2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆下な言葉を使わないで下ネタを表現するスレッド★

1 ::03/12/17 11:35 ID:qh2g2S1F
ハレンチでイや〜んな言葉は厳禁!
シャガールのように美しく僕らにとっては切り離せないだろう終始☆アレ★のことを詩で表現しよう。

2 :名前はいらない:03/12/17 11:42 ID:1+uQRIFI
荒らし・煽りや駄スレ、駄レスは一切無視。レスをつけず 削除依頼を出しましょう。他のスレを盛り上げる事が基本です。

3 :名前はいらない:03/12/17 11:45 ID:E/uLf65w
静かな湖畔の森の陰から

4 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/17 12:26 ID:A6SnYgHA
あまい

からい

ソースは下に流す
もちあげたら
オレンジの排水口に
ゴマがただようように

皿は割れるほどの 硬さだから

5 :kl,j:03/12/17 23:06 ID:vcItnafa
生意気波平締!

婿養子鱒男見守中、行制裁!
既、波平口中、海苔助、赤黒怒張暴走中!
「鰹君、義父尻肛門物乞!!!!」
鱒男、声応、鰹装着下着、屹立物覗顔。
一尺業物見、波平、恐怖歪顔!
否、其恐怖心裏腹、波平肉棒硬度増加!
−波平、恐怖色欲!
天仰、波平頭皮、鱒男絶妙舌技、剥、剥、剥!!
鮭桃色亀頭、徐々姿現平行、
鰹淫槍、波平菊門挿入・・・
大迫力四人淫行!

6 :むぁ:03/12/17 23:34 ID:ptSM3Cd5
花を摘みに行きましたの。
菊の花弁列を傷付けてしまいましたわ。

7 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 00:20 ID:HRymfUN6
草むら  P1

窓越しに降る雨を見ていた。
路面は街灯を映し道行く人影をひいてゆく。
心は雨の様に気紛れではなかった。

けれど傘は差している。

窓越しに降る雨を見ていた。
陽の瞳に、時々雨に虹の架け橋を渡し、道行く人影に紛れた。


8 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 00:20 ID:HRymfUN6
P2

雨雲の隙間から差し込む少女は、
窓越し頬杖をついて小指を強く噛んだ。/

9 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 00:33 ID:HRymfUN6
>>4
なに食ってんの?>>5
ひらがなと漢字の違いだけじゃん。マスオの立場はビミョーでわろた。

10 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 00:58 ID:HRymfUN6
なまこ


なまこ
どこのこ
なまこのこ
なみこ
どこのこ
なみおのこ
ナメコ
どこのこ
なめこのこ

なもない
このこは
なもないこ


11 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 01:27 ID:HRymfUN6
1R


タイソンは泣いた

こんにゃくみたいに、ロールキャベツみたいに、たまごは泣いた。

神様が一晩かけて炊きこんで、黒黒して、つるつるして。
サックリ目尻を割った。
黄色い黄身と、
ヒヨコと果てた。

タイソンは泣いたタイソンも泣いたクシャッと、
あのかお。

12 :名前はいらない:03/12/18 16:14 ID:ztVWSTac
そっと掲げる
握りつぶす
染み出す
べたべたの手が気持ち悪い
甘い匂いにまとわりつかれ、僕は死ぬ

13 :名前はいらない:03/12/18 18:07 ID:kkSpYtY7
[388]名無し物書き@推敲中?12/18 17:55
クリスます・Xまス・くりすマスくる・く・くり・スマすます・・



14 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 18:10 ID:HRymfUN6
お花を唄ったり、ミサイルのことを唄ったり、
砂漠の時間を唄ったり、海のお経を聞きながら、貝拾いの歌を唄ったり、僕はここに腰をおろして、君が生まれたときのことを、今のように、思いかえしているんだよ。

15 :名前はいらない:03/12/18 18:25 ID:hK8vLIlr
>>14

16 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 19:00 ID:HRymfUN6
ブス

あらっ、もうおかえり?えらい早いおかえりで。
あ〜わかったぁ、あんたぁ、違う店いかはるんやろ?また浮気ィ?うち傷付くわぁ、ウチ、こう見えてけっこうデリケートなんよ。えっ?顔がバリケート?…。あっはーっ、上手にいわはるわぁ、もう、ホンマ気をつけて帰ってね。え?キーつけな車動かへんて!?
あん、もーっ、
かなんわ〜。ガハハ

17 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 22:53 ID:HRymfUN6
♪まだかなまだかなー。
ニッセイのおばさんまだかなぁ!

石井のお弁当君、ミートボール!

わたしはイスィの卵に便利!

18 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/18 22:58 ID:7IjTPtPm
握りつぶしたトマトは指の間からこぼれ落ちる
それを見ている目が辛そうだから

砂糖と生クリームを静かに注いで
可愛いトマトジュースにすれば喜んでくれるだろうか

だけど
冷たい鍋の音に
曇った朝の予感が響く

19 :名前はいらない:03/12/18 23:01 ID:fnJAhQB/
少女は”僕”を小さき両手で包んでいる
上下に優しくさすっている
少女は微笑み”僕”を口に含む
僕は昼食のシチューを噴き出した

20 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 23:12 ID:HRymfUN6
>>ギリシャ

え、え、映像がぁ、くるくる回りました。
_______________
エロ本がエロじゃないんだよ!
買って隠した僕がエロなんだよ!

_______________
あーっ、健全に、健全に、僕はエロいんだよ。
________________
背中が痒いんだ!

21 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 23:16 ID:HRymfUN6
>>19

いい線ついてるのかもしれない!

しかしそれではあまりに下品だ!

君の言葉に僕がレスすると、
ほら見てよ、花、巣箱、猫‥、
あーっ、みんな下品になっちゃうよっ!

22 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 23:20 ID:HRymfUN6
ちゅうわけで
感謝をこてて>>19を久々にカットアップしてみようっと!


23 ::03/12/18 23:29 ID:HRymfUN6
>>18だった‥


24 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 23:44 ID:HRymfUN6

かぶりつた、青いトマトに、朝は、指の間から押し出され、夜中に沈んでいた畑は、薄暗かったから、虹と鳥の声で、起こして、爽快な夜明けにすれば、喜んで貰えるだろうか。だけど、こぼれおちた夜露に、夢の続きが鐘と響きだした。

25 :◆tr.t4dJfuU :03/12/18 23:58 ID:HRymfUN6
>>19もやっちゃおう!

百舌鳥は蛙を小さい足で捕まえている。上下に強く打ちつけている。
百舌鳥は微笑み、口に含む前に、
蛙は−はえにえ−だっ。

26 :隣の名無し:03/12/19 00:06 ID:qYb7c7XR
僕の右手はまるでピアニストの様に君を奏でている。


27 :スヌチウ:03/12/19 00:25 ID:VDOoj+Z4
僕には助けがいる
修道院の尼さん、病院の看護婦さん、普通の学生さん
今日も僕を慰めてくれ
幸せとはあなたたちが握り締めるあたたかい銃
僕の幸せはあなたたちが握り締めるあたたかい銃なんだ
トリガーを二人でひいてみよう
誰にも危害を与えはしない
安全な銃を僕は今日も抑えられない

28 :◆tr.t4dJfuU :03/12/19 00:34 ID:LAA5cMjm
>>26
まだまだエロイ!
>>27
ん〜僕個人的にはまだエロイ!
ここのスレタイがスレタイだけに、尼さんだけで行ってきましただ。


29 :◆tr.t4dJfuU :03/12/19 01:44 ID:LAA5cMjm
-かもしれない-


宇宙は腰を降り続けていて、僕らはその振動に悦んだり、泣いたり、宇宙が浮気したりしないか監視しようとしたり。
大地が揺れて、僕らは恐怖したり、そよ風に心地よくしたり。
嗚呼っ、
なんて上手なの?

百戦錬磨の漆黒は、今日もリズミカルに腰を降り続ける。


30 :◆tr.t4dJfuU :03/12/19 01:45 ID:LAA5cMjm
-かもしれない-


宇宙は腰を振り続けていて、僕らはその振動に悦んだり、泣いたり、宇宙が浮気したりしないか監視しようとしたり。
大地が揺れて、僕らは恐怖したり、そよ風に心地よくしたり。
嗚呼っ、
なんて上手なの?

百戦錬磨の漆黒は、今日もリズミカルに腰を振り続ける。


31 :◆tr.t4dJfuU :03/12/19 04:37 ID:LAA5cMjm
薔薇と乞食

なに見ても、連想させられるよね。
だから僕たちに足りないのは、
やっぱり下品で高貴な人よりも、
上品な乞食ですよ。
そんな精神ですよ。

どんな詩を作っても、アレに至るんだから。

だから好きだな、上品な乞食が。

ダンボールに描かれたロゴマークは消して寝ないと気がすまないんだってさ。

なんか解るなぁ。
アレ故に今日はアレなんだよ。

32 :   ◆BLNBXTBKxU :03/12/19 17:08 ID:jxp4xbYV
隠語なんて使わず自分の感情に素直になれYO 優れた遺伝子を残す事は生物としての義務だボケ供!!
しっかしなんじゃこのスレッドはぁぁぁぁぁぁぁぁ いつのまに作ったんだYO 無理やり引き上げてやるぜ!!

33 :名前はいらない:03/12/19 23:07 ID:7sGALQPS
名スレのヨカン

34 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 01:44 ID:bIDC4u6y

(一部抜粋)

ロレンスが ミラーが ロダンが ピカソが 歌麿が 万葉の歌人たちがワイセツを恐れたことが あったろうか
映画がワイセツなのではない
私たちがもともとワイセツなのだ


谷川俊太郎
ワイセツについて

35 ::03/12/20 01:52 ID:8VWcxOs3
ペロペロ

36 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 02:31 ID:bIDC4u6y


雪が降っている。北風の隙間をすり抜ける様に、雪が編み目に、視界に張り付いている。
僕は雪を知っている。

雪を知らずに死んでいった人は、この世にどれくらい居たんだろう。

これから雪のことを知る人は、どれくらい居るのだろう。

雪の結晶は空から何気なく降ってきて、
−この一粒が
君との出会いなのだとしたら−

手の平で静かに溶けてしまう。


37 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 02:46 ID:bIDC4u6y
しりとり

ヒラメめんたマンん?…Oh!ダメネ。マセラッティいかカツオおまん?…Oh!ダメネ。オタマジャクシしかカンケリりんごゴリラらっぱパンツつみきキンタ?…Oh!ダメネ。たきびビーダマまんン?…ダメネ。

38 :名前はいらない:03/12/20 02:47 ID:qZHz/laz
「君といるとやさしくなれる俺」と、
「君といるとおそろしくなる俺」がいて。

もしまた君が部屋に遊びに来たら、
恐ろしい俺を包みこんでくれないかい。
それでさ、優しい俺に戻してほしいんだ。
君なら出来るから。

君しか出来ないから。

39 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 03:05 ID:bIDC4u6y
釣りにいくと優しくなる俺が居て、釣りにいくと残酷な俺がいて。

もし釣りが部屋で出来るようになれば、

優しい俺を残酷にしてくれないか?
釣りにしか出来ないんだ。残酷な俺を取り戻すことは。


腹がへったんだ。

40 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 03:19 ID:bIDC4u6y
落とし物


二百年くらい前の君の落とし物を、探しているのなら、僕の宇宙の中にありますよ。

よく探してみて、

君の空にもあるかもしれないので、僕は君を探しましょう。

41 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 03:33 ID:bIDC4u6y

隠語は町を出歩いて、スーパーに売られてしまった。
タイムサービスに帰宅のチャンスを待っている。

42 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 03:42 ID:bIDC4u6y
平行感覚


平均台を渡るとき、
傾く身体を修正しようとするときに、
これを反抗と呼ばれるならば、

僕は落ちるか、
渡りきってしまっときに、

はじめて素直になれたと言おう。

43 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 04:15 ID:bIDC4u6y
−Β級戦犯は穴掘りしろ−


このスレはエロいのか?
このスレはエロいのか?
このスレはエロいのか?
このスレはエロいのか?


俺はエロい。これで余計な自尊心が捨てられるなら、やはり俺はかなりかなりエロい。

このスレはエロいのか?
このスレはエロいのか?
このスレはエロいのか?

44 ::03/12/20 04:41 ID:8VWcxOs3
君の手紙に見つけた、愛の言葉
「○○○」
……
恥ずかしい
恥ずかしい
穴があったら、入れたい

45 ::03/12/20 04:46 ID:bIDC4u6y
>>44
それは18禁に持っていきなさい。

46 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 05:00 ID:bIDC4u6y
みなさんレスごくろうさまです。

エロを表現するのは結構ですが、
出来ればからっと晴れた青天に傘を差している様な、エロを表現してもらいたい。
もっともっと遠い眼差しで!
どうせエロなんですから。

美しい営みに、
昼も夜もありませんので。

どうせエロなんですから。



47 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 05:15 ID:bIDC4u6y
明日

迷走する僕達の行進により、明日がどこかから押し出されているとしたならば、
ポロリとこぼれおちた夜明けは、
まるで分娩室から聞こえた泣き声とたいして変わらないではないか。
生きるとは涙から出発するのだ。
だから僕はその笑顔に、明日を賭けてみようと思ったんだ。

48 :名前はいらない:03/12/20 15:41 ID:HwRZ91K9
http://f24.aaacafe.ne.jp/~poemu/
愛のポエムサイト

49 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 16:56 ID:bIDC4u6y


この 降りしきる雪の 一粒一粒が あなたと出会えた不思議を思わせる 私の手のひらで 静かに溶けていった雪の結晶を
今、あなたにすべてを捧げたいと思います

50 :名前はいらない:03/12/20 17:02 ID:AaqvMdlP
君の万華鏡
僕のチンチロリ
万華鏡は七変化
休むことなく鳴り続く
チンチロリンチンチロリン

51 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 17:05 ID:bIDC4u6y
おまんちん

乾いた河のせいで、
砂漠が洪水に見舞われるような思想は、
もうよしていただけません?

どんなに荒れ果てた土地にだって、名もない草花は、芽吹こうと
しているのですから。

52 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 17:15 ID:bIDC4u6y
5時限は音楽


あこがれの先生と、デイトとした。深い深い空の奥で、言葉を越えて暗合した。

僕は机にヨダレを垂れながら、
夢中遊泳する。

チチチ‥と小鳥も歌う、木漏れ日に。


53 :名前はいらない:03/12/20 17:16 ID:01V+r66O
除夜の鐘 終わるや否やの 宝船

54 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 17:19 ID:bIDC4u6y
>>53
いいねぇ〜♪


ひめはじめ
いちふじにたか
さんなすび


55 :名前はいらない:03/12/20 17:29 ID:01V+r66O
>>54
わーい、ほめられた。調子に乗ってもっとクダラナイのを。

にじり寄り 裾野広げる 富士の山
鷹の爪 咥えて芯を 暖める
さりとても できれば欲しい 太茄子

56 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 17:34 ID:bIDC4u6y
>>54

おぉ、早いなぁ。

-猫はこたつで
丸くなる-

雪やこんこん

-犬は喜び庭駆け回り-

57 :名前はいらない:03/12/20 17:35 ID:bIDC4u6y
>>55の間違え。

58 :名前はいらない:03/12/20 17:41 ID:01V+r66O
>>56
早い………はやい……ぐすっ

水鳥の 様なコタツの 若夫婦
かまくらに 足が生えるや 雪の夜

59 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 18:06 ID:bIDC4u6y
>>58おそかったよ
(*^д^*)


君の感覚好きだな。

60 :名前はいらない:03/12/20 21:04 ID:01V+r66O
ネタ枯れ。

夏の海辺で蛤喰えば
  中(あた)って秋の佐野詣で

(佐野…佐野厄除大師のこと)

もう寝る時間なので、おやすみなさい

61 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 23:19 ID:bIDC4u6y
おちんちん賛歌


でっかくなったら発進だ。飛べ飛べロケット‥321
それゆけ未来へ夢のせて!


62 :◆tr.t4dJfuU :03/12/20 23:52 ID:bIDC4u6y
シャガールの鶏



愛は夢中で音楽を奏でた花束のように、

恋人達は柱に繋がれたままで、今夜もとろける緑の空に放たれた。

胸元で重ねた手は高鳴る鼓動に行き場をなくし、

私はこの喜劇を静かに見つめよう。

63 :名前はいらない:03/12/20 23:55 ID:r8/UyKyh
わたしは女 包みたい
あなたの象徴を
包むために生まれてきた。
女は入れ物


64 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 00:07 ID:N40+OmCG
>>63

零点です。
うんこの垂れ流しは臭いし下品です。

65 :63:03/12/21 00:11 ID:oJtPK9n6
喜劇を演じる野良犬
声を潜め 闇をほおばる
きしむ音 しみこんでくる
鶏が首をふる


66 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 00:27 ID:N40+OmCG
>>65
ガツガツと鼻を鳴らしながら、常識という曖昧を貪る音が聞こえるね。
そのガツガツと言う下品な音を、喰らうという空しさを、街の隅々にまで響き渡すことが出来れば成功です。

67 :63:03/12/21 00:33 ID:oJtPK9n6
ふふふ 甘美なのかその艦尾は?
問う女に萎えるなよ
青菜に塩だぜ兄弟!

68 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 00:38 ID:N40+OmCG
残念だが63君、君とは兄弟かもしれないが、道は違うようだ。

69 :63:03/12/21 00:45 ID:oJtPK9n6
残念だが君の事を兄弟とは言っておらんよ。真性兄弟君。

70 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 00:48 ID:N40+OmCG
>>69
間違えですか。
ごめんなさい。
失礼しました。

71 :63:03/12/21 00:50 ID:oJtPK9n6
こちらこそ失礼しました。あなたのイニシャルはIですか?

72 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 00:53 ID:N40+OmCG
>>63
?実名のイニシャルですか?

73 :63:03/12/21 00:57 ID:oJtPK9n6
意味不明ですみません。ただの直感です。
なんとなくIっぽい人だと思っただけです。
「ガツガツと鼻を鳴らしながら、常識という曖昧を貪る音」
いい表現ですね。

74 ::03/12/21 01:01 ID:N40+OmCG
>>63
いえいえどういたしまして。

ありがとうございます。



75 :江間那:03/12/21 01:04 ID:oJtPK9n6
さようなら旧世界 そろそろいきます

76 ::03/12/21 01:13 ID:N40+OmCG
>>75

はいっ!

またどうぞ。

いってらしゃい。

77 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 01:26 ID:N40+OmCG
聖母


男でも女でもない、人間のような皮を着た女性に軽く手招きされて、僕は泣いた。

78 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 01:44 ID:N40+OmCG





----------------
今、5評価スレで、いい詩を観てとても気分がいい。この切るような寒さを忘れた瞬間に、小さな思い出に明日はすごすごとお礼しながらやってくる。

79 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :03/12/21 02:14 ID:ti/fyyHN
さっきそこに座っていた女の子が食べかけのまま忘れて置いていった
イチゴ味のポッキーを食べた。うまかった。

みたいな。

80 ::03/12/21 03:20 ID:N40+OmCG
ジャズセッション

喫茶こそ、食べかけのアップルパイに、テーブルの上で踊る女の子は、おいしいと思う。
ミドラソ

81 :名前はいらない:03/12/21 05:09 ID:btymU5aq
いつものことなのだけれども。

彼女はぼくをぽこぽこなぐって、
なぐり疲れると毛布をかぶって、
すやすやと寝息をたてはじめた。

いつものことなのだけれども
ぼくはそんな彼女がとてもかわいいとおもいます。

82 :名前はいらない:03/12/21 10:41 ID:x86Mwk0h
がまんしる。

83 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 21:22 ID:N40+OmCG




さらさらさらさらさらさらさらさらさらさらさらさら

84 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 23:44 ID:N40+OmCG
泣くこと

p1
赤ん坊は生まれて泣いた。なぜだかわからないけど、泣いた。

赤ちゃんはおっぱいの味ゆえに泣いた。自分のおしっこ故に泣いた。

幼稚園で、バナナに泣いた。家に帰れば食べられるのに、となりの子供のバナナゆえに泣いた。

85 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 23:46 ID:N40+OmCG
p2
小学校で、テストの点数に泣いた。ただ友達に負けて、その悔しさ故にないた。

中学校で、よく毛の話をした。不自然に斜めから沸き上がる異性への混乱した気持ち故に泣いた。乳首のコリコリは痛かった。


86 :◆tr.t4dJfuU :03/12/21 23:48 ID:N40+OmCG
p3
それから社会は僕を迎え、そんなに泣いてはいけないと教えられた。

何年かして、
なんな疲れた29歳。

今テレビを観ていて、子供達の笑顔に、ふと僕はすべての言葉を失った。

僕は一瞬、真っ白になった。

なぜだか知らないいけど、泣いた。
赤ん坊は生まれて泣いた。

意味はわからないけど、
泣けなかった赤ん坊よりかは、
ずっとしあわせだ。/おわり

87 :◆tr.t4dJfuU :03/12/22 16:18 ID:ProVM1uK
それから

それから自転車は彼女のように爽快だった。
それから公園は静かだった。
それから雨が降ったから。

それから芝生は青々と茂った。
それから彼女は腰をおろしたかった。
それから自転車のブレーキは鳴いた。

それから鳥は舞った。
それから彼女は空を見上げた。

それから自転車はスタンドを立てた。
それから彼女はサドルを離れた。

それから車輪はカラカラと回った。


88 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/22 20:20 ID:mynRhcAk

誰、とか言って
そちらの入口からこちらの入口へ
水面に浮かんだ玄関は足跡をのこさない
誰、とか言って
魂をさらさらと流していく



89 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/22 21:35 ID:Bqisfv0Z
冬に燃え上がる火の端を
少しちぎって
木の根にそっと入れた
秋には実がこぼれ落ちよう

落ちる実を毛布で包んで

90 :名前はいらない:03/12/22 22:01 ID:ProVM1uK

氷がとける頃には
川の流れも

きっと豊かになりますよ

91 ::03/12/22 22:02 ID:ProVM1uK
北でした。

92 :◆tr.t4dJfuU :03/12/22 23:18 ID:ProVM1uK
なまけもの

その爪に掴まれた幹は、なまけものにならざるえない。

その上には黒黒とした時間が流れ、
雨が降ることも、雪が降ることも、台風も吹雪も、

空が青いことも、
水面下で起きているのだ。

なまけものは、
背中に苔を背負い、木に掴まれているのだ。

93 ::03/12/23 01:33 ID:S4BTSAAh
世代

実を売るのが、
これが最終兵器であったはず。
次世代の君たちはなにを武器に生きるのだ。
弱者よ、女 子供よ。
いつかは熟れてしまうのに。

94 :◆tr.t4dJfuU :03/12/23 02:04 ID:S4BTSAAh
SEX

舌先はほっそりして薄く、少しひんやりとした、見た目通りの上品な女だった。
耳をはみ、首筋を辿り、胸をまさぐり、かすかにこぼれる吐息に、この奥に潜む魔性を露わにしてやろうと俺は先を急いだ。

しかしすぐに触れてしまうのは女の思惑通りだろう。

俺は燻し出すように息を吹きかけた。
炭は予想以上に赤くいこってしまった。

95 :しんしん:03/12/23 02:07 ID:XMa3xNTG
おなかがすいた
3分間待つだけで できるカップメン
こんな風に 欲しい時だけ 出てくる恋人が欲しい
すくできて アツアツで 美味しい 
そんな妄想してたら ラーメン伸びてた 
しょうがない 底に穴あけた 恋人ができた

96 ::03/12/23 02:16 ID:S4BTSAAh
>>しんしん

まいど!
底に穴をあけるって、なんの喩えなん?


97 :しんしん:03/12/23 02:22 ID:XMa3xNTG
北へ
有名な自慰行為のひとつだよ
フヤケタさしたラーメンの底に穴を開けて
底に 猛々しい漢自身を ぶちこむのさ
本当にする奴がいるかは知らんが


98 ::03/12/23 02:28 ID:S4BTSAAh
>>しんしん
あー、ハイハイ!あれって後ろに穴開けるんだーっ。
なーるほど。

さんきゅー!

99 ::03/12/23 21:25 ID:S4BTSAAh
すらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすらすら

100 :しんしん:03/12/23 21:28 ID:H4OaL66j
95>>
我ながら下品な詩だな
改めてみて赤面

101 ::03/12/23 21:32 ID:S4BTSAAh
>>100
僕が作った
>>94
上品だよ(*^_^*)

102 :しんしん:03/12/23 21:39 ID:H4OaL66j
>>101
できればジョージアツーシくらいオポンチな詩をつくってみたいです

103 ::03/12/23 21:45 ID:S4BTSAAh
>>102
なんだっていいんだよ。

おぽんちから逸脱することは出来ないんだから。

僕達は。

104 :しんしん:03/12/23 21:51 ID:H4OaL66j
そうだね、人間は おぽんち なんだから
ところで おぽんち とはなんぞや?と小一時間

105 ::03/12/23 22:19 ID:S4BTSAAh
>>104へ捧ぐ

オポンチについて

他人の言葉は嘘だろう。
言葉のオブラートに包まれて。
僕の言葉も嘘だろう。
理由は他人と同じさ。
じゃあその包まれたものはなんだい?
それは本心なんかよりもっと深くに沈む、みんなが持っている同じものだよ。
そいつの声を天声とか言う奴もいるから、薬効があるのかもしれない。
だけど俺は奴の名をあえてオポンチと呼んでみよう。

106 ::03/12/23 23:21 ID:S4BTSAAh
ギターラ

今日新しいギターを買った。4年も前から探していたのに、手に入れたのはほんの一瞬だった。なんという幸福。僕はこの一瞬の幸福と共にまた喜びを奏でるのだ。

107 ::03/12/24 04:28 ID:q+0/iXsW
深夜の放送が終わり、
突然の嵐に驚いて、すべてを闇に葬り去ろう。

耳に残る金属音が、刹那が奏でている。

わかっていたから、

今日の足跡を辿る力もなく、灯りを落とした。

わかっていた。


それがわたしであったのか。

ゆきつまる思いに、一瞬のめまいに、眠りは落ちてしまう。


108 :名前はいらない:03/12/24 04:31 ID:WZ1+yNA3
無職

109 :名前はいらない:03/12/24 04:32 ID:WZ1+yNA3
支離滅裂

110 :名前はいらない:03/12/24 04:34 ID:WZ1+yNA3
ノイローゼ

111 ::03/12/24 04:38 ID:q+0/iXsW


名前がなければ、僕はたやすく死ねただろうか?
砂漠の真ん中に、用意された椅子が、今更苦痛でしかないのはすべて名前のせいだろうか?
僕はあの道ばたに咲いた花の名を呼べない。
明日の運命も知らない雑草を、
僕は黄昏と摘み取るのだろう。

この風はどこから吹いているのか。砂漠の椅子の話が身にしみる。

112 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :03/12/24 04:39 ID:rE/QjYNT
明日くいにいくのだがいいみせはねえか?

113 :名前はいらない:03/12/24 04:42 ID:qOHUgnXC

自作自演小僧

オマンコ くっさ〜

114 ::03/12/24 04:43 ID:q+0/iXsW
裏通り

表通りの賑わいを、背負って歩く裏通り。

師走の町の人通りは昨日を惜しむようにざわめく。

女の子の声や、
つんざくクラクションの嘶きに、

背中を丸め、
家路をいそぐ
裏通り。

115 ::03/12/24 04:47 ID:q+0/iXsW
いいねぇ、
この時間帯は、
仲間がいっぱいいるじゃないか。
でも僕は無職じゃないよ。
自作自演もしてないよ。
でもたまらないなぁ、この感じ、
ほれ、もっと醜態をさらしてくれ!

116 ::03/12/24 04:54 ID:q+0/iXsW
俺は東京のことは知らん。

なんか色々罵ってくる奴らも、
知らないところで、頭下げたり、上手を言ったりしてるんだろうなと、考えると、親近感がわいてしまうのはなぜ?なんてレスすると無視されるかなぁ?

117 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :03/12/24 04:58 ID:rE/QjYNT
グぐってもラーメンの店しか寝えよ!
まあいいぶっつけ本番で言ってくるぜ


118 :名前はいらない:03/12/24 04:59 ID:BceHnJlL
きんたま

119 ::03/12/24 05:02 ID:q+0/iXsW
>>117
あぁ、気をつけていってきてくれ。

120 ::03/12/24 05:03 ID:q+0/iXsW
悲しいな。

そのきんたまだけに、おまえらの反吐まで飲んでしまうこのスレ。

121 ::03/12/24 05:04 ID:q+0/iXsW
まるで蠅がクソにたかってるみたいだな。

122 :名前はいらない:03/12/24 05:08 ID:eGgpg7W7
てst

123 :ネル:03/12/24 05:17 ID:Yp5cTDYM
鼓動を感じ、あなた 思う
こんなにも 切なくさせる あなたの吐息
熱い視線で濡れる瞳
揺れる夜にときめき
暗闇のドアに夜露がついた
白いベールで二人は包まれて
切ない気持ちを分かち合い愛おしむ
淡い吐息の中に 陽炎のような口づけ
「愛してる 愛してる 愛してる」呪文のように何時までも
祈りが通じる事を願っている


124 ::03/12/24 05:25 ID:q+0/iXsW
>>123

あらあら、
またまたこれは嵐の中、大変なところに来てくれたねぇ。

すごいスレやろ?W

詩の書き込みサンキュ〜!

僕もそんなこと言われてみたいよ♪

いやいやしかし、ほんま、ありがとうやで(*^_^*)

125 :名前はいらない:03/12/24 05:35 ID:eGgpg7W7
てst

126 ::03/12/24 05:39 ID:q+0/iXsW
>>125
なんのテストか知らないが非常に有意義であるからして、続けなさい。

127 :名前はいらない:03/12/24 11:04 ID:PCv3BDJW
sa【ゴールデンレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です


128 :名前はいらない:03/12/24 15:02 ID:kGwA4NR4
噛み切ったら痛いです

129 ::03/12/24 15:59 ID:q+0/iXsW
ゴツゴツと笑えば良い。
しゃあしゃあと泣けば良い。
さめざめと怒れば良い。
地と天と天と地がひっくりかえった人の世で、
喜ぶことが出来るなら、このくらいがちょうど善い。

130 :名前はいらない:03/12/24 18:27 ID:c68KGB4U
単車から落ちたんだ
そうしてそのままテニスコートのポールへ
もうね
痛くてね
声 消えた

131 :カネキ ◆FSnm09kHak :03/12/24 19:33 ID:JxngGl5s
サイレントX

132 :名前はいらない:03/12/24 19:48 ID:0zclaA1g
「セイヤ」という名の子の誕生日は10月初頭が多いと聞く

133 :名前はいらない:03/12/24 20:49 ID:kGwA4NR4
「ちん子」という名の子の誕生日は亀頭が多いと効く

134 ::03/12/24 21:01 ID:q+0/iXsW
嗚呼、下品だなぁ。なんちゅうかみんな好きなんだからさぁ、開き直らないでよぉ、どうせ食べちゃうんだからさ、綺麗に食べようぜ。
そのままもさぼり喰うじゃなくてさ、ちゃんと料理して、綺麗に飾りしてさ、盛りつけようぜ。
職人は素材を吟味するだろ?
おまえらが選んだ素材の品が悪いんだよ。

135 :◆tr.t4dJfuU :03/12/25 00:36 ID:4dOEzf2C
始発


発車のベルが鳴る

何かを言い残した様に ゆっくりと列車は動き出す

汽笛と

駅員は空をゆびさした

朝日がやけにしみた



136 :◆tr.t4dJfuU :03/12/25 00:53 ID:4dOEzf2C
無色



信号も標識も失った街で、

警官がいない交差点を一万キロオーバーで突っ走る。

道端の政治は引っ込み思案で、
商店街の売れ残りをあさり続け、
残飯に埋もれている。

世界は、思い思いの髪型で改札をくぐる。

一番ホームから火星行きの列車が出発します-



137 :名前はいらない:03/12/25 00:58 ID:bdRBGzc1
コンビニで買ってきた

juiceなんかじゃなくて

想い込めて作りたい

手作りのmix juice


美味しかったらアナタにも

飲ませてあげたいjuice

138 ::03/12/25 05:25 ID:4dOEzf2C
アフリカ

シマウマの群が急流を横切ってゆく。ワニが待っている河を渡る。
みんな同じ顔に見える。
誰も自分が死ぬなんて思ってもいないから。ただ生きること、それだけを信じて勇ましく飛沫をあげる。

僕も明日、生きていることを信じている。それは死にかければかけるほど、命は生きることを信じて止まないから。

139 :名前はいらない:03/12/25 07:49 ID:abRWjgFY
子供らは鞠をつきます

ぽんぽんぽん

鞠はころころ転がって
朝日が射す光のなか
母の元へと参るのです



140 :イナ:03/12/25 16:33 ID:yHzHk5oS
いつも大切にしていたのに
今貴方はそれを食い千切ろうといている
どうして?
貴方はその中に何度も顔を埋めたのに
仲良く寄り添って かわいい顔で眠っていたのに
今貴方は綿を引っ張り出している
どうして?なんで?

141 :名前はいらない:03/12/25 17:07 ID:NN3hiBIK
きれいな 花を ありがとう

142 ::03/12/25 20:17 ID:4dOEzf2C
>>140
おーっ、実感というよりなんか怖いなぁ。
いなさん、あんたは女か?

143 :イナ:03/12/25 21:14 ID:yHzHk5oS
女です。
しかも、自分でいうのもあれですが、まだ若い・・10代。
あんな詩書いちゃってすみません(^^;)

北さんの詩大好きなんです。。

144 ::03/12/25 21:23 ID:4dOEzf2C
>>いな
おーっ、だろうな女だと思ったよ。あっ、女の子やね(*^_^*)
良い詩だと思うよ。とゆうかあんな詩、男の俺には深すぎて書けんW
-女は海-誰か知らんがよく言ったもんだ!

俺の詩好きなん?アヒャヒャヒャ!
ありがとう(^o^)/

145 ::03/12/26 04:25 ID:h1GjR2kW
詩的な精神が心の奥底から涌いてくる詩的なものであるならば、性欲はどこからやってくるのだろう。詩的精神の方は忘れやすいけど、それが生まれる場所はドンと座っている感じがする。性欲は快感として忘れにくいけど、偽り易いし、ウロウロ出歩きやがる。
嗚呼、たまらんたい!

146 ::03/12/26 06:02 ID:h1GjR2kW
(′ω`)ショボーン

(@д@)エェ?

('、')シリマセンょ

('ν')モグモグ

(°Å°)ワンワン

щ(°Д°ш)
カモーン


147 ::03/12/26 06:21 ID:h1GjR2kW
(-〒-)ユウビンデス
(¨(¨)")
ドコドゴドコ?

(‐_-)/
ササッ

(−п|)デンワダ


148 :てす:03/12/26 06:31 ID:vgNo17SF
 ジプシーって学校いってんの?
ジプシーって子供が多いね
 ジプシーって何処で寝るの?
何処ゆくか流浪の民

149 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/12/26 06:31 ID:oBq1eH29
黒光るカーボン山女魚うち振る陽は貫けり女神しぶかせ

150 ::03/12/26 19:26 ID:h1GjR2kW
ベトベト
ペロペロ
くちゃくちゃ

もうニチャニチャだよ

−街灯は薄暗く
公園を透かし見ている−

ほら もう一回

ハァハァハァ

だめっ!

