2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今日読んだSF・FT・HRの感想:2冊目

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/16 18:58
読了した小説の感想を書き込んでください。
必須条件は本の題名、作者、点数(10点満点)、感想


SF・FT・HRであれば漫画や映画でも可です。

2 ::03/06/16 19:20
「木星買います」アイザック・アシモフ
15年以上昔の作品だが今でも色あせていない珠玉の短編集。
欠点はアシモフのエッセイが偉そうなことぐらい。

6点


という感じに本の題名と感想、点数などできれば書いてください。


3 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/16 19:37
>>1
乙。よかったら前スレ貼って下さい。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/16 19:44
前スレ【今日読んだSF・ファンタジーの感想を書くスレ】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1018270182/l50


5 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/16 20:43
>欠点はアシモフのエッセイが偉そうなことぐらい。

例に突っ込んで申し訳ないが、
それは欠点ではなくて長所ではないか。

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/16 21:05
あれは芸風だしね。
大体アシモフは偉いからいいんだよ!

7 :前スレ1:03/06/16 21:44
>5,6
そうなんすか・・・
他のエッセイも尊大な口調なんですか?



8 :1:03/06/16 22:06
すんません。いろいろミスってしまった・・・。



一応SFってことで「マトリックス りローデッド」
まだ完結してないのでなんともいえないが、リローデッドはストリーはありきたりな話で斬新さは一欠けらも無かった。
が、アクションシーンだけはたいしたものだった。
あと設定を映画だけで説明せず他の媒体で説明するのは止めてほしいと思った。

6点



9 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/17 00:04
銀林みのる『鉄塔・武蔵野線』

さまざまな形を持つ鉄塔に魅せられた少年時代の私。
鉄塔に番号が振られていることに気づき、弟分をつれて、1番目の鉄塔をさかのぼる冒険に出る。
その向こうには秘密の原子力発電所があるのだ!と信じて・・・

どうかな、期待してたけど今一つだった。
鉄塔の写真がやたら載ってあって、確かにいちいち形が違うのは面白いが、主人公が「私」口調で、大人の回顧であることが乗っていけない最大の原因だろう。
主人公は少年なんだから、「ぼく」でも「おれ」でもいいけど、子供の語彙で語った方がずっと効果的なんじゃないか、と思ったりしてみる。
6点くらい。

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/17 06:34
>>9
ひどく興味をそそられたので読んでみます。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/17 11:32
鉄塔〜は面白かったね。中盤までわりと淡々とすすんでおいて、
その上で後半のトビ方が気持ちいい。映画化されたそうだが、どうだったのかな?

ニール・スティーヴンスン「クリプトノミコン」を読む。
うーむ、このやり口はアレだな、講釈師とか上方落語だな。
すーぐうさんくさい横道に入ってなかなか出てこない。おまけにその余談が
すこぶる面白いときた。並列する複数の話を章ごとに独立して進めるという
構成もあいまって本筋が捉えにくいったらありゃしない。よくここまで
どうでもいいエピソード(褒めてる)をたくさん思いつけたものだ。
若手芸人みたいな素っ頓狂な修飾語も、読んでいて非常に楽しかった。

SFともファンタジィとも言い難いが・・・まあ、8点はあげたい。
減点対象は、ちょっと微妙な皇軍描写と、もう少しだけ物語の手綱をとって
欲しいという個人的な好みで。

12 : :03/06/17 15:43
>>9
これに関しては映画の方がきれいにまとまっている感じ。
原作はこれがおもしろいのは目の付けどころにつきる感じで、小説としては
主題について作者自身にその意味が明確に意識されていないようにおもう(まあそれ故
におもしろくなったともいえるのだが)。

それは9が
「主人公が「私」口調で、大人の回顧であるというのが乗っていけない最大の原因」
と批評した通り。

「私」を主語にして、大人の私が自分の
まだ無垢であった少年時代の冒険を振り返るという内容なら、
ふつうの小説家であったら、
”大きなものや不可思議なものに引かれる純粋な少年時代”、
というようなノスタルジーを描くのだけど、
この作者は実は大きくなった今もまだ現役の鉄塔マニア(大きなお友達?)
なので私の回想という方法をとりながらも、小説に描かれているのは
今の彼の昂奮であり冒険。だからちゃんとした回想になっておらず
ノスタルジーとして一般化されていないので読者にはいまいち伝わらない。

漏れは鉄塔のすばらしさ、おもしろさをこんこんと説く「私」に感化されて
鉄塔探索の冒険に今の私として引き込まれたので結構おもしろかった。
ちなみに映画の方はちゃんと少年の視点になっていたと思う。


13 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/17 17:40
Googleで「帝京 事件」と検索すると・・

http://www.google.com/search?hl=ja&inlang=ja&ie=EUC-JP&oe=euc-jp&q=%C4%EB%B5%FE%A1%A1%BB%F6%B7%EF&lr=

検索結果5200件。
いきなり銃撃ときて、その後も結核集団感染、大学による悪意のある投書、ラグビー部レイプ、エイズetcと続く。
さすが低狂グループ、最狂です。

低凶グループ過去の犯罪特集
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html

この後にも沖永総長の脱税、低凶OBの織田無道の宗教法人乗っ取り事件などが起こる

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/17 20:03
マイケル・クライトン『スフィア』
映画を先に見たんだけどなぁ、褒めている人あんまりいないね。
自分は強引なラスト以外悪くない出来だと思ってたんだが、このたび原作を読んだらば、全く同じ終わり方で凹んだ。
とはいえ、映画見てたんで、キャストがビジュアル的にすごい判りやすかった。
「自分たちはなぜ海底から出られないのか」という論理や、ジェリーの正体の推察など、ミステリっぽい部分が好き。
8点

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/18 00:05
>9
自分は、むしろ「私」が良かったと思う。
ああいうマニアックな小学生が書きそうなレポート文体としては、アレが一番
自然な感じで。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/18 00:07
「モロー博士の島」 H.G.ウェルズ

H.G.ウェルズを20年ぶりくらいに読んだ。短いのですぐ読めた。
でも、インパクトありすぎ。やっぱりすごいです。
初出が世界大戦以前なので最後の方は、少し考えさせられました。

 個人的に久々の10点


17 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/18 15:52
『カンパニーマン』観ました。

『CUBE』の監督作品です。
『マイノリティーリポート』と『デリカテッセン』を組み合わせた感じです。
途中まで良かったけど、オチは意外と古典的でオーソドックス。

よって、6点也。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/19 01:29
「猫の地球儀」 秋山瑞人
この板でも評判が良いみたいだったので読んだ。
個人的にはスパイラルダイブがエンダーのゲームとかぶってしまうし、
クリスマスを除く登場人物も少し寒かった。
電撃文庫ってこういうものなの?
一気に読めたし設定も悪くはないと思うけど
もう少しなんとかできたような気もする。。。3.7点

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/19 09:30
.7という微妙さがどこから来たのか激しく知りたい

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/19 13:22
>>19
気分が割り切れないんだろ。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/20 21:36
小数点以下なんて、そんな精度で採点されても・・・

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/20 23:30
>>17
「CUBE」もオチじたいはたいしてインパクトはなかったよ。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/21 00:17
CUBE のオチは、「ああ、これってホラーなんだ」と感じたなあ。
基本的にSFってのは観察と計算、知恵と勇気による努力の結果がが(どんな形であれ)
報われる小説なんだな、と気付かされた。

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/21 00:31
ポール・ギャリコ『ジェニイ』
白猫になった少年ピーターが、優しい雌猫ジェニイと旅をする。
「猫好きのバイブル」との評で、漏れ猫好きですけど、猫に関する記述はまあいいとして、物語の構成はちょっと甘いと思う。
後半話がいきなり駆け足になるし・・・。
ラストも着地がうまいのかそうでないのか微妙だしなぁ。
物語の性格そのものは素直なので、あまり本を読みつけてない人、特に中、高校生くらいに一番むいてるかな、と感じる。
7点

25 :18:03/06/21 10:40
4点にはどうしても足らない、
気分が割り切れないということで 3.7点にしました。

将来的には円周率の精度で感想を書けるようにがんがります。


26 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/21 11:33
マーティン・アレン『天空要塞アーロック』(現代教養文庫)

今となっては知る人ぞ知る(?)社会思想社のゲームブックシリーズの33巻。SF。
何というか隅から隅までおバカで素晴らしい。
主人公は太陽騎士団の精鋭、第16宇宙世紀からやって来た、四本の腕を持つ「宇宙貴族」。
表文中に人間とかかれているにもかかわらず、どう考えてもミュータントでしかない自分が、ポッドレースのマシンみたいなんにまたがってビーム撃ってる。おバカ。
宇宙をさまよってると、「第33平面」から海賊が襲ったりしてくる。
(「うすぎたない黒い巻き毛に覆われた生き物」と形容される。サイコー)
目標とする、天空要塞アーロックに潜む敵は、逆賊ル・バスティン。
こいつは何をやったかというと、昇給の嘆願をはねつけられたのに腹をたてて、王妃の顔にパイナップルを移植して逃亡、要塞にこもって、犬の頭をした超戦士を育成し、反逆の機会を狙っているのだ。
そのル・バスティン自体はラスボスではなく、実は・・・というラストなのだが、最後に必要なアイテムというのが笑える。
(メール欄)がないと人類が滅んでしまうのだ!
大いに笑わかして貰いました。
「君はレーザー銃とピストル、電撃槍とトゲを埋め込んだ丸盾で武装し、地下に潜入して、悪の首謀者を倒さなければならない」
それは強制でつか?
9点
(ゲームとしては無茶なので1点マイナス)

27 :_:03/06/21 11:42
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/21 11:43
 
キタ━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━!!!!
 
http://diary4.cgiboy.com/0/izuminoa/
 

29 :26:03/06/21 15:21
>どう考えてもミュータントでしかない自分が、ポッドレースのマシンみたいなんにまたがってビーム撃ってる
説明欠けた。
これは表紙のイラストの話です。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/21 17:54
>こいつは何をやったかというと、昇給の嘆願をはねつけられたのに腹をたてて、王妃の顔にパイナップルを移植して逃亡、

銀河ヒッチハイクガイドみたいなSFパロじゃなくて、これを大マジで?

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/22 05:06
ひさびさに押入れから引っ張り出して読んだ
「野獣3部作」ロバート・ストールマン 早川文庫
解説にはこれを書いてまもなく亡くなった、それまで小説を書いたことがなく
またとない才能を失ったことが残念とあるが…
正直これ以上の物はたとえ存命でも書けなかったのでは。
いわゆる生涯にただ一度できる作品だったように思える
SFともFTともHRとも普通小説ともつかぬ、不思議なムードにみちた傑作だ

10点

32 :26:03/06/22 14:01
>>30
作者はもちろん狙ってやっていると思うですよ。

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/23 01:37
>>31
おお、10点か。
1980年 孤児 SF514 〈野獣の書〉
1981年 虜囚 SF521 〈野獣の書〉
1982年 野獣 SF540 〈野獣の書〉
これだな。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/23 01:52
なんか早川の内容紹介だけ読むとあほみたいな話に聞こえるけど・・・
ttp://homepage1.nifty.com/HAG03057/author/robert_stallman.htm

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/24 14:55
いや、それが格調高いええ小説なんよ。
俺も読んでビックリしたクチで。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/24 16:55
>33
ハヤカワのはもちろんのこと、原書も絶版のようですね

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/24 23:26
最近、まわりの友人たちの間でルナっていう本が流行ってます
読んでみようか迷っているのですが、
誰か読まれた方いらっしゃいましたら感想など頂けないでしょうか。

若干スレの趣旨とは異なってしまいますが…

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/25 21:13
久々に『サンティアゴ』 マイク レズニックを読んだ。
SFというより西部劇だが やっぱりイイ!
サイコー カッコいいし。
やっぱりレズニックは最高のストーリーテラーだ。

個人的には...... 10点

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/25 21:32
ストールマンの野獣の書 三部作は、いまだに3巻だけ見つからない。
だから2巻の途中で読むのやめたんだ。
1巻ラストの事件は衝撃的だったな。
ラストシーンの映画的なスピード感というか、文章表現がよかったんだよね。すごい印象に残ってる。
ああー、3巻手に入れたい。気になる……。
表紙はオラウータンかゴリラぽくてちょっと違うんじゃない?と思ったけど。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/25 23:46
>>31
古本屋でセットで手に入れたけど、全然手をつけてないや。

評判が高いシリーズですよね。

読まなきゃ読まなきゃ。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/25 23:52
>37雑談スレの人だね。ところで君の友人たちって何者?
SF新人賞の本が流行るような環境はそんなに無いと思うのだが。

それはさておき、わたしも知りたいです。どんな感じなのか。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/26 00:08
>>41
そのルナではなかったりして。ありえなさすぎ、といったら失礼かな。
かといって別な作品は思い浮かばないんだが。

野獣の書は図書館にあった。読んでみよう。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/27 15:39
野獣の書、俺も3巻持っていないので復刊してほしい・・・

>>39
俺は熊みたいなイメージで変換していたんだけど>野獣
文中に言及あったかなぁ、外観の。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/28 14:30
「不在の鳥は霧の彼方へ飛ぶ」オリアリー

だらだらとした起伏に乏しいプロットに萎えた。
つまらん。
2点



45 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/28 19:40
ラノベに逝けと怒られそうだけど、
『第六大陸』は久しぶりに期待出来そうな予感がしました。
別に天才少女?を出さなくても良いような気はしましたが・・・

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/28 19:46
サンティアゴはいいよにゃー。マイク・レズニックではアイヴォリーも
捨てがたいが、あのケレン味たっぷりの叙情的SF西部劇はゾクゾクする。

「敵は海賊・猫たちの饗宴」を読んだ。なんと神林初挑戦がこれ。
だってさー、古本屋に激安であったし俺猫好きだし。
で、文体に少々文句はあるものの、俺の猫好きセンスメーターを振り切らせて
くれたので満足。7点。ほかの神林作品も読みてえ。

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/28 19:53
>45
いや、『第六大陸』をラノベと言っちゃうと殆どのSFはラノベになっちゃうでしょう(藁
もっとラノベラノベした作品だってこのスレで感想書いていいと思いますし。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/29 00:07
「諸葛孔明対卑弥呼」町井登志夫(ハルキノベルス)
正に、題名通りのおはなし。
アジアンノワールな古代日本とか、べらんめえ口調な孔明とか、鬼畜でちょっと
トボけた卑弥呼とか、色々面白い部分はあるんだが、どうも今一歩盛り上がりに
欠けるところが辛い。
あと文章がかなり独特。作者の味と言えるけど、ところどころ単純に下手なだけ
なんじゃねーかっつー気がする箇所もあり。
二人が考え出す奇策の科学考証も実に強引かつ素朴で、これは妙に良い味出
してた。

色々文句を書き連ねましたが、結構燃えたので、
7点。

49 :イー:03/06/29 01:09
小川一水『第六大陸1』
登場人物は天才かパワーエリートのみ。
政治と経済は、怒りを通り越して脱力するくらい無茶。
小説として、人物描写と物語のギアが噛み合ってない。
コストが二〜三桁も嘘をついてる。
ありえないビジネスモデル。
散文。

でも技術とかおもしろいので、5点。

50 :37:03/06/29 01:29
ルナって本結局買って読みました。
感想は…

総じて普通でした。
科学的な事柄が結構出てくるんですけど、
その辺は取材をしっかりやってるなぁと感じました。
が、話がものすごく尻すぼみで読み終わったあとに
かなり後味の悪さが残りました。
あと、会っていない人物がいきなり知り合いということになっていて
いきなり殴り合いを始めるような場面があったりと、
読者が置いてきぼりにされることが何度かありました。
でもまぁ、新人なのでそんなものなのでしょうかね
以上です。 長文すまそ



51 :今一だけど・・・:03/06/29 07:25
>45&47&49
プロジェクトXのノリでやね『第六大陸』は。
49さんが言ってるとおり、その辺がライトノベルやね。
少し作品をヨイショするなら、最後の『この事業の意義』で、
お金とか重さの桁を弄ってあると書いてるから、最後に作品自体が、
『第六大陸』の公式サイトの開発顛末記だったと言う落ちやったりして。
古いしジャンルが違うけど、『メタルカラー・・』シリーズに萌えた、
俺としては、期待を含めて7点やね。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/30 00:07
SFとは関係ない本だけど、斉藤美奈子の『読者は踊る』の「パラサイト・イヴ」評が
面白かった。ミトコンドリアの描写が妙に人間くさいのを、単純に「普通すぎて怖くな
い」と切り捨てたり、SFファンからはちょっと盲点だった、シンプルな視点から評して
いるのが良い。
他の科学入門書批判も的確で、今更ながらなかなか信頼出来る書き手だと思った。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/30 01:05
>>52
すみません、言ってる意味がよくわかりませんので教えてください。
>ミトコンドリアの描写が妙に人間くさい
擬人化しているということですか?
>単純に「普通すぎて怖くない」
ミトコンドリアの描写が人間くさいのが普通なのですか?

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/30 03:09
対象の擬人化という方法論そのものが陳腐で普通だということだろう。
SFファンだと批判にさえ、いや、批判だからこそ理屈をこねるのが常だからな。

55 :ちよ:03/06/30 03:23
よろよろ〜♪
http://kotarou.free-city.net/page002.html

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/30 21:44
>>52
じゃなくて、ミトコンドリアが人間的な思考をしてるのが変だといってるのでは?
まあ、人間的でなく書こうとするとソラリスになるわけであれはあれで成功してると
思うんだがな。

57 :52:03/07/01 00:16
>53
一部のSF作家/ファン(というか野尻抱介氏)が、「ミトコンドリアを異質な知性として書けてないから、こりゃ
SFとしちゃダメだな」と批判したところ、瀬名秀明氏が「じゃああなた達の言うSFってどんなんですか、定義
してくださいよ」みたいに反論、以後泥沼に……という騒動があったけど、あそこで「単純にホラーとして怖くな
いと言っていれば瀬名氏も一応は受け入れただろうにね、ということを言いたかったのです。

58 :53:03/07/01 10:44
>>57
ご説明どうもありがとう。
そういう論争があったのですか。ちっとも知りませんでした。
例によって不毛な論争ですね(藁

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/01 18:19
ブラッド・ミュージックのヌーサイトはどうだったっけ?

