃避」

授業中にかいたノートの落書きは俺の世界
椅子に縛り付けられてやることがないから外を見てる
ここは動物園みたいだ 気が狂っちまう

自分への劣等感とか社会への絶望感とか
ビルの壁一面に落書きをしたい
だれも認めてくれなくたっていい これは俺の世界
自由に生きたいだけの欲求 これは俺の世界
だれにも分らなくていい これは俺の世界

俺の世界は最高だ いつまでも居たい
全てに落書きしてやる

525 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/23 00:59 ID:qGKuQkP1
>>490
ああ、こいつ忘れてたわ。折角だから暇潰しに評価

詩集其の一  

「今を信じれぬ者達へ」
D- 一言で意味不明。「腐りきった道」だの表現が糞ウザイ。つーかこいつ何様?

「ため息」
D+ こーゆぅ二人の設定をもぅ最初から作り上げてるタイプの詩は共感したくねーが

「すれ違い」
D+ 「あなたは全てを知っている」ってどぅゆう根拠で逝ってるのかこいつに聞いてみたいね
「言葉も行き交わない」って嫌われただけだろ?完成度が低い作品、つーか未練がましくてウザイ


「まだ見ぬあなた」
E !これは完全なる駄作と認定。つーか駅&公園のホームレスでもokなんかこれは 激しくキショ

「春風」
D- まともな恋愛経験ないんか!!脳内妄想型の詩はもぅ勘弁してほしい、もぅなんでもありじゃん
しかも相手の行動まで指定してるときたもんだ。タイトルと内容は一致させてほしい気もするが


詩集其の二

「弱虫」
D+ 「愛しているよ」だとか言われたゆぅーが自分の力量だけで詩を作れんのかこいつ。。
同じような行が至る個所で見受けられあんま進展せんな、つーか相手にとっちゃいい迷惑だ罠

526 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/23 01:00 ID:qGKuQkP1
「消えないあなた」
D+ 「肩抱き寄せて」が好きな野郎だなこいつ(ゲラ まぁ相手から言わせるとって感じだが説得力低っ

「二人の全て」
D をいをいこれは連作かYO こいつボキャブラリーが可也薄いな(ゲラ あなたあなたウルセーYOヘタレ
温もりだか優しさだか知らんが、こんな一言表現なら小学生でもできる。似たような作品の連発だな

「ただあいたくて]
E また相手行動指定タイプか…つまらねぇ野郎だな。この世界観を生かせる記述がなくウザイ、あっ賞


詩集其の三

「ただいるだけで」
D- また「あなた」か進歩ねー。よくこれで載せれたもんだ。似たような作品並べてサイト経営か。楽な奴だ

「缶コーヒー」
D 別に缶コーヒーじゃなくてもいいだろ。折角タイトルにするまでなら生かせよと。あなたがどーのだか
あなたがあーだだか知らんが糞uzeeeeeeeee しっかしなんなんだこいつ、レベル高くないと断言してやる

「いま旅立つ君に」
E+ なんで旅立つね意味なく勝手に旅立たせるなよと、この時代は電話もないのか。自己中心型で糞の一言

「変身」
D ごめん、あなたあなた症候群でもぅ限界、ギブアップ まぁ言えることは1つだけある、「全部 つまんねっ」

527 :(kau-a) v110.ctktv.ne.jp:03/12/23 01:06 ID:AkHe9crB
時は師走 
お前はかまけるには足りぬ頭脳を奮い
罵倒と誤りの石段を駆け下りる
言葉とは固さや疲労で彩られるものではない
多くの涙の中の一粒だけに本物の悲劇がひそむ様に
異口同音に唱えるくだらない呪詛の中の
一言だけに本物の恐怖がひそむ様に
言葉は林の如く立ち続けるのだ
果たして師走は狂気を生むのだろうか
それとも痴者の愚行を抉るのだろうか

528 :(青空映画館にて):03/12/23 02:47 ID:yzpE/bho
有限の財布にアクビと涙を少し 周りはスクリーンを見てアクビ顔
ワイワイ 今日はよわよわ雨をしのぐ為のテントが掛かっている
ガヤガヤ チラチラと映写機が映し出すのは
ホコリを被ったラブロマンス 義務的演出の大冒険
な映写機が映し出すデジャブ。ああもう!ああもう!!

館長も飽きてしまってうたた寝。
今だ!そんなもの焼いちまえ
…残った灰はそよそよ風と出会ったその日に新婚旅行
いいね!オリジナルの漫遊旅行だ!

ワイワイ 浴びる偽善に怒りの残り火!
ガヤガヤ テント、そして雨雲まで燃やしてしまいこれがホントの青空映画館だ
誰が起こした うたた寝館長も真っ青々
フィルムを燃やしたのは誰か?誰か!
一気に興ざめ 浴びた偽善が染み渡る
俺だ、と冷たく挙手
そしたら青い空に白点ポツン

だけど最後の最後で悪あがき 浴びる偽善は味方に付くか?
そしたら白点大きくなった

もはや白点 成層圏を突き破り
薄い胸が見えそな真っ白ワンピの天使となって
安売りTシャツの俺を連れ去った 空高くに 空高くに!

いいね!オリジナルの大冒険か いいね!オリジナルのラブロマンスか



529 :名前はいらない:03/12/23 03:14 ID:cntO5shD
部屋の片隅で見る夢

夢の少女は夢を見る
誰もいない部屋で本を読む少女
部屋の片隅で学術書を読む少女
何も見えない暗闇の中
少女の夢は夢を見ている
今 目覚めさせてあげるからね
心を物に変える場所
科学者となった少女は世界を差し出した
世界は変わる
現実と夢とが交わる場所へと
夢の少女はそこへ夢を描く
少女の夢が現実へと変わる



530 :名前はいらない:03/12/23 03:16 ID:cntO5shD
誰かが微笑みかけてくれたなら
死ねないけれどあなたの前に跪きたい

青が黒へと混じりあう
揺れる鏡を覗き込み
静かに舞い散る月を見る
今夜は誰かに優しくしたい
闇夜の崖に花が咲く
ただ一輪の白い花
揺れる鏡を覗き込む
そこでは揺れる花ふたつ
枯れた闇を歩きつつ
揺れる君との別れを惜しむ
今すぐ誰かに優しくしたい



531 :名前はいらない:03/12/23 03:18 ID:cntO5shD
頭の体操

俺は14の少女のはずだ
好きなものは何もなく嫌いなものは世界のすべて
無理やり順位をつけるなら、一番嫌いなのはもちろん自分
それなのに私は一人が苦手でいつも誰かを待ち続けている
そんな私が教室で冴えない男の子と少し親しくなった
私にしたらクラスの男子みんな冴えないんだけどね
彼は私に甘えてきて自分をさらけ出す。私に優しくして欲しいみたい
そんな14の美少女のはずだ

この私が話しかけてんだからもう少し嬉しそうにしなさいよ
あんた、自分が生きてるって分かってる?
知らないわよ 自分で考えなさいよ
・・微笑みながら無慈悲に見つて・・
優しいから優しくするんじゃないの
それしか接し方知らないから
私の心は空っぽなのに
なんでそんなことも分かってくれないの
何かしてあげるなんて
よくそんなこと言えるね
あなたの手握ってもいい?
責任なんて軽々しく言わないでよ
偽善偽善てバカじゃないの



532 :名前はいらない:03/12/23 03:25 ID:cntO5shD
お前らみんな無視してやるんだから!

ヘチマのまま豆を食べる
女装した王子が物乞いと恋に落ちた
乙女回路で旧式アンドロイドが見ている
ソバカス農家の空一家は流行が去り落ちぶれた
空玉銀太は見捨てた国家への義憤を抑えきれず
怒りと絶望から自害した
自我が壊れたアンドロイドは
墓石の前に一人佇み続ける
神父の玩具となったアンドロイドは
自我を取り戻し自殺した


533 :名前はいらない:03/12/23 05:34 ID:++3/ByXn
一度失敗させて

人は記憶の積み重ね
そんな記憶いらねーよ
おいおいそれもいらねーぞ
おいそこ!勝手に入んじゃねー
選別し切れず引きこもる
気付いていながら引きこもる
詰め込んじまった後なんだよ
忘れるために詰め込んで
忘れきれずに壁を作る
これでやっと出られたら
壁はあっさり崩れ去る

534 :名前はいらない:03/12/23 06:13 ID:++3/ByXn
夜長姫になりたい

黒い箱に夜つゆを溜めてその中に首を入れてしまえ
平安の世の冬の闇夜に送り届けろ
そして私に会いに来てくれ
1000年 私のそばでただ座っていてくれ
真っ青な花が咲いてほしい
死んだ体と残酷な心を授けてくれ
乾いた瞳からは涙は溢れない
流すものはもう血しかないはずだ
真っ赤な血で真っ青な花を空一面に咲かせよう


535 :作詞します改め響子(HN):03/12/23 10:13 ID:7pT2w1qb
違う板にカキコしたやつですけど。評価板じゃなかったんで。評価よろしく。

電話がなった

あなただった

少し震える声を必死に抑えて明るく振舞ってみた
『どうしたの』
あなたはそんな私を心配した
胸を突かれたような思いがして涙があふれた
『なんでもないよ』
そこで会話は途切れてしまった
沈黙を破るかのようにあなたは言った

『俺・・・結婚するんだ』
据わっていた目は少し見開いた
とうとうその時が来てしまった、と思った
私はやっと口を開いてやっと一言言った
『・・・知ってるよ』
心の底で少し意地悪が言いたかったのか、そんな言葉がでた
少しの沈黙の後、そっか・・とあなたは口ごもった



536 :作詞します改め響子(HN):03/12/23 10:37 ID:7pT2w1qb
色んなこと話したいのに
何にも言葉が出てこない

結婚のこと知ってから避けてたこと
本当はあなたが好きだってこと
全部・・・言葉にしたいはずなのに出てこない

心の中の葛藤は涙に変わった 涙は止まらず鼻を何度もすすった
『泣いてるの?』 あなたは当たり前のことをいった
『そんなわけないじゃん』 私は少し大きな声で答えた

呼吸を整えひとつ深呼吸
『おめでとう』 精一杯の言葉
あなたは少し笑いありがとうと言った
正直・・・胸は苦しかったけどきっとこれでよかったんだ
私はじゃあまたね、と言った
同時にもう二度と関わることはないと思った

じゃあね・・・

電話は切れた

537 :名前はいらない:03/12/23 15:02 ID:xNeY6g17
強大な力に翻弄されつつ

道行く人々を見れば 

皆 同じ

紺色に身を包んで


北風が頬を愛撫する。

其れが
其れだけが一番現実の様で

立ち尽くす事もままならない。

538 :名前はいらない:03/12/23 15:32 ID:BMnGNcUP
少し傷んだ髪を巻き
仕上げに赤い紅
最後に高い靴をはけば
大人になれる
そう思っていた

近づきたくて 見て欲しくて
あなただけで 何もみえなくて

これが人を愛することだと
初めて感じた

もうあの娘のものだけど

539 :名前はいらない:03/12/23 16:16 ID:yzpE/bho
>>529-532 533-534
連続投稿ご苦労様です 内容もそれ程度ぽ e

>>535-536
どこにでもありそうな話ですけど もう少し捻りを d

>>537
なんていうか気に入りました でももう少しボリュームあってもいいかな c

>>538
この主人公の感情が入ってないかな?と感じた e

540 :名前はいらない:03/12/23 16:18 ID:yzpE/bho
538のは dの間違いです ごめ

541 :名前はいらない:03/12/23 18:28 ID:sJ7u33mU
>>535-536
好きなんだけど・・・
すこし詩情が足りない。
「詩なんだ」ってことを強く意識して書いてみて。 D

542 :作詞します改め響子(HN):03/12/23 19:01 ID:7pT2w1qb
詩だってこと忘れて書いてました。スマソ
最近詩よりこういう方が好きなんだな(´,_ゝ`)
もしよかったら誰か「詩」という条件抜きで評価してけろ

まぁどっちにしろ同じだがな

543 :流星:03/12/23 19:22 ID:jA8mzCwI
人は誰でも意味をもち生まれてくる
    つらかった
          かなしかった
                  うれしかった
そんな一つヒトツの感情が人を強くする
           ダカラ
逃げないで
       自分ばかり責めないで
いつかそんな自分を誇りに思えるようになる日がくるから
      いつまでも
いつまでも強くありたいと願って信じて
     自分をみつめて
         さぁ歩きだそう
               僕だけの道を

544 : ◆P6Xk01AJzk :03/12/23 19:53 ID:cVQA26OM
踊れど傷つき
回れど癒えず
其が道化の宿命なら
傷めど痛みを感じずに
癒えぬ痛みに目を向けず
ただただ独り舞いませう

自分なりの人生論。

545 : ◆P6Xk01AJzk :03/12/23 19:54 ID:cVQA26OM
宿命(さだめ
傷めど(いためど

わかるとは思いますがいちおう

546 :ネル:03/12/23 20:18 ID:Nkz3xRqC
「愛してる」って君は言うけど
抱かれるだけの喜びと
揺れるだけの哀しさと
身体と心が一つになれない淋しさで
酒に煙草に溺れてゆく
君に溺れて死んだって後悔は ない
そう誓える日々は いつになるのだろう
君が濡れる
君に溺れて
君と揺れる
永遠と君に抱かれる
「愛してる」って僕が誓う

547 :_:03/12/23 20:42 ID:uHgIka/R
俺は大好きになれるものを探すんだ
真実なんて欠陥品にゃ興味は無い
答えなどいくらでも作れるもの
あの雨雲は俺のさしていた傘

こんな山なんて下りてしまうよ
意味なんてもう興味は無い
俺はどこから見てもハンサムボーイそれでいい
俺は大好きになれるものを探すのだから

548 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/23 21:46 ID:MOnwee9l
>>404-405
D;とりあえず、たまごたまごとウルサイ。言い方変えれるだろうし、
省けるだろ、短く出来るだろこの詩。

3連目、「各人それぞれひとつずつ/ひとりの手にひとつのたまご」
各人、ひとつずつ、ひとり、ひとつぅ?書き損じかと思った。
意図的だとしても、読み難さ倍増。省けるだろ、整理できるだろ。

4連目、包んでるたまごと握ってるたまごは同一?
3連目で説明不足/難読な書き方するから、
ここらへんで頭に「?」が浮かんでくる。何度も読ますな。

5連目、「その人」ね。どの人だよ。「その」はどこにかかってますか。(4連目?)
そうでないなら「かの人」とか「あの人」とかなら、
以前に登場してなくてもなんとか、意味は通じるかもね。

細かいところだと、「触感」「ぽろんと取り落として」「各人」「へたくそ」
など、雰囲気に沿わない、
読みの流れを止める言葉は見せ場以外では避けたほうが良い。
というか、浮いてる。読ませどころが何処かわからん。長いのに消化不良。

と、雰囲気だけで詩が書かれてる。
(考えて書いたのだろうけど、出来上がりは雰囲気で書いたみたい)
パっと見は詩集の1ページにあっても違和感ないぐらいのレベル。
しかし、細かく見るとホントにしつこく再考したのか疑う。

内容はどうでもいい。なんとも思わない。
30の作品は何作も投稿されていて、読んではいるが、成長しているとは思えない。
いつも閉鎖的で読み手を限定している感じがする。
詩に対するスタンスが違うから参考にならないだろうし、
気分を害したらスマナイが、素直にこうオモイマスタ...

549 :評価おねがいします。:03/12/23 21:49 ID:LQzWPv4o
「赤色黄色、分かれ道」

赤色黄色の葉っぱは積もって
優しく綺麗な通り道、帰り道。
乾いた音を立てて歩けば
もうここからは分かれ道。
離れた右手はポッケの中に
顔もマフラーに突っ込んで
さよならなんて言ってみたなら
少しは忘れずにいてくれる?

笑ってバイバイまたいつか
右と左で分かれ道。


550 :名前はいらない:03/12/23 21:50 ID:CEBLPX3S
本棚の中の本立てのように
僕は死ぬまで動かないとして
死んだら動けないということを
教えてくれたのは君だった

ただ見つめるんじゃない 
さあ見捨てるようにしてさ
先に進むんだ 振り返ったりせずに
もし後ろを向けば 僕が目隠しになってやる
そして僕が誰か問うんだ 飽きないくらい単純に
君が最初にいた深海のにおい
僕は今日気づいて せかしたりせずに 二人の未来を
祈ったりせずに ただ黙るだけ ただ笑うだけ


551 :名前はいらない:03/12/23 22:05 ID:aJAcDjKK
>>549
いいですねえ、子供がいたら読み聞かせたいよ。

>赤色黄色の葉っぱは積もって
>優しく綺麗な通り道、帰り道。
「通り道」の5音が一回だけだと
妙な都々逸か今様風になるところを、
2回にしたところがすばらしい。
一回だけなら下の8行に埋もれていただろうね。

ただ、それぞれの言葉のつながりが少し見えにくい。
推敲の余地あり。

作者さんのセンスを感じるのでB。
ところで言葉の狩人って評価、わかりにくい。




552 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/23 22:07 ID:MOnwee9l
>>481 >>484 >>486 >>488 >>492 >>495 >>501

553 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/23 22:07 ID:MOnwee9l
>>502 >>503 >>504-506 >>507 >>508 >>510

554 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/23 22:07 ID:MOnwee9l
>>512 >>513 >>514 >>515 >>516 >>517 >>520

555 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/23 22:08 ID:MOnwee9l
>>521 >>524 >>527 >>528 >>543 >>544 >>545

556 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/23 22:08 ID:MOnwee9l
>>546 >>547 >>549 >>550

が、多分まだ評価されてないヨカーン。
なんだよ「>>」が多すぎるエラーって!!

557 :30:03/12/23 22:22 ID:muw/id3J
>>548=抑揚様
お忙しいなか、こんなに丁寧に評価(というよりも批評)していただいて、
本当に感謝しています。嬉しく感じました。
私が表現したい世界観と恋愛観をダブルで表すのにもっとも適当なメタファーと
して、「卵」という言葉を選びました。
私たちを包んでいる大きなたまごと、各人が握り締めている小さなたまごは、
ある時は同じである時は同じじゃない両義的なもので、世界というものの
そんな「不思議さ」を伝えたかったのが、消化不良な「?」を喚起してしまったのですね・・・
なんかまた説明してるし(涙 すみません。要説明な詩って一体、、、。
恥ずかしながら、前に出てきていないものを指すのに「その」「それ」を使用しては
ならない、という日本語の基礎はまったく意識していませんでした。
だけど「あの人」「かの人」だと、なんかちょっと違う気がするんです・・・うまく言えませんが。
読者を限定してるつもりはないのですが、どうしてそう感じさせてしまうのかを考えていけば、
いつか「成長」につながっていけるでしょうか。
よかったらこれからも批評という力を貸して頂けたらうれしいです。
これからも懲りずに投稿していきます。どうもありがとうございました。
またまた長文で、ごめんなさい・・・まずは短くて簡潔な表現が出来るようがんばります。

558 :鳳閃香:03/12/23 22:24 ID:rANQ37+B
ええと、初めまして^^;
評価願います^^;

『カゴの鳥』
カゴの鳥よ 美しくさえずりたまえ
まだ見ぬ野生を夢見て 美しくさえずりたまえ

はるかな自由という大空舞う野生の鳥と
安定という束縛のカゴで生きるお前と
私はお前を選んだ 共に自由を夢見ようと

カゴの鳥よ 美しくさえずりたまえ
まだ見ぬ自由求めて 美しくさえずりたまえ

野生の鳥はきっとカゴの中で生きられず
カゴの鳥はきっと自由な空で生きられず
お前は不安じゃないのか さえずるだけのカゴの鳥よ

それでもカゴの鳥は空見てさえずる
私は止めやしない ただ見送るのみ

開け放たれたカゴ 飛び立つ鳥よ
まだ見ぬ世界へ 羽ばたきたまえ

カゴの鳥よ たくましくさえずりたまえ
これから自由の中 たくましくさえずりたまえ

自由になったお前にもうカゴはないのだからね


559 :名前はいらない:03/12/23 22:25 ID:WiFm3Rxg
http://www.stefangruber.com/mysteries_exist/


560 :名前はいらない:03/12/23 22:33 ID:aJAcDjKK
↑イイ!

561 :いかいか(浮遊系) ◆YffIGX9Bno :03/12/23 22:33 ID:Y0Q3TUn0
地球を三週周ってみたら
ぐるぐる回る洗濯機から頭を上げたのと同じだった
星は巡ってまた月は地球に落ちる
そんなことを何度も何度も繰り返しては
残虐な歴史の足音がのっそりおっとり近づいてくる
人間だって、猿だって鼻水は垂らすさ
イルカもたらすかもしんない
ニーチェをアフォと罵った俺はアナーキスト

562 :夢の続き:03/12/23 22:36 ID:DS6hYmhW

よしんば
この夢の続きがあったとしても
放課後の校庭を眺めることだけが生きがいだった
自分だから
最期くらいは
よせ鍋の底に残ったニンジンのように
真っ赤に上気した顔を
入刀前のウェディングケーキに
埋めてしまいたかったとはいえ
今日が臨時定休日だということを知らずに
行きつけのペット美容院の入り口のドアに
上機嫌で頭からぶつかっていった
ビーグル犬が流した涙のような
ほのかな塩分が残るだけの
療養食を毎日食べ続けている
自分を忘れてしまいたくない



563 ::03/12/23 22:40 ID:S4BTSAAh
>>520
この人の詩はいつも目につく。
まず−合う−は似合うにする方が構成上読みやすいかと。食前と食後をたとえば生まれて、死ぬまでと解して読めば、かなり作者の詩作に対する強い向上心が浮かび上がるのではなかろうか!
B これからもその個性を大切にしてください。

564 :名前はいらない:03/12/23 22:43 ID:aJAcDjKK
>>558
ううん、長い。
小学校の先生が絶賛しそうな詩だと思う。
白秋祭とか地域の選考会に送ったら賞もらえるんじゃない?みたいな。
言いたいこともよくわかるし、状況も心情もよくわかるのに
いまいち稚拙な印象を受けるのは何でだろう・・・
よくわからないんで辛口にCスマソ

565 :名前はいらない:03/12/23 22:49 ID:aJAcDjKK
>>481
北さんの詩、好きです。言葉が慎重で。

>三面鏡は黙ったまま、乱れた姿を曝すも
妻の荒んだ心情と重なり合っていてイイ。
妻の普段の姿とか、性格とかが見えてくる感じ。

この一文に惹かれたのでB

566 ::03/12/23 22:52 ID:S4BTSAAh
>>558
見た目もいい。
また自由がひとつの秩序の上に成り立っていることも、はっきり証明されている。
しかし最終連はどうなんだろうか?鳥は死んだのか?どうもよくわからない。僕なら最終連の自由は削除するか、或いは自在に置き換えるなと思った。B

567 :いかいか(浮遊系) ◆YffIGX9Bno :03/12/23 22:52 ID:Y0Q3TUn0
「サイクル」

サイクルは右へ左へと自転する

568 :いかいか(浮遊系) ◆YffIGX9Bno :03/12/23 22:54 ID:Y0Q3TUn0
>>558
みんなしてるからおれもしよっと。
安定はしているよね。安心して読める。
構成も展開も安定している。
ただ、安定しているだけで、おもしろくない。
小説の中にあるならいいとしても詩として読むなら
面白さがたりない。

569 :いかいか(浮遊系) ◆YffIGX9Bno :03/12/23 22:56 ID:Y0Q3TUn0
>>527
kua-aさんじゃないですか。
バビッタ。ものほん?

570 :いかいか(浮遊系) ◆YffIGX9Bno :03/12/23 22:59 ID:Y0Q3TUn0
>>501
なんか書きなれてる感じがする
小説みたい

>>528
なんかいいね。

571 :いかいか(浮遊系) ◆YffIGX9Bno :03/12/23 23:01 ID:Y0Q3TUn0
>>501の影響で(w

わたくしという存在は元来あやふやでありまして
くだらない俗物の中に己の欲望を投影するという
醜い知的生命体であります
多くの事象に対するジレンマが無知の鎖によって
わが身を肯定する様をわたくしはわたくしとして
まじまじと観察しておるしだいです
弁証法的唯物史観によりマルクスは己の肯定を
はかり社会主義の形成により己の論理の粗雑さを
しりました

572 :名前はいらない:03/12/23 23:14 ID:xNeY6g17
その植物とやらの
酸素 を 日々の糧に
その命と共に 食して
その分 生きられているのか
それとも 生かされているだけであろうか

そう仰せられた貴方は今何処へと?

私はその酸素を食し
そして呼吸を。
いきさせられております。


573 :名前はいらない:03/12/23 23:14 ID:CEBLPX3S
無実の反対を 決めるように
下手な世代が ただ楽しもうとして
見劣りするから 頑固に手を振って
繋ぐ鎖はもうないよね と知ろうとして
そんな目薬をさすけれど 僕に とって 
ここはどこかだって きっと もういい ことなんだって
わかったけど気にして
ただそれからは それからは 生きる意味を考えてきた
そして答えなどない 意味の真相を
近くにも ないかもしれぬ 僕の思い具現化して
君に見せる 淡い未来 ただ 必用のないなら
僕にちょうだい 届くよ僕らの未来 行こう そこへ

574 :鳳閃香:03/12/23 23:29 ID:rANQ37+B
564さん(名前分からずすみません^^;) 北さん、いかいか(浮遊系)さん
お早いレスと厳しくもありがたい評価をありがとうございました^^
もっと良い詩が書けるよう、幼稚な自分の性格共々精進できるように頑張らせていただきます!


575 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/23 23:42 ID:qGKuQkP1
ぬおぉぉぉ なんだかものすごい数の作品がありまつね 前に頼まれた批評でも適当に置いておく
>>354-355

真夜中に
かすかに雨の音を聞いたような気がして

:この主人公は真夜中にある音を聞いて「これは雨ぽ」と認識したって事だろーが、それは何故か?
:「音→雨」と結び付ける記述がナッシング 間にもぅ1つ行を増やした方が良いと思われ。わかる?わかる?

なぜかぱちりと目が覚める
慌ててカーテンを捲って窓の外を覗くと
いつもと変わらずさんざめくネオンの灯の
ちょっとうえの方に
細々と拡がる雲ひとつない星空

:「なぜか」とかの表現はタンに説明する事を避けている表現でもあり手抜き。プロならあんま使用しない言葉ニダ
:曖昧にせずにはっきり伝えろ、「さんざめく」って複数形の言葉だよな。この場合は…まぁいいのか知らんが…
:「雲ひとつない」ってのもいいのかねこれで。空=雲ってもぅ固定観念の現れニダね。詩には必要のない思想

あの音は何だったのだろう
夢のなかで聞いたのかもしれないが
どうもそんな気がしない  ←a説明汁
たしかにこの耳で聞いたのに

:夢だったんじゃね?寝ぼけてんじゃねーよアヒャヒャ …。 aの場合だがこーゆぅ所で個人のセンス力が試される

576 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/23 23:43 ID:qGKuQkP1
そんなふうに思いがけなく起こされた真夜中は
少し寂しくて 少し楽しい ←疑問行A
私の足の下できらめき続けるネオンの灯と ←a
何億年もかかってここまで辿り付いたにも関らず ←b
目に触れないほどに細く弱い星の光と ←c
私はいまそれらのちょうど中間にいる ←c

:別に無理せんでいーんだよ、限られた人間だけに理解できる作品はあんま魅力ねぇからストレートに表現汁
:a〜dは無駄に考えさせる、解読力を要求する文章はヘタレの一言。こーゆぅ個所でレベル落としてるんじゃね?
:つーかこれ必要あんの??普通に「雨の音がしただけでここまで行動を発展する主人公の思想」に唖然としたり。
:Aだがんな一言表現なんぞ幼稚園児でもできんぞ「寂しい&楽しい」をもっと生かせられるはずだ。まぁいいけどさ。

上を見上げ ←いーから寝てろ
星空をみつめながら起きている人間が
まるで世界で私一人であるかのような
恍惚としたな孤独感にどきどきしながら

:「恍惚としたな孤独感」ねぇ、、感受性が豊な人でつね

と同時に
足下に目を向け ←眠くねーのかyo
休むことなくうごめき続ける都会の脈動に ←田舎モンかこいつは、なにを今更って感じだが…。
不気味な生命体そのものを感じ ←疑問行B

:流石に、こ〜〜の表現はどぅなのかね。こ〜れは意見が分かれると思うがウリは糞に1票、他にねーのか

577 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/23 23:44 ID:qGKuQkP1
ネオンの上で星に思い馳せている人間が
いまこの瞬間無数にいるだろうことを思い ←a
ざわざわと胸が焼き付けられるような
不思議な焦燥感を覚える ←b

:a「いまこの瞬間」も糞も地球丸いからあんま関係ないよ?bは表現が簡単で良いね、ここもセンスが試されるポイント

私をここまで連れてきたのは
あの雨音
たしかに聞いたあの雨音は
私という
誰かの
そんな胸の音だったのか

:つーかこいつどんな過去があるね、普通の人間ならここまでいかんでしょ??寝てたのによくここまで頭が働くね。
:別に興味をそそる個所もないし表現法が 固 杉 。無理やり話を進めてる感じで感情移入を困難にしてると思われ
:努力賞&あっ賞は無し、表現法は普通、理解しやすさ↓オリジナルティ確認で↑評価者指定特別手数料でランク↓
:「一々こいつは雨音がした度に起きるのかYO」で1ランクダウン、センスは至ってミステリー。で、換算するとD評価でつ。

おらぁぁ反論あんならかかってこいやぁぁ!!今回もあんま長文は書かずに5行以内に収めやがれチョパーリめ さいならばいばい

578 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/23 23:59 ID:MOnwee9l
>>481
A;最近イイネ!なんか、むかつくから粗探したけど、気分的にA。

>>484
D;青臭い。サミシイがサシミに見えてしょうがないからD。

>>486
C;物は言い様だね。オチがちょっとアレ。

>>488
D;読む気すらおきん。パラパラと頭の中に言葉が飛び込んでくるけど、
それが最後まで一つにまとまらない。

>>492
C;リズムよく頭の中に勢い込んで流れてくる。それだけ。
要所要所でブレイクさせなきゃ、どこが見せ場だったのかわからん。

>>495
D;ウホっ!な詩かと思った。雰囲気はOK。サムティングトゥリィ。

>>502
B;うわっウマ!って思った。イメージを拡げてすぐに収縮していく流れがウマ-!