もう遅いから

帰ろっ ペス

ワンワン!

151 ::03/12/26 19:35 ID:h1GjR2kW
ペス 外は嵐のようだね

今夜は家にお入り

大丈夫だよ ペス

そんなに堅くならなくても

いつも通り ほら

しっぽをふって

めちゃめちゃに

舐めてよ

ペス 僕の可愛い

ペス

152 ::03/12/26 19:46 ID:h1GjR2kW
翌朝

木漏れ日と 小鳥の声に

ペスは死んだ

そして穴掘りは

終わった

153 :名前はいらない:03/12/26 21:33 ID:98AR+pcB
エレベーター 
上へ参りまーす
ピンポーン
最上階でーす
下へ参りまーす


154 :◆tr.t4dJfuU :03/12/27 03:19 ID:PsVsgiD3

1
人欠片が染み込んだ土の中、体温も神経もなく、痛みめ言葉もなく、
椿は針金のように木枯らしに揺れている。
無数に散った命の代わりが抜け殻に、飢えたものを虐殺と散り乱れた夢を見るように、繰り返された応酬に椿は黙ったまま、焼けた手の代わりにポタリと落ちた。


155 :◆tr.t4dJfuU :03/12/27 03:20 ID:PsVsgiD3
2
地中からひきつる爪先で突き破り、今日も鉛の空を分枝は掴もうとしている。
北風は鳥居の石段をくぐり林を抜ける。苔の張り付いた地面の中に一人、また一人の悲鳴とかけのぼる。
生まれ代わり、その姿は人欠片の染み込んだ土の中の椿と根をはる。
ポタリと落ちた椿よ、無数の悲鳴に打ちのめされたか、百千万と亡骸の染みいる土の中で、今、椿がひとつ北風に吹かれポタリと落ちた。
刹那、時間を遡るように。/


156 :◆tr.t4dJfuU :03/12/27 14:18 ID:PsVsgiD3
採血


道筋は深く埋もれている嫌われ者。薄らと青く透ける微笑に練習生は恐れをなす。
しかし天使よ、針先に力を込めよ。そが失敗は隣の患者を生かす。だから嫌わないでおくれ。
卑しくも我れも病を背負う人の子。嗚呼、美しき天使よ、せめてもこの道筋を輝かしい医療の発展の為に!歩かせておくれ。

157 :名前はいらない:03/12/27 14:24 ID:kR23fr9B
ペスはいきかえった。

きがついたら僕とべっとのなかに
はいってたんだ。

ペスは興奮している。

158 :◆tr.t4dJfuU :03/12/27 16:31 ID:PsVsgiD3
山科

雨上がりに青空は四角い町を冷気と吸い上げてゆく。道端には子供の声もなく、殺風景を木枯らしが吹き抜けてゆく。
山科、昔 此処は空き地だった。
六階のベランダからこの町を見下ろしている。
駅は人波に佇み、バスは縫うように時間を埋めてゆく。山科、昔 此処は空き地だった。這いつくばるように根を張る雑草の追憶を、青空は吸い上げてゆく。
分譲中の旗が木枯らしに揺れている。

159 :◆tr.t4dJfuU :03/12/28 06:23 ID:WTgDo6rU

1
白金の空を削る風の旋律。
大工は鉋を引く。雪は束となりどっさりと、呼吸の様に落ちてくる。無機質な所から順に張りついてゆく。車の屋根はいつもより重くなった。帰り道を阻む。
大工は湯気と煙草をふかした。
「もう終おう、帰れなくなる」
そしてミニバンは足跡のない新雪の上を鎖と吐血しながらガラガラと進む。赤く残るタイヤの後に、わさわさ


160 :◆tr.t4dJfuU :03/12/28 06:24 ID:WTgDo6rU
2

さと雪は浸食してゆく。ミラーの景色は遠ざかりながら追いかけてくる。さぁ、急げ!
すべて埋め尽くしてしまう冬がやってきた。ハンドルを握る大工の厳しい顔が、少し溶けた気がした。


161 :消え行く女:03/12/28 08:26 ID:l77sDusm
「ハニー」
触れ合うだけで溶けてしまいそうな
マシュマロの温度感じてたら
胸元にピンクの花びら舞い降りて
いつの間にか甘い蜜が溢れていた


162 ::03/12/28 10:05 ID:WTgDo6rU
>>161
パッと見た感じは見栄えしないけど、何回か読むと今までのレスの中で一番スレタイ通りかもしれないと思った。本当にそのまま「エロッ」呟いてしまった。
カタカナの文章を止めて何か別の漢字等を用いてみればもっと直接的なエロさは消えてよいかもと。あと少し比喩がありきたりだと思った。

163 ::03/12/28 10:28 ID:WTgDo6rU
桃園

ふれあうだけで
溶けてしまいそうな春の陽気に

桃のはなびらが
胸元に散りめいて

いつのまにか溢れている

甘い蜜の香り



164 :イナ:03/12/28 12:50 ID:q1wOimmJ
白海

難しい角度で強請る口付けを
長い尻尾で絡め取る
ひとつひとつ拾いあげてやれば
重い目蓋もしぜんと落ちていく
白い波が強くざざんと打ち寄せ返すから
最後には殺してしまいたくなる
それほど
女は恐ろしい


165 ::03/12/28 14:08 ID:WTgDo6rU
>>164
なぜだろう、少女マンガのようなキスシーンが思い浮かんで離れない。:女は受け身的な立場だと思う。例えば背中が反り返るくらいにキスを押しつけてみる。-尻尾で絡めとる-とはその時の女の心象なんだろうか?たしかにキスをこぼす人は少ない。女はキスが巧い。

166 ::03/12/28 14:10 ID:WTgDo6rU
2重い目蓋が落ちるとある。自身で目を閉じてみた。寝起きのせいか目玉が外ではなく内に落ちる感じがした。心地よい。そして波が押し寄せる。ここからは推測もほとんどつかない。白波は太平洋より日本海なイメージがした。厳しく荒々しく冬の海岸を思った。

167 ::03/12/28 14:12 ID:WTgDo6rU
3女は単に受け身と思っていたけど、受け身というより女は忍び上手なんだなぁと感じた。誰かが恋愛は忍ぶものと言ったのを思いだした。
:題名は後からつけたのだろうか?最終連の女は恐ろしいを削除して、その意をイメージ出来、海も連想出来る題名を選べばもしかすると鳥肌ものだったかもしれない。/

168 ::03/12/28 14:14 ID:WTgDo6rU
>>164
何が言いたいのか自分でわからなくなってきたよ。Wそれくらいに女は恐ろしいってことで、そう感じました。

169 :イナ:03/12/28 14:50 ID:q1wOimmJ
こ・・こんなにもよく診てくれるとは思いませんでした・・;
ありがとうございます北さん。

私の詩は少しいい加減なのかもしれません。
細かいところまでちゃんと見ていない気がする。
言葉ひとつひとつにもっと意味を込めたい。
情景が、まだ見えない。

そうですね。女は忍び上手だと思います。
猫のようにも感じます。金色の目をした白い猫。黒じゃない。
ああ、これはあれですね。「クロネコヤマト」のCMですね(^^;)

題名はあとで付けました。
題名から書いても、それに沿ってないことが多いんです。ダメですね・・。
私にとって一番難しいのは題名なんです。
かなり悩むんです。でも結果的によい題名が浮かんだことがない・・。
もっと修行を積まなければですね;
まだ全然駄目です!!


170 ::03/12/28 15:46 ID:WTgDo6rU
>>169
いやいやこちらこそありがとうです。詩を読ませてもらってるんですから。あっ先に駄目なことは良いことですよ。きっと。駄目があるから良いことも知れるわけで、もし良いことだらけなら、疲れてしまいますよ。
やっぱり尻尾は猫だったんですね。-絡み-の一文字で爪と目を想像しましたよ。なんせ猫好きですから。
-そうですね、もっと一つの詩を作るのに時間を惜しまないことだと思います。僕も題名は後が多いですよ。

171 :◆tr.t4dJfuU :03/12/28 17:21 ID:WTgDo6rU
包容
1
月明かりは生温い風にまみれ、足下に曖昧な影を浮き上がらせている。汗は薄らと膜をはり、風に体温を冷ましながら、落葉を鳴らしながら、崖に出立つ。
おお、風よ、人肌の様に触れながら導く果ては、風よ、この崖に広がる夜空か。満天の星に月は勢いよく黒い波をかきわけては船を漕ぐ。目下海はざわざわと犇めきあっている。

172 :◆tr.t4dJfuU :03/12/28 17:23 ID:WTgDo6rU
2
腰を曲げた一本松のごつごつとした幹も楊枝の様な葉も、薄らと悠久の影をひいている。鼓動に合わせて伸び縮みする俺はすべて曖昧なもの。風に用意された椅子に座り、人間が一人、虫けらの様な命、味気のない砂粒の様な俺を、大きなどよめきが包容する。
満天の星月夜。

173 ::03/12/28 19:23 ID:WTgDo6rU


嫌になったんだ。異国の烏がギャーギャーと騒ぎ立てる。檻の中から金網にへばりつき、追われた森をどうだどうだと賛美する。卑しきは森を理由にゴミをあさり、日向を返せと日陰を好みハリボテを夢をみる。
どうせ黙する者が勝つ。
儒の反逆に烏は石鹸までも食うらしい。

174 :名前はいらない:03/12/28 19:56 ID:mFUuDixj

http://www.allthingsflash.com/cliff.swf
http://216.40.211.216/web/goppa/oniichan-n.html

175 :◆tr.t4dJfuU :03/12/29 01:45 ID:p1KwImhe
ねむり

波間の小舟に佇む。こぼれた月明かりが滲む夜の海。心地よい潮風に船を漕ぎながら、いつしか赤や紫色した幻灯の崖から暗黒の淵に落ち入るのだ。
もしも、この甘く漂う眠りが死であるならば、永遠に続いてほしい。
昼間の俺は幻想だった。深い睡眠こそが死の渦巻きに飲まれてゆくこの世の真実だ。そんな観念が俺の死であるのなら、睡眠不足は自殺行為である。

176 :名前はいらない:03/12/29 01:51 ID:c+woOqPU
「ファー?!」
確かにさぁ、ふさふさとかついてるけどね、けどね!
モルモットよばわり‥はないんじゃないかな。めそ。
もっとこう、肌がつべつべしてイルカみたいな〜?
まぁオットセイといっても過言ではないですけどね。

177 ::03/12/29 01:59 ID:p1KwImhe
>>176
はぁ〜!?

それは詩か?
なんかの返事か?それとも誤爆?

うん、イルカの肌はツベツベというよりキュッキュしているぞ。オットセイには毛があるぞ。オタリアとかな。

178 ::03/12/29 02:42 ID:p1KwImhe


地球はサーカスで、人はピエロで、玉乗りしている。


179 ::03/12/29 04:09 ID:p1KwImhe
故郷

遠吠えと届く暗黒の森、人面の老木。耳をつんざく獣の金切り声。
鬱蒼と茂る枝葉の隙間から僅かに覗く空。
故郷を飛び出した夜、空は明るい月明かりに満たされていた。
希望と輝く星空にいくつの夢を抱いただろう。

嗚呼、後どれだけ森を越えれば辿り着くんだ。

ほろ苦い帰郷に、敷居は益々高くなるばかり。

180 :名前はいらない:03/12/29 04:54 ID:ojjjvmEv
朝の城

目覚めの空腹
蓋を閉じて所要時間3分
猫舌の僕に3分じゃ足りないと親切な君
息を吹きかけて冷ましてくれる
絡めとってほぐしてくれる
すくいあげてからめとって
なぜかそのまま君が全部食べちゃったけど
目蓋を開ければ白に包まれた王女の笑顔
僕の城はいつだって君のもの

181 :180:03/12/29 05:04 ID:ojjjvmEv
「からめとって」を2回使ってた…
ボロボロだな。

182 :名前はいらない:03/12/29 09:37 ID:9mVpXaeW
少女が部屋の片隅で丸まって震えている

183 :◆tr.t4dJfuU :03/12/29 20:21 ID:p1KwImhe
愛故え

貴方が来る。
急流を渡り、断崖の縁を辿り、あらゆる困難を乗り越えて。
半日にも満たない時間の為に、繰り返された大空を巡らせ、
降り注ぐ刹那の粒子を胸に押し込めて、
貴方が来る。

許されぬ愛とは知りゆえに、胸は繊細に密度を増してゆく。

道は険しけれど、だから貴方は来る。

小川のせせらぎに、嗚呼この思い、まみれて流されてしまえ。

両足を泥濘に傷つけながら、

この愛ゆえに
貴方はやってくる。

184 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :03/12/29 21:36 ID:fIT7g7lv
 
(中略) 
はぁはぁはぁはぁ(汗)
はぁはぁはぁはぁ(汗汗汗)
あっあっあっあっ あっあっあっあっ(汗汗汗汗涎)
ああぁあああぁぁああっああっああっああっああっ(汗涎涎涎)
ああっああっああっああっああっああっああっああっ(涎汗涎汗涎涎汗涎)
アッアッアッアッアッアッアッアッ アッアッアッアッアッアッアッアッ(汗涎汗涎 涎涎涎涎 涎涎涎涎 涎涎涎涎)
アアッ いくうっ あんあんあんあん あんあんあんあん
(以下略)
 

185 ::03/12/29 22:31 ID:p1KwImhe
>>184
ガツンときていいね。
ごくろうさま。

186 ::03/12/29 22:34 ID:p1KwImhe
僕みたいなフラメンコの後にブルースが続くなんて。でもなんかみんな楽しそうだ。
音楽に国境がないって本当だね。

187 ::03/12/30 04:15 ID:mkWjUWUT
腹へりマーチ


おはしを両手にもって

チャンチャカチャンチャカチャンチャカチャン

おなかがへった

チャンチャカチャン

おなかがへれば
おとなもこどももないんだね

チャンチャカチャンチャカチャンチャカチャン

188 :激辛正当派 ◆PmUYNHN29Q :03/12/30 04:32 ID:CU0d4BIn
何度も言うが 外に出る気はない
寒い夜にぬるぬるひきこもってて何が悪い

でもおかしいな
動きたくなってきたぞ

189 :◆tr.t4dJfuU :03/12/30 05:04 ID:mkWjUWUT
>>188
おーっ、貴方がいらっしゃるとはこれまた驚きです。貴方のコテ名故に、まさかいらっしゃるとは‥。
ありがたくいただきます。おおきに。

190 ::03/12/30 05:32 ID:mkWjUWUT
>>180
朝から笛を吹いてもらいますか。
からめとるを二回用いたことより、-白い-の表現が端的だと思いました。ここは城に繋がる大切はポイントだと思うので、もっと遠い比喩でもよかったかと。あっ、朝からラーメン、ザーサイいきますか?W


191 :◆tr.t4dJfuU :03/12/30 06:11 ID:mkWjUWUT
反抗の冬

指先まで届く切れるような寒さだ。庭も街路樹も、溝板も信号も冬に征服された。町は口を閉ざした様に黙りこくっている。空の明滅も澄み渡る冷気に、透明の鉛の様に重く首を擡げている。
窓からこぼれた柔らかく暖かい生命の灯火こそ、人間という反抗心の証しだ。身を寄せあった枯れ葉の上を、音も無く歩く猫の足音を探せば、布団が恋しくなった。


192 :消え行く女:03/12/30 22:52 ID:w72Kfn/W
161.162>>
北さんスレありがとうです。もっと比喩磨いてみます。
桃園うれしいっす!いい感じで感動です。

193 :◆tr.t4dJfuU :03/12/31 00:14 ID:O/PIB2jt
シナ

私は悲しみを知っている。
私は喜びを知っている。
それでは私の理想に成就は無い。

それで良いのだ。それでは良くないのだ。

嬉しいのだ。
悲しいのだ。


194 :◆tr.t4dJfuU :03/12/31 01:58 ID:O/PIB2jt
羅針盤

俺は奴を殺そうと決心した。でも止めておこう。腹がへったから。品書きと受話器を手にした。扉をノックする音が聞こえた。奴が着た。一緒に食おうと奴が財布を出した。そばが二つ届けられた。案外奴はいい奴で、そばは旨かった。
俺は刹那刹那に生きている。そんな俺を俺が罵る。
−嘘つき−
奴は俺を正直者だと言う。
俺は奴を正直者だと言う。

羅針盤は天を指していた。
西も東もありやしない。

195 :名前はいらない:03/12/31 03:26 ID:NtV48ppp
1って、きっと寂しい正月迎えるんだろうな
可哀相w

196 :名前はいらない:03/12/31 03:38 ID:NtV48ppp
アル意味
社会的に嫌われたチンカス共が脳内で
自己まんに浸ってる薄気味悪いスレ
おまけに、この北とこか言う奴が
ダサすぎイタすぎウザすぎキモすぎヤバすぎw
しかもつまんねえし。存在価値ゼロ!
なんで、生きてるの?

197 :◆tr.t4dJfuU :03/12/31 03:44 ID:O/PIB2jt


少女は明るく育った。
笑うことも上手になって、
おどけることは自分を守る盾。

何時しか封印した剣で自分の身体を傷つけないように。
特に内側は鋼鉄で出来ている。

少女は明るく育った。

夜更けに剣を研ぐ化け猫が障子に映る。



198 ::03/12/31 03:50 ID:O/PIB2jt
>>196
いいねぇ。
君の問いに答える前に君に問おう。君はなんで生きてるの?
正月、君はどうして過ごすんだい?
君は失礼な男だね。普段の君もそんなの?友達はいる?なんか君からは古くさい悪臭がするよ。

199 ::03/12/31 03:58 ID:O/PIB2jt
>>196
よそのスレでウダウダ言ってないでここに来いよ。
ほれっ、相手にしてやるから。
よそじゃ無視されてるやん。
さぁ早く、丁度君みたいな人間は俺には都合がいいんだよ。

200 ::03/12/31 04:23 ID:O/PIB2jt
>>196
なんだつまらん‥もう寝るぞ。
アホ野郎め。
自分が馴れ合えないからって、嫉妬に狂っちゃだめだよ。
おやすみ(*^_^*)

201 :北さんのファンです:03/12/31 04:33 ID:wRKrrb2P
北さんていくつですか?
ボクより上かな下かな?(@^^@)

202 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :03/12/31 07:45 ID:gZth6OD4
  
毎朝きみと かならず目があう
けさもげんきそうで なんだかうれしくなる
きまった時間 きまったばしょ
きみのくちびるはいつも ぬれていて
吐いているしろい息が
ぼくの顔をなでてのぼっていく
きみはいつも いいにおい
そうしておよぐように
きらきらとひかるせかいへ
舞うようにとけこんでいくきみを
ぼくはいつもさいごまでみつめているんだ
わすれものをしませんようにって
  

203 ::03/12/31 14:35 ID:O/PIB2jt
なんだとーっ!?卑しくも貴様が俺の取り巻きならば、先に貴様の年齢を教えやがれィ!

204 :北さんのファンです:03/12/31 14:38 ID:wRKrrb2P
おっと失礼!
ボクは16です(*^^*)

205 ::03/12/31 14:45 ID:O/PIB2jt
>>201
なぜ詩全体がボヤケてしまっているのか?それは物語の場所設定の曖昧さにあると思う。どうも朝の満員列車をイメージを投げかけているようだ。そしてその一時の心象を夢の様に表現しているが、もし列車内が白息が出るほど寒いと問題だ。
とはいえ良い詩だと思うので、日常を詩にするには全体にメリハリがに必要だと。

206 ::03/12/31 15:07 ID:O/PIB2jt
>>204
ひとまわり以上違うぞ。
俺は今年で三十歳になった。来年は1だ。

207 :名前はいらない:03/12/31 15:19 ID:RdO6PolM
「俺の取り巻き」   淋しい脳内だな




208 ::03/12/31 15:33 ID:O/PIB2jt
↑なんだこの野郎!バーカバーカと相手してやりたいとこだが、晦日にそんな気分にはなれんので、勝手に暴れてくれ。

209 :名前はいらない:03/12/31 15:40 ID:f23e9Gko
ちょっと荒らすと、すぐにこ〜んなスレage反応をする。
・・・ったく、低能!!向上してねーぞ!!ば〜か!!

210 ::03/12/31 15:53 ID:O/PIB2jt
↑前からアゲ思考なんで、わりーな。おまえみたいにコソコソするのが嫌いなんだよ。
俺さおまえと違って低脳なんだよ。−脳内−低脳かぁ??
もうちっと巧みにやらんか!


211 ::03/12/31 15:54 ID:O/PIB2jt
低能か‥

212 :名前はいらない:03/12/31 16:02 ID:IdoMrlMq
>北
あんたは、HNの乱発しすぎ。
だから、低能といわれる。基地外と書かれなくて良かったね。


213 :◆tr.t4dJfuU :03/12/31 16:08 ID:O/PIB2jt
↑おっと、俺にとって基地外は褒め言葉だよ。
ただそれで病んでる奴には悪いけど。

214 ::03/12/31 16:10 ID:4GUpQIGQ
晦日なのにな・・。静粛に新年を迎えたらいいのにな・・。

215 ::03/12/31 16:12 ID:O/PIB2jt
↑それを言うならおまえやろ?

216 :北さんのファンです:03/12/31 16:16 ID:wRKrrb2P
北さんあんまりそういうのは相手にしないほうがいいです。
かまうと相手を喜ばすだけですから。

217 :そうだね。(^ ^;:03/12/31 16:19 ID:p7/niQBB
>>214
激しく同意!!

218 ::03/12/31 16:22 ID:O/PIB2jt
>>216
それは気遣いありがとう。
でもな、こういう悲しい荒らし野郎は俺が相手した方がいいよ。
なぜならまともに相手しても片手あまるからな。
いい暇つぶしだ。

219 ::03/12/31 16:24 ID:O/PIB2jt
本当に静かに過ごしたいのなら、わざわざレスする必要ないだろう。
この嘘つきめ。


220 :>北さん興奮しないで。馬鹿みたい。(笑:03/12/31 16:28 ID:ERutqICF
>>214 に同意。
ようするに
馬鹿ばっかりなの!
(オレもだけど)

221 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :03/12/31 16:32 ID:PS00jvvV
あーー北は元気そーーーだなーーーー

噛ったリンゴについた血が
ますますリンゴをうまそうに見せる
……歯が痛い

222 ::03/12/31 16:32 ID:O/PIB2jt
>>219
ああ、興奮してないよ。ただな、無視するほど器がデカくないんだよ。俺は無視すればするほど意識しちゃうんだな。だから嫌になるか飽きるまでは相手したいんだよ。

223 :名前はいらない:03/12/31 16:34 ID:AmpnbEte
>>218 北=いかいか

なに言ってんの?
詩板の「荒らしの本家」は、あんただろ!
それで「荒らしの宗家」は、粘着だろ!なに言ってんの?

224 ::03/12/31 16:36 ID:O/PIB2jt
>>ギリ
おかげ様で益々元気だぁ〜〜〜。

うんうんうん。

血塗れリンゴ

バンッ!

撃たれた!

いてーよー!

みんな大好きテレビのドラマ。

225 :名前はいらない:03/12/31 16:38 ID:DV3ZnMyt
ありえない‥

226 :織田敏憲:03/12/31 16:39 ID:G6pgbYCb
おまんこ

きんたま

オナニー

227 ::03/12/31 16:39 ID:O/PIB2jt
おーっ、いかいか扱いされちったよ〜。

最近の奴は好きだよ。

228 :いか北:03/12/31 16:40 ID:O/PIB2jt
賑わってきたな!
うん、よいよい
(*^_^*)

229 ::03/12/31 16:44 ID:O/PIB2jt
このへそ曲がりめっ!

他人の繁栄大嫌い!

230 :名前はいらない:03/12/31 16:48 ID:GVvMtRVN
>>226 あぁ、嫌だ。
本名で出るなよ。キモイよ。

あと、北とか、4tnとか、都立とか、りゅんりゅんとか
みーんな、いかいかじゃん。うんざりする。

231 :◆tr.t4dJfuU :03/12/31 16:49 ID:O/PIB2jt
うんうん

今年の汚れは今年のうちに厄除けできたようだな。


232 :あまりにもクダラナイので:03/12/31 16:52 ID:CqFTc124

★★★★★★★★★★★★★ 終了 ★★★★★★★★★★★★★


233 ::03/12/31 16:55 ID:O/PIB2jt
>>230
おまえ‥








弱いぞ。

234 :名前はいらない:03/12/31 16:57 ID:uhRqTefP
>>232
おしい。自分としては続けて欲しい。
確かに、くだらないとは思いますが。

見てるぶんには、楽しいですから。(笑

235 :名前はいらない:03/12/31 17:01 ID:C0kUmquT
>ALL
やめろ、やめろ!!
そもそも、>北の反応が、いまいちツマラン!!

236 ::03/12/31 17:01 ID:O/PIB2jt
どこらへんがクダランのだ?
おまえの方がクダランじゃないかーーー!
と熱く反抗。

237 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :03/12/31 17:03 ID:HDwXLiu4
  
その放物線は
まいにちじつは違っていて
僕たちはいつだって
気にもかけてはいない
けれども子どものころ
きみはいたずら好きで
よく衣服を濡らしたね
僕といっしょにどこへでも出かけていって
たしかソウルできみは駄々をこねた
ぼくはしかたなくロッテに入って
すっかり気持ちよかったね
  

238 ::03/12/31 17:04 ID:O/PIB2jt
宴も闌。
みなさま!

よいお年を。

(*^_^*)

239 :名前はいらない:03/12/31 17:05 ID:NYYuAxKv
大晦日
クダランやつらの
なつきあい


240 :名前はいらない:03/12/31 17:06 ID:wMIXXKkz
>北さんて、2ちゃんねらぁとしては未熟だ。
これからだな。(w

241 :◆tr.t4dJfuU :03/12/31 17:08 ID:O/PIB2jt
>>237 れん

ありがとうな。
その気持ち嬉しいよ。
だからその気持ち忘れないでくれな。
また来年、お年玉の代わりに読ませてもらうから、感想させてくれィ。
あとわずか、よい年を過ごしてくださいな(^o^)/

242 :名前はいらない:03/12/31 17:12 ID:kyAe8M4N
>>240
>北ってコテは子供なんです。そんだけのことです。はい。

243 :名前はいらない:03/12/31 17:16 ID:CvotRK7D
>北、余裕なさそう。>れんにすがってるし。

244 :なになに・・・。:03/12/31 17:21 ID:OipGIE9c
>>243
まーた、お得意の自作自演なのではないのか。
北=れん。なんかそんな気する。(藁

245 :名前はいらない:03/12/31 17:31 ID:s0swPUo5
>ALL
まだやってるの?
もういいからね!

はい。終了。終了。

246 :それでOK:03/12/31 17:35 ID:csBNN6Nk

あっ、北さん逃走したかも。(笑


247 :名前はいらない:03/12/31 17:38 ID:csBNN6Nk
北の天敵、晦日に登場か。

248 :名前はいらない:03/12/31 17:41 ID:sI16/OF8
またどうせしれっと出てくるよ
「自称詩人」は。

249 :名前はいらない:03/12/31 19:54 ID:NtV48ppp
北は、才能ない、学歴ない。脳内天下w
中央線沿線に封印。雑魚キャラにはお似合いだしw
ということで、こいつが関わってるくだらんスレは全て終了。
だってセンスねーんだもんゲラゲラ


250 ::03/12/31 20:29 ID:O/PIB2jt
賑わってるね。
滓共諸君。
俺も結構人気あるなW
その勢いで年を越してくれたまえ!そして俺に最高の一撃を!
この調子では俺を落とすにまだまだ至らん。君らは若い!ガンガレ!
では来年!
どろん

251 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/12/31 20:33 ID:+/aXBtTp

よーし、みんなパワーありあまってるなら
ゴーンとしにきてくれよぉ

252 :◆tr.t4dJfuU :04/01/01 18:03 ID:1fOJU5tW
元旦

酒よ、このどろりとした脱力感に浸り、どっしりと構えている。
鏡餅は祭壇にずしりと鎮座す。
注連縄の蜜柑は玄関で空中を支配する。この世はどこも正月だ。泣いている人も、笑っている人も、働いている人も、働いていない人も、腹の底から元旦を主張する。
初詣、書き初め、姫はじめなど。
一年のなんとかは元旦にあるという。
酒よ、おまえ故のグラスを転かしたもの、躓いたもの。
嗚呼、並ぶ空瓶。

253 :◆tr.t4dJfuU :04/01/01 19:00 ID:1fOJU5tW
正月

私を遠巻きに観ていた祖父を呼びよせ、師走から祭壇を造り、注連縄、鏡餅、おせち、とそを用意し、そして正月を迎えた。女は家に来て、「バカじゃない?」と言う。気持ちは分かる。女は時代に素直に生きているから。
紅白もサップと曙にノックダウン。カクシ芸は以前より民族性を欠いて映る。
外で凧が上がる景色もなく。
しかし元旦の空は初々しく、美しいのだ。

254 :名前はいらない:04/01/01 19:21 ID:vPCSMNv/
2ch出身の詩人って、輩出されたらおもろいね
エロ出身の漫画家みたいな

255 :名前はいらない:04/01/01 19:54 ID:G15ozhXT
かなしいときー かなしいときー

本番で萎えたときー



256 ::04/01/01 23:30 ID:1fOJU5tW

とろけるような、霜降り和牛の塊に歓喜する。あるものは絶叫さへする。それから手を合わすものなどは誰もいない。


257 :◆tr.t4dJfuU :04/01/02 01:30 ID:ZggfCNjn
>>237
詩を頂きまして大変ありがとうございました。昨年に言っていたように、感想を述べようと読んでみたんですが、今ひとつ意味が分かりません。放物線とロッテワールドとの関係は如何に?よければ解説くださいo(^-^)o


258 ::04/01/02 03:27 ID:ZggfCNjn
あっ!?
遊園地じゃなくて野球選手のことかっ!?

259 ::04/01/02 03:33 ID:ZggfCNjn
毎日ホームランの様に爽快なんだ。ただその放物線は毎回違っても、

-生きている-

それだけで明日は逆転サヨナラなんだから。



260 :名前はいらない:04/01/02 03:36 ID:FMHcCP9h
オマイ、吉野屋フリークなんだろ


261 ::04/01/02 03:39 ID:ZggfCNjn
>>260
悪い、吉野屋行ったことない。

262 :北さんのファン:04/01/02 03:41 ID:Omui2whG
へえ。じゃあ案外セレブだったりしてね。


263 ::04/01/02 03:45 ID:ZggfCNjn
セレブってなに?

264 ::04/01/02 03:55 ID:ZggfCNjn
誰か、セレブの意味を教えてください!今知りたい!今知りたい!嗚呼、気になる!

265 :てす:04/01/02 04:03 ID:7L+425Mf
 あけおめ、セレブリティーの事じゃない?


266 :名前はいらない:04/01/02 04:09 ID:6sBHWcte
おえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

267 :◆tr.t4dJfuU :04/01/02 04:12 ID:ZggfCNjn
私はキリスト教徒でなく佛教徒でもなく、自分が何者であるかもはっきりとせず、これといった宗教に帰依することもない。出来ればあれが悪いとかこれが悪いとかは言いたくないもんだ。
といって飯を食わせてもらえば感謝するし、逆におごるときには、素直に出さない卑しい人間だ。
お祈りは他力で、自分を責めきれないでいる。


268 ::04/01/02 04:15 ID:ZggfCNjn
>>テス

おめでとう!
今年もよろしく!
あーっ、そんな意味かぁ!と言いたいところだが、
ゴメン、そのセレブリティー?も分からないよW
教えてください!

269 :てす:04/01/02 04:18 ID:7L+425Mf
あら、セレブって最近流行ってるw
金持ちで有名な人の事じゃない?平たく言えば
 ダイアナ妃はセレブね。アメリカだとハリウッド俳優がセレブ
日本だとだれがセレブかしら?

270 ::04/01/02 04:23 ID:ZggfCNjn
>>テス

ありがとう!

僕が金持ち?
あり得ないよ。
僕、牛丼嫌いやねん(T_T)

271 :名前はいらない:04/01/02 04:23 ID:6sBHWcte
267の略

わたしは、価値観と宗教感を履き違えたヴァカです。
それが自分でどうしても認められずにいるため
他人のすることにちゃちをいれては、構ってもらおうとしています。
何故って?だって、現実世界では、こんな元日でさえ
構ってくれる友達も、恋人もいない哀れな三十路なんですから。
ただ、ただ、他人の才能を妬ましく思いながら、荒氏に徹して
粘着にこの詩版という狭い世界を徘徊することくらいしか
わたし(北こといかいかこと都立仮性)には残されてはいないのですから。
デブって、誰からも忌み嫌われている現実から目を逸らし
脈絡も、内容もない文脈と、他人の崇高な詩を品もセンスもない
駄作に蔑める魔法と、リフレインを繰り返し、
孤独な時間を埋めることしかできないパン屑がごとく哀れで貧しい三十路男です(自嘲)

272 :名前はいらない:04/01/02 04:25 ID:6sBHWcte
僕だってププッ
三十路の使う僕ってw
寒ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい

273 :◆tr.t4dJfuU :04/01/02 04:27 ID:ZggfCNjn
>>271
ここではいいけど他スレでは良くないよ。


274 :名前はいらない:04/01/02 04:30 ID:6sBHWcte
病気もちだああ
ばっちいいいいいいいいいい
こっちくんなよ
しっしっしっしっ
あっちへいけ
ばい菌うつる
きしょいきしょい
三十路菌w

275 ::04/01/02 04:33 ID:ZggfCNjn
>>271
それと僕はいかいかでも都立でもないよ。他の誰でもないよ北だよ。
君の勘違いに冷ややかな笑いが聞こえない?
でももしも僕が君の思った通りなら、僕はうれしいよ。


276 :名前はいらない:04/01/02 04:38 ID:6sBHWcte
またっー知ったかぶりっこするーw
きしょいくせに案外きもい☆
てめえが誰かなんか興味ナッシング
質問を質問ではぐらかし
逃げ足だけは速い幼稚なゴリライモは
この世の中どこを探してもおめえしかいなっぺ!!
嘘つくど、おめえの大事さしてるもの
壊すど。このいかいかIQ5星人ぐわあ!!

277 :北さんのファン:04/01/02 04:39 ID:Omui2whG
吉野家特盛なくなってた!北さんなんとかして!

278 :◆tr.t4dJfuU :04/01/02 04:43 ID:ZggfCNjn
>>277
知るかっ!

279 :名前はいらない:04/01/02 04:43 ID:6sBHWcte
自作自演をつかって
二人三脚
変わり身の術w
古臭くて
若いねえぷぷぷーーーーーーーーーー
駄目ポはーと


280 :名前はいらない:04/01/02 04:46 ID:6sBHWcte
あれえ?あれれ?
今日は上げてもヒスおこさねえなw
いつもあんだけうるせえのに
本当物事に一貫性のないへたれだよお
このじじいはw
けーれけーれ


281 ::04/01/02 04:47 ID:ZggfCNjn
しつこいな〜!

そう俺はいかいかだよっ!
そんで都立だよ!
もう勘弁してくれっ!