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/01 23:23
某野尻氏って、ネットゲ上がりの勘違い作家だったっけ?
あの人、某ネットゲで、JPホーガンを似非ハードSF作家って言ってたけど、
SFの醍醐味はセンスオブワンダー(古い言い回しで御免)
嘘でも、実際の最先端科学技術情報と違っていても、架空世界での世界観等の
構築力、読者に対する説得力が作れるか否かと言う事を理解してない人でしょ。
彼人とSF云々すること自体が間違えでは?(スレッドの趣旨違いで御免なさい。)

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/02 00:49
う〜ん、私は瀬名秀明はまったくと言っていいほど評価していないけど、
それでも57を読む限りでは、野尻は批判の仕方がフェアじゃないねぇ。
これじゃ単に偏狭なSF観をむりやり他人に押し付けているにすぎない
ように見える。

どうせやりあうのなら、もう少し生産的な論争をしてもらえないもの
だろうかと思うのだが、いかがでしょうか。

62 :61:03/07/02 00:58
言い忘れたけど、「異質な知性」を異質なものとして、
しかもわれわれに了解可能な仕方で描くってのは
すごく難しい。

われわれ人間の知的活動と何らかの類比が成り立つようでないと
そもそもなぜそいつを知的と考えるのかが理解できないし、
かといって、単に人間型の知性を、姿かたちだけ変えて登場させて、
さあ「異質な知性」だと思え!と言われても、それは無理な話だし・・・

すごく難しいことを当然のごとく相手に要求しているということを
野尻本人は自覚しているのだろうか?

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/02 01:31
>>62
野尻氏の書いたは読んだことが無いけど
アシモフにしても長編「夜来る」で異星人の振る舞いについて
言い訳前書きをしていた。
氏の言いたかったことは、解ってて書いてるか、解らず書いてるかの
違いじゃないのかな。いわゆる新人だったわけだし。
実際どんなコメントだったのかはわからんけど。

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/02 17:28
そもそもさ、ミトコンドリアがどうやって思考するのよ?
その辺どうなってたっけ?説明無しだった?

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/03 01:54
>>64
覚えてる限りでは、無かったように思う。

>>63
少なくとも
>>57の書いたところの
「ミトコンドリアを異質な知性として書けてないから、こりゃSFとしちゃダメだな」
に対し
「じゃああなた達の言うSFってどんなんですか、定義してくださいよ」
では
SF読んでないのがバレバレ。
ウェルズから始めても、古今東西それこそ様々な人が宇宙人などの非人類系の
描写をしてるわけだし、一家言なくてはSF作家とは呼べない。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/03 07:36
まあ、当の野尻氏も「太陽の簒奪者」で、異星人を異質な知性として書けてなかったからね。両者痛み分けってところじゃないの?

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/03 12:50
>>66
瀬名にSF者としての感性がなかったってはなしだろ。
SF作家としては評価以前の問題。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/03 14:57
>>67
本人もSFを書いてるつもりはないだろ。
モダンホラーにゴチャゴチャいっても仕方ないと思うんだが。


69 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/04 02:20
>>68
それじゃ、瀬名はSF界での荒らしってことでOK?

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/04 02:23
>>69
SF界なんて恥ずかしいこというなよw

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/04 02:29
>>70
ゴメソ

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/04 17:55
光瀬龍『百億の昼と千億の夜』

話がわかりにきい。
もしかして構想に入ってたけど、諸々の事情から諦めたりしたんかなぁ・・・。
マホメットをプロットに取り入れるのは。
などと考えました。

73 : :03/07/04 18:03
マイケルクライトン「プレイ-捕獲」

まだ上しか読んでないけどナノテクの話で読みやすくて面白い
ジュラシックパーク以来クライトンはメジャーになりすぎて
読んでなかったがやっぱり面白いね

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/04 22:10
ジーリー・クロニクル「プランク・ゼロ」ちょっと前に読了。

バクスターって特にジーリー・シリーズの長編では「話の組み立てがあんまし
上手くない人だな」って思ってたんだけど、これは短編集であるせいかとても
面白かった。不確定性原理を無くする法:プランク長をゼロにすべし、って
大バカネタは笑えました。基本的にご都合主義ではあるが、まあ楽しかったのでよし。
下巻の「真空ダイヤグラム」も読みたくはなりました。んん、8点。

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/12 04:14
バリントン・J・ベイリー「カエアンの聖衣」

なんかどうも最近読む速度がゆっくりになってきて中学生の頃は一日
に10冊くらい普通に読めたんだけど、どうも年のせいか1日1冊くらいの
ペースになってしまった。今21歳だけど。このまま漸近的に読む速度が
ゆっくりになっていくと勉強とか睡眠の時間が無くなって困るなあ、等と
考えてしまった。ちなみにここまでの文は感想とはなんの関係もない。
さて、感想であるが、読む速度が落ちたためになにやら怪しい想像に
耽る時間が多くなり、5着のスーツには「ゴレンジャーだ!青とかピンク
とかあるんだ!リーダーは赤だ!」等と自分が生まれたころには既に
放送が終わっていた番組に思いを馳せたりして非常に楽しく読むことが
出来た。ラストのスーツが生えてくるシーンは圧巻。

9点

76 :山崎 渉:03/07/15 11:37

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/15 23:05
>75
……というか、一日一冊でも十分凄くないか?
竜の卵・順列都市に一週間、スキズマトリックスに二週間かかった自分がアホすぎるのか……。

78 :61:03/07/16 00:53
>>77
単にその程度の読み方しかしていないってこと。
なんならドストエフスキーを10冊読んでみろよ。

79 :78:03/07/16 00:54
>>77 というより >>75 宛てだな。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/16 02:50
私も一日10冊くらい読めますよ












ラノベなら


81 :78:03/07/16 13:31
>>80
だからプルーストでもそれができるかっつうの

82 :北の勇作:03/07/16 13:58
ああ、荒らしたい荒らしたい・・・
俺様がカキコして荒らしてやるから
オマイラとっととカキコせいや

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/16 17:47
聖徳太子のいるスレはここですか?

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/16 20:50
人間30過ぎると、ラノベの方がかえって読むのに時間がかかるもんだよ。
感情移入できなくて(藁
数カ月前、一念発起して何冊か買ったけど、どの本も最初の50ページ
ぐらいでつまんなくて投げ出した。文字どおり読めませんでした。
字を目で追ってるんだけど、内容が頭に入ってこない。
すぐにストーリーが分からなくなる。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/16 23:57
>84
ストーリーは元々ないですから、分からなくて当然かと。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/17 00:20
>>84
書名を教えてください。ひょっとして「呪禁官2」とか?

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/17 00:37
『順列都市』グレッグ・イーガン
面白い。凄いネタだ。
……だけどさあ、なんかさあ、毎度毎度、議論が細かすぎるんだよなあ。で、いざその理論を
実践する段階になると結構さっさと終わってしまうという。
個人的には、読者に妄想の余地を多く残すくらい議論は簡潔にして、そこから世界がどうぐちゃ
ぐちゃになっていくのかを多めに描いて欲しいんだけど。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/17 00:38
点数書き忘れ。
上記のような不満はあるものの、ここまで真面目にVRを考察した上で物凄いSFネタを出した
のに感動したから、
9点。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/17 00:43
>>88
そんなに文句つけて9点って甘すぎない?

90 :名無しSOS:03/07/17 01:00
『夢幻の書』ジャック・ヴァンス
長年探し続けたこの一冊を古本屋でついに発見!
ここに描かれる汎銀河世界は、シリーズの始まった40年前の
懐かしい雰囲気がただよう。魔王子たちの犯罪は、昨今の現実
に比べるとほほえましいとさえ思えてしまう単純明解なものば
かり。わくわくするような展開もないが、ほっと一息つける読
書時間を過ごせた。8点。

91 :87:03/07/17 01:13
>89
いやなんか、SFって案外VRについて安直に扱ってるのが結構多いんで、これだけ真面目に
考えてあるのはやっぱりエライよなあ、と思って。
肝心の大ネタはなんだか時間については納得だけどそれが空間にも延長される、って部分が
?だし、最後はベアのアレだよな、とか、イーガンって突っ込んで欲しくないところを読者の目か
ら隠すのが下手すぎるよなあ、とか他に不満もあるけど、やはり真面目に考え抜いているのは
エライ。

92 :89:03/07/17 01:20
>>91
ああ、なるほど・・・
「突っ込んで欲しくないところ」というのは、ちなみに
どのあたりですか?

93 :84:03/07/17 21:57
>>86

んーと・・・遠なんとか浩平とかいう作者だったと思う
うろ覚えでスマソ
題名はさっぱり思い出せない

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/17 23:47
上遠野浩平だなそれは。
となると、
・ブギーポップシリーズを途中から読んだ
・事件シリーズだった
・なんか最近富士見から出たシリーズだった
なんていう可能性が考えられるような。

95 :84:03/07/18 02:00
>>94

それそれ。
ただ、読んだのはブギーポップじゃなくて、
何かやけに長い気取った題名の奴
富士見じゃないと思う、事件シリーズって何?

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/18 14:30
ぼくらは虚空に夜をみる ?

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/18 19:10
あれ結構古典的なSFだったような?

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/18 20:39
事件シリーズってノベルスのやつ?

99 :84:03/07/18 23:14
>>96
そうそうそんな題だった。
何か高校生とか出て来る時点で萎えた。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/19 00:28
あれって、ベタベタな学園モノラノベスタイルを逆手に取ったハナシだったと思ったんだけど……。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/19 01:28
瀬名秀明「ブレイン・ヴァレー」(角川文庫)

聞くところによるとSF大賞受賞作でツウにはたいへんウケがよかったという。
この作家はベストセラーのデビュー作がとてつもない駄作だったので敬遠していたが、
古本屋のワゴンで発見したので買ってみた。上下で100円ならクソでもあまり腹立たんし。
で、読んだ。クソ。すべてが陳腐で凡庸。
巻末に参考文献列挙してあって、なんでも脳科学関係の解説書まで出したらしいが、
どんなにがんばってお勉強しても、ダメなもんはダメだ。
情報を仕入れたのはいいが、それを扱う認識が薄っぺらなんじゃどうしようもない。
SFとかホラーとかを云々する以前に、根本的に作家としての資質がないかもしれん。
こんなものに賞をやった業界の良識を疑う。
古本屋で買っといて文句タラタラなのも悪いから、サービスして2点。

102 :89:03/07/19 19:43
>>101
御意!

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/22 02:58
Michael Bishop "No Enemy But Time"「時だけが敵」

主人公の悲惨な生い立ち(コアになるのは、主人公が見る「夢」)
と、タイムマシンで遡ってアフリカの原生人類に混じって生活する
話とを交互に展開しながらじっくり語り込む前半と、2つの話が
次第につながり、感動の連続の後半とのコントラストが印象的な名作。
特に後半150ページほどは、ヘレンが娘を産んで死ぬところ、
母ジャネットの手紙、ドラッグの力でヘレンと再会する
場面など、泣かせどころ満載で、文字どおり読むのを
やめられない。
ちょっとほろ苦いが一応ハッピーエンドのラストも
好ましい。いい話です。
高い文学性とエンターテインメント性を兼ね備えた、
優秀な作品。
どこか訳してくれないものか・・・。
日本語で読めないのはもったいない。

10点


104 : :03/07/24 15:59
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」早川文庫
久しぶりに再読。
とってもきらきらとしている表題作。
老ティプトリーが若さとバイタリティにあふれていた
自分の少女時代を懐かしく振り返りながら、
それを少女の冒険によせて描く。
主人公のコーティーの決断・行動の節々にティプトリー自身を感じ、
この人はこんなふうにして生きてきたんだなぁとしみじみと思った。
だが少女の冒険の物語の最後を悲しい別れのシーンとして描いたことに見られるように
ぎりぎりの状況で下してきた自分自身の決断=生き方を
誇りながらも、それが同時に多くの別れと悲しみをもたらすものである
ことを理解しているあたりは大きくなったコーティー=ティプトリーの目を感じる。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/26 12:56
林譲治「帝国海軍ガルダ島狩竜隊」ウルフ・ノベルス

「ウロボロスの波動」は小説としての弱さと女性主人公ばっかりなのが「?」だったけど、
これは軽妙さが丁度いい感じで面白かった。
戦前に超紐理論を考え出した超天才物理学者とか、『約束の地』を目指す謎の部族とか、
恐竜がいる世界の秘密とか、ちょっとソウヤーチックかも。

ただ、やはりこの人の女性キャラには違和感がある。
小林泰三ほどではないが……。

7点。

106 :でへ:03/07/26 23:41
冲方 丁(うぶかた とう) マルドゥック・スクランブル
圧縮・燃焼・排気 ハヤカワJA(全3巻)

あらすじを一言で言えば、
危うく殺されかけた少女が、特殊な相棒と、能力を得て、少女を狙った
犯人に法の裁きを受けさせようとする話です。

印象に残った場面を書くと
ターミネーターのような相手との、まるで映画「マトリクス」
のようなアクションシーン(アクション好きな人、必読)

証拠を得るために潜入したカジノのディーラーとの息詰まるような駆け引き。

娼婦であった主人公やその友達などが受けた、児童虐待に関するとっても
重くて、イタイ話。
(戦いを通じて、主人公はそれを乗り越えようとし、成長してゆく、、、)

重くて、イタイ話もあるんですけど、一気に読ませていただきました
特に各巻のアクションシーン、2-3巻のカジノのシーンは圧巻でした。

26才でこんな話がかけるんだ、、すげえや

9点
もしかしたら今年のマイベストSFになるかもしれない。マジで


107 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/28 10:30
マトリクス・・・・・

108 : :03/07/28 17:45
SFマガジン、1995年1月号所収
チャールズ・シェフィールド「我が心のジョージア」
ネビュラ・ヒューゴー両賞ノヴェレット部門受賞だそうだがたいした話じゃないと思う。
内容は分析エンジンにまつわるエトセトラとか、異形人とのコンタクトだとか
何だとかいろいろ書いてるんだけど、そんなのはどうでもいい。
「無限の好奇心を持ち、自由に出来る収入がたっぷりとある連中」
が暇つぶしに一緒になって冒険ごっこをしているだけの話。
一人称でまじめに?こんな話を語られても、ごっこ遊びの参加者以外
にとってはどうでもいい話だ。批評性のないこの手のほら話はおもしろくないな。
乗れない。


109 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/28 18:33
>>100
そーか、ありゃラノベのパロディなのか・・・。
俺も読んだけど????だったから、なんとなく納得。
でも上遠野ってなんか苦手だ。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/28 18:46
【クレジットカードのショッピング枠を現金化!】

クレジットカードで買い物をすると、商品代金の80〜90%のキャッシュバック!!
10万円の買い物をすれば8〜9万円の現金がお手元に!!

■■朝日カード■■
http://www2.pekori.to/~ryu/asahi/


111 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/28 22:47
>>106
マルドゥック、イイ! 俺的にはここ10年のベストSF

ほんとカジノシーンは後々語り草になるんじゃない?と思ったほど
迫力満点、これほどスリルを感じたギャンブル描写は初めてだよ。
しかも紛れもなくSFしてるんだよな。

112 : :03/07/28 23:35
>>111
へぇ、そんなにいいんだ、
明日買ってきて読んでみよ。

113 :112:03/07/29 20:30
マルドゥック買ってきた、
これから読む。

114 :89:03/07/30 00:21
>>113
読み終わったら、忘れずに感想書いてね!

115 :112:03/07/30 06:02
ただいま読了。勢いに任せて感想を書いてみよう。
エンターテイメントとしてもおもしろかったし、またいろいろ考えさせるものがあって、
充実した読書でした。

”どうして私なの”、という問いでこの小説は始まるが、それは
無条件に帰ることの出来るホームが無くなった現代の物語
にふさわしい始まり方だとおもう。
まずざっと内容を振り返ってみよう。

どうして私なのと問うた少女は、自分に無条件の愛を与えているべき場所を与えてくれた
かに見えた男によって殺されかける。
その少女バレットは”社会的有用性”を示すことによって生きている一匹と一人に助
けられ、そして自分を殺そうとしたあの男を告発し、法の裁きを受けさせるという役割が
与えられる。そして少女は、その役割を果たすために自分自身を守り、
役割を果たすために必要な機能を与えられ、その得た力を駆使して敵と戦い、
その中で得た経験は少女を成長させ、信頼できる相棒を得て、最終的に敵に打ち勝ち
自分の存在を肯定してくれるホームを得る。

116 :112:03/07/30 06:03
こうして筋をまとめてみるとこの小説の作者の社会観はかなりドライだ。

物語の中で家族を含めあらゆる共同体は崩壊しており、社会は徹底的に原子化し、
個々人はその”機能”と”有用性”によって地位と役割が与えられている。
社会全体が一種のゲームであり、それぞれの個人は独立したプレイヤーとして
その野心と生まれにふさわしいゲームに参加し、またときに
ゲームの必要に応じて契約関係を結ぶ。そしてカジノこそはまさにそのような社会の縮図
であり、そのシーンこそが物語の頂点だろう。

話は飛ぶけどこうして振り返ってみたらひとつ疑問が浮かんだ。
なんでこのドライな世界なのに、バレットとウフコックとさらにはドクターの間に、
機能的な関係とは違う愛情と信頼関係が生まれたんだろうか。
そこのところがいまいち分からなかった。
もひとつ疑問、小野不由美の十二国期もそうだけど、何で絶望的な
主人公を救うのがネズミ何だろう。何か意味があるのかな?

眠くなってきたのでこれぐらいで。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/30 12:02
いくらなんでも感想スレで内容を細かく書くのはちょっと……。

118 :114:03/07/30 12:23
>>115-116
詳しい感想をどうもありがとう。参考になりました。

119 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:32
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

120 :でへ:03/08/03 23:26
ファーストレンズマン EEスミス 創元文庫

レンズマンシリーズの中では、一番スペオペしていない話だと思う
オレ的には、レンズマンシリーズの中では一番すきなのだが、、、

リゲル人と始めて共感するのがXXについてだったという話とか、今までの
レンズマンシリーズにないリアルさがあると思う。

書かれた年代が新しい(といっても1950年ですが)せいでしょうね、
ほぼ同じころにかかれたSFに、「宇宙商人」(フレデリック・ポール&
C・M・コーンブルース1952)などがあります。

8点

121 :無料動画直リン:03/08/03 23:27
http://homepage.mac.com/miku24/

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/04 10:13
G・R・R・マーティン「七王国の玉座」上下

息をもつかせぬ怒濤の展開で一気に読んでしまった。
腕が疲れた。
骨太で豊かな世界、登場人物達の葛藤と変転、楽しかった。
しかしリーダビリティあり過ぎというか
波乱万丈の金太郎飴状態とでもいうか
読書中「この先どうなるか」だけを追ってしまい斜読みになってしまうのは
この手の大河ソープオペラに自分が向いてないというだけの事。だろうな多分

続きは読みたいけど再読するかどうかは微妙なので6点

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/04 21:54
アタイこそが 123げとー    

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/05 23:37
上遠野浩平『僕らは虚空に夜を視る』(徳間デュアル文庫)

面白かった。昔SFMのインタビューで「マトリックス見た?」「いや見てない」というやりとりが
あったけど、なるほどって感じ。
敵が妙に分かり易い思考形態してたり、設定にも色々と疑問点があったりするけど、オチで
コロリとやられました。こういう味ってSFならではだな、と。

8点。

125 :でへ:03/08/15 16:32
この不思議な地球で 巽孝之 紀伊国屋書店

サイバーパンク及びポストサイバーパンク作家のアンソロジー

カードの「消えた少年たち」が一番良かった。 9点
これはいろんな捕らえ方をする人がいて、問題作の
ようですが、私は単純にホラーとして楽しみました。

パット・マーフィーのロマンティック・ラヴ撲滅記もなんか
ユーモラスで良かった。 8点

ここら辺は万人受けする話じゃないかな、と思いました。

他にギブスン、スターリング、ハンド、バラードの短遍が
入っています、ネクロフィリアの話など出てきますので、
話によっては拒否反応を示す人も出てくるでしょうが、
私には面白い本でした。

巽孝之さんの序文、編集後記も良かったです。

ある程度サイバーパンクを読み込んできた人にオススメ、 総合点は7点

126 :山崎 渉:03/08/15 22:16
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

127 :山崎 渉:03/08/15 22:36
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

128 :でへ:03/08/16 15:29
ピニェルの振り子 野尻抱介 ソノラマ文庫

「太陽の簒奪者(長編版)」や、「ふわふわの泉」は
イマイチだったけど、これは結構面白かったです。
野尻さんというのはなかなかいいアイデアを持っている
ハードSF作家だなと思いました。

相変わらず人物描写が、、、なところがありますが、、
ハードSFだったらこんなもんか?