579 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/24 00:15 ID:LAYuHYYD
ひぃぃぃ〜 なんか知らんがA評価が出てる〜〜ひょええぇぇぇ!!! キャーキャーキャー

って事であと一人A評価付けたら>>481は次スレの天婦羅の権利を得まつ まぁそんなん北の勝手だが

580 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/24 00:24 ID:u7Z5nRv9
>>503
D;歌詞にするならいいかもね。純粋に詩として読むなら、背筋がぞっとしました。

>>504-506 B;

>>507
C;いまいち世界観が表現できてない。惜しい感じがする。とりあえずオマエがキエロ!!

>>508
E;はぁ。おもちゃの剣ばっか振ってないで、
本読むなり、友達とディベートするなりしなさい。

>>510
D;読み直せ、練り直せ。これでいいかと完成した気になるな。
意図的に妙な日本語使ってる部分が浮いてる。浮きまくってる。

>>512 D;

>>514
D;「まるで休みの月曜日」なんか意味があるのかと思ったら、
日本語が不自由なだけですか?それとも個性って言い張りますか?

>>515
E;なんか、非常にダサイ。短いくせに似たような言葉並べてるし。

581 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/24 00:26 ID:u7Z5nRv9
>>516
D;この手の詩は苦手。オナニーにしか見えない。
最後の「おおおォォォ〜」は気に入った。

>>517
D;だから何?どうしたの?

>>521
C;うんざりするほど見直して、手を入れたら良くなる予感。

オレの>>513評価宜しく。

582 :名前はいらない:03/12/24 00:27 ID:OGbbhAFk
誰かに想われるほど善良ではなく
誰かを思い出すほど温度に飢えてはいない

消音と白黒が語る映像は 海馬の幻像
速度は狂気と凶器へ導き 彼女は中空

再恋はならず そのままなくなった

想いは遠く バスを待つ 新しい彼女を抱きながら
雨夜の冬至 無き片腕は 旧き貴方と常に寄り添う

583 ::03/12/24 00:36 ID:q+0/iXsW
>>579
それってなんぞや?美味いんか?

584 :名前はいらない:03/12/24 00:41 ID:SX7vct6S
>>513
正直読むのがつらかったよ。
第5連は好きなんだけどね。意味がわからん。
大体こういう状況のことを言いたいんだろうなってのはわかるけど、
4度読まないとそれが見えない。
言葉のセンスも自分じゃいいと思ってるろうけど、面白くすらない。

努力は認めよう:D


585 ::03/12/24 00:42 ID:q+0/iXsW
>>抑揚

さんきゅーっ!

わはははははっ!
夢がかなった!
(*^_^*)

586 :名前はいらない:03/12/24 00:42 ID:SX7vct6S
そして乙!>抑揚 ◆YKYOPugMGU

587 :ネル:03/12/24 00:43 ID:Yp5cTDYM
【復讐】
いつまでも あなたを愛し過ぎたから
何もかもが 嫌になった
ただ あなたの魂を私の手の中で握りしめたい
肉体が朽ち果てても
あなたと私の魂を永遠と感じていたい
琥珀色の液体を最後のシャンパンにそっと忍び込ませて お別れの乾杯するの
私とあなたの永遠が今ここで結ばれる
これ程の愛があるかしら
あなたは それを飲み干し すやすやと静かに眠るでしょう
日が昇ると共にあなたは気付く事になるの
私が冷たい身体で
あなたの側で眠ってしまった事に
至福の時に刻まれた私
永遠にあなたは私の者
私の者よ

588 :名前はいらない:03/12/24 00:51 ID:SX7vct6S
>>582
宙ぶらりんな文体に惹かれる。イイ
1連と4連のギャップが激しくない?
文のむこうの作者の気持ちが見えにくい。
でもC



589 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/24 00:54 ID:u7Z5nRv9
>>584
ムキィー!!ムキィー!!>>513は自己評価でもCだというにDだとぉぉぉ
バーヤバーヤ!!Dとか言っちゃう奴のバーヤ!!

590 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/24 00:55 ID:u7Z5nRv9
おっと、言い忘れた>>584、貴殿の評価は結構的確ですな。
確かに自分のセンスに頼りすぎてると読み返して思ったよ。

591 :ヴィクト SX7*vct*6S:03/12/24 00:57 ID:SX7vct6S
>>589
ごめんね。ま、正直な乾燥です。
でも自分じゃありゃ書けないわ。

592 :ヴィクト SX7*vct*6S:03/12/24 01:06 ID:SX7vct6S
>>587
・・・?
ええ、と。私が死んだんですか?貴方が死んだんですか?
ちと小説で読みたいかも。陳腐だけどさ。
>琥珀色の液体を最後のシャンパンにそっと忍び込ませて お別れの乾杯するの
なんて昔の歌謡曲みたいでいいじゃないっすか。
でも詩としては、Dかな・・・?

593 :ネル:03/12/24 01:07 ID:Yp5cTDYM
使い回した 映画のラブシーンのようなキス
大切に大切に扱った恋
落とした卵のように 簡単に割れちゃった…
後片付け、自分でしか出来ない
割れた卵は 早く片付けなくては 腐ってしまう
恋も同じようなものなのかしら
早く片付けて掃除して綺麗にしなくては いけないのかしら
まだ、上手に片付け事が出来ない私がいる
割れた卵は腐っていく


594 :ヴィクト SX7*vct*6S:03/12/24 01:08 ID:SX7vct6S
詩を書き込みたくて来て、
沢山書いてあるから評価も大変だろうなと思って
評価し始めて、

何か評価専門の人になってる気が・・・
エラソウ!

595 :名前はいらない:03/12/24 01:12 ID:coKCF03A
この、評論の奴隷ども!!
他者云々以前に己を語りやがれっ!!
曝け出せ〜全てをな〜っ!!
弱いのもひっくるめての己をな〜っ!!
脱げ脱げ全部〜っ!!

そんな事こんな時間にほざく俺にも
ここの全ての奴らにも
色恋沙汰を語る奴も宇宙云々やれ平和だ自虐だナルシスだペシミスだっ!!
腹減らしてうろってても死に掛けてもツラがマズくても尻がかゆくてもっ!!

まあ世の中全体クリスマスっ!!
ありがたやありがたや
皆どうやらここだけ足並み揃うって事でさ
感謝感謝っ!!

俺も全ての奴らの為に今日ぐらいはハレルヤハレルヤと言っておくから
せいぜい生きてろってこったっ!!

メリ〜クリスマス・・・
またね♪

596 :ネル:03/12/24 01:12 ID:Yp5cTDYM
ヴィクト様
それで 良いのでは!
私はやたら詩を書く人。
落書きみたいな走り書きですがf^_^;

597 :ヴィクト SX7*vct*6S:03/12/24 01:13 ID:SX7vct6S
>>593
さっきから偉そうにアレコレ言ってすいませんね・・・。
で、Cプラス。
何でかって
>割れた卵は腐っていく
この一文。これがさっきの【復讐】にはなかったんすね。
さっきのは「私私ってウゼェ!」って感じでしたが、
今度のはすっきりしてる。
最後の一文に全部気持ちが込められてて、スパッと切れてる。
もすこし推敲の時間を設けては?

598 :ヴィクト SX7*vct*6S:03/12/24 01:15 ID:SX7vct6S
>>595
詩だったら好き。大好き。
詩のレスリングとかで叫んでほしい。
出場してください。

599 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/24 01:15 ID:LAYuHYYD
やれやれ・・・。この俺様が美しく華麗に600getしておくかな

600 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/24 01:16 ID:LAYuHYYD
600get

>>601


601 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/24 01:17 ID:u7Z5nRv9
↑イジメラレッコ ムキニナル ノ マキ

602 :ネル:03/12/24 01:19 ID:Yp5cTDYM
ヴィクト様
批評 ありがとう ございました。思い付くままに 書いてましたね!
今度はゆっくり書いてみたいですね!!
自分なりの言葉を探してみますね!

603 :ヴィクト SX7*vct*6S:03/12/24 01:21 ID:SX7vct6S
ネル様へ。
おそらく同年代の同姓の方と思われ。
がんばってください。待ってます。

今日は寝ます。乙

604 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/24 01:28 ID:LAYuHYYD
いじめ かこわるい じこまんぞく いくない

605 ::03/12/24 01:28 ID:q+0/iXsW
>>593
まず、一部分を作りなおしてみる。では一連目を
−使い回しのラブシーン 映画の様にキス 大切に扱っていた恋も−
これでもまだ錬ることが出来るかと。そしてこのあとにどうして腐った卵なのか?
映画−卵 とこのふたつは詩の骨組みになっている。が、このような詩の場合はひとつでよいかと。腐った卵は、切れたフィルムでどうだろう? しかしどうだろう、心情はよく伝わる。C

606 :ネル:03/12/24 01:35 ID:Yp5cTDYM
【地球へ】
遠い海 近い空
人は何処へ向かうのか
この世の終わりは いつ始まるのか
世界が滅び、私が生きる
何かを一つ終わらせないと新しい世界は生まれない
愚かな獣は 人間だ

607 :30:03/12/24 01:37 ID:OlGFZp+C
>>575-577=アンダーバー様
うひょ〜〜〜。抑揚様といいアンダーバー様といい、キビチイ、、、ぐすっ。
「なぜか」「そんな気がしない」のようなのは確かに説明の放棄というか
表現の工夫を放棄してるわけであり素人くさくなるというの、よく分かりました。
あと、空→雲みたいな安易な連想も、確かに言われてみると素人くささ満載です。
納得の評価です。また投稿したら、よろしくお願いします。ありがとうございました。

608 :ネル:03/12/24 01:41 ID:Yp5cTDYM
北様
初心者なもので…f^_^;
もう 少し 煮詰め治してみます。書く事が好きになりました。o(^-^)o
ありがとう

609 ::03/12/24 01:45 ID:2TjiBQSS

或るに疑いをかけていますか
ちゃんといきてますか
色は難ですか

まっしろいおおきなかみのまんなかに
ひたすらちいちゃく敷き詰めてあったしつもんぶん
平らげてはみたものの 納得のいくわけでもない

それは人がいう 目覚めた時に 得られるもので
その世界では ぼくは得るに値しなく また飛んで落ちて そんなこともない

或いは と ぼくはいう しんと沈み込んでくるもので
この世界には 柔和な相応に応じて それでも飛んで飛んで そんなことを繰り返すのだ と


色や かたちは 気配で感じ取れたりするだろうけれど
しかし帰納法でも十分な推察はできるんだろうさ

みえてしまうからいやになる と いうのは単に我侭だな
我ながら呆れるのは 意志の無さで
世界の盲目的な意志さえも 感じた気になって それからは 忘れちまった

やれよれ ようと 進ませる
無いに疑いをかけてしまって くるくるしてる
ちゃんといきている カンジだけなぞらえて
色は難を示したまま

航海への支度だ、一生涯の


610 :緋陽 碧谷 ◆m0T5I/FREE :03/12/24 01:56 ID:7Y3wYCVE
私を解れるのは最後には私
ジョハリの窓気取りで私を分析しないで
違う 私がしたいのはそんなことじゃない
違う 私が行きたいのはそんなところじゃない
違う 私が言いたいのはそんなことじゃない
違う 私が夢見ているのはそんなものじゃない

私を理解した気になりたがる他人がくれるものは他人の優越
そして歪んだ理想
お願いだからこの手を離してください
私を造らないで

たったそれだけの判断で私を動かしたがる
どうして支配したがる

どうか手を離して
私を「理解」しないで

611 :◆tr.t4dJfuU :03/12/24 02:05 ID:q+0/iXsW
>>608
詩が好きなる、
本当に嬉しいお返事ありがとう。

僕もあなたからの返事を観て詩がさらに好きになりました。

お礼に詩を送ります。


612 :◆tr.t4dJfuU :03/12/24 02:07 ID:q+0/iXsW
>>608
返事

海の向こうに空がまみれている。
混沌とした絵はがきの中から、モクモクと雲はたちのぼり‥

−人はどこら生まれどこへゆくのか僕達は佇むことを許されない
そして誰かが明日に押し出され、
代わり誰かがやってくる−

僕は目を閉じて、それから返事を書こうと思う。

引き出しの中からの一枚の便りに‥


613 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/24 02:08 ID:LAYuHYYD
>>607
詩の作成は己の心を映し出す方法の1つである 固定観念の存在は必要なく敵である
                                                       byあんだぁばぁ 




今日は今までずーっと近所迷惑を省みずに仲間と騒いでたから気分が良い
なんかかっこいい事言っておいて今から寝るニダ 今日もバイトあるのにきびしぃぃぃ

614 :名前はいらない:03/12/24 02:11 ID:+rHORLvi
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1071413998/

このすれの詩、(113と118にあるやつ。)
に、それぞれ10段階で評価してください。
お題は110あたり。おながいね。

615 :名前はいらない:03/12/24 02:14 ID:jnLRnfuT
ふー。

今日も終わったな
今日ってもう昨日じゃねーか
どうでもいいけど・・・

いっつもこんな感じ
明日も昨日を今日って言ってしまうんだろうな
夜空見たりベッドに横になったり
パソコンいじったり勉強したり
ゲームしたり味噌舐めたり
音楽聴いたり歌ったり
こんなこといっつもして暇潰して
そんなことばっかりだけど
最近嫌いでもなくなった

明日は何が起きるんだろうなぁ?
ぁ、今日か・・・

616 :名前はいらない:03/12/24 02:15 ID:pyQpBJ5g
女の子はいいな
いっぽんの指で喜んで
女の子って可愛いな
ちょっと何故るときゃっ笑う
女の子になりたいな
何度でもいつまでも気持ち良さそう。

617 :ネル:03/12/24 02:37 ID:Yp5cTDYM
もう少しだけ
抱きしめて
もう少しだけ
濡れた黒髪を感じていて
たくさんは望まない
欲張りな愛欲
満たす事が出来ずに 白い砂漠にしがみつく
今度、いつ逢える
朽ち果てた伝言板
白い砂の中に沈んでしまう

618 :ネル:03/12/24 02:44 ID:Yp5cTDYM
北様
詩でのお返事 ありがとうございます。
私も負けずに 貴方様のような素敵な言葉が書けるように頑張ります!
負けないぞー!(笑)

619 ::03/12/24 03:16 ID:q+0/iXsW
>>618
それはほめすぎかと。
これ以上わたくし調子の乗るとよくないので。

わたくしも負けじとガンガリます。
あんたもガンガレ!

620 :吾輩はウマシカである:03/12/24 03:37 ID:qlzXqsPu
僕らは4πr弐乗のなかにいる。

ぼくらは4/3πr参乗の上に立っている。

僕はこの世界の中にいる。

621 :hajimetesan:03/12/24 08:40 ID:Sk3JVj2D
九尾のきつねがたぬきを見つけてわろたうた

ぐつぐつ ぼうぼう ぐつ ぼうぼう
                あついあつい Ah☆ あついあつい
ぬるま湯につかりすぎたか わすれたか
ぐつ ぐつ ぐつ ぐつ ぐるん ぐるん
ぼうぼう ぼうぼう ぼうぼう ぼう
                にえたぎる Ah★ にえたぎる
ぢごくの釜みて わすれたか 
                        こわい こわい ♪
鬼の目玉ぞ 観念したか 赤くて熱くて おおきな目玉ぞ
                おおめだまっ♪ たら おおめだまっ♪
ぐつぐつ ぼうぼう ぐつ ぼうぼう
ぼうぼうぼうぼう ぼうぼうぼう ぐつぐつぐつぐつ ぐるんぐるん
あついぞあついぞ はあやく出てこい ぐーらぐら
かわいいかわいい ひげだぬき 自慢のしっぽが さけちゃうぞ


622 :544:03/12/24 09:38 ID:ASGt6Zya
流れてますが評価お願いします。

623 :名前はいらない:03/12/24 11:01 ID:QIve+2eA
     ∧_∧
    ( ´∀`)<ポエムサイトモナー
    (    )
    | | |
    (__)_)
http://f24.aaacafe.ne.jp/~poemu/

624 :流星:03/12/24 16:23 ID:jpyP0Vmo
>543の評価お願いします。


625 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/24 16:29 ID:u7Z5nRv9
>>622,624
飛ばしてるわけじゃなくて、上から順番に評価してる人と、
そうでない人がいるだけですので、順番に評価してる人が
降臨するのを待ってくださいね。
基本的には一度も評価されない詩がないようにと、
評価者さんたちは努力してくれてるみたいなですから。

626 ::03/12/24 16:35 ID:q+0/iXsW
>>543
「あなたのことなんて信じられないっ!」なんて話をよく耳するが、これは大きな間違えで正しく言うと、「あなたのことが信じられない自分自身が信じられない」のである。続く

627 ::03/12/24 16:36 ID:q+0/iXsW
続き
最終連に秘められた言葉は一見自分勝手にも感じるが実はこれで正解なのだと思う。構成については自我の強い詩だけにもっと切り詰めてしないと長い説教になってしまうC


628 ::03/12/24 16:47 ID:q+0/iXsW
>>544
ピエロの化粧の奥に見える本心が、玉乗りをする姿と重ねて思い浮かべようとすれば、なんとか出来る。なぜ-なんとか-なのか?それは最終連の無力さだと感じる。もっとよく思考するば、実は地球の自転もそんな性の玉乗りなのだと。もっと錬る必要がある。C-

629 :544:03/12/24 17:31 ID:ASGt6Zya
>>628
そこまで深く持っていくんですヵ・・・・
元々『自分』の表現の手段として詩を選んだので世界まで広げる気はなかったのですが
それもおもしろそうですね。
ただ半世捨て人化してる自分にゎそんなの構築する気はさらさらないんですけどね。

中のどす黒いのを「化粧」や演じることで隠してる、みたいな生き方なので
・・・人生相談板のほうがよかったかな・・・

630 ::03/12/24 17:57 ID:q+0/iXsW
>>629
一方的に感情を外へ投げ掛けながら、その表現方を自分だけの視点で見ることは詩でなく日記だろう。
詩は言の寺と書いて詩と読むように、読者と作者の間に-観-亦は感動というひとつの形が成立しなければそれは引きこもりの寺の如くだ。しかし詩の定義は実に難しい。だから僕の感じた評価なんで、あまり気にせずに気にいった箇所だけ生かしてください。よろしく。

631 :名前はいらない:03/12/24 18:02 ID:E90tZ6BX
振幅

一人で生きてくなんてこと、そうそう言えたもんじゃない
支え合うから「人」なんだ?「入」の立場も考えてやれよ

部屋にいてもすきま風が入り込むし、世間に俺の入り込む隙間はない
わぁイッツミラクルコントラスト 涙と一緒に消えちまえ

いつまで経っても着陸できない 単独飛行が続くだけ
給油はどなたがしてくれる

一人で生きてくなんて言うやつぁ ちょっとここまで連れてこい
一緒に語り明かそうぜこの 世間知らずのマイナーリーガーめ

社交的って英語でなんて言うんだよ

結局答えが見つからない 出せない言えない言いたくない
会いたい合いたい相対したい 人やらなんやら社会やら
どっちに振れたら楽なんだ 頑張らないと駄目なのか

なんて言い訳したらいいんでしょう クリスマスにまで一人だなんて

632 :名前はいらない:03/12/24 18:26 ID:E90tZ6BX
切ないハト胸

ポッポッポ はとポッポ
豆がほしい だとふざけるな
豆鉄砲でも食らってろ おう座布団一枚

そんな毎日が

君と出逢えたディスティニー
どんどん近づくディスタンス
いつのまにやらディスカッション
鼻毛見えててディスアポイント
私はディスカス買ってます

そういって君は離れていったね

もうそんなこんながあったもんで
最近じゃ何を見たってイライラするし、
俺の電圧イライラ棒はまったく歩調をゆるめない
たどり着いたのが留置所よ

ポッポッポ はとポッポ
豆粒くらいで良いですから 俺にも幸せ分けてください

633 :名前はいらない:03/12/24 18:41 ID:E90tZ6BX
コンビニクリスマス

小さいマッチの一箱ぐらい買ってあげればいいじゃんか
通行人のAとかBとか お前らそんなに余裕がないのか

薄汚い子の必死なセールス
薄汚い手で決死の営業

そりゃちょっぴり引くのは分かるんだけど
そんなにお前ら余裕がないのか お前らだって汚いよ

凍えて死ぬのは分かってるのに
誰も毛布を掛けてやんない

暖かい言葉なんかじゃ生きられないのに
マッチで暖まれるわけないじゃんか

成人男子の1人や2人 誘ってあげればいいじゃんか
女子大生のA子やB子 お前らそんなに身持ち固いのか

ブサイク男の必死のお願い
脂ギッシュに決死の特攻

一緒に暖を取り合いましょうよ


>>632の買ってますは 飼ってます ね!
オイそこ、どっちでもいいとか言うなよぅ

634 :名前はいらない:03/12/24 19:13 ID:wndj5MJ1
{痲罹唖}

シビレテは
網にカラマッテ
サケビタイのに
声もデナイ

ヨケイな事なら
カンタンなのに
ダイジな事は
コトバにデキナイ

伝えたい事は
ただ一つ

伝えたい事は
ただ一つ

シビレテは
網にカラマッテ
サケビタイのに
声もデナイ

たった一人
たった一人

あなたへ…

たった一人
たった一人

あなたへのマリア

635 :名前はいらない:03/12/24 19:16 ID:wndj5MJ1
>>634
痲・・・しびれる
罹・・・からまれる
唖・・・声がのどにつまって出ない


と、いう意味です。

636 :響子:03/12/24 19:47 ID:gOdJKkHm
あなたを感じるままに

うつむかないで もっと抱いて

その瞳に犯されてしまいたい

その指で 快感を

私は感じるままに



評価よろしくね(´,_ゝ`)

637 :名前はいらない:03/12/25 00:57 ID:bdRBGzc1
{歩ツ孤}(ぽつこ)

一人でも 平気だった
どんなに 歩き疲れても
気が付けば アナタの笑顔が
そばに在ったから

それなのに今は…

同じ笑顔が 遠く遠く 感じる
泳いでも 泳いでも
波に押されてしまうような
そんな 虚しさに溺れてる

ほんの少しの距離が
果てし無く 果てし無く感じるの

波の無い海なんて 海じゃなくて
終わりの無い始まりがあるわけ無い

そう そんなことは知っていたの
それでも それでも それでも…

此の孤独な道には
どれだけのアナタの笑顔が在りますか
どの位歩けば
孤独という二文字はアタシの中から消えますか

雨が ポツリ ポツリ
あたしは 歩ツ孤 歩ツ孤

638 ::03/12/25 01:10 ID:4dOEzf2C
>630以前で詩を投稿した方で、まだ評価がなされていなくて、評価を望む方は、すいませんけど再度希望レスをお願いします。
責任は持てませんが、誰かが評価してくれると思います。僕も出来るだけ評価させてもらいます。

639 :伝説のあぼーん ◆AEROhyPKUU :03/12/25 01:20 ID:hT/725TX
ハイハイ >>524の俺の詩
期待できるもんじゃないが評価してもらいたいね よろしくだ

640 :名前はいらない:03/12/25 01:27 ID:YqigzRZQ
>>524
D 尾崎豊ですか?ファン怒りますよ?頭大丈夫ですか?

641 :伝説のあぼーん ◆AEROhyPKUU :03/12/25 01:31 ID:hT/725TX
俺は尾崎か?すげぇな
多分15の夜とかぶったんだろう 落書き 外 ビル 学校
別にパクるつもりはなかったんだが 悪かったね

642 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/25 01:32 ID:SOiwNkBT
ウリなんかすっごい良い事考えたニダ!!!ここに載せてある気に入った詩を勝手に曲製作してCD化すれば大儲けニダ!!!頭い〜!!
って最近糞作品の連発だがヘタレ相手に恨み買ってやるよ?流石に数が多くて1回読んだだけの感想だがな。売れやチビ供

>>445
D これはなんて言うか、だからただだらだらと(←日本語って難しいNE)文章並べただけの作品と言われても仕方ない
犬が吠えるだかピアノだかの表現の工夫が確認できず良作とは認められん、世界観を表す大事な個所だから責任を持つべきだ

>>448
D+ 帰りは疲れて寝てればアンマ関係ない罠。言わせてもらうがバスの中でんな事長々と考えてる時点で「致命的」ニダ
「乗り物酔い」に焦点を当ててるが軽い!!まだまだ軽いな!!!!俺様は人前平気でげろ吐くタイプだからあにょーん

>>466
D ハァ?な部分が多すぎる作品だな、んなくだらん事考えてる時点で頭が不幸。納得させる力もない 興味無い半分市ね

>>497 
D へんな詩ニダ なんだかヘタレ供の名前が所々に…こりゃぁネット馴れ合い病の期末症状だな アーやだやだ情けない

>>524
E 動物園だって、、学歴低いと人生損するニダね。明かに島国劣等民族はアジアのレベルを落としてるニダ アーやだやだ。
つーかマジでんな事思ってるの?少年漫画の読みすぎでちゅよ?てめぇみたいなカス見てると殴りたくなるあっ賞&詩ねヘタレ

643 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/25 01:33 ID:SOiwNkBT
>>527
D+「かまける」だって、、漢字使えよ。「罵倒と誤りの石段」ねぇ、、なにが「本物の恐怖」だYO。くっだらねぇ〜
解かる奴には面白いだろぅが専門外、前からチミの作品を見て感じたが抽象的でこんなんならば悪いが興味はない。他スレ逝け

>>528
D+ テーマ言うか構成が激しく糞だが魅力も感じる 2連目途中までのリズム感が多少あるスムーズな進行は評価する
ってーか「そんなもの焼いちまえ」からの流れは急展開で付いていけん。まぁこの調子で好きにやってみたらとやる気なく一言

>>529
E+ 少女ニダってハァハァ まぁ可愛い子なら尚更良いな少女監禁ハァハァ,, …。 これもっとあーした方がいいとかこーした方が
いいとか言うレベルじゃないってゆーか悪いけどウリ全然興味ないニダ あっ賞で大幅ランクダウンでつ評価者が悪かったな30%詩ね

>>530
D+「誰かが微笑みかけて」って珍走団のガキでもOKなのか?んん?「花が咲く」ねぇ、まぁいいけどさ。。
「誰かに優しく」って公園のホームレス相手でもOKなんだな?だったらネットしてないで今すぐ逝けやヘタレ バイバイ

>>531
C 14の少女…。発育期の真っ只中で素敵でつね 食べ頃でつねハァハァ じゃぁウリは14の男子のはずだそして>>531をレイプしてやる
よくまぁここまで話を発展できたものだ。「無慈悲に見つて」はどこの言葉ですか?少し意味ワカラン個所もあるが神のお告げで努力賞

644 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/25 01:34 ID:SOiwNkBT
>>532

                             クマネチ!!
   .∩_∩                   .∩_∩    
  ( ・(エ)・)  ん〜              ( ・(エ)・)
  (\_i  i_ノ                 (_(    )_)
  (_( ̄)_)                 (_( ̄)_)

>>533
D+ いらねーのかYO ってどんな壁だYO 使い捨てでなく理由なり根拠なり示せればとても面白い、別にあーだ言う個所無し

>>534
D 黒い箱??漆塗り??首って…。これは果たしてセンス良いのでしょうか?まぁスレ違いだと一言逝っておく。ワケワカラン

>>535
D+ これ読んでウリどーすりゃええねん!!「好きな人が死んで悲しいYO」とか「幼女のエロ画像キボンヌ」とかの作品は困るんだよね
だからさ、表現法とかオリジナルティとか。。なんならこの二人はどんな関係だったのかとかこの世界観をもっと表現してみたら?
「結婚するんだ」とか文字だけ表現は頂けないな、どんな声なのかとか表現可能っしょ。「とうとうその時が」って知らねーYO!!!