282 :名前はいらない:04/01/02 04:50 ID:6sBHWcte
おめえも相当しつこいべさあ
おまけに暇人だべえw
べったらそげなこといって
逃げれるとおもどったら
あめえべ
んだなあ
血祭りだべさあ
だっらーーーーーーーー
にひゃりにひゃりにひゃりにひゃり
これからいくべさにやり
ひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ

283 :◆tr.t4dJfuU :04/01/02 04:54 ID:ZggfCNjn
>>282

ほじゃな

おやすみ(*^_^*)

ガンガレよ!

284 :◆tr.t4dJfuU :04/01/02 05:06 ID:ZggfCNjn
あらっ、

おやすみの挨拶もなしか?

寂しいのぉ。

いかいかと都立に悪いので訂正しときます。

では本当におやすみ。

285 :◆tr.t4dJfuU :04/01/02 06:36 ID:ZggfCNjn
祈り


消えゆく
恋の予感
ときめきと

胸を圧迫する
不安と夜

私は好きという
ただそれだけの
感情を捨て去り
貴女と二人で
愛に生きることを神に誓おう

今の私は
貴女に嘘をつくことも
貴女を裏切ることも
貴女の前から姿を消すことも
容易だ

ただ貴女を忘れられないことが
私の重荷にならないことを神に祈っているのだ

286 :名前はいらない:04/01/02 16:24 ID:HUPss725
こんなときに限って立たない
――――ちんぽ――――

287 :◆tr.t4dJfuU :04/01/02 21:07 ID:ZggfCNjn
景色

今年の正月も、降りしきる雪にポツリと佇むわけでもなく、南国の椰子屋根小屋のように開放的でもなく、元旦に至ってより吹く風は生温く鉄臭い。
勝ちどきを掲げて帰郷する息子夫婦を取り巻いた日常に、殺風景の表通りを指さしながら歩く孫と老人。
時間は明日の縁へ滝と落ち、繰り返される流れはけしてお前を裏切らないのだ。

288 :むこうの317 ◆317..n/Ke6 :04/01/02 21:42 ID:EscFcWVf
Rough Thicket指を絡め
こらえきれないScream
踊って見せろ

289 :名前はいらない:04/01/02 22:28 ID:02k9shgc
>>いか北
あおられて尻スボミ

290 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/02 22:37 ID:qM3SjKgh
>>288

((((((;゚д゚)))))) コ…コウテイガ…ツイニ…

291 :むこうの317 ◆317..n/Ke6 :04/01/02 22:41 ID:EscFcWVf
>>290
フン!
だって、ここってよく考えたらとっておきの場所ぢゃねぇか、、、?

292 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/02 22:49 ID:qM3SjKgh
>>291
どうぞ、ごゆるりと
おなかが痛くなるま…いや心ゆくまで気のすむまでどうぞ…







д楽) ハァハァ

293 :名前はいらない:04/01/02 22:59 ID:nDQg5ttA
ハァ・・ またここもネタスレになるのか

294 :名前はいらない:04/01/02 23:00 ID:Omui2whG
そこのお二方、スレと関係のない話はやめましょう。(*^△^*)

295 :◆tr.t4dJfuU :04/01/02 23:00 ID:ZggfCNjn
>>291

あああ、
コ、こーてー様!どうぞごゆるりと。

校門に人が溢れておりまする。


m(。_。)m

296 :むこうの317 ◆317..n/Ke6 :04/01/02 23:02 ID:EscFcWVf
すいません、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、自粛します

297 :◆tr.t4dJfuU :04/01/02 23:03 ID:ZggfCNjn
>>294

ごくろう!
(*^_^*)

298 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/02 23:45 ID:qM3SjKgh
18歳になった夜
俺は俺の骨がみたくなった

小学生の時鉛筆を削ってた小刀を探しだし
半分茶色くなったそれを左手首の柔らかくない方につきさした
ぐっとつきさした
息をとめ、引く
マグマだ 俺は煮えたぎっているのだ
そして手の甲を少しこえたところまで一気にやぶって
俺は数年ぶりにほえた

ものすごく力が抜ける
でも俺は骨がみたい
小刀をすて破れ目にふれた
胃にとどいた
おえっと吐いた
また触れる 吐く
指先が硬いなにかに触れる
ああああ骨だ

おおええええええええ

どろどろになってそのどろどろをかきわけ
俺はみた
ちいさなちいさなすきまから
ちいさくちいさく光るそれ

また吐きそうになったが俺はがまんした
必死で舌をだした
液体とともに垂れた舌で
俺は俺の骨をなめた
手首から先が一度だけ、大きくはねた

299 :名前はいらない:04/01/02 23:54 ID:Omui2whG
↓300げっととかやめろよ。スレ汚しだ!

300 :◆tr.t4dJfuU :04/01/03 00:00 ID:yaQPD3Lp
あっ。
ズサーッ!


301 :名前はいらない:04/01/03 00:05 ID:8ovuoyKM
ヤフオクで有名な情報
Googleで検索したら発見!!

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB%E5%B4%A9%E5%A3%8A+%E6%9C%80%E5%BC%B7&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=

302 :名前はいらない:04/01/03 00:05 ID:XVpYzdfP
↑北さん300げっとおめ(*^△^*)

303 :名前はいらない:04/01/03 00:23 ID:hJCyPkWa
>>298

あぐぐ。と言ったカンジで、ウガガ。
(意味不明スマソ

304 :イナ:04/01/03 00:31 ID:bbfBSktc
>快楽童子さん

あぁ、なんだかもう・・飲み込まれてくような堕ちてくような・・
すごい。耳押さえたくなる。
素晴らしいです(ノД`)


>303そうそう。わかる。

305 :イナ:04/01/03 00:33 ID:bbfBSktc
あ。北さんあけましておめでとう!!
遅・・f^^;

306 :◆tr.t4dJfuU :04/01/03 00:48 ID:yaQPD3Lp
>>302
ふっふっふっふ。
>>イナ
おめでとうさん
今年もイナワールドでガツンと頼むよ!
>>快楽兄
ぐぐぐっ!
おえっ、うおえっ、わかるわ!
おえっ!鼻がツーンとしました。

307 :◆tr.t4dJfuU :04/01/03 01:28 ID:yaQPD3Lp


滝が時間の様に落ちてゆく。
飛沫と散り渦巻きながら、過去は怒濤の勢いで埋もれてゆく。
岩を削り、流木を流し、刹那を叩き落としてゆく。
悠久、川は思い出を辿り、海へと散り乱れ、
そして希望は空高く昇る。
あやふやだろうが浮かぶ雲の先から、
明日は雨の様に、嵐の様に必然に降ってくる。

人里離れた静寂の奥山に、滝壺はごうごうと明日を渦巻いている。


308 :◆tr.t4dJfuU :04/01/03 03:14 ID:yaQPD3Lp

好きなことは、
嫌いなこと。

とても好きだから、
とても嫌い。

空気の様に何気なく透明で居られたら、きっと幸せ。


309 :名前はいらない:04/01/03 04:51 ID:GwCnqoJo
このスレ面白い臭いがするなあw

310 :◆tr.t4dJfuU :04/01/03 04:58 ID:yaQPD3Lp
>>309

灰汁の強いスレです。

311 :名前はいらない:04/01/03 07:21 ID:/Ynps+3Y
夢路にて蒼き蝮のトグロ巻く
明後日の彼方に呼びかけるも
答える者無し

ああ

蝮と住むのだ
この箱の中で

徐々に絞められるのを待つのだ
滴る露の刄が捕らえるのを待つのだ

蝕まれる意識の中で
黄金の天 黒曜の一筋を見つめ

夢よ覚めるなと願うのだ


312 :◆tr.t4dJfuU :04/01/03 16:04 ID:yaQPD3Lp
>>311
蒼い蝮、なぜ蒼い必要があるのか解りません。赤っぽい蝮は現存しますが、蒼い蝮とは初めて聞きました。
刃=牙ですか?また俗語をあえて使用した理由は?
夢を絵の様に表現されているようですが、何が言いたいのかは見えてきません。よければ説明ください。


313 :名前はいらない:04/01/03 16:39 ID:/Ynps+3Y
≫312
そのまま見た夢を書きました。青い蝮に飼われる夢を

情事の一幕そのままに

牙はいつしか刄の存在となり

私の腹をえぐるのです

一夜の戯言

解りずらくてすみません


314 :◆tr.t4dJfuU :04/01/03 16:44 ID:yaQPD3Lp
>>313
はい、解らなかったです。
せめて題名に夢日記とでもつけてくれていれば‥と思いました。

315 :◆tr.t4dJfuU :04/01/04 17:39 ID:8pPp50G/
言葉

いてまえ てんごえんこ しのぎ しま

やってしまえ 逆小指 稼ぎ 縄張り
ごうわく ちみぎる けった

はらたつ つねる自転車

どんつき おくどさん

つきあたり 窯

316 :◆tr.t4dJfuU :04/01/04 21:41 ID:8pPp50G/
最近、荒らし君が来ないので退屈な今日この頃。
もう粘着諦めてしまったんだろうか‥。ケッ、つまらんの〜。

317 :◆tr.t4dJfuU :04/01/04 22:00 ID:8pPp50G/
荒らし粘着撲滅完了宣言!
(注:このスレから)

ばんざーい!
ばんざーい!
ばんざーい!

318 :名前はいらない:04/01/04 23:05 ID:Q1BcfIDZ
君も色んな意味で荒らしだと思うんだけどねw

319 :◆tr.t4dJfuU :04/01/04 23:06 ID:8pPp50G/
とういうことで、しょうもない粘着も来なくなりました。もしもこれから来ても無視を貫きます。
これからは詩作に励もうと思います。スレたイなんですが、気にせずに投稿くだい。詩もなんなんでもありです。ゆきつくところそうなんですから。レベルの高い、それより、いい詩をまってます。最後に北は一人です。

320 :名前はいらない:04/01/04 23:12 ID:Q1BcfIDZ
>気にせずに投稿くだい。
う〜ん……
「詩ってなですか?」ってついついお約束を言いたくなるよなあw

321 :◆tr.t4dJfuU :04/01/04 23:41 ID:8pPp50G/
詩は言葉をで文章を構築する作業。しかし時代背景や移り変わりによって言葉はいつもその意味を変えてしまう。そんなアメーバーみたいな言葉を用いて感動を組たて表現するパスルだ。




322 :◆tr.t4dJfuU :04/01/04 23:42 ID:8pPp50G/
そしてその言葉を自分の技術で間違えなく読み手に伝えなければならない。読み手と作者は考えも主義も違う。けど人間の根底に在るものはみんなひとつだ。そこで引き合う孤独が繋れば美になる。

323 :◆tr.t4dJfuU :04/01/04 23:44 ID:8pPp50G/
誤字も多くて悪いが俺はそう今はかんがえている

324 ::04/01/04 23:48 ID:8pPp50G/
俺の荒らしはそこらのぼけと違い品がいい。はははっ

325 :いかした司会 ◆cK6ddOcQ3Y :04/01/04 23:53 ID:pkac4TQ+
下らない言葉の羅列
なきをみるのは君のほうさ
言うだけいって消えちまう
葉っぱをまいて雲隠れ
をくさんに去られたなら
使用人を雇えばいい
わなわなとふるえるその肩が
なんだかとても
いまいましい
でこのひろさだけが取り柄

326 :てす:04/01/04 23:55 ID:+rCac7Va
>>321,322はほんとその通りですね

327 ::04/01/04 23:55 ID:8pPp50G/
評価についても、俺の器じゃ俺が気に入っている詩に評価したい。される人も俺のこといいと思っていてくれて、そんな関係の中で評価がしたい。
そして俺がまいりましたって感じる詩を書いて欲しい。それが良いか悪いか善いから責任とれんが。素直に他人を認める力がほしい。

328 ::04/01/05 00:01 ID:fJmWD5ph
>>325
何が言いたい?
めんどくさいからはっきり言え!
ていてい!

329 :いかした司会 ◆cK6ddOcQ3Y :04/01/05 00:02 ID:ZF65P1QV
下らねェと呟くおまえは
ネながら人生をあゆんできたんだろう
タタキ上げのあの男をみろ
をいをい、もう下らないとかいうな
表に出した言葉はいつか
現実になるんだ
すこしは頭を冷やしたらどうだ?
る〜るは守れ

330 ::04/01/05 00:04 ID:fJmWD5ph
テス、おめでとう!おやじは酔ってラリッてるぞ。

まえな話してくれたな。天才スレで俺みたいな親父がいたらって。
うれしかったぞ。

331 :いかした司会 ◆cK6ddOcQ3Y :04/01/05 00:04 ID:ZF65P1QV
>>328
あ、その詩はたて読みです。
ところで「ていてい」ってなんですか?

332 :てす:04/01/05 00:08 ID:db52/0z3
あらあら、おめでとう。そんな事もあったねえ、覚えてるよ。
天才スレの人今年はどうしてるんだろう。なかなか
面白い人だったけど、ロムってるといいね

333 :いかした司会 ◆cK6ddOcQ3Y :04/01/05 00:08 ID:ZF65P1QV
333!

334 :名前はいらない:04/01/05 00:09 ID:hVrQDohc
うゎ!縦に気付かず投稿者煽り
最低
つか気にしてない振りをしながら実は粘着後遺症か
何を言われても
自分に対する文句と受け取る
最低

335 ::04/01/05 00:16 ID:fJmWD5ph
>>329寝ながら?それは苦労知らずっことか?俺には苦労なんてない。苦労なんて辞書がない。おまえには想像出来ない地獄で生死の挾間で、他人の死をみて、そんなか俺だけが生き残っ竹井経験も屁とも思わない。まだ話はあるが俺は自慢はしたくねぇ!お前は格好悪いぜ。


336 :いかした司会 ◆cK6ddOcQ3Y :04/01/05 00:18 ID:ZF65P1QV
 >>334
スくなくとも君のような
レつあくな人間よりマシ

337 ::04/01/05 00:19 ID:fJmWD5ph
ていていは余韻だ。肩たたきの。

338 :いかした司会 ◆cK6ddOcQ3Y :04/01/05 00:20 ID:ZF65P1QV
ええ?だからたて読みですってば^^;;
北さんへの悪意とかそんな感じのものはないですよ。

339 ::04/01/05 00:20 ID:fJmWD5ph
>>339
その返事も劣悪だな!

340 :いかした司会 ◆cK6ddOcQ3Y :04/01/05 00:23 ID:ZF65P1QV
事故レスですか?^^;;

341 ::04/01/05 00:23 ID:fJmWD5ph
>>338

なんで縦読みをもちいったん。

悪意?よーわからなん。悪意感じたら無視するわ。

342 :いかした司会 ◆cK6ddOcQ3Y :04/01/05 00:25 ID:ZF65P1QV
なんとなくたて読みな気分だったです^^;;
気分を害したんでしたらスマソ。m(__)m

343 ::04/01/05 00:30 ID:fJmWD5ph
>>342
俺もあんたを謝らしてしまうなんてわるかったな。

またよかったらここにも詩を落としていってくれ。

>>テス
うれしいよ。

344 :きた:04/01/05 01:24 ID:fJmWD5ph
酔ったぞ。
なんか北ファンとか俺の詩が好きだという人からいるが、ならばここにコテ名乗って詩を投稿してくれ。で、気に入った詩をみつけたらおれをその詩をブツケさせてくれ。評価させてくれ。いいもんを一緒に作らせてくれ!互いの向上のために!

345 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/05 03:38 ID:UCVIEp0W
ま、携帯は縦読みわかりにくいわな

346 :名前はいらない:04/01/05 05:21 ID:gFTkYu4K
北さん!北さん!
米印!米印!
AA MODE!AA MODE!
使い!こなして!


347 :北チャイルド ◆tr.t4dJfuU :04/01/05 11:50 ID:fJmWD5ph
おはよーっ
おはよーっ
おはよーっ

348 ::04/01/05 11:59 ID:fJmWD5ph
今日から仕事〜
風呂にはいって出発だ!
いってきまーす

349 :しんしん:04/01/05 15:45 ID:sZFPQ4jd
今かえってきたぜぇ
あけおめあけおめ
おいらのスレは消えたようだね
夜にでも作りなおそ、、、、、、、ぅ
じゃぁ またな
詩を書いていくぜ

350 :しんしん:04/01/05 15:59 ID:sZFPQ4jd
   客寄せパンダ

昼下がりの動物園 明るい陽射し
平和な顔した 人々がオレを見つめる
想像したのと違うオレの姿を見て後ろ指をさす

そりゃ生きてるんだ 多少汚れるし臭いもするさ

おまえらの先入観にはウンザリだ
オレは何時もササばっか食って遊んでいるのかい?
なれないタイヤ遊びなんて とっくに飽きてるぜ

おまえらの先入観にはウンザリだ
実際問題 生きるのに必死なんだ
ササだけじゃない 生きるためにはなんだって食うさ
おまえらも食ってやろうか?

そりゃ生きてるんだ 多少汚れるし臭いもするさ

目の周りが黒いのも 
よくみりゃ「クマ」だって気付いたかい?

351 :名前はいらない:04/01/05 16:42 ID:/CNlGkbI
答え
答えを探す、かすかな輝きを拾いずっと大切にしまってきた
しまってあったなにかは、すぐに輝きを失いなぜ拾ったかを自分に問う
そしてまた答えを探す、また輝きを見つける。その時
「この輝きは答えか?」そう思ってその輝きを手放す
そうして探すのをやめる、「答えなんてない」そう自分に言い聞かす
探すのをやめた目にはかすかな輝きすら移らない
あるとき霞んだ目の中に輝きをみたその輝きを思わず拾う
手のひらのその輝きはとてもなつかしかったがすぐ消えてしまった
「答えなんてない・・・か」確かに答えはなかった
答えはなかったけど、大切なことを思い出せた
そう探すことだ「探そう」そう思った瞬間目の前に無数の輝きがあらわれた
答えを探す、拾っては消える輝き
だけど探すことをやめてはいけない「答え」が見つからなくても

17歳の作品です

352 ::04/01/05 23:16 ID:fJmWD5ph
>>350
おーお帰り!スレ残念だったな。
まぁ、いいやん。パンダの詩いいなぁ。パンダの気持ちになってるところがおもしろい。汚れ=傷 この傷を俺は自身のついた嘘と読んだよ。完璧な奴なんていねぇよっ!わかってるくせに期待すんなって。

353 ::04/01/05 23:23 ID:fJmWD5ph
>>351
十七だから凄いとは思わない。ただ年くって大人になって、結婚して、それなりの地位を得て、失うことが怖くなった時に、この内容の詩が書けたら人生どうなんだろう?俺は幸せだと思うよ。
技術はそれなりだと思う。しかし今それをとやかく問う必要もないだろうね。

354 :しんしん:04/01/05 23:25 ID:pcmcpF13
予定では今夜 スレたてるつもりさ
スレタイは
心身(しんしん)共に通風で悩む人のスレ
これでいくつもり
ルールって奴へのささやかな反抗さ
これなら大丈夫だよな?

355 :◆tr.t4dJfuU :04/01/05 23:46 ID:fJmWD5ph
>>しんしん

そのスレタイ良いよ!そういう反抗がないといけん!男だから!W

356 :◆tr.t4dJfuU :04/01/05 23:50 ID:fJmWD5ph
おっと!忘れてた。あけおめ!
しんしん

357 :しんしん:04/01/05 23:51 ID:pcmcpF13
でも
一歩まちがえたら削除されるなw
ちょとテレビみて又くるよ

358 :◆tr.t4dJfuU :04/01/05 23:52 ID:fJmWD5ph
昨晩は酔っぱらってごめんちゃい。睡眠薬と酒のチャンポンいってました。なんかわからんけど、なんしかごめんなさい!

359 ::04/01/06 00:10 ID:IZgC+kOY
>>しんしん

あははっ!
大丈夫だよ。


俺も風呂入ってこようっと。
風呂場で本読むと暖まる(^o^)/

360 :◆tr.t4dJfuU :04/01/06 00:43 ID:IZgC+kOY
言葉に出来ない思いを書き留めよう。なんだ?どうして伝わらない!?そんな思いを言葉にしよう。
そうだよ、僕は知っているんだよ。お日様が西から昇ったり、月が二つ浮かんだり、猫とお話したり、ネズミがスプーン使ったり、君が僕を好きだったり。
でも、もっと不思議なのは僕が君なのか、君が僕なのか、それが問題なんだよ。

361 :◆tr.t4dJfuU :04/01/06 01:07 ID:IZgC+kOY
すっと入る日だ。ピーマンだってニンジンだって、ナスビだって。
そんな不思議な日は星がとても綺麗で、胸がギュギュする。月がとてもでっかくて、口がパクパクする。
台所の母さんの巻き毛がクルンと鼻歌を奏で、父さんは改札で新しい定期を買ってるんかな。猫は片目を開けて、そしていつもより深く寝そべった。息を吸って吐くように、地球は丸いんだ。
道ばたの石ころ。名もない草。
切れかかった街頭。

362 :◆tr.t4dJfuU :04/01/06 01:49 ID:IZgC+kOY
青煙の部屋で僕は靴下の穴を見ていた。風通しをよくしてあげる。風が全身を逆撫で気持ちよくポタリと落ちた。それは偶然ながら当然だ。奴は穴からボロボロにで這いだしてきた。僕は布団に潜り仕返しを恐れ震えた。埋まらない隙間。僕は外へ投げ出されてしまう。逃げろ帰宅だ!

363 :◆tr.t4dJfuU :04/01/06 01:59 ID:IZgC+kOY
語尾



草むらを全速力。しなやかに、虹色に輝く鱗を反射させながらトカゲは逃げる。

*にげろ!
*にげなさい!
*にげるんだ!

切れたシッポが踊り狂う白昼。



364 ::04/01/06 02:17 ID:IZgC+kOY
快楽〜!!

知っていたら教えて〜!!

雑談スレに質問書いときました。

くやしー!!




365 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/06 03:11 ID:9Mk1MD+v
こっち見る前にあっち見たけど
書いといたで

366 :◆tr.t4dJfuU :04/01/06 03:34 ID:IZgC+kOY
>>快楽
ありがとう‥ってあれじゃわからないよー(>_<)
マサシって誰よ?田代?

367 :◆tr.t4dJfuU :04/01/06 03:44 ID:IZgC+kOY
とまんない
とまんない
キーッて
泣き虫タイヤがとまんない



バカ

368 :しんしん:04/01/06 03:47 ID:BOgCmCmc
一段落ついたぴょん
ふう、、、、つかれた、、、、

369 ::04/01/06 03:54 ID:IZgC+kOY
>>しんしん

おつかれ。
アンタいい詩作るねぇ(*^_^*)

と、ところで、
あの車はどうやったらちゃんと止まるの?グスン

370 :しんしん:04/01/06 04:00 ID:BOgCmCmc
北>>
何あらたまって恥ずかしい事いってんのさ!!
車ってブレーキふんだら止まるよ
教習所でならったよ

371 ::04/01/06 04:05 ID:IZgC+kOY
>>しんしん

ちゃうわい!
そんなん知ってるーっ!!
うあわ〜ん!!



372 ::04/01/06 04:07 ID:IZgC+kOY
暗い詩書いてやる!!

カツンカツンと淋しい音をたてながら鼓動が歩み来る。

風呂屋に、
コインランドリーに、
螺旋階段に、
病棟の廊下に、

カツンカツンと響き来る。

失恋の音?
エンピツの音?
赤点の音?

僕達はどこから来て、どこへ帰ってゆくの?

カツーンカツーンって、

ねぇ、教えてよ。


373 :しんしん:04/01/06 04:08 ID:BOgCmCmc
ひゃひゃひゃ

374 ::04/01/06 04:11 ID:IZgC+kOY
>>しんしん

なぁ〜


たのむわ〜


なぁ〜て

375 ::04/01/06 04:45 ID:IZgC+kOY
夢中

目を閉じて行きましたるは夢の国。

鼻をつまめばバラの香。

耳を塞いで宇宙遊泳、探検だ!

落とした言葉を拾い集めて探してみたいこと。

376 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/01/06 04:53 ID:FJWuzR68
>北
おめおめ(*^_^*)

あとから読んだときタイトルないとなんとなく寂しいな なんとなく。

…なんとなく雑談ぽいからこっちに。

377 ::04/01/06 04:54 ID:IZgC+kOY
性欲はどこからくるんかなぁ?

あの子から?

それともその子から?
え、え゛ーっ!!

俺から?

うそん、ちゃうわ〜!

だって自然現象ですから。

出どこなんかアンタ選びませんえ〜。

大変やぁ、人間。

378 ::04/01/06 04:57 ID:IZgC+kOY
>ウノ

あら恥ずかしい詩の後に、おめおめ。

さっき、タイトルなしの詩に挑戦したけど、かなり難しかったよ。

人それぞれ?

あっと、これじゃ、話になれへんかW


379 ::04/01/06 05:12 ID:IZgC+kOY
けっきょく
グランツーリスモはライセンスとれずじまい。
あああ、

ウ゛ォケ!

380 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/01/06 05:35 ID:FJWuzR68
絵描きながらやからレス遅くてごめんなー

北も絵描くんやんな?どんなん描くんやろ
シャガールは俺も好きや


381 ::04/01/06 05:50 ID:IZgC+kOY
>ウノ
描くよーっ!今ではもう趣味やけど。広島県展一度入賞したよ(*^_^*)自慢!エヘン!
あのころは油やったけど最近は水彩で静物にこってるよ。金もないし。あと好きなんは光琳とか土牛とか、この前は岸田劉生みてきたよ。あとシャガール以外で海外やったらルドンとかかなぁ。
がんばってね!

382 ::04/01/06 07:13 ID:IZgC+kOY
死こそ目標だ。
幸せな死。
だから生きれるところまで生きてやる。生きることに執着しているから、簡単に死ねないんだ。
幸せな死こそが目標だから。

383 :名前はいらない:04/01/06 07:19 ID:jG62cstH
>>382 北は携帯で2chしてるとかどこかで見たけど
パケ死したりしないかそれが心配だ。

384 ::04/01/06 07:23 ID:IZgC+kOY
パケ割

385 :名前はいらない:04/01/06 08:25 ID:ussPHw+C
僕はどこから生まれてきたの?
僕の体はどうやって作られたの?
何をするために生まれてきたの?
こんなに清い志と体、とてもすごいことが行われたのだろうな
穴から生まれた 銅鑼衛門 腰振って 子種が 飛んでく 気持ち良いよ
アワビさん


386 :名前はいらない:04/01/06 20:30 ID:gFdpxsFy
包み隠さず生きるなんてむりだ
オレはオレを覆う ジメジメと
だけどお前と語らう時だけはべつ
お前はそっと口を開き 包みこんでくれる あたたかく

やがてココロにひがともり
そしてカサをなげすてる
お前と語らうその時だけは、、、


387 :◆tr.t4dJfuU :04/01/07 03:03 ID:TkkJAK6k
おおっ!いい詩達が書き込まれているぞっ!

感想な‥。

しゃらくせい!

あんたら最高だよ!

388 :◆tr.t4dJfuU :04/01/07 03:03 ID:TkkJAK6k
お月さま


-秘密がある-
-知っているよ-


遠く離れてしまって!

寂しさ堪え胸に押し込んだ背中を窓から見ていた

名もない人生の瞳に痛くないように飛び込んで 芽吹けよ静かな夜に
まんまる大きなお月さま!

私と呼ばれた言葉の光と影をシルクの糸で繋いだ
銀のウ゛ェールを編み込んで

泉に映った心の底に一人きり

まんまる大きなお月さま!


君が泣きながら生まれてきた夜も
君のわずかな微笑みのため

みんな知っているお月さま!

389 :◆tr.t4dJfuU :04/01/07 07:58 ID:TkkJAK6k


腐った卵は臭いんだ!だからおまえの屁は臭いんだ!!!!
温泉は硫黄臭いんだ。だから地球は腹から臭いんだ!!!!
思想は赤い色素を混ぜ込んだ。
だからヨード卵は高いんだ!!!
上辺だけの理由に腐ったヘドロが泡を吹く!!!
長い歴史の旅に、世の中糞詰まりの便秘だ!!
だからおまえの屁は臭いんだよ!!

390 ::04/01/07 08:15 ID:TkkJAK6k
誕生

時という、スタートラインが刻まれて、
いつでもどこからよーいドン!

ブラジルのマリオも、日本のケンも、南極のペンギンも、北極のアザラシも、火星のピピも、みんなみんなの宇宙の歩みに、ぎゅ〜っと押し出されて、明日はぽろんと落ちてきた。
神様は時間造りに忙しいけど、
マリオなんかは今日、パパになったんだよ。


391 :◆tr.t4dJfuU :04/01/07 08:26 ID:TkkJAK6k
流れ星

今ね、小石がコロコロかくれんぼ。心の底まで落ちてって、でっかい宇宙に落ちてって、
青い星から、「みーつけたーっ!」

あー

あのねっ あのねっ あのねっ‥



392 :◆tr.t4dJfuU :04/01/07 09:06 ID:TkkJAK6k
−思想−
P1

僕は心がね、宇宙なんだと信じてるんだよ。
月とかね火星とかね、知ってるよ、だって心の中にあるからね。そりゃ知らない星の名前もあるけど、誰かが知ってるから安心だね。だから星の名前全部を覚えられないんだよ。それよりは想像しようよ。

393 :◆tr.t4dJfuU :04/01/07 09:07 ID:TkkJAK6k
P2

心は分けあいながら宇宙を膨らませ続けてるんだな。だから君を要るときに君がいないのは、宇宙にとって大問題なんだ。無駄に死んじゃいけないよ。/


394 :386:04/01/07 14:31 ID:i+u0nogm
シバられちゃダメだ!
大昔の人達は広大な大地を
背中にはやした大きな羽で
自由に飛び回っていたハズさ
だからシバられちゃダメだ!


395 :386:04/01/07 14:39 ID:i+u0nogm
「愛からはじまるあいうえお」

あ!
あなたをずっとみてました。

い!
いいのかい?こんなおれでも。

う!
うん!だってあなたが好きだから。

え!
えっ、じゃ、じゃあ、、。

お!
おっぱいさわらして。



396 :しんしん:04/01/07 16:20 ID:ctGHSfYF

勘弁してよ、もう!

き、嫌いになった?

苦しくて仕方がないんだ 言うよ僕の気持ち

結婚してください!!

子供できたらね〜ぷは〜

397 :◆tr.t4dJfuU :04/01/07 16:47 ID:TkkJAK6k
スレタイにとらわれちゃダメだ!!女の子は深く、でも深く、そんな深いところで、男の子の知らない秘密を隠しもっているから。そう、僕達は男の子ということ!それだけで秘密へ大冒険!!
地球は広くて狭いから、北は南で南は北。ロマンチストな雄ども!!!いつでもチンコ立ってるぞ! 心配するな!!届きやしないよ!!届いてるよ!!

398 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/07 22:15 ID:jWjbT/0E
『瘤(こぶ)女』
襖をつっつとひけば
畳に瘤が一つある
うずくまった女だ
艶やかな着物で覆われている
幾重にも

陰翳が風を運び
竹のしなる音が
空を締めつける
笹にはためく西陣織

畳の瘤はもがいている
いくらひっぺがしても
うずくまった女の
溜息が漏れ聞こえるばかり

色が光を纏い
静かに舞っている
色はしだいに薄まりゆく

乱れた白無垢一枚は
ぬらと湿って息で揺れ
鋭い中指で絹に触れると
くすくすと笑う声
瘤女をさすり
着物の落ちた夕暮れの
生暖かい風に誘われて

399 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/07 22:17 ID:jWjbT/0E
>>398
あああああああ、ダメだ。御免、これ、なかったことですいません。
あとで推敲しなおしたのだします。

400 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/07 22:19 ID:jWjbT/0E
『瘤』
襖をつっつとひけば
畳に瘤が一つある
うずくまった瘤だ
艶やかな着物で覆われている
幾重にも

陰翳が風を運び
竹のしなる音が
空を締めつける
笹にはためく西陣織

畳の瘤はもがいている
いくらひっぺがしても
くぐもった溜息が
漏れ聞こえるばかり

色が光を纏い
静かに舞っている
色はしだいに薄まりゆく

乱れた白無垢一枚は
ぬらと湿って息で揺れ
鋭い中指で絹に触れると
くすくすと笑う声
瘤をさすり
着物の落ちた夕暮れの
生暖かい風に誘われて

401 :しんしん:04/01/07 22:21 ID:qep0xDdt
北が来たとおもったら なみなみおさんか、、、、
なみなみおさん>>
御蔭様で愉しい2CHライフを過ごしています
新スレ作ったから遊びにきてね

402 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :04/01/07 22:22 ID:tiMACc+t
んがんぐ

403 :◆tr.t4dJfuU :04/01/08 01:40 ID:DOXUl3XR
みなさま、こんばんわ。では、おやすみなさい。

404 :しんしん:04/01/08 01:43 ID:r483gElx
こんばんは おやすみ
自分的に代表作的な詩が出来たからよんでみて

405 :◆tr.t4dJfuU :04/01/08 01:44 ID:DOXUl3XR
好きになってごめんなさい。
嘘です。今日の花も明日は枯れてしまいます。
せめて花弁散らぬように、
好きなってごめんなさい。
せめて花弁散らぬように、風に吹かれてしまわぬように、
好きなってごめんなさい。
貴女の悲しみ、冷たい雨に立ちすくむのは、
私の強がり、
嗚呼、好きになってごめんなさい。

傘で凌げない嵐は、本当に残酷。

許されぬ愛とは知り故に。

406 :名前はいらない:04/01/08 15:14 ID:MdgSo4Do

オイチイ合わせわざ
メ&ンが体をゆらし
コシポン!とシェイク×2



407 :◆tr.t4dJfuU :04/01/09 01:54 ID:8HDfhoKm
23827::00000
通りは雨$$$$
、、、、、、、、、、、、
足跡はのこ-----らない*********

408 :◆tr.t4dJfuU :04/01/09 02:04 ID:8HDfhoKm
−−千の砂が指からこぼれおちてゆきます−−■。

*********222今夜は 寒空にこぼしたレモネード********をいれてください∵∵∵∵∵



409 :◆tr.t4dJfuU :04/01/09 19:36 ID:8HDfhoKm
フライング

言葉はいらない。
それは真冬の小径で、はらりこぼれおちました。

伝えるためでなく、呼ぶためでなく、
もう、言葉はいらない。

私が私に問いかけるわけでなく、
私を疑うわけでなく、
そしてなす術もなく、

真冬の小径で、はらりとこぼれおちました。

私達はあの大通りでお別れするというのに。

410 :しんしん:04/01/09 21:59 ID:9c8fGZKN
冷めた目で女を上から見つめる
あぶく銭で買った くだらない快楽
一刻だけの やさしい恋人
束縛も詰問も愛も 邪魔な物は何も無い
ああ これはビジネスの話か クールな頭で処理しなきゃ

店をでて歩く 
なぜか一人になりたがり 月を見上げる
情熱のリビドー 抜き取られた後
いつもこんな気持ちになるのは何故だろう

ああ そうか
これはビジネスの話か クールな頭で処理しなきゃ

411 :しんしん:04/01/09 22:02 ID:9c8fGZKN
エッチなお店に いった後の詩です
男ならみんな こんな気持ちになるんじゃないかな?
うまくできたと思います
自スレにものせよ〜っと

412 :◆tr.t4dJfuU :04/01/09 23:03 ID:8HDfhoKm
天井を見ていた。

一晩限りのキスは天の川に沈む。

だから雨は降る。
路面は光る
街明かり滲み
唇は濡れて

天井を見ていた。

天井を見ていた。

天井を見ていた。

さざ波のように、生の理由は走馬燈と巡り、
小さな転覆事故は、

今宵も街に呑まれてしまう。

嗚呼、何もなかったよ。まるで嘘つきな話だ。

413 ::04/01/09 23:13 ID:8HDfhoKm
叶わぬこと。/

414 ::04/01/09 23:15 ID:8HDfhoKm
いきるため、
腰を振る女。

いきるため、
腰を振る男。

いきるため、
生まれる命。

いきるため
腰を振る女。

415 :名前はいらない:04/01/09 23:16 ID:+5qCyWQL
君はいつも僕を見てくれた
でも君がみていたのはホントに僕だったのだろうか
君と出会って 世界は変わった
君と出会って 全てが変わった
君は人を愛するということに溺れていただけではないのか
口先でばかり愛を語るけど
それは本心から出ていた言葉なのだろうか
きみにはたくさんものもをあげた
でもきみは何もくれないね
口先だけの愛だけかい?
それに気づいて
僕らの世界は終わった



416 ::04/01/09 23:27 ID:8HDfhoKm
世界観

人一人を征服するということは、世界をひとつ、手に入れたことに等しい。
貴方が私で、私が貴方。
二人は接近し、すべてを傾けようとするが、心では、それを侵略と呼ぶのだ。
一人生まれ、一人死ぬ。
貴方は貴方、私は私であるあるある。

417 :しんしん:04/01/09 23:41 ID:9c8fGZKN
なんで男って行為の後、空しくなるんだろう
女の人はどうなんだろう?
余韻を楽しんでるようにみえるのは演技?