ファーマーの「リバーワールド」シリーズと、
ニーブン&パーネルの「神の目の小さな塵」の世界設定を
足して2で割ったような舞台設定が良かったです。
ちょっと違うか (藁
世界設定がイイ、続巻に期待です。

(関係ないが、ロケットガールも早く続きを書いてくれ(藁)

佳作です。続きが出たら買います。   6点

129 :純粋呪文を検索:03/08/19 11:50
冲方 丁(うぶかた とう) マルドゥック・スクランブル
圧縮・燃焼・排気 ハヤカワJA(全3巻)

少女がサイバーパンクの世界でハードボイルドする話。
賭博のシーンが圧巻。
引用したいフレーズも溢れている。(「足なんて飾りですよ」は違うか)
別の視点というかサイドストーリーが乏しく、やや一本調子。描写も
(俺にとって)わかりづらい箇所もある。
というかスレ立てろ、誰か。            8点


130 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/19 11:51
獣荒野に慟哭す(完全版) 夢枕獏 新書版

半村良的伝奇バイオレンスでしょうか。
今までの作品の中で、最も半村氏の影響を感じました。
んで、作品自体ですがプロットが無いままに、長々と書き続けているので
折角のネタが展開しきれないまま終わってる感があり、惜しい。
(というか「バイオレンス」部分に傾倒しすぎなんよね)
もうちょっとポリネシア→中南米への民族伝播と絡めて
大風呂敷広げても良かったのではないかと。

でもまぁ面白いんだよね、この人の小説 7点

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/20 12:38
ロバート・L・フォワード『竜の卵』

今さらな作品なので、訳の点で気になったところを一つ。
「卵」上にいるチーラたちの名前とか固有名詞が、
ピンク・アイとかラウド・トーカーとか英語直読みなんだけど、
<桃目>とか<どら声>とか日本語にしてくれた方が
土着っぽい感触が出てよかったんじゃないかと思う。
何となく英語でやられたんで、言語体系が地球と一緒やんという印象が拭えなかった。
まあ『ドラゴン・クリスタル』が『竜水晶』になったところで、
竜とか水晶とかいう観念の存在を前提とすることにはかわりないから
一緒といえば一緒なんだけれども、
我々は日本人なわけで、
惑星の名前が「竜の卵」っていうのと
「ドラゴンズ・エッグ」っていうのとでは、
やっぱり印象が大きく変わるなって思って。
大きな不満というほどではないけれども。


132 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/20 14:28
軌道通信 ジョン・バーンズ ハヤカワ文庫

多感な少女の宇宙生活青春日記なんだけども
その行動原理の裏には・・・みたいな仕掛けがあって
なかなか興味深い。愛だ友情だとひたすらに主張される
よりは受け入れ易いのではないでしょうか、SF者としては。
生活してる宇宙船(?)の光景が想像しづらいのが、ちと難か。
宇宙のスティルヴィア視聴者は読んでみちゃどーですか。

7点

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/20 22:22
>129
ウブカタスレはライトノベル板にある。スレタイで名前間違ってるけど。

『カオスレギオン』沖方丁
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1044190163/


134 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/22 23:14
マキャモン「スワン・ソング」

前半は面白かったんだが・・・中盤の中だるみが痛い。
無駄なディテールの積み重ねが多すぎる。
人物も類型化され過ぎて、魅力がなく、感情移入が難しい。
また、無意味な殺戮描写多すぎ。
その割に、後半はあまりにも単純に図式化され過ぎた
予定調和な展開で、ラストも予測のつく陳腐なもの。
大風呂敷広げた割には残念な内容。
意欲作なのは認めるが、失敗作だろう。
マキャモンの限界か?
各方面での高評価の理由が分からない。

3点

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/23 19:37
川端裕人『夏のロケット』

漫画版にも独特な味わいがあるが、原作版?も捨てがたい。
久しぶりに読み返してみた。
私にとっての癒し系作品だと再認識する。
8点

第六大陸の2巻を買いに行ったが無かった。
ついでに星の破壊者を買ってしまった私は、
生粋のライトノヴェル愛好家。

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/23 23:15
なんかラノベ板の似た様なスレ見たら大荒れだったんで、こっちに……まあ広義のFTっつー
ことで。

高橋弥七郎「灼眼のシャナ」電撃文庫

実際にモノ破壊されてるんだからどっからその分のエネルギー持ってきてんのかなあ……
なんて部分は目を瞑るにしても、紅世の王(異世界の住人ね)が随分人間くさかったり、異世
界テクノロジーの産物である宝具のネーミング規則がすごく分かり易かったりするのがちょっと
謎。異世界と人間世界の関わりがさっぱり説明されないんでわだかまりが残る。
キャラクター造形面では、ヒロインは典型的クールビューティーの域を脱してないけどまあまあ。
困ったのは主人公で、最後までどういう人物かイマイチよく分からない。
シリーズ化前提なんだろうが、物語が一応完結している以上、上記のことくらいはそれなりに
説明して欲しかった。

っていうかなんとなく魔(略)ア(ry
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) あまりにも板違いがすぎるぜ、兄者
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

4点。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/27 19:29
早川書房編集部編『SFマガジンセレクション1989』

日本人のSFは余り見ないのだけど良作揃いで面白かった。
エネルギー節約のため、巨大な世代宇宙船でウサギを処分することが決定される。
それに反対する子供たちは、ある場所で「デンワ」という旧式の通信機械を発見し・・・
(草上仁『市長、お電話です』)。
貨幣を脂肪にして身体に取り込むというアイデアで、「肥満=裕福」という洒落が利いてる、神林長平『痩せても狼』。
何故か雨後に地面から「生えている」白く透き通った動物たち、岬兄悟『筍族』。
アンドロイドが実用化された時代の「家族の絆」の姿は。東野司『最後の日』。
個人的に集中の白眉と思うのは、大場惑『メイズィング・ゲーム』。
記憶を失ったまま、終わりの見えない巨大迷路内をさ迷う何万、何十万という人々。
やがて各自が自分の生き方、すなわち迷路に対する回答を見出す。
街ができ、情報ネットワークが整理され、経済が成立する。
名のない彼らが、職種を固体名として受け入れていく様子が面白い。

138 :135:03/08/28 21:18
小川一水『第六大陸2』
ライトノヴェルはこうでなくっちゃ。
続きが読みたい気にさせつつ幕を引かれたこの作品。
『アレ』とか『彼等』の来訪とか、新天地としての、
『第六大陸』の発展・開発史が非常に読みたいとは、
思いませんか?
未読の方は、兎に角一度騙された積りで読んで見ては?

8点(ネタばれ済みません。)


139 :超未来型SFファンだけども:03/08/28 23:32
いまさらながら ロバート.J.ソウヤー
「さよならダイノザウルス」 6点
イリーガルエイリアンを見てから読んだのですが、きっとこちらの
方が先に作られたものと思いますが、エイリアンってもしかして。。?
って思いました。ちょっとちがうかもしれないけど肩から脚様のもの
がはえていたり、似てますよね。でもウィルスじゃないですね。

#ゲイトウェイの3をようやくみつけましたが上だけしかなかったので
 読み始めていいかどうか思案中

140 :超未来型SFファンだけども:03/08/28 23:34
ややこしかったですがダイノザウルスのが昔にかかれた、って思ってます。
(読み返すと逆にもとれちゃうので)

141 :超未来型SFファンだけども:03/08/28 23:37
「宇宙船レッドドワーフ号1」と「2」 7点

1を手にしたときはそれほど期待せず、読み始めてもうーむやっぱ
これわ。。。と思いつつ、でもやっぱ もんのすご〜〜〜い超未来
という点に惹かれ、必死に2も探し出して読みました。

これはこれで終わってしまうのが残念ですが、それなりに楽しみ
ました。欲を言えばもっともっと奇想天外な生き物がでてくると
楽しかったのですが。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/28 23:40
>138
第六大陸、思ったより大風呂敷そうで面白そう。
なんか大富豪とその孫の天才少女って時点で「ウゲッ!」と敬遠してたけど、買ってみようかな。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/28 23:59
カード「消えた少年たち」

出てくるキャラがみんなテンション高いので読んでて疲れた。
なんでそんなにすぐテンパるんだよ、って感じ。


144 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/29 00:51
「宇宙航路 猫柳ヨウレの冒険」 光瀬 龍

 ある意味ビックリした。
 キャラが誰一人魅力的でない。
 つうか、ヒロインの殴られた時の台詞が「ひ〜」って・・・

 1点

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/01 08:14
>>138
それで読んだ気になれたからもういいよ。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/06 08:43
ティプトリー「老いたる霊長類の星への賛歌」10点

重厚で陰鬱で難しくて面白い。超こってり。
躁と鬱の振幅の大きさがティプトリー作品の一つの魅力だが
本短編集は振り子が鬱の方に振れたものとしてはまぎれもない
最高作揃い。
特に「一瞬のいのちの味わい」と「ヒューストン、ヒューストン、
聞こえるか?」が、やはり迫力において双璧。
「煙は永遠にたちのぼって」「すべてのひと再び生まるるを待つ」
などの技巧的な作品も決まっている。
そしてティプトリーの精神的自伝とも読める「ネズミに残酷な
ことのできない心理学者」、冷酷と感傷の激しい相克という
ティプトリー作品のルーツが分かり、非常に興味深い。

もう最高。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/06 11:38
フレッド・セイバーヘーゲン『バーサーカー・赤方偏移の仮面』
人類対バーサーカーのとんち合戦の第1巻。
実は「皆殺し軍団」が最初だと思っていた。
なぜならスコーピオンズのデビューアルバムが『恐怖の蠍団』だからである。

ぶっちゃけ皆殺し軍団の方が面白かった。
これは短編集で、中には連作で内容が繋がっているのもあるが、俯瞰的なコメントを付記して全編をむりやり統合しなくてもいいと思う。
セイバーヘーゲンの殺戮機械は実に殺戮機械っぽくない。
それがいい味を出してもいるし若干ぬるくもある。

バーサーカーで連想するのは「ボーグ」(スタトレ)だが、こないだT3を観に行ったとき、あのスカイネットこそバーサーカーだと思った。
馬鹿馬鹿しいし。
『バーサーカー・マン』が翻訳されることを祈って7点
それとageとく。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/06 11:58
リョンロート編、森村覚丹訳『カレワラ』講談社学術文庫

フィンランドの古事記みたいなもん。
とにかく雰囲気が清冽で、
エッダ、ニーベルンゲンの指輪みたいなゲルマン系の話や
創世記にはない暢気さと素朴さが新鮮。
最長老の歌い手のくせにすぐ怒るワイナモイネン、
理性と技術の人イルマリネン、はやる若者レンミンカイネンなど、
登場人物もいちいち魅力的。
北欧の森と湖と野いちごとサウナを愛する人にはお勧めの一冊と言えるでしょう。
形式がまたいいのよ。
二行対句で、ひとつの事を微妙にずらした表現で二回言う。
ちなみに、「シルマリル」のトゥーリン・トゥーラムバアルのネタ元もあり。

ヨーロッパのファンタジーの源流にも目を向けてみよう!というわけで紹介。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/06 12:16
お、それ面白そう。今度読んでみよう。
二行対句に惹かれた。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/06 21:56
>>149
イェア!
通読する必要はないよ。
あれは連作短編集だ。
聴くほうだって何年もかけてちびちび聴くんだし。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/07 10:29
もれも二行対句が気になる・・・

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/08 18:32
カレワラ・・・
なつかししなぁ

暗いポホヨラで
霧深いサリオラで〜


153 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/08 20:46
Q:「レンミンカイネン」と聞いて何を思い出しますか?

1 フィンランドの巡洋艦
2 マザコンの特攻DQN
3 シベリウスの組曲

154 :でへ:03/09/08 23:31
「PLUTO」浦沢直樹+手塚治虫 ビッグコミックオリジナル 9月20日号

コミックです。
いったいどうなるかな?と、思っていたんですけど、
初回はなかなかいい話(SF) になってました。
浦沢直樹は昔から好きだったので、今回も楽しく読めそうです。
話の流れは結局、「MONSTER」と変わらないかもしれませんが
「SF」としてどんな話になるか楽しみです。

8点

155 :でへ:03/09/08 23:59
夢の樹が接げたなら 森岡浩之 ハヤカワJA690

ちょっと前に読んだ本だけど、ついでに書いときます。

短遍集です。
星界の紋章、戦記は正直言ってイマイチだったんですが、
これは結構面白かった、小松左京あたりの油の乗った短遍集を
読んだような気がした。

きっと作者は経済観念があり、一般常識のある人に違いない(藁)
こういう才能ある人がSFに残れない、これが現状なんだ。

7点

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/09 01:04
っていうか残る残れねえとかじゃなくてさっさと書(略

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/09 01:33
「分解された男」アルフレッド・ベスター

驚いたんだが、これって出てから今年で丁度50年、半世紀なんだよね。
それなのに、今読んでも凄く格好良くてパワフル。通信技術の部分に目を瞑れば、今年の新作です、
っつって出されても「ちょっと古いけどこれはこれでいいんじゃない?」という感想を抱く気がする。

10点

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/09 21:36
>>155
油→脂じゃないかな。揚げ足取りスマソ

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/11 20:58
「火星年代記」レイ・ブラッドベリ

三大家ではアシモフ、ニューウェーブ以降ではホーガンが好きという
嗜好には合わなかった。
雰囲気は感じる物があるが設定の揺れや展開の非論理性の方を
強く感じてしまった。
せめて感情移入できるよう狂言回しでもいいから
キャラクターに配慮してくれればと思った。

点数保留

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/11 21:44
古川日出男「アラビアの夜の種族」

あと一歩って感じ。ただそれはつまらないとか面白くないという意味ではなくて。
ルビを多用した色とりどりの文体とか口語体の迫力とか訳注というスタイルを効果的
に用いているとかいった表現技法に加えて日本人のあまり知らないアラビア及び
イスラムのエキゾチックな雰囲気がうまく出ている物語とか非常に面白いんだけど、
それだけにあと一歩という感じは否めない。

本当にあと一歩踏み込んでくれれば(それがどんなに大変かは知る由も無いが)
日本SFの歴史に残るほどの大傑作が生まれたのに、とか思ってしまうのは
勘違いだろうか。点数は9.5。あと一歩踏み込んでくれたら10点満点で11点が
つけられたのに。

161 :超未来型SFファンだけども:03/09/13 01:55
ゲイトウェイ3(上下)、ゲイトウェイ4(上下)

7点

超未来ではないけども話としては超未来まで続くという含みあり
で、面白かったです。「帰ってきた宇宙戦艦ヤマト」みたくな本が
もう1冊あるということみたいなのでどこぞで出会えるのを楽しみに
しています。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 13:52
第六大陸1,2。
不覚にも泣きそうになった。
こーゆー上質の話に出会うとSF者でよかったと心から思う。
ただ、これといいFわFわの泉といい、******を扱うのが個人的に残念。
S*T*計画自体には概して好意的なのだが、その将来の成果には懐疑的な俺である。
その点だけをマイナスして
9点。


163 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 19:03
こちら異星人対策局/GRD

良くいえば老境。悪くいえば老害。
ハヤカワSFでなくジュブナイル向けの出版社から出して、まだ知性化にふれてない
子供向けとして小学校や公民館の図書室に置けばよかったのではなかろーか。
今ブックカバーを外して白背だったと気付いたけど、厳しく、3点。


164 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 19:05
「しあわせの理由」グレッグ・イーガン
まだ表題作しか読んでないんだが、素晴らしすぎる。
宇宙消失、順列都市、祈りの海収録短編と、どれもよく考えてあるし面白いんだけど、どうも
突き抜け感が足りなくて「なんかイマイチだなあ」と思ってたんだが、これはいい。
小説読んで泣いたのはこれで3度目だ。

10点。

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 23:29
神狩り 8点

たしか中学1年のとき、物語じゃなくて小説本じゃなくてキャラじゃなくて
初めて「SF」を読むんだと腹をくくって買った初めてのSFだったと記憶している。
だから、この作品が俺の国内外すべてのSF小説に対する評価の基準点。
と書くと大仰だしカッコつけすぎだけど、要は最高の出会いだったと言いたいわけでw
今回も(手元にあるのはハルキ文庫だけど)それが変わってないし間違いじゃなかったと感じた。
徳間さん、2の刊行はまだですか?