>>536
C-「言葉が出てこない」とか言っておいて色々考えてる器用な人でつね、って連作か。。なんか強力なバリアが張ってあり入り込めん…
最初の「色んなこと話したい」ってどんな事よ?と色々言う事あるが中盤当りで二人の世界バリアで跳ね返されてしまう。もうだめギブ

>>537
D- 愛撫だってハァハァ これは「巨大な力とはなんでしょう?」とのクイズ出題を目的としてますか?構わんから立ち尽くしてろヘタレ

>>538 
D ガキがイッチョ前に色気づいてんじゃねーYO なにが「近づきたくて」だ早熟なガキやなuzeeeeee!! …。すまへん、よくある発作です
愛することだかを語るにはまだまだ軽い罠。ウリはこんなんに共感できんがな。つーかこれ他愛のない恋愛を推奨してんのかぃくだらねっ

645 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/25 01:34 ID:SOiwNkBT
>>545 
うんち

>>546
D+ 別にええよ誓わんで、軽い命やな…。君が濡れるって卑猥〜〜キャーキャー!!なにが永遠だ知った事か気にいらね〜なぁ ペッペッペッ

>>547
D-「真実=欠陥品」と根拠の記述が皆無。もぅ言い放題でつね。3行目がワケワカラン。つーか山にいたんか、詩の構成力の低い香具師だな
意味に興味ないって危ない野郎でつね、つーか漫画の読み杉。言っちゃなんだが才能ないよアンタ、こんなんで納得できっか構わん詩ね

>>550
C- 1行目の例えだがそんなもんか?つまらん…。振り返りうんぬんはありきたり。普通に読んで深海うんぬんももっと説明できると良いな。
前半が意味ワカラン、後半は訳ワカラン。余り考えさせられる詩は必要ない、素直に伝わる作品を求めている。問題なのは口頭で大衆に理解できるかだ

>>561
E 無政府主義者イラネッ なーにが残虐な歴史だ、「繰り返し」を強調してるがだからなに?。悪いがなんも魅力を感じんわ あっ賞&詩ね 

>>562
C-「よせ鍋の底…ニンジン」は独特な表現だがよせ鍋じゃなくても(ry まだ完全じゃないがセンスは低くない、と思いたいが進行する流れが
不充分に思えるほど結末に至るまでの道程が不透明である、つーかさ。あんま無駄に考えさせんなYOこっちだって大変なんよ、あーめんどくさっ

>>572
D- 激つまんねっ 不完全な哲学かこれは。もっと有意義な事考えろよっつーかセンス悪いッス 構わんから詩んでもらって結構ッス

646 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/25 01:35 ID:SOiwNkBT
>>573
C 2行目意味不明、つーかこの羅列じゃ不充分。悪くない感じだったが後半で「君」が出て冷えた。意味の真相ねぇ、、まぁ前向きに生きましょっ

>>595
E- 悪いな、ウリクリスマス嫌いなんだよ?世界最高犯罪者キリストを賛美する理由ない。宗教は個人の自由なる思想を妨害するんでな、無条件で詩ね

>>606
E はぁ…言論は自由だが納得させる説明くらい記述しろや、、2行目が普通に糞。センス悪っ!!なんなら親殺しててめぇが詩ね、最後の作品でこれかヘタレ


つーか詩ねクリスマス 

647 :名前はいらない:03/12/25 01:43 ID:pHunBOl3
>>646
貴様が好きだろうと嫌いだろうと
受け入れようが拒もうが
愛が有ろうが無かろうが
肯定しようが否定しようが
関心持とうが持つまいが

それでも地球は回ってるニダ(プ

648 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/25 01:46 ID:SOiwNkBT
>>647
それでも地球は回り続ける〜 ららら〜 ってレスはやいなチョパーリ。もぅ寝ろや

649 ::03/12/25 01:54 ID:4dOEzf2C
http://book.2ch.net/test/r.i/poem/1048001701/

キムチっ
集計してくれっ!

650 :名前はいらない:03/12/25 01:55 ID:pHunBOl3
>>648
嫁と今セクースしてから、2人で書斎に1服しにきてついでに
PCちと開いてみた。
もう寝るよ。貴様もな、早よ寝ろ。
まあ貴様が何を言っても
「それでも今日はクリスマス」
なのよw伝わったかな〜俺のメッセージがw
サリエリ(評論以外に特技無し)くんよw

651 :名前はいらない:03/12/25 02:06 ID:d5leGqfV
飯を食らう
味噌汁かっ込む
梅干つまみ
また飯を食らう
繰り返しが心地よくて
何も考えずに繰り返して
飯を食らい
味噌汁かっ込み
梅干つまむ
リズムよく流れることが
なんだか楽しくなってきて
これは何事かに真理に近づけるのだと思い
飯を食うのを止め考える
思いつかない
考え付かない
どうしたことか
めんどくさくなったので
諦めてしまい
飯を食らう
味噌汁かっ込む
梅干つまむ
ぁ、
こういう事なんだな

652 :名前はいらない:03/12/25 02:37 ID:i+bxOn//
>648 お疲れさまデス。

653 ::03/12/25 02:52 ID:4dOEzf2C
>>651真理の登場に戸惑った。読み返し旋律の良さを感じた。それは文中にもある飯味噌汁梅干しの繰り返しに真理へ何気なく至る旋律の心地よさだと。辞書で調べてみた。真理-存在するものの肯定-この一文に当てはめC。真理は膨大だ。

654 :名前はいらない:03/12/25 03:36 ID:e6bWT+bd
〜クリスマス〜
世の中は 忙しく動き回ってる
街角では 楽しそうなジングルベル
幼い少女が駆けていく
楽しそうな笑い声
ただ、じっと見つめていた僕
そっと、笑顔で僕に触れる小さくてあたたかい手
僕は ずっと微笑む
ケンタッキーの店の前で
捨てられるまで

追伸.道頓堀には 捨てないで!僕は泳げ無いから…

655 :名前はいらない:03/12/25 03:49 ID:d5leGqfV
>>653
評価ありがとうございます。
思ったより高評価ですm(_ _)m
なんか、評価されるのって創作意欲を掻き立てられますね。

656 ::03/12/25 04:01 ID:4dOEzf2C
>>655
評価させてもらって、まだしも、意欲を増してもらえるなら、僕は嬉しいです。ありがとう。

657 :しんしん:03/12/25 04:06 ID:978ci1tO
>>651
俺飯食うとき いつも一品一品分けて 食べてしまう
バランス良く食べろって いつも言われる
俺の人生も バランス悪いんだろうな

658 :名前はいらない:03/12/25 04:20 ID:7QJilYDm
[尽くす女]

泣きたくなったら此処に来て
涙が出ないように
その目を刳り抜いてあげるから

叫びたくなったら此処に来て
二度と開かないように
その口を縫い付けてあげるから

消えたくなったら此処に来て
欠片を残さないように
その体を食べてあげるから

659 :人間のクズ:03/12/25 07:33 ID:1jAr8V5U
「ホワイトライン2」

霧雨の中バイク乗りたちは走る
可愛いあの子はひょうたんのよう
バイク乗りたちは皆あの子を目指す
外灯の明かりは細く 回り続ける車輪を写している
僕はバス停に座りタバコ吸いながら
やきついては過ぎていくバイク乗りたちを見ていた
僕のブーツは鉄のように重く歩くのが億劫な夜だった
あの夜がもしも絵なら
僕は誰を絵描きと呼ぶのだろう

ホーボー達はホワイトラインの上を行く
ひょうたんみたいなあの子を目指して
彼らもまた可愛いあの子がお目当てだ
夕陽の下 影は背伸びしたまま地面に寝そべってる
僕は相変わらずここに座っていた
影は固い地面を泳ぐように僕を追い越していった
僕のブーツは鉄のように重く歩くのが億劫な夜だった
あの夜がもしも絵なら
僕は誰を絵描きと呼ぶのだろう

660 :名前はいらない:03/12/25 09:54 ID:2YwbC0zs
誰かに押し付けられる事も押し付ける事も負担と思うなら
雪灯りに染められた朽ちた牢獄に閉じこもればいい

誰かと共有した記憶が 僕の影を縫いつけようとする
預けておいた信頼が 頼みもしないのに腕を引っ張る

全ての花が すべからく散るように
全ての理は 終結を宿し生まれる

金属のようなロジックは 他愛もなく僕の胸に突き刺さる
かつて在った僕自身は 夜月にさえ照らされぬ足跡の奥

時の先へと続く橋を燃やし 苛立つ優しさを振り切った
万物を覆い隠した白海を 汚染しながら僕はただ進む

全ての時が 偏り無く過ぎていくように
全ての物に 消滅は義務となっている

静寂と孤独の牢獄は 自身に耐え切れず瓦解した
静寂の安らぎと孤独の慈しみさえ選べない 人生

そうして僕は 不様に境界線の上を歩き続ける
苦笑いを仮面に貼り付けたまま

661 :名前はいらない:03/12/25 10:09 ID:QWIxRrk6

記録という作れるものなど受け入れず
記憶という曖昧なものなど信用せず

だから君の存在などないのだ

君とすごした日々など最初からなかったのだ

662 :響子:03/12/25 11:32 ID:mrlo04Cx
あなたは全てにおいて負が嫌いでした
敗北を忌み嫌い 誇り高く生きていた

死の柵で 彷徨っても

あなたは誇りを忘れることはなかった

撃て、と最後の力を振り絞っておっしゃった

止まぬ砲撃の中
あなたは召された


663 :アレック:03/12/25 13:03 ID:92YRnf4W
『あなた』できれば評価お願いします

いつからだろう この想いは愛へと変わっていた いつもと同じ君の服 いつも
と同じ君の後ろ姿 いつもと違う君の横顔 想いを伝えた 深夜零時の鐘がなっ
た 君は照れ臭そうに僕に笑顔をくれた 僕は それだけで良かった 君の笑顔
が好きだった 彼女を泣かせた奴らを殴った それで君が幸せなら それだけで
良かった だけど君は泣いた 泣いて帰って行った 夜に来た一通のメール も
うあなたには会いません 僕は 過ちに気付いた 僕は泣いた 僕は奴らと同類
だ やるせない想いが胸を突く 僕は走る 君への想いを乗せて たとえ僕
が消えてしまっても この想いは決して消えない 永遠にさ迷え恋心 想いよ届
け 好きだ 人生に一度だけの僕の祈り あなたに逢いたい あなたに謝りたい
 あなたが 大好きです



664 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :03/12/25 13:45 ID:nBA60Rzu
>>563 北さん
B評価ありがとうございました。
すごく嬉しいです。
あなたの言葉一つひとつが私たちを大きく成長させてくれるのだと思います。
このスレとともにこれからも成長していきたいので皆さんのご指導、評価の方よろしくおねがいします。

665 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :03/12/25 14:00 ID:nBA60Rzu
[調律]

黒い世界に浮き出た
白い思考の文字ども

埋め尽くして
脳が白くなる
不安定に繰り返す日常
枕に頭の跡を深く残す

出来ぬことなら四肢でも数え足りない
出来ることなら1を満たすほどもない

足踏みだけで穴が出来そうだ
闇に向かって振れる腕もない
バイオリンの弦が狂ってしまう
治すピアノはもう壊れてやがる

666 :名前はいらない:03/12/25 14:19 ID:bE2ZZ7cf
「スーパーハイウェイ」

高速道路を疾駆して
トラックの数、およそ40万台
どこへ向かうのか?
それは、工場、そう、工場かな?
パッキングされる流通工場だ!
いや、ゴミ処理場かもしれない
燃えるゴミと
燃えないゴミとが
分別されて
レール、ガードレール
アスファルトで舗装されし道路
道路公団? インターチェンジ!!
パーキング・エリアで休憩
Nシステムだって、全開だい!!
トラックの行き先のひとつには、
発電所。
風力、火力、原子力。
電線めぐり、電柱そそりたち、鉄塔がそびえる。
トラックが最後に行ったのは、最終組み立て工場

667 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/25 17:03 ID:zj6qstfk
>>527
C;言いたいことは分からないこともないけど、
それが何に対してなのかが分からなかった。

>>528 D;アホっぽい
>>543 D;訴えに共鳴できない
>>544 D;語彙増やしておいで
>>546 E;ほざいてろ
>>547 C;ハンサムボーイ
>>549 D;いや、青いよ

668 :名前はいらない:03/12/25 17:11 ID:iWYQqhH6
やふちゃ 最悪 26才のやつみただろあれが正しいオフ回だ

669 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/25 17:17 ID:SOiwNkBT
>>649

あー 悪りぃ寝てた てめーの作品が1票差で勝ったみたいじゃないか
青の4票と赤の3票。なんならこの2つを比べて見ようか?で、下の図

>>671青 ←抑揚(ヘタレ固定)
>>674青 ←快楽童子 ◆plhXCa4.HY
>>676青 ←ウノ ◆mdm4jQk4Iw
>>677青 ←局部愛好家の名無し 、自由参加者

>>672赤 ←これが俺様
>>678赤(変更) ←名無し、自由参加者
>>680赤  ←名無し、自由参加者

わかるか?てめーが「北」というブランドイメージだけで勝っただけで票は固定支持者の3票で勝利したんだよ
赤と青の作者が逆の場合でも結果は逆になったろ。レベルの低いくだらん企画だ、ただのピエロゲームだな
時々暇な時あっち覗いて投票してやるから飽きるまで馴れ合ってろチビ

670 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/25 17:18 ID:SOiwNkBT
>>614
出張サービス受けたわっておりまつ、有料になりまつが宜しいでちょうかってまぁいいけどさ。。 お題わかんねから無視して進める

(>113)10段階で3 繋がりを意識すると完全な素人、ってかこれ真面目に評価した方がええの?アドレス張りつける当り斬新的だなをい
(>118)10段階で2、詩なのかこれは…。「ぼくらの世代」と使い捨てでなく表現できると良い、もぅ完全に言い放題だな。構わんから詩ね

>>650
スレ違い ってか一々酷評されたからって俺様になつくなヘタレ 別に用ねぇよアンタ


>>609-610 >>615-617 >>620-621 >>631-634 >>636-637 >>654 >>658-663 >>665-666 (計・21作)
評価する香具師募集中、自分が気に入った作品だけでもランク付けるだけでも一切問題無し マジでお勧め
今から明日まで遊びに逝ってきまつ 今日は評価するのウリ無理でつ さいならさいなら

671 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/25 17:18 ID:zj6qstfk
「りかん」

腐りかけたその果実を
たたみかけたくちづけを
消しゴムは消さない消えないあからさまに筆圧で形が浮き出た付箋

りかん 育てよと零度の水をぶちまけた
それから黙ったままりかん死んでしまったのか

温もりの為に火を放った
かすがいなるりかん

薫り高きその果実を
鼻へ押し付けた
ナマゴミはくずかごくずかごくずかごに捨てては匂いが残る嗚呼りかん

672 :名前はいらない:03/12/25 17:24 ID:DEqVXC2N
こんな日が来るとは思ってもみなかった
君が僕を打ち倒すなんて
はっきり分かる これは愛なんかじゃない 死だ
この感覚 これこそ死と呼ばれるものだ
僕は愛を恥じずには生きられない
その代わりに僕は命をゲームに晒したい

時々 獣じみた欲望に身を焦がす
まるで後部座席の子供だ
愛の欲望 病んだ夢
病んだ夢が僕を自由にする
見れば分かるだろ いちいち口に出すなよ

この道が今までで一番険しい道
僕の夢をハンマーで打ち砕いてくれ
今までの全てから抜け出すために

太陽が沈んだら出発しよう
僕の心の糸は今にも切れそうだ
そうしたら もう僕はただ歳をとっていくだけ
足跡も残さず砂に埋もれて いつのまにか消えてしまう
今すぐに出発しよう

丘の向こうのずっと向こう 弾痕のついた車を走らせる
誰も見たことがないような場所に行くんだ
愛なんて足手まといだ

夜明けの門を重く冷たい車輪が乗り越えると
僕の夢は音もたてずに崩れ去った


673 :名前はいらない:03/12/25 17:43 ID:EPAc8JjX
「ギター」

ソリッドボディに金属の弦を張って
チェリーバーストをかき鳴らしてみる
指からピックへ、ピックから弦へ
弦からボディーへ、ボディーから僕の腹へ
振動という波が伝わって非常に心地よい

その振動を味わいながら夢見心地で歌を歌う
ロックか、ブルースか分からないけれど
メロディーは散乱してしまっている
でも、その一音一音に魂を乗せよう
腹からのどへ、のどから空気へ
空気から、君へ・・・君の心へ

隣にいて欲しいと思うから
ただ魂をすり減らし歌う

ピックアップからシールドへ、シールドからアンプへ
電気信号を流し込み、アンプから音を出す
少し歪みがちのその音は
僕の脳を揺らして、君への思いを高ぶらせる

かき鳴らし、歌う、かき鳴らし、歌う
君を隣につなぎとめておきたいから
かき鳴らし、歌う、かき鳴らし、歌う
君を隣につなぎとめておきたいから


674 :名前はいらない:03/12/25 18:07 ID:/jjNotQg
【ゴールデンレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です

675 ::03/12/25 20:57 ID:4dOEzf2C
>>669
キムチごくろー!

いいねぇ、北ブランドかぁ。


俺コテ変えようかな。

シャトーDE北


よしこれで決まり!



676 :名前はいらない:03/12/25 20:58 ID:yVesWEm8
『blue angel』

傷ついた羽抱えてそれを伸ばす事も出来ずに
天使はこの街に舞い降りる
汚された街彼らは一督して空を見上げた
悪魔を睨みつけ歩き出す

憎しみを込めた目は神々を震え上がらせた
その事を彼らは気にせず
その羽を破り捨て闇雲に走り始めた

白い空見上げ彼らは叫び続けた
それは喚きに近く
人々には嘆きのようにも聞こえていた

崩れ行く明日求めてそれを信じる事出来ずに
天使はこの街を壊し出す
奪われた自我全てを消し去るため唾を吐き出し
悪魔を薙ぎ倒し歩き出す

歩くのをやめた足神々はあきれ果てていた      
その事を彼らは気にせず
その羽を切り付けて存在を否定しだした

黒い雲見上げ彼らは狂い続けた
それは自虐に近く
人々には言葉のようにも聞こえていた

677 :シャトーDE北 ◆tr.t4dJfuU :03/12/25 21:32 ID:4dOEzf2C


斜めに歩道をブっ飛んで、市バスに脳味噌を吸われている。極度のなで肩で、黒鞄の中身を北風に落としもの。信号の明滅に命が危ない!
白い梯子を這うゴキブリは、何故だか天に召され易い。サラサラゆくよ髪の毛よ、ガラスに映る禿頭。それでも奴はブっ飛ぶよ。煤けた歩道の街路樹よ、銀杏の実は臭いんだ。

678 ::03/12/25 22:40 ID:4dOEzf2C
>>609
これは手記ですか?E
>>610
前半、違う〜で文章を連続させて、夢で締めているが、作者の気持ちのこみあがりを感じれば感じるほど僕の気持ちは冷めてしまいました。もう少し文章配分を意識して、組み替えすべきだと。E+

679 ::03/12/25 22:47 ID:4dOEzf2C
>>615
うまいっ!とは言えません。何度か読んで昨日と明日と今の関係が解りましたが、読み手に何回も繰り返し読ますには、それとは別に全体から特異に引き付ける雰囲気が必要かとE+

>>616
18禁スレへどうぞ。

680 :651:03/12/25 22:51 ID:d5leGqfV
山のふもと
湖のそば
少年と老紳士

二人は釣りをした
一匹の魚が引っかかる
少年は言った
「ほら!みて!釣ったよ!魚を釣ったよ!」
老紳士はこう言った
「魚を釣ったのではない」
少年は不思議そうな目をして老紳士を見た
「魚が釣られたのだよ」

二人は料理をした
出来上がって一口食べる
少年は言った
「おいしいね!この魚、美味しいね!」
老紳士はこう言った
「魚が美味しいのではない。私が美味しく作ったのだ」
少年はあきれた顔をした

二人は焚き火をした
夜がどんどん更けていく
少年は言った
「火のそばって暖かいね!ぽかぽかするよ。」
しばらくして老紳士はこう言った
「火が暖かいのではない私たちが暖かいのだ」
少年はもう眠っていた

まばゆい光に少年は目を覚ました

なんて、すがすがしいのだろう!

681 ::03/12/25 22:51 ID:4dOEzf2C
パス

>>620
すんませんわかりません。
>>621

わかりません。
もう少し分かりやすい調子で書けば解りやすいかも。

682 ::03/12/25 23:05 ID:4dOEzf2C
>>680
この詩をどう受け止めるか?それはかなり豊かな人生観を要すると思う。

−魚が釣られたのだ−
この円錐を逆さにした様に、一つの事実から膨大に広がるその意味。
釣られた魚は馬鹿なのか?
いや違う、けしてそうじゃない。

私の解釈例その1

魚が釣られてくれたので、私は今日はもう魚を釣らなくてよいのだ。

私は詩とは解るにつれてその意味は定まるものだと思う。だから自分の境涯に合わせB

683 :651:03/12/25 23:35 ID:d5leGqfV
おぉ!B!!ありがとうございます!
なんか、凄い嬉しいなぁ。

>魚が釣られてくれたので、私は今日はもう魚を釣らなくてよいのだ。
ほうほう!そういう捉え方もあるのかぁ!
詩って言うのは話し手と聞き手の捕らえ方の違いがあるのがまた勉強になっていいですね。

684 ::03/12/25 23:49 ID:4dOEzf2C
>>683
詩の意味が読み手と作者で違ってはいけないよ。だからその意味をひとつにするのに詩人を苦労するんだよ。と僕は思う。
だからあなたの詩の意味がスパッと一つの何かを浮かび上がらせていたらAだっかもしれない。誤解のないように。念のため。

685 :吾輩はウマシカである:03/12/26 00:18 ID:OHJZFSvd
「しにがみくん」

今 僕の目の前に しにがみくんが独りいる
お前を殺すそのために ここに来た と しにがみくん

チイサナ体をふるわして ぼそぼそっと呟いた

蛍光灯の人工の 白い光が背後から
しにがみくんを照らしてる 僕しかきっと見えてない
僕の見えない後ろから なにかが僕を照らすけど
しにがみくんのと同じくらい 弱く照らすこの光
きっと同じ蛍光灯


思えばあれは母さんが まだ僕といた昔の日
僕はなぜだか幼くて そらになれると信じてた
おばけもいると、知っていた

昔やあの日が輝いて 今日が暗く見えるのは
きっと 君さ しにがみくん 君がいなかったから
光を見るそのために 君が必要だったから



686 :吾輩はウマシカである:03/12/26 00:19 ID:OHJZFSvd
今 僕の目の前に しにがみくんが僕といる
実は俺はお前だよ 死んだ後のお前だよ
あの世で幸せになるために お前を殺せといわれたよ

しにがみくんは僕を見て カナシイ顔してそういった

お前と俺とは そもそもは 初めは一つだったんだ
ところがいつか駄々こねて 此処に来たいといったのさ
この場所に来るため仕方なく 一つが二つになったのさ
なあ 生まれた後の俺 俺にはお前が不可欠だ
どんなときも俺達は 裏と表でいられなきゃ
幸せには なれはしない
これは絶対なコトなんだ

しにがみくんは溜息を 深く深くついて言う

だけど 俺は俺の手で お前を殺せそうにない
たのむ俺よ ダメならば 自分の手で死んでくれ
たのむ俺よ 進むなら 俺を連れて行ってくれ
俺には行き場所がない お前のそばしか場所はない
頼む俺よ この俺に 無理をさせないでくれ

僕はちょっと考えて まぶしい光に眼をやった
たとえこの眼が焦げようと まばたき以外 閉じないぞ

ボクラは約束を交わし 僕はぼくを見送った
しにがみくんは「またあおう」言って鏡へ消えてった

687 :名前はいらない:03/12/26 00:26 ID:J9Twuq85
>678
手記っス。評価感謝。

688 :651:03/12/26 00:32 ID:pA5ZJcdp
ほうほう。そうなんスかぁ。
Bもらって舞い上がってしまってすみませ。
何せ、詩を12月から始めた初心者な者で・・・・・

689 ::03/12/26 00:40 ID:LxFA1IQ/
これは生きている限りでは中々答えの出ない問題ですね。何故生きてるのかなんて
皆わかんないだろうし。私はまだ解りません。しいて言うなら世界には生きていたくても死んじゃう
人や元気になりたくてもなれない人がいます。だから私はとりあえずは死のうとは思いません。
たまに、「死んだら産まれ変わって楽しく生きれるかな」って思うけど、やはり
命がもったいないと思うから生きてます。てゆーかこれは皆答えなんて解らないし、人それぞれだから聞くのが間違い
じゃないでしょうか???

690 ::03/12/26 00:42 ID:LxFA1IQ/
すいません。私が前に書いたコメント、書くとこ間違えました!すいません!
初めてここで書きこするので・・・。すんません!!!

691 ::03/12/26 00:42 ID:h1GjR2kW
>>688
いやいや舞い上がって、喜んでください。私の意見は私のもの。あなたの心のすべてを奪うことは出来ませんから。(*^_^*)そしてあなたより詩作の期間は長くても私もまだまだ初心者です。
だからいつか自分で気づけるまで行しましょう。
喜びが深ければ深いほど痛手もデカい。でも畏れることなかれ!なんつって(^o^)/

692 ::03/12/26 00:51 ID:LxFA1IQ/
〔また〕
今年もそろそろ終わります。けれど、貴方との想い出が、また、遠くもなりますね。
思い返せばいつも、
私は貴方に甘えてた。
けれど貴方はいつも、優しく微笑み返してくれてたね。
我が儘な私にいつも、その微笑で包んでくれてた貴方。

貴方は今、空の上で、
この紅色を
見て
いますか?
私は貴方と
この紅色を
見て
いたかった。

ほら・・・。
もう新たな年になりました。
ほら・・・。
また、貴方が遠くなる。
今でも目を閉じると、貴方がいて。
私を優しく温めてくれる。
ほら。また。

溢れた・・・。

693 :溺れ:03/12/26 00:56 ID:YqspxWh3
切り刻まれた海は
あてもなくばら撒かれるけど
海に溺れていく子供達の風景を
ガガガッ
夜空は静かに見おろしている

威風堂々たる音楽に
撃ち落されて 小鳥は
錯乱する透明のただ中を
飛翔よりも高く飛翔するように
月!永遠に堕ちて続けるように
目を閉じることができない

ぎこちない生き方をしてきた人間には
世界はあまりにも滑らかすぎる
一歩 一歩 前に進むことさえ
細い糸で丸められていく呼吸停止

人間は理解するということを理解することができるのか 畜生!
求めあい欲しあい殺しあい愛しあい

世界は空洞の溝だらけ!
おぼつかない夢の中の夢で私は!
現実ばなれした現実をきつく噛みしめるだろう!
胸に突き刺さった剣から滴る凍えた血さえも
もはや現実となった!

694 :名前はいらない:03/12/26 01:03 ID:ee2CS27x
んじゃ俺がちょこちょこと…

>>620
C 簡略したらそれが答えなんだけど それがどうしたって漢字だぎゃああ
>>621
?? ごめ ワケワカラン(AA略
>>631
E 言いたいこたぁ解ったつもりだが 結局主人公の言う振幅のかたっぱなんじゃらホイ
>>632
C カタカナ語が集中してるとこのリズムは良いとかんじた けどカタカナ語ワカンネェンダヨオオオオオ
>>634
E+ マッチ売りと後半との対比は無理があるような ないような
>>635
E 説明いるくらいのタイトルなんかイラネ 少し使い古されたアレだね
>>636
悪いね パスする
>>637
君がいたからどうこうってのもどっかで聞いた事あるビョーン まぁ実際来いなんてそうなんだろうけどね

でも結局人に見てもらうものなんだから 
詩を書く→呼んでもらう→飽きる→飽きさせないように って漢字にしないと


695 :辱唇:03/12/26 01:09 ID:8qoLVE0r
食って吐いては 泣くんだよ
いつもそうして いるんだろ
なんてことは ないのだけれど
つまらぬ顔で 見ていよう

右も左も わからぬうちに
全てがお前を 通り過ぎ
手にしたものさえ 掴みきれず
面白い顔 面白い体


696 ::03/12/26 01:09 ID:LxFA1IQ/
溺れ様>すいません。私がこんな事言えないんですが私的にはCだと
思います・・・。(本当にすいません)なんと言いますか、伝えたい事は
なんとなくわかるんです!解るんですが・・・。何かが足りないのです。
後、もう少し、統一したほうがよかったような気がします。スープはうまいのに
麺が少しのびちゃった!!みたいな。(意味不明)こんな感じです・・・。

697 ::03/12/26 01:31 ID:h1GjR2kW
>>685-686
まずこれだけの長文を五七に語数を合わした努力が凄いなと。
しかし長文になりすぎて、後半から重たくなっている。言いたいことを後半に凝縮するよりも全体に疎らに散りばめた方が良いかと。前半の楽しく切ない不思議な空間を維持してほしいと思った。或いは要所を押さえるかしないと逆に五七が邪魔になってしまうと思った。C+

698 :吾輩はウマシカである:03/12/26 02:16 ID:OHJZFSvd
>>697 後半に重いものが偏りすぎていますか・・・反省します。
五七は意図的につけたものではないので邪魔になってしまったみたいですね。
次からはもっと意識してみようと思います。

699 ::03/12/26 02:19 ID:7Q9EyDkb
[悪魔]
失敗作・悪魔・出来損ない…
貴女は事々く私に罵りましたよね。

でも
こんな私を産んだのは貴女
私だけが悪いんじゃ無いんです。
悪魔に育て上げたのも
お母様…貴女なんです。
完璧主義者な貴女が
こんな失敗作で出来損ないな私を
貴女が産んでしまった等と認めたく無いのは
痛い程解ります。
私には[心]が有りますから。
貴女には持ち合わせて無い
人を愛し慈しむ心を与えられ
生まれて来ましたから。
悪魔だと言ったのは
私が他人を慕ったからなのでしょう?
貴女は捨てられたく無いから
独りになるのが怖いから
私を哀しみの鎖で縛る
解っていて独りにする私は
確かに悪魔なのかもしれませんね。
天使じゃないですから
何時までも優しくなんか出来ません。
私は自我があります
冷酷で冷淡な悪魔が
私の心に巣喰っているのですよ。

700 :雛(続き):03/12/26 02:20 ID:7Q9EyDkb
異常者・痴女・半狂い…とも罵りましたね。
でもそれは貴女
自分を私に重ねているのですね。
だから尚更許せない…
可哀想な貴女

口ではゴメンナサイ
…そう言えば満足するのでしょう?