418 ::04/01/09 23:48 ID:8HDfhoKm
>>しんしん
女が粘り強いのはそのせいです。

419 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/09 23:58 ID:0eC03NLm
自分の息を飲み込んで窒息

420 :名前はいらない:04/01/09 23:59 ID:/IpUiIWb
>>417
体力が回復するのに時間がかかるだけだよー
頭がぼーとしてるから空しいとかはない
ただし本気の場合ね。

421 ::04/01/10 00:19 ID:rO4fzyaM
>ギリ

まいどっ!

叔父きっ!

422 :名前はいらない:04/01/12 05:06 ID:r9ffAuyX
殺すぞっコラ

423 :名前はいらない:04/01/12 05:08 ID:r9ffAuyX
ぼけっ!


424 :名前はいらない:04/01/12 05:09 ID:r9ffAuyX
殺すぞ オレ

425 :◆tr.t4dJfuU :04/01/13 04:42 ID:3h+stb2q
思い出

忘れ物をとりに、引き返した。波の穏やかで人影の侘びしい場所まで。

空の輪郭は夕日に消え、

二人は出会い、
そして別れた。

記憶は途切れながら、除々にはっきりとしてくる。

今ではない時は、語れぬほどの真砂のよう、

さらさらと波に洗われてゆく。

426 :名前はいらない:04/01/13 05:29 ID:wMm0pc8V
上昇と下降を繰り返す
酷く不安定な乗り物
体はフワッとなりオウッとなる 心も一緒
ガクンとなり空を突き破り 彼方へと


427 :◆tr.t4dJfuU :04/01/13 22:05 ID:3h+stb2q
廃車

家族を乗せて
恋人を乗せて
友人を乗せて

愛人を乗せて
希望を乗せて
勇気を乗せて
黄昏を乗せて

車輪は
転がり続ける

どこまで行くのか
誰も知らない

428 :◆tr.t4dJfuU :04/01/13 22:16 ID:3h+stb2q
>>426

落下傘

上昇気流にのり、極楽に手が届きそうだ。
ようやく辿りついた観音様の足下で、虚しく突き落とされた。

目の前の観音様は、ゆっくりと、ふわふわ下降するのに。

429 :◆tr.t4dJfuU :04/01/13 22:34 ID:3h+stb2q
椅子

おかげで静かに居られる。

街の喧しい騒音をくぐり抜け、

用意された、とても小さな椅子に収まり、

おかげで静かに居られる。

とても上品な丁寧な作りで、

それは良いなんて、遙かに遠く逸脱している。



430 :◆tr.t4dJfuU :04/01/13 22:45 ID:3h+stb2q
メッキ

鍍金を磨くとき、それははげないように磨くのが好ましい。
塗装とは姿を包み隠すだけではなく、或いは装飾で自身を誤魔化すだけではなく、はっきりと護身術の一方法手段であり、
茶化される事実ではない。

鍍金を磨くとき、それははげないように磨くのが好ましい。

431 :◆tr.t4dJfuU :04/01/13 22:54 ID:3h+stb2q
弓道

殿、これが仰せの的にございます。

殿の弓の腕前は芸術的でありますからして、見事に的を得られることでしょう。

殿:おい、この者を的の前に立たせておけっ!

と、殿、おたわむれを〜!!!

432 :しんしん:04/01/13 22:58 ID:m1Cwb5YB
北ひさぶり〜
相変わらずのハイテンションぶりだね
話変わるけど
さっき4THてのに喧嘩売られたよヒャヒャ

433 :◆tr.t4dJfuU :04/01/13 23:19 ID:3h+stb2q
>>しんしん

久久

どこで?

相乗りする気はないが野次馬に乗りたい。

434 :しんしん:04/01/13 23:27 ID:m1Cwb5YB
まあ、俺も反省する所あるからしょうがないね
でも直そうとは思わんけどw
命がけで詩を〜て所だよん

435 :◆tr.t4dJfuU :04/01/13 23:35 ID:3h+stb2q
>>しんしん

ハクローキンとこね。

まっ、いろいろありまんがな!

ぼちぼち行こや。

436 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 02:10 ID:oWlVwYSy


437 :名前はいらない:04/01/14 02:15 ID:MM+zIPD0
ディックはムキムケだ!!
狩人だ!!
今日もビーバーをたべるゾ!!!
臭いからたべる気が失せたゾ!!!
ホットドックにしとこうか!?


438 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 02:19 ID:oWlVwYSy
さっく まい まざす ふぁっきん でぃっく!!



439 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/14 02:19 ID:U1gD/edc
>>435
>>>しんしん
ハクローキンとこね。

ちゃうっちゅうの。早とちりは迷惑ですよ。お互いに。

440 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 02:23 ID:oWlVwYSy
>>ハクローキン

あっ、ほんまや。
ごめん。



441 :名前はいらない:04/01/14 03:11 ID:oWlVwYSy
雁の群が海を渡る。昼も夜も、休むことなく、

なかには老いたものもいるだろう、ならば子供もいるだろう。

旅の途中で命が尽きぬように、
声を掛け合い群を支えながら羽ばたいている。

ひとつの規則に従って大空に自然を描きながら、
雁の群が夕日を横切ってゆく。

442 :名前はいらない:04/01/14 03:23 ID:MM+zIPD0
>>428
「スキューバ」

うみをおよぐ
なんだかとてもなつかしい
そとへとつながるこのくだはぼくのせいめいせん
ここからでたくなくて おともしかいもぼんやりなのに

そとからこえがする
もういかなきゃだわ

ハフゥ〜



443 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 03:25 ID:oWlVwYSy
誰が私を呼ぶの?
朝、目が覚めて、夜、目を閉じる。
寄り道しながら、もっと沢山お喋りしたいのに。

朝、目が覚めて、夜、目を閉じる。
誰が私を呼ぶの?
地平線の向こう、懐かしい手達。

444 :名前はいらない:04/01/14 03:25 ID:PPGilFl6
奥飛騨

445 :名前はいらない:04/01/14 03:32 ID:MM+zIPD0
>>444
2ch初ワロタ

446 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 03:38 ID:oWlVwYSy
>>442


せまいおなかのなか、原始の海がなつかしい。

波打つ鼓動に、
鰓がぱくぱくしている。

もう背骨も出来ているのさ。

ぷは〜


447 :名前はいらない:04/01/14 03:56 ID:MM+zIPD0
>>446
「エアーズロック」

母なる大地のカーブに突如と現る小さなぽっち
意味はまだ無い
いつかは登頂‥いや頂戴したい!
たわわに実ったトコをこ〜トゥルン☆って
なんしか 母なる大地は偉大だなぁ と



448 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 04:39 ID:oWlVwYSy
1空中で、軍の輸送機が旅客機を押さえ込んだ。
墜ちる!それも近い。俺は自転車置き場に身を伏せた。二機は滑り込むように墜落した。激しい爆風に自転車はなぎ倒され、俺は下敷きなった。


449 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 04:39 ID:oWlVwYSy
2この後に陸上部隊がこの国を制圧に来ると直感した。
車輪のスポークに腕が絡まって抜けない。力任せに引き抜くと、骨が折れそうだ。急げ!出来る限り遠くへ逃げるんだ。

450 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 04:40 ID:oWlVwYSy
3どこに逃げれば安全なのか、正直わからない。それでも力の入らない右腕をよそに、車のエンジンをかけた。
4俺は狭い人混みの中に居た。大型モニターの映像にハングル語、そして日本語の字幕が流れていた。出国状況の様だ。

451 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 04:40 ID:oWlVwYSy
5俺は人混みを抜け、階段の踊り場でピストルに弾を込めた。
6情報は錯乱してあてにならなかった。そのまま地下に降りた。
切れかかった蛍光灯の明滅に白い息が浮かび上がった。
7そんな夢をみたあの日から、背中に脅えを感じるこの頃だ。


452 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/14 10:49 ID:kkub0Uv9
山の中腹で立ち寄った小屋はとても閑静だった
なんでもこの山や隣の隣のそのまた隣までを
東西南北にわたって所有している人の一つの管理所らしい
小屋の敷地には草一本塵一つ落ちてなく
一つきりの部屋に入っても驚くほどなにもない
唯一連絡のための無線が中央に鎮座していた

ここで私は働くのだ

一回きりの説明を聞いたあと交通費を手渡されてここにきた
とりあえず荷物(といっても二三の着替えのみ)を部屋のできるだけ隅に置いて
窓をあけ部屋を一周してみた
もう帰りたい気持ちになった

一年たった
着いて間もない頃私の直接の雇い人が連絡してきたくらいで
その他なんのかわりもな
ただ敷地には草一本塵一つなく
一つきりの部屋に入っても驚くほどなにもない
唯一連絡のための無線が中央に鎮座している


453 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 17:30 ID:oWlVwYSy
>>452

もしも もしも もしも もしもしも
無線のバッテリーが切れてしまったら



きれいな敷地、
何もない部屋の中で。、言葉の無い国。思想の無い国。僕の観念。
嗚呼、楽園だ!
いつかは辿りつけるだろう、でも僕にはその勇気がなくて今でも、SOS を連呼しています。

454 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/01/14 17:52 ID:bN5csl+i
>>453
私は
常にSOSを受信していた
常にSOSを発信していた

ただ、そのSOSは
他の誰かに受信されることもなく
他の誰かが発信しているものでもなかった

今日も閉じ込められる

455 :名前はいらない:04/01/14 18:48 ID:MM+zIPD0
>>454
つまるところ インマイマインド

カッ-sos!!
キュシー- 了解。

ショリン-助けて助けて!!
ミョショ〜ン-了解。

カペッペー-聞け!ワダツミのこえ!!!
シャオン-了解。

要するに自問自答 繰り返される門前払い 清めんが為つゆはらい



456 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 19:01 ID:oWlVwYSy
>>454

欲望と悲しみの果てに辿り着いたSOS。

箱部屋に広がる暗闇。
悠久を刻む鼓動。

振動する時間は

波、波、波、

どこまで行くのか、終わりを知らない。

目を瞑り初めて
観た、世界。

457 ::04/01/14 19:05 ID:oWlVwYSy
>>456宛先変更
454から>>455

458 :名前はいらない:04/01/14 20:59 ID:oWlVwYSy
○○○●○○○○○○●●●○○●○○●●●● ○●○●●●●○○○●●●●●●●●●●●●●●●○●●●●●●○○●●●●●●○○●●●●●●○○●●●●●●○○○●●●●○○○○●●●●○○○○●●●●○○○○●●●○○○○●●○○○○○○●○○○○○○

459 :イナ:04/01/14 20:59 ID:XS5uq6oZ
あっ(゜∀゜)!!北さんがいるっ!ヤッタv
スレ下がってる時があったからどうしたのかと心配してましたよ。。
ここにカキコムのもひさしぶりな気がしますな・・

最近詩がまったく書けないんですよ;書くのが怖くなってしまいまして・・
でもあせっても仕方ないので気長に待つことにしてます(−ω−)
北さん達の詩を読みながら!しんしんさんの詩も好きっす(*^^*)


460 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 22:12 ID:oWlVwYSy
>>イナ
このスレが下がっていたときは、
名無しさんでそこらを徘徊していました。
ですので毎日顔を出していましたよ。
詩がかけない?
まぁ、焦らずぼちぼち頑張ってください。

461 :◆tr.t4dJfuU :04/01/15 02:46 ID:vSBJPcpI
>>447

昔、ここは海だった。
昔、ここは鉄だった。
昔、ここは宇宙で、
昔、ここに隕石達が引き合った。

だから僕は昔、なんにもない穴だったけど、

ふとした歪みが、こうして地球を造り育てた。

ふとした歪みゆえに僕らは引き合うのだ。

それゆえに衝突するのだ。

462 :◆tr.t4dJfuU :04/01/15 03:09 ID:vSBJPcpI
心は宇宙だということ、人工衛生は医学だ。ボイジャーは顕微鏡だということ。
寿司は旨い、生命は美味いということ。花の香りに、花は優しく、毒々しい世界をもっているということ。花びらが好きということ。それゆえに、心が歪んでいるということ。男は頑丈で堅い方がいいということ。ほどほどがいいということ。心は歪んでいるということ。

463 :名前はいらない:04/01/15 03:23 ID:PcQuQN08
>>461
ヤられましたm(_ _)m
長々と返詩ありがとうございましたm(_ _)m
正直 相手してもらえるとわ思て無かったので嬉しかったし楽しかったですm(_ _)m
また今度 軽くあしらってやって下さい(`m´#)


464 :◆tr.t4dJfuU :04/01/15 04:08 ID:vSBJPcpI
>>463

こちらこそ相手をしてもらって、
ありがとうございました。

また遊んでください。

465 :名前はいらない:04/01/15 23:33 ID:O64F4x5J
「散文詩」
昔むかし、あるところに、お父さんとお母さんと、一人の男の子がいました。
あるとき、お母さんが、赤ちゃんを産みました。
お母さんは、赤ちゃんを、先にいた男の子より、可愛がりました。
すると、男の子は、赤ちゃんに嫉妬して、お母さんのおっぱいに、毒を塗っておきました。
あくる朝、お父さんが死んでいました。

466 :◆tr.t4dJfuU :04/01/16 00:12 ID:VReVMs6d
>>465
お母さんが昔、濡れた木陰で初めて泣いた日、僕が生まれた日のことを思い浮かべて、歩きだすことができたんだよ。
それから何人の男が母さんと溺れたのかは知らないけど、母さんは乳首が堅くなる度に、僕のことを考えていたらしい。だけどそれは母さんも知らないことなんだって。今、こうして花の中に家族があるのは、父さんがけして蜂や虻ではなかったってことさ。

467 :◆tr.t4dJfuU :04/01/16 02:01 ID:VReVMs6d
友人の死

激痛のように山頂が孤独に波打っています。
そんなとき、
記憶が私を辿ってくるのです。
一匹のヤンマは先に真空へ旅立ちました。
空は逆さまを向いて、血が逆流しています。
瞳で追いかけながら、指先で幕を閉じるラストシーンはダンスの様に、かろやかだったのかもしれないですね。

468 :◆iKbHDVvO5U :04/01/16 04:58 ID:VReVMs6d


469 :◆wfQigOrHLU :04/01/16 05:00 ID:VReVMs6d


470 :◆BrIVAnvUCQ :04/01/16 05:11 ID:VReVMs6d
くそ

471 :しんしん:04/01/16 07:53 ID:YtWYlCC4
>>465
隣に住むおっさんが死ななくてよかったね

472 :◆tr.t4dJfuU :04/01/16 19:49 ID:VReVMs6d
モナリザ

100000000/1のカット。表情。それは鬼、嫉妬が皮肉に微笑する手もつけられぬ鬼、人間は鬼、幻想を着た鬼、実は手もつけられない鬼、鬼の見る景色も鬼、空想の空、滑稽な景色に吹き出しそうになる鬼、おまえは鬼、毛皮を着た鬼、ヘンな鬼、おまえ鬼、俺鬼、
モナリザの微笑こそ人間の真の姿なり。

473 :◆tr.t4dJfuU :04/01/16 23:44 ID:VReVMs6d

きれいをみせてください。
悪人も善人も、あなたが生をみせてください。
それだけを頼りに、わたしはあるいてゆきたい。
目を瞑れば、なおさらみえてくる。言葉はいらない。物も、時間もいらない。
ただこの胸に手をあてて静かにみせてください。
あなたの生、眩しいそれだけを。
わたしはそれを頼りに、真暗闇の未来へ一人、あるいてゆける。



474 :◆tr.t4dJfuU :04/01/17 01:34 ID:0dnix92x
輪廻の賛歌


時間の向こうに広がった空間に誰か住んでいるとするならば、その方を神様とお呼びいたしましょう。
私達は時間を時間の最先端と共有していますので、
ああ、さぞかし神様、貴方の住まいは刻々と浸食されていくのでしょう。


475 :◆tr.t4dJfuU :04/01/17 01:35 ID:0dnix92x

だからといって私達のボロボロになった尻尾の先を度々摘んでゆくのも、
神様、貴方ですね。
優しいやり方で。ときにはむごいやり方で。

さきほど尻尾が在ったところには、私達がさっき食べたばかりのリンゴのように、尻尾の輪郭だけがはっきりとしています。-あることとないことが今、一致した-


476 :◆tr.t4dJfuU :04/01/17 01:35 ID:0dnix92x

そこが住まいの枠組み、空っぽの新居。
ああ、やはり神様、貴方はどこにいらっしゃるのでしょうか?
目には見えない隙間にお住まいなのでしょうか?
だって貴方はすぐに私達にその新居をあてがわれなさるのですから。



477 :◆tr.t4dJfuU :04/01/17 01:36 ID:0dnix92x

神様、だから貴方に、報告したいんです。
新しい命が今、微笑みました。

そう、ここが私達の新居なんですね。



478 :◆tr.t4dJfuU :04/01/17 01:49 ID:0dnix92x
乞食

私は乞食、木枯らしにさらわれた乞食、乞食、空き缶集めはやめました乞食。身軽な乞食、帽子も乞食、木枯らしにさらわれた乞食、公園で殺された私は乞食、身軽な乞食、裸の屍の乞食、嗚呼、屍の乞食、これでよかった乞食、やっと乞食になれた乞食、巡礼者な乞食。

479 :◆tr.t4dJfuU :04/01/17 01:56 ID:0dnix92x
乞食

托鉢する乞食、坊主頭の乞食、空き缶集めはやめました乞食、手を合わす乞食、手を合わさられた乞食、おまえも乞食、乞食、托鉢をやめました乞食、乞食やめたい乞食、頭を剃った乞食、托鉢する坊主頭の乞食、おまえも乞食、乞食はおまえの乞食。

480 :名前はいらない:04/01/17 02:20 ID:BLSL8suX
餌食

生きながらにして餌食、弱肉強食に餌食、上には上がいるので餌食、声をあげると餌食、奴等は恐ろしく耳を澄ましているから何時だって餌食、オジキだって餌食、チャカを持って弾き餌食、何時かお前等も俺の餌食。

481 :◆tr.t4dJfuU :04/01/17 02:44 ID:0dnix92x
マグロ海の宝石宝石ほしいマグロカジキマグロオヤジヘミングウェイのカジキマグロ宝石のマグロでかいカジキ思い出の海少年の海海のマグロ近海マグロ年老いたオヤジ漁師男の海マグロマグロオヤジ年老いたヘミングウェイカジキ宝石のマグロカジキマグロ。

482 :名前はいらない:04/01/17 03:41 ID:BLSL8suX
トグロ
俺のトグロ今日もトグロ明日もトグロたまに送ろトグロ送ろマグロのトロ喰ったらドクロお歯黒喪黒名はフクゾウマクロな海を吐いては寄せる君がソコにいたのはマグレ

483 : :04/01/17 11:56 ID:lNAINrJN
今日、黒タイツをはいた同僚OLのしゃがんだ姿に、ふと目をやると
あたかも、漆黒の闇の中でほのか光る雪あかりのように、
うっすらと、おぼろげに光りを放つなにやら三角形の白いものに
私の目は釘付けになったのでございます。

484 :名前はいらない:04/01/17 21:27 ID:viuDMDAU
リョウザンパクの乞食の詩みたよ
投票しようと思ったけど今まで書いた事のないスレだから
やめたのぉ〜
今、自スレで代表作はどれかなと模索中です
暇な時に来て北の意見も聞かせてね
他の人もガシガシ意見ちょ

485 :しんしん:04/01/17 22:09 ID:viuDMDAU
本当だ名前入れ忘れてる
俺と気付いてくれてありがちょう

486 :◆tr.t4dJfuU :04/01/17 22:16 ID:0dnix92x
まわる轆轤ろくろまわる足踏みしてまわる回る足踏みして地球は回る轆轤ろくろ太陽のまわり銀河ろくろ回る足踏みした轆轤走り出した時間は回る轆轤ろくろ景色にろくろ回る出来た出来たろくろ地球太陽銀河轆轤壺壺わまるやけた太陽足踏み。

487 :◆tr.t4dJfuU :04/01/17 22:24 ID:0dnix92x
暗黒の中に激痛の様に、とどまった三角の白い雪の降る公園は、エーテル。脳髄をゆらゆらと旅をする。
車窓からデスクから私は見た。あどけない微笑みの奥底に広がる、三角地帯。何気ない公園に飛行機は消え、船は沈没。あぶない気をつけろ!あの公園から幾千の手が俺を呼ぶ!

488 :名前はいらない:04/01/18 03:43 ID:ljI+Maqj
>>473
恋人の死

きたないをみせてください。善きも悪しきも、反吐がでるほどのアナタをみせてください。それを頼みに私達はあるいてゆこう。
眼を開けて、言葉を交わそう。物も時間もわすれるほどに。
ただその胸に耳をあて静かに寝させてください。わたしの性。貧しいその訳と。。
わたしはそれを便りに。
輝ける過去へ 一通書いている。



489 :◆tr.t4dJfuU :04/01/18 05:07 ID:BVBdxE7t
>>488
恋人の死

テーブルの向かいの椅子に今朝から貴方がいないのはしっています。
だからお皿も茶碗もお箸も一人分。
−今日からは一人で食事をとってくださいね−

貴方がいつか私に言った永遠の愛の為にも、私、貴方の亡霊の相手は何時までもできないよ。

貴方は過去と死にました。

貴方は未来と死にました。

虚空だなんて、
バカみたい。

490 :◆tr.t4dJfuU :04/01/18 05:11 ID:BVBdxE7t
桜の妖精

パリンと割れた静寂が、四角い箱に収まっています。鉛色の空は頑丈です。町が溶け出さないように両手でしっかりと支えています。

だから月も星も氷浸けで黙ったままです。木枯らしは信号機で逆上がりしています。

裸の桜並木では、新芽の中の新芽達が、横断歩道を行進中です。

今から冬のわき腹を、コチョコチョっとこそばしに行くのそうです。



491 :◆tr.t4dJfuU :04/01/18 16:38 ID:BVBdxE7t



悲しかったわけでなく、
痛かったわけでもない。

ホウセンカみたいにみたいに弾けたて散らばった。

悔しかったわけでなく、
感動したわけでもない。

ただ当たり前のことが、
ただ当たり前に通り過ぎるだけだのに。




492 :名前はいらない:04/01/18 19:40 ID:ljI+Maqj
>>491
笑み


楽しかったんじゃなく、
嬉しかったんでもない。

オジギソウのように条件反射にはりつくのです。

懐かしかったんじゃなく、
優しいんでもない。

ただ当たり前のことを、
ただ当たり前の様にしたいだけなのに。



493 :名前はいらない:04/01/19 19:31 ID:3wNXRRk+
>>492

怒り

雷鳴のように轟くこともなく、

嵐のように荒れ狂うこともなく、

枯らした鉢植えの幹のたもとから、

当たり前のようにそっと、新芽が顔を出している。


494 :名前はいらない:04/01/20 00:10 ID:K2AREL4E
逆に「,」

495 :◆tr.t4dJfuU :04/01/20 01:20 ID:vbVVtrpG
>>494
「,,」

496 :◆tr.t4dJfuU :04/01/20 02:14 ID:vbVVtrpG
そんなに灯りが恋しいか夏の虫。
俺とおまえ達はこうしてガラス戸一枚に隔てられてしまった。おまえにも目がある、口がある、子孫を残す性器がある。
そんな顔をして俺をみないでくれ。俺は昔、おまえだったかもしれないのだから。ガラス戸一枚、その向こう側から森の記憶が生々しく伝わってくる。


497 :◆tr.t4dJfuU :04/01/20 02:16 ID:vbVVtrpG
そうして俺が感じる様に、おまえ達は人間の心に映えるのだ。
おまえを可愛く思えばそうだろう。
不潔に思えばそうだろう。

今この窓をときはてば、俺はおまえ達の様に、乱舞することになるだろう。
殺虫剤を持ってこい!
そんなに灯りが恋しいか夏の虫。


498 :名前はいらない:04/01/20 02:17 ID:GgR6kw4h
「ここ吸うねん」、あ、変換ミスしてしまいました、「ここ数年」の間違いでした、どうも吸いませんでした。

499 :◆tr.t4dJfuU :04/01/20 02:22 ID:vbVVtrpG
>>498
パチパチパチパチパチパチ

500 :名前はいらない:04/01/20 02:25 ID:GgR6kw4h
セックス・ドラッグ

アニマとアニムスが融合して
ファロスを異次元空間にワープさせ
男と女の弁証法
テーゼのmaleとアンチテーゼのfemale
恋愛の連立方程式を解くのは難しい
勃起の角度が上がると
女陰の円周率を求める
体温上昇 脈拍増加 血圧上昇 熱膨張
恋愛の形而上学 
フェティッシュなペニスに対する偏愛
フロイト的男根期 
禁欲と多淫は同じである

501 :◆tr.t4dJfuU :04/01/20 02:35 ID:vbVVtrpG
>>500
難しくて僕には意味が解りません!!

ツーツーツー

ツーツーツー

オナニーとセックスの美は互いに異なる。詩人はその互いの中間で言葉に迷うのだ。


502 :名前はいらない:04/01/20 02:41 ID:GgR6kw4h
>>494
コンマの反対って?

503 :◆tr.t4dJfuU :04/01/20 02:47 ID:vbVVtrpG
>>502

マンコ

なるほど

気がつかなかった‥

504 :◆tr.t4dJfuU :04/01/20 03:08 ID:vbVVtrpG
夕方の地下鉄にサラリーマンの首が並んでいる。上司に対するグチの中に、思想や哲学がぐったりと髪の毛が重く垂れ下がり、この世は無だと言っている。

嗚呼、くらべて見てみろ!
無に深く突き入ったあの哲学者や詩人の罪を。
神の水虫の如く存在、なかなか治らない。

505 :◆tr.t4dJfuU :04/01/20 22:38 ID:vbVVtrpG
彼にはキップを握りしめる癖があった。
少年は誰も信じていなかった。
少年は窓の外が気になって仕方がなかった。
彼方の山脈はゆっくりとすぎていった。
目の前の景色は一瞬に過ぎ去り、そこに思い出はなかった。
彼にはキップを握りしめる癖があった。
少年は彼を信じていた。
彼は列車の終点を指さした。しかし、少年には届かなかった。
黄昏の中を青年を乗せた列車は、ゴウゴウと泣きながら走った。

506 :名前はいらない:04/01/20 22:49 ID:dXxjEFeK
逆に「お米」

507 ::04/01/20 23:01 ID:vbVVtrpG
>>506
もう飽きた。

508 :◆tr.t4dJfuU :04/01/20 23:12 ID:vbVVtrpG
彼には黙り込む癖があった。
それゆえに少年は叫んでいた。
少年の見上げた空の雲行きはあやしかった。
彼は行き詰まっていた。
少年は海へ走った。
彼は弁当と、サンオイルを買いに走った。
雲行きは益々あやしかった。
彼には黙り込む癖があった。
少年に雨とは理解出来なかった。

509 :◆tr.t4dJfuU :04/01/20 23:54 ID:vbVVtrpG
ことばのこ

かたつむりかためつむるかたつむり

ばくばくばくたべるばくのゆめばくばくたべるばくばくばくばくたべた


510 :494:04/01/21 00:45 ID:nRpOUcRx
3×23

511 ::04/01/21 01:19 ID:UmZFm+Kq
69ぜんぜん駄目センス以前に努力がない。なんにもつたわらない。
まじめにレス。
もっとびっくりするようなんを持ってきやがれ

512 ::04/01/21 02:17 ID:UmZFm+Kq
はー

513 :名前はいらない:04/01/21 09:14 ID:yuBlnoFb
声をあげるも拠り所はなく
涙を誤魔化す術を研ぐ

蜃気楼に架かる線路へと急ぎ
そうと分かって腰を下ろす

流れる意識は昨日を彷徨い
動かぬ景色に明日を惑う

ハレーションに時は回りはじめ
仕方なく大地も呼吸をはじめる


ベンチの上にはくしゃくしゃのキップ



514 :◆tr.t4dJfuU :04/01/21 23:19 ID:UmZFm+Kq
うさぎ

激痛のように孤独が波打っている山頂に、志を抱くと云う。

やめちまえ!
そんなこと!

中腹で居眠りを漕いでいたうさぎをダメうさぎにした君はバカじゃない?
時代は変わったんだよ。

うさぎのために新たな頂を作ろうと、心を掘り進むスコップを翳す英雄を時代は求めている。

だから君は君の頂上を目指す責任がある。


515 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/22 00:02 ID:SVrGLbri
「かなえでる」

指の先から解凍
血の通うまで
あなたをみつめてました

部屋をまるごとあらいましょう
けむたい けむたい
ざーざー流しても
とれない とどかない

わたしをかなえでるのは
一つのまごころ
むしをつかまえました
すいかはつめたくて
ほたるがとんでいました

はてなをくりんと回しては
ふっと一息
泡の空

時々一つの、点になりたいのです

516 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/22 00:06 ID:SVrGLbri
訂正。最初の三行のける

「かなえでる」

部屋をまるごとあらいましょう
けむたい けむたい
ざーざー流しても
とれない とどかない

わたしをかなえでるのは
一つのまごころ
むしをつかまえました
すいかはつめたくて
ほたるがとんでいました

はてなをくりんと回しては
ふっと一息
泡の空

時々一つの、点になりたいのです

517 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 00:29 ID:lTNdUr0Y
日本国は海外の国々を招き、高級料亭で寿司を食わすらしい。

しかし、
もてなすならば、まわる寿司でちょうどよい。

節度を過ぎた虚栄とは恥をさらすだけである。

祖国の高級食材こそ、国民のためにその奉仕をしているのだ。

スーパーに海外の産物が安値で並ぶのはチャンチャラ滑稽なことで、

実のところ、産地などの記載は必要ないのである。

国際協調など、そんな言葉を必要する地球の歪みが南極の空に穴をあけたりしているのだ。

518 :風の谷のオクムラ:04/01/22 02:32 ID:kJeE7WIC
黒子、数える眠れる数える
白肌の上をなぞって数える黒子眠れる
いつまで経っても起きないから
黒子数える眠る数えた

519 :名前はいらない:04/01/22 02:37 ID:QDOnPcHi
金の亡者

鋼の肉体をこさえていても
強靱な精神をもってしても
金の魅力には勝てない
やっぱり世界は 金 なのだ
いつだってそう 奴等は金しか見えてない
どれだけ祝福されても
「金がいいですぅ〜」
どれだけ羨望の眼差しを浴びようとも
「金以外価値は無い」
恐ろしい程ストイック
それでも手にするのは一握り

取り憑かれた者達のゴールドラッシュ



520 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 02:40 ID:lTNdUr0Y
かなしみ

メラニン色素 数える 空の上から数える

眠れる魂のアフリカの大地に メラニン色素数える

521 :抑揚:04/01/22 02:44 ID:NZthLQt9
「かなしみ」

三日後の歩き辛さを
紅葉した頬が告げる

やがて痛み感ずること無くなれば

よろこびに支配されたまま
かなしみまで戻らない

522 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 02:46 ID:lTNdUr0Y


すべては自然の恵み
自然の意志
衣食住

だけど金の価値は人間の意志から生まれた

僕らは自然の子

金は人間の子

いい加減な親をもつ、かわいそうな子

たらい回しにされて

金は僕の犠牲になっている

523 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 02:50 ID:lTNdUr0Y
>>521
ありがとう。

あんまり意味はわからないけど、そのうち気づくと思います。

紅葉?

524 :抑揚:04/01/22 02:53 ID:NZthLQt9
「かなしみ」

病に似た
 苦しみは
  いつまで
   このまま
    宿るまま
   心だけに
  しとけば
 まだ少し
マシだと

525 :抑揚:04/01/22 02:59 ID:NZthLQt9
「かなしみ」

幼きに持たずが為
青年は模索した
この先を

幼きに溢れていた
青年は紛失した
この先を

半々と着込んだ

苦しみや不安を消すが為
よろびや希望を取りに戻ること

青年は望まぬだろう

幼きを懐かしむに留めて

526 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 03:01 ID:lTNdUr0Y
>>524
なんとなく理解できましたような。ウネウネして気持ち悪いです。生きていることは病に似てますね。たとえば病気の回復にしか健康を感じない現代人は、先ず病かと思われんこん。
つかれたのでウンコでございますわ。流してください。

527 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 03:06 ID:lTNdUr0Y
>>525
それゆえに人は故郷を懐かしむのですね。
心のふるさと、
壮大な一元論、
私の帰るところ、それはあなた、あなたの帰るところ、それは私。
それは−在−それだけのこと。

528 :風の谷のオクムラ:04/01/22 03:13 ID:kJeE7WIC
私事だけど、悲しみについて。

家庭菜園

庭に埋められた母は
美しい花を咲かせています
57の花びらを
淡く広げて
けれど悲痛に嘆いていた
私は定時観察して
その場を去ります
電柱に掛った私の夢を
取り戻すために

529 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 03:23 ID:lTNdUr0Y
>>528
電信柱にかかってしまった凧をとるのは危険だけど、空の母さんはどうやってそのやり方を教えてくれるのだろう?とうぜん母は手をだせない。けれど遺失係にいけば多様な方法が経験となって教えてくれる。

530 :名前はいらない:04/01/22 03:48 ID:HaYEnAk7
時間っていう舟の行き先は有限だ 
動き続けてる限りは
止まった瞬間からが無限だ
旅立つものよ あなたは永遠に若い
時空をまたぎ 声も顔も何も変わらない
最後にどんな光が見えて何を想ったかはオレにはまだわからない

人知れずひとり2000の片隅でひっそり
何十年間の思い出を残し 幕を降ろし
透き通り 肉体を離れた旅立つ者の心に
せめて安らかさが訪れてることを祈る
記憶のふところでは一つ


531 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/22 04:04 ID:Dx15c5AQ
「現代人」

安眠したい
二度と朝を向かえぬほど
どこか遠くへ行ってしまいたい
太陽がいっぱい降りつもった野原の
川のせせらぎはどぼどぼと土を洗って
羊飼いが柔らかな夕暮れに
倒れこんでしまうような
そんな眠りの彼方へ

枕と敷布団の間に手をもぐずりこませる
ひんやりとして気持ちいい

布団に挟まれて骨を抱きしめたい
ずっと骨を撫でていたい
泣かない
硬い寝台はいらない
骨が欲しい

532 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 04:12 ID:lTNdUr0Y
>>531
説明するのはもうしんどいからしないけど、いい詩だなと。作者の詩に対する観念を知ることができればもっと明確になると思う。なみおちゃん、死後て何?