166 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/17 01:44
>165
自分、学生時代に言語学を専攻してたんだけど、
そういった目で見ても面白かったよ。
SFとしてはもちろん言うまでもない。
2の刊行、待ってます。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/17 01:46
「われらの有人宇宙船――日本独自の宇宙輸送システム「ふじ」――」松浦晋也

ノンフィクション(?)だが、他に書くトコないんで。
内容は、まあ詳しい人には当たり前のことなんだろうが、カプセル宇宙船の歴史やスクラム
ジェットの問題点などについてコンパクトにまとめてあるのが良かった。
ふじ計画自体についてはウェブサイトの記述に加え、考えうる問題点に関する回答がより詳
細に説明されています。
個人的には全体を通して大変楽しめ、勉強になりました。

8点。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/17 19:39
A.E.ヴァン・ヴォクト『宇宙船ビーグル号』(ハヤカワSF文庫)

超有名作を今頃読む・・・なるほどこれは名作と呼ばれるだけのことはある。
宇宙の超知性が「敵か味方かどちらか」だとは了見が狭い、と言ってレムはソラリスを書いたが、
宇宙船に次々襲いかかってくるモンスターという設定には抗しがたい魅力がある。
ともすれば単調な怪獣退治の繰り返しになるところを、内部の人間関係で縦糸を作っているのは上手い。

人類を越える完璧に近い種族、というのは、60年代以前のSFによく登場するが、
それは全体主義の反映ではなくて、
「人類はもっと完璧な存在になれる」という発想の裏返しなのかもしれない、と
情報総合学の概要を見ていて思った。
8点。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/18 19:25
ディック「暗闇のスキャナー」 pkdの70年代の作品を読むのはこれが初めて。 SF要素は少ないが引き込まれて一気に読んだ。 主人公の壊れて行く様が哀しい。 完成度は高いが個人的には 今の所「高い城の男」や「ユービック」のほうが好みなので 9点

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/18 21:55
R.E.ハワード「冒険者コナン」 人だろうが神だろうが化け物だろうが、盛大に殺しまくるコナンが爽快。 アクションと怪奇味のブレンドも絶妙。他の巻も読みたくなった。 10点

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/18 23:01
シオドア・スタージョン「人間以上」 スランやXメン系の話かと思ったら かなり内面的な内容だったので驚いた。 観念的だったりして取っ付きにくい所も多いのに、 読み出したらやめられずに一気読み。作者の文章力の成せる業だろう。 アリシア・キューに救いがないので 8点

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/20 04:43
読んだ、つか、買ってきたもの。
創元復刻フェアの「ロシア・ソビエトSF傑作集(上・下)」「東欧SF傑作集(上・下)」
3冊は既にもってて、どの1冊をもっていないかわからなくて結局全部買ってきた・゚・(ノД`)・゚・
その昔、「ギャラクシー(上・下)」を買い逃してその後どこにいっても見つけられず
入手までにどえらく苦労したトラウマのせいさトホホ。

結局正解はロシア・ソビエトの下巻ですた。
採点するにちとリハビリが必要なので
とりあえず本箱のどこかにあるストルガツキーの本を探索中。
まだ見つからない・・・


173 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/20 12:50
ゲイマン「コラライン」9点
面白い。マンションの開かずの間の向こうに鏡像世界が・・・
という設定は、児童向けファンタジーに多いパターンで懐かしい。

モロウ「真実の都市」8点
ストーリー展開は予測がつくものだが、「嘘が狂気とされる
世界」という設定が抜群に面白い。
ディテールの考証は結構甘いが

174 :でへ:03/09/20 22:35
岬一郎の抵抗 上・下 半村良 毎日新聞社
昔からの東京の下町人情あふれる街に起こった公害事件が、
最後には新人類テーマのSFとなりました。
なんか全体で見るとまとまりのない話なんですけど、
後半の、現行人類と新人類(神)とのかかわり、
庶民(下町の岬一郎と親しい人々)と権力
(岬一郎を利用するか、排除しようとする人々)のかかわり
が、よく書かれていました。
結構深いSFでした。
最終章の「処刑」はすごかった。特に最後は「おおっ」
と思ってしまった。 圧巻!

8点

175 :でへ:03/09/21 22:09
第六大陸 1,2 小川一水 ハヤカワJA727,735

果たして、こんな動機で月に「建築物」を作っちゃう
だろうか? という疑問はとりあえず置いといて、

面白かった。

月面に何をいつまでに、どれぐらいの予算をかけて建設するか、
というアプローチの仕方が、今行われているような仕事のやり方と
同様の視点で書かれているのが、とっても新鮮でよかったです。

クラークのSFをラノベ化した感じですか?
今の人には、クラークよりこっちのほうが面白いでしょうね。
(宇宙への序曲とか火星の砂とか、初期のやつと比べてね)

6点

冲方さんも小川さんも岐阜出身、そして来年はG-CONですか、、

176 :でへ:03/09/21 22:12
>158

全くそのとおりでつ、
RESが遅れに遅れたことスマソ
見逃してました。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 00:25
チャン「あなたの人生の物語」10点

半分以上の収録作は再読なんだが、我慢できずまた読んでしまいますた。
濃厚で知的にエキサイティングで、もう最高。
独創的な着想を綿密に展開し、突き抜けて行く迫力は凄い。
特に表題作は見事の一言、やはりオールタイムベスト級の名作だ。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 00:44
何でも満点つければいいってもんじゃないよ(w

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 17:00
アーシュラ・K・ルグィン「闇の左手」 緻密な異星文化描写は見事。後半の脱出行も迫力ある。 だが、いろいろと象徴やなんやらが込められているようで、そういうのは苦手。 6点

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 18:53
>>178
気になるなら読めばいいじゃん

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 19:19
>>179
享楽乞食ハケーン

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 20:19
>>180
気になったわけじゃないんだ。

183 :177:03/09/22 22:19
>>178

10点が気に入らないというなら、読んでレビュウしてよ。

漏れにとってこの作者は、収録作の大半が既読でも
再読したくなり、かつ再読しても満足できる稀な作家。
それどころか「地獄とは神の不在なり」「理解」なんか、
むしろ再読してかえって印象アップ。
初訳もので「バビロンの塔」「顔の美醜について」あたりは、
作者の変わった一面も見せてくれるし(とはいえ、一定の
仮定の下に推論を積み重ねるという作風は共通しているのだが)。
特に、「顔の美醜について」は題材も柔らかめで、
「あの理屈っぽい文体や内容がどうも・・・」
と敬遠する向きにも薦められる。

ちなみに、迫力という点ではやはり「理解」「あなたの人生の・・・」
「地獄とは・・・」の3編が凄いと思うが、ちょっと重すぎる気も
するので、個人的には、「バビロンの塔」みたいなすっきりした
理知的ほら話を、もっと読んでみたい気がする。


184 :179:03/09/22 23:08
そうさ俺はいかにも享楽乞食 次に読むのはディックの「死の迷路」 思いっきり楽しむぜ

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 23:41
>>183
君、このままじゃオナニーのし過ぎで遠からず死んでしまうぞ。
悪いことは言わないからほどほどにしておきなさい。

それにしても、君って文章が下手だねえ。。。

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/23 00:17
感想を書くスレで、人の感想にケチつけるだけの奴って何?

具体的なこと書かないで「糞つまんなかった、0点」とかいうのに
文句つけるのならわかるけど、ちゃんと自分の言葉で書いてる人
に対して煽るだけってかなり失礼だな

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/23 01:12
>>185
10点

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/23 01:35
「BLAME! 10巻」(弐瓶勉、講談社)

最終巻らしいスケールのデカいバトル&王道的燃え展開も良いが、最終二話の静かな
雰囲気はSFならではの遙かな時間の流れを感じさせ、正に「SFは絵だねえ」を地でい
く印象。
主人公霧亥が遂に辿り着いた建造物の尽きる場所には、最良のSFのセンス・オブ・ワン
ダーを感じた。

正直7〜9巻あたりは迷走している印象があったけど、10巻でしっかりSFに戻ってます。

9点。

189 :でへ:03/09/23 11:05
あなたの人生の物語 テッド・チャン ハヤカワSF1458

マターリ行こうぜ

面白いよ、テッド・チャンの全作品らしいけど
粒よりと言っても良いような短遍集だし、
(粒よりじゃないけど、そう言っても良いくらい
レベルが高い)

でも、難しいよ、「ゼロで割る」は、2回読んだけど、
今でも理解できていない。

「あなたの人生の物語」も、難しかったなあ。
最後まで読んで、ようやく話のつくりの
理由(わけ)が見えてきたよ。
スゴイ、と思ったけど、

良いSFっていうのはもっと単純で、
センス・オブ・ワンダーを直感的に
感じさせてくれるものだと思う俺には、

8点

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/23 20:08
『マルドゥックスクランブル』全三巻 冲方丁 ハヤカワJA文庫 八点

おもしろかったー。

 ・マトリクスっぽい戦闘シーン
 ・カジノシーン
既出だけど、やはり俺もこの二点が強く印象に残った。

三巻全編、飽きることなく一気に読まされたという感じ。才能だね。
焦点が定まらないというか、未成熟というか、物足りない印象があるのと
同時にこれからの作品に期待できそうな作家に思えた。
次代の神林になれるかな?

最初、図書館で『マルドゥックスクランブル』シリーズ三冊を探したんだけど
地域の図書館になくて、本屋で購入。
当たり外れの不明な未知の作家の本をいきなり買ったのは久しぶり。

おまけ。
三巻のあとがきで「少林寺拳法のジェット・リー」とあったけど、
少林寺拳法は戦後に出来た日本産の武道だろっ、少林拳のほうだろっ、と
やぼつっこみをいれてしまった。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/25 02:41
コララインって翻訳出てたんだ。今日SFマガジンのヒューゴー賞発表の
記事読んだら、角川から出てるらしい。
知らずに原書読んじゃったよ、ちくしょう。
明日かって来るぞ。

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/25 17:31
児童書のコーナーね

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 00:44
コラライン探しにくかったけど見つけますた。
買ってきますた

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 15:37
洋書の児童書でもいい?

R. L. StineのGIVE YOURSELF GOOSEBUMPSシリーズははずれがなかった。
子ども向けホラーのゲームブックだけど、それぞれ辿り着くオチもなかなか
センスあり。

これって日本でも売られているの?


195 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 16:05
バリー・ヒューガート 『鳥姫伝』 ハヤカワFT308

話は良かった。
良かっただけに、翻訳が自分に合わなかったのがくやしい。
あの文章で最後まで読むのが辛かった。

点数保留

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 16:34
>>195
私はあの翻訳は結構いいと思ったんですけど・・・
このシリーズの翻訳はむちゃくちゃ大変そうですね。
英語だけじゃなくて中国語や中国と日本のの伝奇、伝説の知識とそれらを取捨選択(日本語、中国語、英語のどの表記を取るか)するセンス・・・

まあ、原書で読んだこと無いのであまり大きな事はいえないのですが。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 18:45
設定を聞いただけで興奮する「キャッチワールド」を
期待満々で読みはじめたのですが…。
終わりが近づくにつれて尻すぼみになっていく印象を受け
すべてはルルケッター博士のえがいたシナリオ通りという
拡大より収束の方へと向かうラストに肩すかし…というのが
偽らざる感想ですが、これってまだまだこちらのSFファン
としての「読み」と「キャリア」が浅いと言うだけのこと
でしょうか…?点数保留…。

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 19:37
>>197
そんなもんです。
名書というよりは奇書の類。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 23:22
>>195
難しいね。
テンポが大事、しかし雰囲気も大事、なタイプの小説だからね。
ムアコックの「光の王」なんかを読んでると、
「重厚な神話的展開をやるのか、アメリカンコメディをやるのかはっきりしる!」
とむかついてくるが、同じようなことを>>195は思ったのかな。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 23:28
>>199
ゼラズニイでは?<光の王

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 23:47
>>199
すまん。
同じような感想を抱いたデルヴィシュと混同してた

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 23:56
「ストーンエイジCOP」藤崎

ちょっと頭抱えてるところ。


203 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/27 00:26
アタイこそが 203高地げとー  

204 :ステッセル:03/09/27 01:03
(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(´  )━(Д´ )━(`Д´)ウワァァァン!!

205 :伊知地:03/09/27 01:13
重砲 (゚听)イラネ

206 :乃木:03/09/27 01:17
鬱だ死なう

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/27 01:22
>>202
藤崎はちょっと頭痛いよね。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/27 11:48
>>197
>>すべてはルルケッター博士のえがいたシナリオ通り
そうだっけ?あれは<クロウ>が時間を遡っていろいろ干渉してたんだと思ったけど。

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/27 20:32
<208
同じワイドスクリーン・バロックで「超存在」が出てきても
バリントン・ベイリーとかだとホラ話のセンスがあるので
SF初心者の私でも面白く感じるんですが。

…もう一度読み直してみます。


210 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/27 22:00
今日見たSF。「ブラッドミュージック」

炊飯器にごはん残ってた。炊いたのは7月の・・・ ・゜・(ノД‘)・゜・


211 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/27 22:53
>>210
お米つぶに生命を与えるかい?

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/28 02:22
>>210
どうかしてるよ。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/29 02:47
『図書館警察』 スティーヴン・キング

あろうことかこんな本を図書館から借りてきてしまった。
返却日はあさってなのだけれど、なにかの拍子で返却が遅れてしまったら
とか思うとドキドキしてくるよ。

読む前はミザリーみたいなサイコホラーかな?と想像していたのだけど
ちとジャンルが違いました。
うーん。これはこれで面白いけど、このオチだとグロテスクではあっても
あんまり怖くないかな。
主人公のトラウマの原因には・・・・うぇぇ、でした。

ジャンルが少し予想と違いはしたけれど、それなりに楽しく読めました。
六点。

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/29 16:25
>213
ちゃんと返そうね(w

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/29 19:17
>>211
SF大将だな

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/29 21:37
イーガン「しあわせの理由」(ハヤカワ文庫)

「祈りの海」にいいのを集め過ぎたせいか、前のよりはちょっと
落ちるかなあ。
SFの平均レベルは上回ってると思うけど。
まあ好みの問題もある。特に前半の方はいまいち。
後半はさすがに傑作が多い。
「チェルノブイリの聖母」は、イーガンの社会派方面のセンスが
出た傑作だと思う。
「ボーダーガード」も、ちょっと難しいけど、凄いと思う。
「血をわけた姉妹」「しあわせの理由」はもちろん
傑作なのだけれど、なぜこれを最後にもって来るのかなあ。
どっちもアンソロジーに既収録。
大抵の読者は両方読んでいるだろうから、「ボーダーガード」までで、
本書の印象は決まってしまうだろう。
あと、「しあわせの理由」も、確かに傑作だけど、90年代のベストの
一つとまでいわれると、それほどでもないかなあ、という感じ。
こんなこというと、お前は分かってないといわれそうだけど、
いかにもイーガン節な感じが、ちょっと鼻につく感じがする。

というわけで前半が今一なのと、作品の配列が不満。

個人的な採点は 7点 ぐらいです。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/29 22:12
>>216
>こんなこというと、お前は分かってないといわれそうだけど、

いや、間違っていません。イーガンはそんなもんですよ。
もっか過大な評価のみが先行しているきらいがありますね。
十年後には邦訳本はほとんど品切れ状態でしょう。

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 00:09
まあ名作なのに品切れなのは腐るほどあるけどね。
サイバーパンク作家勢なんて、ギブスン以外はほぼ全滅だし。ニューウェーブは言うに及ばず。


219 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 00:41
ニューウェーヴの名作って何があったっけ?(揶揄ではなく)

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 01:49
バラードとかディレーニイとか?

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 02:27
どっちももう新刊では手に入らないの?

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 02:46
>>221
ディレイニーは「アインシュタイン交点」が、
バラードは「コンクリート・アイランド」
「沈んだ世界」「結晶世界」他、新刊で買えるみたい。
バラードはアマゾンだと25点ヒットしたよ。
ぜんぶ新刊というわけには行かないけど。
適当な調べでごめん。

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 02:51
バラードは比較的手に入りやすいけど、「クラッシュ」も絶版だし、
ちょっと本格的に探そうと思うと厳しいね。
オールディス、ゼラズニイなんかは古本主体になっちゃう。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 08:48
嘆いてばかりいないで、復刊ドットコムでリクエストだ
http://www.fukkan.com/list/index.php3?c_no=200&sort=vc

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 12:02
>>216
イーガンは、本来すべてのシリアス系SF作家が基本として
そのうえに立脚すべきベースラインをストレートに書き綴っ
ている中道の作家。

226 : :03/09/30 16:40
今ポールアンダーソンの「タウゼロ」読んでるけど
スケールの大きさに圧倒されてます

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 16:57
>>217
俺は信者だけども、「順列都市」が凄すぎたんで、ちょっとみんな眼を眩まさ
れてるんじゃないかって気はするね、確かに。

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 17:56
>>222-223
ありがとう。全滅ってわけではないんですね。
ゼラズニイはもっと訳されてもよかったと思います。
「伝道の書に捧げる薔薇」を初めて読んだときには
思わず「もっと読みたい!」と思ったものですが、
短編集はほとんど出ていないんですね。残念・・・


229 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/30 23:26
ゼラズニイって、80年代にも結構いい作品書いてるんだよね。
「ユニコーンウ゛ァリエーション」とか「北斎の富獄・・・」とか
「氷の炎」(だっけ? 結構うろ覚えいい加減信じないで)とか、
全部大好き。
短編集も出てるのに訳されてないんだよなあ。
原書はあらかた持ってるので、漏れが自分で訳して自費出版するしかないか、
トホホ

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/01 01:12
>>229
>短編集も出てるのに訳されてないんだよなあ。
原書はあらかた持ってるので、漏れが自分で訳して自費出版するしかないか、

出たら購入します!

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/01 06:38
人のページだけど、ゼラズニー作品リスト
ttp://homepage1.nifty.com/ta/sfxyz/zelazny.htm
翻訳も多いけど、未訳もいっぱいあるなあ、、、

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/01 19:32
>226
解説先に読んだら、一番凄い場面がネタバレされていて泣いた……まあそれでも面白かった
ですけど、ね!
でも、一番感心したのは、なんか光速に近づいても結構人間が操縦出来るんだなあ、という
ところ(藁

>227
自分はむしろ「しあわせの理由」収録作が一番良かった。「道徳的ウィルス学者」みたいな思わ
ず左右非対称に笑っちゃう作品とか、作風に幅がある印象。表題作は大泣き。
それ以前のは、
「宇宙消失」→時空の支配者+セックス・スフィア+重力が衰えるとき?
「順列都市」→作中人物が言及してるように、塵理論は実証不可能の「ものの見方」のひとつ、
         としか感じられずに、イマイチ、ノれなかった。むしろコピーの描写とTVC宇宙
         の描写の方に感心した。
「祈りの海」→話のパターンとキャラが全部いっしょやん
みたいな感じで今一歩な感想。

個人的には、イーガンよりスティーヴンスンの評価のがよく分からない……。
(いっつも100ページくらいで飽きる)

233 :でへ:03/10/01 21:31
参考にならないかもしれないけど、
オレの採点基準(長文になった、スマソ)
この基準でいけば、SFを読み始めて間もない人や、若い人は、
結構10点が出てしまうと思うよ

10点:
読んだことで、今後の生き方を変えるほどの影響を受けた本
おっさんのオレには、今後はまずお目にかかれないと思っている。

9点:
まず間違いなく今年のベストになるであろう本、ベスト候補になる本

8点:
今年のベスト候補になる本、その年の作品の状況によっては
ベスト作品になるし、候補にもならないこともある。

6-7点:面白かった本 7:良作 6:佳作?