701 ::03/12/26 02:23 ID:7Q9EyDkb
[言わないで…]
その顔で
その声で
同じ姿形してるだけじゃ無くて
言う事まで同じなんだね…

ヤメテよ!
勝手に聖域に踏み込んで来ないで。
一体何を望んでるの?
私に何を欲しているの?
雫を辺り一面に飛ばしたらいいの?
アナタの目の前で切り刻んだら気が済む?

702 :吾輩はウマシカである:03/12/26 02:24 ID:OHJZFSvd
少年たちは今歩みだした。
それは挑戦への第一歩だ。目の前には輝かしい未来が待っている。
しかし・・・。
待てよ、そんなにうまくいくか?
誰かが静かにつぶやく。
過去を思う。
帰れなくなる気がする。もしかしたらこの一歩は、逃避への第一歩かもしれない。
そうだ、きっとそうだ。これは破滅の一歩なのだ。
地獄のサタンが自らと同じ苦しみを彼らにも味あわせんと、彼らを、その憎しみの力のすべてを使って引き寄せようとしているのだ。
もうここには二度と戻ってはこれまい。名残惜しい。気づいていても足はもう踏み出してしまった。
いやだ、どうしてもここに残る。たとえ進んでしまっても、ここのことは絶対に忘れやしまい。
少年達は振り向いた。過去の懐かしさに。母の胎内の持つであろう優しさに。
彼らが見たのは、悪魔の手招きだった。

・・・詩じゃありませんね。

703 :雛(続き):03/12/26 02:24 ID:7Q9EyDkb
もう構わないでよ
聴きたくない!

聞こえないよ聞こえないよ!何にも聞こえない!
何にもね!


中途半端に入って来て出て行くなんて
卑怯だよ!
ちゃんと責任とってよ!
私は説教が聴きたいんじゃない!
本当のアナタの声が聴きたいだけ。
アナタの為に私は
堕ちた…
アナタが無理矢理あんな事しなければ
私は純潔な天使でいられたのに!!

此処まで堕としてもまだ足りない?
私が汚れ堕ちて行く様がそんなにも美しい?
だったら何処までも堕ちてあげる。

けど
もうアナタの声なんか聴こえない
聴きたくない聴きたくない聴きたくない!

704 ::03/12/26 02:27 ID:7Q9EyDkb
[死ねば良い]Delete
こんな私なんて

死んじゃえ!

自分を見失った私なんて
もう私じゃないよ
どうして
誰も私の悲鳴に気付いてくれなかったの?
こんな私に成る前に…

もう遅いよ

私はもう居ない

誰にも必要とされないんじゃ
生きてる意味なんて
無いよね?

死んじゃえ!
こんなクダラナイお前なんか!


死ねば良いんだ!

705 :吾輩はウマシカである:03/12/26 03:04 ID:OHJZFSvd
ぼくらは落ちていく雨粒
雨雲母さんからうまれ きっと果てしなくおちていく
だけど となりの雨粒は 時々変なことを言う

この世界には底がある なんだか分からぬ底がある
こちかち もわふわ 知らないが
雨粒くらいは受け止める そんな固さの底がある

僕はフンとあざ笑い となりの彼に ささやいた

この世界に底はない 皆みんなが落ちていく
あったとしても とてももろい
この流れがとまったら 其処は壊れてしまうだろう

706 ::03/12/26 03:07 ID:h1GjR2kW
>>702
勝手に詩っぽく書き換えてみました。すいません。

少年は歩む
時と共に
背中に広がる海
母を背に

少年は歩む
そこは暗闇で
静かに目を閉じ

そして力一杯に

少年は歩む
過去を背に
そして未来へ

少年達は挑む



707 :吾輩はウマシカである:03/12/26 03:13 ID:OHJZFSvd
ところが だんだん見えてきた みんなが行き着く底の底 
青くて丸くて大きくて 何がなんだか分からない
隣の彼にきてみる「ポリバケツというんだよ」
彼は悟ったようだった

ぼくらは落ちていく雨粒
いつかは一つになるらしい
僕よりちょっと先のやつ もう皆とあわさった
だけど僕は 拒絶する 決まった形は拒絶する
・・・僕の形は僕が決めるんだ!僕は皆じゃない、皆は僕じゃない。
僕はソコを突き破り 再び落ちる旅に出た 終わりのない旅に出た
僕はそれが好きだから

708 :人間のクズ:03/12/26 03:14 ID:x3jT516Y
死にたい者に
傷ついた者に
病んだ者に
全ての人に月並みな言葉をおくる
愛する者にそうするように

709 :吾輩はウマシカである:03/12/26 03:15 ID:OHJZFSvd
707、3行目・・・隣の彼に聞いてみる、です

710 :吾輩はウマシカである:03/12/26 03:17 ID:OHJZFSvd
遠い昔からすきだから
↑を707の最後に付け加えてください

711 ::03/12/26 03:18 ID:h1GjR2kW
>>702
あなたの作った詩の意味が僕に理解出来ていたら、
もしそうならば幸いです。評価はCです。一度詩を作る時に伝えたいことで全部を埋めようとせずに、景色等情景を用い読者の空想に任してみるのも手かと。そこであなたの詩に秘めたあなたの感動が読者へそのまま伝われば嬉しいかと。


712 ::03/12/26 03:28 ID:h1GjR2kW
>>708
いいすね。言霊ってそういうことなんかな。A
>704に捧げてあげてください!

713 :吾輩はウマシカである:03/12/26 03:30 ID:OHJZFSvd
>>702 北さん 情景描写ですか。精進します。706、すごいですね。私の書いた文を理解してくれて、さらに前向き描写です。前向きを書きたいのに暗くなる傾向が強いので、そう言った点も直して生きたいと思います。

714 :名前はいらない:03/12/26 03:41 ID:EHN6TFOz
どろどろ

そいつの背中は どろどろしているのだ
顔も お腹も 手足も 尻も どろどろしているが
わたしは 背中のどろどろが いちばん好きだ

どろどろ どろどろ
いちばん好きだ

心電図みたいなコブが もっこりもっこり 生まれて
しだいに形を変えながら ゆっくりゆっくり 落ちていく
どこから生まれて どこに落ちていくのか
それは誰にもわからない そいつにだってわからない

どろどろ どろどろ
そいつにだってわからない

踏み台にどうぞと さしだす背中は
どろどろ
大きな絵の具箱を かついだ背中は
どろどろ
ひるがえしたマントに かくれた背中は
どろどろ

どろどろ どろどろ

715 ::03/12/26 03:41 ID:h1GjR2kW
>>713
いえいえとんでもない(*^_^*)

力不足ですが何気なく、

-そこは暗闇で-

の一文に、

*未来は誰も知らない闇であること*母の胎内も暗かったこと
*海が明るく映らないように
描写して比喩してみたつもりです。

ではでは頑張ってください!



716 ::03/12/26 03:42 ID:FCLexjqj
理解される事は難しい。
だけど
理解するのは
もっと難しい。

愛されることは難しい
だけど
愛する事は
更に難しい。
私は望めるかな?「理解することを」「愛する事を」
私は常に願えるかな?「理解したい」と「愛したい」と
私は思うかな?「理解して欲しい」と「愛して欲しい」と。
理解する事は難しい。
愛する事も難しい。
だけど
私が望み続ければ
それはそんなには
難しくなくなる


かもしれない・・・。

717 ::03/12/26 03:46 ID:FCLexjqj
716・692の評価、お願いします。思った事を言っていただければ嬉しいです。
厳しくお願いします!

718 ::03/12/26 03:53 ID:h1GjR2kW
>>716 >>692
言いたいことはよく解ります。
でも言いたいことを伝えるだけなら詩以外にも方法あると思いますよ。あなたにとって詩とは何か?それは僕にも解りませんが、例えばただ単に-山の様に大きな人-では詩にならないと思います。全体の見た目や、また浮かび上がる心象を意識して感動を与えてください。よろしく!

719 ::03/12/26 03:55 ID:FCLexjqj
綺麗な言葉は汚い言葉。心にもないことを他人は言うから。
汚い言葉は人間そのもの。他人の幸せが嬉しいなんて口が裂けても言えないわ。
人の不幸は蜜の味。なんてすばらしい言葉なの。

他人の不幸が私の幸せ。
他人の苦痛が私の快楽。

優しい人間なんていやしない。
皆天使のお面をつけた悪魔たち。

他人の不幸が訪れたとき。
天使の顔は
悪魔に変わる。

貴方の周りにも。
ほら。

天使の顔にご注意を。

720 ::03/12/26 04:00 ID:FCLexjqj
>>718
なるほど・・・。勉強になります。私はよく思うのですが、詩ってなんだろうと考えます。
私には、心にあるゴミを駆除してくれる。そんな道具(?)みたいな感じです。
だから例えば感動したものや、何か衝撃が走ったときとてつもなく書きたくなります。
皆さんにとって詩とはなんでしょうか???

721 ::03/12/26 04:05 ID:h1GjR2kW
>>720
>詩ってなんでしょう?
またこれは恐ろしい質問を‥。
>>719
−わたしはあなたのがんばりで生きている−
の一言で終始してしまいそうですD
詩とはなにか?
数学と云う詩人もいますし、もうそれは様々ですよ。でも詩は手記や日記や詞等とは違う。詩っていったいなんでしょうね?

722 ::03/12/26 04:08 ID:FCLexjqj
>>721
Dですか・・・。修行します。
数学だと困りますね・・・。(そりゃとてつもなく)
しいて言えば答えがない問題ですかねぇ??

723 ::03/12/26 04:14 ID:h1GjR2kW
>>心さん
それについては、僕ならば
「現代詩讀本」
☆村野四郎著
河出新書をお薦めします。
ついでに僕にとって詩とは言葉パズルです。

724 :マリア:03/12/26 04:18 ID:FCLexjqj
本当に思う事   なんて   無い気が   する。

本当に考えたことなんて 無い  気が  しないでもない。

曖昧な世界にいるのは  それなりに  心地よい  けど

そこで自分の成長が  止まってしまう気が   する

自分の意思は  あるけれど  貫き通す力は  無い  な

曖昧な自分は好きではないけど  嫌いでもない

曖昧な自身
だけど別に  嫌じゃない

曖昧は中途半端   かも  しれない

けど   

自分は  曖昧が    結構好き       かも

725 :ネル:03/12/26 06:19 ID:5E6rKRHI
好き嫌い関係なく
偶然、知り合った
可愛い彼女
未来のお嫁さん
私が先に気付いたの
貴方の婚約者だって
彼女は知らない
私の事は
綿菓子みたいな貴方の幸せこの手で壊してみたい
油断しては駄目よ
砂糖菓子の花嫁さん
私、甘い物嫌いだから

726 :人生:03/12/26 06:57 ID:WYquTvSF
上を目指しひたすらに坂道を登る。
先はまだ遠くゴールも見えない。
長く、長く続く坂道。

ふと振り返る。
これまで自分が登ってきた足跡。
遠くに見える出発点。

それぞれのペースでそれぞれの坂道を歩む。
時には引き返すこともあり
時には別の坂道を登り始めることもある。

それでいい。
正解なんてない。
優劣なんてない。
強いて言うならば、迷い悩み進むことが最良の道。

727 :名前はいらない:03/12/26 08:03 ID:oxMpsfLr
>>726
おまえのはすでに詩ではない。

728 :ネル:03/12/26 15:12 ID:5E6rKRHI
蛇口の水滴
ポタン、ポタン
落ちなさそうで 堕ちて行く
溢れ出す 愛があったのは いつの頃
あなたの手の行方は
私の心では なかったの
涙のように 堕ちて行く
蛇口の水滴
ポタン、ポタン

729 : & ◆MMH3iTXXyg :03/12/26 15:42 ID:m96o6FqC
  「ㆆㆇㆈ」

강갦갺갩 걝걛 겎겍걺WWW
겞겜겖 겄 겅곌곊!!!!
겺겼 겣겴곓 곘곙곻괉!!!!
괾괩괧 굮굫。。。

730 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/26 15:49 ID:QPOYhGF+
>617 >621 >>633 >>636-637 >>654 >>658-663 >>665-666  >671-673

>676-677 >685 >686 >689 >693 >699-701 >703-705 >707 >714 >724-726 >728


>>694のランク評価だが作品投稿者からの反論&異議の申し立てが認められないため正式かつ妥当な評価だと認定しまつ
>>712アホかてめーはふざけんなチビ >>708 D-

ウリが1晩いないとこーなるのか。。もう閉鎖した方がいいんじゃねーかここ。。つーかこの数は異常ポ 逃げるポ

731 ::03/12/26 16:05 ID:Q+uiMgsz
上げます↑

732 :名前はいらない:03/12/26 16:21 ID:GRCrK54O
696 :心 :03/12/26 01:09 ID:LxFA1IQ/
溺れ様>すいません。私がこんな事言えないんですが私的にはCだと
思います・・・。(本当にすいません)なんと言いますか、伝えたい事は
なんとなくわかるんです!解るんですが・・・。何かが足りないのです。
後、もう少し、統一したほうがよかったような気がします。スープはうまいのに
麺が少しのびちゃった!!みたいな。(意味不明)こんな感じです・・・。

貴方の文も充分麺がのびてまつ
その傲慢さを軽蔑しまつ




733 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/12/26 16:38 ID:YqspxWh3
『溺れ』を書いたのは僕ですが、
732さんは僕ではありません。
だけど、麺がのびているって言うのは、ちょっと凹みました(笑)




734 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/26 16:44 ID:5cKry5/u
・前に投稿した作品がまだ評価されてないのに、次の作品を投げてくる奴は、
 評価なんてどうでもいいのか?評価を踏まえて改善しようなんて考えてないのか?
・このスレに「age」だけの書き込みなんていらねーだろ?空気嫁よ、クソが。
・「>>XXX評価してください!!」じゃねーよ!!順番なんてお構いなしかよ。
 (これはオレも言うが、オレは他の作品評価した上で言ってるから許される。神が許す。)
・あとこれは疑問なんだが・・・5段階なのに「C+」とか「D-」とか、
 なんだそれ?5段階で評価しろよ。それとも5段階だけで評価するセンスが
 ないんでちゅか?オオボケ評価者さんたちぃ?
・あとさぁ、この板の改行制限が32行って決まってるんだからさ、
 よっぽどの理由がない限りその長さに合わせてこよーぜ。
 大して大作でもないのに、2-3レスぶちぬいてるの、見てて痛々しいよ。
 全部とは言わんが、ボク日本語少し不自由デスって言ってるのと同じ。
 あ、つーか、詩作において、必要のない言葉がたくさん含まれるって事自体が、
 効果として使う以外は、推奨されるべきことじゃねーんじゃねーのかボケども!!
・高評価もらった時だけ「評価ありがとうございます」とかレスしちゃうやつは、
 評価が低いときは、感謝してないのか?それなら高評価もらっても黙っとけよボケ。
・5段階スレ用の雑談スレが欲しいのか?要るなら立ててやるぞ。
 (投稿された詩に対しての云々は構わんが、話脱線しすぎ。ハゲちゃう自分ら?)

現状で行けば、このスレはpart4あたりでdat落ちするに4000poet

735 :名前はいらない:03/12/26 17:08 ID:54frPRCs
大した武器もないのに
強がるのはもう止めたら?
それじゃすぐに
自分の弱さ曝け出すだけ

でも安心してその時は
私が優しく撃ち殺してあげる

偉そうな言葉ばかり
並べるのはもう止めたら?
それじゃもう誰も
振り向いてなどくれない

でも安心してその時は
私が静かに絞め殺してあげる

貴方は守られてると勘違いしてる
こんな薄く脆い壁など
一発かましてやれば
すぐに壊れてしまう

優しい脅迫で
たぶらかさないで
あれからいくつ失ったと
思っているの

海面に顔をうずめてみたら?
もう二度と顔を上げられないでしょうけど

736 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/26 17:11 ID:QPOYhGF+
>>734
目に保険かけてるあたり可愛いな藻前 言葉遊びなんだから喧嘩売っても別にいーんだぜ?(ゲラ
まぁ適当に遊ぼうじゃないか って事で漢字2文字評価46

737 ::03/12/26 17:36 ID:h1GjR2kW
>>730キムチ
なんで評価に対しておまえに文句言われなあかんねん!A評価つけたらアカンのか?
おまえに対する罵りにおまえが自身が罵声をあげるのはかまへんわい。でも人の詩の評価におまえがいちいち口出しすんな。おまえがそんなボケたことするさかいに評価人が減るんちゃうけ?

738 :抑揚 ◆YKYOPugMGU :03/12/26 17:45 ID:5cKry5/u
>>736
オマエに「評価46」とか言われて素直に評価すると思ったんかボケェ!!

-------------
>617 D;キモイ、晒しageて欲しいの?
>621 C;軽快なリズムに潜む「Ah☆」に笑ったんでC。つか、笑わすな。
>633 C;タイトルだけは良い。あとはどうでもいい。あんまん食って寝ろ。
>636 D;キモイ、晒しageて欲しいの?前も言ったがそれっぽい言葉を並べてるだけ
>637 D;支離滅裂。しかも内容がチープ。テーマから練れ。
>654 C;いや、おもろいけど、イロモノだよな。本人納得ならそれでよし。
>658 C;くりぬいても涙は出ます。言いたい事は良い。言い方が変。
>659 C;雰囲気はいいけど、ダラダラしすぎ。読むのがダルイ。

739 ::03/12/26 17:47 ID:h1GjR2kW
つーことで俺もこのスレが嫌になった。評価にはその作者以外からケチつけられるし、
だいたい感謝されるために評価してんじゃないし。
--------------
みなさんへ
自スレでぽつぽつと評価さしてください。全部は出来ないかもしれませんが、マターリやります。ではでは。(′ω`)ショボーン


740 :名前はいらない:03/12/26 17:54 ID:CYz5IsCc
『チャリンコ』
僕が乗ってる赤いチャリンコ
めんどくさがり屋で ろくに手入れをしないから こいだ分だけ進まない
急いでいる時だって 立ち乗りしても遅すぎる

冬も終わろうとしていたあの日は 平凡すぎる一日だった
ちんたらちんたら スピードの出ないチャリンコでひとりぼっちで家へと帰る
いつもいつもゆっくり流れる町の景色を眺めていて 今 桜のつぼみに気付いた

「速ければいいってもんじゃないだろ?」
僕はすこしキョトンとして そして 微笑んだ

君が乗ってる綺麗なバイク
負けず嫌いだから 「バイクは危ないんだぞ」って
強がりばかり言う 急いでる時だったら 乗せてって欲しいけど

今日は君が少しの間 遠くへ行く日
駅で待ち合わせしてたのに 寝坊しちゃった
赤いチャリンコで大急ぎでこいでいく

やたら寒すぎる今日の風は 一層スピードを奪ってく
キーキー 音をたてて 頑張ってるけど時間は過ぎる
時計を見れば もう電車は行っちゃった

「ごめん、俺のせいだ」
僕はハンドルにうつ伏せて ゼーゼー言いながら やっぱりそこでも微笑んだ
また
ちんたらちんたら スピードの出ないチャリンコで一人ぼっちで家へと帰る
今日だってゆっくり流れる町の景色を眺めていて 今 一つだけ 桜の花を見つけた
「おい 見えるだろ?もう春なんだな」
今度はこいつは何も言ってこない
僕は少しキョトンとして そして 微笑んだ

741 :名前はいらない:03/12/26 18:12 ID:bqG2SamD
あした あさって しあさって

じかんがまわる

すこしずつ
あたしをきざんでいく

いちびょうごとにわけられた かこ と
いちびょうにたらないさきもみえない みらい と

きざまれて
ちいさく
ちいさく
おもいでは さきゅうのすなのように
みらいは ぼうだいなすなのなかに

ふうかしていく

すなどけい さかさまにかえして
かえして
おもいだすだけ
いまはもう ただ それだけで

ふうかしていく

742 :YKYO ◆YKYOPugMGU :03/12/26 18:13 ID:5cKry5/u
>661 D;ん、だから何だ。ないからなんだ。
>662 C;歴史上の人物への賛美か?最後の「あなたは〜」以外は悪くない
>663 D;青い。良い青さではなく、恥ずかしい青さ。再考シル。
>665 B;作品としてのレベルは高いし、安定してる。良くも悪くも安定してる。
>672 D;これ例えばさ、「my ポエム」って自分のノートに書いてるとするじゃん、
 でそれをつい学校に持っていってたら、クラスのアホが勝手に机の中から取り出して、
 「えーこれから○○君の詩を発表します(ゲラ」とかって、
 多数の前で読まれても平気?オレなら耐えらんない。
>673 D;これギターの部位が次々出てくるけど、ギターやってないやつ分かるんか?
 誰でも分かるように間接的な表現にしたほうが良いかもナ。
 ピックアップ=弦の震えを読み取る憎い奴とか、全てを分からせる必要はないけど、
 それを理解しなければ内容が分からなくなるって部分は注意すべき。

オレの>671評価宜しく。

743 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/26 18:30 ID:QPOYhGF+
どーもここの板は「2ちゃんねる」と違うな、ネット世界での馴れ合い優先根性が理解できんが
去る者は追わず、悪いが糞作品&評価には遠慮せん実力社会だ 力のない人間は必要ない

つーか評価者増やしてレスを伸ばす事目的でやってんじゃないんで。まぁ干渉はせんよ。。
馴れ合い目的の香具師は消えてもらって結構。センスある作品ミタイだけ 該当者の方は他のスレでどーぞ

自分が評価したのを俺様に認めてもらいたかったのかチビ?誰とは言わんが魅力のねぇ小さな人間だな…



>>660が抜かされてるがウリがやる。ってか暫く経ったら再び旅に出るからその間はウリ知らんぞ。っと言っておく

>>742
新しい人でつね歓迎しまつ。この調子でやっておくれ

744 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/26 18:35 ID:ThRmQRpm
>>743
>>742
>新しい人でつね歓迎しまつ。この調子でやっておくれ

最後の一文みろよ・・・

745 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/26 18:51 ID:QPOYhGF+
>>744
だって俺様もーすぐ消えんもん、しょーがないじゃん(・ε・)

別に問題ありませんがなにか?くだらん事で一々俺様になつくなYO

746 :シャトーDE北:03/12/26 19:10 ID:h1GjR2kW
(′д`)プッ

747 :YKYO ◆YKYOPugMGU :03/12/26 19:16 ID:5cKry5/u
>>745
おい落ち着け、アンダァ。>>742は抑揚だ。
決して、評価しろということに>>744が突っ込んでるわけじゃない。

-----------雑談ついでに一つ評価
>>676
D;なんか場面がアチコチにふられて内容を掴みづらい、
どのように読み手に把握させるかを良く練ったほうがいい。
自分の中にはイメージが出来てるから読めるかもしれないが、
読み手がどうのように読むかを考えながら書かないと独り善がりになる。

748 ::03/12/26 19:50 ID:cyi67XYD
[どうして?]
どうして幾ら切っても足りないの…
幾ら流れる深紅の雫を見ても
物足りない。
いくら薬を大量に飲んでみたって
身体だけ酔って頭は冴えたまま


It wants to have died...

死んでThe crimson wingを背に生やし

此の呪縛から解き放たれたいー…

なんて
叶わない夢幻を見て
また涙するのかな?

749 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/26 20:18 ID:q/YGWD2m
>>748
>It wants to have died...
→I wanna be somebody

>The crimson wing
→Storm wind

>叶わない夢幻を見て
>また涙するのかな?
→叶わない夢が霞をたたえて
→網膜の淵を走ってゆく

750 :名前はいらない:03/12/26 20:31 ID:PyvJLCHb
今晩夜中2時大会を開催します。詳しくはこちらへ。
おまちしております

表現者の為の小さなスレの小さな大会
http://music.2ch.net/test/read.cgi/hiphop/1071751089/476


751 :響子:03/12/26 22:11 ID:zTgdrizK
抑揚はハン変えたんか〜YUKOに見えてしょうがないゎヴォケ
>>662はある漫画の人・・・
オス○ルとかオ○カルとか・・・

752 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/26 23:17 ID:B4q13wPH
>>677 D わけわからん
>>680 C いいと思うけどほんとにこう思ってるの?ずきっとこない
>>685 D このテーマだとこれ短くない?説明多くなって入りきれない。
  686   あと蛍光灯の場面のカメラワークとかしにがみの正体語る時のセリフの流れとかが悪い
>>692 D ことのおわりの心象だけでなく具体的な過去の描写とかあればいいかも
>>693 C 全体的に好きやけど「!」付き単語のサブさとか擬音とか、これは新しい手法なのか
>>695 D >面白い顔 面白い体
       これはいい。ただ短く決めるならもっとシャープに

753 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/26 23:21 ID:QPOYhGF+
なんか知らんが俺様って人気者!!?? まぁこの輝けるカリスマ性のせいだ罠、今回はあんま時間ないから最初の5作品だけ
つーか復帰はやすぎんぞ>>746 スレッド更新してないでもぅ少し沈んでろや

>>660
B 牢獄かよ、ってなんでやねんと思ってしまうが深い作品だな、どっかのサイトから朴ってきやがったのか…
1段落。どこから雪灯りが出てくるのか、、季節感が解からず行き成り言われても一言でつまらんぞ、マイナス
2段落、「誰かと共有した記憶」ねぇ、、まぁいいけどさ。「縫い付ける」に至る流れが不完全 2行目つまんね 
3、「花」まぁそうでつね。 「全ての理は」って別に理だけじゃないのでは…。
4、なんで金属??説明なし??突き刺さるってなんで??使い捨て??って今はねーのか>僕
5、「橋」を燃やすっててめぇのっしょ、これだと他の人間も渡れる橋と捕らえられても仕方ない
なんてーか「燃やす」なり抽象的で質を落としている、2行目がつまらん汚染しながら進むって何語?
6、この羅列は作品に関係あるのかと、あるのか…。太陽は?ダイヤモンドは?ベニクラゲは?
7、瓦解ってこの単語であってるのか??それって勝手じゃ…。人生うんぬんの他の選択はないんか
8、あっそ…、無理矢理話を進めてる感じもしないではないが、まぁいいか…。
テーマがテーマだが普通に良い罠、この主人公の環境だけじゃなく想い、感情を表しても良かったな
悪く言う個所が少ない作品 印象に残る工夫に次はサビ的な表現を押出しても面白い。文句無しでB

>>671
D リンカーン?goo辞典で調べると色々ヒットするのだが。「腐りかけたその果実を」ああ、みかんか。。
蜜柑からどーして消しゴムになるねん流れが下手やな 零度の水をかけるのはなにかの儀式でつか?
で、リンカーンを殺害しといて蜜柑を燃やしたわけだ。鼻へ押し付けたってだからなんやねんD

754 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/26 23:22 ID:QPOYhGF+
>>676
D 悪魔を睨みつけ歩き出したんは「天使」、「彼ら」の方?別に「彼ら」の方でもそれで成立するんだよね、
2連目も同じ雰囲気、破り捨てたのはどっちの方よ?こんなんじゃ流石に支持されんぞ。キツイ事言うようだが
少し勉強した方が良い、神々だとかの設定付けてる割には有耶無耶でチミが良い作品と思っていても共感は難しい
簡単に言ってまだ手を入る余地がある作品だと断言してやる、ウリの場合もっと改造するが、これで完成だとは思わない

>>677
D- 変なHN(プッ なにが梯子&脳味噌&ゴキブリだよ、、どーして銀杏なんね、、こんなんじゃだめだめ詩ね

>>685-686
C- それってドラッグの幻覚なんじゃ…。「チイサナ体」って言うことそれだけかYO!!!やけに余裕だなをい。
「そらになれる」ってやけに手抜きな表現でつね。昔が輝いて今日が暗く見えるのは死神君のおかげって???
なんだかポルノの曲の出来そこない…、いやいや。殺すために来た→殺せそうにないってのもシリアル感に劣る
つーか普通驚くか疑問に思うだろ、本物の死神ちゃんは嘘も言う。センスうんぬんも今1つな作品あー背中かいぃぃ

5作品だけだとすぐに終わるな…。あーミュージックステーションおもろかった。

755 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/26 23:41 ID:B4q13wPH
>>699とか D 一瞬「ドグラマグラ」がかすめたけど、まだまだ
>>702 D
すこし思ったこと。この作品だけじゃなく他のもまだ「種」だよ。
おもいついたことそのまま書いてるだけ。
心を表すのは確かにそうだけどそれを「みせる」技術も身につけないと。
こんな流れ作業ですむモノばっかりじゃなくたちどまらせて欲しいね。見てる者を。
>>705 D 言葉を崩すには元の山が堅牢なほどおもしろい。
>>707 ん 705の続きか?番号打つように。脱字とか心の叫びっぽい描写とか・・・
     言いたいことを言いたいだけなのか誰かにみてもらいたいのか
     その差を自分で考えるように D
>>714 C いい世界。景色がすっと見える。そのまま磨いてほしい。
>>716 D なんていえばいいのか、別に無くてもいいよねこれ。いっぱいあるよこんなの。
>>719 俺が密かにすごいと思ってるコテに「どろっとしてほしい」みたいなこと言ったの。
     そしたら「爽やかに生きる方が困難」って返ってきた。冗談っぽく。
     ぞっとしたよ。この板けっこう人間の裏とか表とか分かったようなこと書いてるのあるけど
     なんていうか、違うな。これもそう。どこかで聞いたことあるよこういうの。 D


756 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/26 23:42 ID:B4q13wPH
おいおいなんかかぶってるよ。ま、えっか。

757 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/26 23:45 ID:B4q13wPH
>>755の702に対するコメントの内
>この作品だけじゃなく他のもまだ「種」だよ
っていうのは他の人の作品もって意味です。

758 :響子:03/12/26 23:48 ID:zTgdrizK
降りしきる雨の中

傘もささずに何をしているの

雨か涙か分からない

悲しみも憂鬱に変わり

僕は傘を差し出すのも忘れていた


759 :ヨクヨー ◆YKYOPugMGU :03/12/26 23:53 ID:5cKry5/u
>>758
E;「降りしきる雨の中 傘もささずに」にって
オマエどれくらいガイシュツなフレーズだよ、他に見るとこもねーし。
テメェ人の評価聞いてねーだろ!ありきたりな言葉を並べたところで、
テメェのセンスは向上しないのですモラァ!!