533 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/22 04:21 ID:Dx15c5AQ
>>532
死が怖い。とてつもなく怖い。恐ろしい。
幽霊と出会いたい。死後の世界について、聞きたい。
命を失っても、聞いてしまいたい。聞いてしまいたい。
たぶん、僕は、小学校5年生ぐらいから、怯えて震え続けている。
死を知ってからずっと。死後は暗い。これは確か。
死後は、生前にあるものは、全てない。他のものがあるかもしれない。

534 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 04:34 ID:lTNdUr0Y
>>なみなみお
だからかぁ、詩の内容がまったく逆に感じたのは。
僕は死後の世界は怖いと思わない。眠りの様でも天国でも地獄でもどこでも。そこ行った以上はそこで生きなければ仕方がない。
それより痛い死は怖いね。その死の瞬間がね。
彼女にも友人にも家族にも、死んじまえは未練もないよ。だから今楽しんでる。

535 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/22 04:39 ID:Dx15c5AQ
>>534
逆じゃなくて、同じなんだと思う。結局。


536 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 04:40 ID:lTNdUr0Y
僕は死後が怖いと思っていた頃から、般若心経と法華経の訳文をよく読んだよ。だからどうってことはないが、僕は運命的死ならば 明日死んでもいいよ。
うん思い残すことはないね。

537 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/22 04:41 ID:Dx15c5AQ
仏教には興味がある。

538 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 04:43 ID:lTNdUr0Y
>>535
それが解れば早いじゃん(^o^)/



539 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 04:48 ID:lTNdUr0Y
>>537
仏教僕も好き。
よく解らないけど。ちなみに僕はどこの団体にも所属していないからね。あと大般若経もいいよ。たしか岩波から出てる中村元と紀野一義の翻訳本はいいよ。好みだけど。

540 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/22 04:54 ID:Dx15c5AQ
十牛図については、ほんのちょっと勉強した事がある。

541 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 05:02 ID:lTNdUr0Y
>>540
ぼくそれ知らないわ。
知識少ないからW
まぁ、色々な考え方があって、色々あるでしょう。

勉強になります。

542 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/22 05:15 ID:Dx15c5AQ
どうして団体に入らないの?

543 :北が来たー☆:04/01/22 14:27 ID:2DIQml6F
都合により終了致します☆

頭がいか臭くなったのでw

544 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 15:34 ID:lTNdUr0Y
>>542
是非を問うのか面倒だから。あれが良いからこれが悪いと言うのが面倒だから。

自分は右や左に傾きやすい性格だからだよ。

545 :なみなみお:04/01/22 15:37 ID:Dx15c5AQ
北、なんだか知らんけどごめんなさい。
北の詩、読みたいよ。
俺と話したからおかしくなっちゃったの?

546 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 15:43 ID:lTNdUr0Y
>>545
???‥ ?

僕はなみおちゃんと話しする以前からおかしいよ。



547 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 16:22 ID:lTNdUr0Y
−かなしみ−

穴だらけ

僕のからだじゅうのあちこちから液体が漏れ出していて道を汚している

また誰かが歩いてくるこの道の
掃除してくれている清掃係のおじさんは人混みに紛れてしまって

振り返ると僕は悲しくなってしまった

今日の空は穴だらけで底抜けに明るく無明なのである
明日の無情の雨も 昨日の晴天の思い出から降り注ぐ久遠の液体だ

548 :しんしん:04/01/22 16:38 ID:2ZchZrPd
>>北
なみおは北が来た〜☆と北を間違えたのかなぁ?

549 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 16:49 ID:lTNdUr0Y
>>しんしん

そうなのか?
知らなかった。
『北がきたー☆』と俺を間違えるかぁ?
その方が悲しいよ。
なぜって俺の方が決定的に根が明るい。

550 :しんしん:04/01/22 16:52 ID:2ZchZrPd
>>北
あちこちでコテハン煽ってるよw

551 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 16:58 ID:lTNdUr0Y
>>しんしん

知ってるよ
良い良い
(*^_^*)ニコニコ
わかる人にはわかるよ

552 :北が来たー☆:04/01/22 23:27 ID:2DIQml6F
よいよい☆分かる人には分かるよププッ
だって同じオタブサ基地外三十苦だもんてへへ
僕等は、仲間さ自称人気者
目立つ奴はふごッ許さないぞぉふぉごおおお
プーンカタカタ藁



553 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 00:25 ID:KE2XnMWz
−かなしみ−

言葉のいらない平和宣言

片耳のウサギと、鼻の短いゾウと、首の短いキリンと裸の亀と、
牙を抜かれた獅子と、
爪を抜かれた熊と、
言葉をなくした人間が、

何かを分けあおうと必死になって、輪になっている。
背中の相手に半分貰って、正面の相手に半分あげた。
輪になってくるくるまわれまわるまわれまわるまわれ

オッス、チビクロサンボ、

トラはチーズになったよ。

554 :名前はいらない:04/01/23 00:29 ID:ktqq4VzD
バターじゃなかった?

555 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 00:35 ID:KE2XnMWz
>>554
あらあら(*^_^*)ポッ

556 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 00:38 ID:KE2XnMWz
オッス チビクロサンボ

トラはバターになりましたよ

557 :北が来たー☆:04/01/23 00:44 ID:huS89Zcf
>>553

センスがないし、ぼきゃもねーから
自分の世界観出せてないぐわぁ、しかーし
それに気がつかず得意げな気色の悪さと、だささ
ああ憐れ、こいつがいなくなったら詩版も少しは過疎が緩み
おもろくなるのにw



558 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 00:53 ID:KE2XnMWz
>>557




(T.T;)エーンエーン

559 :名前はいらない:04/01/23 00:57 ID:YIx1knjL
頭なでてあげるから
泣かないで

560 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 01:04 ID:KE2XnMWz
(*^_^*)ニコニコ

561 :名前はいらない:04/01/23 01:10 ID:m3OsN2kH
天然の漫才だなぁ・・・コリャ(笑 ちょっとオモシロかた

562 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 02:01 ID:KE2XnMWz
難しいとよばれる傘をかぶって、君が逃れようとしているものこそ、君が一番恐れる難しいことなのだ。



563 :北が来たー☆:04/01/23 03:44 ID:huS89Zcf
憎むべき者
美意識の無い者
憎むべき者
計る者と、謀る者
最も憎むべき者
無駄を嫌い
人生を楽しめない者

にしても
そんなにブサで無駄に年食ってるって言われてくやぴい?藁

564 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 08:35 ID:KE2XnMWz
(*^_^*)オハヨ

565 :名前はいらない:04/01/23 10:53 ID:S9o3f89L
『先端冷え症』

オレの手 スゲーつべてぇ
だから他人のぬくもりがよくわかる
こんな事言うオレってば やっぱり心あったかい

オレ足もスゲーつべてぇ
だから家庭のあたたかさがよく伝わってくる
こんな事言うオレってば やっぱり次男坊

オレ鼻なんてもぉすんげーつべぇ
だから自然のやさしさがヤバいくらい感じれる
こんな事言うオレってば やっぱりホッペがちょっと赤い

だけどオレのアソコちょー熱い マジおすすめ!
んでコイツは何を感じれるんだろな?
つか、何を感じて熱くなっちまってんだろな?
こんな事言うオレってば やっぱりきかんぼう☆



566 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 20:46 ID:KE2XnMWz
アレグリア

1赤茶けた港の波止場に、青い空が垂れ下がっていて、雲がその上を涌きあがってゆきました。
羚羊のように細い黒髪のヒターナが棚引くように、昨日の朝から漁に出たきり帰らない恋人を探しにきていました。


567 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 20:46 ID:KE2XnMWz
2もうすでにいくつかの漁船は波止場に着岸していて、今朝穫れたばかりのマグロを滑車で釣り上げ、その周りに歓声が人だかりに群れていました。


568 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 20:47 ID:KE2XnMWz
3黒髪のヒターナは帰港した船を訪ね歩いたみましたが恋人の姿は見あたりません。
マグロの肉片を肩にかついで走る仲買人に彼女はぶつかりはじきとばされましたが誰も気づいたふりもしませんでした。

569 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 20:47 ID:KE2XnMWz
4細いその身体はよろめくこともなく、まっすぐ海に向かっていきました。
もう太陽は港を更に赤く染めて、カモメのシルエットが空に切り絵のようにくっきりしていました。

570 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 20:48 ID:KE2XnMWz
5彼女は彼女の熱く真紅ににえたぎるその血の、夕日が沈みきるまで、恋人の帰りを待ち続けることが出来るのを知っていました。


571 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 20:49 ID:KE2XnMWz
6陽は完全に暮れました。漆黒にキラキラと輝く海の上をさざ波のか細い歌が右へ左へ揺れていました。後ろの正面の山々、その上に散りばめられた星々も、波止場の彼女を中心に歌い、その歌声は現在にも響きわたっています。

572 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 20:50 ID:KE2XnMWz
7黒髪のヒターナがその後恋人に出会えたのか、それは誰にもわかりませんでした。
しかし彼女が彼女を信じた刹那の夢は喜びと形を変えて、今日も海に溢れ新たな命を育んでいるのです。/

573 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 21:22 ID:KE2XnMWz
激情

この子宮から生まれ出る貴方の子供の首を絞めて息絶えたときに貴方を呼び出して貴方と結婚してもいいですか。


574 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 23:32 ID:KE2XnMWz
自己紹介

これは私、人間ではない。
直立歩行が可能な私も、人間ではない。
単純に苛立つ私、人間ではない。

私は私、○○○○『本名』でもなく、私は私。

私以上でもなく、私以下でもない。
それが私。

人間という烏滸がましい名前を、あの美しい虹が聞けば、言葉や心では分別出来ない笑い方をされるだろう。
その皮肉に包まれたのが私。
それが私。

575 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 23:39 ID:KE2XnMWz
教授は腹這で赤ちゃん産みました。時計が逆さまに回る実験室で。

それから…

牛乳瓶眼鏡を、グッチのサングラス、白衣はベルサーチのスーツに着替えて、裸のままで出ていった。

それから…

第三埠頭でドザエモン。

赤ちゃん赤ちゃん\\\\\\\

576 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 23:55 ID:KE2XnMWz
パパ

僕が君のパパになったとき、君が盗みをしたときに、迷惑をかけてしまったお店に君と謝りに行って、その後は何もなかったように君とキャッチボールがしたい。

僕は君を叱らないよ。
空が君を死ぬまで叱り続けるんだよ。

僕はそんなパパになりたいな。


577 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/24 00:36 ID:C/UMqSXB
「これ」

とタンスの奥から出してきたもの
小さい木箱にはいてって
やわらかい何かにつつまれていた
乾燥した幼虫みたい

なにかわからなかった
よく聞くと僕とかあさんの
ヘソの間にあったものらしい

へそのお

もう見たくなくなった
でももう忘れることはできなさそう
ひからびて 捨てられてるように
思ったから

ずっとそこで眠ってた
僕が生まれて死んだ君
君が僕になったのなら
僕は僕みて
ないたみたい

578 :抑揚:04/01/24 15:05 ID:PzhFPY4U
「オーラル」

背中で笑い続ける
倉庫で響き続ける
 日の光を求めたら笑えた
かなり泣いたら笑えた
 好きだと知ったら悲しくて
明るい未来に嘆いたら笑えた
どうしようもなくて
転がった箸を素でお膳に戻した

セタセタ
奇妙な笑い方だから
セタセタ
止めてしまいたいのに

背中で笑い続ける
涙が止まらないよと
死ぬほど笑った

579 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/24 16:43 ID:pjF4mbkg
どうしてもおっぱいがさわりたくて
手をのばしているのに
くすぐったいふりして
かわされる

おっぱい おっぱい
やわらかいとかあったかいとかより
もっと意味はないのかもしれない
たださわりたい


ふんとかんんとか
声もかなしいくらいにひびいて
この子を押し倒して
肩をフォールして
ずっと意味も無くフォールし続けたい

むなしくなって
それでもフォールし続けるしかなくなった時
一つおおきなため息が出てもういいの声を聞いて
ゆっくり手をはずした時フェイントでまたおしつける

無邪気な遊びはおしまいにして
しつこいくらいの嫌がらせをする
僕の尋常さは正しい
この車のライトをつけて出発したら
きっと無言のショーがはじまり
僕は明るくふるまいずっと空回りして
バイバイのしるしに笑顔をもらう

580 :北が来たー☆:04/01/24 19:54 ID:KFRVnt0O
おおっ、こんな所にぼっとん便所ぐわぁ!!
げろげーろ、げろげーろ
げろげーろ、げろげーろ
うげげげげ
きもい文字列満載だなこりゃ藁

結局、コテ変えてもキャラはかわらねーなw
同じ流れ、同じボキャ、同じ脳内
煽って、煽られ、馴れ合って
しらばっくれて、違う人間のふり
詩版に寄生したジジババコテ共
いい加減他にやることねーの?藁藁

581 :◆tr.t4dJfuU :04/01/24 21:04 ID:MOmPp2+C
(*^_^*)ニコニコ

582 :◆tr.t4dJfuU :04/01/24 21:05 ID:MOmPp2+C
独身

地面からチョロチョロと湧き出るような侘びしさと、五月雨のように仄かに切ないのが良い。
ワンルームのマンションは、一人梅干しを食っていても、ステーキを食っていても、同じように美味しく頂けるのが良い。

未来に不安を抱え続け、だから希望を抱いたりして、切なくして花に水をやり、いつまでもツボミのままでいたいものだ。

------
呉々も酒は欠かすな。


583 :◆tr.t4dJfuU :04/01/24 21:12 ID:MOmPp2+C
やっと電車が着た。いつからどのくらい待ち続けていたのだろう。

改札にはぶらぶらと切符を切っていた腕がぶら下がっていて、駅長室は蜘蛛の巣にぶら下がっていて、廃線になった線路の上をとぼとぼと歩く右足は遙か遠くに出遅れてしまっている。

584 :北が来たー☆:04/01/24 21:45 ID:KFRVnt0O
そのまま線路にでも轢かれてろかーすぼーけうんこ☆

585 :名前はいらない:04/01/24 22:01 ID:1gBWozTe
線路に轢かれるなんて

いくら何でも無理

586 :◆tr.t4dJfuU :04/01/24 22:08 ID:MOmPp2+C
(*^_^*)ワロタ

587 :北が来たー☆:04/01/24 23:52 ID:KFRVnt0O
俺の脳内じゃ叶姉妹w
お前等じゃ雑魚だから無理☆

588 :名前はいらない:04/01/25 00:33 ID:hfQA6saD
山吹色の先端に
ばらの花びらが添えられる
そして訪れる暗闇の中
雪崩が洞窟に襲いかかる
月夜の晩に恋人達は 愛を語り合うのだ

589 :◆tr.t4dJfuU :04/01/25 00:50 ID:M4Yzm6K1


地下鉄は私の知っている駅の目前でゴウゴウと泣く。地下に掘られた狭い空間を裂くようにして、痛々しい悲鳴をあげる。
それでも車内は他人事で誰もが俯いている。

涙とは、
そんな隙間を縫って、運転手から乗客までの顔色を確かめてから、圧迫された空気に吹き抜け、
それからおまえを髪の毛を揺らしているのだ。


590 :◆tr.t4dJfuU :04/01/25 01:06 ID:M4Yzm6K1
−かなしみ−


生きる

人間のすることはあてにならない。目も鼻も口も内蔵も、心に至るまでまったくあてにならない。
しかし私は生きている。こうして現実に生きている。そんな幻想の世界の中で、
私は私を支え、
私は私の世界を観ながら、
私は私の貴方を心に映し、
なんともワガママに、そして自己を中心にして、
罵り、激しく罵倒しながら、

殺し続けているのだ。

591 :◆tr.t4dJfuU :04/01/25 01:09 ID:M4Yzm6K1
−かなしみ−



人間のすることはあてにならない。目も鼻も口も内蔵も、心に至るまでまったくあてにならない。
しかし私は生きている。こうして現実に生きている。そんな現実の世界の中で、
私は私を支え、
私は私の世界を観ながら、
私は私の貴方を心に映し、
なんともワガママに、そして自己を中心にして、
激しく罵倒しながら、

殺し続けているのだ。

592 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :04/01/25 02:00 ID:3UgMAzR5
『遥かなる旅路』
 
砕かれては冷える波に翻弄されながら
 
岩盤を削り亀裂をすすもうとするすさまじい圧力のなか
ぼくは陶器へみちをあゆむ
 
カタツムリの速度をまもれ 
噴出させたらおそらく生後最大の山ともなろう
ぼくはふりかえらずに むしろすべらせるようにまっすぐすすむ
 
ガスを分離させようと思うけれどその膨張はガスだけではないこと
水に落ちた軽石のように沈みたいときの皮肉な明快
おお プロメテウスよ なぜ今なのだ?
 
火口付近の草木ではもとより手にあまる
ゆれるな ゆらすな ゆするな ゆるすな 
被害は甚大なものともなろう
今後の年収のキンキン響く音のするこの場所でけっして無理はするな
正直であれ
笑われろ
恐れるな
 
今 私はしっかりとちからをため
ましろき陶器へ遥けきみちをそっとゆく
ぼくはすっかり蒼ざめて衆目のなか
もはや裸よりもはずかしい姿勢であるく
けれどもし最悪の事態がここに現出したなら
むしろ久美ちゃんの前でずいぶんな快感かもしれないなんて
僕のキャラはネイチャーだからスリリングだと吊橋のイメージがさらなる僕をゆらそうと
おああ 腹の中が 腹の中が どっちにころんでもばっちい

593 :◆tr.t4dJfuU :04/01/25 02:23 ID:M4Yzm6K1
>>592返詩
嗚呼、知識と知恵のバランスがとれない。僕はそれでも意志を形成しながらこの道を行くのだ。往かなければならないのだ。

知れば知るほど右へ左へと流される僕を、せめて前のめりにならぬように、遅れないように、知恵よ、生きる知恵よ、僕を保ち給え。

こんな感じかなぁ?(^_^;)

594 :565:04/01/25 02:44 ID:XSjkrTX6
。゜(゜´Д`゜)゜。ウワーン
最近相手してもらえないよぅ。゜(゜´Д`゜)゜。ウワーン

595 :◆tr.t4dJfuU :04/01/25 03:00 ID:M4Yzm6K1
>>565
良いと思ったんだよ。でもね、なんで返レスしなかったかと言うと、とても下ネタに思えない文章に下ネタがくっついていて、それにきっちりオチまでついていて、
それが逆に僕なりに詩を読みとるときに、その詩の趣旨に迷ったんだよ。僕的には最後の方がなくても十分下ネタだったよW

596 :名前はいらない:04/01/25 03:18 ID:XSjkrTX6
>>北サン

「良いと思ったんだよ」
。゜(゜´Д`゜)゜。ウワーン
初めて他人に誉められたティックな言葉もらったYO!
アレは「マジおすすめ!」を書いてみたいが為だけに作りますた!
オイラも北サンを尊敬しておるます!
評価ありがとうです!
またクマす!


597 :◆tr.t4dJfuU :04/01/25 19:15 ID:M4Yzm6K1
おお ひるまから
ドンペリニヨンの説法に釘付け

クチの細いグラスの中に溺れて

水玉色の葡萄に身体も丸く、

今夜はもう抜け出せそうにない

これほど上品な身震いは、ヘロでもコカでも、ハッシュでもシートでも、シンナーでもガスでも成し得ない。
更正します。

目を潰してください。

598 :◆tr.t4dJfuU :04/01/25 20:26 ID:M4Yzm6K1
『なんの木なしに』

都会の脳髄。

ホルマリン浸けのシーラカンス。

夢心地横断歩道。
アフリカで釣り上げられた俺。

細い空の隙間から延びた掌。

廃墟ビルディングを握り潰す。

古くなった駄菓子屋のばあさん。

明日 明日と。

飛行は離陸。

明日 明日と。

ラティーナのYi YiYi…



599 :名前はいらない:04/01/25 21:09 ID:GakT2enf
メンブラのビリリス
角度およそ120°
ワームホールに
ワープすると
インフレーションしてゆく
アニマとアニムスが融合し
蛇が悪いのです エヴァは誘惑され
アダムを誘惑し 二人は智慧の実を食べた
原罪である
恋愛の形而上学 数学的メタボリズム 公式も定理も不用
ロジックならざるか? 比例級数的に上がるオルガスムス
P感覚の高まりとともに 上昇するV感覚 
おお、ロリータ! なんという罪深いことだろう
恋愛とは共犯の快楽である
罪の証拠なのか
愛の証拠なのか

600 :名前はいらない:04/01/25 21:10 ID:GakT2enf
600

601 :◆tr.t4dJfuU :04/01/26 02:34 ID:qbs7x3c8
おァ!また他人の真実を抱えちまった。くそっ、宗教にはまりやがって!どれだけの友人を俺から奪えば気がすむんだ!?右へ左へ傾きやがって!宗教家を語るならおまえは是非を問うな!何が罰だ!何が御利益だ!俺は今のままで幸せだ!おまえは去るな!答えなんてあるもんか!

602 ::04/01/26 03:34 ID:qbs7x3c8
ヨパらった

う〜悪酔いだ〜

ちめたいもんたべたい。


うげ〜
うげ〜
うげ〜

こんな鶏が美味しいらしい。

信じられない!

ベジタリアン

エイリアン

オバタリアン

古い古い

カスマプゲ

603 :◆tr.t4dJfuU :04/01/27 03:55 ID:7UQO9zfH
SM

我こそはSだ!
我こそはMだ!

名前欄にSかMかどちらかだけを記入して、「コテ不要」SMを意識しない詩を置いてください。
私はこれで寝ますがよろしくお願いします。

604 :M北:04/01/27 04:07 ID:7UQO9zfH
知らぬが仏

オキアミに輪廻しちまった。

もう魚や鯨に食われ慣れちまって、

これからずっとずっとオキアミさ。

人間に戻るのが怖い。

だからなんにも知らないのサ。

さぁ、食ってくれ!

#ん〜意識したかなぁ‥

605 :◆tr.t4dJfuU :04/01/27 12:26 ID:7UQO9zfH
(`ε´)`ё´)′)ダレモレスッテナイヤンケ!ムフ〜


606 :しんしん:04/01/27 12:38 ID:NBurD+PQ
他人を侵し至福に浸る
他人に侵され至福に浸る

犯し 犯され 犯し 犯され
犯し 犯され 犯し 犯され

自分の存在を確かめあう
たぶんに幸せだ

607 :しんしん:04/01/27 12:40 ID:NBurD+PQ
では、リアルに旅立ちまうす!
又今度ねえ〜

608 :◆tr.t4dJfuU :04/01/27 13:12 ID:7UQO9zfH
(*^_^*)ニコニコ

609 :ハードM:04/01/27 13:17 ID:i99+TgUN
『彼はハードゲイ』

パタヤのビーチはとてもうるさくて
夕焼け空はとても綺麗で
そして海はほどほどに汚かった

傍らにはゲイ 知りあってしまったゲイ
深くは知り合いたくはないゲイ 友達のままでいさせて ゲイ

とてもいい奴の彼は 両刀ゲイ
ブラックライトに照らされて ブリーフ一丁の彼は 男前ゲイ
カスタマーと別れ 血だらけで帰ってきた彼は イカレゲイ
バケモノの様なメイキャップ ニャンニャンゲイ
喋らなかった彼は たぶんふつうのゲイ
グッドルッキングゲイの彼は ジャニーズゲイ

やがて ここタイのツインルームにも平等に夜はやって来て‥
賭博で捕まったイカレゲイ 手に金を握りしめ助けに行く両刀ゲイ
主人をなくした部屋 ベッドでお留守番オレ
静寂と共に招かれざる客ジャニーズゲイは隣のベッドへ吸い込まれる
時はとても緩やかに刻みはじめ 心の臓は小動物のごとく時を刻む
とても力強く でも哀願するように彼は言った
『キャン‥‥?オア キャンノッ‥?』

仲間達は皆声を揃えてこう言う
「彼はハードゲイ」




610 :◆tr.t4dJfuU :04/01/27 13:40 ID:7UQO9zfH
>>607
ん〜もうちょっと練ってあるのがみたい。お出かけ前で仕方ないか。
>>609
キャノンがいい!なんかMの方がやっぱ器がでかいのかな。

611 :名前はいらない:04/01/27 14:19 ID:i99+TgUN
>>610

ヨ、ヨカッタ(´〜`;)
4年くらい前の体験をもとに書いたので、詩ちゃうやん!っていわれそーで怖かったです!

ハードMと書いたけどホントはチョピリMですので器は小さすぎて だだ漏れです!
だから北サンのやうに亀の上に象、象の上に器 とまではいきません!
自分ちっぽけッス!
いえいえ!


612 :ティナ:04/01/27 14:49 ID:OPkek/ru
「奴隷・・・?」
     
ある日、「奴隷志願」の、男の人が現れた。
男の人から、そんな風に振舞われた事なんて無かったので、
ついつい、調子に乗って、相手をしてやった。
でも、段段、面倒臭く成って行った。
だって、年中、甘えて来るんだもん。
ある日、無視したら、
それっきり、来なく成った。
悪い事したかな・・・


613 :M \(HAWAI)/:04/01/27 15:25 ID:Jdzp0vw2
マゾ

おもいきりお前をぶん殴る
痛いかい? でもね
俺の心の方がずっと痛い
今度はお前を蹴り上げる
お前は血を流し嘔吐する
痛いかい? 平気だろ? 
俺のこの罪悪感に比べれば
お前はとうとうぶっ倒れた
もう俺の心は張り裂けそうだ
ああっ
俺を見上げるお前のその
サディストの瞳は
俺の耐え難い苦痛を
快感に変える

614 :名前はいらない:04/01/27 17:20 ID:wyrtJHWC
面白い飲み物を飲ませてあげるよ

615 :◆tr.t4dJfuU :04/01/27 18:43 ID:7UQO9zfH
>>612-613
見た目は平べったい詩だけど、反面その物語についてこちら側に考えさせられることも多い。ただしSM臭いのが残念。>>603をもう一度読んでほしい。

616 :◆tr.t4dJfuU :04/01/27 18:48 ID:7UQO9zfH
>>614
力強い一言。
なにかのイントロのようで、その後に続く言葉は膨大だ。是非を問えぬ一言。だからここに懐疑をもつのはあまりに人間くさいのだ。

617 :◆tr.t4dJfuU :04/01/27 19:25 ID:7UQO9zfH
お茶

古雨(コサメ)に濡れ急ぐ
新緑の若葉から
摘みましょう。


618 :M イナ:04/01/27 22:11 ID:5f7E1s6F
私は下を見ている
皆はそれを変だという

だって下を見てないと
転ぶじゃない
転ぶと痛いじゃない

ケガしたくないのよ



619 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :04/01/27 22:12 ID:NTkBsZw2
>>593
返詩ありがとうです。
 
歌会の席で 飲み過ぎてもよおすことがあったらまた来るかもです
ぶわおおんと手が乾きました  のでさようなら

620 :イナ:04/01/27 22:22 ID:5f7E1s6F
・・・以外に難しいんですな
もっと簡単にできると思ったのに・・・

ちくしょうめ!!
ヽ(`Д´)ノ


621 :BLUE HAWAI:04/01/27 23:04 ID:Jdzp0vw2
>>615 >>603の読みこみが足らなかったです。
普通にSMのこと書いちゃった。テヘッ

622 :◆tr.t4dJfuU :04/01/27 23:43 ID:7UQO9zfH
>>620-621
レスをありがとう。
いつもどおりでいいんですよ。

623 :◆tr.t4dJfuU :04/01/27 23:45 ID:7UQO9zfH
>>618
下という文字で、ピンときてしまった僕は悲しい。

624 :◆tr.t4dJfuU :04/01/27 23:53 ID:7UQO9zfH
無明

星の瞬く低い丘を越えた。
炊事場を斜めに抜けて、溢れ出す胸のあさり歩き。
塩水で顔を清め、のぞきこむ、胸の奥は下水。
俺がおまえにくれてやる。

おまえがおまえを越えられない闇は唐変木。

625 :◆tr.t4dJfuU :04/01/28 01:51 ID:UQW4vcfy
高校に行きたい


たばこを買いにいこう。

十三段の階段を走り下りて白い息の立ち上る地下室まで。
机の穴にチョークの粉を埋めて、
コンパスで描いた夜に金網を奏でた。
たばこを買いに、たばこを買いに、

煙るおまえが押しつけた頬は、髭は堅くなるばかり。

626 :◆tr.t4dJfuU :04/01/28 01:55 ID:UQW4vcfy
えー、みなさん、SMの件、どうもありがとうございました。結果Mの集いになった感がしました。

Sという奴は‥
そこのおまえだ!
ということで、

よろしくおねがいしましたです。


627 :◆tr.t4dJfuU :04/01/28 02:02 ID:UQW4vcfy
漁船の網にかかった魚魚、魚。大量虐殺。

地引き網はエーンヤコーラ、観光に来た親子、修学旅行生、声をそろえて、首のヘシ曲がった魚魚、魚。

どうして 僕たちは、
どうして 僕たちは。

628 :◆tr.t4dJfuU :04/01/28 02:04 ID:UQW4vcfy
目を閉じて、冷たく目を閉じた、インフルエンザにかかった鶏の死体。

629 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/28 02:35 ID:krZGhHzW
「S」

枯葉が散っていた
その中に彼はいた

夕暮れの音がなり
彼と枯葉は影になり
寒い夜が来た

彼は向かい合っていた

朝焼けと共に
彼は死んでいた

枯葉に抱かれ
死んでいた

630 :◆tr.t4dJfuU :04/01/28 02:48 ID:UQW4vcfy
>>629
(`Å´メ)
キタナ、
シンセイSオトコメ。

631 :☆キキ+キ゚Д゚ ◆qpmo.OOqAo :04/01/28 03:31 ID:iRj2Wxbm


しゃぎゃああああああああああああ

632 :名前はいらない:04/01/28 04:18 ID:N5B4eUdu
なにをそんなに怯えているの?
まるで迷子のキツネリスのよう。

ホラ、、、こわくない。

633 :◆tr.t4dJfuU :04/01/28 11:04 ID:UQW4vcfy
>>632
テトが可哀想だ。キツネリスはやめてください。

634 :名前はいらない:04/01/28 11:20 ID:N5B4eUdu
焼き払え!!
どうした、、それでも世界で最も邪悪な一族の末裔か!?

腐ってやがるw


635 :名前はいらない:04/01/28 11:57 ID:Ya5m+OoZ
においがイイ(・∀・)

636 :名前はいらない:04/01/28 11:59 ID:Ya5m+OoZ
硬さが(・∀・)イイ!!

637 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/28 13:31 ID:GVJoMMt5
>>630
(S∀S) ムハ!!


638 :イナ:04/01/28 18:35 ID:YtsUBlnR
623>>
なるほど★
でもそれで書いたらちょっとおもしろそうかもw

639 :◆tr.t4dJfuU :04/01/28 20:35 ID:UQW4vcfy
とあるM嬢の嫉妬

出歩いて帰れない私はきっと、誰かの胸に抱かれて眠るのですね。
シャトーマルゴーのどっしりと構えた門柱に凭れ、夜はビードロのように更けていくのです。永遠のそれは螺旋階段。帰り道の葡萄を潰し、グラスを傾けたのは、推測不可能の腰使いに黄昏た夕焼けを止めないからですね。地中の人と腕を絡めキスをしたのですね。
サラサラと風の通る竹林で片足を切りました。

640 :◆tr.t4dJfuU :04/01/28 22:08 ID:UQW4vcfy
企画その2

みなさん!
みなさんのオリジナル料理のレシピを詩的に紹介していただけませんか?