--------------壁---------------

5点以下:
つまんなかった本、個人的な基準だけで評価しているので、
ネガティブな印象を与えるのは、その本を読まなくなる
人が出るかもしれないのため、5点以下の評価の作品については
今後はあまり書かないつもりです。
(ある人にとっては面白いかもしれないので、その人が
 読む機会を失ってしまうのは良くない)

いくつか書いていると、どうしても評価の揺らぎが出てしまうので、
自分なりの基準を作っています。それでも±1点くらいの誤差が
あると思います。(特に7点以下の作品)今後、基準に多少の変更は
あるだろうけど、大筋は変えないつもりです。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/01 23:46
デヘさんへ
自分の評価と今年のベスト候補なんか関係ないのでは。
自分は自分、他人の評価と一致しようがしまいが自分の感性を俺は信じたい。

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/02 00:57
>>233
5点以下のは、点数を書かなきゃいいんじゃないの?
感想は読めたほうが楽しいから、ここでなくてもいいから、どっかに書いてほしいなぁ。
作家スレやSF内ジャンルスレがあればそこに書くとか。

236 :でへ:03/10/02 07:38
>234
ベストというのは、自分の評価基準でベストということです。
星雲賞、ヒューゴー、ネビュラ賞と、(自分の)評価が一致するのは
7割くらいかな?
去年の星雲賞は外れました。(海外長編部門)
私はパンクボーンのデイビーがベストでした。

>235
考えます、でも、このスレのおかげで読書量が増え、すべて書くのは
困難です。作家スレとかに「つまんない」って書くと荒らしと思われ
そうだし。

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/02 22:58
感性とか俺とか言ってるガキがいるし(w

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/02 23:44
SF板では珍しい書き込みをハケーンしました。

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/03 00:17
ヴァカがもう一匹増えたのか?

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/04 10:39
ティプトリー「故郷から10000光年」6点

初期作品のせいか、粗削リなのが多かった。
躁と鬱でいえば、躁のティプトリーが味わえるが、
何かいまいち乗れなかった。
好みの問題だろうが、もっと後の暗くてハードで長い
やつの方が好き。
ただし、「苦痛志向」はよかった。わかりやすいし。

241 : :03/10/04 17:01
今不定期エスパー第1巻読んでます
やっぱ眉村卓は読みやすいすね

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/04 17:20
神林「言壷」
小説にはどうかわからないが、仕様書や企画書や報告書を書くのに
ワーカムは最高だろうと思ったり。切実に1台欲すい・・・
7点。


243 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/07 12:16
マーティン・スコット「魔術探偵スラクサス」 ハヤカワFT ;6点
茶背は専門外なのだけれど思ったより楽しんで読めますた。
なんで続き出てないの?


244 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/09 21:47
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

初めて読んだディックの長編を数年ぶりに再読。
ある程度他の作品を読んでからの再読なので、前の時より理解度が増した。
本物と偽物、人間とそうでない物、を区別するのは何か?をテーマとした紛れもない傑作だと改めて認識。
偽の警察署に連行される辺りはヴァン・ヴォークトに通じる゛めまい感゛があり、一番面白かった。
意外に、映画のキャスティングをそのまま当てはめて読んでみても違和感なくて驚き。

10点

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/10 08:32
>>243
売れないから、続きの版権は取らないことに決まったそうだ。
どっかよその会社が引き取ってくれないかな。

246 :243:03/10/10 21:13
>244
thx。そりゃ残念だのう。
おっさん探偵と女学生ってのは赤○次郎か樋□有介かっつー設定で
珍しく俺が買ったFTだったなのに(だから?)
つか、やっぱアレかね。
あの某ガッツみたいなハーフエルフ娘のカバーが悪かったのか?


247 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/11 00:16
あんまり面白くないからでしょ。単に。
漏れ、駄目だった。続きが出なくても全然悲しくない。

248 : :03/10/11 18:09
不定期エスパー第2巻読み終わりました
やっぱり徐々に世界が広くなっていくのが楽しい
早く次が読みたくなりました
眉村卓の小悦は波長が合うのかつまらないのがないね

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/14 00:44
>>248
そんなあなたに眉村スレ・・・

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/16 03:02
>>246
そんなあなたに枯葉色グッドバイ・・・

251 : :03/10/16 16:59
不定期エスパー第3巻読んでます
いよいよエレスコブ家の大型宇宙船で
ネイト-カイヤツ星系を出て行くところでつ

252 : :03/10/18 18:56
リングワールド立ち読みしてます
今150ページまで読みました。
期待以上に面白いね
ワケ分からん宇宙人とか高層ビルの林立する
大都市とか出てきてガジェットが豊富で楽しめる
作品だね

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/18 22:42
>>252
なぜ買って(または図書館等で借りて)読まない……

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/18 23:08
>>252

立ち読みで読めるって、凄い・・・

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/20 00:52
ジェリー・ユルスマン『エリアンダーMの犯罪』(文春文庫)

ミステリの体裁をとっているが、一種の歴史改変もの。
父の遺品にあった一冊の歴史書。
第二次世界大戦という「架空の出来事」に関する迫真のドキュメントに
世界が徐々に影響を受けていくという話。
もう一つの世界から、存在しなかった歴史として現実を書くという
アイデアが光っている。
物語の展開もサスペンスフルでぐいぐい読ませる。
本が紛れ込んだ経緯などつめの甘い部分もあるが
エンターテイメントとして相当面白かった。8点。

256 : :03/10/20 18:52
不定期エスパー第4巻読了
ネプトでハボニエを殺したのは眉村さんまずいと思うね

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/20 19:39
いかんなぁ、眉村君

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/20 23:31
R・ホールドストック「ミサゴの森」(角川書店)

神話・伝承の原型が跳梁跋扈し、異界への門が中心に据えられた不可思議な
森を巡り、人間の想像力について語られた幻想文学。
上記のテーマを、一人の女を父・兄・主人公の3人で奪い合うというストーリーで
読ませてくれました。
たらたらと半年かけて読んだせいか、イングランドの神話・伝承の生成、歴史的背景、
作中のヒロインについての伝承、森とその植生についての話等、重層構造になっている
物語を思いっきり楽しませてもらいました。
個人的には「アースウィンド」を一部思い出したりして、懐かしくもありました。
巻末の解説を読むと続編が翻訳刊行予定になっていますが、出ていませんね。
そこで1点差っ引いて、8点というところでしょうか。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/21 22:24
>>258

ラウ゛ォンディスね。
漏れ原書持ってるけど積ん読3年たった。

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/21 23:31
「あなたの人生の物語」テッド・チャン(ハヤカワ文庫SF)

色々評判の作家だけど、とにかくリーダビリティがとても高いのが良かった。
お気に入りは「バビロンの塔」「ゼロで割る」「あなたの人生の物語」「72文字」「地獄とは神の
不在なり」……って殆どだね。
どの作品も、もうちょっと「先」まで書いて欲しいとは思うけど(その点、「あなたの人生の物語」
はアイデアの性質上、そう感じなかったのが良かった)、とにかく楽しめました。

9点。

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/22 00:19
イーガンといいチャンといい、バブリーな気がする。そんなに高評価でいいのか?

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/22 00:29
だってこの二人以外に、今これって言う作家がいないんだもん。

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/22 00:33
そーだそーださっさとキングタリオださないハヤカワが悪いのだプンプン

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/22 00:51
>>262
理由になっとらん。

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/22 00:55
キングタリオってなに?

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/22 01:34
>>262

 あ た ま わ る そ う ・ ・ ・ 


267 :でへ:03/10/22 07:17
>261,262,263
禿同

>263
キングタリオ->キンタグリオ
じゃなかったっけ?
ググって見たら、どちらの表記も出てきた。
件数が多いので後者と思われる(藁

268 : :03/10/22 17:38
眉村卓の不定期エスパーは説明がくどいね
同じこと何度も説明してる。初めから読んでない人のためなのか
完璧主義者なのか 設定オタクなのか





俺は設定オタだ。

269 :でへ:03/10/25 08:21
虚数 スタニスワフ・レム 国書刊行会

読了にほぼ3週間
最近たまっていた未読の本の中で、一番読み易いと
思って読んだのだけど、やはり難しかった。

しかし、この難しさとは、最近流行りの翻訳物のSFの
難しさとは違う。
人間の内面を主体としたSFではなくて、果てしなく外に
広がっていく(空間的に、時間的に)難解ではあるが深い、
レムの思考を書いた本だった。
この手の難しさのほうが、私には合います。

特に最後に収められた「GOLEM XIV」が素晴らしかった、
人間とは異なる異質の知性を持った思考機械「GOLEM XIV」と
人間との対話は、難解だけど、深く、広く、感動した。
(よけいな付け足しだけど、GOLEM=LEM(レム)ね)

10点

私の好みにあったから、10点です。
一部のマニア向けです。(哲学SF?)

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 13:53
スティーヴン・バクスター「プランク・ゼロ」「真空ダイヤグラム」(ハヤカワ文庫SF)

個人的には、プランク・ゼロの大半と、最後の秘史から連なる一連の話が面白かった。
でも、これ読んで思ったんだけど、バクスターってなんか描写が下手だよなあ。なんか、凄い
建築物が出てきてもクラークはおろか野尻抱介や小林泰三のがよっぽどスケール感あるし、
凄い概念が出てきてもラッカーの幻視力やイーガンの執拗性には及ばない。なんか、もうちょ
っと煮詰めれば……という点で、同じイギリス作家のイアン・ワトスンを思い浮かべた。
ただ、それなのに読み終わった時妙に昂揚するような、センス・オブ・ワンダーを感じるのは何
故なんだろう。

7点。

関係ないけど、ナイト・ファイターが上遠野浩平《虚空牙》シリーズのナイトウォッチとイメージ
被る。

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 21:22
林譲治 「記憶汚染」(ハヤカワ文庫JA)

新世代ハードSFの旗手によるハヤカワ初書き下ろし作品!
携帯が進化したワーコムが実現する超情報化社会、弥生遺跡から発見された
謎の粘土板と白骨死体、秘密裏に開発される人工知能ネビロス・・・魅力的なガ
ジェットがこれでもかと出てきますが、なぜか出来上がった作品はトンデモ系・・・
ちょっと脱力しました。

次作に期待ということで
6点


272 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 21:42
>271 トンデモ系・・・

同意!売れ行きが芳しくなさそうだったので、イヤな予感はしたんだが
いまんとこ今年ダントツのワースト

4点

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 22:41
>>271
ええ!買っちゃったよ……

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 22:44
国書のレムのシリーズ、もうすぐ始まるね。楽しみだ。

275 :272:03/10/26 00:09
>273

俺も「ウロボロスの波動」読んでファンになったから、期待してたんだけどね。
とにかくプロットがハチャメチャな上に、キャラクターが決定的に立ってない。

別に感情移入できるキャラクターがいる必要はないと思うけど、登場人物の
みんながみんな「こんなやついねーよな」ってのばかり。マジ幻滅。

次作に期待という点では271に同意したいが「この人宇宙SF以外ダメかも」と
いう気にさせられるくらい出来がひどかった。

只今、藤田雅矢の「星の綿毛」(Jコレ)を読んでるとこ、これはそこそこ読める。

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/26 00:26
林譲治氏のキャラ立ちのダメさは何が悪いんだろうねえ。
ウロボロスの波動の各ヒロインも、結構魅力的っぽい描写が盛り込まれているのに、妙に印象に
残らないというか……。
あ、でも、ガルダ島狩竜隊はなかなかいいキャラ多かった。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/26 00:56
>>276
軍人さんしか書けないんじゃネーノ?

当方普通のサラリーマンだが、この作者いわゆる社会経験にすごく欠けてるんじゃ
ないかと感じた。
それが上のほうで言ってるトンデモ系キャラにつながってるんでは?
宇宙モノや戦記モノだと設定の特殊性が強いからそれが目立たないだけ。

278 :でへ:03/10/26 04:15
微睡みのセフィロト 冲方丁 徳間デュアル文庫

「マルドゥック・スクランブル」と、よく似た話でした。
カジノや「イタイ」話は出てこないし、設定もぜんぜん
違いますが、、、

感応者って言う超能力者が出てくるのですが、
「ジョジョの奇妙な冒険」っぽい話でした。
(上記のコミックは昔ちょっと読んだだけなので、
 違っていたら、すいません。)

レムを読むのに3週間かかった後では、
サクサクっと軽く読めたので良かった。

7点

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/26 11:44
「星の綿毛」 藤田雅矢 ハヤカワJコレクション

氏の5年ぶりの長編 
砂漠の惑星で繰り広げられる、世界の発芽と収穫の物語

どことなく既視感漂うストーリーやこじんまりまとまりすぎなとこは気になったが
安心して読める佳作 今年の「SFが読みたい」のベスト20には食い込むかも。

7点

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/28 21:44
ロビンスン「ブルー・マーズ」

老人文学の力作といわせてくれ。
ストーリーは糞だと思うが、本作の眼目はそんなところにはない。
偏執狂的な視覚描写や、ディテールへのこだわりぶりは、
好き嫌い別にして、凄いのは間違いない。
本作では、火星以外の星にも植民が始まり、水星や
金星やミランダや・・・といった星も出てくるので、
火星ばかりで飽き飽きしていた向きには朗報です。
圧巻はラスト付近の、サックスが開発した記憶増強薬を
最初の100人の生き残りが服用するシーン・・・
前2作のラストは派手派手しい一大スペクタクルだったけど、
本作のハイライトは、心の内側での「一大スペクタクル」。
過去2作のいろんな場面が、記憶の中でつながっていく。
アクション場面は乏しく、前2作に比べ地味だが、読みごたえで
上回っているのは、長さのせいだけではないと思う。
しかし、疲れた。

8点

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/29 01:00
小林泰三「目を擦る女」ハヤカワ文庫JA

仮想現実ネタを集めた短編集。
面白かったのは、「予め決定されている明日」。ネタ自体はイーガンの例のアレですが(方程式
モノみたいに、作者も意図的にやってるネタ被り)、ディティールを変えることでここまで胡散臭
く(藁なるのが面白い。
「超限探偵Σ」は、清涼院流水一派が台頭している今となってはちょっと弱いかも。
「空からの風が止む時」は、「海を見る人」系列の短編(某長編ともちょっと繋がってるけど)。相
変わらず、段々と世界のディティールが分かっていく描写は素晴らしいものがある。でも船長の
告白シーンはいらねえと思いました。
バカSFとして一番面白いのは、ゲーム「蚊」のアンソロジーからの再収録作品「刻印」かな。

ものすごい傑作はあまりないけど、値段以上には楽しませてくれる佳作短編集でした。
7点。

282 : :03/10/30 20:38
眉村卓の不定期エスパー第6巻読了
ウス帝国ヤローの仕掛けた酷い戦争で
命からがらネプト市に入るところで終わり
ドヌエ、エゼ、デヌイバとは何ぞや?
イシターロウは不定期から常時エスパーになるのか?

283 :でへ:03/10/30 21:01
星界の楽園上・下 ディヴィッド・ブリン ハヤカワSF

延々と続いてきた「知性化の嵐」シリーズがやっと完結しました。
3部作の中では一番テンポが良かった。

この話を理解するには、「スタータイド・ライジング」から、
読め、となると、とても普通の人には(藁)薦められません。

「知性化の嵐」シリーズだけで3000ページを超えますか、
面白いんだけどね。あらゆるアィディアが詰め込まれて
いるんだけどね。
誤解を恐れずに言うなら、まさに現代のスペオペ

長すぎるので7点 星雲賞の候補にはなるでしょう。

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/31 10:01
「イリーガル・エイリアン」 ソウヤー

買ったのに電車の中に本屋の袋ごと忘れてきました。
明日とりにいきます。ウーウー

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/01 01:57
俺が駅員ならば、カバーを剥いた状態で返すとか
そーゆー粋なことをしてやれるのにっ!(ぉ


286 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/01 02:26
>>284
無事に見つかるといいね!

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/01 07:48
「渚にて」 ネビル・シュート

初めの方はセリフの古くささやキャラの平凡さが引っかかって読みにくかった。
しかし、ページが進むにつれて世界に引き込まれた。

次第に残り少なくなっていくページが
この物語の終わりと
その中の世界の終焉に
非常に強くシンクロしていると感じた。

8点以上やる。

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/02 14:12
>>284
「読むな」という神の思し召しかも…

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/03 15:07
「イリーガル・エイリアン」

ちゃんと駅でとっておいてくれたので無事読了できました。
本の裏に書いてあるあらすじ読んだ時はかなりベタなものを想像したんですが、
そちこちで裁判に関するリアルな部分があって面白かったです。
一番最後はちょっと都合良すぎという気もしましたが…

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/03 17:30
>>289
なんかアレはサヨが読んだら狂喜しそうな話だったな。まあ十分おもしろかったので
言うことはないが。

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/03 19:44
>>290
アタマ悪そうね、君って

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/04 02:30
「幻日」福澤徹三

今読み終わった。めちゃめちゃ怖かったので
書き込まないと寝られないです。
腑に落ちない怖さのホラー短編集。

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/05 17:51
「遠き神々の炎」 ヴァーナー・ヴィンジ
最近SF読んでなかったんだが、これを読んでやっぱSFっていいなぁと思った。
「遠き神々の炎」ぐらいの作品に毎年会いたい。

9点

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/05 19:02
「遠き神々の炎」ぐらいでいいんなら毎月会えそうだけどね。

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/06 01:33
>>294
>>291


296 : :03/11/06 20:34
眉村卓の不定期エスパー第7巻読了
主人公の愚直なまでの律儀さ、組織への忠誠心の高さは
この作品が書かれた日本経済が絶好調の80年代後半のころの
サラリーマンの価値観が反映されているのだろうか?

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/06 20:45
>>295
負け犬ハケーン

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/06 20:57
>>287
ネビル・シュートだったら「パイド・パイパー」もええよっ!
SFじゃないけどっ! 帯の宮部みゆき推薦ってのは忘れてくれっ!

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/07 00:15
山本弘氏の新作読んだ人いますか?

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/07 03:48
アタイこそが 300げとー

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/07 20:25
>>299
よんだの?