760 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/27 00:06 ID:+gSgdxmA
>>724 D 考えることが好きでその間に楽しいことは終わってた、みたいだな。ガンバレ
>>725 C こわいな。でも「壊してみたい」っていう言葉使わずにもっと破壊力ある詩を書ける人がいる
>>726 こういうの評価しにくいな。こんなの多いけどここ。だから?っての。人生語るほど生きてんの?
     どこかで聞いてきたんでしょ? D
>>728 D 落ちると堕ちるを単語だけ変えてもその差はみえない。そこが重要だろうに。
>>729 俺日本語しかわからん
>>735 けっこうこういうの好きなんやけど、パターンがこの詩の中で決まってるから「ああ、そうくるのね」みたいな
     まとまってていいと思うけど、痛みは感じない
>>740 赤いチャリンコ乗ってるの女の子かとおもってた。「僕」って出てくるけどなんか女っぽい
     女の方がよくない?とか言って。いいと思うよ。 C
>>741 ひらがなで書くと生っぽいの。「ふうか」とか書いても生っぽい。 C
>>748 深紅の雫ってどんなの?全体になんか宙に浮いてる感じで、言葉の遊びっぽくて、内容とあっていないような感じ

761 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/27 00:07 ID:+gSgdxmA
>>748評価忘れ D

762 :三重ハリー ◆t0zzfy/JR2 :03/12/27 01:13 ID:qOh3LpDO
『RISING HEART』

安い言葉で慰められること 誰より嫌っていたね
強がりはほどほどにして 素直に受け入れてよ
"大丈夫?"深い海の底で静かに呼吸をして
"LIVE ALONE..."救いが降りてくるの待っていた

どれだけ此処に居たらいい 光も射さない
這い上がるだけのチカラが無い 何も食べない

浮かんで流されるのはもう嫌なんだ
今度は泳ぎ切ってみせたい
誰も見てない自分だけのレース
期待されないだけ楽に行けそうなんだ
そうだろ My Rising Heart



763 :名前はいらない:03/12/27 01:18 ID:NN/UkkaU
懺悔

些細な事で言い合いになって
彼女はドアを壊すんじゃないかってくらいな勢いでバタン!!・・・
自分があの言葉を言わなければ。
口の中に広がった言葉を出さずに飲み込んでしまえば。

あれから何時間たったろう。もうカーテンは明るい。
閉め切った部屋の天井は タバコの煙が漂ってる。

あぁ 今日は彼女に何て言おう?
あぁ 今日は彼女に会えるかな?
押し込んで消した灰皿の上から ずぅーっと 君への懺悔を呟いてる・・・


764 :名前はいらない:03/12/27 01:52 ID:PFEUcQDY
「早春歌」

時は満ちた 人生の謳歌を敵地に響かせよ
 報労へ励め 主君を欺くことなかれ
  キミ ハ タタカウ ワレワレ ト トモニ

恐れる事勿れ かわす事勿れ
 敵の砲弾は君が受け止め我々が往く
  ワレワレ ノ ショウリ ニ キミ ガ ヒツヨウダ

母の温もり恋しく思うな
 父の教えを又受けたいと思うな
  ワレワレ ガ ハハ デ アリ チチ デ アル

さぁ往かん 敵は君を愛してはくれぬ
 さぁ往かん 愛すべき我々の願いだ
  さぁ往かん 未来永劫争わぬ為に

765 :響子:03/12/27 02:06 ID:noFEvjUA
>>759
言い訳させて




















マンガ描いてる方が好きなんだもん
とゆー和毛でパイナラ

766 :人間のクズ:03/12/27 02:26 ID:oUMMs+5t
野蛮人になりたい

ああ野蛮人になりたい
でかい棒を振り回し
電話ボックスをなぎ倒し
電信柱を引っこ抜く
痛みさえ知らない野蛮人になって
お前の顔を傷だらけにしてやる
テレビに穴をあけ
空とぶ円盤を叩き割る
心を持たない野蛮人になりたい

やって来た兵隊に頭を撃ち抜かれ
穴だらけの死体はトラックで運ばれる
そんな野蛮人になりたい
無縁仏は荒らされ花など添えられない
そんな野蛮人になりたい

767 :名前はいらない:03/12/27 02:33 ID:Wfy0moQy
夕焼けが照らす
冷たくなった僕の頬を
照れてるみたいに

君の中で
まるで子供のよう
僕は温かい

小さな部屋を借りて
太陽が昇るまで
あの日歌った詩を
2人で謡おう

2人で謡おう
太陽が昇るまで







768 :名前はいらない:03/12/27 03:03 ID:NN/UkkaU
『long distance runner』
あたり一面の砂の海を
ずっと 走ってんだ 息切らして
馬鹿げた 野次をとばす奴らもいた
僕の事なんか 何も知らないくせにさ
大声でけなすんだ 偉そうに

前後左右 砂の海で
走りにくくって たまったもんじゃない
大声で応援してくれる奴らもいた
僕の事なんか 何も知らないくせにさ
いいんだよ やめてくれ まだ疲れちゃいない

まだ 走ってんだ 色々な人の声を
大事に手に握りしめて
誰か 僕の顔を見てくれ
笑ってるかい? 自分じゃ分からない・・・

遠い向こうまで 砂の海だ
誰かがくれた 飲み物を口にした が、
すぐに吐き出した 何なんだ こりゃ、全く
今までもらした 僕の弱音じゃないか
嫌がらせも 程ほどにしろよ

一つの雲も無い 薄い空に
一羽の鳥が右から左へ
随分と 気持ちよさそうだな
僕だってさ こんな走りにくい砂の上なんかより
そっちの空を飛んでいきたいさ

769 :名前はいらない:03/12/27 03:03 ID:NN/UkkaU
まだ 走ってんだ 皮肉、罵倒も
この手に握りしめて
誰か 僕の顔を見てくれ
泣いてないよな? 自分じゃ分からない・・・


やけに大勢のギャラリー
あつく 僕を励ましてくれる
疑問に思った 笑ってられない
よく見りゃ みんな 泣いてやんの
その先には ゴールテープ? 冗談じゃない

まだ走り足りない 終われるもんか
この砂の海が 続くかぎり
もっと走るんだ まだまだ色々と
大事な人に会いたいから
奴らのゴールテープなんか 無視した
また 野次が聞こえるな
誰か 僕の顔を見てくれ
笑ってるだろ? 自分にも分かるさ


770 :名前はいらない:03/12/27 03:26 ID:K68e7thP
>>651
>>680

禅風味溢れる感じで、そういう意味では良いように思いますが、禅そのまんまやんと
いうことをどう評価するかが分かれ目かも。

771 :名前はいらない:03/12/27 03:29 ID:pSvAGy09
「笑うな」

歩き方を忘れた
右足出して
左足出して
ミギ、ヒダリ、ミギ、ミギ、ミギ…

道行く女子高生達よ
僕を見ないでくれ
そっと耳打ちしないでくれ
歩き方はどうだっけ
歩き方はどうだっけ
笑うな!


呼吸方法を忘れた
息を吸って
息を吐いて
スッテ、ハイテ、スッテ、スッテ、スッテ…

道行くサラリーマンよ
僕を見ないでくれ
顔をしかめないでくれ
息はどうやって吸うんだっけ
息はどうやって吸うんだっけ
笑うな!


772 :Aキャイ& ◆.As3MjONwo :03/12/27 03:34 ID:CGR0PUYJ
まわる白いコマに色がみえる原理を利用すると
私を軸にして時計まわりで
リ・インカネ−ションが軌道を描く
私は彼の世界をみる




773 :名前はいらない:03/12/27 03:55 ID:Aw2+PW5i
おお神よ
あなたの前には誰もがひれ伏し、恐れ敬う
上っ面の仮面をかぶった偽善者も、あざとい詐欺師も
あなたの前では嘘もつけずありのままの姿をさらし頭を垂らすのだ
どんな善人でも、どんな悪人でも
あなたに対する信仰に嘘偽りはなく
あなたのためならばどんな苦難も喜んで受け入れるだろう
その教えに逆らおうとする愚か者などいるまい
あなたはまさにこの世に現れた神だ
神よ、迷える我らをどうぞお導きください…

男は感謝と祈りの言葉を終えると
一枚の金貨を大事そうに胸にしまい込み
礼拝堂を後にしたのだった 

774 :名前はいらない:03/12/27 04:14 ID:SwHQZNTB
>>693
確かな強度を持っている人

>>716
困難を自覚するというのはいいことだと思います。と自分に言い聞かせる私。

>>766
聖なる野蛮人という言葉があるそうです。

>>768
映画「フォレスト・ガンプ」じゃないかと言われたらつらいところ。

>>773
教会で施しを受けたという状況ですか?

775 :名前はいらない:03/12/27 12:23 ID:hX2ZsUL2
銀灯の奥
御車は酒場より参る
彼方其処彼処に頭垂れて廻れ
路地裏から馬車道へ
寄り道多く
生え伸びる緑錆
鉄の味
砒素の匂い
言葉こそが世界と
語りえぬものを語らずと
遵法の道を
穿鑿の裏路地を
執事の一人待つ涅槃以遠の宮殿へ

776 :名前はいらない:03/12/27 16:10 ID:l6O9VbkD
ゾクブツ

クラシックを聞くと眠くなる
高尚な話を聞くと、お腹が空いてくる
テレビを見ないことが、オタクのプライドだ

777 :トリッシュ:03/12/27 16:15 ID:QSr+/Qge
あぁ君はもうキット遠い人

君にとっての俺は何?
知り合い?道端の石ころ?
たぶん、後者だろうけど

俺にとって君は救世主だった
君の笑う姿に 君の吐く言葉に どれだけ勇気付けられたか。

しょぼくれて後ろばかり見ていた俺が
前を向いて歩いていこうと思えたのは 他でもない、君のおかげ。

もう大丈夫、君がいなくなっても、歩いていける。
大丈夫、君がくじけそうな時、こんどは俺が助ける事ができる。

だから、 だから もう少しだけ
俺を 道端の石ころを必要として下さい

必ず追いついて見せるから
遠い所で 独りで頑張ってる君に

778 :名前はいらない:03/12/27 16:46 ID:XwbUOoWb
『あなたのこと』

ええ、あなたの顔は気にしないわ。
うん、あなたの声も。
もちろん、あなたの体のことだって。

そう言ったらあなたはアイスの棒になってしまいました。

779 :パンダハト:03/12/27 18:13 ID:mWXFlk7a
「ナルシスト」
鏡ばかり見てないで わたしのこと ちゃんと見てよ
彼はナルシスト
歩いてるとき 停めてある車の窓を 鏡代わりにしないで
彼は かなりナルシスト
あなたは王子様じゃなくて 一般家庭の息子なの
勘違いしないでね

わたしの友達と ちょっと話してた位で やきもち焼くわけないでしょ
彼はナルシスト
他の女に 親しくされたからって 気が有るなんて思わないで
彼は おめでたいナルシスト
あなたは自分が思ってるほど カッコよくないから
勘違いしないでね

テレビ見てるとき 人気俳優が出て 真顔で一言「俺の方がカッコいい」
彼はナルシスト
写真撮るとき いつも同じポーズ 一体何なの?
彼は ナルシスト大会優勝

もう我慢できない 一緒にいるこっちが恥ずかしい
何でこんな男好きになったんだろう 
わたし達 今日で別れましょ  

780 :鳳閃香:03/12/27 18:50 ID:qzLS3hlH
『遺骨騒動』
彼女の遺骨が奪われた 奪った相手はストーカー 骨まで愛す変態だ
だけれど俺も負けやしない きっと彼女を取り返す 骨の彼女を取り返す
犯行時刻は午前四時 葬列の中の人混みに 黒いあいつが紛れてる
がたいの大きいタフな奴 それが印象深かった 以外と素早いストーカー

日本の警察優秀で 奪った奴めはすぐ逮捕 しかし戻らぬ遺骨達

ストーカーの断末魔
「この・・・僕だけが、彼女を愛していた! 僕は、彼女を骨まで愛すんだあ!」
俺の叫びが一喝す
「お前は彼女を物としか見ていない! 俺と彼女は好きあっていたんだ!」

それが最後のやりとりで 俺と奴めはあってない
結局見つからない遺骨 何処にあるのか遺骨達

その後の新月の闇では 彼女の遺骨が踊り出す ダンスの相手もホネホネだ
ダンスの相手はお隣の スズキさんちの若大将 若死にしすぎたガキ大将

ホントの所はもう誰も 彼女の心を知りゃしない 遺骨は今も行方不明

星野元監督の奥様の遺骨が早く戻ると良いですね^^; 
いつか評価人になれるよう精進したいです;;

781 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/27 19:36 ID:xnfVVYqm
今回も整理して終わり、まぁ評価するアホも適当にがむばんなさい

>>774
ランクつけろ

放置されてる(多分)3作→ >>666>>701>>703) >>704 

>>762-764 >>766-769 >>771-773 >>775-780

782 :名前はいらない:03/12/27 20:01 ID:S3u93I7d
『My way』
今まで いくつもの大きな壁 壊して進んできた
昔の僕を見下ろして ここまでやって来た
胸張って叫ぶよ ここまでやって来た

あの日落とした涙は 何かを道連れにした
あの日無くした自信は 何かを犠牲に取り戻した

随分と身軽になったと思ったのに まだ ワケの分からない重りを背負っている

いつでも いつの日も 苦しいとあえいでいるけど
立ち止まった事なんか無かった
振り返れば 薄い思い出達が僕へ言葉を投げかける
「前だけ見てれば いいんだよ」

今まで 何回と迷ってきた 遠回りも近道も
全部ひっくるめて ここまでやって来た
つまずきながらも ここまでやって来た

あの日感じた悲しみは 今もこの胸から出ていかない
あの日手に入れた喜びは その一瞬しか役に立たなかった

随分と無駄な物と思ったのに 今は僕を歩かせる一つの支えになった

いつでも いつの日も 苦しいとあえいでいるけど
後戻りなんて事はしなかった
また 後ろの方で 薄い思い出達が僕へ言葉を投げかける
「前だけ見てれば いいんだよ」
こんな遠くまでやって来た
道はここで切れた その先には青い海と深いガケ
また 後ろの方で 薄い思い出達が僕へ向かって叫んだ
「君には翼があるんだよ!!」

783 :clear:03/12/27 20:07 ID:65dCsRN+
[花]
頭に植えられた言葉が僕に摘まれていって
がたがたの土が残った
種も無く ただ水だけは湧いて

言葉を吐きすぎて僕は
似た言葉を探して
口はただ枯れていった

からからの花と
ぼろぼろの僕で
何もできないけど

といだばかりの爪で茎を刻んで
眼には何も映らない魔法を

784 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/27 21:42 ID:UzjwKe+G
>>783
>からからの花と ぼろぼろの僕で 何もできないけど
>といだばかりの爪で茎を刻んで 眼には何も映らない魔法を

→いつか季節はすぎていた
 使い方さえ知らない反りあがった弓だった 
 しゃがれ女の囁きに耳を傾ける終わらない日々がはじまった

 ぱさぱさと茎を干しあげている
 のろのろのこれが自分だ
 できるじゃない? 女の嘲りにはふうわり抑揚がある
 けれども矢じりは研がれた銀脈 きらきらと輝きの極みの
 僕はうちひし枯れた労働者だ
 ほとんど残っていないひび割れた指先で
 大根を洗っている今日の河辺は涼やかなほど
 華をいじった壮麗なる報酬
 
 僕はミイラだ
 眠ることを許されない
 精のもぬけた抜け殻と化してもう幾年が
 眠ることだけは絶対に許してはくれない報酬があります
 灰になれば水でこねてまた 生き返らせてやるわよ、と
 ─────
こんなにいじってしまいました。ごめんなさい。
わざわざ連を改める必要があるのかどうか。第一印象がそれでした。
従って、思いきって、後半を「花の逆襲」へと転化させてみました。
お怒りになるだろうなあ、そう思いつつ、手を入れてみました。ご参考まで。
 
 
 
  

785 :名前はいらない:03/12/28 01:10 ID:bHKlFjDE
『みみっちい』

これを人が恋というならば。

恋とは人の「欲望」

でも、あなたが求めるモノそれは愛、

私が欲しいモノそれはあなたの気持、心

孤独の中であなたが求めるものそれは無償の愛

私はあなたから愛を、心を、代償としてほしい

あなたが求めるモノそれはマリアからの無償の愛

成り立たない私の「欲望」

全てを受け入れてあなたを愛する覚悟はあるの
「だから私を愛して」

それはパンドラの合言葉

飲み込まれる言葉
メビウスな関係

〈演歌みたくなっちまっいました(゜Д゜)
スレの雰囲気からもズレとるし添削キボンヌ〉

786 :未成年うたいびと:03/12/28 02:12 ID:7qsgQqrv
『きみがいればしあわせ』

天国にいくと しあわせになる らしい

地面に足が付く この世は 不幸な世界らしい


でも


僕がもし 天国 にいって

君がもし 地面に足が付く 不幸な世界にいたままだとしたら

僕は、むしろ不幸な世界に住みたいよ


しあわせは

"居場所"だけじゃあ はかれないんだよなぁ

この世には しあわせな"場所"を求める人の 多いこと

おおいこと


787 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/28 03:09 ID:521vjAfW
「狂詩曲」

汁を垂らしたまま アナタがうたう狂詩曲(ラプソディ)
愛していたよ その声も その指も
自由にうたってた
その髪が枯れるまで その顔が崩れるまで

痩せ細った手に花束
それを優しく投げてよ
もう声は枯れ果ててしまったかもしれないけれど
やさしく、やさしく投げてください


一卵性のこの世界
どこで違ってしまったのだろう


痩せ細った手に花束
それを優しく投げるよ
器に盛った花びらが
アナタを柔らかく濡らしていくから

788 :soft ◆1unIKApLkA :03/12/28 05:18 ID:R4HMLesr
『探し人』
三毛猫母さんと三兄弟は 1人暮らしの主人に軽い挨拶にとひどくじゃれた
これから少しの間 彼らは旅に出た 三兄弟の父さんを探すために
見つけるあても無く 歩き回った1ヵ月
結果は目に見えていたが 三兄弟の納得のいくようにと家を出た

真冬の凍える風で疲れ果て やっと帰ってみればそこには綺麗に片付けられ何も無い家の中
今度は主人を探す 灰色の空からは雪が降り始めた

町中を探して歩いく 疲れ果てたその体で
三毛猫母さんが思い出すのは 初めて主人に会った時
雨の中 傘を三毛猫母さんの上に置く主人
手を伸ばすが 三毛猫母さんはシャーとうなり 引っかいた
それでも顔色一つ変えず 強引に撫でられた

・・・何処にもいない主人に困り果てた三毛猫母さんと三兄弟
まるで白猫のようになって 裸足の手足は寒さで痺れ
三毛猫母さんは少しの間 考えて
急に走り出した
三兄弟は驚きながらも後を追いかける

しかし三毛猫母さんはやがて 走るのをやめ 足取りも重くなり
ついに雪の中に倒れこんだ
「お前達はここをまっすぐ行きなさい・・・」
そう言われた三兄弟は 後ろを振り替えながら 走っていく

つきあたりにあったのは小さい墓の集落
三兄弟はワケがわからなくて 足跡の無い雪を歩き回る

雪は夜になっても降り続く
もう動かなくなった三毛猫母さんと小さな足跡だらけの墓の集落にも雪が降る 


789 :soft ◆1unIKApLkA :03/12/28 05:35 ID:R4HMLesr
っていうか 俺は>>740>>768-769だけど
>>760>>774
評価、ありがと

じゃ寝るわ

790 :clear:03/12/28 11:00 ID:xjvjV3X0
>>784
ありがとうございます。
でもこの詩は 言葉 をなくしたことを書いた詩(のつもり)です。

791 :三島慧 ◆MQPLryIOxk :03/12/28 11:30 ID:7wYXG5o7
>>783

創作についての悩み、思いが感じられる。自分出版社があるとしたらB。

792 :名前はいらない:03/12/28 11:32 ID:U29vvUo8
「悪夢」

どんなに思ったって
言わなきゃ伝わんない
くれた言葉は覚えてる
その約束をあなたが無くしたコト
裏切られたと思う自分亡くしたい
他の誰かと居るのも
哀愁の顔も
見たくないケド
ただ会いたい
声が聞きたい
思っちゃいけませんか?
変われない自分はまだ此処に居て
待つばっかりだけど
此処から抜けだします悪夢から覚めて前に進んでみます
たまに振り返って
あなたを探したらごめんなさい
ごめんなさい‥
それじゃ
いってみます

いってきます。


793 :clear:03/12/28 11:40 ID:xjvjV3X0
>>791
評価ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

794 :clear:03/12/28 11:42 ID:xjvjV3X0
[蟻さん]
いつでも優しくて
憎むことが怖くなった
傷を見ることができなくて
包帯を巻くこともできなくて
強がった一匹の蟻は
どこに行ったのかわからない


こんなにも傷つけて 傷つけられて
こんなにも裏切って 裏切られた

本当は脆すぎて風だけで倒れそうになる
こんなにも痛いなら『生きる意味』など要らないよ


795 :名前はいらない:03/12/28 14:19 ID:Ztwh0eXZ
適当な言葉が浮かんで来なくて
適切な言葉だけが舌から逃げる

何も言えないこの僕に 君はますます愛想をつかした
何も言わせずただ君は 僕にただただ平手をのこした

去り行く君を追いもせず ただ立つ僕は愚か者
君が編んだ手袋外し 熱持つ頬に触れてみる
師走の風が吹き荒れて 二人の道はここで断絶

最悪なタイミングで 彼女と出会い
最高のタイミングで 彼女と別れる





そんな結末はお断りだ!

796 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/28 17:52 ID:dhRNcOx4
くだらん作品中心に数減らしとく さいなら

>>666
D 悪いが根拠無き創造性には全くもって興味ない何故ならそこらの小学生でも可能だからだ。センス低し、詩ね

>>701
D これはHIV感染者の語録でつか?(ゲラ もぅここまで設定作ってうだうだ言う作品もある意味珍しいな
なにが聖域だよもぅ言ったもん勝ちだな、しっかし天使だって…、キショッ 人間学歴低いとこぅなる(pu。構わん詩ね

>>704 
E 作品中の状況説明が疎かであり感情移入は完全に不可能 親が天に召されたらいいよ死んで、構わんぞヘタレ。

>>766
E+ なんでやねん、その辺の説明なり出来てると此方も楽しめるのだが。まぁ一言で糞に近い 詩んでいいぞ 

>>771
D- なんなんじゃこりゃぁぁぁぁ 笑うな言うか普通引くぞ…。日本人は冷たいニダ。。なんで忘れんのアホか

>>772
E+ 最後の行が生きてるんだかイミワカラン こんな単語を借りんと表現できないレベルの低さに脱帽 あっ賞でランクダウン

>>776
E+ ごめん、つまらん詩ね

>>778
D ここれはははホンンマ摩訶不思思議なな詩でつつね…。ウリリに挑戦戦してるるののでつかか?

797 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/28 17:53 ID:dhRNcOx4
>>779
C- いー感じで進んでたんに最後で別れるんかぃ!!男はやっぱ体格ニダよ。頭よくて身長高いものいいけどさ。
ナルシストゆぅーてもイタリア逝けば考え方変わるだろ。まぁそんな香具師は俺様が骨の1本へし折ってやるよ(脱線

>>780
D&C これポエムじゃねぇぇぇ!!!!いいのかよこれ…。星野やのーて王だろってのは釣りですかね?まぁいいけど。
なんかしらんが君は根本的に大きな勘違いをしているようニダね、なんだからあとで二人きりで話し合おうか?

>>785
D 添削は構わんがんな義理はない。愛&恋&心だとか表現が簡単でいーなをい。「これを人が」ってなにがだよボケ
「あなた」とか行動や言動まで指定してるが詩を作る人間から見れば卑怯なやり方だ。話しを都合道理動かせるからな
なにがパンドラだよメビウスにしかり答えになってねぇぇ手抜き気味だのぅ。次回は自分の力量で作品を作れヘタレ 興味無し

>>786
D+ そうでつね、つーか天国でそのまま待ってりゃええじゃん。最初に「不幸な世界(らしい)」とか言っておいて
不幸な世界決定か、おめでてーな。居場所だけじゃ測れないって「天国」と「この世」しか作品中にねーじゃん…
つーか天国と比べられてもね〜勘弁してよ。「君」の登場でありきたりになりくだらなくなる。悪いがCはやれん

>>794
D なんでアリなんだ?そこら辺はっきりさせた方がいいんじゃねーか普通に考えてさ、ってか「ノミ」や
「しらみ」の場合どーなんだよ。。なにが包帯やねつまらん、アリの巣に水流して埋てたウリから見ればDで十分

798 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/28 17:54 ID:dhRNcOx4
>>558は高い評価を得ているがウリから見ればただの糞作品、精精勝手に自分に酔ってろと。人間にんな権限はないんだよ、

A級評価に近い作品の一覧
>>37 >>38-39 >>196 >>207 >>344 >>502

Aランクが2つ以上で次スレの天婦羅に載りまつ まぁ勝手にやってくれ。俺は知らん

799 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/28 17:57 ID:dhRNcOx4
未評価 >>762-764 >>767-769  >>773 >>775 >>777 >>782  >>787-788 >>792 >>795

パスポート偽造容疑でK察の捜査がくるんでウリは暫く消える。まぁ自由にやっとれヘタレ供め

800 :鳳閃香:03/12/28 18:17 ID:8dIXPNHF
>   ◆BLNBXTBKxUさん
特に酔っていたつもりでは無かったんですけども・・・他人の評価という物は正確ですから、きっと酔っているのと思います・・・。
そのような精神状態の者が良い作品など作れるはずがありませんね・・・。
今、自分に恐ろしく悲しい気持ちがあるのもそれが正確な評価であるからと思います。

自己をもう一度見つめなおして基本を学び直してきます;;


801 :いかいか(浮遊系) ◆YffIGX9Bno :03/12/28 18:18 ID:zPQ9TAn1
>>798
なんだかなぁー。

802 :ディア・サンタ:03/12/28 18:18 ID:8dh2EL0X
今日一日が平穏無事ならプレゼントなんていいです
不味い飯も我慢して食いますから
どうかまともに一日を過ごせますように
とりあえず親父の脳みそからアルコールが抜けていて
お袋がパチンコで今日の食費を擦らなければ最高です
そういうことお願いできないんなら新しい親ください
まともな定職に就いてる父親とコロッケ揚げられる母親がいいです
もしそれがかなうなら俺万引き止めます
プレステ2とかでもいいっちゃいいんですけど
壊されるかそいつで殴られるかのどっちかなんでいらないです
クッキーとミルク無いんでするめといいちこ置いときました
よろしくたのんます

803 :名前はいらない:03/12/28 18:21 ID:25eQMDMC
価値観はひとそれぞれ違うのに
大人はなんて理不尽なんだと思う幼少のころ
いまさらわかった社会の仕組みに納得しきれないでいる
そんなことでくすぶっていたら怒られて
気づけば他人をしかる僕がいる
矛盾と戦う毎日だけど その矛盾を求めて彷徨えば
行き着くところは一つだけ どうでもいいってことなんだろう
でもそれも間違っていて 正しいことは一つもなくて
偉大な哲学者の偉大な思想をちっとも尊敬せずに信じる
楽しければいいこれが今の考えなら 10年先には
どうなっているんだろう まさに永遠と続く 道なき道  

804 :名前はいらない:03/12/28 22:30 ID:90pW3OgM
「潔癖症」

12歳
右手が汚れ始め
ポケットの中にひた隠す日々
15歳
体は腐臭を放ち
皆が僕を見ている気がする

全ての物には
触れば指紋がつく
なのに
どうして君は平然としている?