よろしくお願いします。

(*^_^*)ビストロ北でした。



641 :◆tr.t4dJfuU :04/01/28 22:24 ID:UQW4vcfy
鯔背なパンプキン

おお、そのデコボコの面構え、おまえを裏ごししよう。
なめらか肌になれるよう美白する!おまえはミルクに溶き合わせれるのだ。
そのつるつる素肌はタリアテレと長い夜をペタンペタンと過ごし、漆黒の真珠を祝うのだ。王様の誕生は銀のスプーンがよく似合う。絹ごしバターを添えたら、安物でよい、ワインで乾杯。

642 :◆tr.t4dJfuU :04/01/28 23:05 ID:UQW4vcfy
ドブ飯

昔、ごはんに水かけて、よく食ってた。
記憶に誘われて、十年ぶりに食ってみたのだが、
美味かったはずのドブ飯は、友人とその姿を、俺の舌から消えたのである。

643 ::04/01/29 04:15 ID:qTCHueUq
誰か〜
誰かーっ、
レシピ待ってます。

644 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 04:40 ID:qTCHueUq
生きることは殺生することだと思います。今日食べた牛肉も、食べられる前はどこかで草を食んでいて、何の因果で僕の目前にいるのか?
世界を巡らせ、この牛の殺された日や、解体現場など想像すると、手を合わすしかほか方法がないです。


645 ::04/01/29 04:48 ID:qTCHueUq
>>644が企画2に秘められた趣旨です。ベジタリアン?だめです。植物も命ですから。

でもそんなことにとらわれず、レ詩ピまってます。

ビストロ北より

646 :名前はいらない:04/01/29 05:45 ID:lmjwfN3n
『出津の味』

歯にやさしい 少しやらかくなったご飯
古ぼけたうつわとお箸
「よんにゅう食べんばたい」とよそわれたこんもりご飯に
タンヌー達から生き残った鶏の卵をシャカシャカといて
湯気のなかに流し込み お醤油をチョロチョロ

山の中の掘りごたつ
おじいちゃんとおばあちゃんとたまごごはん



647 :名前はいらない:04/01/29 08:36 ID:50Rh23sj
レイプするなら処女に限るね。
非処女はレイプすると貞操よりも命の心配するからサッパリ萌えない。
その点処女はとにかく貞操の危機感が丸出しでマジ萌える。

処女にレイプでトラウマを与える。 これってある意味芸術。
処女をレイプする時「いただきま〜す」って言う。
「ぞうぞおあがりなさい」って言ってくれるまで殴る。殴りつづける。
言ってから挿入して精神的には和姦にしてやる。
女にやがて彼氏ができたり家庭を持って子供ができたりした時、
日常生活で食事のたびにレイプでの処女喪失を思い出す。 間違いなく芸術。

挿入後には歌を聞かせてやろう。
クリスマスソングやバースディソングを唄いながらのレイプなんてもう最高。
毎年そのシーズンに処女のままレイプされた事を思い出す。
町中がネオンで輝けば破瓜の痛みが心をチクリ。 これぞ芸術。

強制フェラをさせながら 「愛してる、好きだよ」と何度もささやくなんてのもポイント高め。
やさ男とのまともな恋愛(?)をしても何かの拍子にこれを言われたら処女喪失と
強制フェラを確実に思い出す。 これぞ芸術の中の芸術。

もちろんフィニッシュは中出し。これ最強。
逝く時は「僕達の子供出来るよね?僕達の子供、ずっと大事にしようね。名前も決めよう」と
何度も繰り返す。結婚した後、ダンナにこんなこと言われたら漏れとの
激しい処女喪失&中出し&妊娠を思い出す。既にそれは芸術アカデミー。

そして、レイプされた女がその事を男に告るのがまた萌える。
話を聞いた彼氏は怒りと悔しさでプルプル拳を震わすに違いない。まさに至高の芸術。
そんな彼氏に一生懸命理解を求める姿がまたいい。これはもう男として最高の栄誉。
レイプで処女を喪失したことを彼氏に告る事で自分を維持していこうという姿勢と
一緒に乗り越えようとか言ってる二人の姿はまるで傷ついて飛べなくなった小鳥たちのようだ。

芸術の殿堂とはまさにこのこと。

648 :名前はいらない:04/01/29 10:23 ID:m0JGxs98
青い空と雲はクリームソーダー
ストローは火葬場の煙突 

649 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 12:30 ID:qTCHueUq
>>646
イイ! 本当にイイ!タンヌーって狸のことかな?動物関係のテレビ番組で、急流を渡るヌーの群をワニが待ち伏せして、残酷なやりかたで腹を満たしている。でもワニもこの日の為に一週間も空腹を耐えてきた。人間は知的だ。だから命に対しても一番繊細で臆病なんだと思う。続く

650 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 12:31 ID:qTCHueUq
しかしそう独断で思考するところが知的の落とし穴で、実のところ蟻の命に対する気持ちは解らないのだ。はっきりしているのは命の重さに違いはないということだと思う。僕はこれだけは否定できない。続く

651 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 12:32 ID:qTCHueUq
さて、卵は生命だと思う。例えるなら腹の中の胎児である。食っちまった、ああ、なんという残酷。だけど狸にも子供がいるだろう。貴方に差し出された卵ご飯と祖父と祖母のほほえみ。なんと暖かなんだろう。生命の上に生命が成り立っている。続く

652 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 12:34 ID:qTCHueUq
美は殺されたものの上に輝き、その光を生きているものは希求する。
僕は貴方の詩にも手を合わして感謝して、昼食をいただこうと思った。イイ詩をありがとうございました。
/

653 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 16:09 ID:qTCHueUq
>>648
返詩にお返事

ブルーハワイ

それから、
空が雲にまどろんでいる。

遠い時間の上から眺めた地球は、
グラスの中のクリームソーダ。

火葬場の煙突から始まった、また新たな出発。

654 :名前はいらない:04/01/29 19:52 ID:lmjwfN3n
>>649-652
そうです、タンヌー=タヌキですね。
綺麗に詩を食べて戴き ありがとう御座います!
おもわず、自分で書いた詩なのにもう一度見に行っちった。


655 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 21:32 ID:qTCHueUq
>>654
ごちそうさまでした。

−−−−−−−−
とくにGのKey

僕はのりにのったとき、ふとイヤになるときがある。
バッハのバッカ!

656 :ティナ:04/01/30 16:03 ID:wl6ItVwm
「誓い」
人は、バランスによって生きている。
男的な面・・・女的な面・・・大人的な面・・・子供的な面・・・
善人的な面・・・悪人的な面・・・
人の心は、万華鏡の様に変化する。
これは、その証なのだ。
私は愛する。
山河を愛し、猫を愛し、宇宙と真理を愛する。
太陽の下で、愛する人と睦み会い、
夜の闇の中で、愛する人と縛り合う。
私は、もう二度と、私自身に首輪を付けたりはしない。


657 :◆tr.t4dJfuU :04/01/30 21:05 ID:K3lG/7Ae
>>656
お釈迦さんが弟子にこう問われた。「釈尊、貴方に我はありますか?」釈迦はこの問いに一言も応えなかった。とうとう弟子は怒って帰ってしまった。そばにいた別の弟子がどうして応じなかったの釈迦に問うと釈迦はこう応えたそうです。

658 :◆tr.t4dJfuU :04/01/30 21:05 ID:K3lG/7Ae
「私に我があるとすれば、私は永遠に我を持ち続けるだろう。我がないとすれば無い、何も無いことになる。私は我の有る無しのちょうどその真ん中を往かなければならない!」

659 :◆tr.t4dJfuU :04/01/30 21:06 ID:K3lG/7Ae
僕はそんな釈迦の言葉を知恵と知識のバランスと理解しています。もしも本当に均等に知恵と知識のバランスを保つことが出来れば、

660 :◆tr.t4dJfuU :04/01/30 21:06 ID:K3lG/7Ae
まず私は憤ることもなく、悲しみも怒りもなく、ただ静かに黙していられるだろう。

黙することが、死であるかどうかはさておき、このバランスを保てないのが人間であり、我の存在が成す業だと思う。


661 :◆tr.t4dJfuU :04/01/30 21:07 ID:K3lG/7Ae
故に不平をこぼす、そして偽る、般若心経では人間の心というものはあてにならない!といっています。だから空しい悲しいと人生を悲観に捉える人が多い中、この詩に関心さされたこととは、


662 :◆tr.t4dJfuU :04/01/30 21:07 ID:K3lG/7Ae
人間の心はあてにならない、ならないからこそ、あてにならない女を男が必死で愛したり、死にものぐるいで何かを守ろうとする女がいたりするのだと、間接的に訴えかけられている気持ちなった。

663 :◆tr.t4dJfuU :04/01/30 21:08 ID:K3lG/7Ae
それは空即是色である。心という不安定な雲の上で、大きな力、この世の真理如きに導かれて、人は歩むのだと。
ちょっと仏教チックに読ませてもらいました。良い詩をありがとう。

664 :K(iT)a ◆tr.t4dJfuU :04/01/31 03:45 ID:nK4hy+EU
ども北です。
レシピの企画に投稿してくれた方々、ありがとうございました。最近僕好みの詩がレスされていて大変うれしいです。
では企画3を催したいと思います。

665 :K(iT)a ◆tr.t4dJfuU :04/01/31 03:49 ID:nK4hy+EU
ティナさんの影響を大きく受けているのでしょうか、企画3はー真実ーについてのレスをお待ちしています。

666 :◆tr.t4dJfuU :04/01/31 03:51 ID:nK4hy+EU
真実

眠っているとき

貴女はそれそのもだ

海、空、大地を駈ける風、太陽

貴女の
心の奥底で

それそのものは
眩しく輝く

朝、

まだ瞳を開かないで

優しく抱きしめてKissしたい


667 :◆tr.t4dJfuU :04/01/31 03:53 ID:nK4hy+EU
さらりと666をゲトしてしまった。不吉だ。

668 :◆tr.t4dJfuU :04/01/31 04:13 ID:nK4hy+EU
血縁

地球が隕石がぶつかって出来た星ならば、
僕らは石の子供で、地球と僕は血の繋がった兄弟だ。
火口の奥底に脈動する血液が時折、ドッカンと噴火する。
流出するうマグマから
僕らはいつでも逃れようと必死なのだ。


669 :吝嗇VRー4 ◆ddc./BhcxA :04/01/31 08:59 ID:YE1gbo3T
大きな、豪華なおウチまで彼女を送り届けた
ボクも帰らなきゃ、大きくて快適な、両親の待つ家へ
パラサイトの二人、ひとつになれるのは暗い車の中
彼女が出した匂いが、まだボクの指に残ってる

いつか二人だけの国に行こうね



670 :名前はいらない:04/01/31 11:00 ID:VqC6lnHK
大好きな人が僕の世界から消えた時
本当にもうポッカリ穴が開いたんです
悲しくて 寂しくて
そこらじゅうに愛を求めました
みあたりませんでした
あの人の愛だけは特別だったんです

僕は見てませんでした
あまりにも遠くばかりを見てました
優しさはたぶんずっとそこにあったんです

その真実に触れた瞬間 涙が止まりませんでした
もうワガママ言いません
もう迷惑かけません
もう大丈夫です!
姿かたちが変わっても きっとアナタをみつけられるから
きっと感じられるから

大好きです!さようなら!



671 :◆tr.t4dJfuU :04/01/31 13:32 ID:nK4hy+EU
>>669
パラサイトってなんですか?
もの知らずでごめんなさい。じっくりと詩を味わいたいのでよかったらパラサイトの意味を教えてください。

672 :◆tr.t4dJfuU :04/01/31 13:47 ID:nK4hy+EU
>>670
最後の
大好きですさようならが好きです。この詩に登場する相手は一見恋人のようにも読めるが、実は違って真実だと思う。世界に穴があいたと意味は、果てしなく大きいとも思えるのです。

673 :吝嗇VR4 ◆yR4tBiyx8U :04/01/31 15:09 ID:YE1gbo3T
読んでくれてありがとうございます
パラサイト、所謂実家パラサイトとかパラサイトシングルの事で
お互いに両親の居る良い家に住んでるんですが、良い仕事に恵まれず
親の目が怖くてお互いの実家にも呼べない、カネが無くてラブホにも行けない

カーセックスしか愛し合う術の無い頃のお話なんですが

674 :吝嗇VR−4 ◆yR4tBiyx8U :04/01/31 15:15 ID:YE1gbo3T
リターンキー間違い押しで、途中で送ってしまいました
良い実家に恵まれてるけど、ボロくても二人だけで居られる場所さえ借りられない
職無しカネ無しで針の筵の実家を出られない二人のお話でした

読んでくれて大変ありがとうございました
他に「わけわからん」なトコなど、お暇な時にでもどうかご指摘下さい

*トリップテスト中のため、コロコロ替わるトリップで失礼します

675 :名前はいらない:04/01/31 15:26 ID:fF8Jb3gl
リターンキーを押し間違えた吝嗇さん、
「寄生」という意味は無いのですね。>パラサイト

676 :名前はいらない:04/01/31 16:36 ID:sRptZtvz
>672
「北」さんと同じお方ですか?

677 :◆tr.t4dJfuU :04/01/31 17:00 ID:nK4hy+EU
672は北、私本人です。k(iT)aも私です。
(*^_^*)


678 :ティナ:04/01/31 17:31 ID:ZKFyTymu
>>北さん
本当なら、
「誉めてもらって、ありがとう御座います。」
なんだけど、私的には、
「SM詩だって、私の一部なんだから、いーじゃん。」
って気持ちだったんですけどね・・・
ボーリ、ボーリ・・・(頭を掻きつつ)
     
でも、感想、ありがとう御座います。


679 :吝嗇VR−4 ◆yR4tBiyx8U :04/01/31 17:46 ID:YE1gbo3T
「パラサイト」は「寄生」「親に寄生する実家住まい」って意味で書きました
多分、一般用語じゃなくニュー速板とかの隠語に近い物かもしれません
(前回は肝心な質問へのお答えがヌケてて申し訳ないです)
うーん、「パラサイト」の所は「実家住まい」とか「部屋住み」
(江戸時代の言葉で、何もさせて貰えずただ養われてる次男三男の意味)に
書き換えよっかなって考えたんすけど、
「針の筵の実家住まい」ってフレーズも入れたくなっちゃったし
「パラサイト」に互いの体に寄生して共依存する関係って意味を持たせても
当時の僕と彼女の関係を表して、行く末さえ暗示していて綺麗かなと思うし

一回バラバラにしてもいっかい内容を組みなおして来ます!
再書き込みの折には是非ご笑読下さい

680 :ティナ:04/01/31 17:51 ID:ZKFyTymu
「鴉」
     
空を見上げると、鴉が居た。
全身、真っ黒な鴉。
善も悪も、愛も憎しみも、
全てを飲み込む「黒」を身に纏う鳥。
きっと、鴉の世界には、愛と憎しみの区別は無く、
神経症なんて言葉も、無いに違いない。
私は、鴉に憧れているんだろうか・・・?
鴉は、彼方へと飛び立って行った。


681 :◆tr.t4dJfuU :04/01/31 18:15 ID:nK4hy+EU
>>678
説明ありがとう。では次作を期待してお待ちしております。

>>679
私の詩読解力が至らないこと、お許しくださいませ。
鴉の詩の書き込みありがとうございます。では早速読まして頂きます。


682 :吝嗇VR−4 ◆AGji55qubQ :04/01/31 18:44 ID:YE1gbo3T
別んトコに書いた奴のコピペですが、たまにはこんなのもアリ?

「俺様ビンラディン」

キミのカラダに本土攻撃、テロ!テロ!テロリズム!
キミのペンタゴンに俺のジャンボジェットでカミカゼアタック!
キミのツインタワーは崩壊!崩壊!連鎖崩壊!
キミのブッシュは俺のカタくて太いプレッツェルで悶絶失神
キミの体中の入り口は俺の炭疽菌にピクピク感じてる!

683 :名前はいらない:04/01/31 19:03 ID:eceNEwXS
ここにいぱいあるよ
http://wing.zero.ad.jp/~zbe79334/index.htm

684 :◆tr.t4dJfuU :04/01/31 20:32 ID:nK4hy+EU
>>680
感想を返詩で詠ませてもらいます。


空を見上げると烏だった。

全身に真っ黒を塗り込めたブラックホール。

あそこには、
善や悪を問う必要もなく、
ただ愛と呼ばれた奴だけが、口をあけているのだろう。

烏に生理痛はあるのだろうか。

白々と夜が明けてきた。


685 :◆tr.t4dJfuU :04/01/31 20:37 ID:nK4hy+EU
>>682
ん〜僕は共感できません。
SMのときにレスしてもらっていたら、少し共感出来ていたかも。

見た目が悪いので、もう少し推敲して、また文章の配列を揃えると以外と凄い何かが浮き上がってくるような詩になるかもしれませんね。

686 :◆tr.t4dJfuU :04/02/01 01:38 ID:TwF6dAfJ
真実についてのレスをありがとうございました。
つまるところ私は真実がいったい何であるか、それは口では語りきれないものだと気づき、思いはじめてきたので、この企画は終了します。
ありがとうございました。

687 :吝嗇VR4 ◆prEBEnSBrc :04/02/01 01:44 ID:2fodnln3
おそらく苦手であろう分野の682の詩に丁寧なご指導を頂いて大変感謝します
企画終了との事ですが、心変わりの折りには是非スレへのご帰還をお待ちしております



688 :◆tr.t4dJfuU :04/02/01 01:52 ID:TwF6dAfJ
スレの帰還は必要ありません。
このスレは私が立てたスレですから。また気が向けば企画を立てさせてもらいます。それまでは>>1の趣旨でやっていきます。なんでもアリということです。

689 :◆tr.t4dJfuU :04/02/01 03:05 ID:TwF6dAfJ
企画4です。

意味なんてどうでもいい!ガツンと心を捻る一文を作ってみよう。

意味を考える必要はありません。
意味の理解は読み手に任せて、自分自身を消した一文を作りましょう。
よろしくおねがいします。

690 :◆tr.t4dJfuU :04/02/01 03:09 ID:TwF6dAfJ
屋根裏で、肉やハム、ソーセージ、パンと一緒に、
俺はおまえの問い以前に、母さんという母さんをむしり食っていたんだ。

691 :◆tr.t4dJfuU :04/02/01 03:22 ID:TwF6dAfJ
菜の花が愛に足を滑らせた地下室はいつもの借金が、かげろうの羽根を指に透かしたという。

692 :◆tr.t4dJfuU :04/02/01 03:28 ID:TwF6dAfJ
蜘蛛の巣が歌う
水面の砂漠
陶器の青
彗星が別世界の架け橋を布団に干す

693 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/02/01 04:35 ID:/DmacYS0
青い地球をまるごと買い占めたら
駅のホームでも人身売買だよね
空に帽子を投げたからって許されることじゃないよ
ばらまかれた星たちもバカンスたのしんでるって話だし
ペシミスティックな彼女だって花より美しいし
思えばみんな、死んだ順に飾られてる時代だし
噂は二十本のあしで砂漠を暴走してるし
もうできるだけ点にちかづきたいよね
まあタイムマシンぐらいなら許すけど?


694 :名前はいらない:04/02/01 07:49 ID:Ibow59vZ
烏帽子をのせた小さな男の子が月の世界からやってきた
蛍の光 窓の雪 小さな鬼たち 売れない漫画家 貧乏神
恐竜池 ジャズ 石を集める賢い子供 不思議な老婆 手相見
閻魔大王 まったり行こうね

695 :◆tr.t4dJfuU :04/02/01 12:10 ID:TwF6dAfJ
>>694

あ〜、全身でそそられるっピ。
去年、深夜から朝方までおじゃるの話で盛り上がって楽しかったのを忘れないっピ。
あのときのおねーさんはどこへ行ったっピ。
探してるっピ。

696 :◆tr.t4dJfuU :04/02/01 12:34 ID:TwF6dAfJ
>>693
かっこいい!

697 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/02/01 13:32 ID:ouxBVZBs

めんどりをさばいていたら
いもうとが荒々しく 調理場にとびこんできました
ちょうど首を切り落とすところだったので
いもうとは息遣いだけで そばに立っていました
顔をあげた私にむかっていもうとは言いました
お庭であそびましょう
私は笑顔を作り、後で、とだけ言って
まためんどりに向かいました



698 :◆tr.t4dJfuU :04/02/01 13:48 ID:TwF6dAfJ
>>697
醸し出すスープの湯気がアンデルセンちっくな薬草のの芳香。

699 :名前はいらない:04/02/01 15:28 ID:CjFRgV/d
coitus

大和撫子の、オリエンタリズムの彼方へ移行する
Lilithが哂う、リリムがサッキュバスのように夢魔と化す
アニマとアニムスの弁証法
テーゼmaleに対する、アンチテーゼのfemale

快感級数が時間に正比例し
快楽のオートポイエーシス
睦語のシニフィアンとシニフィエが
サクラ・コンヴェルサツィオーネを紡ぎ出す

ヘドニズムの園で、真珠を葡萄の杯に投げ込むと
女性の腿の三角関数を求める
男性のドライと、女性のウェット
女性の股の間の円周率は、3.14・・・

高まる気温と室温と体温と
言葉なきポエム、公式定理なき関係
人類の愛の壮大な歴史、スポーティな体位
恋愛の哲学は、恋愛の神学のはしためなり

700 :名前はいらない:04/02/01 15:46 ID:CjFRgV/d
快楽至上主義

恋愛自由主義を推進し、恋愛リバータリアニズムへ
女体の黄金率、男性のコントラポスト
亜空間へと跳躍し、快感がインフレーションしてゆく……
ヴィーナスよ、美の女神アフロディーテよ!

多文化主義的coitus、カーマ・スートラ
愛の技法、愛のdiscours、愛のmelkmal
肉体への愛から、精神の愛へとサーキュレーション
愛欲は燃え、節度を持し、貞節は失せ、官能を貪る

アクメはエピステーメー、エピステモロジックな前戯
保健体育の実技試験、性教育の実技、われ感じる、ゆえにわれ有り
女体の地図を辿り、またその幼児期の歴史を遡行してみる
恋愛のオートマティスム、ポストモダニズム、ミニマリスム

男でもない、女でもない、その両方でもなければ、その両方でないのでもない
ヒジュラ、おお、両性具有者、アンドロギュノスよ、ヘルマフロディトスよ!
男女混合、合歓仏、菩薩の境地、エデンの園への回帰
あなかしこ、あなかしこ、あなかしこ、あなかしこ

701 :名前はいらない:04/02/01 15:49 ID:dhZrJ5Zz
口外でのキスは好きじゃない

たとえそれが私の内でも

702 :名前はいらない:04/02/01 15:49 ID:CjFRgV/d
「快楽の泉womb」

「本物のエキゾティシズムだよ
 いまだ、ロゴスの届かない世界がね
 そして、エロスの彼方へ−−」

703 :ネル:04/02/01 16:56 ID:plL/cN+s
『夢の中』

あの人の夢を見た
夢の中のあの人を
追ってみたけど
あと少し
あと少し
あの人に手が届く事が
出来ない
また、夢を追う
夢の中のあの人が
現実になるまで


704 :名前はいらない:04/02/01 19:10 ID:XwVNY3fZ
>695
おじゃる丸はオラも好きだっピ。北さんはどのキャラがお好きですか?

705 :soft ◆1unIKApLkA :04/02/01 19:12 ID:xgK/+3J1
>>704
俺は断然 牛だね
まぁ 貧ちゃんもいいよ
でも 声優がまだ厨房だったような・・・w

あ お呼びでない? 失礼しますた〜

706 :◆tr.t4dJfuU :04/02/01 19:59 ID:TwF6dAfJ
難しい。
非常に難解だ。
表向きには、きすけ だが、本心は おじゃる であるから。

707 :名前はいらない:04/02/01 20:22 ID:yB8vRIx2
>705
牛ですか。石垣島の牛を見たときにとっさにおじゃるの牛を思い出しました。私も貧ちゃん好きですね。どうやら似ているらしいので。
>北さん
お返事ありがとうございます。
きすけの角が生え変わるお話は面白かったですね。同好の人が多くてとても嬉しいです。

708 :◆tr.t4dJfuU :04/02/02 22:02 ID:dfO1dOZ+
指先のような笑みをこぼした。

709 :◆tr.t4dJfuU :04/02/02 23:51 ID:dfO1dOZ+
カモメがちょうどいい。

710 :名前はいらない:04/02/03 06:09 ID:ef2/uhfF
風邪。風。愛

711 :ティナ:04/02/05 17:39 ID:D5XRMt1v
>>北さん
返詩、ありがとう御座いました。
では、次の詩・・・
     
     
「邂逅」
     
初雪が降った日、
夏の日の、水深3mのプールを思い出した。
暗くて、静かな、あの世界・・・
人魚・・・と言うより、亀かクラゲの様に、漂っていた、あの時間・・・
心は時を越え、胎児の頃へと戻っている。
一方、窓の外には、雪景色・・・
何処までも、淡く儚い、雪景色・・・
プールの底に、マリン・スノーは、降っただろうか・・・?


712 :名前はいらない:04/02/05 18:58 ID:B0+uroda
旧約聖書もまた、隠語って、多いよなあ

713 :名前はいらない:04/02/05 23:31 ID:8vD6RVAz
俺の作品じゃないんだけど、凄い詩発見!

ここ:
ttp://mbspro6.uic.to/user/ayacosan.html
より勝手に転載

*********************************************************************

ピンク 投稿者:津崎ジュン(本名:マツザキジュン) 投稿日:2004/01/26(Mon) 18:40 No.1385



あなたのピンクを持ってきて下さい

ぼくもぼくのピンクを持っていきます

ピンクを見せあいましょう

互いのピンクを手に取ってみましょう

よかったらピンクを交換してみましょう

お互いのピンクを深く知りあいましょう

714 :713:04/02/05 23:37 ID:8vD6RVAz
追伸:

↑参りました・・という感じです・・。

715 :名前はいらない:04/02/05 23:46 ID:dDukzYXI
‥‥全然参らない私はヘンですかね?直接的すぎて

716 :◆tr.t4dJfuU :04/02/06 00:45 ID:tgkzG7f3
>>713
なんとも感想できないけど、ピンクを豆腐かプリンに入れ替えたい気分だよ。

717 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :04/02/06 00:56 ID:vFOU7D5S
>>713
へたなパズルちっくに裏を走るのが妙に癖で好きでヘンを自覚してる私なればこそ
同じく「参りましたです」です


718 :◆tr.t4dJfuU :04/02/06 01:13 ID:tgkzG7f3
幸福について


あなたは幸せ?
わたしはとても
しあわせよ。

719 :◆tr.t4dJfuU :04/02/06 01:21 ID:tgkzG7f3
誤認


師の偉大さに触れたとき、私は師に認められたいが故に、私は私の知らない話に相槌を打つ。
そもそもそれが大きな間違えで、師が私を認める事と云えば、食っていると寝ている時だけである。

720 :名前はいらない:04/02/06 01:59 ID:Rn2W/qQ1
ボクのせなかを通りぬけた風は
やがて空になり 海へ還る
ボクは海をたべ 土に孵った
大地は夜明けとともに星をはみ また命を創った


721 :◆tr.t4dJfuU :04/02/06 02:19 ID:tgkzG7f3
息子へ

私はあなたの大切な時期にあなたを捨てた。
あなたが母を求める時期に、私はあなたを避けた。
あなたに注げなかった愛情は、私にいつまでもうずくまっていた。

あなたが受け取るはずだった愛を私は今、あの子に
精一杯注いでいる。
それが唯一の償いだから。

それでもあなたは私をお母さんと呼んでくれる。

ありがとう。



722 :◆tr.t4dJfuU :04/02/06 23:09 ID:tgkzG7f3
伝統


良いときは悪いように考え、悪いときは良いように考える。

これが私の防御策。
良いも悪いも是非を問うことなく、良いも悪いも同等に受け止め、幸せにつなげたい。

悲しみや辛さは私の餌だ!
嬉しさや喜びは私の糞だ!

何故、

幸せは私の精子に託される。



723 :◆tr.t4dJfuU :04/02/07 02:08 ID:hTDyz4Ug
>>711
遅くなりました。
はっきり言って狙いすぎな感じです。なんか試されているような、いや〜な気分になりました。

マリンスノーで、生命の起源を辿るならば、ミトコンドリア?だったかそこらへんまで逝ってほしい。
いやいや、それでも物足りない!まだ地球が錆だらけだったこと、空気が誕生したこと、なぜ僕がここにいるのか?いやいや、もっと奥深く探求してアッと気付かせてほしい。

724 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/02/07 02:38 ID:AFgpxswF
「灰の丘」

死者は
ひかりを
滝のように浴びている
硬くなった皮膚は
陽光の粒を吸っている

ふるえながら生きる者にとっては
陽光さえも実は打撃である

透明な布で身を守りながら
生きている

死者は身をあらわにして
陽光をさえぎることなく
ひかりのさなかに
浮んでいる

725 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/02/07 02:38 ID:AFgpxswF
 (一昨日まで生きていた祖父の葬式で
 (祖父の躯を 棺桶に閉じ込めたんです
 (金色の釘を打つたびに
 (こうして生きる者は
 (死者からひかりを奪うのだと
 (突きつけられて
 (たまらなく かんじました

照り返しのきつい夏の
無人駅で
ひかりを一斉に浴びつづける
黒猫の死骸の傍らに
立ち竦む人の空白

まなこの奥、
生ぬるい風が
白い灰の丘をはかなく崩し
遠い夕暮れに
さらさらと
消えていく

726 :名前はいらない:04/02/07 14:24 ID:XCX9oHPQ
私は手すりに掴まった

その手すりを強く握り締めた

その人は私のつり革に掴まった

そして吊り輪に手を入れてきた

727 :かな:04/02/07 18:34 ID:iiIGAtr2
卑猥なあたし
不感症ナあたし

だってただの肉隗だから

体中の穴から出てくる 全ての汁を出して
飲んであげる

だってただの肉隗だから

728 :名前はいらない:04/02/07 21:46 ID:h5hqfvgv
「会話」

ひとりでする そのとき
なにを想像するか
とおとこは聞く
ふだんべつに思いもしない
ふつうおんなに聞かない
そのことを聞く
ことがかれの非日常
うつろな舞台でおんなの中の女
になりすまし したり顔で本音
らしきせりふを述べたてる
おとこは感嘆符をはさむ
ふりをしながら またいつもの目印に
いつもの角度ですべりこんでくる








729 :ティナ:04/02/08 00:10 ID:XURmEBsE
北さんへ えーと…すいません。 試そうなんて気は、無かったんですが… 取り合えず、気を悪くされたんだったら、すいません。

730 :◆tr.t4dJfuU :04/02/08 00:51 ID:KN3k51Hu
>>729
いやいや、あの詩を読んだとき、
ワーッ!!あのレスの様な気持ちがわきあがってきたんです。極めて素直な感想なんで良いとか悪いとか、下心とか、何にも何もないので気にしないでください。
自分勝手なのですが僕は貴方に対して、正直に素直になれたと喜んでいます。

731 :◆tr.t4dJfuU :04/02/08 01:00 ID:KN3k51Hu



いやなんです!
あの湾曲した視界が。
魚眼レンズで見なければ、恐ろしくて目も開けられない世の中が。
そうだ!
きっと海があまりにも残酷なんで、神様は魚にあんな滑稽な目を与えられたのよ。
いやなんです!
このへそ曲がりな心が。
磨きあげた鏡のように、素直に貴方を見つめていたいのです。

732 :名前はいらない:04/02/08 09:52 ID:GVkrShqt
私はあまりの絶景に思わず叫んでしまった

「まるい!」

733 :名前はいらない:04/02/09 01:40 ID:VeahCRbG
俺は事前にこう謝ることにしているんだ

「ごめんね、太いよ」

734 :◆tr.t4dJfuU :04/02/09 02:33 ID:qLsqJOg2
あの〜スレタイでは解りにくいと思いますが、このスレの趣旨は何を書いても結局下ネタにつながる。というスレなんで、もっと下な雰囲気から離れましょう。



今朝、経済新聞を読んだ。


735 :名前はいらない:04/02/09 03:02 ID:Sj6qu9s/
最近工業新聞をよく読むけど凄いね!ナノテクわ!
0.6_のエンジンとか造っちゃってるもんね!
ココまでくるともうナノテロだね!
怖いね!



736 :◆tr.t4dJfuU :04/02/09 10:19 ID:qLsqJOg2
>>735
おもしろい!
詩といえば洗濯機より洗濯板ってイメージがあるのに、そこでナノテクを題材にするなんて画期的だ!


737 :名前はいらない:04/02/09 10:37 ID:ivsetGYl
ん〜〜、
>>734-736
それって下ネタを表現してることになるんでしょうか????

スレタイがないと、下ネタだとは誰も思わないですよ。。。。

738 :◆tr.t4dJfuU :04/02/09 10:58 ID:qLsqJOg2
>>737
現代は言葉の持つ一部分だけが成長しすぎていると思うのです。
もし言葉のもつ意味が丸く円を描くような広がりをしていたなら‥
右も左もない、
例えば誰かが右と言えば右へ傾く、そして壺を踏めば責任をなすりつける、そんな身勝手なこの世の傾向もなかったかもしれない。ひとつの言葉の意味がどのようにもとれる!
これが趣旨です。

739 :◆tr.t4dJfuU :04/02/09 11:03 ID:qLsqJOg2
>>737
>もしスレタイがなかったら

スレタイはあるでしょう?

そのような仮説を発する貴方に私は何の意味を見出しましょうか?

貴方の心の動きを考えると、とても嫌な気分になります。

740 :名前はいらない:04/02/09 11:17 ID:/MvQNNKT
では上ネタ。
ウィーノ、次はウィーノ。見上げたもんだヨ。サンテの目薬。
すみません、ダジャレです。

741 :737:04/02/09 12:50 ID:ivsetGYl
>>739

>スレタイはあるでしょう?


ですから、スレタイに「下ネタ」というコトバがあるから、
これらは下ネタを表現しようとしていると言うことがわかるのであって、

私が言いたいのは、
もしスレタイに「下ネタ」というコトバがなくても、
これらが下ネタを表現しようとしていると言うことが読者に伝わらなければ意味がないと言うことです。

ログを読んで、それを満たしているモノもありますが、
多くは「あからさまに下ネタ」であるか、
もしくは「スレタイに「下ネタ」というコトバがないと(もしくはあっても)
「下ネタ」を感じないモノばかりだったからです。

ここのスレタイである
☆下な言葉を使わないで下ネタを表現するスレッド★

この趣旨からして、これを突き詰めてよりよい作品を作ることを目指して欲しいという意味で、
あえて発言いたしました。


742 :名前はいらない:04/02/09 12:52 ID:hxNNvG7W
ようは何でもいいんだろう。ここは北のスレっていうだけで。

743 :735:04/02/09 13:13 ID:Sj6qu9s/
>>736
おもしろい!
ですか?Σ(゚Д゚)
書き込んだ事を後悔するくらいにけなして欲しかったり、、、

いやなんです!
このくすんだ、濁った視界が。
死んだ魚の様な目で見るぼやけた視界が。
マクロレンズが欲しい。
虫達の様な視点が。


744 :◆tr.t4dJfuU :04/02/09 13:34 ID:qLsqJOg2
>>741
それは君がうぶだから下ネタを感じようにも感じられないんだよ。(*^_^*)

745 :名前はいらない:04/02/09 13:44 ID:TcA5WxDI
「いわれるまでもなくの逆ロケット」

君たち
ドッキングしなさい
いわれるまでもなく
ドッキングしているね

柔肌の滑り台に揺られ
メキメキ・ラブ・ミー
メキメキ・ラブ・ユー

飾り気のない裸をそこに固定して
溶けあって・ガリ・ゴリ
解き放って・ガシ・ガキーン

太陽まで飛んでくボェジャー2号だ

746 :741:04/02/09 14:04 ID:ivsetGYl
>>744

というより貴方の詩の技法の問題でしょう。
もっと精進して下さいね。

747 :名前はいらない:04/02/09 14:11 ID:BKQw2Fw/
詩は可能性の追求なんだな。
北が言っていることのほうが純粋さ。
新聞はもちろん「読む」ものだけど、
新聞は「焼く」こともできるし「濡らす」こともできる。
新聞に「欲情」するという可能性。
新聞に新たな可能性を見いだすのさ。


748 :ちんちん男優:04/02/09 14:35 ID:mITFi4KY
8日午前10時45分ごろ、東京都港区赤坂9の都道「外苑東通り」で、日産自動車のカルロス・ゴーン社長(49)運転の乗用車が2人乗りのバイク(125cc)と接触、バイクは転倒し、会社員男性(29)と無職女性(29
http://news.kyodo.co.jp/kikaku/yutaka/photo/5-3.jpg

749 :◆tr.t4dJfuU :04/02/09 17:20 ID:qLsqJOg2
>>746
どうしようかなぁ。君に対してはムカッとくるよ。
精進しろだって?わかってるよそんなこと君に言われなくても!
なんて言ってみようかな(*^_^*)
いや、ハイ、わかりました!ありがとうございます!って素直さを装ってみようかなぁ‥君、僕のこと好きなん?続く→

750 :◆tr.t4dJfuU :04/02/09 17:21 ID:qLsqJOg2
続)しかし、このまま無視するのが一番の最善策と思われんこん。でもそれじゃあ北の名に笑われるってもんよっ!
君、僕が好きなん?
ということで優しい僕が君に一言。他人に精進しろって言う名無しに限って自分を棚にあげてお喋りする方が多くてよ。
返事待ってます。(*^_^*)

751 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/02/09 17:30 ID:cq3rvBnU

(快∀楽) モ リ ア ガ ッ テ マ イ リ マ シ タ



752 :◆tr.t4dJfuU :04/02/09 17:47 ID:qLsqJOg2
Щ(′Д`Щ)
カモーン カモーン



753 :名前はいらない:04/02/09 17:51 ID:v4Ojl2Rt
北さんガンガレ!



