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/07 23:54
ソウヤー「ホミニド」9点

いやあ面白かった。しっかりサイエンスフィクションで、
なおかつエンタテインメントでリーダビリティ高い。
難しいのや偏ったのが多い昨今、このバランスのよさは
希有。訳が出たら星雲賞有力かもな。
しかも続編があるのが嬉しいよ。「ヒューマン」ってのが
もう出てるらしい。果たして2つの宇宙を永久的に
つなぐトンネルはできるのか? ポンターとメアリの
恋の行方は? 
最後に冒頭部分が第2章まで載ってるんだけど、
つい読んじゃったよ。これも面白いわ。
我慢できねえ買っちゃえ。


303 :302:03/11/08 10:32
続編どころか、3部作完結してるやん>hybrids

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/08 13:03
この手の浅薄な感想文はいいかげん読み飽きたな。
書き込まなくていいから小学生は黙って読んでなさい
ってとこか。

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/08 17:02
>304
この手の浅薄な感想文はいいかげん読み飽きたな。
書き込まなくていいから小学生は黙って読んでなさい
ってとこか。


306 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 01:29
>>304
>>294
>>291

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 03:18
マイク・レズニック『第二の接触』

部下を異星人だと判断して撃ち殺した宇宙船艦長。
その弁護を担当しなければいけないのが主人公。
裁判劇かと思わせといて実は国際謀略小説。
主人公は何故か宇宙軍に追われて逃亡するのである。
がんがんページをめくらせていく作者の技量は素晴らしい。
気になるのは未来の表現が皆無であること。
余計な描写を廃してサスペンスを尊重したのかもしれないが、
この作者なら物語の勢いを殺さず、
2062年を描けただろうにと思う。
【7点】

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 12:35
未来社会がなんだかよく分からないのはレズニックの十八番(と言っていいのか?)だから……。

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 13:07
>>295
>>306
粘着バカ?

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 14:04
荒らす暇があったら感想書けよ。

311 : :03/11/09 17:32
眉村卓の不定期エスパー全第8巻読了
長かった
いやあの終わり方はちょっと意外だね あるなら第9巻、10巻・・・。と読んで生きたい
ウス帝国での圧制とかヘデヌエヌスの様子とかね
当時の眉村には重かったんだろうな。
俺がSF作家なら本人に承諾もらって続きを書くぞ。
しかし全ての人間がエスパーになれば平和になるとかいう
妄想は幼年期の終わりにも何か
似ている発想だね


312 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 19:54
山本弘「神は沈黙せず」

なかなか面白かった。やや衒学的過ぎる部分は鼻についたが
神を扱ったSFとしては近年出色の出来。
SFが読みたいベストテンには入るかも。

8点

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/10 02:43
ところで看板のHRてなに?

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/10 03:11
>>313
ホラー

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/10 14:23
フォワード『竜の卵』

見捨てられた老人が木の実を持っていけというところで号泣。
途中でキリストっぽいのが出てくるところがどうにも困ったけど。
そしてクライマックスでまたしても涙が。それでいて爽快感あり。傑作。

満点

つい先ほど続編があることを知って驚愕。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/11 09:28
竜の卵ってあのすごく厚いヤツ……?
高校時代に友人に勧められて読み始めたけど
最初のうちどこが面白いんだこんなもんーって読んでいったらすごく面白かった。

続編探しに行かなきゃ

317 :でへ:03/11/11 22:28
ばいばい、アース 冲方丁 角川書店

質・量共に読み応えの有るファンタジーでした。

独特の用語があるが、その用語の解説がない。
そのせいもあって、用語の意味がイマイチ
ぴんとこない。
最初の部分の文章が読みにくい
最後はよく分かんなかった。
等の欠点はありますが、後半の話の盛り上げ方や、
文章は上手いと感じました。

これまで読んだ(冲方丁の)話の主人公は全部
「戦う少女」なんだよなあ

8点

最初に読んだ、「マルドゥック、、、」のせいで、
点数は甘くなっているかも?

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/11 23:09
『竜の卵』ってそんなに厚かったですか?

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/11 23:29
>>318
図書館の書誌データによれば、404ページらしい

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/12 11:18
口絵・挿絵付きの薄ラノベしか読んでないんちゃうか?

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/13 00:15
極薄じゃん。↑
今読んでるハリーポッターのゴブレットは、上巻だけで560ページもあるよ。
幼児向けに負けてるじゃん


322 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/13 00:17
幼児>>>>>>>>>316>>>>>>>>>>321

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/13 00:29
そういや、はじめて「異星の客」を手に取ったときは「すげぇ! こんなの嫁ねえ」と思った。

何十年か前の話だ。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/13 00:53
そういえばハリー・ポッター読んだんだった。

…ダメだ、自分にはついていけねえや。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/13 01:48
いや、単純に思い違いじゃないかなと。

『竜の卵』=「あの厚いヤツ」

でも何と間違えたのかわからない。
『竜の戦士』も暑さはほとんど変わらんし。
『奪われた竜の卵』(ゲームブック)は薄いしなあ。

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/13 02:47
でもあの当時だとSF文庫じゃあ、厚い方だったんだよ。
ほかにあっても、少なかった。
だから、厚い本という印象が、いつまでも強く残っているんだと思うよ。
「竜の卵」。

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/13 10:24
厚いといっても今の本は字が大きいからねえ。
児童書みたいなもんだよ。

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/13 19:09
内容が濃いから厚く感じる>竜の卵
高校生レベルの科学をちゃんと学んだ人でないと、書いてあることを理解するのは結構難しい
と思われる。

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/13 20:18
>>315
「キリストっぽいの」は、むしろキリスト否定的だと思ったのですが。
(だって啓示がたまたまあたったレーザーなんだよ?)

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/15 16:31
ハリーポッターと炎のゴブレット 7点

いくら何でも長過ぎる。
どうでもいいと思ったワールドカップなどの話も
いちおう最後の種明かしで全部必要なサブストーリーだったことが
わかるんだけど、無駄にプロットを複雑にし過ぎ。
まあ、アドベンチャーゲーム的な学園課題クリアネタ(本作でいえば
魔法3校対抗試合)は既にマンネリ化してるから、
他のところで味付けしないと、興味を持続させられないのは分かるんだけど。
ウ゛ォルデモート復活で、いよいよストーリーが本格的に動き始めると
思われる、次作以降の変化に期待したい。

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/16 13:57
都市 クリフォード・D・シマック

少々タルいときもあったけど、それなりに面白かった。

あと読み終わってから気づいたけど、
ミュータント(新人類)、火星人、宇宙探検、動物の知性化、平行世界、ロボット、冷凍睡眠etc・・・
50年代ガジェットてんこ盛りだったのね。
それでも地味な牧歌的SFになるシマックは凄いぜ!

ラストも好みだったので、8点。

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/20 15:15
『マルドゥック・スクランブル』冲方丁
全体のバランスを壊しかねないほど延々と続くカジノのシーン、
それでも引きつけられてぐいぐいと読んでしまいました。傑作。
パロットの感覚がどんどん広がり研ぎ澄まされていく様子が
「ビジュアル」に感じられる文章が良いです。
シェルに対する復讐が、殺すのではなく、「テメーの落とし前は
テメーでつけろよ」ってかんじの慈悲と漢気あふれるやりかた
だったのもよかった。

あえて文句をつけると:
「うっそり」いくらなんでも多用しすぎ。だんだん鼻について
きます。
作中、繰り返し象徴として言及される「天国の階段」それ自体
の印象が薄くてあまり効果的でない気が。

ということで、9点

333 :332:03/11/20 15:26
おまけ:
実はごく最近まで、なんか武侠小説とか書いてる中国人の
小説家だと思ってました。だってあんなペンネームで、
あんな装丁の本(ばいばい、アースのことね)が本屋では
その類いの本の傍に置かれてるんだもん

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/20 21:24
ピーター・ハウトマン「時の扉をあけて」{創元SF文庫}

時間モノが好きなのでタイトルに惹かれて買った。
こいつはスゲエ!
前半でばらまかれた伏線が、最後にはすべてきちんと説明される。
ジグソーパズルが気持ちよくはまって行く感じだ。
主人公のあまりにも過酷な運命に切なくなる。
ただ、タイムトラベルの方法は、またしても「古色蒼然とした館」というのが
気に入らないなあ。




335 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/22 19:25
>>334
おれも面白かった
映画向きのストーリだな

336 : :03/11/26 13:45
昨日ディックの「パーキーパッドの日々」読んだけど何が面白いのか
正直分からんかった。大の大人が人形使った遊びに熱中してる
それだけ  あと1回読んだら面白くなる?

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/26 18:40
知るか

338 :でへ@酔っ払い:03/11/27 00:08
ディックてのは偉大なるB級SF作家だと思うよ、
ハマれば、とっても面白いと言うか、カリスマだね。
個人的には、「火星のタイムスリップ」 「虚空の眼」がオススメ
「アンドロイドは電気羊の夢をみる」は、言うまでもない、ですね。
以上の作品が入手困難だったら、その程度の作家だったんです。
今時のラノベを読みましょう。

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/27 00:58
ディックは長篇じゃないとねえ。
とりあえず最初に読むのは「ユービック」か「虚空の眼」の
どっちかがいいと思う、普通のSFで、まとまりもよくて、
なおかつディック色がよく出てるから。

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/27 02:10
「偶然世界」はどうですか?

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/27 23:04
瀬名秀明「八月の博物館」

まだ読み始めたばかりなのだが、いきなり「私は爆笑しそうになった」なんていう文章が出てきて
まいった。爆笑は大勢の人がどっと笑うことなのに……。
ラノベならこんなの全然気にならないけどなまじ生硬な文章だけになあ。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/28 00:37
>>341
作家もアレだが、校正者や編集は何を見ていたんだろうね。

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/29 14:48
ハインライン「人形つかい」

ナショナリスト・ハインラインの面目躍如たる一作。
反共思想と俗臭とで鼻が曲がりそう。
ジョージ・ブッシュ支持者は必読か。

マッカーシズムの嵐がアメリカ全土に吹き荒れていた
公刊当時(1951年)の、平均的なアメリカ市民の
政治意識を推察する資料としては貴重かもしれない。

採点不能

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/29 15:06
なんかイタイな・・・

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 00:49
>>344
厨?

346 :ARES ◆QCuj8gGVNE :03/11/30 07:55
時計仕掛けのオレンジ読んだ

ルビのふりかた逆だったらよかったのに
読みづらくて脳味噌にえそうになったよ


347 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/01 01:47
>>346
カタカナに漢字のルビとか?

348 : :03/12/01 17:46
>>338>>339

ありがとう
読んでみるよ
「アンドロイドは電気羊の夢をみる」は読んだけど
何かいまいち
でも短編のニセモノとか植民者は普通に面白かったけどね

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/01 23:03
>>348

すっきりしたオチのある作品がお好きなようだから、
虚空の眼なんかいいと思います。
オチがすっきりしてるという意味なら、
「死の迷宮」なんかも。
ただ、個人的にはすっきりし過ぎなきがするんだけど・・・。

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/02 19:26
オーソン・スコット・カード「シャドウ・オブ・ヘゲモン」ハヤカワ

戦争がどんどん起こってインド人やタイ人が沢山死んだけど
それはどこもアメリカにとってどーでもよさそうなところで
結局はそれを利用したピーターが覇者となりました。

一応ビーンに文句を言わせているけど
そんな言い訳するくらいなら最初からアメリカ国内でドンパチやれよボケが。

上巻の台詞でロシアが出てくるところは全てアメリカに置き換えが可能。

架空戦記以下。

2点。

351 :ARES ◆QCuj8gGVNE :03/12/02 23:58
>>347
漢字にカタカナのルビかなあ
スラングってことなんだろうけど……

352 :ARES ◆QCuj8gGVNE :03/12/02 23:59
あ、原本はカタカナに漢字ルビね
逆だったらよかったのに、って思った

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/03 01:11
>>350
カードでも、潜在的なアジア蔑視があるのかな。
漏れ自身は未読なんでアレだけど。
シモンズの「カーリーの歌」とかもひどかったし、なんだかなあ。
悲しくなるな。

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/03 07:54
>>353
なんか評判に釣られて作家自身に幻想抱いちゃってないか?
基本的にカードは醜悪な状況を酷い描写で書ける作家。
メインストーリーや主人公の行動によって高みを目指さずに
それ以外をどん底状態にすることで相対的に対比させ
結果的にヒューマニズムの美しさとやらを表出させる手法が多い。


355 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/03 15:45
中国に侵略されたあげく物凄い数のインド人が
二度と帰れない北方の大地送りにされるのを見て
「どうせ領土維持できないっスよ」とほざく覇者ピーターと
いちゃもんをつけつつ仕方ないねと行動しない将軍ビーン

醜悪なのは展開であって状況ではない。
大事なところ(つまりアメリカ)は無傷だし。
どうせならユタ州で戦争したらいいのに。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/03 16:56
モルモン教徒は不幸を売りにしてるからあんまり効果ないかもしれん。

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/03 17:12
インド人だインド人だ


358 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/03 17:28
結局、見捨てられちゃうんだよねインドは。それで引き換えに得られるのが
ピーターのヘゲモン就任なわけだから、そんなん納得いくかと。
北の大地に連れて行かれるインド人たちはたまったもんじゃないよ全く。
とりあえず数合わせに殺してみました、みたいな。

あれに納得できるような説得力を持たせたいのならカードは
ピーターやビーンにもっと高い対価を支払わせるのが当然ではないか。
更に言えば、カード自身に。

醜悪だけどアメリカ人にはむしろ都合がいいんだよねこれ。
他の国を舐めてます。

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/03 22:24
『星界の楽園』 デヴィッド・ブリン

今回も面白かったな〜。このシリーズ、だれか映画化しねーかな〜。
(近作の超新星爆発のあたりとかは難しそうだが)
特に『スタータイド・ライジング』熱烈に希望!!!

しかし、今回ちょっと思ったのだが、
アースリングに好意的な『シンシアン』って、なんか日本人ぽくない?
地球種族をアメリカに置き換えれば、その同盟国だが決断力に乏しく、
保守的で金儲けが大好きなシンシアンって・・・。
しかも今回は、そのものずばり大阪弁まで・・・・。

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/04 01:10
相変わらずこのスレは知能低い人間が集まってるな。
まあ、とっとと死んでくれや。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/04 01:30
>>360

是非君の知能の高さをひけらかして、スレのレベルを上げて下され。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/04 03:58
>>354
そりゃまあ、飢え死にしてる奴らを見ながら
「なんてひどい……」と泣く女(健康体)の肩をやさしく抱きしめれば
ヒューマニスティックな感情に満たされはするわな。

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/05 17:33
イアン・マクドナルド『火星夜想曲』

ジャンプ編集部にメスを入れられたかのような転調ぶり。
まあ、それはそれでいいけど、前半みたいな方が個人的には好きだ。
ラストで最初のテイストが戻ってくるので救われた感じ。8点

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/05 23:59
自分は中盤が電撃文庫みたいだと思った(藁>火星夜想曲
映画だが、ジェヴォーダンの獣もこれと同じような唖然とした転調ぶりだった……。

365 : :03/12/06 17:52
ロバートJソウヤー 「スタープレックス」

ずばりこれは面白い!!「幼年期の終わり」の次くらいに面白かった。
SF的なガジェットもたくさん出てきたし、読みやすかったし十分満足だね

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/07 01:52
イアン・ワトスン「ヨナ・キット」

訳が読みにくい。ただでさえ内容が読みにくいのに・・・
デフォルメされた日本人像は楽しめたが、肝心の内容がよく分からず。
クジラに人の意識転写するわ、わけわからん宇宙論唱えるやつはいるわ。
一つ一つのアイデアは凄いんだが、結び付け方が強引すぎるし。
何か最後にクジラが集団自殺してるし。強烈にわけわからん。
もう1回読もうと思うけど、あの訳文は読む気しないな
まあ気が向いたら。
誰かもっとうまい人訳して

とりあえず正直に6点




6点


367 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/07 20:09
エリザベス・ヘイドン ラプソディ3部作

何とか全巻読みきった。
一番印象的だったのは、1部下巻でヒロインが
見知らぬ男のナニをサワサワするところw
主人公の昔の職業を考えれば理解できるが、
ある意味、衝撃的だった

7点

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/10 23:42
ウエルズSF傑作集1「タイムマシン」(創元)読了
「塀についたドア」10点
「奇跡を起こせる男」8点
「ダイヤモンド製造家」5点
「イーピヨルニスの島」8点
「水晶の卵」9点
「タイム・マシン」9点
総合9点

やはり原点。これを全部一人で思いついたというのは、凄いわ。
神だね。

369 :でへ:03/12/11 23:29
ロシア・ソビエトSF傑作集 上・下 創元SF文庫

古い話が多いし、SFとしては物足りない話が多いが、
史料としては貴重でしょう。
多くの話に共産主義に関する記述が入ります。
(それも無理やり記述したため、話としては失敗)

共産主義に肯定的な話はソビエトでは生き延びたが、
否定的な話は、、、

イデオロギーって大変な問題だったんだ。昔は

マニア向け マニアにとっては7点

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/14 23:22
ブラナー JAGGED ORBIT
題名は、「跛行軌道」とか、「迷走軌道」って感じか。
近未来政治SF。アメリカの人種隔離政策が極限までいき、黒人白人が
別々に住み別々の機構に統治されてるというような設定らしい。
コンピュータネットワークが発達した社会。
人気ドキュメンタリー番組の制作者の番組に入る妨害電波の真相究明、
ある精神病院内部の確執、他人の精神に同期できる能力を持つ巫女、
治安を悪化させながら武器を売り込む武器商社の話などが
互いにからみあいながら、次第にプロットが一つにまとまっていく。
ストーリーの合間に短い引用パートが入る構成は、ザンジバーとかと同じ。
似た作風の作家がいない点では、非常にユニークとは思うが、
ストーリーは、強引にまとめすぎていまいち。点数は7点ぐらいか。




371 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/14 23:50
ロビンスンの「南極大陸」が講談社文庫で出てて、即買いしてしまいますた。
講談社文庫が海外SFを出すのって、20年ぶりぐらいだよね?
SFって触れ込みはないけど。早く読みたいな、わくわく。

解説に載ってた「米と塩の日々」っての、めちゃめちゃ面白そうな
改変歴史小説だな、早く訳してほしい。

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 02:39
>>369
タイムリーだ。まさに買おうかどうか悩んでいた。

そういえば東欧SF傑作集もありましたな。

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 03:12
まさに買おうか、なんていってるうちに店頭からきえちゃうよ
いやまじで。かなり消えつつあるし

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 21:20
>>372
本屋に走れ!

375 :でへ:03/12/15 23:10
東欧SF傑作集は前に読んだので、今回は買いません
でした。
「ロシア・ソビエト、、、」よりは、かなり読みやすかった
記憶がある。

今回の復刊物では、ラインスターが読みかけ状態
です。

11月から、仕事が忙しくなって、読書に時間が取れない状態です。

セミコン(SF関係じゃないよ 藁)が終わったので、仕事は一段落
していますが、、、

今は、「ダイヤモンド・エイジ」を読んでいる最中です。
当分、これにかかりききりですね。今のところ、評価は佳作
だけど、おもろい。世界を、大変良く構築している。

376 :でへ:03/12/15 23:16
>372
出た本は買う、のがマニアとしての常識でしょう(藁
買ってなかったら買うべし、マニアなら。

「ロシア・ソビエト、、、」が出た時、私は浪人していて、
SF断ちをしていたので、買いませんでした。
マニアとしての言い訳です。(藁

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/16 01:53
>>147
遅レスすまんが。
スコーピオンズのデビューアルバムは「ロンサム・クロウ」だぞー。
ま、日本では1982年に後から発売されたんだけど。

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/18 01:07
J・グレゴリイ・キイズ 「錬金術師の魔砲」

続くのかよ!