耐えられない
耐えられない
汚れた右手も
腐りゆく体も
指紋だらけのこの部屋も

だから昨日から僕は
地面に影ができなくなったんだ


805 :響子:03/12/28 22:40 ID:yPsw47VG
このスレ今年中に終わりそうだな・・スゲェ



806 ::03/12/28 23:43 ID:Yc+ZW2VZ
[ありがとう…]

ありがとう
お母様…
此の世に嫌々ながらでも
私を産んでくれて。
始めは私も子供だったから、貴女の愛を理解出来なかった…
憎んだり、怨んだりもした。
当て付けに悪魔を演じた。

でも今、とても幸せだよ。
貴女の人一倍不器用な愛を感じ
受け入れられるから…
貴女が流産してしまっていたら
私は今生きてはいないから。
真の友達も親友も
時姫や雪姫、碧達とも出逢え無かったんだよね。
本当にありがとう。
私はお母様が大好き。
何だかんだ云っても
一番最後に選ぶのはお母様…貴女だよ。

お母様は…?

807 ::03/12/28 23:44 ID:Yc+ZW2VZ
時姫、雪姫、碧というのは、
私が今飼っている、若しくは昔飼っていた鳥達の名前です。
一昨年の5月のある日、碧は天に召されました。
誰からも愛されない私は唯一の支えであった碧を失ったショックにより、
気付けば自らの手首を切り裂いていました…。
この傷により、私は家でも高校でも輪の中から撥ね付けられています。
また精神的に辛くなったら詩を書くので宜しくお願いします。

808 ::03/12/28 23:49 ID:Yc+ZW2VZ
後もう一つ、評価お願いします。
友達だと信じていた子に裏切られた時の気持ちを詩にしました。

[…]
今まで一人で生きてきた
これからも一人で生きて行く
そんな強がりも続かないんだよね。
何気無い君の一言で
私の築き上げてきた城は堕ちてしまったんだ。
私は傷付かない為に
傷付ける蕀の路を選んだ。
君を傷付けたのも
全部私のエゴだよ。
けれど忘れないでね…
君が私の泉に
どれだけ大きく沢山の風波を立てたか。
一人被害者振るのは辞めてよね。
君を見ていると腹が立つんだ。

何故って?
それは君が一番解ってる事だよね?

809 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/29 00:04 ID:b5gKVRT0
>>790
花=言葉。

「見るところ花にあらずといふ事なし。思ふところ月にあらずといふ事なし」
                               芭蕉

花→言葉→女、こう変換して比喩と取っていただけたら、ありがたいです。

810 :soft ◆1unIKApLkA :03/12/29 01:07 ID:bQCa1M4y
『ビリーヴァー』
急に告げられた ピッチャー交代
それは最終回二点勝ってる2アウトの満塁
「何で、僕が・・・?」
小さいその声は大きな声援にかき消されて
自分の耳にも聞こえなかった
そうして グラウンドに上がって
そんでもって振りかぶって
投げてみれば ボールは何処かへ消えた
ため息と歓声が同時に空へ舞い上がる

クラスじゃ このごろは嫌な視線ばかり感じて
机からも動けなくなって 若いくせに腰痛になった

家に帰ったら 真っ先にベッドへ倒れこみ
枕に突っ伏して ワケもわからない涎と涙を流しながら いつのまにか寝ている
涎と涙のせいで枕にはもう一つの顔が
毎日、朝になったら そいつを見つめてる

ある夜に 僕は目が覚めて そして そいつを見てめて こう言った
「僕はどうすればいいだろう?」
涙で赤くなった目をした僕の顔をずっと見てるそいつは
「・・・なんなら 朝が来るのを止めてやろうか?」
こう言った気がして 慌てて枕 裏返しにして また眠ろうとした

いつか僕だって上手に投げられるさ
いつか僕だって歓声のど真ん中にいけるさ
いつか僕だって・・・ 初めてそんな風な言葉が次々に
「哀れなビリーヴァー・・・」
頭の下から聞こえてきた
目を閉じながら 笑って僕は言った
「ごめんね。僕 英語わからないんだ」

811 :名前はいらない:03/12/29 02:21 ID:qi5tvkP7
評価者御三家の復活を願って漏れが独断と偏見で評価しまつ
てめぇは何にもわかってねえよ!と言う方はどしどし反論して下さい

>>804
1連目の書き方は好きでつ。潔癖症の度合いが進んでいるのが
面白く書けてる C 

>>806
これは詩?>>807に注釈はついてますが
本人にしかわからない個人名を出すのはどうかと… E

>>808
やりきれない憤りの感情はわかりまつ。テーマとしてはよくあるので
もっと比喩表現を用いて間接的にその感情を伝えられるようにすれば
目立つと思いまつ。 D
それと手首は切んなよ!イキロ

>>810
ポジとネガの葛藤は定番として、最後の一行が(・∀・)イイ!! C

812 :パンダハト:03/12/29 03:29 ID:ucaiS4kO
「恋愛運」
君を傷つけたのは 今日が初めてだね
もう止めよう こんなこと

どんなに仲が良くても 些細なことで喧嘩することもあるから

僕達のこと知らないのに 生まれた日にちだけで
わかる訳ない そんなの信じられない
  
泣きたくなったら 好きなだけ泣いていいよ
僕がそばに居て欲しいなら 遠慮しないで呼んでいいよ

君の気持ちは 何時でも僕と同じだから

君の事を幸せに してきたはずさ
良いように思ってしまう自分がいる

良いことや悪いこと どんな運勢が出ようが
僕等の未来は 僕等で決めることだから
無限の確立の中で 二人は見えない物で繋がれている
神様さえも それを外す事は出来ない
君を守ってやれるのは 僕だけだと信じてる
だから これからも僕は離さないよ

  
 

813 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/29 03:50 ID:JptwNK66
誰もしてくれんので自分でスル・・・(快ω楽)

>>787
冒頭いい流れ。ただ 
>愛していたよ その声も その指も
この部分。「その指も」を削ってもいいのでは。
最初で「アナタ」は歌い手っぽいので、「その声も」だけでも充分愛は伝わる。逆にもっと伝わる。
>自由にうたってた
の「自由」も言葉をかえてもっと広がりを見せてほしい。「自由」と書いただけでは自由にはみえない。
いっそ「うたってた」だけでもいいのでは。そうすると文章の流れもかえていかねくてはね。

二連目。四連目に似たようなのが出てくる。そこでパターンとして
静・静 静・動 動・動 動・静
のような比較のさせ方があると思う。無理矢理あてはめると
静(優しく、声は枯れ果てて、やさしく)
静(器に盛った花びら、柔らかく、濡らして)
になると思う。「ちがう!」と言う方もいるだろう。それはまた別の読み方をして欲しい。

で、この二つに挟まれた「これ」
>一卵性のこの世界
>どこで違ってしまったのだろう
「これ」が問題というか、かなりぽっかり浮いているように思えるのだ。
「これ」を挟んで「静・動」または「動・静」で動くような気配がない。
「これ」だけがぐるぐるとまわって他のものは人形劇にみえる。
逆かもしれない。「これ」だけがオトギバナシなのかもしれない。
だから二連・四連は「静・静」のように見えるのかもしれない。
「これ」以外はまあ、よくできたキレイなナニだろう。
そこそこのAだろう。
でも「これ」があるので、それと訂正したほうがいいのではポイントもあるので
俺は凶を取り、評価はBにする。

ムホ!(快∀楽)!! これは「俺」の評価なんで他の人も気にせず、ドウゾ・・・

814 :soft ◆1unIKApLkA :03/12/29 04:12 ID:bQCa1M4y
『Braver』
毎日、寝る間も惜しんで必死に絵を描く
絵の中はいつだって
ある小説の主人公「ブレイバー」

毎日、食べる事さえ忘れて必死に絵を描く
絵の中はいつだって
完全無敵、誰にもひるまない「ブレイバー」

どんな強い敵だろうと どんなに大勢だろうと
「ブレイバー」は長剣一つで負けないんだ

ある日、泣きながら僕は帰ってきた
すがるように筆を手にとって また絵を描こうとする
しゃっくり交じりの泣き声が部屋中に響いて
手が震えて 涙で目は霞んで もう絵も描けない

すると絵の中の「ブレイバー」は ゆっくり動き出す
斬り捨てた敵を抱きかかえて 絵の外へ消えていく

するとドアにノックの音
ドア越しに聞こえる声
「弱い君は我が殺した。亡骸は我が持っていくぞ」

電気のついていない部屋に夕日が斜めに入り込む
絵の前で大の字で寝てる僕
その絵の中の「ブレイバー」は
長剣を広い青い海に投げ込んで捨てていた

815 :きたさんヤジさん:03/12/29 04:17 ID:p1KwImhe
>>787
兄貴、少し狙いすぎたんじゃねーでやんすか?
兄貴が愛なんて言ったぁ日にゃあ、ヘビがとぐろ巻いてぺろぺろ舌をクルクルさせてるよーなもんだぜえ!兄貴ぃ、ごめんよぉ!!

816 :抑揚:03/12/29 12:03 ID:9+ZwkAvo
>>762 D;背景/心理描写が不足してる。ハッキリ言えば意味わかんねーよモラァ。
>>763 C;もう少し「後悔」している描写が必要。
>>767 D;狙ったんだろうけどリズムが不快。要日本語学習。
>>768-769 C;バンプみたい。良いと思うけど、ちょっとコレ系食傷気味。
>>773 D;メリケンジョークか?手がかり少なすぎ。藻前の脳内だけで物語を完結させるな。

817 :抑揚:03/12/29 12:04 ID:9+ZwkAvo
>>775
D;何?それぞれ何を表してるか考えなきゃいけないの?
藻前が有名になって死んだら後世の誰かが解読してくれるだろうよ。
>>777 D;トリプルセブン!!つか、オマエが頑張れモラァ!!
>>782 D;冗長、展開ダラダラ。読み終えた爽快感もなし。
>>787 D;ただのエロボケ、比喩(?)もチープ極まりない。大量評価乙。
>>788
D;詩というにはあまりにも冗長で説明的。
物語の一遍。詩として評価しても大して面白くない。
>>792 E;逝ってらっしゃい。特に評価する点もない駄作。
>>795 C;スランプなんだろうね。ヒカルものは感じる。ただそれだけ。作品自体は普通。

818 :clear:03/12/29 12:57 ID:GEZ4qhZK
[ごめんね]
価値もない僕は貴方を傷つけちゃう
走れば 泣けば 死ねば
償えそうな気がして
最初の二つは簡単にできたけど
最後の一つができなかった

足も震えるくらい走って
眼が真っ赤になるくらい泣いたのに
なんで死ぬことができないの?


819 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/29 14:07 ID:JptwNK66
>>815>>817
き、君たちがいて、ぼ、僕がいる・・・ウワァァァァン(ノд楽)



820 :soft ◆1unIKApLkA :03/12/29 17:58 ID:bQCa1M4y
>>763>>768-769>>782も実は俺だ
ずっとこの前からこの板来てたけど 人の詩を読むのが好きだったからずっと読んでた
んで 凄く最近書き込むようになった
他人の意見をもらう事はすごくありがてぇ
>>816-817
評価、ありがと

821 :抑揚:03/12/29 20:08 ID:9+ZwkAvo
>>802
C;その言葉遣いが効果的であるか否かが問題。
内容はありがちながらも良い雰囲気。

>>803 D;思いついたことをのたまうだけに終わる兆候アリ。
>>812 D;キミキミボクボクうるさい。日本語が不自由な感じがしますよ。
>>814 C;表現は巧いんだけど、内容が稚拙。リア厨丸出し警報発令中。
>>818 E;コイツも脳内完結型。「価値もない僕は」の説明すらでてこない。

822 :名前はいらない:03/12/29 21:30 ID:k+pw5v4q
スカートの長さを最近の先生方は注意しなくなったんだろうか
俺が高校生だった頃はどんな些細なことでも見咎められたもんだ
校則に沿わないガクランとか取り上げられたぞ
女の子だってひざ上のスカートとか駄目だったもんな
考えるとかなり理不尽だな
校則を守らなきゃいけない理由なんてどこにもなかったんだなって思わされるよ
何だってあんなくだらない服装チェックに貴重な時間が費やされたんだろう
既成事実とかいう言葉あるけど本当都合いいよな
世の中の大人に対して滅茶苦茶腹立ってきたよ俺
はぁ?『氏ね』?このキムチ野郎!
これだから2ちゃんは駄目だね
まともにレスもつけられない低学歴のドキュン共ばっかりだ
リアルだったらこんなオタ共軽く論破してやるよ

823 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :03/12/29 21:53 ID:fIT7g7lv
  
最近の先生方に
僕はなりたい
面接のまえには下見
そう スカートの丈を
見ておくんだ
 
仕事は楽しくなけりゃ
いいものは生まれない
    
------------------------------------------------
すみません。お題を前のレスから頂きました。

824 :clear:03/12/29 22:18 ID:Xd4+PQqT
>>821
評価ありがとうございます。

825 :soft ◆1unIKApLkA :03/12/29 22:23 ID:2Spo5e8I
>>821
強がりを言えば
稚拙美ってのを狙ってるんだよw
評価、ありがと

826 :パンダハト:03/12/30 01:05 ID:CApy3pm6
「一週間」
目が覚めたら もう午後を過ぎている
だけど何の予定もない 
とりあえず服に着替えて 目的地の無いドライブをする
陽が沈み夜になる こんな日曜日
やる気が起きなくても また今日から
会社へ行く日々が始まる
いつもの電車に乗って いつもの席に座り
眠い目を擦る こんな月曜日
帰り道の途中にある コンビニへ足を運ぶ
好きな人が働いているから
今日こそ何か話そうと レジに行ったのはいいけど
話しかける勇気がない こんな火曜日
小さな幸せ感じることもあるし つまらない毎日なんかじゃない
水曜日と木曜日 この日は何も無く過ぎる
ちょっと物足りない
何にもない時だからこそ 見つけられる物もある
新しい何かを求めて それを探してみる
金曜日 仲間と遅くまで騒ぐ
明日は休みだから
自分へのごほうびに いつもより多く酒を飲む
そして誰も居ない部屋に帰る
土曜日 今日で一週間が終わる
寝て起きれば日曜日
明日は何かあると 期待してみても
明日も予定はないから 一人で過ごしている
変化の無い毎日だけど 僕はこんな毎日が好き
  

827 :抑揚:03/12/30 01:52 ID:N4C0ORou
>>822 E;
>>823
D;その程度のインスピレーションしか沸かなかったんなら
わざわざ投稿する必要はなかったと思うよ。
>>824-825
お礼や言い訳だけ書くぐらいなら、
どれか一つでも他人の作品を評価したほうが
よっぽど有意義だし、いい勉強になるよ☆ミ
もしくわ、評価を踏まえた上での作品の投稿とか。
>>826
D;ただ書きなぐった文章を何度投げたって一緒。
実力を付けたいならそれなりに努力する必要がある。
読み手になんらかの感情を抱かせる事を意識して詩を書いたほうがいい、
ただ書きなぐってる言葉が人に感銘を与えるほど、藻前の言葉は素晴らしくない。
そんだけ何作も作る時間が有るなら一作品をもっと大事にしなさい。

828 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/30 01:57 ID:Wsu2zgGq
>>826パンダハトさん
変化のなさが詩の変化のなさへと如実に言葉化されているようで、気楽に読め
ました。つぶやき的な詩としては、いいとおもいます。

>無い→ない
ひらがながよいかとおもいます。

>そして誰も居ない部屋に帰る
→ひとりになった部屋には黒の遺影 精一杯のリボンが微笑んでいる

829 :名前はいらない:03/12/30 02:25 ID:m91RGRw1
他スレで書いたものですが転載します。
ばっさり評価してください。

「男工哀歌」

あるのは月とカンテラ
幽遠 残響 かしまじく
虚ろ虚ろにつたう夢
虹色発狂ダイオード
嘘のような並々の涙
磁場に咲くざくざくの蝶だ
アイロニー 染まれ 愛色に
焼け付いた 夕日 公園 象のブランコ
オマエが捨て猫の餌になれ
エンドレス空虚
気がつけば辺り一面蕁麻疹の園だ
インポテンツ機能を中途採用した街並みに呑み込まれ
桃色発狂大往生
わたくしは穏やかな穏やかな穏やかな
そんな自堕落な暮らしに憧れておりました


830 :毒草:03/12/30 03:51 ID:ZurfK7+G
はじめまして
まだまだ未熟ですが評価お願いします

『どうやって?』

外見が
性格が
知性が
運動神経とか
全ての価値観を捨てたら
僕達はどうするんだろう?
僕達はどうやって人をあいするだろう?

光も闇もない
世界があったら
僕達はどうするんだろう?
どうやって世界をみるだろう?


831 :スティルメイデン:03/12/30 06:00 ID:I0Ua3cWF
「満足のいく戯言」

そこには男が二人、
一人はキチンと椅子に座っていたが、
もう一人はベッドに気だるそうに横たわっていた。

ベッドの男は口を開いた。
「最近よく夢を見るんだ」
僕は聞いた。
「ほう、どんな?」
彼は
「エーテルの花が咲き乱れた花畑で
 僕が一人詩を書いている夢」
と、言った。


彼は若い頃、詩人を目指していた。
彼はあまりにも純粋だった。
器の小さい言葉に一つ一つ意味を詰め込んでいった。

いつしか、彼は彼が崇拝した詩人と融合して、詩人になっていた。
彼が作り出した文字の羅列は海岸の様に終わりが無かった。

そして君はありつづけた。
刹那の矛盾は泥で蓋をされ、
永劫の充足は有機的な自尊の部屋で暮らす。

過量の肥料は根を腐らせ、
そして虫の寄り付かない花を咲かせた。


832 :てす:03/12/30 07:28 ID:xNLAfvON
あらなかなかいい詩ね>>831
830は権力も腕力もない男の詩を続けて欲しいわ

833 :愛情の果てに。:03/12/30 08:40 ID:UmmZw0XL
どうして好きなままで終わらせてくれないの?
どうして嫌いにさせるの?
どうして追い詰めるの?

二人で一つだった頃があった。
笑いあった。
喜びあった。
くだらない喧嘩をし仲直りをした。
楽しかった日々があった。

何時からかずれを感じた。
価値観の違いだろうか。
最初は小さなひび割れだった。
それは次第に大きな裂け目へと変わっていった。

貴方は変わった。
私も変わった。
これまできれいだった世界が壊れ、醜い世界に変わった。
それは表裏一体のように裏の顔が現れた。
愛情は憎しみに、秘密が弱みに。

私は好きでいたかった。
でも、私は貴方を好きでいることに疲れた。
変わり行く貴方のそばにいることは耐えられなかった。

腐食していく二人の関係。
そして二人の心。
さようならも言えないままに。


834 :soft ◆1unIKApLkA :03/12/30 16:43 ID:aUyDQs+M
『鳳凰』
青桐の森の中で
土は雪が降ってるわけでもないのに真っ白で
夏でも無いのに青桐は黄白の花を咲かせっぱなしで
鳳凰がその真ん中で色の無い空をじっと見つめている

朝は気持ちのいい夢だろうと 鶏のような声を上げて起こしに来る
昼間は頭上をくるくると飛び回る
夜は そっと青桐の枝にとまり 静かに眠る
いつでもうるさいこいつが静かになれば俺だって眠くなる

鳳凰って何だ? そんな事を聞かれてもわからない わかろうとも思わない
誰かがぶつぶつと鳳凰の事を語りだしたなら
俺は全力で殴る
そいつはそいつだ それだけだ

ある夢の中で そいつがそこにいた
青桐から降りて 白い土の上にいた
「何故だ」
そう言われた途端 白い土は赤く染まる
「痛むか?」
「あぁ・・・痛い」
「・・・やはりお前は生きている」
「あぁ・・・生きている」
「・・・お前がいなくなれば、私もいなくなる」
「それがどうした」
そいつは色の無い空を突き破っていった
そいつは色の無い空を突き破っていった

835 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :03/12/30 17:00 ID:XtLleiHq
[マーブル]

二色が交わる
一つは不変
一つは可変

化けた姿が否定されようと
二色は美しく変色し続ける
孤独のマーブル
肩組み懐かしく

芳ばしい薫りと共に溶けてゆく
しかしいつまでも二人はふたり
崖から落ちない
教会へ行かない

まるで色悪の君のよう
明るく振舞うだけの姿

836 :名前はいらない:03/12/30 17:19 ID:Q/SkJNVS
赤い葉を落とすことで存在感を示す
古い樹木が在る
その下で得意な楽器を演奏しようか
そうしたら涙と言葉にならない声が出てきた

いつかまた会えるまで約束をしよう
僕の手と君の手を交わすときまで

暗い夜道歩いてたいつかの僕で
そんなにもう仕方ないことばかりじゃない

ずるいようで正しいことをする人だそうでこの僕
ただ君の近くにいたいだけなのだから
面倒くさい戯言捨ててさあ行こう




837 :(kau-a) 102CTKP.ctktv.ne.jp:03/12/30 22:13 ID:1463auhP
雨の夜半に歌一つ
その美しき音は言葉の群にひそむ
その舞いは街灯の下 蛾の如く
しかしここは街
喧々たる言葉が溢れる街
その言葉は街灯の下に踏みにじられた
そこから飛び散った内臓は
やはり醜かった

838 :名前はいらない:03/12/30 22:44 ID:Q/SkJNVS
走る車の音で目覚めたよふかし気味の僕
ただ生きる行為に慣れてきただけだから
心配しないでまだ死にたくない

手を繋いで歩いた今はもうない街
名前は知らなくたっていいだろうけど
歩く途中にあった映画のポスター
あのヒロインが君に似ていた

本を開ければ読む気がうせる
さっきまであったのに
僕の心は安定しているのか
実に不思議でこんど聞いてみるよ
電話でいいかな物知りな君に

ザァザァと降る雨の音に
耳を傾けてみよう
するときっとさ君の心に
かかる虹が見えてくるから 




839 :名前はいらない:03/12/30 22:47 ID:Rs+v1Ezt
何でも無いような事は
何でも無かったと思う
何でも無い夜の事
何にも無かった夜

どうよこれ?

840 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/30 23:41 ID:1xETffCX
>>833
>愛情の果てに→愛憎の果てに
として、推敲されてはいかがでしょう。はじめからわかっていたはずのテーマ
だろうとおもいます。でないと、詩になりきれない「日記・ひとりごと」を、
いたずらに詩化させたような印象を与えてしまうのでは。

>>835
最終連、いい意味での「オチ」に成りきれていない感じが否めません。
それまでの展開は面白く、読ませます。

>>837
>そこから飛び散った内臓は
>やはり醜かった
「やはり」は共同認識の押し付けになることがあります。出来れば使わないほ
うがいいかと。
「内臓」がどうだったか、ということより、「内臓」を他の言葉に置き換えて、
それが「飛び散る」その飛び散りざまを静刻させてみられるのも一興かと。

841 :「若年寄」:03/12/30 23:51 ID:Z+8oVqLO
「難しいんだ ああ モチロン 判っているよ 判りすぎてるよ ・・脳内で」

顔が飛行して 魂が脱け殻になって いつのまにか 手しかない
あいつがよくやって じぶんがよくやって 最初で最後とかいっていたはずの 手しか

「そいつは ああ モチロン 難しいくらい 判りすぎるくらい ・・所詮脳内で格闘させたに過ぎないね」

精一杯漕いでいた 筈の 船が それでもそこは 俺のものだと言い、諦めたふりをしていた、
それでもそこは 俺のものだと言い張り、帆を張り、押しとおしていたと途端に、沈んでいた

限りの無いように 停まる所もなく ビデオしかなくてカメラの無い、時間しかなくて日付の無い、

落ちる所は決まっていたもの そうして学んでいるはずの しかし確実に擦り減っていることだ

「モチロン 判り過ぎるほど 判るくらいが丁度いい んだが 実は判らないとか 襲ってくる奴はいかがなものか」

部屋とか服とか頭のうしろあたりにもあるような
弾みを付けられたばね飾りには装飾が無いように
てこの原理に苛まれる事が当たり前に浸透する
つまり信じていた らしいような真実っぽいそれに
いつも いつまでもと
そして苛まれる時々

勿論判り過ぎる事は無いのだ だが言葉とは何ゆえかして身につけた希釈された毒のようなもので
やはり行き過ぎる事もあるし 足りぬ事などもっともだ

故に私は
ハイエナが歩き回る部屋の 何かがチガウとかそういった
ある種抗う変人の塊でできた欠陥と呼ばれるもののなかに
熱く換える 何か 手段が分散するであろうものを
夢の名において 騙されるだけに終わっている

842 :名前はいらない:03/12/31 00:32 ID:o6yQ50pz
きのうの満月
きょうの曇り空
日々流れ続ける世界
嗚呼、嗚呼、無常の涙


843 :名前はいらない:03/12/31 03:31 ID:NtV48ppp
胡散臭いし、馬糞くせえスレ
無常の涙だってさ
ププッ









オエエー

844 :名前はいらない:03/12/31 04:16 ID:y8a7/TkC
レスといいたいのかな?

845 :カステラ ◆WerpWRx8OI :03/12/31 06:01 ID:/Q82evo5
[故郷]

帰郷の途中で
眠りに落ちるような
不安を感じた

遠い記憶が
鮮やかに広がり
私は包まれた

帰宅の途中で
目が覚める前の
焦燥を感じた

自由が
圧倒的に押し寄せ
私は覚悟を決めた

846 :うにれもん:03/12/31 06:32 ID:oN87PBME
「犬と、あー」

犬が笑う。
流石の俺でも怒る。
ぱかり殴ると舌を出す。
これは、どっちの意味だよ。

如何せん俺の片腹は痛いし。
手取りは20万だし。
職場の糞共にへつらう俺がいるし。
事故って、「わりー」で、腕ガンガンで、俺ガンガンで、ブタ箱くさい飯だし。
あー、だし。家帰っても、あー、だし。

そりゃ犬も殴ればワンと言うと思ったのに。
猫も杓子も生気がない。
あー、意味は大体わかる。
だけどなぁ、この世界の方が糞じゃねぇか。
水を飲むにも、殺して奪い合うような世界だ。

わかった。
俺は今からソイツらを殴りに行く
価値観の違いはこうして俺が埋めてやる。
あー、な世界に、俺があー!て、あー!てしてやる。
ガンガンだ、今度は俺がガンガンしてやる、心中は察して潰してやるよ。

颯爽と家を飛び出し、コンビニでビニ本を手に取る男。
ヤツの舌は出ている。
犬の舌も出ている。
のんべんだらりとしたせかい。

847 :名前はいらない:03/12/31 13:16 ID:vT4eI6/u
>>840
5段階評価になってませんよ。

848 :名前はいらない:03/12/31 14:18 ID:OojS2JNq
まぁね

849 :名前はいらない:03/12/31 14:30 ID:9N6p+tbB
雨降り
ぽと  ぽと
ぽと  ぽと  ぽと
等間隔に  ぽと  ぽと
ぽと  ぽと  ぽと  ぽと
心臓の鼓動のように
ぽと  ぽと  ぽと  ぽと
興奮してくると
ぽと ぽと ぽと ぽと ぽと ぽと
雨粒の音が
           ぽと
                 ぽと
      ぽと

ぽと ぽと ぽと 

僕はそれを眺めて笑っているのです

ぽと

ぽと ぽと

ぽと ぽと ぽと

850 :名前はいらない:03/12/31 17:08 ID:rn0RA0YU
俺は何かを忘れている 俺は何を忘れているんだ

部屋の整理中古ぼけた帳面を見つけ

思い出した 思い出した

故郷へ帰ろう 故郷へ帰ろう

母に礼を言うために

墓を参ろう 墓を参ろう

いった母への礼言いに

こんな駄目な俺を産み 育ててくれて有り難う 

あい変わらず 駄目な俺だが
あなたの言っていたように あなたが生きてきたように
一所懸命生きてます 一生懸命生きてます

母の好物の大福を供え 礼を言って俺は行く

供えた大福ガブリと一口 母から元気をもらった気がする

供えた大福ガブリと一口 また明日から懸命に生きよう
 




851 :名前はいらない:03/12/31 19:58 ID:NtV48ppp
古臭い前に胡散臭いw
例えば消え行く女ってコテとか
北とか、りゅんりゅんとか、れんとか
基地外コテネーミングからして詩人としても
人間としても失格。脳内はガキだが、見た目は40以上いってそう
屁も息も体臭も臭そうだし、きしょコテオブザイヤーだなw

852 :soft ◆1unIKApLkA :03/12/31 20:15 ID:h7VaMR/F
『チキン君』
チキンと呼ばれて はや三年
実際 臆病者だけど
それなりに頑張ってんだ ビクビクしながら頑張ってんだ
そう呼ばないでと言えずに過ぎた 三年

自分の出発の前日に君はご馳走を用意した
メインはフライドチキン
あからさまに嫌そうな顔する僕を見て
チキン君、可愛いよ
なんて言ってさ

怒るにも怒れない だって明日は君の出発する日だから
君は少しひねくれてるから 花ではなく 花の種をくれた
わたしがもどってくるまで、チキン君 大事に育ててよ

君が夢見た街へ旅立ってから もう何年もすぎたよ
毎日 水やってんのに まるで咲かない 芽さえ出てこない
これで四度目の春が訪れる
僕はもう君の花の種なんか忘れて ぼんやり日々を過ごしていて
ベランダにあるプランターには 雑草がいっぱいさ

届いた手紙 読んでから 急いで外へ駆け出す僕
開けっ放しのベランダ
流れる風に乗って 綿毛が部屋の中に入り込んでる

853 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :03/12/31 21:35 ID:xPJJo11p
  
君のその瞳の奥

セレナーデ
ン? とおもった
スバラシイ って
5回おもった いいや
段落でいくつにも区切れるくらいに それは急な
階段状をいっきに駆けのぼった
でも 君はどこまでも
評判悪くて そのとき生まれてはじめて 僕の
価値観が揺らいだ
すくすくと育ったのはそのときだ!
るんるん と
よくは言われない表現が ぼくにもインストールされたんだ!
!!
vサインを君とプリクラでなんて もう 円周率なんて
3.でさえいい なにしろ僕は もう
0になるのだから!
   