754 :名前はいらない:04/02/09 18:04 ID:Sj6qu9s/
>>751-753
(´・ω・`) アオッテ ドウスルノヨ


755 :名前はいらない:04/02/09 18:04 ID:hoQhgdlb
【悲劇】2ちゃんねるの喧嘩オフで死傷者、1人死亡1人重体

 昨夜未明、東京都新宿区の路上において、刃物を持った男が
男性会社員2人と口論になり、その場で刺し殺すという事件が起こった。
通報を受けた警察官が現場に駆けつけると、犯人は逃走しており、1人は既に死亡
もう1人も重傷という惨事だった。犯人と男性会社員はインターネット掲示板
「2ちゃんねる」を通じて、この日に会う約束をしていた。
警視庁は掲示板のアクセス記録などを手がかりに、犯人の足取りを追っている。
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news7/1075983019/


756 :◆tr.t4dJfuU :04/02/09 18:07 ID:qLsqJOg2
(*^_^*)ツマンナイ

757 :ココロThe詩:04/02/09 18:14 ID:ivsetGYl
>北さん

すみません、名乗るのを忘れてました。
ココロThe詩と申します。

誤解しないで欲しいのは、貴方を攻撃したくて先のようなことを書いたのではなく、
ここのコンセプトが素晴らしいと思ったからなんです。

精進してくださいと書いたのは、いいものを作って下さいという純粋な気持ちです。

今後ともよろしくお願いいたします!

758 :◆tr.t4dJfuU :04/02/09 18:22 ID:qLsqJOg2
>>757
ココロさんへ

こちらこそ早とちりしてすいませんでした。
どうも私は自分を信じる力が欠如しているようで、すぐに他人の信用を裏切る癖があります。この癖は直りきらないようで、だから逆に後腐れだけはしないように努めています!
これからもどうぞよろしくです。

759 :名前はいらない:04/02/09 19:28 ID:5q8R940y
アポロンに Iris

760 :◆tr.t4dJfuU :04/02/10 02:42 ID:I9sUe5Uv
てすと


改札口にウェスタンなコルクがバイオテクノロジーをキセルでパイポパイポの硝子細工はエスカレーターの手摺を自動券売機で米国に珊瑚礁もレズビアンよパイポパイポだった。

761 :◆tr.t4dJfuU :04/02/10 02:48 ID:I9sUe5Uv
>>743

貶してほしいの?やだやだやだもんそんなんやだもんやだやだもん。


生きているのも、死んでいるのも、一緒じゃんって、何気なくふっと、思ってしまうよ。
それはいったいなぜなんだろう?

教えてよ。
教えてよ。




762 :◆tr.t4dJfuU :04/02/10 03:03 ID:I9sUe5Uv
SEXをしてから眠りました。
どろどろとした沼に埋もれて、二人しっかりと手をつないでいました。メタンガスはボコボコと吹き出る水面の渦巻きで、思惑だけがゲップのように、黄色い息を噴きました。
嘔吐する空の下で綺麗言はやけに眩しくて。
甘酸っぱいね、君のわきの下。

763 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/02/10 03:29 ID:cXTahWJe
「夢想」

一生で何度のオダブツを迎えるのだろう
彼は福福しく時に彼女に見えるかもしれない
一本伸ばしたその指で
押さえつけたその皺の手で

オダブツはまれに角を生やす
巻いたのや尖ったのや
2本、1本、
丸くおさまる

キーコー キーコー

オダブツが、きた

764 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/02/10 03:33 ID:cXTahWJe
「夢想2」

マレはいつも頭上からやってくる
自転車や手のぬくもりや包丁や
ぽつんと落ちてきて
人生を変えてしまう



765 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/02/10 03:38 ID:cXTahWJe
「夢想3」

ここで言いたいのは次のことだ

続きはもうない



766 :名前はいらない:04/02/10 17:23 ID:pS2i5aC3
僕は
惰弱から生まれた男 そして後継者
それは犯罪的なほど俗悪
僕は
特に何も無いところから生まれた男 そして後継者

君は口を閉じろ
僕が間違ったことをせっせとしてるって
何故君は言えるんだ?
僕だって人間だ 愛される事が必要なんだ
みんなと同じように

もし出掛けたいのなら、そこにクラブがある
君を愛してくれる誰かに会うことが出来る
だから君は行くのだけど、結局一人ぼっちで
そこを出る
家に帰って君は泣く
そして、死んでしまいたくなる

きみが、「今」にきっと起こるさって言う時
具体的にどういう意味なのかい?
ごらんよ、僕はすでに長いこと待ってきた
そして希望は全て失なわれた

君は口を閉じろ
僕が間違ったことをせっせとしてるって
何故君は言えるんだ?
僕だって人間だ 愛される事が必要なんだ
みんなと同じように


767 :北が来たー☆:04/02/10 19:21 ID:7lwJZD9v
相変わらず低学歴の巣
おまけにおふらんすな奴や、逝け面村だしww!!


768 :◆tr.t4dJfuU :04/02/11 19:16 ID:mpq2r88Y
迫り過ぎる足音が嫌いだ。
物陰で息を潜めていると、我が心臓の響くの鼓動が露わになる。
高価でもボロでも着物は脱ぎ去る。裸で生を自身で証明する。

額に滲む脂汗。
虚無上に漂うヨット。
私が泡であることを語るとき、
海を忘れた日があっただろうか、

迫り過ぎる足音と光太郎とモナリザの微笑と。

769 :名前はいらない:04/02/11 22:09 ID:GJGiC5jD
最後の言葉は消えてなくなった
君はそう言わないの? 言ってくれよ
今夜この海岸で浅い眠りに就く
僕はこの海岸で暮している

潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな

今度は君は問題も起さないが、助けてもくれない
助けになるのは道化役だけ
夜この海岸で浅い眠りに就く
僕はこの海岸で暮している

潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな

口は閉じられる、息は熱い
この冷たい海からの風で、気が変になる
今夜この海岸で浅い眠りに就く
僕はこの海岸で暮している

潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな



770 :◆tr.t4dJfuU :04/02/12 04:02 ID:PtbAbJAx
>>769
構成が綺麗だなぁ

771 :◆tr.t4dJfuU :04/02/12 04:05 ID:PtbAbJAx
詩作力より詩読力の方が世を反映しているように思える今日この頃。

詩作と詩読は共通する一本の糸で直結しているのは過去も未来も現在も事実であろう。
しかし例えば中世に作られた詩を読むに至り、そこから時間が経つごとに、その解釈は難解になるとは言えないだろうか。

それは社会が複雑になるにつれ。

詩が社会を反映しているが故。

772 :◆tr.t4dJfuU :04/02/12 06:14 ID:PtbAbJAx
幸せ

右へいきたいと思えば迷わず右へ進む。
左と思えば左にも進む。
空を飛ぶのは羽根がないので望まない。
モグラになってもそれにかわりない。
もぐらがもぐら以上の幸せを望むことが不幸なのだ。


773 :◆tr.t4dJfuU :04/02/12 06:27 ID:PtbAbJAx
>>767
君はとあるイベントが終了すると定期的に出現にするね。まるで風物詩だ。

774 :◆tr.t4dJfuU :04/02/12 21:24 ID:PtbAbJAx
感傷

君の感じた痛みという奴は、きっと窓を開ける力を持たない。

ただ絵空事に浮遊する、持ち場を忘れた埃の如きだ。
ブラウン管に張り付いて七色のドラマの世界に酔っているのだから。

僕は君の傷ついた手を腕を、そして持ち上げる。

力を込めれば込めるほど、

井戸は水を湛えよう。

朝日、それは旅立ちの日、

腹を空かせた獣のように、天空の下の玉座で、大口に垂れた涎のように僕と君は結ばれる。


775 :◆tr.t4dJfuU :04/02/12 21:39 ID:PtbAbJAx
北極星


愛の言葉

すべては大海原、北極星から旅出。
卑しき舵取りの背中に、
遠い過去は追走する。

嵐の夜、窓を叩く隣人の命乞いの如く。

愛の言葉。
煙る山の頂。

指針 北極星を通り雨のように。

776 :◆tr.t4dJfuU :04/02/12 22:21 ID:PtbAbJAx
ぬか漬けをナイフとフォークで頂きましょうか。

同じ大地色をした皿の上で。

カラスが6の数字を運んできましたよ。

巫女さん、アタシの蝋燭をおつかいなさい。


777 :フラット坂田:04/02/13 03:51 ID:gIEdwjgs

スピーカーの皿が衛星となり空に浮かぶ様に
砕けた鏡が黒と同化する様に
口遊む唄が暮れ初む海に溶け込む様に
朽ちた樹に降りそそぐ羽根の煌めきの様に
アナタの行く末に微笑みがあります様に



そして777GET!!

778 :名前はいらない:04/02/13 04:01 ID:gIEdwjgs
>>761
カワイイすねw

ゴメンナサイ。
かなり考えてみたけれど、詩もこたえも浮かびませんでした。
逆に なんでそう思ったのか聞いてみたりして‥‥


779 :◆tr.t4dJfuU :04/02/13 04:35 ID:vgbT3CoK
>>778
貶してほしいと要求してくる人を貶すのは難しい。
私は貶されるのが嫌いなので、この場合あなたとのギブアンドテイクが成り立たない。あなたを貶すという行為が如何に貶す側の私の方にリスクが有るか。
それはいくら私があなたを貶してもあなたにとってそれは貶すという本来の意味を持たないだろうから。

780 :◆tr.t4dJfuU :04/02/13 04:58 ID:vgbT3CoK
死を恐れる大きな理由は茶碗に残した米粒と似ている。
一粒も残さずに食べることが幼い頃からの習慣であった。
百姓が精魂を尽くして育てた米を残すのは罰当たりだった。
しかし今の私にとってそれは習慣というより流行である。

利己主義な私にとっては
−もったいない−のだ。
命に値段があることを私は否定出来ない。
だから生命保険には加入しない主義である。

781 :フラット坂田:04/02/13 05:00 ID:gIEdwjgs
>>北さん
アリャリャw
生きて〜死んで〜 に対する質問だったんですけど
丁寧なお応え&無理な注文すみませんでした

愛されて 生きていると実感し
貶されてまた 生きていると実感
過度に愛されて 死んだ様に生き
愛の無い貶しに 生きながら死を想う



782 :◆tr.t4dJfuU :04/02/13 05:23 ID:vgbT3CoK
>>781
死が確実なものであるのに対して、生きることは曖昧で空想の連続だ。死がノンフィクションならば生きるはフィクションだろう。
しかし私は生も死も同じといった。そもそもそれがこの世の病的なところで、私の病である。
私は人格こそ幸福だと思っている。その個性を偽る日私は、死と生の見境がつかなくなる。
という意味でした。

783 :◆tr.t4dJfuU :04/02/13 06:27 ID:vgbT3CoK
宗教家

ふわふわとした雲の上の足下の見えない道を、
右足 左足と用心深く歩いていた。

もしも踏み外せばそれが運命なのだと、自由と呼ばれた身体から解放されて空を漂う。

そして浮遊する私を拘束するものありき。

彼の虚栄は大空までを支配する。

休日、健やかな午後に呼び鈴が鳴る。
扉の向こうの方、貴方に言われなくとも私は私の内に神を宿している。

死の恐怖に咲く花に水をやるのは止めとくれ。

784 :フラット坂田:04/02/15 02:56 ID:9CBgq7xG
つまんない‥

つまんないな‥

ボクはひとりで
すもうとる

みえないあいてに
ねこだまし

みえないあいてを
はたきこみ

みえないあいてと
さばおりあい

そして

みえないあいてを
おくりだし

あ〜ぁ‥
ほんとにつまんないや



785 :饂飩:04/02/16 04:39 ID:Wmj1lqAD
むっちりブヨブヨ ピクピク脈打つ君の肉
レモンの雫滴る裂け目を啜って
僕は唸る 他の畑にも下を入れて
泡立てメレンゲ 君は小麦粉被った白い猫

786 :名前はいらない:04/02/16 17:05 ID:tqkSbMvF
スポスポスポーツ

787 :おおかみ:04/02/16 17:14 ID:/ovq3zCA
赤ずきんチャンが
赤ずきんチャンが……!?

生まれる
チィ

788 :北が来たー☆:04/02/16 17:27 ID:a8jZhKBw
>>773

君は、いつでもいるねw
まるで、冷蔵庫に残った
賞味期限切れの納豆のようブゲブッ


789 :◆tr.t4dJfuU :04/02/16 18:46 ID:0g8vpMqF
よしよしおまえたちよ
今日からタリバンに行ってくるから
あとはたのむよ
また来る。

790 :名前はいらない:04/02/16 18:53 ID:jEHf+2NA
He consumes a box of tissues a day.

791 :名前はいらない:04/02/17 00:34 ID:Bhd6ncyT
世界を旅して
やっと出会えた
この世に二つとない
私の片割れ
今、二人は一つとなって
初めて人間となる
これからが人生だよ 一緒にいこうじゃないか
私たちはまた片割れを産み出す
そして片割れたちの旅が始まる その繰り返し
私たちはただ片割れたちを抱くだけ
そのほかは神に委ねて

792 :もみじ ◆ulufrlRV4E :04/02/17 03:50 ID:iVWBLMmE
いつもいい香りがするけど
イイ人いるの?
口紅変えて何かあったの?
つややかな色した
キレイな唇
吸いつきたくなる
目を閉じて

793 :フラット坂田:04/02/17 07:40 ID:V0nDietF
右に 回れ routine
君も 来たれ talking

輪と輪が描く永久
手と手が繋ぐ河

 賽をふる日
  灰になる詩
 愛を知る樹
  舞い踊る身

枷を 取れ party



794 :もみじ ◆ulufrlRV4E :04/02/19 00:05 ID:63SDeRbj
何も考えないで
朝まで抱き合いましょう
とてもやわらかなひとときをふたりで過ごしたいの
体温を肌で感じあいたい
今は不安を忘れて
朝まで触れていたい

795 :フラット坂田:04/02/19 02:02 ID:/FeeyYe6
キタ━━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━━ !!!!!
さんはどこに行ってしまったのだ??


796 :名前はいらない:04/02/19 02:41 ID:G4RP6oCW
さぁ
あいうえお

797 :◆tr.t4dJfuU :04/02/19 12:08 ID:SQEwpRDF
minna genki? kinouha tmodachiga kataashi dakeninatticyattayo

mata kuruyo



798 :なみなみお:04/02/19 12:15 ID:gCSe9ybR
〉北
タリバン、おつかれー。

799 :◆tr.t4dJfuU :04/02/19 15:37 ID:ieeO9Z0I
はい、ただいま。

800 :◆tr.t4dJfuU :04/02/19 15:45 ID:ieeO9Z0I
体言止めされた局部をいじくりまわさないでくれ


801 :名前はいらない:04/02/19 15:55 ID:G0V8e/ML
あなたの愛の結晶
本当においしい
もう一回飲ませて

802 :◆tr.t4dJfuU :04/02/19 18:17 ID:BWtx2Yh3
 ̄^^^^---

803 :名前はいらない:04/02/19 18:27 ID:lapwMLJh
むしゃむしゃむしゃ遺産が過多で芸術も昇華ないがなーコレ

804 :名前はいらない:04/02/19 19:24 ID:lZvsalz/
余ったチンチンの皮を気にしながら
抜け落ちていく髪を拾い集めている
渦巻きながら高まったあの野糞のように
自信を持って生きている
オレ、25才。独身
子供の頃みてた
アラレちゃんみたいな女神、探してる。こんな腐臭しか放たないオレ、
25才を突ついてくれる可愛いマンコ野郎を
最近ふと思うこと。日本は可愛い子で満たされている
この国にあって一人脱糞するオレ、25才。
きっと今年は大地母神エネルゲイア様が肥溜めから助けてくれる
2004年は予言の年だから
今年こそは女神にも劣らぬいいことあんだろうと思う

805 :しんしん:04/02/19 21:43 ID:bIDPHkU/
>>北
詩どうもありがとう
すごいカコイイ詩だったよ
俺好みの詩だったけど俺に合わせてくれたのかなぁ?

806 :◆tr.t4dJfuU :04/02/19 22:45 ID:F+83UA1Y
やぁ、しんしん、ひさびさ。
最近見ないからちょっと覗いてみたよ。
詩の意味なんてどうでもいいよ。
おまかせするよ。

807 :しんしん:04/02/19 23:09 ID:bIDPHkU/
>>北
ちょい前の俺って詩坂に依存してたんだよね
そんな自分が嫌でリアルで少し頑張っていたんだよ
今は少し心が変わって詩坂とは
適正な距離をとりつつ楽しもうと思ったんだ
ここに来てわかった事は俺は本当は
内に篭るタイプの人間だって理解できた事かなぁ?
んで今日きて思った事は北にトリップがついていて
時代が流れた事を実感できたよ


808 ::04/02/20 01:51 ID:QRKEZuoc
私はキャンディーが好きなの
いつも何か口にいれてなきゃ落ち着かない
そんななかでも
最高のキャンディーは あなた

コンクリートに反射するあなたの声
いつもは低いのに こんな時は高くなるのね
途切れ途切れで吐息交じり
何言ってんだかわかんないわ

縛り上げた両手がもどかしげに動いてる
そんなにいいの?
口に加えたまましゃべったら びくんと揺れる体

───かわいい

あなたが愛しいの
そのキャンディーが私のお気に入り
いっぱい舐めさせて

早く 中身を出しちゃいなさいよ
苦いのだって食べちゃうわ


809 :◆tr.t4dJfuU :04/02/20 01:59 ID:rs73p0tn
注意!!!!

ここはエロ随筆
エロ日記 等
エロな告白を直接するスレッドではありません。
解らない人は>>1をよく噛み砕いて読みましょう。

810 ::04/02/20 02:30 ID:QRKEZuoc
「ハレンチでイや〜んな言葉」という言葉は使っていないと思うのですが?
それに、日記というわけではありません。
でもスレッドの主にそうとられては、どうしようもありません。
素直にあやまります。
すみませんでした。

811 :◆tr.t4dJfuU :04/02/20 02:39 ID:rs73p0tn
>>810
おおっ、なんというエロさ。
>810その文章、その言葉こそ脳みそを揺さぶる!

812 :◆JGUyCCkF0E :04/02/20 02:45 ID:3prA7Deq

しーんや。

813 :◆tr.t4dJfuU :04/02/20 02:51 ID:rs73p0tn
>>812
ここにインド人いないと思うよ。

814 :名前はいらない:04/02/20 05:00 ID:Y1uAivWo
 彼女は男を組み敷いて、必要なポートの接続に備えた。
オススメのアダプターはすぐにも使える状態である。
出入力装置が作動して、サーヴァー/クライアント/、主人/奴隷の役割を区分するシステムが立ち上がった。
対をなす最高級の生物学的マシンは今しもケーブルモデムによってデータを交換し、
互いの前戯処理装置にアクセスするところだった。

815 :名前はいらない:04/02/20 05:01 ID:Y1uAivWo
× クライアント/、
○ クライアント、

816 :もみじ ◆ulufrlRV4E :04/02/20 07:05 ID:A/2iTJez
やっとふたりになれた
もうどこにも行っちゃいや
指をからませ
足をからませ
唇を重ねあい
現実を忘れてみようよ

それが怖いのはわかってる
ほんの少しの間だけ
ふたりだけの時間を過ごそうよ

だあれも知らない
ふたりの時間

817 :◆tr.t4dJfuU :04/02/20 15:55 ID:W+7CrYNg
>>814
努力がみえる

>>816
現実をシャボンダマにしてほしい

818 :もみじ ◆ulufrlRV4E :04/02/20 22:48 ID:/6OAwlvO
>>817
感想ありがと

エロスを表現すのに少々照れが生じてしまい
ワラ

819 :◆tr.t4dJfuU :04/02/21 00:39 ID:kIteW+vZ
レモン

少女が生産した十代の
感傷的な空に育てた レモン

今では懐かしくなった音楽を
聴いて育った レモン

果肉はいつまでも水々しい

胸の奥底で風の町 
誰も知らずに

突然 わっと弾け 崩れた
レモンレモンレモン  レモン

レモン 太陽がやけに眩しかった

今夜 彼女が泣いた理由も

レモンレモン

締め付けるような酸味

820 :名前はいらない:04/02/21 00:44 ID:NayZLQOT
ヤッターマン
コーヒー
ライター

三人寄ればエロスになる。

821 :◆tr.t4dJfuU :04/02/21 00:52 ID:kIteW+vZ

深夜
銀白のシーツ
波打つ夜に
レモンティを
零した月

822 :名前はいらない:04/02/21 01:12 ID:nXLNAn2O
すじの通ったロリ映画が好きです。

823 :フラット坂田:04/02/21 17:40 ID:4BZodjIr
見上げた夜空はとても綺麗で
くもった眼にはやさしい光りが届きました
僕のまわりのうるさい光りも
闇がやさしく包み込みました

大きな三角は近くにあるんでしょうか?
僕は遠くにもっと大きな三角を作り
その角が指す流れる星を見ました

蛇行する星は願いを叶えてくれるでしょうか?

そして 母はいつだって僕をそっと吸い取ってくれるのです



824 :◆tr.t4dJfuU :04/02/21 18:03 ID:OsEkavBw
>>823
やあ、いらっしゃいませ。
前半のトリップな感じが好きだな。
三角は冬ですか?それとも夏ですか?
少し気になりました。

825 :フラット坂田:04/02/21 18:21 ID:4BZodjIr
>>824
お邪魔してます。
冬ですね!
夜勤の休憩時間中
煙草吸いながら、
茶をすすりながら、
凍えながら、
見れるうちに書いてみたいと毎日見上げた 冬の三角です。

少し気にしていただけて、昇華されました。
お邪魔しました。

826 :◆tr.t4dJfuU :04/02/21 18:29 ID:OsEkavBw
>>825ほうほう、冬ですか。
そうやって心に留まった想いを書き留めて
おくのはイイッですね。
ではそれの第二弾をお待ちしております。
気が向いたらで。

827 :へドリアン女王:04/02/21 18:41 ID:J6pT9c0j
北さんって、文章に起承転結を付けず
支離滅裂な理論で誤魔化すことにかけては天才ですね藁
上野の路上で売ってるバッタ物みたい藁藁
ここまで安いコテって私初めてでござんすw

828 :名前はいらない:04/02/21 18:57 ID:kO+CYATw
魂の浄化
今宵もその時が来た
私と貴方の魂を清める時が
ふたりが溶け合い 身を寄せ合い
そして深い眠りに就く
静かな夜


829 :~'-v('A`:04/02/21 19:21 ID:YXj9f8r6
僕が勘違いしたんだ
僕の勘違いだったんだ
あなたの瞳は
僕のカタワレ
そう思えたから
還れる気がしたんだ
遠い宇宙へ……

……と
被疑者の発言は終始一貫性がなく

830 :名前はいらない:04/02/21 21:52 ID:klOcWW3y
肉筆

肉筆画を描く
筆おろしをして
未完成の裸婦に筆を立てた

831 :名前はいらない:04/02/21 22:45 ID:klOcWW3y
盆地の下は、竹村武子

832 :ダライアス外伝 ◇SIIVERHAWK:04/02/21 22:48 ID:I/D+NlfB
お前の手提げ袋には金魚鉢に何十匹のオタマジャクシが

833 :もみじ ◆ulufrlRV4E :04/02/22 02:50 ID:HVw9PrIX
衣を捨てて
あなたと過ごす一夜
何もまとわない私の肌
やさしく包んでくれるあなたのぬくもり
ふたりで吐息を感じましょう
やさしく抱き合いながら
過ごすやわらかな一夜

834 :◆tr.t4dJfuU :04/02/22 09:59 ID:NBUA5scL
はーい!みなさんおはようチンクルチンクル。
みんな書き込みありがとう。
もみじさんの新作は>>821
の解説のようで僕は嬉しいマンクルマンクル
独り善がりな酔っ払い。
僕は最近自分に酔っ払ってるから。
みんなも飲みすぎには気をつけよう。ゲロゲーロ!

835 :◆tr.t4dJfuU :04/02/22 10:19 ID:NBUA5scL
僕は君とおまんこしたい!
いきなり言う奴がありますか?そんなん言う奴は
時間と金で日焼けしている奴か、超イケメン灯台広いな海編くらいなものです。


はっきり言って

僕とクラゲを観にいきませんか?

836 :フラット坂田:04/02/22 10:51 ID:P1kDk0R8
>>826 気が向きました!後は北さんのお気に召すかどうか!


広がる闇に
ボクが見いだせる命の爆発は
少ない訳で
もう一対の眼を持ってきた所で
歪んでしまう訳で
だから
ボクは限りない真実と深遠を
あけ続ける瞼の奥に
焼き付ける
見上げた理由と一緒に
鳴り止まない三角の響きと共に


837 :◆tr.t4dJfuU :04/02/22 11:09 ID:NBUA5scL
>>836
>ボクが見いだせる命の爆発
この一行が真実とまともに対抗できる力を
有しているので全体のバランスが保たれた感じですね。


>後は北さんのお気に召すかどうか!
坂田さんが気にいっているなら、
僕も当然嬉しいです。

838 :フラット坂田:04/02/22 11:20 ID:P1kDk0R8
。゜(゜´Д`゜)゜。ウワァァァン!!
と、う〜れしな〜き〜♪
でも、「坂田さん」には本気に(ノд`)ビェェェ〜ン

多感な昼飯ドキ

839 :◆tr.t4dJfuU :04/02/23 12:03 ID:vFKYvm9Q
a


840 :フラット坂田:04/02/23 13:16 ID:Pb4UXy8p
ネタをパクリしこの僕に
北さん怒りの1文字レスポンス
凄く怖いよDOしよう
aaa怖いよDOしよう

841 :名前はいらない:04/02/23 14:14 ID:2CrotdKD
君は さりげなく下ろすふぁすなー
ぼくのあれをしめつける
 ミス散るより

842 :ティナ:04/02/23 18:04 ID:9uN33Ne4
「風の中」
     
生命は、何の為に生まれて来るのだろう・・・?
祝福の中で、生まれて来る生命も有れば、
憎悪と侮蔑の中で、生まれて来る生命も有る。
同じ生命が、在る人にとっては、「希望」と成り、
別の在る人にとっては、「絶望」と成る。
けれど、そんな物は、生む側の都合に過ぎない。
「生命」その物は、何の為に生まれて来るのだろう・・・?
そして、私は、何の為に、生まれて来たのだろう・・・?
     
答えなんか無い。
答えは、自分で作るしかない。
私は、今日も、風の中を歩く。


843 :名前はいらない:04/02/23 18:11 ID:jcN1cq7Z
t

844 :名前はいらない:04/02/23 19:41 ID:rwouvhAJ
ジャングルの奥の甘い花びら。
スコールにうたれテラテラと光る艶かしい花びら。
僕は蝿。
そこにとまった一匹の蝿。
奥の白い蜜を舐めまわす一匹の蝿。

845 :名前はいらない:04/02/23 20:39 ID:l/3xtzW4
足の指の間を右手中指でなぞった。

付着したものを鼻に近づけ芳醇な燻香を楽しむ。

またそれを口へと運び深い味わいに酔いしれる。

846 :◆tr.t4dJfuU :04/02/23 21:49 ID:CrD1irLK
>>840
どうした?
僕は何もわかってないぞ。

847 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/02/23 23:52 ID:rZM7jQ73
さあ、ジャイアン
涙をふいて

848 :◆tr.t4dJfuU :04/02/24 00:50 ID:JcU/potm
どらえもーん

849 :◆tr.t4dJfuU :04/02/24 01:03 ID:JcU/potm
かみひこうき


すべて押収され
がらんどうで
椅子の底が抜けたような
雲の上

一人を軸に回り続ける空中

放課後

校庭



850 :◆tr.t4dJfuU :04/02/24 01:55 ID:uCxB7uh0
::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

851 :◆tr.t4dJfuU :04/02/24 02:01 ID:uCxB7uh0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::: :
:::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :: ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: : : :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: : : :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: : :: : :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: : :::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::

852 :◆tr.t4dJfuU :04/02/24 03:11 ID:uCxB7uh0
>>842
最終連の
>答えなんか無い。
答えは、自分で作るしかない。
私は、今日も、風の中を歩く

を一連目にして、そこから新たに詩作してみませんか?

答えなんか無い。
答えは、自分で作るしかない。
私は、今日も、風の中を歩く。
曖昧な顔をした空中を雲のように横切る。
足場の無い虚無の上を人生がひたひたと
透り過ぎてゆく。

僕はこんな感じで試みてみました。

853 :フラット坂田:04/02/24 08:31 ID:TKwM+ZzC
>>846
懐疑服
(`・ω・´)モキューン

854 :◆tr.t4dJfuU :04/02/24 10:50 ID:TSc/c8fC
モキューン!

855 :◆tr.t4dJfuU :04/02/25 01:57 ID:P17eJnY6
test

856 :名前はいらない:04/02/25 02:03 ID:JaNhdMXX
「おじさん、なすびが黒光ってますよ」

857 :◆tr.t4dJfuU :04/02/25 02:15 ID:P17eJnY6
てすと

858 :◆tr.t4dJfuU :04/02/25 02:34 ID:P17eJnY6
てすと

859 :◆tr.t4dJfuU :04/02/25 03:10 ID:P17eJnY6
trst

860 :フラっと、坂田:04/02/25 04:27 ID:h+loZvTu
とらすと

861 :曾村益廊:04/02/25 10:00 ID:Lze5LiXx












                         栗とリス。











862 :名前はいらない:04/02/25 12:10 ID:Suu6IjCc
貴女の

三日三晩風呂に入っていない躰に

レモン汁を少々絞って

舌で存分に味わいたい

863 :◆tr.t4dJfuU :04/02/25 14:40 ID:m7UsqsHI
おはこちんちわ。
先生までいらっしゃってる。
今日も一日良い日でありますように。
さあ、なにを食べようかな。

864 :木崎このみ:04/02/25 14:44 ID:Qw5WbJan
今年で成人になります。
このみ も やっと 20歳になったよ!
今年から一人暮らしすることになりました。
でも、友達少ないし、彼氏もいましぇん。
さみしぃよぅ・・・。ミクロな身長と ぷるるんとした唇がぽいんとでちゅ。いっぱいあそんでぇー

865 :名前はいらない:04/02/25 14:54 ID:MachxEYD
このみちゃん。成人おめでとう♪
ぷるるんに惹かれました。
戸締りには気をつけてね♪

866 :◆tr.t4dJfuU :04/02/25 15:13 ID:m7UsqsHI
>>864
危険だなぁ。なんか・・・

867 :◆tr.t4dJfuU :04/02/25 15:26 ID:m7UsqsHI
石畳に刻まれた血の上を
外国人の群れがゆく

868 :◆tr.t4dJfuU :04/02/25 16:04 ID:m7UsqsHI
    ΔΔ
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;; )
      ズザーーーーーッ



869 :曾村益廊:04/02/25 17:10 ID:JA6jIG33
なんだ?ひどく工口いじゃないか、このみちゃん!
この二次元コンプレックスのウスラトンカチめ!
ちくしょぅ!ちくしょぅ!ちくしょぅ!ちくしょぅ!ちくしょぅ!ちくしょぅ!
好きだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

870 :◆tr.t4dJfuU :04/02/25 22:18 ID:4bhkqK+g
           






                ( i‘ ゝ`)


871 :◆tr.t4dJfuU :04/02/26 01:54 ID:uqrTgQpP
  ∧ ∧   |
| 〔( -Д-)〕  |
(⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒)
|⌒⌒⌒ <⌒ヽ o 。 うああぁぁ...
|      <_  ヽ。
|      o とノ ノつ
|       。  | 〜つ

こんなんひらいました!

872 :◆tr.t4dJfuU :04/02/26 03:09 ID:3fDZLgXt



とうとう来たか

暗雲 たち込める 胸の響き
波打つ脈動の城

タチアナ そして タチアナ

おまえの肉片を食らう胎動の
なめし銀の肌を 潮騒 カモメ

濡れ衣を零れた月光で握り締め
窓の隙間 




873 :名前はいらない:04/02/26 03:28 ID:c4ZJ1j5Z
エゴ》
誰もあいてをしてくれない
誰もあいてをしてくれない
俺が仮面を捨てたからか
俺を愛してくれ
俺を愛してくれ
仮面は死のそこに投げてしまった
俺は死にたくない
俺は死にたくない
ベランダに落ちてきた小鳥の死骸
血が滝のように落ちてくる夜
腐りかけた手足を動かす亀
俺は仮面を死のそこへ投げた!
だれか! だれか!
死から俺の仮面を探してくれ
誰も知らない
誰も俺を知らない
純粋な心などない
純粋な魂などない
空に投げ出した体が急落下をくりかえしている
満たされない満たされない
なぜだ!なぜだ!

874 :名前はいらない:04/02/26 03:33 ID:c4ZJ1j5Z
愛せ!愛せ!愛せ!愛せ!
俺は愛などなくなってしまえばいいとおもう
愛などないほうがましだ!
ああ、ああ!
愛が落ちていく
惑星より大きく宇宙より思い愛に殺されそうだ
満たしてくれ
満たしてくれ
俺が求めたものそのままに満たしてくれ
余白はもうない
余白がない
余白を赤い愛で満たしてくれ!

875 :もみじ ◆ulufrlRV4E :04/02/26 05:08 ID:bd0km1Kh
私はいつになったらあなたのそばに寄り添うことが出来るのでしょう
あなたに抱かれるのがとても怖い
それが不安で1歩も歩けない
何も考えずに顔を寄せ合い
唇を吸いあっていればいい
それだけなのに
あなたにあうのが怖い
見つめられるのがとても怖い
身体が安心するような優しい時間を過ごしたい

876 :◆tr.t4dJfuU :04/02/26 20:46 ID:xXw74XXM

>もみじさん


>唇を吸いあっていればいい

この一文が素 素 素晴らしい!

877 :かつお:04/02/26 21:36 ID:0SUmQvuw
二つの巨大な丘を南に下った
小さなクレーターを飛び越えて
草が生い茂るジャングルに到着
オアシスには溢れ出る水と豆のようなビーチボール
ビーチボールをつまみながら水が出る方向へ
前進後退 汗が出た 前進後退 時に激しく
僕は孫悟空のように髪の毛から分身を飛ばした  

878 :◆tr.t4dJfuU :04/02/26 21:53 ID:xXw74XXM
test

879 :◆tr.t4dJfuU :04/02/27 03:44 ID:NxIm2XSQ
よっしゃああああああああ!!!!!!

880 :◆tr.t4dJfuU :04/02/27 03:52 ID:NxIm2XSQ
寝るぞおおおおおおおおおおおおおおっ!!!

881 :名前はいらない:04/02/27 12:43 ID:uVGqajxj
我慢するぞ!
我慢するぞ!
我慢するぞ!


882 :◆tr.t4dJfuU :04/02/27 21:40 ID:pbJERP8Q
てすと

883 :フラっと、坂田:04/02/28 00:16 ID:qgtERKEJ
一人淋しく夜空を見てたら
三角が千切れてゆくのが見えました
きっとただのお別れなのでしょう
彼らは旅に出たのかな
より光り輝くために
誰よりもうつくしく在るために

広い空はあまりにも沢山あって

彼らが何度も何度もすれ違って
僕達が何度も何度も死んだ時

その最後の時
彼らはきっと一番輝いてみせるのでしょう
空を焦がして
魅せるのでしょう


三角3部作-完-
ドゥン〜!!!