379 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/19 02:20
「シリウス」 オラフ・ステープルドン ハヤカワ文庫
なぜまた今ごろそんな古い本を・・・って感じだが。
とりあえず表紙ぜんぜん関係ないやん、と思った。
手術で知能が高くなった犬の話で
舞台はずっとイギリスの片田舎なんだけど、
宇宙SFのような、惑星?が連なってる画。

犬好きの人間なら一読をおすすめ。
個人的にはクーンツの「ウォッチャーズ」を遥かに凌ぐ犬SFの決定版。
(あとは谷口の「ドッグファイト」なんてのもあったな・・・。あれはイマイチ)

8点。期待せずに読んだらまぁまぁの拾い物だった。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/22 00:05
スタージョンの「不思議のひと触れ」が出ましたね。
即買いしますた。

つーか、一角獣多角獣、そのままでいいから文庫化してくれよ〜

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/22 00:07
このミス見たら、奥泉の新作は地底旅行の続編らしい(笑)

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/23 11:16
バクスター「タイム・シップ」
色んな要素が盛りだくさんなのはよいが、話としては
まとまりが悪く冗長な感じがする。
もともとジーリークロニクルなどを見ても、アイデアは
面白いが小説作りはあまりうまくないなあと思っていたが、
長編になるとその欠点が出てしまった感じだ。
ウェルズの諸作品からのサンプリングもマニア受けは
しそうだが、あまり必要性が感じられない。
ただし、下巻の「暁新世の海」の部分はおもしろかった。
この部分だけで長編を書いたらきっともっと面白かったろう。
「白い地球」以後は時空間を超えた想像力の極致までいっちゃう
わけだが、内容はともかく、話の流れ的には据わりが悪いし、
エンディングも強引すぎていまいち。

というわけで、採点すると 7点ぐらい。

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/24 21:34
>>382
があああん、
正月休みに読もうと昨日買ってきたのに、グスン

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/24 21:49
まあ、気を落とすな。オレは結構楽しめた口だけど。
ウェルズの諸作のリミックスみたいなところが楽しめれば結構面白いんじゃないかな。
必要性とか、物語の完成度とか求めるとあれだけど、破天荒なパロディとして
見ればいいと思うけど。
あと、これとウェルズとプリーストのスペースマシンを一緒に読むと、また
面白いかも。


385 :382:03/12/24 22:40
>>383

でも、「暁新世の海」の部分はおもしろい! 
それに、私はかなり偏屈で趣味が偏ってる方だから、私の評価など
気にせず読んでくれ。世間的には多分、高評価する人の方が多いはず。

386 :ARES ◆QCuj8gGVNE :03/12/25 01:04
「アンボーン」作者わすれた
優柔不断な主人公どもにひたすらイライラした

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/25 03:37
>>381
それ、もう朝日新聞に連載されてるらしい
漏れ日経だけど朝日に変えようかな

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/25 03:43
オールディスの「蝕の時」っていう短編集
不老長寿のウイルスの話が面白かった。



389 :383:03/12/25 10:02
>>384
>>385
ありがと
みんなやさしいんだね
楽しみにして読むよ


390 :でへ:03/12/29 01:55
ダイヤモンド・エイジ ニール・スティーブンスン 早川書房

最初はどっかで読んだようなガジェットやストーリーだな、
と思いながら読んでいましたが、よく出来た話でした。

ハインラインのような人生訓、ダンシモンズのような巧みなストーリー
イイッ

9点

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/29 21:34
ディッシュ「いさましいちびのトースター」

SFじゃないんだけど、SFを感じさせるんだよなあ。
ある種のロボットものにも通ずるほのぼの感がいい。
大人向け小説と全然違う内容に、作者の多才さを感じた。8点。


392 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/30 00:05
「テレパシスト」 ジョン・ブラナー (創元SF文庫) 1965年作品
身体的欠陥を持った天才的テレパシストの不遇の人生が、ある事件を境に意外な展開に…。
個人的好みとしては全体にもっと描写を多く、説明は抑えて欲しかった。海外SFはこういうの、
多いね。訳文もやや読みづらい。そんなわけで精読はしなかったので、得点は保留。

章終わりの引きがうまい。ラストは序盤とコントラストを成していて、きれいな幕切れだったな。
初めて読んだブラナーだったが、これ、ニュー・ブラナーに変貌する過渡期の作だとか。
本作品より出来がいいのがあったら、また読みたいとも思った。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/30 00:15
「天空の劫火」グレッグ・ベア ハヤカワ文庫
なんとなく中途半端な印象だった。「幼年期の終わり」と似ているテーマ
だったが、幼年期のほうが面白かった。そういう意味で中途半端な印象。
幼年期としか比べられないけど、カタルシスが足りないような気がする。

394 :でへ:03/12/30 06:46
遺伝子の使命 ロイス・マクマスター・ビジョルド 創元SF文庫

期待に反して薄かったので、本屋でなかなか見つからなかった(藁

薄いのに高い(760円) 売れないから高いのか、売れる本で儲けたいのか?


ストーリーは、最近のビジョルドにしては平凡、と思ったのだが、
この話は初期の作品のようですね。

最後の一種のプロポーズ(求愛行動)は興味深かったけどね。

7点

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/30 11:08
>>393
ベアの著作で、一般的に幼年期とよく比較されるのは「ブラッドミュージック」なんだが、味読ならおすすめ。
俺的には「天空の劫火」は「天界の殺戮」とあわせてサーガっぽく読んじゃうのが一番楽しいかと。



396 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/31 00:06
ボブ・ショウ「オービッツウ゛ィル」
おもしろかったあ! リングワールドよりも強烈! 住んでみたいゾ!
続編もあるらしいから読みたい!
9点

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/31 00:14
>>396
原書で読まれたのですね。うらやましい。

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/04 02:16
パトリシア・A・マキリップ 「星を帯びし者/イルスの竪琴1」

一冊が長い長い序章のよう。
主人公は翻弄されて、自らも揺れ動き、
謎は謎のままで、その謎にまた、謎が重なる。

世界観もシリアスなファンタジーしてて良いけど、
これ、「サイベル」と同じ作者の文章? って、感じもした。
もしかして、訳があまりよくないのでは?
違う?



399 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/12 02:21
広瀬正 「マイナス・ゼロ」

やっと手に入れて読みました。
10点

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/12 02:39
クリス・ボイル 『キャッチワールド』
結局どうなったのかわかんねぇYO ヽ(`д´ )ノウワァァン

でも、8点

401 :イー:04/01/12 05:44
J.G.バラード『ヴァーミリオン・サンズ』
砂漠の架空リゾート地を舞台にした連作短篇。
「スターズのスタジオ5号」と「ステラヴィスタの千の夢」が特に好み。
一度は訪れてみたいな。7点。

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/12 17:54
広瀬正 「タイムマシンの作り方」

「発作」がおもしろかった
9点

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/13 01:21
フリッツ・ライバー「妻という名の魔女たち」

創元版を読んだ。同じ訳者だけど、サンリオ版と比較すると格段に読みやすくなってるね。
電話の取次ぎ場面こそ時代を感じさせるけど、それ以外は古めかしく感じるところがなく一気に読めた。
居心地悪いと感じる読者もいそうだけど、個人的には結末と読後感に好感を覚えた。
7点

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/13 22:04
>>403

サンリオ版をだいぶ前に呼んだが、魔法を理詰めに分析してるとこが
すげーよかった。
個人的には、「バケツ一杯の空気」のほうを復刊してほしいんだけどなー
できれば「ビッグタイム」も改訳で。
未訳の短編集も。スタージョンがこんだけ再評価されてるんだし・・・

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/14 14:36
キース・ローマ 「時の罠」

小学生向けの絵本を読んでるようだった。
昔は好きだったのにな…。
1点

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/14 16:47
「永遠の終り」アイザック・アシモフ ハヤカワSF文庫

失敗をなかったようにすることによって
逆に停滞が生まれるという理屈が面白かった。
ラスト二行にも感動。100点

407 : :04/01/14 20:50
>>406
ありゃあ傑作だと思うよ

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/14 22:00
シモンズ「ハイペリオンの没落」4点

つまんね・・・
前半は冗長で、かったるくて死ぬかと思った。
解決編を下巻の終盤に詰め込みすぎて、バランスが悪いし、
解決編の内容も強引すぎる割に、どの謎解きも陳腐だ。
こんなつまらないオチなら、とっとと早めに種明かしした上で、
全編血湧き肉踊るチャンバラ活劇にしたほうがマシだった。
とてつもなく が っ か り し た 。
はっきり言う、失敗作、愚作。
やっぱりこいつはホラーしか書けないんじゃないの?
「ハイペリオン」は、連作中編集だったから何とか持ったが、
ストレートな長編になって底を見せたというか、
力量の限界が出たという感じだ。やっぱり似非SF作家だった。
エンディミオン以下を読むかどうか迷っていたが、これで
心おきなく消せます。






409 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/15 22:07
ホーガン 「未来からのホットライン」 10点

(゚∀゚)ウヒョーッ!!
こんな感想じゃだめですか?

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/16 00:39
「十二国記」全部

初めてFTにはまった。1週間かからなかった。
魔法使いが出てこないのがよかったのか?
東洋的世界観がよかったのか?
よくわからない。

はまってしまったので8点。
絶版じゃないので+1点します。


411 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/16 09:06
>>409
チャールズ・ロス博士なら言うだろう。「当然のなりゆきというものだ」と。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/16 17:14
>>408
めずらしいね。それ駄目な人。
確かにやや冗長なのは感じたけどな。

413 :でへ:04/01/18 11:22
海を失った男 シオドア・スタージョン 晶文社

本当に久しぶりにスタージョンのSFを読みました。
文章がとってもヨイ(英語に淫している でしたっけ?)
読みながら、ヲヲッ、スタージョンじゃあ、と思って
しまいますタ。

あとがきでは違うといっているけど、「成熟」は、やっぱり
超人モノですな、テッド・チャンの「理解」を思い出しながら、
時代と作者の違いを感じました。

話の出来としてはテッドチャンのほうが上かもしれないけど、
おれはスタージョンのほうが好き。

8点

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/21 18:31
ロジャー・ゼラズニイ『ロードマークス』(サンリオSF文庫)

ゼラズニイと荒木飛呂彦には相通じるものがある・・・
という意見に初めて納得しました。
ズッギャアアアアンとかいって出てきそう、ティーミン・ティン。

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/21 19:27
マイナスゼロ / 広瀬正 9点

あの年代の描写が今読むと凄いオサレに感じる。比較的若い世代にもうけるんじゃないかと。


416 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/24 00:47
手塚治虫「鉄腕アトム ロボット宇宙艇の巻」講談社漫画文庫

ロボット宇宙艇とは、
デカい宇宙船は宇宙まで打ち上げられない→衛星軌道上で造る必要がある→軌道上での
作業は難しい→じゃあパーツごとに自律性持たせて自動的に組み上がるようにしよう
というモノなんだが、こいつが格好いい!
敵の突進を瞬時にパーツに分かれることによって回避し、背後を取ったところで再び結合!
とか、こんな今でいうナノマシンみたいな戦闘をこの時代に描けた人が手塚治虫の他に居た
んだろうか?
敵もいいキャラしてる。
亡くした夫の意志を継ぎ部下の前では気丈に振る舞うけど、自室に籠もると死んだ自分の息
子に似せたロボット(実はさらってきた宇宙艇のコントロール部分)を溺愛する、ちょっと壊れ
た女将校とか最高。

手塚先生すみません、今までアトム嘗めてました。

8点。

417 :でへ:04/01/24 07:46
塵クジラの海 ブルース・スターリング ハヤカワFT

スターリングとしては意外な、ファンタジー臭のある作品
処女長編だけあって、後の作品とは作風が違うが、異様な
異星の生物の描写は、さすがスターリング

全体的に軽い話でした、サクサクっと読めてよかった。

6点

418 :でへ:04/01/24 17:37
クレギオン1 ヴェイスの盲点
クレギオン2 フェイダーリンクの鯨
共に野尻抱介 ハヤカワJA

今まで読んだ野尻抱介の長編作品の中では、一番面白かった。
(短遍だと 太陽の簒奪者が一番なのだが)

主人公が中年のおっさんで、妙に感情移入できる。
(椎名 誠みたいなタイプ)
色っぽいオネーチャンが出てくるのもヨイ

中年好みの作品かも

クレギオン1 6点
クレギオン2 7点

2の作者あとがきを読んで、この人は良くSFを読んでいる人だなと
再認識しました。

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/28 00:24
>>415
みんな帽子を被っているんだよね。

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/31 01:15
クラーク『渇きの海』10点

今だったらCGで映画に出来そう。これは面白かった。
今の作家が書くと乗客それぞれの話も書き込んでブ厚い上下巻になるだろうなあ。

421 :ARES ◆QCuj8gGVNE :04/02/01 01:09
乾きの海、設定は決して派手ではないけど行き詰まる感じが伝わってくるよーな気がして
印象に残ってた

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/01 22:13
山中峯太郎『亜細亜の曙』

昭和6年の少年向け冒険小説。
陸軍少佐「日本の快男児」本郷義昭(要するに007)が
○国(アメリカ)の秘密基地・巌窟城に侵入、
インドの王子ルイカールやドイツのクロック少佐とともに
亜細亜征服の野望を打ち砕く。
『少年倶楽部』に掲載されて爆発的な人気を博したらしい。
今見ると場面展開がやたら多くておちつかないし、
大仰な表現には違和感を覚える。
地の文で「おお、見よ!」なんて今書くのは
・・・栗本薫くらい?

423 :でへ:04/02/07 22:11
グラン・ヴァカンス 廃園の天使1 飛 浩隆 ハヤカワJコレクション

ヴァーチャルな世界に住むAIたちの、
頽廃と終焉、そして苦痛の物語でした。

よく書き込んであると思うのですが、私の好みではなかった。
読む人を選ぶ本だと思う

8点でも良いと思うけど、好みでないので7点

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/07 23:48
ルグィン「コンパス・ローズ」

何か地味な話が多かった。半分ぐらいは普通の純文学に近くて
薄味すぎて好みじゃなかった。
2つの馬鹿SF「アカシヤの種子に……」「時間の欠乏という……」
がずば抜けて面白い。
「ニュー・アトランティス」「バラの日記」はかなり優れた作品だと
思うけど、あんまりワクワクしない。
全般に質は高いと思うんだけど、熱狂できない本。

6点


425 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/08 17:46
フリッツ・ライバー「放浪惑星」

 なんども挫折しながら、なんとか読了。
 ひたすら読みにくい。同時進行のストリーの中に魅力的な話が
一つも無い。
 放浪惑星の正体や異星人の造形に、なんのカタルシスも無い。

 2点

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/08 22:31
ライバー同感。
短編はあんなにすばらしいのに。

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/09 23:17
中村融編「不死鳥の剣」
似たような話が多くて、何度も挫折し、読み終わるのに半年以上
かかってしまった。
やはり、コナンとエルリックサーガがずば抜けて面白い。
ライバーもまあまあ。
あとは似たり寄ったり。
この手の話は、やはり主人公の魅力に負うところが大きいと痛感。
それと、「剣と魔法」は、その世界にどれだけ没入できるかで
面白さが違うから、やはり短編向きのジャンルではないと思った。
短編じゃ物足りない上に、世界設定がどれも似通っているからねえ。
この本で一番面白いのは、実は巻末の解説。これは役に立つ。
結構小説は付け足しでどうでもよかったりする。
小説の評価 6点
解説の評価 9点

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/10 10:10
デヴィッド・ブリン「グローリー・シーズン」

ブリンには珍しく(?)『生殖』を大きく扱った話。
惑星ストラトスの文化描写の美しさや、生命ゲーム(これ実在してるんだ!)
やパズルなどには分からないなりにワクワクさせられたが、とにかく冗長。
展開は結構予想を裏切ってくれたが、イイ裏切り方ではなかったかも?
読み終わってからはたと気づいた。これって「闇の左手」の裏焼き?
最終章になって突然話の流れが変わってしまうのがなんだか変。
長さに見合う読後感が得られなかったので個人的には 5点

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/10 18:30
アスプリン「魔法探偵社よ、永遠に!」

禿げしくガッカリ。
とってもガッカリ。
なんちゅーかガッカリ。
タメイキついてガッカリ。
ダンボールに詰めちゃえガッカリ。


430 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 13:09
シャトナー「栄光のカーク艦長」

一応義理で読んではいるけど、何と言うかこのシリーズは・・・邦訳しないで欲しい
話はそうひどいとは言えないかもしれないけど、シャトナーはカーク神輿を
かつぎ過ぎ。その辺が鼻につく。過去のドラマエピソードを上手く盛り込んでいる
のは有難いけど、その分、今後のドラマとかの兼ね合いが上手く行かなくなるの
では?        よって4点

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 15:04
>>430
そんな貴兄に、電脳麻薬ハンターどぞ。


432 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:34
谺健二「未明の悪夢」

神戸震災の実録小説と本格ミステリの融合という
変わり種。
本作は、どちらかというと、前者に偏っている。
島田荘司に似ているが、ややまとまりが良すぎるかな。
もう少し、未解明のままに残される「過剰な部分」が欲しい。
とはいえ、震災の描写は凄惨で、強烈なインパクト。
8点。

ちなみに、この作品の探偵役は予知能力者の女占い師だが、
最新作「星の牢獄」の探偵(?)は、地球を調査にきたエイリアン(笑)。
今読んでる。これも結構面白い。

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:40
伊藤邦武「偶然の宇宙」

第I部、イラネ。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/15 01:03
谺健二「星の牢獄」

いやー面白かった。チョー好み。
色んな要素を詰め込み過ぎたせいか、細かいことを言うと
若干ディテールに破綻はあるのだが、面白いし力作だ。
島田荘司+埴谷雄嵩+折原一って感じ。
ネタバレになるので中身は書けないが……

9点

435 :434:04/02/16 01:05
×埴谷雄嵩→○麻耶雄嵩

赤面

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/16 18:18
>434-435
ワラタ 確かに真中の名前が浮いてるなと思ったが… 麻耶かよっ

437 :ARES ◆QCuj8gGVNE :04/02/16 22:03
フェアリーテイル(作者わすれた)

長かった
後半いきなりハリウッドっぽい展開になった
あと作者の人はショタなんだろうかとか色々考えた


438 :世界の中心でア・イオ語を叫んだけもの:04/02/16 22:04
ベルナール・ウェルベル『蟻』(角川文庫)

フランスの科学ジャーナリストが書いた、人間と蟻の文明のコンタクト。
3部作の1冊目。
蟻の描写は気合入っているのだけれども、人間の描写が追いついてない。
エドモン博士も安く見えてしまう。もったいない。
6点。

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/17 04:13
クリプトノミコン全4巻@ハヤカワ

まだ2巻まで。まだ苦痛。



440 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/17 23:48
あれは、ディテ―ルを楽しめないなら読むの止めてもいい気がする。
最後に特に盛り上がるわけでもないし。

折れはけっこう好きだけど。
日本人の軍人のパート以外は面白かった覚えがある。

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/18 03:48
ハインライン「愛に時間を」(早川書房)

読んだことなかったので図書館で借りてきた。
内容がどうこう以前に長すぎてとにかく疲れた。
あと爺さん性欲旺盛杉

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/19 00:25
じゃあ便乗で。

ハインライン「落日の彼方に向けて」
日本のエロゲーに影響を受けたのか!?と思うほどセックスいっぱいな小説。でも興奮しない。
とにかく、一人の男性が母親と娘と双子と女体化と元人工頭脳とその他もろもろとやってやってやりまくる話を脳内補完できる人にはお勧め。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/19 20:16
「終末のプロメテウス」
プロメテウスによる破滅以降がだらだらしてる感じを受けた。
もっとテンポよく進んでほしかった。なんというか映画のパニックもの
で1時間30分でまとめれば面白いのにそれを2時間3時間と長編映画に
して失敗した感じ。


444 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/19 20:35
谺健二は読んだ方がいいと思うぞ。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/19 22:38
ジョーダン「竜王伝説(1)」

ずっと積み続けてきた時の車輪。そろそろ倒れそうなので読み始めた。
シリーズ既読の方、どのへんまで読めば面白くなるのか教えてくれ。
(2)にいくか、このままダンボールに詰めるか迷ってるところ。


446 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/20 08:21
ブクオフに売れ
漏れ買う

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/20 21:44
>445

ごめん、漏れも(1)で捨てたのでわからん。
なんで、あんなにつづいてるんだ?