854 :名前はいらない:03/12/31 22:30 ID:y0C6kQYK
「自覚症状なし」

落ちこんでるのは表情だけ
綴った詩は指先だけ
手首を切るのは気分だけ
狂っているのは形だけ

お前らとは違うんだ
ひれ伏せよ

語った夢は理想だけ
叫んだ歌は口先だけ
吐いた言葉は不満だけ
愛した者は鏡だけ

お前らとは違うんだ
ひれ伏せよ
正しいのは俺なんだ
ひれ伏せよ

歩いた道は歩道だけ
交わした会話は妥協だけ
笑った相手は弱者だけ
残った体は何もない

お前らとは違うんだ
ひれ伏せよ
正しいのは俺の方
ひれ伏せよ

855 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/01 01:40 ID:OLLDsnOj
[色色]

伝たえられてた雪の白さを
誰でも当たり前に知ってた
この瞳覆う色眼鏡で
白は赤く汚れていた
裸眼で見る青い雪花
間近で見る醜い雪景

現実を覆す真実
夢中になれる嘘
難解な立体図形
容易な現実逃避

虚構の白
現実の赤
理想の青

この赤い世界を壊してくれ
正義の味方を殴り飛ばして

856 :たかし:04/01/01 01:54 ID:DiHnsgQL
即興詩 台風の謎

崩れ去る夏を秋が止めに来る。
ポエティックに言ってしまったが、
これは自然なことで大してすっげーことでもない。
崩れ去る夏を秋が止めに来なければ
ふつーに秋を迎えられるけれど。
止めに来た限りはふつーじゃ無理だ。
崩れ去る夏が完全に崩れ去るまで気候は
夏と秋が混ざったものになってしまう。
崩れ去ったは崩れ去ったで、秋はないて大雨になるでしょう。
これが秋の台風の謎。

857 :三島慧 ◆MQPLryIOxk :04/01/01 02:08 ID:uSVlRNmk
>>854

グラウンド・ゼロの消防士を詠む詩に突っ込みを入れるがごとくに。自分出版社があるならB。

858 :スクリーン(1/4)三島慧 ◆MQPLryIOxk :04/01/01 02:17 ID:uSVlRNmk
「スクリーン」

1995年1月16日
震度1の微震を
私は感じた
それだけだった

1995年1月17日
ジェットコースターのような揺れが終わり
父と一緒にタンスの間の母を助ける
向かいのビルが崩れている
あちこちの商店街が煙を上げている

ヘリコプターで見下ろしたキャスターは
温泉街のようだと言ったらしい

避難所となった小学校に
CDラジカセを送った音楽家がいたことを知ったのは
何年も経ってからだった

郊外の住宅地に住む
後に人を殺めることになる少年は
時の首相に不満をもらしていたらしい

崩れる街を見た国会議員の報告は
最初本気にされなかった

859 :スクリーン(2/4)三島慧 ◆MQPLryIOxk :04/01/01 02:18 ID:uSVlRNmk
自衛隊のテント風呂
新興宗教団体のプレハブ風呂に入った

ヤクザはおにぎりを配ったらしい
それが彼らの手なのだと言う人もいる
高値で食べ物を売ろうとした家族は相手にされなかった

突然始まった生理痛で水汲みも満足に手伝えず
アルバイト先で救援物資の仕分けをするが続かない

冷えない冷蔵庫の食べ物を
カセットコンロで鍋物にして食べる

電気が復旧したのは1週間後
ガスが復旧したのは1か月後だった
電車が通ったのはいつだったろうか

この年
真理を掲げたヨガ団体の代表は
大量殺人をやってのける

彼は最終解脱者を自称した
本当に解脱しているならば
この世にもあの世にもいないはずなのに

学者が彼を持ち上げたのを知っている
テレビが彼を引っ張り出したのを知っている
彼は先人を目指し選挙に出馬した
目標は今や与党の一員となった政党の支持母体だろう

860 :スクリーン(3/4)三島慧 ◆MQPLryIOxk :04/01/01 02:19 ID:uSVlRNmk
そういえば広告代理店が王様の扮装をさせた教祖もいた
彼は精神分裂病歴があるらしいから
今なら親近感が湧く少しだけ

ヨガ団体は苦行と合成麻薬で何をつかんだか
警察の偉いさん狙撃事件も疑われたが
これは銃マニアのテロリストの可能性が浮上しているらしい


私の「世紀末」は終わった。


インテリラッパーが歌った「噂だけの世紀末」は
予言をテロリストが実行しないかとの心配が杞憂に終わった1999年が過ぎ
プログラマーの事前の準備が功を奏した2000年問題で終わりを迎えた

2001年がやってきた
人類はまだ木星には到達せず
人間に匹敵する人工知能も存在しない
そんな新世紀の9月だった


ジャンボジェット機がぶつかると
ビルは崩れる


感覚が想像力をなぎ倒す

TVニュースの映像にカタルシスを覚えた夜
あと何機どこに落ちるかおののいて眠った

861 :スクリーン(4/4)三島慧 ◆MQPLryIOxk :04/01/01 02:21 ID:uSVlRNmk
人も金も言葉も
情報の瓦礫に飲み込まれていった

戦争で金が儲かる人間がいる

ファンドの元本保証は
大統領の父親という旗印だ

抵抗の英雄は
敵国製の時計を身に付けていた

歴戦の破壊工作者は今
片や首相 片や豪邸好きだ

封鎖された街から出るために
援助を受けて留学するしかない若者がいる

聖地に住んでいるのに
安らかに眠れない少女がいる

現世より死後の世界を夢見て
命を捨てる戦士がいる

復讐をやめられない人がいる

862 :スクリーン(5/5)三島慧 ◆MQPLryIOxk :04/01/01 02:23 ID:PhLabmGH

私は「新しい戦争」という言葉から逃れ
客のまばらな映画館に入る

中世の閉ざされた修道院で
少年が果てのない罪に問われている

神父に何度鞭打たれても
絶望するわけにはいかないのだ。

感情が擦り切れる中聞こえる
旋律を失い澄み切ったレクイエムを
本物の賛美歌に生まれ変わらせる
私の中のスクリーン。

863 :ネル:04/01/01 04:18 ID:085CRlwo
眠る事が出来ずに
ずっと、起きていたの
愛する悲しみと愛され喜びを知ってしまった夜
このまま、時間を止めて
1秒、1秒の間の空間に閉じこもりたい
壊れた砂時計のように
その砂の中に溺れたい


864 :名前はいらない:04/01/01 04:58 ID:uGDb/2wD
随分と長い独り言だなw


865 :名前はいらない:04/01/01 05:33 ID:eGUnN5QH
すごく好きな人だった
あの人には他に想う人がいるっていうのも分かってて、
だけど
送るよ、なんて言ってくれたりもしたから
ほんの少しの望みでもいいからと、かけてみたりしてて....
自分がものすごく馬鹿だってことも
不毛な関係を続けている事も分かってて
それでも、抱いてくれるなら
他に何も望まなかった..


866 :( * ・'з ・)みどろ ◆SKULL.H106 :04/01/01 05:48 ID:6eUxOsaA
むかし見たあれ名前を忘れたけど
どのくらい素敵だっかおぼえてる
あの時ぼくは正気のつもりさ
星の夜に踊る ライフルと同じよう
いつから冷めちまう
あいつもそいつもそうなるか
うまい理由をつけたりして
くさった言葉で伝える
Rock'n Roll 夢がとまらないし
I Love Girl 本当に好きなのさ
好きな女の子の手にはじめて触れた日の 感覚が欲しい
ああいう気もちを取り戻せないから大人 だなんて嫌だ
Oh 生きてるとか死んでるとか
とてもセンチメンタルだよBaby
ポマード塗りたくり長い髪の毛を
風にゆれる草花の影みたいにする
その頃きみは何を見つめれた
海の底で胸が ときめくのに似てる
気にせずに軽くなる
どいつもこいつもだいきらい
正しいことなんてないけど
感情が思うままにする
Rock'n Roll 夢がとまれないよ
I Love Girl 本当に好きなんだ
羨ましくないから嫉妬ってわけじゃない けどくやしい
大切だから誰にもふれられたくなかった ただそれだけ
Ah 恋してるとか愛してるとか
すごくロマンティックだろBaby

867 :名前はいらない:04/01/01 08:23 ID:IAlw/Cmy
ポエム
ああポエム


評価お願いします

868 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/01 08:38 ID:kmwy5wQq
『A HAPPY NEW YEAR』
もう新しい年
また新しい年

去年は嫌な思い出が沢山残った・・・って思ってるだろ
実は嫌な思い出と同じくらい(・∀・)イイ思い出があったんだ

なんでだと思う?
嫌な思い出はその瞬間がすぎてもウジウジ考える 振り返る
(・∀・)イイ思い出はその瞬間だけしか楽しんでないのさ
でも 嫌な思い出を振り返って 考えて そんでもって
(・∀・)イイ思い出を作ろうと 思えるんだ

もうすぐ新しい年
またすぐ新しい年
誰にでも平等に訪れる新しい年

もう思い出せたろ?
実は(・∀・)イイ思い出ばっかりだったよな?

A HAPPY NEW YEAR
A HAPPY NEW YEAR
あけましておめでとう

869 :名前はいらない:04/01/01 10:28 ID:D+8JqSm2
【ゴールデンレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です

870 :名前はいらない:04/01/01 10:57 ID:QLdG+UiK
>>869
この書き込みそこら中で見てる。もう何回見たかなぁ。

871 :名前はいらない:04/01/01 19:38 ID:61bERddZ
どすぐろい闇の中
…俺を誘惑した君よ!蜘蛛よ! リンゴを喰らい 君を失い どうすればいい!
日は時を食べて 空へ舞い上がる

…雲が無い青い空! …曇りが無い純粋の鳩!
俺はT−シャツの王子様に化けた

白い白い純白の教会 てっぺんで鐘を踊らす
出てきた 出てきた お姫様 純白のお姫様
愛の笑顔で 知らないフォーマルとワルツを踊る

ノドから手が伸びるような美しさ! いらない欠点ワルツの相手!

人ごみの中に青空にそぐわぬ不機嫌顔 
俺は 駄目だ! 俺は 駄目だ 俺は!

気が付けば
それは鎖を外した雄犬のように それは気まぐれなロケットのように
ライスの雨を駆け抜けて 俺の知り合い他人をかき分けて
幸せ顔の宝物 真ッ白い宝物 それをこの手に捕まえた

そしたら たちまち 純白プラス水色へ!君が泣いたら俺悲しい

そんな事 いってられるか
くすり指の首輪を壊して 何もかもから逃げていく!

あったかい闇の中
俺を誘惑した君よ!蜘蛛よ! リンゴを喰らい 世界を失い 君は腕の中に!





872 :871:04/01/01 19:41 ID:61bERddZ
よく考えたら 人をそそのかすのって蜘蛛じゃなくヘビじゃねえか…
欝だ氏のう

873 :名前はいらない:04/01/01 21:43 ID:vPCSMNv/
タイトル「めくるめく世界」

梅毒恐怖症なんて、「叫び声」を上げる syiphilis,Treponema
全身性エリテマトーデスに冒されて 脳味噌はアルツハイマー
「悔い改めなければ、皆滅びる」 人類の罪の歴史が
それぞれの肉体に刻まれる その、4つの聖痕

高速道路を疾走するトラックが、ガードレールに衝突、激突した
自損事故だ、交通事故だ 原子力発電所が爆発した、
おお、チェルノブイリ! 神戸地震は、バベルの塔だ
最終組み立て兼流通工場よ、ゴミ処理場よ!

電柱、電線、鉄塔……
mRNAは、メッセンジャーとして、映画になる
タンパク質合成し、アミノ酸が構成され、光合成を行い
RNA,リボソーム、ペルオキシソーム、ゴルジ、ミトコンドリア

電線を駆け抜ける、インパルスと、その軌跡
光ファイバーをすり抜ける、その思考の軌跡
神を愛せよ、隣人を愛せよ
主の奇蹟! まことの奇蹟! 神の奇蹟を!

874 :a:04/01/01 22:02 ID:rSx1NWTp
>>873 B
もっと語彙を整理する必要があるとは感じつつも、この科学的狂気というか
名詞の氾濫には、それを突き抜けた何かがある。この調子でいくといい詩ができる
もしれない。
ところで、よく優秀な科学者が宗教に走るということを小耳に挟むけど、これは
それほどまでに説得力がないから、「神」とか「奇跡」とかは使うべきではない
ように感じる。

875 :ネル:04/01/01 22:22 ID:085CRlwo
外は雨
濡れた髪を掻き上げる
くしゃくしゃにされた
包み紙のように
剥ぎ取られた二人の儀式
抱きしめられた喜びが
心の闇を造ってしまう
壊れていく魂
心が溶け合う瞬間
求めるものは貴方だけ
吐息が優しく語りかけ
真実の意味を知るのね
雨の雫が窓に踊る
ワルツのように
私も踊る
貴方の吐息で

876 :名前はいらない:04/01/01 23:27 ID:FJEtIicl

ねぇ先生

アタシと



死んでくれません?



絶対

幸せにするから


877 :名前はいらない:04/01/01 23:28 ID:Hg1qJWsp
なんなんだこのスレッドは・・・

878 :名前はいらない:04/01/02 00:19 ID:ZzjYFF2r
例えばある人が生きるさまが死んでいることと同じである時
その人を生きていると言うのも死んでいると言うのも同じではないか

例えば幸せであることが不幸であることと同じであり
不幸の中にもまた幸せがあるなら
幸せも不幸も同じことではないか

879 :ネル:04/01/02 01:35 ID:MgkGPhUG
切なくて 切なくて
貴方を想えば 想うほど
魂だけでも
貴方の元へ 届けたい
今頃、彼女と貴方は 微笑み合ってるのね
貴方を愛する事は 錆びたナイフで刻まれるより、切な過ぎる
切なさとやり場のない嫉妬が真夜中の薄暗い闇となるでしょう
私を照らす月は 薄暗い闇に飲まれてる
貴方を探して
貴方が現れるまで

880 :グラタン ◆Nq8bOU95qA :04/01/02 02:26 ID:gjfZR+Wb

ウィッス。いっちょ評価します。
詩を書く際に、何か狙いを持ってやっている方がたまにおられますが、
判らなかったらそれは申し訳ないっす。自分には伝わっておりません。
他の方からも評価を望みます。だって、@レスだけでは・・ねぇ?

>>878 その後の発展を望む。というに、自分はこれこれこういう事が
言えるからなんであるのかが知りたい。ただある見方があるだけでも普通はフーン、なのではないでしょうか。


>>876 何が幸せなのでしょうか。先生、、て教師でしょう、
アタシって中学生くらいかな、、てか此れだけじゃただの危ない人です。
柔らか味にかけるともいえませんが、何か感じてくれってのは難しい話です。E

>>875 ラスト三行はすんなりときますが、とばしとばしの瞬間を抽象してただ単語を並べるだけでは何も伝わりません。もう少し流れを意識しては如何でしょうか。それと、言葉の持つイメージにも気を配るといいかと思われ。D

>>871 駄目だといいつつ駄目に描いているのにワラタ。
単語を、単語のまま使わぬほうが良いと思われます。
つまりただ水色、純白、だけでは如何とでも解釈できますし、色の悪い水色だってあるわけです。誰が読んでも、というのは難しいですが、それに近づくようにしてみては、と思われます。E

>>868 >もう思い出せたろ?への流れは(・∀・)イイと思いますが、
終わりがしょぼいです。それと全体的に改良の余地があると思われ。
この方向性ならば、それほど繰り返すのはチト冗長かと。D+

>>867 お願いしますと言われんでもするけれど、まぁ、E
日本語の勉強をしてその無常感なりなんなりを表現できるようになってくださいということです。

>>866 たぶん歌詞ですよね、恋に交えて(おそらく作者が思うように)取りまとめ様とした事柄が大き過ぎて、多過ぎて、陳腐なものにしかみえません。判りやすいようですが、めちゃめちゃ押しつけがましい。。けれどよく出きるとは思う。D+


881 :グラタン ◆Nq8bOU95qA :04/01/02 02:27 ID:gjfZR+Wb

>>865 ドロドロしているようですが 何か?、ですね。
盲目とはよく言ったものですが、あなた自身が盲目でないならばその事を、
冷静にもかけますしわざと書き散らしたようにしてそのなかに痛切に感じれる何かを取り込むこともできるはずです。D

>>864 中傷は、批評とともに。

>>863 砂時計は壊れるとどうなるんでしょうね。そこだけかな。
あとはコンパクトでいいんじゃないですか。D+

>>858 冒頭のいくつかは、経験したものですよね。
言葉の精度と、事象の捉え方には非が見られません。
:差し出がましい行い、というに、人は其れを避けるけれど、
 一傍観者なる一人が一傍観者ならずといったことに意見を表明する。
 遠くに鳴くレクエイムなるものはカタルシスとなり賛美歌である。と。
 それでも元凶なるものを批判し、またそれにおののいたり・・・ん?矛盾しているな。
なんか解釈違うっぽいです。他の方におまかせさせてください。

>>857 秋の台風、が止めるのですよね。
捉え方は(・∀・)イイ けれど、さらりと言うのもまた一興かと。C-


882 :876:04/01/02 02:36 ID:htfGqCUq
>>876
これは教師と生徒じゃなく、
小説家と女、もしくは画家と女...。廃退的に。

教師じゃアブねーよ。

883 :グラタン ◆Nq8bOU95qA :04/01/02 03:12 ID:gjfZR+Wb
要は、>てか此れだけじゃただの危ない人です。
と言う事ではないですか。

まぁ、申し訳。

884 :名前はいらない:04/01/02 04:18 ID:+8Hrbgva

不意に名前を呼ばれて
真っ白になった事を覚えてる
今までは名字だったのに
「そうだっけ?」って、そういうの、ズルイ

「あれ取って」って、目の前を横切る腕に
不謹慎にも抱かれたいと思った

けれど、決して手には入らない人

触れる事も出来ないのに
このまま近くに居るのはつらい..

そういえば、
瞳が交わった事は
あんまり
なかったな...




885 :名前はいらない:04/01/02 04:41 ID:6sBHWcte
誰かぼくを相手して君が誰か知っているから
ぼくうれしいぽハート
きもがらないでべいびー
ぼくは人気者
だってぼくはぼきだよ星
脳内ではいつだってスターさ
べいべー
ぼりぼり
かたかた
ぷーん
中央線w

886 :名前はいらない:04/01/02 04:55 ID:MXIaLOn7
「ショウカシヨウカ」

そろそろ
消火しようか
燻り続ける此の想い
背負い続けるには重い

そうして
消化しようか
肥り続ける此の願い
味わい続けるには苦い

それなら
硝化しようか
研き続ける此の償い
輝き続ける時間は少ない

887 :名前はいらない:04/01/02 04:56 ID:MXIaLOn7
さぁ

そろそろ
昇華しようか
僕と君の内緒の遊戯
僕と君の秘密の暗号

そうして
唱歌しようか
僕は僕で今を歌おうか
君は君で今を歌えたら
僕も背負うか
セイシの体験
僕としようか
セイシの体現

目が覚めたら君は居るだろうか

目が冷めても君は居るだろうが

888 :スティルメイデン:04/01/02 05:00 ID:v2Hf7eTy
「スティール・メイデン」

神経伝達速度の加速についていけない

死骸!

急所をはずした時計の針は
いつまでも私の血を啜ります。

死にたいときには死ねなくて
生きていたい時に限って死んでしまいます。
御都合主義の戯言戯言!

退屈から殺意を感じるこの部屋で
役に立たない眼で針を見る

針はちっとも動いてくれない!


私は死骸!
だって、ダチュラの夢ならこんなに長くないからね。


889 :毒草:04/01/02 05:19 ID:veAnxsuz
カウンセリングの本は嫌だ
精神学の本も嫌
私達はマニュアルどうりに動いていないんだから

890 :名前はいらない:04/01/02 16:28 ID:ikxAaLb8
>>889

本をマニュアルとしか読めないことは不幸だ。自分出版社があるならもうちっとがむばれのD。

891 :@@@:04/01/02 16:52 ID:8hlH1GEy
{Game}
犯罪ギリギリのトコでGameを繰り返してる
一体いつオトナになるべきなのか

納得できないセカイの固定観念
非常識だと言われてるジブンの感覚
何が常識で何が非常識なんだ?

愛こそ全て?否定しないが
それだけじゃヤってけないのが現実問題
金こそ全て?否定してくれ
そんなモノのためにどれだけの事件が
生まれてると思ってるんだ

そのくせジブンも金が欲しい 金が欲しい
欲にやられただけのヤツなんだ ジブンなんて 
食いたい 寝たい ヤりたいなんて
欲はたくさんあるけれど
金がらみの欲はリアルなもんさ

犯罪に少し足突っ込んでGameを繰り返してる
一体いつオトナになるのかわかったもんじゃない

892 :名前はいらない:04/01/02 20:08 ID:dmlca0Qa
  「斬る」

斬って 刺して 撃って 殺す

歴史上 えらい人物は たくさん人を殺している
人を殺せば 偉くなれる時代

斬って 刺して 撃って 殺す

人を殺せば偉くなれる時代
人を殺したのに 偉くなれる時代

遥か昔の武士たちは
何を想いながら斬っていたんだろう

893 :名前はいらない:04/01/02 20:51 ID:9Ia/5a+K
【リュック】



リュック背負っていいですか?


小石たくさん詰まってますけど……







894 :名前はいらない:04/01/02 21:00 ID:9Ia/5a+K
【鉛筆削り】
お兄さん ちょっと
小指を貸してください
そして
黒く乾いた穴に挿れてください
ゴリゴリしますよ
捻れて痛くて涙がこぼれますよ 泣くな
骨がとがりますよ
花がさきますか?
花をさきますか?
お兄さん ちょっと
小指を貸して下さい
あっ
中指でもいいです
黒く乾いた穴に挿れたいんです
花はさきませんよ 嘘

895 :名前はいらない:04/01/02 21:02 ID:HUPss725


ほんわり
     ほんわり 
          ほんわり
                ほんわり
いい気持ち 

やわらかい光に包まれて

ほんわり
     ほんわり
          ほんわり
               ほんわり
いい気持ち

やわらかい風に包まれて

ほんわり
     ほんわり
          ほんわり
               ほんわり
こらーーーーーーーーーー
おきなさい
ちこくよーーーーーーーーーー

遠くに声が聞こえると思ったら 近くに  近くに
 
ほんわり ほんわり ほんわ ほんわ ほん ほん ほ ほ HO H O   。

896 :名前はいらない:04/01/02 21:59 ID:3yjtBTH7
「クエスチョン」

何故手首を切るのか
君は何故手首を切るのか
その行動に意義はあるのか
生への衝動なのか
自らの命を絶つことは
我らにしかなせぬわざ
ただそこに美を感じるのは
愚なることと私は思う
闇を夢見ながらも
光へ手を伸ばす本能
それに逆らうことは
本当に正しいか?
自らを痛めつけながら
それを憎む本能
それに逆らうことは
本当に美しいか?

手首を切ることで
何が得られるのだろう
俺にはわからないから
あなた、教えてください

897 :名前はいらない:04/01/02 23:14 ID:f4CEtVuJ

>>896
手首を切るのは生きる事への衝動
本当に死にたかったら手首なんて甘いところ切ったりはしない
死んだように生きるのが辛くて自分が本当に生きているのか、生きているということを
血を流す事で、痛みを知る事で実感したいだけなんだと思う
得られるものは何なのかなんて自分には分からないけど。
切る事は、死、よりも生に向かっての衝動なんだろうと思う

批評にはなってないけど、なんか言いたくなった。


898 :名前はいらない:04/01/02 23:37 ID:/CpNcc67
みんな邪魔だ!俺の心から出て行け

899 :名前はいらない:04/01/03 01:51 ID:2MIruQyC
解らないことだらけさ
 僕が差し出した手に 君はいつまでも身をもたせて
 その足は地を踏むことを忘れてる
 放り出されたら壊れてしまうと 耳を塞いで蹲る
 震える肩に手を置いたけれど
 僕はそれからどうすればいい?
 取り返しのつかないことを恐れてる
 そんな僕の臆病さが ゆっくりと君を腐敗させていく
 ただそれを観ていてと言うのなら
 辛過ぎるよ だから歩いて
 
 壊れても 時は動く
 失っても 時は動く
 だから歩いて
 君も流れて
 
 留まることの無い闇になら
 きっと一緒に居てあげる
 
やがては光りへ
 君がそう願うなら
 きっと 一緒に居てあげられる


900 :三島慧 ◆MQPLryIOxk :04/01/03 02:01 ID:6jtVvV8y
>>881

「スクリーン」評価ありがとうございます。体験と見聞きしたことに鞭打たれている感じを
出そうとした詩です。

901 :871:04/01/03 02:50 ID:8me9lLLZ
>881
ひょーかども
自分としては文でガンジガラメにするよりも
最低限の単語によるイメージでの展開を狙ったのですが…。

902 :桃白白18号 ◆SuSYjvNEBI :04/01/03 03:14 ID:NKBpoa2K
>>884  E-
個人の内的体験を普通に書き綴っても、
誰も面白いと思わない。
「手に入れる」という風に相手を「モノ」として
扱う態度は最低。さらに言えば、その態度に
ついて何も疑問に感じないあなたの感覚が酷い。
駄作認定。  

>>885  D+
わけわかんない。・・・が、
「脳内ではいつだってスターさ」
って表現が、他のわけわからない記述のおかげで
際立って面白い。読者の哀れみを誘う。

>>886-887 C
うまくまとまっている。が、何か伝えたいことがあって、
それをこういった形で表現しているのではなくて、
まず先に表現形態が頭の中にあって、それに
無理矢理中身をつけたような印象を受けてしまう。
詩の中で言葉を遊ばせるセンスはあると思うので、
今後はもう少し中身を深めて欲しい。 

903 :桃白白18号 ◆SuSYjvNEBI :04/01/03 03:36 ID:NKBpoa2K
>>888  D-
メタルくさい詞だな。
退屈から殺意って飛躍しすぎじゃないかい。
殺意がどこに向けられているかもはっきりすべし。
それから、急所を「はずし」たり、血を「啜っ」たりする動的な針と、
動いてくれない静的な針の間に明確な違いが感じられない。
消化不良。結論、わけわかんね。読み手のことも考えてね。

>>891  D-
トコ、オトナ、セカイ、ジブン、ヤる、固定観念、現実問題。
ここらへんの言葉の使い方がまずい。
本人はかっこいいつもりで使ってるんだろうけど、
幼稚さを露呈しているだけで、かえってマイナス。
それから、「愛」についてもう少し深く考えてみるべし。
金との対比にしか使われないなんて、軽く扱い過ぎ。

>>892 D
「歴史上えらい人物はたくさん人を殺している」
ってんな馬鹿な。極端な内容を断定的に表現するのは
あまり良いこととは言えないな。

>>893 C+
職を持って、日々あくせく働いて税金を納めるのが美徳と
される現代を嘲笑っているかのような詩だ。
周りの人間と同じように、自分も忙しさ(リュック)を背負おう
とするのだが、その中身は実にくだらないものであった・・・・・・
という風に私は解釈したが、人によって捉え方は様々であろう。
個人的にはこの詩、好き。

904 :桃白白18号 ◆SuSYjvNEBI :04/01/03 04:03 ID:NKBpoa2K
>>894 D
正直分かりにくい。
要はなんでもいいから穴に挿れてゴリゴリしたいのか?
エロいな。それから、作者の伝えたいことと
読み手の感想との間に大きな開きが生じてるはず。
それを狙っているんなら話は別だけど・・・・・・。
ダダな匂いがする。

>>895 D
奇を衒ったんだろうけど、あんまり面白くない。
分かりやすいのはいいんだけど、その分だけ
読み手が想像力を働かせる機会がない。
思想伝達のためのプロパガンダとして
詩が利用されるのはあまり好ましくないが、
思想の存在しない詩も同様に好ましくない。

>>896  D-
リストカットに何か思い入れでもあるのか・・・・・・。
自分の心の中の疑問をそのまま書き綴っても、
それはただの文で、詩と呼ぶのは難しい。
それから指示語の使用は控えるように。

>>898 E
身勝手な一時の感情。

905 :桃白白18号 ◆SuSYjvNEBI :04/01/03 04:08 ID:NKBpoa2K
>>899 E
使い古された表現。
内容も陳腐。素人の匂いがプンプン。
詩ではなく詞であることを考えると、
世の中に出ている詞もこんなもんばっかだから
一概に素人とは言えないかもしれないけど。

906 :名前はいらない:04/01/03 04:10 ID:1M7f2mwi
>>905
放置されんのも結構あるんだが?

