2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ロバート・シルヴァーバーグ◆小説生産人間

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/16 18:38
「第四惑星の反乱」でSFの良さを知りはじめ、
「クトゥルーの眷属」で多彩ぶりを再確認し、
「アンドリューNDR114」でその健在ぶりに舌を巻き、
遅ればせながら読んだ「夜の翼」で猛烈に感動しつつ、
人類補完機構ものや「マンアフターマン」との比較でニヤリ

濫造時代、ネオシルヴァーバーグ、そして他名義、何でも
語ってみてください。

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/16 19:32
今のうちに殺そう

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/16 21:56
短編「太陽踊り」がすごく良かった。
でも初期かネオかわかりにくいので長編に手を出しかねている。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/16 22:26
小説工場時代の作品て翻訳されてないんじゃない?

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/17 00:11
クトルーの眷属は正直言ってつまらない

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/17 00:22
 中学生時代、公立図書館で『マジプール年代記』を読んだのが
シルヴァーバーグじいさんとの出会いだったな。
漏れのSF事初めでもあった。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/17 10:05
夜の翼 最高

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/17 10:16
>>4
小説工場時代の作品で翻訳されているものはかなりある。
長篇だと
『第四惑星の反乱』(岩崎書店)
『生と死の支配者』(ハヤカワ文庫SF)
『生きていた火星人』(あかね書房)
『10万年光年の迷路』(久保書店QTブックス)
『生命への回帰』(日本文芸社)』
『大氷河の生存者』(岩崎書店)

短篇は多数なので書ききれない。
ほとんど手に入らないが、出たのは事実。

『時間線を遡って』(創元SF文庫)に中村融が書いている解説を読むと、
この時代のことはよくわかる。まだ手に入るだろうから、読んでみるといい。

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/21 08:33
小説工場時代のも面白い。
『第四惑星の反乱』『大氷河の生存者』ガキの頃読んで
SFにハマった。
「夜の翼」はやっぱり名作。
「内側の世界」もいい。
短編では「ホークスビル収容所」とSailing To Byzantium
が好きだ。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)