448 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/20 23:09
(4)まで読んだけど面白くなかったんで積みっぱなし。
時の車輪スレ見る限り各部の最終巻は面白いらしい。

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/21 00:30
つうかあのシリーズ、原書で1冊のを無理矢理分けて訳してるんじゃなかった?
例えば京極夏彦の姑獲鳥の夏かなんかを4分の1だけ読んで、つまんねえと
いってるようなもんかもよ。
って、時の車輪読んでねーからなんともいえないけど。
そうか、(4)まで読んでつまんなかったってことは、
ほんとにつまんないんだろうな。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/21 01:06
テッド・チャン 「あなたの人生の物語」 (ハヤカワ文庫) 7点

短篇集。「バビロンの塔」と表題作の「あなたの人生・・」が
良かった。
読んでて、登場人物の顔が浮かんでこないのは、つらい。
アイデアノートを、そのまま読ませられているみたい。
とはいっても、各短篇とも、読者を驚かせよう、思考
実験させようという強い意志が感じられて、このまま
いけば、すごい作家になるのではという予感はする。



451 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/21 01:27
J.G.バラード「沈んだ世界」創元SF文庫

…これがセカイ系ってやつか。

つか海水なのか淡水なのか謎杉。

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/22 00:34
セカイ系って何?
有名な言葉なのか?
初めてきいた。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/22 00:35
オサーンハケーンとかいわれるのかな。<予防線はっとこ

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/22 03:50
まあNWは結局バラードだけのもんだから。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/22 11:17
>452
ビートルズのNowhereman(一人ぼっちのあいつ)
みたいなんじゃないの。(オサーンの思い込みだけど)


456 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/22 22:14
オサーンでもいいから、同じ板のスレタイくらい検索しろと。

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/22 22:15
『さよならダイノサウルス』
タイムマシンで恐竜がいた時代へ行く話し。
おもしろかったです。

恐竜が絶滅したワケが・・・おいおい!いいのか!?って感じ。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/23 01:47
谺健二「殉霊」10点
ミステリだけどSFファンにもお薦め。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/24 22:18
奥泉光「ノヴァーリスの引用」8点

酔っぱらい幻覚哲学メタミステリ。イカレててナイス。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/25 22:03
「アインシュタイン交点」 -- サミュエル・R. ディレイニー

4点

世界にのめりこめなかった。今、酔っていてあまり考えられず、すいません。
いろいろな読み方ができるっぽいですが
でも、割りとさらっと読めてしまう本でもあると思う。
音楽からの引用、比喩が今読んでもはずかしくない使い方をしているのがよい。
80年代に書かれていたら、すこし、しけていたかも。


461 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/29 00:28
タニス・リー「バイティング・ザ・サン」9点

面白くて一気読みしてしまった。
ラストは予想通りだったりするわけだが、
永遠の生命を与えられた未来の若者たちの
サイケデリックな生態が抜群に面白い。
シリーズ化しないのがもったいないぐらい
素敵な世界だ。
訳はもうちょっとこなれた方がよいとも思うけど、
マイナー出版社から出たにしては健闘している。


462 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/29 00:52
>>460
そうかな。
ディレーニでは、エンパイアスター、ノヴァと並んで傑作だと思うけど。
ま、好き好きだ罠。


463 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/29 20:04
SFが読みたい2004年版@早川

去年の関西系座談会が強烈だったので、なんか物足りない気がするw


464 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/01 11:56
マインドスター・ライジング/ピーター F.ハミルトン

大衆アクションの王道ですた。SFだけど。サイバーパンクだけど。
エフィンジャーはいってるけど。

脳手術されてるけど、極めてまともな主人公の話です。
巨乳好きで美少女に手は出さないし、義理堅い。
脳にブースターつけたエリート貧乳美少女ジュリアたん萌え。

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/01 21:58
>>464
いよいよ英国スペオペ新御三家登場! ワクワク……
漏れも明日買って来よう
レナルズとマクラウドのほうが個人的には楽しみだ


466 :409:04/03/04 12:49
未来からのホットラインを読んだ後、
古本屋巡りしてホーガンの本を17冊集めた。
これも、チャールズ・ロス博士に言わせれば
「当然の成り行きというもの」ですか?
まずは創世記機械を読みます。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/04 19:10
『砂漠の惑星』スタニスワフ・レム、ハヤカワ文庫SF

しまった、これはもっと早く読めば良かった。
雪風とか最近だと「僕らは虚空に夜を視る」とか、オマージュ(?)的作品を先に読み過ぎて肝心の敵に
あまり衝撃が感じられず……。
異星描写もクラークほどの詩情はないしなあ。

でも、いい感じに次々謎が出てくるし、レム自身が言っている通りキャラのタフさには感動したし(こういう
の、最近のSFにはないよね、ちょっと寂しいかも)、キュクロペスが格好良かったので概ね満足。

8点。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/05 02:54
>>466
ウヒョーな感想聞かせてくれ

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/05 12:51
創世記機械 ジェイムス・P・ホーガン 10点

466です。
きのう夜更かしして、一気に読みました。
序盤で語られるK空間の物理学に キタ━(゚∀゚)━!!!!
ハインリッヒ・ツィンメルマン博士の謙譲の美徳に (゚∀゚)ウヒョーッ!!
ホーガンの小説内の物理学などの設定が細かいところに (´д`;)ハァハァ
こんな感じでした。

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/05 15:49
ライフメーカー2冊をいつ読むかが見物だなw

471 :ARES ◆QCuj8gGVNE :04/03/07 17:20
ダーク・ハーフ Sキング

スタークがかわいそうだった

6点

472 : ◆GacHaPR1Us :04/03/07 21:02
ふたりジャネット
テリー・ビッスン著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/430962183X/

http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1077302957/326

10点

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/08 05:09
谺健二「赫い月照」
凄い。個人的には、10年に一度ぐらいの大傑作と思う。
ドグラマグラや虚無への供物が好きな人にお薦め。
本格ミステリでメタミステリでアンチミステリで社会派ミステリ。
よってSFファンにもお薦め。

10点(主観評価10点満点で179点ぐらいか)

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/08 20:40
スペシャリストの帽子(リンク)早川文庫FT

難しい。
ファンタジ−と思って読んだせいか、あまり楽しめず7点ぐらい。
ファンタジーというより安部公房とか不条理文学系(笑)
そう思って読めば質は高いと思うんだが。
FT文庫でなくepi文庫から出てたら、印象違ったろう。

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/08 21:33
「タイムスケープ」 グレゴリー・ペンフォード  ?点

ヘタレな俺は、途中で挫折した。
登場人物の日常生活の描写が非常にだるかったからかな…。
ファンの人、ゴメン。
いつか読み直すよ。

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/08 23:37
>>475

前半我慢すれば後半は結構話が動くんだけどな。
まあ、ベンフォードが新しいSFのかたちを模索してて
勘違いしてたころの作品だから。

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/09 01:41
魔術師の帝国 上下 R・E・フィースト

出てくるヒロインが3人とも好みだったから10点満点w
指輪物語に似てるという解説にはちょっと同意。
でもまあ最近指輪物語の映画を観てそれが記憶に残ってるから
そう感じたのかもしれない。

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/09 15:49
>474
今読んでる最中だけど、
>FT文庫でなくepi文庫から出てたら、印象違ったろう。

はわかる。たしかに、epiの方が向いてるかも。
自分的にはわりと好きだ。

479 : :04/03/11 04:04
ディック「虚空の眼」
マニア的な訳者解説が余計だが、本文はすばらしい。
レッドパージの余韻覚めやらぬ?時期にこんな政治的
にきわどいのテーマを描いて、しかも同時代の政治イデオロギー
に対する見方もぜんぜん古臭くない。SF作家と政治という点で言えば、
カードが最近翻訳されたシャドー何とかで、すっとぼけた政治感覚を
披露したのと比べれば、ディックのすごさがわかる。

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/11 05:44
>>469
おし!どんどんいけ!
次は「造物主の掟」だ!

>>479
それが、しめ鯖の味さ。


481 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/11 05:49
プランタン銀座の荒井直美さん、かわいい。

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/11 06:06
>>481
九州系か?いや、なんとなく

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/11 21:07
「新・SFハンドブック」なるものを買ってきた

用語小事典の「進化」の項で、進化を取り扱った作品に
レムの「虚数」を挙げていないのが痛い

「進化を主要なテーマにしたSFが驚くほど少ない」
などと言ってるばやいか

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/14 10:09
>>475
> 「タイムスケープ」 グレゴリー・ペンフォード  ?点
>
> ヘタレな俺は、途中で挫折した。
> 登場人物の日常生活の描写が非常にだるかったからかな…。

あれは、研究者にとっては日常小説に限りなく近くて、
繰り返し貪るように読んでしまったりするのだ。


485 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/14 15:00
>>484

きっと、ミステリが、社会派や警察小説で息を吹き返したのと、
同じようなことを意図したんだよね。
でもあの作品は、アイデアSFとしてもしっかりしてるし、
優れた作品だと思う。


486 :でへ:04/03/14 15:23
不思議のひと触れ シオドア・スタージョン 河出書房

これまたスタージョンの短遍集
やっぱり文章がヨイ

一番良かったのは「影よ、影よ、影の国」かな
わずか20ページほどの短遍で、これだけ読み応えの
ある話は珍しい。

「裏庭の神様」は、よくあるお伽話のような話だったけど
いい味出しているし、「不思議のひと触れ」や、
「孤独の円盤」は、スタージョンにしか書けない話だ。
「タンディの物語」は子供が良く書けている。

8点
どちらも2000円近くするけど、「海を失った男」と共に
値段以上の満足を与えてくれた本でした。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/15 17:36
『終末のプロメテウス』

散漫でいきあたりばったりなストーリー展開。権力側や軍が不条理なまでに悪役に
されてしまっていて、気味が悪いほど。

変なものを読んでしまったという印象が一番強い。

3点

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/17 07:57
「ユービック」F.K.ディック

11人もいた反予知能力者各々のキャラが
活かされずじまいだったような。
予知能力(反−)という能力自体も
最初のほうしか使われなくて拍子抜け。

予知能力者集団 VS 反予知能力者集団
の複雑に入り組んだ思考ゲーム
みたいのを期待してただけに残念。
ディックらしい筋ではある・・

5点

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/17 08:06
「中継ステーション」 シマック

いずれまた時をおいて読みたい
そんな思いにさせる心に残る作品でした

8点

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/17 17:56
エイミー・トムソン「ヴァーチャル・ガール」
意外とおもしろかった。
美少女ロボットマギーを作り出したやつが、よく見るAAそっくりの
デブオタっていう設定には笑った。
可愛くって高性能の美少女ロボットのくせに塵あさりして
生計をたてるホームレスっていうのもおもしろい。何か力の使い方が無意味な気が・・。
ちゃんと使えるあれもついているので、途中でハァハァするシーンもちょっとあり。




491 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/17 19:03
地球間ハイウェイ読んだ人いませんか?
粗筋読むとちょっと面白そうなんだけど、ぱらぱらめくってみたら微妙な感じかも……と躊躇してるんで。


492 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/17 23:53
>>491
並みの下くらいです

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/18 13:08
>>491
あらすじが面白そうで買ったんだけど、いまいち。
今、読んでるところなんだけど、飽きてきた。

あらすじだけだと、「このSF」に入りそうですけどね。

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/18 21:25
殊能将之「黒い仏」
ひどかった。
着想はいいんだが、文体が軽過ぎて、盛り上がりに欠ける。
清水義範の失敗作のような感じだ。
もっと文章力、構成力がしっかりしていれば、後半の
(ネタバレのためメール欄)のインパクトも生きるんだけどね。
残念だ。

2点


495 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/18 22:40
あれはミステリを期待して読むと2点かもしれんが
クトゥという小道具でアンチミステリをやっているんじゃないの。

496 :でへ:04/03/19 01:13
地球間ハイウェイ ロバートリード ハヤカワSF

先ほど、読み終わりました。

前半はもたつく、後半になって展開が
スピーディになり、面白くなった
ちゃんとオチもついている。

悪の種族と、悪役がちょっと面白い

パラレルワールド物としては
ちょっと変わったアプローチの話でした。

6点

訳者あとがきによると、ロバートリードは
次に刊行予定の作品(星空のヴェールを抜けて)
が傑作ということなので、
それを期待しましょう。

パラレルワールド物って、結構たくさんあるから、
目新しさを出すのは難しいんでしょうね。

地球間ハイウェイという題で、なんとなく
「ロードマークス」を思い出しました。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/19 08:24
>>495

アンチミステリを期待して読んだけど
(ジェイムズ・ブリッシュに捧げてるしww)
好みのタイプでなかった。
もっとがんがん妄想をかき立てるタイプが好きなもんで。
これはアンチと言っても単純に笑わせることだけを
念頭に置いてる作品だが、その割には文体といい
あっさりしたオチといい、中途半端な感じ。
でも好きな人もいるかもとは思う。


498 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/19 22:57
ジョン・スラデック/Tik-Tok「わが名はチクタク」

今まで読んだロボットSFの中では間違いなく1位だな。
とにかくキャラ立ちが最高。
アシモフが十年一日のごとく「人間になりたいロボット」ばかり
書き続けたのを尻目に、スラデックは、それを軽く凌駕して、
「好むと好まざるとに関わらず人間っぽくならざるを得なかった
ロボット」の独白を綴り出してみせる。
色んな「狂ったご主人」に弄ばれた挙げ句、否応なくアシモフ回路が
壊れ、自由意思を持つに至ったロボットの、「自由を試すため」の、
自由の象徴である「犯罪の実験」の数々は、逆説的に人間そのもの。
ラストのオチも最高だ。
こんな見事な風刺とエスプリに満ちたすばらしい名作が、
何で未だに訳されていないのかと、小一時間問いつめたい。

10点


499 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/20 23:35
世界SF全集32 世界のSF(短編集)現代編

恐ろしくハイレベルでお得なアンソロジー。
「冷たい方程式」と「アルジャーノンに花束を」が
両方入ってるというだけでお得さが判る。
「新しい波」に入ってるシェクリイとマシスンが、
いちばん古くさく見えるのが皮肉。
「トオンキイ」「存在の環」「ベティアンよ帰れ」
「野生の児」「悪夢の兄弟」「誰が人間にとってかわられる?」
など初読作に傑作が目白押し。

このままいじらないで、2分冊ぐらいで、文庫化したらいいのに。
「ハヤカワSFクラシックス」とかいう新文庫でも
立ち上げては如何か。

10点

500 : ◆GacHaPR1Us :04/03/21 01:36
>>499
それとか河出文庫のあれとかさ、
今日本屋で発見したわけだけど、
なんだ?河出書房ってのはSFマガジンで翻訳した
作品の使いまわしばかりもらってるのか?なんなんだ??

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/21 09:19
>>500

ていうか、昔のSFマガジンは翻訳もの中心だったので、
傑作は、ほとんど網羅的に掲載してたから、必然的にそうなるのでは。

最近は、翻訳物が全然載らない月も珍しくないよね……
H/N受賞作でも、10年近くたっても訳さないし……



502 : ◆GacHaPR1Us :04/03/21 10:00
>>501
それはH/N受賞枠が広がったことも関係あるんだろうと。

いっそさ、SFMで翻訳の投稿作品を募集して翻訳家の卵発掘とか

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/21 13:56
昔は編集長の福島正実が自分で訳してたからなあ。
またけっこう巧いんだわ。これが。
最近の編集者で、訳す人はいないみたいだし。
なんつーか情熱がないというか……

504 :でへ:04/03/21 15:17
三惑星連合 EEスミス 創元文庫

3部作になっています。
第1,2部は1948年、第3部の本編(いわゆるスペースオペラ部分)
は1934年に書かれています。

第2部の1918年、1941年の2章はとても面白かった、
ドック・スミスってこんなに小説が上手かったっけ?
と思ってしまいマスタ。

初めて読んだのが厨か消房のころ、ハヤカワの
いわゆる銀背版でしたが、その時には分からない、
大人じゃないと分からない面白さの話でした。

第3部はいわゆる普通のスペースオペラです。

あとがきも良かった、「サラリーマン小説」論は
同感しました。

第2部は8点、それ以外は6点

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/21 19:06
……あれ?
4月のハヤカワSF、もしかしてローダン以外ナシですか?

も う だ め ぽ

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/21 23:07
ロバート・ホールドストック「ミサゴの森」

イイ。
もう一度、じっくり読み込みたいね。

8点

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/22 10:50
「タイムリーパー」 大原まり子 5点

面白かったけど、ちょっと物足りなかったかな。

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/22 20:46
面白かったにしては点数辛口ね!

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/22 22:12
機本の『メシアの処方箋』
たぶん話をはしょりすぎ。6点
上杉が一番まともだと思われ。

ところで、なんでsage進行なの?

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/22 23:12
特にsage進行というわけではないが、結果的にsageが多いのは
時たま荒らしが出るせいかな。

155 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)