884 :イナ:04/02/28 02:10 ID:716u0FGh
もちもち。

885 :◆tr.t4dJfuU :04/02/28 02:40 ID:LgOgEUno
>フラットさん
ごくろうさん。
是非は問わない。それは答えは君の中にあるから。
ありがとう。また書いてね。

是非を問わない理由は、
たぶん、力作だから・・・



886 :◆tr.t4dJfuU :04/02/28 02:42 ID:LgOgEUno
>イナ

久しぶり

887 :名前はいらない:04/02/28 03:00 ID:rXYzp8Tw
きみは尻からまろびでるダイヤモンド

888 :◆tr.t4dJfuU :04/02/28 03:10 ID:LgOgEUno
公園で おんなのこは 鳩をだした

まただした 

人だかりができた

まただした

だして だして

しているうちに 

ぽつぽつ と

みんな帰っていった

とりのこされて 動けなくなった

おとこのこ・・・  ひとり

889 :名無し草 :04/02/28 03:55 ID:7sNozwdT
もう宴も終盤だけれど少しはタイトルに見合う死を、いや詩を。

890 :◆tr.t4dJfuU :04/02/28 04:05 ID:LgOgEUno
>>889
君の想像力は蚤より小さいね^^


891 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/02/28 04:15 ID:thDsd9lq
蘆の間へ
 たれさしかける
  女郎花
 沖つみず鳥
  啼き渡るかも

892 :名無し草 :04/02/28 04:29 ID:7sNozwdT
そうか。相変わらずトラブルメーカーだな

893 :◆tr.t4dJfuU :04/02/28 04:29 ID:LgOgEUno
平行感覚


平均台を渡るとき、
傾く身体を修正しようとするときに、
これを反抗と呼ばれるならば、

僕は落ちるか、
渡りきってしまったとき、

はじめて素直になれたと言おう。



894 :ポエ子:04/02/28 05:48 ID:TcnstVK7
おお、おぅ、おおおう。
なんと美しき湖なのだろうオマーン湖
朝日が反射するその水面の輝きは
夜空に浮かぶ数万個の星の輝きに
匹敵するかも〜ん

895 :もみじ ◆ulufrlRV4E :04/02/28 08:16 ID:fzM/o/JE
>>876
ありがと!
これからもエロスに磨きをかけます。

896 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/02/28 09:01 ID:D9UMWt7A
ほら  また
次が来て
それを次が追い越して
づんづんとゆく僕らは
言い訳をしながら
背中を奪い合う

窓から見える空が消えて
空から聞こえる音が消えて
音から伝わる温度が消えて
ほら   また
次が来る

897 :曾村益廊:04/02/28 09:17 ID:7OTRzUSe
丸髷の大きさでぼかぁ大体判るね。




























え?そうだよ。 その女の淫乱度がだよ。

898 :フラっと、坂田:04/02/28 09:41 ID:qgtERKEJ
>北さん
ありがとさん
ッテ、テヌキダァ!テヌキダー!!\(`Д´)ノウッホホーイ!!

(´-`).。oO(きっとドゥン〜!!!が効いたんだななドゥン〜!!!が、
重厚さを増したんだな、あのドゥン〜!!!が、作品の重厚さを底上げしたんだな)

899 :名前はいらない:04/02/28 10:43 ID:Ll43HBZs
うちに帰ってきて、早速、安ワインの栓を抜く。私はこれが下手だ。

オープナーをミリミリとコルクに突き刺して、えい、と引っ張るがどうにもこうにも抜けない。
えいえい、えいえい。コルクが割れてきてしまった。仕方ない。引いてダメなら押すしかない。

コルクをボトルの中に落として、開ける。私はけっこうこうしてしまうことが多い。菜箸でコルクを押し込む。
えいえいえい。

 一気に押したら、ボトルを壊すか、自分の手を傷めそうなので、ゆっくりゆくり押し込む。
除々に落ちていくコルク。空気圧が変化して、中からワインがこみ上げてきた。妙に赤。
「ごめんね、ごめんね」と、とりあえず言ってみる。いや、言わなくてもいいんだけど。

しばしの格闘の後、ようやく全部落ちたコルク。「ふーーー」と一安心。
慎重にやったのだけど、それでもこぼれてしまったワインをティッシュで拭く。

「ふー、よかったよ」と、とりあえず言ってみる。いや、言わなくていいんだけど。


900 :名前はいらない:04/02/28 13:57 ID:VBLCGMse
900get

901 :◆tr.t4dJfuU :04/02/28 16:37 ID:qOAzdsxJ
さぁ、みなさん! 
このスレも残すところ100を切りました。
これも 皆様が日々心身を削り、
このスレに書きこみいただいた光り輝く結果だと、
感じます。

皆様の汗、泪、血等体液が、キラキラと朝露のように回転しながら、
この世の景色を、そして置き去りにされた心の隙間を、
覗きこんでいます。

しかしこのスレはこれからも迷走を続けるでしょう。
しかしそれは答えがはっきりと見えているからです。

お膳の上の洗物を済ませたら、雨戸を閉めてください。
布団を敷いて それから・・・
あとは深い眠りが貴方を征服しにやってきます。

なにもかも、生命故 私たちの責任なのですから。

だから、曝け出してください。 貴方の罪を。 笑いながら、泣きながら、
虚無のような空の上を、道を標しながら歩いてください。

生まれくる 新しい命のために!!

なにもかも、生命故 私たちの責任なのですから。 



902 :◆tr.t4dJfuU :04/02/28 16:46 ID:qOAzdsxJ
オマンコ

903 :◆tr.t4dJfuU :04/02/28 17:05 ID:qOAzdsxJ
ギーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

904 :名前はいらない:04/02/28 18:41 ID:Ll43HBZs
>>902
くだらねえな、死ねよ!

905 :曾村益廊:04/02/28 19:48 ID:9lf4WorS
>>904
902は確かにくだらないが、そこに対するお前のコメントのほうが遥かにくだらないことに気づけ。


906 :名前はいらない:04/02/28 20:03 ID:DEI1sEOL
ochinnchinn ga hoshii yooooooooooo

907 :◆tr.t4dJfuU :04/02/29 02:13 ID:hkg/+KaO
ただいまー!!

雨、外は雨だよ。

どこもかしこも 雨、雨 濡れている。

先生、いつもありがとう。

なんだか普通には拭えない 雨 雨だよ。

悲しい? 嘘 嘘だよ。

雨、外は雨だよ。

908 :名前はいらない:04/02/29 02:15 ID:Vx1IzUF2
>>905
そのレスの返し方 最高
見ててスッキリする

909 :曾村益廊:04/02/29 02:55 ID:piWjb/RI
『元気なウナギを蒲焼きにする前に使おう!』

一生懸命動くと思うし、やはり一生懸命奉仕してくれると思う。
己の命が消えることを自覚した生物は、必ず優しくなれる。
だからもう一度言わせてよ。
元気なウナギを蒲焼きにする前に使おうよ!

910 :◆tr.t4dJfuU :04/02/29 03:06 ID:TokUHHGa
マジっすか



生きてゆくために
僕達は何をどうしてどうしているのか

君の命が君だけで終始していないことを
どうして路地裏はうなだれているのか

包丁を握り

物凄い形相をして追いかけてくる嫁の姿に

僕はぐっと息を潜めた

911 :曾村益廊 ◆BWfRR2Ltks :04/02/29 10:27 ID:IVfto/nP
マジっすか




必死の形相で私の横を通り過ぎる嫁
タイミングよくあしを出してみた

<ズザッさーーーーーーーーーーーーん(おやっさーーーーーーーーーーん)>

砂煙りがモウモウと立ちのぼる

嫁が転んだ!
私を般若の形相で睨む嫁!

しまった、見つかった!

912 :◆tr.t4dJfuU :04/02/29 23:19 ID:HuFbSotE
マジッスか

そう・・・
思い返せば鬼はいつも女だった

落ち葉を拾うのも
馬鈴薯をむくのも
タヒチの幻想も
モナリザも

おまえが見ている景色はいつもどこか歪んでいてさ
そんな渦巻いた光景をダビンチは描こうとしたんだ

おれとおまえには時間差がある みんなそうさ
だから原爆みたいなものを作っちまって
あとでおいおい泣くのさ

空をみてみろよ 般若の面が大きく透かして見えるだろ?
おっと 言葉が過ぎちまった

今のおれにそんな余裕はないんだった



913 :名前はいらない:04/02/29 23:37 ID:8TBb5Cwc
マジッスか

たったそれだけのことでいい
普通に結婚して
普通に子供生んで
自分と   にそっくりなわが子
こわいくらいの挙動に
抱きながら泣いてしまう

何かを伝えるということは
確実になにかを失っている
というような
心の剥落した部分

だから抱きながら泣いてしまう
幸せとか懐かしさとか言うより
この子を得たことと
喪失感と

だから男は弱いんだ

914 :◆tr.t4dJfuU :04/02/29 23:44 ID:HuFbSotE
まじっすか  番外


彼は誰にも知り得ない
何かを求め歩いた 

夢を先送りにするようなこともなく
ただひたすら現実に立ち向かった

暗闇の密林で道なき道を 
不思議な草木を
掻き分け 
それは逆に何かに
追われているように感じられた




915 :名前はいらない:04/02/29 23:50 ID:8TBb5Cwc
マジっすか 梅干編

そこの君 すっぱいだろう
そんな顔して
さあ、顔をあげて
もう一度あげて
ごめん、もっかいだけ

ほら、この梅干を食べるんだ
いいや、食べるんだ
あいた!噛むな!
ほら食べるんだよ!

どうだ すっぱいだろう
いい顔してるよ
まったく

916 :◆tr.t4dJfuU :04/03/01 00:26 ID:2H9LYzLa
名誉だと思うこと

コテハン然り
名無しに至っても
このスレの書きこみのレベルが高く感じる

いや、それは技術云々と違って
このスレタイトル故に
何かいつもと違ったものを表現しようと
皆様が少しでも時間を削って そして
その血と汗がこの石畳に染み付いていると
ゆうことだ

この嘆きの壁のように
悲しみ 痛み そして努力 そしてそこから生まれた笑顔を

ーこれは先生の言葉だがー

もしみんなで共有できれば
皆様に平等に与えられている
深い 深い 深海のに眠る
人格という 幸せを心から曝け出す
ことが出来るのではないだろうか

見えないものを分け与え合う
そんな希望の光がこのスレには輝いている


917 :名前はいらない:04/03/01 01:44 ID:Zs8MymAp
まじっすか。評価は評価スレへどうぞ。

918 :◆tr.t4dJfuU :04/03/01 01:47 ID:2H9LYzLa
>>917

いや、けっこうです。

919 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/03/01 01:50 ID:rMLd1DEE
「牡蠣と老人」

 私は老人と海に出た
 老人は牡蠣を食わしてやろうと
 錆びたナイフを裸で握り
 ぶっきらぼうに海にはいった

 夕凪だった
 不気味に黒い光沢を揺らしていた
 とおくでトンビが鳴いていた
 太陽がじりじりと焼いた
 老人が戻らなかった
 私は、いそいでいそいでというように
 立ち上がり 足を踏んだ
 岬で独りだった
 太陽が音を立てて傾いだ

 ゆるやかな風が戻ると
 たゆたう海面から
 老人の短く刈られた
 白髪頭が突びでた

920 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/03/01 01:51 ID:rMLd1DEE
 まだ息が荒れていた
 老人がきらめく石にナイフをかきいれ
 ひねると
 白く柔らかそうな乳のような牡蠣が
 浮かんでいた

 爪の割れた
 ごつごつの手から
 私の丸くむくんだ掌に
 白い塊が落とされた
 「飲め」と言われたので
 私は魚のように口を開けて
 それを飲み込んだ

 牡蠣は涙の味がした



北さん、みなさん、コメントください。
ここをこうしたらいいよとか、読んだ印象だけでもいいんで。

921 :名前はいらない:04/03/01 01:53 ID:h2YadwoF
>>917
あんたが行ってくれば

922 :名前はいらない:04/03/01 01:53 ID:Zs8MymAp
カキ(゚ー゚)マズー

923 :名前はいらない:04/03/01 01:56 ID:Zs8MymAp
>>921
(・A・*)アンタ、ダレ??

924 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/03/01 02:02 ID:rMLd1DEE
ちなみに「牡蠣と老人」はいろんな詩のかんじをパクリながら書きました。

北さんの梁山泊投稿作は

>グラスの中
>螺旋階段を伝ひ
>眩暈に墜落

の部分が個人的によかったです。
あと、日本語は、本当に助詞が難しいんだなとかんじました。

>赤い血こそ
>利己主義の砦

ここはちょっとわからなかった。
あと、全体を通してですけど
言葉のつながりに軋みがある感じがします。

正規に投稿されてらっしゃって、ぼくが審査参加させて頂いてたら、2点か1点いれます。
(他の作品による。)

>>922
涙。

925 :名前はいらない:04/03/01 02:05 ID:Zs8MymAp
>>924
貴方の詩じゃなくて食べ物のカキが嫌いなのだ(゚ー゚)マズー

926 :名前はいらない:04/03/01 02:06 ID:8dKPhi5Y
ぶっきらぼうですいませんが、勝手にダメ出ししてみます。
情景とストーリーはとても良いと感じたので、こまかい表現の部分だけ。

>老人は牡蠣を食わしてやろうと
 (錆びたナイフを裸で握り)←ここは削った方がいいかも。並びが不自然?
 ぶっきらぼうに海にはいった

>夕凪だった
 不気味に黒い光沢を揺らしていた
 とおくでトンビが鳴いていた
 太陽がじりじりと焼いた

夕凪なのにとんびが鳴いたり、太陽がじりじり焼くのはそぐわないかも。

>足を踏んだ→足踏みをした の方がいいかも。
 
>白髪頭が突びでた→「突びでた」ってどうよむの?

>きらめく石→牡蠣の殻がきらめいてるっていうのはどうか。 

>白く柔らかそうな乳のような牡蠣→推敲の余地ありか。


927 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/03/01 02:19 ID:mEoW4zTE
>>919-920
個人的に

>太陽がじりじりと焼いた
「焼いた」より「灼いた」とか「灼熱」で「やいた」としてみたり
魚が焦げるのとは訳が違いそう

>たゆたう海面から
近頃「たゆたう」が流行ってるのかしらんが
せっかく大地をふみしめるような描写をしておきながら
ここだけ堅実でない 浮いているようだ
「ぼやけた」では駄目な理由があるならそれもよし

>白く柔らかそうな乳のような牡蠣が
おそらくだけど、店に並んでるようなのはこんなので
取れたてはもっとエグイような気がする
気がするだけ。実際どっちかはまぁどうでもいい。

>「飲め」と言われたので
こういう老人はまず自分が飲んでみせてから言いそうな気がする
これも気がするだけ。

>牡蠣は涙の味がした
ここまでにもう少しだけ語り手の描写があればなぁ、と

928 :◆tr.t4dJfuU :04/03/01 02:35 ID:RduuK5Eg
>>919

老人と海に出た

おまえに牡蠣を食わしてやろう

それが理由だった 

さびたナイフのような肉体は 
音も立てずに するりと海にはいった 

夕凪だった
不気味に沈黙が
てらてらと光沢を揺らしていた  

太陽 じりじりと時間を焼いた  
老人はどうした
 
岬は独りだった
私は いそいで いそいで!! 
と立ち上がり膝を竦たりした
 
やはり岬は独りだった
太陽は傾き

悠々と 遠くの鳶は切なかった
 
海 海の静寂 ・・・

たゆたう海面から
老人の白髪頭が突き出した


929 :名前はいらない:04/03/01 02:41 ID:Zs8MymAp
詩なんてドーセ自己満足デスヨ。

930 :◆tr.t4dJfuU :04/03/01 03:00 ID:pczMc9n1
荒れた息

老人はゴツゴツとした貝殻ナイフを
かきいれ ガキュッとひねる
 

乳白色の柔らかそうな身が弾けそうだ
 

爪の割れた
筋張った手から
私の丸い掌に
どろりと塊が落とされた
 
「飲め!」

と言われたので
とっさに私は口を開けて
かぶりついた


牡蠣は海の味がした

泪は塩からかった


老人は嬉しそうに
顔をくちゃくちゃにして喜んだ


@@@@^^こんな感じにしてみたよ


931 :◆tr.t4dJfuU :04/03/01 03:05 ID:pczMc9n1
>>829
世の中すべて自己満足ですよ

ギブ アンド テイク やってますかあああ

932 :◆tr.t4dJfuU :04/03/01 03:07 ID:pczMc9n1
>>924 namio

さんきゅー^^

933 :名前はいらない:04/03/01 03:13 ID:XYC8o1Xa
迂闊な僕の切なさを中に出させて

934 :◆tr.t4dJfuU :04/03/01 03:16 ID:pczMc9n1
僕ね、なにが嬉しいかって、評価云々ももち嬉しいんだけど
そのなみおちゃんの気持ちがとても嬉しいんだな。
あなたは僕の心の隙間を埋めてくれる
優しい人間だよ。^^

935 :◆tr.t4dJfuU :04/03/01 03:38 ID:pczMc9n1
ああ、土下座しちゃったよ^^
大の男が悔しいね。

でも良かったよ。

ちょっと悩んだんだけど
ちゃんと誠意みせないとね。

それを教えてくれた構造さんはいい人だよ。

936 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/03/01 04:24 ID:rMLd1DEE
「牡蠣と老人」

 私は老人と海に出た
 老人は牡蠣を食わしてやろうと
 ぶっきらぼうに海にはいった

 静かだった
 不気味に黒い光沢を揺らしていた
 とおくでトンビが鳴いていた
 太陽がじりじりと灼いた
 老人が戻らなかった

 私は、いそいでいそいでというように
 立ち上がり 足踏みした
 岬で独りだった
 陽光が音を立てて傾いだ

 ゆるやかな風が戻ると
 たゆたう海面から
 老人の短く刈られた
 白髪頭が突き出た

 まだ息の荒れている老人が
 ヤスリのような石にナイフをかきいれ
 ガキュリとひねると
 乳白色の塊が
 水に浮かんでいた

937 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/03/01 04:28 ID:rMLd1DEE
 老人の体が
 まぶしい光を遮ったと思うと
 爪の割れた
 ごつごつの手から
 ゆっくりと
 私の丸くむくんだ掌に
 乳白色の塊が落ちてきた

 ひんやりとして
 零れそうで
 私は体をすくませた

 「飲め!」と聞こえて
 魚のように口を開け
 力いっぱい目を閉じて
 私はそれを飲み込んだ

 牡蠣は海の味がした

 泪は塩からかった

 まぶたをそっとあげると
 顔をくちゃくちゃにした老人が
 乱暴に、
 しかし優しく、
 私の幼い髪を
 撫でつけたのだった


926さん、快楽さん、北さん、どうもありがとうございました。
かなり迷った末、推敲に推敲を重ね、最終的にこんなんになりました。
1000まであと63?レスだだだだ!>>934僕は優しくなんかありませんよ。

938 :曾村益廊 ◆tpW5.opzes :04/03/01 14:59 ID:56zN/BzZ
お、にぎわってるね。
うんこは焼くといっそう臭いね。


「牡蠣と老人」

老人は 牡蠣に食べられてしまいました

牡蠣猟の日 私と老人は遠海へ舟を 漕ぎ出しました

二、三時間後 老人の白髪が太陽で灼け 匂いがこちらまで漂って来ました

臭い すごく臭い と思いました

その刹那 とても大きく 臭い匂いを発した何か が老人を襲いました

         牡蠣です



つづく

939 :曾村益廊 ◆EBvCKyE7DU :04/03/01 15:01 ID:56zN/BzZ
体長およそ4mはあろうかという牡蠣が 老人をひと飲みにしてしまいました

牡蠣の中から老人のくぐもった声が聞こえてきました

「おい あけてくれ この中から早く出してくれ おい 早く出し、、、いや出さな、、出さないでくれ 儂はまだ出たくない」

私はあらかじめ用意してあった銛を掴むと 勢いよく 牡蠣のどてっ腹目掛けて突き刺しました

中から 「ぎゃあああああああああああ」 という声が聞こえました

どうやら私の突いた銛が老人のどてっ腹にめり込んだ様でした

その声に驚いた牡蠣は 老人を吐き出しました

しかし 出てきたのは老人ではなく 生臭い赤ん坊でした

産まれたての赤ん坊は 腹から血を流し 苦しそうに笑っていました

私は牡蠣から吐き出された赤ん坊を抱きかかえ思いました

(まったく、生臭せぇなぁ・・・・・)と



おしまい

940 :名前はいらない:04/03/01 17:05 ID:O8P9p+J3
 男がふたり。車に乗っている。顔はわからない。
 トンネルの中の様な、うす黄緑の人口の灯りの下を延々と走っている。
 音楽はない。セリフもない。雰囲気は重い。
 フロントガラスを規則正しく撫でる、ワイパーの音だけがする。
 カメラは、車のバックシートから運転席と助手席に座ってるふたりの男の後頭部と、
 先へ伸びつづける黄緑色に照らされた道しか写していない。
 それが何分だろう、恐らく5分にも及ぶ長回しで撮られているのだ。

941 :曾村益廊 ◆SurDdKAjF6 :04/03/01 18:07 ID:1QxZAH+b
>>940
いい感じの画だ。
ヴェンダース、ジャームッシュ、いつまでも終わることのない旅。
旅は永遠だ。


942 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/03/01 18:49 ID:rMLd1DEE
通行人さんって、ビートニク、好きっぽいですね。

943 :曾村益廊 ◆BneoPEKo3I :04/03/01 20:56 ID:zLRRIfn+
>>942
そうっぽいよね。
でもどっちでもないです。
あんま読んだことないし。
お尻も拭きっぱなしだし。
なんかごめんなさい。


「ビートXニクス〜その夢の軌跡〜」

我が家の番犬バロウズが路上で嘔吐してるフランス人実存主義者に噛み付いた

それを見ていたギンズバーグ邸の双児の使用人ボブとディランが慌てて邸の外へ飛び出したところを

アル中でジャンキーの双児パティとスミスに目撃され四角関係は一気に崩壊した

そのあとでわたしは友人の鮎川信夫と一緒にホテル・ソフトマシーンで裸のランチをとり

先日買っておいた切符が爆発した話を楽しくするという夢を見ました。


                                         山形浩生




944 :◆tr.t4dJfuU :04/03/01 22:54 ID:qRR/5eSx
小さな死の眠る
盃の底からおまえに   私は死と眠りの関係をこう思う
接吻したい

グラスの中
螺旋階段を伝ひ      それは酩酊した夜
眩暈に墜落

魂の淵から
おまえの黒髪         幸福な死を迎え しかも私が生きた証と静かに眠りたい
 薫る辺り
葡萄酒のように
静寂と横たわりたい     

赤い血こそ            
利己主義の砦         私はギブ アンド テイク のこれで良いという節度をしらない

脈打つ心臓の喚き声が
おまえの鋭い乳を愛撫する  

俺の恐怖がおまえを
征服するまえに

おまえは俺を飲み干してしまえ   真実?よはやく俺を飲み込んでしまえ



945 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/03/01 23:56 ID:ATiMfEuo
やっぱカキフライだよ
10個は軽いね 老人にはきついかな あはは

サクッ とね
もうね、歯が熱いの はふ 歯ぐふぁ
そこをはふぉっと 噛んで ふぉ
ほしふぁら う うまみが
はりつくほどの うまみがふぁ
ほー ほー

「もうねカキフライって思ったらカキフライだね」
「ハンバーグくらいだと別にどうでもいいけど」
「カキフライって思ったら カキフライだね」
                      (36歳・プログラマー)

横で揚げてくれてる もう揚げたて
バチバチいってる あぶないよ
それを もう ふぁさくじゅわ とね

老人にはあれだね
カキジュース

946 :◆tr.t4dJfuU :04/03/02 02:24 ID:Htd4vfQS
テスト

tp://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1071628535/l50

テスト リンク禁止  クラブおまんこ

947 :◆tr.t4dJfuU :04/03/02 02:36 ID:Htd4vfQS
テスト狩猟。失礼しました。
一度PCから直リンしてみたかった。

948 :◆tr.t4dJfuU :04/03/02 02:41 ID:Htd4vfQS
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1077450546/l50
レス36 なみなみおさん宛て


ええ 通じてますとも!!

949 :◆tr.t4dJfuU :04/03/02 02:57 ID:Htd4vfQS
水面に顔を映していると
ふと貴方のお顔を覗きこみたく
なるんです

枯葉 一枚 波紋に揺れる

置き去りにしてしまった冬の思い出・・・

いかが?

950 :◆tr.t4dJfuU :04/03/02 03:15 ID:Htd4vfQS
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1077450546/l50
レス37さん宛て

死が横たわる
グラスの底
真っ赤な唇で
接吻してくれ

螺旋階段めぐらせた
ガラスの塔から
眩暈墜落して待ってる

黒髪の香り感じながら
葡萄酒のごとく
静寂と横たわりたいのに

赤い色
利己主義の砦
心臓の喚き
お前の鋭い乳房を愛撫する

征服される前に
俺を飲み干してしまえ

ありがとう。貴方のレスをこちらに貼り付けさせてもらいました。
ぜんぜん気など悪くしてませんよ。人によって様々な解釈があるんですね。
気をつかってません?もっと崩してくれてもよかったですよ^^

951 :◆tr.t4dJfuU :04/03/02 04:09 ID:Htd4vfQS
ご来店

952 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/03/02 05:18 ID:ShKsLJOI
心よりお待ちしています

953 :37:04/03/02 05:33 ID:45J/WKKs
眠るまえにあいさつまでに寄らせてもらいました
考えてみれば無礼きわまりない所業
もうしわけなかったです

954 :ギリシャ ◆Greek82/Ig :04/03/02 05:36 ID:ShKsLJOI
(批評も解釈もできんが…替えうたではどーかね)

小さな虫の眠る
盃の底からおまえを
罵倒したい

ガラスの中
三半規管を狂わせ
吐き気の墜落

瞳の端には
おまえの冷笑
 倒れる辺り
葡萄酒よりも
薬と横たわりたい

冷たい床こそ
最高のベッド

苦しむ内臓の喚き声が
おまえの壊れた耳を愛撫する

俺の憎しみがおまえを
征服するまえに

おまえは俺を飲み下してしまえ

955 :名前はいらない:04/03/02 11:21 ID:JXJGofR7
こんなにも近くにいるのに桃源郷
わたしを使ってアナタが幸福になれるなら
わたしは鎖骨にワインをそそいで飲ませてあげましょう
ふたりのあたたかなテントのなかで
アナタは赤子に戻る
わたしの強い母性のなかで アナタは父性を失ってゐく

・・安らぎ系で。

956 :名前はいらない:04/03/02 19:22 ID:3Lpt7m/N
一遍の詩を書くために、200枚の原稿用紙を無駄にする詩人がいると聞いた。
そして、その詩が素晴らしいと聞いた。
それは、瞬発力がなせることではない。
ひらめきを、一瞬の思いを、何度も何度も推敲し、できあがる作品。
何度となく繰り返される、自律。

しているだろうか。「推敲」。


957 :◆tr.t4dJfuU :04/03/02 22:39 ID:fY//JikX
詩作

どこまでも実験で その完成を知るということは
人生の終了を意味する。

ペンを失い 紙を失っても 私はPOETRY
おお おまえを殺すことはしない

だから安心して自由に詩作に励み
自在に己を苦しめるがいい

これで良いという道などない

反抗しよう 反対しよう

何かを求め 見えないものに挑むとき

この参道の険しさを

己の精神を



958 :◆tr.t4dJfuU :04/03/02 22:55 ID:fY//JikX
複雑な気持ち

甘え上手な彼は 人に何かをしてもらうのが嫌い
だから彼のお礼の言葉は 皮肉に聞こえたり

そんな性格の彼は いつも何かと過剰すぎるほどに
たたかっている

そんな貴方がとても好き

959 :◆tr.t4dJfuU :04/03/03 00:15 ID:1bRQimo3
私と


おお 伐採された森 
テラテラと照りつける太陽
ふんころが汗をかく 
この荒野こそが私の悦び

保守と革新の戦地 焼け野原
両者の争いが まっぷたつに大地を分けた
その狭間に 伝統の礎

片角の鹿
片目の獅子
油まみれの海鳥

狂牛病
鳥インフルエンザ

かたわになった人間

高層ビルディングの日陰に埋もれた
バラック屋根の上を
銀の月日がすべってゆく

960 :幹一郎:04/03/03 00:17 ID:nbIa2Zxs
シネ

961 :◆tr.t4dJfuU :04/03/03 00:28 ID:1bRQimo3
>>960

見本になってください!^^

962 :◆tr.t4dJfuU :04/03/03 03:41 ID:q1JOen4+
テスト

963 :◆tr.t4dJfuU :04/03/03 15:31 ID:4MMq9Nn8
test

964 :◆tr.t4dJfuU :04/03/03 15:35 ID:4MMq9Nn8
test

965 :名前はいらない:04/03/03 15:36 ID:4MMq9Nn8
test

966 :名前はいらない:04/03/03 15:42 ID:4MMq9Nn8
test

967 :◆tr.t4dJfuU :04/03/03 17:35 ID:TKS7nP0l
保守的モラリストにはウンザリさせられるね^^
伝統を重んじ正統を貫きますか??
心配するなよぅ 君ん中にだけ正統はありえない
君の仕事はモラルの照明をパチパチON OFFするだけだから^^


968 :名前はいらない:04/03/03 18:36 ID:P2cR7CAz
指さえも

969 :通行人 ◆IPU8SGkvmQ :04/03/03 18:44 ID:Rji6ZE5E
さあぼくのおちんちんをお舐め。
いくらでもしゃぶらせてあげるよ。
爪の垢を飲むより少しは効果があるぜ。
気持悪くて吐きそうだ。


970 :名前はいらない:04/03/05 01:49 ID:UFRBHPFv
大ヒット映画パイパニック

971 :北1234:04/03/05 03:09 ID:GhSkyL5k
ばらばらばら!
レッスン!
えたなかさやはかあたやなかです!

972 :◆tr.t4dJfuU :04/03/05 03:13 ID:GhSkyL5k
いやーん
トリプ丸だし
(*^_^*)

973 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/03/05 03:35 ID:0qPiwIre
なるほろ
あたかも偶然かのごとき裸体のなまめかしさを
身をもって表現してくださったわけですね

974 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 13:37 ID:N+IOrbzM
ID変えました。よろしく^^

975 :名前はいらない:04/03/06 14:02 ID:YkbAslYr
男なんだけど、ビデ使ってみました!
ちょうど蟻のトワタリ(っていうんですか?)の部分を刺激してくれるんですね、これ!
非常に心地よかったので、是非これからも使っていきたいと思いますっ!


976 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 14:12 ID:N+IOrbzM
>>975
おお、なんて可愛い書きこみなんだ。

977 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 15:58 ID:NsfzFgFU
いやぁ、本当に最悪。何が気に入らないんだろうね。
ほんと、糞ガキの巣だね、こりゃ。
タチの悪い育ちしてるんだろね。

認めてほしい 認めてほしい ああ認めてくれなきゃ、
ああ、認めてくれないあんたのせいよ。

なにそれ!!おなか空いた?あん?

で、でさあ、あんた自分のこと認められてるの?

いやあ、僕はまだまだです。  

聞けばいつもそういうくせに・・・
しまいにゃ、悔しい 悔しい ああ嫉妬。
自分のこたぁ、棚にあげて、駄目だ駄目だああ駄目よ。

なにそれ?

ヴォケッ!! 

殺しますよ!!





978 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 16:12 ID:NsfzFgFU
詩で豊かな暮らし求めますか?
嫁もらって 子供作って 一軒家じゃなくてもいい、
まぁ、3LDKのアパートくらい・・・

なにそれ?

食えたらいいじゃん 食えたら!

おまえみたいな かたわ、世の中の毒だ!
子孫をのこすな 子孫を
不憫のタネをばらまくなっーの!

乞食やっとけ コ ジ キをよぅ!

北風に晒されながら、古新聞の上に、
泥水でくだらん文字書いとけ。

のこすなよ、たのむから、

抹殺してくれ。


979 :通行人 ◆IPU8SGkvmQ :04/03/06 16:37 ID:D25T8M4X
オー、、、ナンカホント、、、タイヘンナコトニナッテルマスネ〜。。。
キタサン、、、ナンカ、、カタノアタリカラ、デテマスヨ〜。。。
オ〜ホント、、、コレモウ、、イッチャッテイイノカシラ。。。。
ソンナ、、、モウナメナイデクダサァ〜イ。。。
モウ、、、ムリ!ムリデスヨ!
バ〜クハツゥ〜、シチャイマスヨォ〜〜〜〜〜〜!
コノ、ヴォケ!!、、コロシマスヨ!!


980 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/03/06 18:48 ID:SY2W9I7A
V//涙///////EL////////O///色//

981 :通りすがりのAkira:04/03/06 21:21 ID:gg/JwKcz
1000に行く前にAkiraさん登場。

982 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 21:24 ID:LLeBiUBS
>>981

おぅ、砒素かに狙っているのに。
上げないでくだされ。

983 :名前はいらない:04/03/06 21:26 ID:nwGkbpYD
いや、そういう自分がageてるし…… 狙っちゃおうかな?

984 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 21:29 ID:LLeBiUBS
いまさら下げたたころで遅いわよ

985 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 21:31 ID:LLeBiUBS
さげたところで 訂正

986 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 21:32 ID:LLeBiUBS
あああああああああああ

987 :名前はいらない:04/03/06 21:32 ID:nwGkbpYD
だったら、何故に上げるなというかな?

988 :名前はいらない:04/03/06 21:34 ID:nwGkbpYD
ところで北さんは専用ブラ使ってる?
デフォでsage設定がついてるのもあるから、便利だよ。


といいつつレス消費加速+

989 :名前はいらない:04/03/06 21:35 ID:nwGkbpYD
つーか、別のスレで話し込んでるのね。

空しいからやーめた!

990 :むこうの317 ◆317..n/Ke6 :04/03/06 21:36 ID:yfJOS08I
(((( ・∀・)))ワクワク

991 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 21:36 ID:LLeBiUBS
ツッカテるよー!
書き湖面」

992 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 21:38 ID:LLeBiUBS
空しくなかれ

993 : ◆JEhW0nJ.FE :04/03/06 21:38 ID:z3TdyzZv
(^^)

994 :名前はいらない:04/03/06 21:39 ID:z3TdyzZv
・∀・

995 :むこうの317 ◆317..n/Ke6 :04/03/06 21:39 ID:yfJOS08I
つーか、北よ。
オマエ、昨夜スレたてしてるだろ?
しばらくスレたてできねぇぞ?

996 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 21:40 ID:LLeBiUBS
>>995
まじ?

997 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 21:41 ID:LLeBiUBS
つーからくらくとれそうだ

998 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 21:41 ID:LLeBiUBS
わーい

999 :◆EtDBNAuDt. :04/03/06 21:42 ID:LLeBiUBS
999

1000 :名前はいらない:04/03/06 21:42 ID:z3TdyzZv
1000頂き!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

254 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)