907 :桃白白18号 ◆SuSYjvNEBI :04/01/03 04:16 ID:NKBpoa2K
暇な人、放置されてるレスまとめてください。
俺はそれ評価しますので。

908 :スティルメイデン:04/01/03 04:22 ID:Lu3+JGyP
評価サンクス。
予想通りの評価だったw
書いた時、眠剤で脳味噌マトモじゃなかった。
確かによく分からん表現多いなぁ・・・
ちなみに「アイアンメイデンで処されてる」っていう詩です。
急所を外されますからね、アレ。


909 :桃白白18号 ◆SuSYjvNEBI :04/01/03 04:34 ID:NKBpoa2K
>>908
Ace' s High

910 :名前はいらない:04/01/03 04:39 ID:V5zxcI1I
辛かった魂が

繋がった悲しいから


繋がった魂が

辛かった愛しいから

911 :名前はいらない:04/01/03 06:01 ID:JXlpPnqx
未評価
>>855

912 :名前はいらない:04/01/03 06:12 ID:4zsU/ums
わたしは自慢しない
あいつは自慢する
それだけで
悩むわたし
情けないって言わないで
言ってるのはわたしか…
そうやって生きてます
そうやってわたしの秘密を増やします
一人でわたしを笑ってあげます
あなたはわたしじゃないから
好きです
明日わたしはあなたの元にわたしを見てもらいます
そうすれば
わたし
死ねるかも
わたしはあなたの物に
いつのまにか
なってたみたい

913 :名前はいらない:04/01/03 07:04 ID:4zsU/ums
>>855
D
最後の「してくれ」がダメ

914 :名前はいらない:04/01/03 08:32 ID:YNQ0b8DC
>>913 評価レベル E

915 :桃白白18号 ◆SuSYjvNEBI :04/01/03 12:14 ID:NKBpoa2K
>>910  C+
人間同士の魂の連結ってあり得るのかな。
キリスト教的には「父母から離れて一つになる」
っていう風に夫婦は一つであるとされているけど、
心や体ではなく、まず魂を結びつけてしまうのは
安易なような気もする。と、辛口評価はするものの、
言葉もうまく遊べてるし、言いたいこともよくわかる。
一対一の人間同士の心の動きをよく捉えていると思う。

>>912  E 
中身がない。恋愛詩が全て悪いとは言わないが、
現代の恋愛詩の多くは、社会、宗教、思想、哲学
といったところとの関係性が薄いので、中身が空虚な
ものが多い。この詩についても恋愛というフィルターを通して、
肥大化した自己への関心を
ただ惰性的に綴っているに過ぎない。
自分をものとみなしてしまうのは悲しいね。

916 :桃白白18号 ◆SuSYjvNEBI :04/01/03 12:27 ID:NKBpoa2K
『うんこ』


ノートの隅に書き殴ったとぐろに
疑いもなく笑えた日々の想い出は
今日のうんこと共に
便所に流された

かつては無知故に熱狂され
淘汰されるのみであった
うんこ

一つのいのちを支えるために
別のいのちが搾り取られていることを知る時
うんこは喜びであり 悲しみでもある

今 うんこを見て笑う
その笑みは無邪気な笑いでも
下卑た笑いでもない
優しい微笑だ

うんこが小さいと
心配になる
明日は大きなうんこが出ますように

917 :名前はいらない:04/01/03 13:13 ID:sVQXO6HU
ここにいるのは無国家の人々
顔も見なけりゃ声も聞かない文字
だけで描くやり取りの形
ただデフォルトでは日本語を使い
英語も使うがあまり使わない
ただひとついえることは無駄で面白くて
結構楽しいということだ
その変わからなかった一人の子供にはもう戻りたくないが
未来を変えられる力があるとしたら戻りたい
その変区別がつく力があるとしたらやってもいいと思う
どうせできなくても日々思い続けるが
現状を維持しつつ未来へ希望をのせるのもいいと思う


918 :@@@:04/01/03 14:12 ID:ZPVZ/Vsg
{breeze}
気がつけば もうすぐで 何かが終わる素振りを
風が伝えてくれてるけど

こんな日がくることを あの日の僕は
どうして信じていられたのだろうか

暗い暗い闇で泣き続けていても
太陽の下笑ってても 結局はみな同じこと

もう何も背負うものないさ 何一つ僕を苦しめない
青い空 白い雲 今 手を広げ飛んでみよう

明日 どう転ぶかなんてこと 僕たちにはわかるはずないさ
だから背伸びをせずに 冷たくとも今日の風に ちゃんと触れていこう

歩く道 街のにおい 変わり続けて
まるでそう 違う場所みたいに思うね

幼かったあの日 そんなことにさえも
傷つき うつむいたりして 下を向いて歩いてた

全てのモノには終わりあるさ そんなこと今さら嘆いても
神様は法則を変えるはずない わかってるだろう

永遠のモノなんてきっと 簡単に見つかるはずがない
それだからこそキミと僕の間に 見つかったなら素敵なことだろう

***************************************************************
前回の詞への評価、ありがとうございましたm(_ _)m

919 :名前はいらない:04/01/03 14:19 ID:qSqqa4fR
葉っぱの先っぽの水滴が落ちて
 
落ちる間
水滴は
何を思うのだろう
空気と擦れ合い
全身が熱くなる
地面の石っころ
二次方程式の如く
大きくなっていく

思考が
どんどん
空気に
削られて
気持ちが
高まって
高まって
振り切って




そして

                ぽとん
はじける

920 :@@@:04/01/03 14:22 ID:ZPVZ/Vsg
『DESPAIR』
失うものは 何一つこの手になどないの
怖れるものは 数え切れぬほど存在するけど

こんな濁った黒い空の下 真実はあると信じてもいいの?

確かなことは“僕が生きている” ただそれだけで 虚しいよ・・・

僕の瞳じゃ 此処の汚さなんてわからないけど
だけどそれでも 不透明に思うのは何故なんだろう
こんな問いかけさえ 蒸発して消えてしまうんだろう
この空の下 数え切れぬほどの悲しみでつくられてる

僕は誰なの?何を求めるの? 僕が僕じゃない そんな気がしてる

受けた傷口 わざと広げてる 化膿していく 麻痺してく

此処に存在してる者の全ての心の奥に
残酷すぎるほどの悪魔 住み着いているとしたなら
悪魔が持つべき 鋭く尖った哀しい剣は
どうして処理をすればいいのか誰か教えてほしい

僕の心は もうすぐ麻痺してどうにかなりそう
君の身体を少しずつ腐らせているのかもしれない
僕だけ早く消えるのは どうしてもやりきれないから
嫌われていい 君をも巻き添いにしていくからね

僕の瞳に此処が決して美しく映らないのは
僕の身体が腐り始めている証かもしれないと
この言葉たち並べながらにして初めて感じた
やっぱり僕は 弱さの塊なんだね やっぱりね・・・


921 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/03 14:54 ID:JXlpPnqx
[視力]

徐々に失う
視界が霞む
鏡の向こうの
私も部屋も
2つ3つに
重なって
白んでその先
消えてなくなる

922 ::04/01/03 15:14 ID:Vk49n6GE
[死]
It wants to have died…


此の程度の雫じゃ足りないの
此の程度の深さじゃ幅じゃ足りないの
憎しみは募るばかり
悲しみも比例してるわ

瞋りも怨みも負の感情は全て比例するの

けれど
切っても切っても切っても…
醜い傷痕と虚しさに苛まれるだけ

癒し等何処にも落ちて無いの

It wants to have died…


殺してよ
何時までこんなクダラナイ世界に縛り付けるの

It wants to have died…

It wants to have died…

It wants to have died…


…もしも神が存在するのなら
何て不平等なのかしら

923 :ひっか:04/01/03 16:45 ID:bIhjoAny
『見えぬものと見えるもの』
ねぇ、神様っているのかなぁ…
なんで君は不幸なの?
なんで僕はここにいるの?
なんでこの世の果ては見れないの?
ねぇ神様、教えてよ。

924 :名前はいらない:04/01/03 17:09 ID:1M7f2mwi
>>838-871の中の詩が放置されてそうですね
それにしても評価人減りましたな

925 :名前はいらない:04/01/03 17:36 ID:LUk2vu5X
>>897

生への衝動か?って書いてるんだけど。

926 :名前はいらない:04/01/03 18:00 ID:sVQXO6HU
音もなく動かない水上の光
何を暗示するの
なにか心地よいこの僕の気持ちを
描いてはまた消え
その冷えた空気に触れる合間に

国と国をつなぐ人は
何を思うの
背にかかる期待を
感じてるはずだけど
もしかして僕ら背をおしてないのかも

一心不乱なそのスポーツマン
何を目指すの
もう世界は終わるかもしれないって言うのに
汗をかいてはぬぐい
僕の心まで癒してく

927 :名前はいらない:04/01/03 18:02 ID:qkWTA+Pk
>>915
評価サンクス!

928 :ヴィクト SX7*vct*6S:04/01/03 18:23 ID:BctTijCD
>>916
うんこ。出そうで出ない題材にまずびっくり。
それを小奇麗にまとめてるのにもびっくり。
でも全体として連がばらばらで統一感がないのでC−ってとこで。

>>917
「その変」って何よ?とかまあいろいろ突っ込みたくもあるけど。
何のことを言っていてどういうことをしたいのかもわかるけど。
感情が伝わってこないんだよな・・・で、D

>>918
詞ですか?
自分の感性が鈍ってて理解できないのか。
とりあえず言える事は、「手癖のみの詞」ってことか。
なんとなく耳に心地よい言葉だけ並べてないですかい?D-

929 :ヴィクト SX7*vct*6S:04/01/03 18:31 ID:BctTijCD
>>919
きれいですねぇ〜。B。
一連から二連へ移ったときに、文が短くなるのがイイ

>>920
>この言葉たち並べながらにして初めて感じた
よっくわかります。書いてるうちに言いたい事が見えることあるよね。
だからD
だって最後まで統一感がなくて何が言いたいかわかんねー。
あなたが初めて感じるのはいいけど、それをこっちにも伝えてほしかった。

930 :ヴィクト SX7*vct*6S:04/01/03 18:42 ID:BctTijCD
>>921
きれいきれい。実際口に出してもらうと判るけど、
リズムが童謡風で、すこし不気味感漂ってるのも素敵。
言葉のセンスは申し分ないと思うので、
あとはしっかりとした感情を書き込んでいただければ。B。

>>922
決してこういう感じの詞が嫌いってワケじゃないんだけどね。
さっきからこれ系ばっか酷評してる気が。スマソ
言葉の選び方や構成は、誰か好きな歌手でもいるのかなって感じか。
内容的には、「何に対して」の悲しみなのかとか
そういうのをちょこっと。
たぶん自分の中でもまとまってないんじゃない?考えとか。D

931 :ヴィクト SX7*vct*6S:04/01/03 18:49 ID:BctTijCD
>>923
しりません。D-
もちっと膨らますかまとめるかしてほしかった。
そしたら全然よくなる予感。

>>926
手直しして教科書に乗っけてください。C
あ、合唱曲にしたほうがよいか?
何か気になると思ったらあれだ、第一連。
何でこれだけ対象が抽象なの。
でも自分的には手放しで褒めたい気がしないでもない。

932 :ヴィクト SX7*vct*6S:04/01/03 18:55 ID:BctTijCD
おっと、>>743で抑揚さんが
プラスとかマイナスとかつけんなっておっしゃってたの完璧無視。
こんどから5段階にするんで見逃してくださいスマソ

933 :ヴィクト SX7*vct*6S:04/01/03 18:56 ID:BctTijCD
↑しかも>>734のまちがい。鬱

934 :名前はいらない:04/01/03 19:35 ID:4zsU/ums
翼をひろげて空を飛ぶ
翼はないけど
心に翼はあるから
どこまでも飛んでゆける
どうか
心よ壊れないで
わたしの大切な心がいっぱいつまってるから


935 :名前はいらない:04/01/03 19:44 ID:sbtr5ZpP

春の唄でも唄いませんか?

雪が逃げるように解けていって

冷たい風に少し春の匂いが混じって

冬がさよならと手を振って

また来年。と僕等の挨拶が終ったら、

春の唄でも唄いませんか?

空は僕等を見下ろして

小春日和のお日様をくれた。

さぁ唄いましょう。

春より少し早い頃。

936 :899:04/01/03 19:58 ID:2MIruQyC
>>905

評価さんくすー

937 :名前はいらない:04/01/03 20:07 ID:2MIruQyC

 忘れてはいまいか

 その傍らに佇む者の

 砕かれた心、注がれる魂

 忘れてはいまいか

 その耳に届く声主の

 煮え繰る想い、鋭き眼光

 忘れてはいまいか

 危うい琴線を弾く音色に

 酔い痴れた愚かな加虐者よ

 

938 :名前はいらない:04/01/03 21:01 ID:1M7f2mwi
まとめてみた

>834 未評価
>836 未評価
>841 未評価
>843 未評価
>845 未評価
>846 未評価
>849 未評価
>850 未評価
>852 未評価
>853 未評価
>855 未評価
>856 未評価
>879 未評価


939 :名前はいらない:04/01/03 23:49 ID:rXAJ5ih8
>>874
評価ありがとうございます
これをはげみにして頑張りたい(なにを?)


940 :ままし:04/01/04 00:14 ID:bFEcxmwF
バンドやりたいと思ってるので歌詞書いてみた。
長いから二つに分ける。


「コンパスと数学者」

展望台の最上階 ガラスに描くは三角形
ABCに 曲がった世界 
ボクらが見捨てた あの場所は
60℃に切り取られて 見えた

「生きてる答えを出す方程式」
必ず解き明かすと 君は出ていった
小さな定規と コンパスを持ってって

あのノートには どれだけ間違いだらけの
回答が 書き綴られてあるのだろう?

地平線の狭間に +の記号置いてきた
君のコンパスで書き直した 楕円系は
世界のアングルさえも変えてった
あの時解けなかった答えは
君とボクを繋ぐイコールで括られてる

941 :ままし:04/01/04 00:14 ID:bFEcxmwF
展望台の最上階 そこで描いた三角形
「     」に 閉じ込めた世界
ボクらが振りきった あの場所は
広角度に切り裂かれて 消えた

「生きてる答えを出す方程式」
全然解けぬまま 君は消えてった
『無駄だったのかな』と 呟いてって

あのノートには オマエが前に歩いた
回答が 書き綴られてあるんだ

自分の存在に怯えて 日々なににもなれずに終って
真っ白な規則の糸に 絡まったまま
ただ眠りについた あの時間は

どんな答えがあったというのだろう

942 :グタラン ◆Nq8bOU95qA :04/01/04 00:27 ID:cmV1XCXf
>>901
そうでしたか。
いや、どうも解説ありがとうございます。
でしたら、自分には少しストレート過ぎたのかもしれません。


943 :名前はいらない:04/01/04 00:50 ID:yoLvnZ19
愛情なんていらない
カラダもいらない

ただ、アンタの心をちょうだい

私の心臓あげるから


944 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/04 01:25 ID:1CMrpoTW
>>943 D
「心臓」はここでの比喩として強すぎるような・・・
生を浮かべて「欲しいか?」って感じになるやん?
しかも心と心臓って近くない?
最後はもっと意外性のあるもののほうが
例えば

愛情なんていらない
カラダもいらない

ただ、アンタの心をちょうだい

私の両目あげるから

とか。でももっと変えていいなら

ココロなんていらない
カラダもいらない

ただ、アンタの未来をちょうだい

私の過去あげるから

とか?陳腐か・・・(快д楽)
まずこういうのは俺は作れないからなぁ・・・
むずがゆくなってしまう・・・

一発ものは決めたらオイシイ
でも・・・はずしたら・・・

945 :名前はいらない:04/01/04 01:58 ID:YMcoTCNt
>>834
意味不明。最後のリフレインはいらないでしょ。D
>>836
最初と最後で心理が変わってないか?
言葉がおかしい。C-
>>841
意味不明。E
>>843
もう少し捻れ。E
>>845
後半がよく分からない。D+
>>846
面白いけどもう少し精進汁。C
>>849
視覚的には面白いが中身がない。E+
>>850
その母への礼は忘れる程度のものなのか。D
>>852
出発したのは「自分」なのか「君」なのか。矛盾してる。E

946 :名前はいらない:04/01/04 01:59 ID:YMcoTCNt

>>853
アイディアをまとめきれてない感が残る。D+
>>855
なかなか面白い。C+
>>856
それは謎と呼べるものなのか。D-
>>879
貴方連発でウザイ。D-

947 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :04/01/04 02:24 ID:k5zmNeF/
>>946
評価ありがとうです。
 
あけましておめでとうございます
本年もよろしくおねがい致します

948 :カステラ ◆WerpWRx8OI :04/01/04 03:50 ID:WvBpCz4c
>>945
評価をありがとう

949 :名前はいらない:04/01/04 09:47 ID:1OBzMiHJ
朝に飲むコーヒーと

いくらかのコーヒー豆は
潰されビンの中
コーヒー入れる自分の
姿になぜか自給自足のよう
まだ頭冴えないまにまに
九九の五の段を唱えて
体の一部のようになった
朝の香りにまた

950 :名前はいらない:04/01/04 09:53 ID:QDBfl+MO
この板で、粘着と言われているコテハン氏のHPを発見した。
数えてみたら、詩が100個ぐらいあったよ。
それなりに奇麗なHPだった。BGMも流れてた。


951 :名前はいらない:04/01/04 09:55 ID:FNWuDFoO
950

どこどこ?もっと詳しくキボン

952 :名前はいらない:04/01/04 10:09 ID:CIUO8MDd
>>945
評価ありがとうございます。

953 :すぷらうと:04/01/04 12:26 ID:aYKO2/iY
       心のいた場所
   
         あなたの 
      腕の中にあったの
         でも今は
         あの日々の
       再上映を眺めて
     壊れた破片をつなげてる
         少しだけど
      幸せだったことに
         気付いた
       
        いなくなり
      悲しみを運んできた
       つめたすぎる風
      その遠くない記憶が
        またわたしを 
      傷つけ成長させるの

         もうすこし
        ここにいさせて
      終わることはあっても
       消えることはない 
        心のいた場所

954 :名前はいらない:04/01/04 14:04 ID:5YT7g/Ls
「の」をもう少し使い分けたらどうでしょう。
評価→B+

955 :30:04/01/04 15:38 ID:Ym7jN4yZ
30です。お久しぶりです・・・。
年始早々失恋などして今はなんかチープな恋愛詩しか作れない感じです、、、
今年もよろしくお願いします。

「取り返しのつかないこと」
タイマーの設定を間違えて焼き過ぎたパン
そんな朝はミルクだけの味気ない朝食
存在すら忘れて枯らしてしまった観葉植物
水槽から飛び出した熱帯魚
気付いたときには息絶えていた
どこに向かいたくて飛び出したのか

もう会わないって言ったのは
気持ちを確かめるための
ちょっとずるい常套手段
勝算はあったはずだったのに
思っていたよりもずっとリスキーだった
軽い気持ちでけしかけた決断だったのに
あなたの決意はずっと重くて
取り返しつかなくなっちゃった

ばいばい。じゃあね。
もう電話しないよ。
もう電話しないで。
笑顔で手を振って背を向けて
振り返りすらしなかった

来週のあの約束も再来週のあの予定も
いつかしようねって言ってた計画も
みんなみんなもうなくなっちゃったこと知って
大声で泣いた

956 :すぷらうと:04/01/04 16:29 ID:aYKO2/iY
>954
評価テンキュです。
昨日初めてこの板にきました。
また書き溜めてるアイデア晒します。

957 :マスコ:04/01/04 18:15 ID:DoRLfV8/
よろしくお願いします。

どうでもいいとか言ったり
必死で走る人笑ったり
君が欲しい物なんて
結局そんな物なのに
無駄に気にしたり
不幸だ。嘆いてみたり
分かってるふりしても
何一つ分かっていないんだ
明日も明後日も何にも変わらないよ
時間だけが過ぎてくよ
君のことなんか誰も見ていない


958 :名前はいらない:04/01/04 20:47 ID:9DKxo5JP
「都会へ続くバスストップ」

何もない、誰もいないバス停で
都会へ続くバスを待っている
ギターはレスポール 夢はポケットに入れておいた
ポケットは真っ赤に染まってる

錆びかけたベンチに座ってバスを待つ
一日に2本しか来ないバスを
あの子にフラれて ぽっかり空いた心のブラックホールを
埋めるためかもしれない



―さあ、バスが来たよ

959 :名前はいらない:04/01/04 20:48 ID:9DKxo5JP
続き

眠っちゃうのはもったいないから
景色を見ながら行こう
窓から見えるのは楽園さ
僕の故郷 何もないけど 何もないから

特にブドウ畑は最高に綺麗
においとか色とか手触りとか空気とか
寂しくなるけど 僕は戻れない
心の穴を埋めるために ここを去るんだ

遠くに雲が浮かんでるよ・・・



960 :名前はいらない:04/01/04 20:48 ID:9DKxo5JP
さらに続き

だれも乗らないバスの中で
誰にも知られず涙を流した
そいつをなめてみたら
少ししょっぱかったよ

トンネルは長かった 不安だったよ暗くて
でも、もうすぐ着くみたいで ちょっと安心した
この大きな橋を渡りきれば
このバスの役目は終わるよ

窓の外を眺めれば
灰色の森が見える
灰色の海が見える
まるでブラックホールのよう

100万ドルの夜景は ちっとも解からないし
赤く染まったポケットも しだいに黒くなってきた
でもきっと慣れちゃうんだろうな
空の星より地上のネオンに憧れるのかな

誰も乗らないバスの中で
誰にも知られず涙を流した
そいつをなめてみたけど
しょっぱくなんかなかったよ

寂しくなるけど 僕はもう戻れない
心の穴を埋めるために ここに来たんだから

ああ、雲が雷を落としてるよ

961 :名前はいらない:04/01/04 20:57 ID:KPso0ivN
評価人になるのって自由なんすか?

962 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/04 21:01 ID:vRdylHoI
>>961
>>1を穴が開くまで見てみよう

963 :◆gi2cb0KKH. :04/01/04 21:02 ID:E94GiYsl
てst」

964 :名前はいらない:04/01/04 21:03 ID:rpTV8Je6
第十一ペアリフトに宙づりされた気分はマリオネットかとも思ったけど
おしりのぬくもりがふわり したり糸との境目がはっきりしないのでたぶん違う

とおくに聴こえているあれはどんな花でしたっけ
人のつくりし おとなのに もやりして ぼやけてしまいます

しろのやみが迫る
きり なのか くも なのか
あなたは何を隠しているのでしょう
かすかに 塗られた緑が ざわりと泣く
助けを求めているのか 産声だろうか

ときどき がたり
柱をとおりすぎるゆれ が わたしをはっきりさせていた
のに いつのまにか それすら とろり して
ほわいとあうと
言葉すら 通用しない くらい

あいまいな てのひら をかざしてみる 太陽はない
けれども 血潮はまだ 流れてる
くるり あれは ばらの花だろう
気付いた頭も ひとしずくみたいに
ぽつり ぽつり ぽつり
あいまいなのは すべてだから

滑り降りて振り向く異世界
やがてきっと ときのはざまに とろり して
ただの 過去 と同じになる

965 :961:04/01/04 21:04 ID:KPso0ivN
>>962
すんませんですた!

966 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/04 21:04 ID:vRdylHoI
>>963
それ古いよ

967 :タイムリミット君:04/01/04 21:25 ID:FNWuDFoO
スレの残量確認しますた 投稿規制に負けずマターリ進行しまつ

968 :タイムリミット君:04/01/04 21:25 ID:FNWuDFoO
32

969 :タイムリミット君:04/01/04 21:26 ID:FNWuDFoO
31

970 :タイムリミット君:04/01/04 21:26 ID:FNWuDFoO
30

971 :タイムリミット君:04/01/04 21:27 ID:FNWuDFoO
29

972 :タイムリミット君:04/01/04 21:29 ID:FNWuDFoO
28 …飽きた

973 :タイムリミット君:04/01/04 21:46 ID:FNWuDFoO
27 木村 一喜

974 :タイムリミット君:04/01/04 21:47 ID:FNWuDFoO
26 廣瀬 純

975 :タイムリミット君:04/01/04 21:48 ID:FNWuDFoO
25 新井 貴浩  未来の本塁打王

976 :タイムリミット君:04/01/04 21:49 ID:FNWuDFoO
24 河内 貴哉  未来の奪三振王

977 :タイムリミット君:04/01/04 21:52 ID:FNWuDFoO
23 横山 竜士  94マイルの速球が武器のリリーフエース 体重を増やせるかがカギ

978 :タイムリミット君:04/01/04 21:53 ID:FNWuDFoO
22 高橋 建  日本一のクイック投法を誇るベテラン先発左腕

979 :ショート:04/01/04 22:01 ID:Pvyfkmhq
「生肉」

滴る血液
鉄臭い

980 :まぐろ:04/01/04 22:08 ID:KPso0ivN
お前の目玉はマグロのめだま
死んだ魚の濁った眼球
飛び交う蝿とフハイシュウ
お前の口は半開き
死んだまぐろのその口に
俺はこぶしを詰め込んだ


981 :名前はいらない:04/01/04 22:10 ID:8pPp50G/
>>980
いいね〜A

982 :タイムリミット君:04/01/04 22:15 ID:FNWuDFoO
18 佐々岡 真司  日本最高のカーブ使い 特に1991年の成績は神

983 :タイムリミット君:04/01/04 22:16 ID:FNWuDFoO
17 大竹 寛

984 :タイムリミット君:04/01/04 22:18 ID:FNWuDFoO
16 デイビー  身長2mの人、試合中に清原を挑発するが相手がビビリ乱闘にもならず 防御率2.37

985 :タイムリミット君:04/01/04 22:20 ID:FNWuDFoO
15 黒田 博樹  最高時速96マイルを誇る本格派セ・リーグ最高の先発右腕投手 アテネ五輪日本代表

986 :ショート:04/01/04 22:21 ID:Pvyfkmhq
>>980
感動した

987 :タイムリミット君:04/01/04 22:21 ID:FNWuDFoO
14 澤ア 俊和  新人王投手 球速が遅く打たれまくる このままだとトレードの予感

988 :タイムリミット君:04/01/04 22:22 ID:FNWuDFoO
てめぇら俺様のカウント邪魔すんじゃねーよチビ供

12 白濱 裕太


989 :名前はいらない:04/01/04 22:23 ID:8pPp50G/
元阪神のムーアはどこ行くの?

990 :タイムリミット君:04/01/04 22:24 ID:FNWuDFoO
11 横松 寿一  ドラフト1位の年俸詐欺投手 至って謎

991 :名前はいらない:04/01/04 22:24 ID:8pPp50G/
韓国人は日本に来るな。日ハム

992 :名前はいらない:04/01/04 22:25 ID:8pPp50G/
ボケ

993 :タイムリミット君:04/01/04 22:26 ID:FNWuDFoO
>>989 オリックス つーか妨害すんじゃねーよへタレ


9 緒方 孝市 自己最多本塁打36本 多分4年連続盗塁王 Gグラブ賞数回と日本球界を代表する外野手

994 :名前はいらない:04/01/04 22:26 ID:8pPp50G/
まっん

995 :名前はいらない:04/01/04 22:27 ID:8pPp50G/
まなん

996 :タイムリミット君:04/01/04 22:27 ID:FNWuDFoO
>>991
日本ハムやのーてロッテだろ童貞チビ

6 浅井 樹

997 :タイムリミット君:04/01/04 22:27 ID:FNWuDFoO
残り3

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

998 :名前はいらない:04/01/04 22:28 ID:8pPp50G/
けっと

999 :タイムリミット君:04/01/04 22:28 ID:FNWuDFoO
1000は相手に取らせるのが好きデス、俺は次スレたてません、つーか知った事ちゃいます…ニダ

1000 :タイムリミット君:04/01/04 22:28 ID:FNWuDFoO
1000だったらカープ優勝!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

485 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)